FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

運動会

2018/10/14
ブログでは本当にお久しぶりになってしまいました。
もう更新するのも新刊の発売日以来? うわぁ……(滝汗

というのもここ一ヶ月本当に原稿でアップアップ状態でした。
ぶっちゃけ八月からずっと忙しくて毎日毎日「〆切が……」と
喘いでおります。と言っても実は何日が〆切と
決められているわけではないのです。
「ひとまずキリがいいとこまで書けたら送ってください」
という状態が八月の終わりからずっと続いている感じで。

何日が〆切、という感じでケツがあれば、そこに向けて
たまに休んだり調整したりできますが、「できた順から
どんどん送って」だと、その調整ができなくて、とにかく
休む間もなくどんどん上げなきゃ駄目だ、という思考になり、
これまで利用しなかった幼稚園の預かり保育とかも利用して
とにかくずっと書いている状態でした。書いた端から送って、
それが全部青字で修正されて帰ってくるのに泡を吹いて、
今は死んだ魚のような目で改稿に励む日々ですorz

おかげで先月にあった○市の市の三歳児検診の様子も
まだブログにできておりませんorz 今月中には
記憶が薄れないうちに書きたいと思っておりますが……

*      *

とにもかくにも、今日は運動会の記事です。
昨日がうちの娘○子の年中さんになっての運動会でした。

去年はとにかく泣いているか先生におんぶされているかの
どっちかしかなかった娘。自分の席に行く段階から大泣きし、
ラジオ体操やダンスも先生におんぶか抱っこされ、
綱引きもまったく不参加、かけっこも途中まで先生におんぶされ、
という体たらくでしたので、今年はせめて泣かずに
参加できたらいいな……という恐ろしく低い期待のもとでの参加ですorz
去年の年少さんのときの様子はこちらの記事から↓
http://yukarisakura3228.blog.fc2.com/blog-entry-795.html

今年は夫がなんと会社の資格取得の試験のために
丸一日いないことが確定していたので、会場までの
行き帰り手段がとにかく悩みどころでした。
それに息子の面倒を誰が見るかというのもありまして。
まだ幼稚園児だから親子で一緒にやる競技というのが
必ず一回はあるんですよ。なのでそのあいだだけでも
息子を見てもらうひとが必要でした。
そんな感じなので、土曜日は大雨が降って日曜に延期になれば
夫は試験にも行けるし運動会にも行けるな……と
画策していたのですが、前日は雨の予報だけど
当日は曇り時々晴れの予定がずっと続いたので、
よこしまな願望は前日になって捨てるハメにorz
とはいえ蓋を開ければ夫も会場入りするのは午後二時で、
11時くらいまでは運動会を見ていられる、ということが
わかったので、朝の会場までの送りと、親子競技に
出ているあいだの息子の面倒は見てもらうことができました。
それだけやって運動会の会場をダッシュで抜け出し、
秋葉原まで試験を受けに行った夫の気の毒さったら……
しかもそれを「ふざけんな運動会行けねぇとかありえねー!」って
妻に怒られるんだから、彼も相当不憫なんですよ……(=_=)

まぁとにかく。両親も始まる三十分前には無事に到着。
現地集合になりましたがまぁ到着したならよかったですよね。
上着がないと寒いくらいの朝で、終日曇りで、たまに
晴れ間が差す感じだったので、長袖一枚で一日
快適に過ごせたのもとてもよかったと思います。
娘はずっと半袖のポロシャツで、休憩時間以外は
寒くないかと心配でしたが。大丈夫だったみたい。

さて、始まるよ~、とのことで、ママにべったりの
○市をおんぶして前方に移動し、きちんとクラスの列に並んで
自分で歩いて入場してくる○子に感動し、きちんと
前ならえしている娘に感動し、きちんとラジオ体操している
娘に感動し……とそのレベルでよく感動できるね、という
くらいのレベルで感動しまくり(なにせ去年はずっと
大泣きでひたすら先生に抱っこされていたわけで)、
「○子が……あの○子が……きちんと調教されている……!!」と
娘の成長よりも先生の手腕に感動したというね。うん。

きちんと体操して席に戻ってからも言われたとおり
水筒から水飲んだりしていたし。ただ待っているあいだは
他の子が応援したりしているあいだも、地面にしゃがみ込んで
土いじりしていたりと、かなりマイペースに過ごしていましたが。

最初の親子競技は台風の目みたいな感じで、
親子で竹の棒を持って、カラーコーンを二周して
次のひとにパスするという感じでした。背の順だったので
背が高いうちの娘は最後のほう。娘もわたしが
一緒だと甘えモードになるのか、「おんぶして~w」
「ママ寒いから抱っこして~w」と甘えまくりで、
これきちんと走れるのかな? と心配でしたが、いざ
竹の棒を渡されて走り出したらきちんとくっついてきたし、
カラーコーンのも回れたし、次のひとにパスできていたし……
あ、あの○子が、泣いてばっかりだったあの○子が、
きちんとクラス競技に参加できているぅううううう! と
また感動ですよ。感動しすぎですよ我ながらorz

ちなみに○市は夫に抱っこされてカメラ席で見物していましたが、
退場のときわたしと目が合った瞬間ぎゃあああああって泣き出し、
夫の腕からなんとか逃れてこっちに走ってこようとしましたよね。
どんだけママが好きなん? 愛が重いんだけどorz
○子は○子で席に戻るときにやっぱり離れるの嫌がって
先生にひっつかまっていましたけどね。去年と違って
泣き出さないだけ立派なもんです。本当にorz

その後は今度は未就園児のレースがあったので、
夫から○市を受け取り受付へ。この時点でもすでに
ちょっと進行が遅れ気味でした。夫はわたしと○市の
レースを見てから仕事に行きたかったらしく、
割とギリギリまで粘っていたもよう。

並んでいるときからずっとおんぶを要求していた○市は、
自分が走る番になってもわたしの背中から頑として動かず、
降ろそうとすると泣く、わたしにしがみつく、という
卑怯技を次々繰り出してきたので、結局わたしが
息子をおんぶしたまま走って、景品のなんか引きずって
遊ぶ系のおもちゃもゲットし、メダルだけは息子の首に
かけてもらって、そのままおんぶして退場したというね……
おまえの足はなんのためについているんだ、ママの
胴に巻きつけるためじゃねぇぞ、と思いつつ……
こっちに気づいた娘と娘の担任の先生が応援してくれて、
退場するときも先生がわざわざ手を振ってくれたのが、
なんていうか……ありがたいというか……先生ってホント
大変な職業なんだなって頭が下がるばかりで……orz
レースから帰ってきたら夫はすでに会場をあとにしていました。

そのあとは今年から小休憩の時間が設けられたために、
○子を母に迎えに言ってもらい、休憩。
とはいえ十五分程度なので、そこそこ離れた
ところにあるトイレ(しかも混んでいるw)に
連れて行って、水飲んでお菓子をちょっと食べたら
もう席に戻る時間ですね。せっかくママのところにきたのに
また戻るのおおおおお? と○子は不満げでしたが、
仕方ない、このあと君ダンスあるんでしょ? と
いう感じで席に送っていきました。

そして一つプログラム挟んで、次が娘のダンスだったかな。
曲名らしい「ええじゃないか」っていうタイトルからして
たぶん関ジャニの曲かなぁと思っておりましたが、
ジャニーズWESTの曲でしたね。九月の頭にあった敬老の日のイベントで
祖父母と一緒に作ったはっぴを着込んだ娘他年中さんたち。
去年もそうでしたが、運動会で使う小物を敬老の日のイベントで
祖父母と一緒に作ってもらうって、ものすごく合理的だし、
それを着たところを見られるということで、祖父母にとっても
二度美味しい感じだよなぁ……と感心した次第です。はい。
去年は祖父母イベントはわたし一人で行ったからあれだけど、
今年はおじーちゃんとおばーちゃんが一緒に作ってくれた
はっぴを着込んで、入場前からきちんと列に並んで待っている娘。

いざ入場の音楽が流れてくるときちんと腰に手を当てて
ずんずん指定位置に歩いて行きました。わたしは○市を
おぶったままスマホのビデオを起動させ撮影開始。
○市を落とさないように腰を70度くらい折った状態で、
途中からつらくなってその場にしゃがんで撮影していましたが、
それでもわたしの背中にへばりついてくる○市の執念強すぎるorz

娘はすごく上手に踊っていました。曲に合わせて
きちんと手を動かし足を動かしポーズを決め、
跳びはね回って他のこと手を繋いで移動も決めて……。
踊っているんですよ、あの娘が……去年のドコノコキノコの
ダンスで先生におんぶされながら入場して、ダンス中も
先生におんぶされるか傍らに突っ立ているだけだった
あの娘が……踊っている!!!!!!!!(今世紀一番の驚き
音楽はすごく陽気なのに「ええじゃないか、ええじゃないか」って
明るく歌われると、そうだよね、もういいじゃんね、もう
ああやって踊っているだけですべてがいいじゃんね……と
そんなところにまで感動してしまって、撮りながらマジで
泣いて五回くらい涙を拭ったというとんでもない状態でした。
ダンスが無事に終わってカメラ席を引き上げながら涙が
止まらなくてヤバイ~と隣にいた母に言ったら、近くにいた
おばあちゃんから笑われたというオチ。そりゃ笑われるわ。
これからきっとこの曲聞くたびにわたしは泣く。
むしろジャニーズWEST見るだけで泣くわ(なんでだ


それからはお昼ご飯でした。なぜか夫がお昼には
いないということをわかっているのに夫がいる前提で
いっぱいおかずもおにぎりも作っちゃって、こんなに
あまらせてどうするのという感じでしたが。
母もお弁当作ってきていたからそれもあったし。
久々に食べる母の卵焼きと握り飯の上手さよ……
他人の飯を食べたいんだよ他人の飯を……


ご飯を食べる頃には午前中のみの年少さん以下の
小さい子たちは帰ってしまい、さらには午後一で
行われるマーチングのために座席が新たに組まれ、
すでに多くの人が場所取りしているというね……
○子の通う幼稚園最大の特徴はマーチングをやっているところで、
年中さんは脇で踊るポンポンを槍、年長さんは
楽器や旗を持ってマーチングを行う感じになっております。
マーチング自体は十月の初めに幼稚園でも
発表会が行われ、そちらと同じ演目をやるわけですが、
披露するのが今日が最後。いよいよ始まり、
年長さんが楽器を持って入場するのをアナウンスしながら、
年長の先生がもう涙ぐんでいて、声が完全に涙声w
この日のためにすべてを賭けてきたと言っても過言ではない
年長さんの先生方が感じているプレッシャーの大きさよ……

最初に二曲年長さんだけで披露され、
年中さんはその後三曲目でポンポンを持って入場。
○子もきちんとポンポンを持って入場し、
大きな声でポージングを叫びながらきちんと
ポンポンで踊っていましたが。あの○子が……
去年は泣くかおんぶされるかの二択
以下略だった、あの○子が……!!!!!(飽きのこない感動


無事にマーチングも終わり、その後は親子リレーなどありまして。
年中さんの括弧もありましたので、それはゴール付近でカメラを
陣取り、きちんと走ってくる娘のことも撮れました。
そのあいだもわたしにおんぶされていた○市よ……

親子レースでちょっともたついたために、気づいたら
終了時間が予定の一時間を過ぎていましたが、
終日薄曇りで涼しいという最高の天気だったので
暑くて誰かが倒れたりすることなく平和に終われたので
とてもよかったと思います。あちこちふらついていた
父はともかく母はずっとわたしと一緒だったので
疲れさせて申し訳ない思いもあれどだったのですが、
孫の成長を見られてよかったと思ってくれたなら
いいなと思いつつ……帰りも運転してもらって助かりました。

しかしトイレで自分が用足すときと親子レースと
お昼ご飯食べるとき以外、ガチでずっとわたし
息子をおんぶするか抱っこするかしていたのですよ。
お弁当の用意があるからその日は五時に起きていたし、
さすがに疲れもあって終わる頃には腰と言うより
尾てい骨あたりが痛すぎてマジできつかったですorz

その後帰ってきてから、子供たちがお弁当の残りの
唐揚げなどを食べてくれる傍ら、洗濯物を洗って
お弁当箱を洗って荷物の片付けをして、と二時間ほど
ノンストップで動き、子供たちをお風呂に入れたあとは
なんていうか灰になっていましたねorz 腰と肩に
医者でもらった湿布を貼り、夫が帰ってきたのを
出迎えてすぐ、八時前に寝ちゃいましたw

おかげで今日、肩と腰はそこまでひどい状態ではないのですが、
疲れのせいか今日は起きて頭が痛かったのと(寝過ぎの可能性
ずっと続いていた喉風邪がちょっとぶり返していたので、
薬を飲んでぼけーっとしていました。午後になって
夫が子供たちを連れ出してくれたので、今こうして
ゆっくりブログを書けるだけ本当にありがたいのですが。


とにかく今年は娘が本当に頑張っていました。
前の日に「今年は泣かないでできるかな?」と
わたしが聞いたのを気にしていたのでしょう。帰ってきてから
今日になっても「運動会楽しかったね~!
○子ちゃん泣かないでできたよ!」と誇らしげに
言っていて、ちょっとプレッシャーだったのかな、と
反省しましたが、わたしもとにかく褒めまくりました。
「かけっこも早かったしダンスはすごく上手だったし
ご飯もいっぱい食べられたしポンポンも可愛かったよ~!!!!」と
褒めながらまた泣くという母親って忙しい生き物よホント。

次の大きな行事は十二月の発表会ですが、
なんと十月中にも今度は親子給食会やら
英語の授業の見学会やらあって、なんでこうひとが
改稿で忙しくて死にそうなときにそういう行事を
用意しているんだ幼稚園ゴルァという感じなのですが、
まぁ幼稚園だから行事が多いのは当然だよねきっとorz
むしろ運動会が終わったばかりなのに、娘はまた
発表会に向けての練習と、来年の運動会の
マーチングの練習が始まるのかと思うと
なんとも大変だなぁという感じです。
娘が幼稚園大好きで楽しく通ってくれるのが本当に救い。

その○子、毎日いろんなお友達の名前を出してくれるのですが、
いつも遊んでいる特定のお友達っていないなぁ、と思って
「○子ちゃんはいつも誰ちゃんと遊んでいるの?」と尋ねたら、
「一人で遊んでいるよ!」と元気よく答えてくれたので、
あ、こいつもわたしと同じぼっち街道をばく進する感じだ、
と、あらがえないDNAの強さにくらっときた母なのでしたorz

とにもかくにも、終わってよかった運動会。
スポンサーサイト
15:18 ○子幼稚園(年中) | コメント(0) | トラックバック(0)

新刊発売日です!

2018/09/14
次の記事は幼稚園の敬老の日のイベントかな☆
と書いていたのですが、思いがけずその前後で
体調を崩し、週明けからようやく調子が出てきました。
週末は本当にやばかった……月曜日も調子でなかった。
火曜日でようやく普通の調子に戻って、嬉しくて
艦これのイベント進めつつ執筆していたら、
その日に幼稚園のプレがあったことを昨日になって
ようやく思い出したよねっていう話。
しかも誕生日会だったよね、八月九月生まれの子の。
うちの息子八月生まれだからめっちゃ主役だったわw

ということでわたしの駄目母っぷりがまた一つ更新されつつ……


本日は新刊の発売日です!
台風とか地震とか、北海道地域に至っては
計画停電を回避するための節電とか、
ここ最近一気に冷え込んできたのに電気が使えないとか
死活問題になっていることが本当に苦しくて、
関東地方から心配の念を発している今日この頃ですが、
そんな中でも新刊情報は発信せずにはいられない!!(開眼

hanayome.jpg

Amazon】【honto】【楽天ブックス】【セブンネット

『花嫁になるのは御免です!』佐倉紫/水綺鏡夜
ジュリアンパブリッシング社・ロイヤルキス文庫様から
本日刊行になりましたー!!(セルフ拍手

以下、あらすじを載せておきます↓

兄が莫大な借金を残し絶望していると、幼馴染みの侯爵家嫡男
ジュリアンから「借金を肩代わりするから結婚しよう」と求婚される。
社交界で結婚したい貴公子NO.1のジュリアンだが、
幼い頃の意地悪をリリカは許せなくて、結婚をきっぱりお断り。
しかし返済のめどが立たずジュリアンの屋敷で彼専属のメイドになることに!?
メイドの仕事と押し切られ、煌びやかなドレスを纏い彼と舞踏会で踊り、
天蓋付の寝台で絶頂を覚えさせられ、恋人のような
甘い言葉に翻弄されて!?極上ウエディングラブ。

――という感じの内容になっております(・∀・)ドヤァ

さらに公式サイトでは冒頭部分ががっつり試し読みできます!
こちらも是非ご覧くださいませ♪→公式サイト『花嫁になるのは御免です!』


幼馴染みものってあんまり書いたことなかったのですよ。
なので次は幼馴染みだな、ということでプロットを
書き始めました。提出時期、かなり早かったので。
この前の作品の『黎明の王女は愛に目覚める』の
刊行前に、「サイン書いた見本誌送り返しました。
ついでに次回作のプロットできましたので見てください」と
メールして、次回作お願いしますと言われていない時期から
さっさと送りつけたという感じですw それから一週間以上
返信がこなかったから脈ないのかと思ったら
「これでお願いします」とメールがきて、小躍りするまま、
わずか一ヶ月半くらいで書き上げたスピード作でした。

お値段からわかるとおり、割とかなり分厚いのですが、
この分量を一ヶ月半で書き上げたのと言うのは我ながら
びっくりしましたね。別のお仕事の原稿と同時進行だったので、
同時に書くとなると三ヶ月じゃ足りないと思い、四月に
ゴーサインが出たときに「じゃあお盆くらいまでに書きます」と
言ったのですが、実際は六月に入る前には
書き上がっていたという……我ながらびっくりしました。
本当に詰まることなく一気に書き切っちゃったので……。

それだけぽんぽんしたやりとりが多い二人なのです、
今回のヒーローとヒロインはとにかくヒロインが突っかかるというか
ツンケンしてばっかりで、それをヒーローが茶化すというか
おおらかに受け止め、よりヒロインの怒りに油を注ぐという……
あれ? こう書いちゃうとただのコントじゃね???(汗

ヒロインがあんまり頑ななので、校正中は担当様が
「そろそろヒロインの態度を軟化させても……」
「ちょっとヒーローがかわいそうになってきました……」
とちょくちょくコメントを入れてくださいましたw
担当様にさえ同情されるほどヒーローは気の毒なんですが、
そのヒーローは幼い頃にヒロインをいじめまくっていたので、
わたしとしてはヒロインもっとやれ! って気持ちでしたね(・∀・)

ちょうど原稿中にTwitterで『アーリーモーニングティー』が
ちょっとした流行(と佐倉は勝手に思っている)になっていて、
イラストを描いている方もいらして、触発されて
フツーに作中にそのシーンを入れております(・∀・)
いいよね、夫側から妻へ目覚めのお茶を淹れるって……w

そしてなにより素晴らしいのはイラストです!!!!!!

これまでもたくさんのレーター様にイラストを
手がけていただいたのですが、今回の水綺鏡夜様は
初めてお仕事をご一緒させていただきました。
注目していたいのはキャラの表情! わたしの脳内を
のぞいたんじゃないかと思うほどイメージ通りの
表情をキャラが浮かべているのに驚嘆した作者です!!
表紙絵も完成した今こそヒロインがとても可愛く
微笑んでいるのですが、ラフ画の時点ではもっと
むっとした感じだったのですよ。これはこれで
全然可愛いと思っていたのですが、いざ書影見たら
ヒロインがちょっと可愛く微笑んでいて「なんだこれ
可愛いぃいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!????」と
鼻血噴いて倒れるくらいびっくりして、本当に嬉しかったです!
おそらく担当様とのやりとりでこういう表情に
なったのでしょうが、ヒロインの心情をまるごと全部
表しているこの表紙絵の微笑みには本当に感動しました。

挿絵もすごくいいのですよ~。特に起き入りなのは
二人がお茶を楽しむシーンで、ヒロインがちょっと泣くのを
こらえた微笑みを浮かべているところがあって、
そこがもうっ、そこがもうっ、あああああああ尊いぃいいいい!!!!
としか言えないくらい可愛い! 可愛すぎる!!(力説

ドレスやシャンデリアの細かさなんかも本当に素敵で、
毎度毎度イラストレーター様には本当に
驚かされてばかりですが、今回本当に感動の嵐でした……!


それに今回は電子書籍も同時発売なのかな?
電子書籍は通常版と、作者のサインつきのちょっとだけ
お高いバージョンが出ております。サインと
ホントに一言コメントだけなのであれですが……(^_^;)
サイン書くの楽しいのですが、とにかく字が
下手くそなので毎度毎度神経研ぎ澄ませているので
ちょっと疲れたりします……今回は紙書籍も
40冊くらいサインしたのでちょっとへたりました……
あと一冊だけサイン間違って、いつも書いている
「yukarisakura」ではなく「sakurayukari」になっています……ふふふ……orz

サイン本の配布店舗はそろそろ公式サイトでも
発表があるかと思いますので、わかり次第
こちらの記事に載せておきますね。全部売れますように……(切実


今年はもう一冊か二冊くらいお届けできるかなと思っております。
クリスマス近くなったら書籍プレゼントもありますので
十一月頃にお知らせを更新する予定です。
ちょっと気が早いけれどよろしくお願いいたしますm(_ _)m


追記です!
サイン本を置いてくださっている店舗様の情報が出ました!
sainnbon.png
が、驚くべきことに、すでに完売した店舗様もあるとのこと(゚Д゚)
作者としては嬉しい限りですが欲しい方にとっては
なかなか争奪戦ですね……お手に取ることができますように。
06:49 お仕事 | コメント(0) | トラックバック(0)

入園願書出してきました

2018/09/06
本日午前三時頃に北海道地震が発生しました。
ちょうど昨日の昼頃に北海道は台風21号が通過して
それなりの爪痕を残したあと。そのまた前日には
近畿地方でやはり台風でのすごい被害がありました。
津波並みの高潮が襲いかかったり、関西空港が
水浸しになって、橋が壊れて孤島と化してしまったり……
そちらがまだ大変なうちに、今度は最大震度7となった
北海道地震の発生……本当に、平成最後の夏は
とんでもない夏となってしまいました。
六月の大阪北部地震、七月頭の豪雨被害、
連日続く記録的猛暑、九月に入って台風21号、
そして今日の北海道地震……
なんだかね……。今年はたくさんの著名人が亡くなったし、
災害でもたくさんの方が亡くなったし、本当に
涙が乾く暇がありませんね……

特に被害に遭われた近畿地方、北海道では
停電や断水が続いていて、現在進行形で大変な形です。
関東住まいのわたしには募金くらいしかできないのですが……
どうぞ皆様、お気をつけて。特に地震は
今後本震がくる可能性が高いので、
一週間くらいは注意が必要とのこと。
熊本地震の例があります。どうか、どうか、お気をつけて。
被災された皆様に、お見舞い申し上げます。

***

刊行日が近づいてまいりました。来週金曜日、
九月十四日の発売予定になっております、新刊です。


水綺鏡夜先生のイラストがとにかく美麗な一冊です。
キャラのね、表情がね、本当に素晴らしいのです!
細部までキラキラな感じですが、作中の
二人のやりとりは割とツンケンしていたり(主にヒロイン)
しますので、ツンデレな彼女と囲い込もうと頑張る彼に
エールを送りつつお読みいただければと思います!

***

さて、今週の月曜日に幼稚園が始業式を迎えました。
その日は市内の幼稚園が一斉に来年度の入園願書を
受け付ける日になっておりましたので、わたしも
息子○市を連れて幼稚園に乗り込み……
じゃない、違う。行ってきました。はい。

娘が通う幼稚園は去年からこども園になっているし、
今年からは0歳児も受け入れているので、今回も
赤ちゃん連れできているママさんも何人かちらほら。
そういう方はパパも一緒にこられている方が多いのが
印象的でしたね~。逆に子供が二歳三歳だとママしかいない。

あんまり早く来てぽつんと待っているのも恥ずかしいと
思い十分前に行ったのですが、すでに車はいっぱいで
入り口の職員玄関にも靴がたくさん並んでいたので、
「あれ? むしろ出遅れた?」と危機感が。
というのも幼稚園枠である教育認定(一号認定)は
先着順での受付となっていたので、割と皆さん
早めにこられていた可能性が高くてデスね……
あれ? ちゃんと入園できるよねこれ? と
すでに冷や汗だらだらになったりね。

玄関から入ったら、去年の娘の担任の先生が
やってきて受付番号を渡されました。こういうとき
顔見知りの先生を見るとほっとしますね本当に。
息子の名前もしっかり覚えているから「あっ、○市君
こんにちはー! この前もきてくれてありがと~♪」と
挨拶してくれましたしね(○市は緊張か照れのためか
半笑いで固まっていた。最近ちょっと人見知り)

受付である遊戯室ではだいたい十組くらいの親子が待っていたかな。
椅子に座っていていいですよ~ということでしたが、
用意されている椅子は園児用なので小さくて硬くて痛い……
隣に座ってきたのがプレでも挨拶する仲のママさん
(上に年長のお姉ちゃんがいる)方だったので、
その方とお喋りして時間を潰しておりました。
「割と皆さんくるの早かったですよね」
「ね。わたしも上の子のときは早めにきたんだけど
他に誰もいなくて、さっさと受付終わって、
見学していってもいいですよ~って感じだったのよ」
「わたしが上の子のときはこども園になるときで、園舎も
改装中だったので、駐車場のプレハブで受付だったんですよ」
「あ~、そういえばそんな時期があったね!」
「すっごい暑い日で、プレハブに入りきらないから
駐車場で車で待っていって言われたけど、車からじゃ
プレハブが見えないし、忘れられたらどうしようと思って
結局外に出てうろうろしてて~(笑 で、
プレハブに入ったら入ったで、やっぱりこども園になるってことで
手続きに時間がかかる方がいたりで結構待たされて~」
「先生も初めてのことだからわからないことも
多かっただろうからよけいに~(笑」
「そうそう~(笑」
みたいな『上の子のときはどうだったか』談義に花が咲きましたw

その方は来年の四月は上の子が小学校に入学、
下の子が幼稚園に入園だから、色々揃えたり
書類やらなにやらで忙しくなるし、わからないことだらけ
という感じで不安そうにしていました。
やっぱりみんな何事も初めてのことには不安だらけよね……
小学校から家までの地図を書くのにグーグルマップ開いて
それをトレースして書いたという話を聞いて
なるほど、そんな便利な手が……と感心しました。
みんな、学校までの地図はグーグルマップを写そう!(笑

それと十二月にある面接が憂鬱よね~という話で……
「うちの子は普段お喋りなのに先生になにを
聞かれても全然答えなくて~」と嘆くママさんに
「うちの子なんか椅子に座るのも先生に背を向けて
座りましたし、質問に答えるどころかガン無視で
時計の装飾とかを指さして騒いでいましたよ」と
自虐のオンパレードでした……実話です……orz

そしてようやく順番がやってきて、いつもプレで
お世話になっている先生二人に書類とお金を渡しました。
絶対抜けがあるだろうと思っていた書類に
案の定抜けがあったので、記入してついでにはんこも。
はんこ持ってきておいてホントよかったと思った瞬間。
そしてお金を封筒からだそうとしたところで
封筒ごと取り落として、封筒がさーっと床を滑って
先生の後ろまで行くというね。「ぎゃあああ、すみません!」って
リアルに悲鳴を上げたよね(遠い目
めっちゃ笑われましたとも……ええ……

とにかく出すもんを出して、入園決定となったときは
次に持ってきてくださいという書類を渡されて、
さて帰るよ~となりましたが、息子は帰らないと言い張り、
いつも行っているお気に入りの園舎奥の遊び場スポットへ。
そこちょうど娘の教室の目の前なので、
あんまり行きたくないなぁと思ったのですが、
息子はお構いなしにどんどん進む。教室の中から
見てくる先生が息子を見て手を振ったりわたしに
頭を下げてくれるのがなんとも申し訳なく思いつつ、
娘の教室の前に着いたら、ドアの近くにいた園児たちが
「あっ!」と気がついて出てきたという……
ちょうど担任の先生がナニか取りに行って教室を
出ていたらしく、あっという間に園児がわらわら集まってきて、
わたしの顔を指さして「あ! ○子ちゃんのママだ!」と。

……ちょっと待てなぜわたしの顔を知っている!?
わたしは行きも帰りもバスを使って他のママさんとも
顔を合わせないように徹底的に引き籠もっているのに!!

と、思ったけどプレのたびに息子がここに脱走して
遊んでいて、それに付き添っていればまぁ顔も割れるよねorz
娘もおずおず出てきてなぜか遠くから「ママー」と囁くという……
そこ飛び込んでくるわけじゃないのね……先生が
帰ってきたらおとなしく教室に入ったしね……
最後にドア越しにバイバイって手を振ったら
にこって笑ってバイバイって手を振ってくれた……

……うわあああああん、やっぱり成長したな○子よ!!
一年前はこうしてわたしが顔を出すと大泣きして
先生を振り切ってわたしと一緒に帰ろうとしていたのに!!!!

○市も園児たちに囲まれたことで遊びたい気持ちごと
フリーズしたらしく、帰ろうと声をかけたら自分から
玄関に向かって歩き出しました。素直。

こうして無事に入園願書を提出できたのでした。

しかしこれ入園できない場合は金曜日に
電話があるというなんか恐ろしい話なんですよねー……
受付十番目だしプレ行っているし上の子通っているし、
よほどのことがない限り弾かれることはないはずだけど、
そのよほどのことが起きるんじゃないかと
ネガティブ思考が止まらない佐倉さんは考えるのでした。


次は土曜日に敬老の日のイベントがあるので
そのことを書ければと思います。
18:13 育児 | コメント(0) | トラックバック(0)

体験フェスタ

2018/08/29
ちびまるこちゃんの作者、漫画家さくらももこさんが
15日に亡くなったとの報道が一昨日27日にありました。
……もうさ、今年さ、著名人亡くなりすぎorz
高畑監督が亡くなったあたりはホント涙止まらなくて
歌丸師匠おおおおおヒデキぃいいいいいい
テンくんんんんんんんんんん!!!! と毎度毎度
嘆きまくっていたのですが、なんかぷっつり糸が切れたように……
なんだか悲しみの涙よりやるせないため息ばかり
出るようになって……なんだかもう……平成最後の夏は
気象環境といい色々と災難しかないなぁって……orz

ちびまるこちゃんの漫画は母が持っていて、
我が家にも長い間12巻までそろっておりました。
アニメでは結構ギャグ寄りというか、まるちゃんの
ちょっと斜め上からの突っ込みとか、その
まるちゃんに対するキートン山田氏の突っ込みとかを
楽しむ感じですが、漫画は割と道徳的な
内容もあったりして、雰囲気が違うな、と子供心に
思ったのが今でも印象に残っております。
好きだったのはお花屋さんのとくちゃんの話。
男子と女子が対決する話。それと、
ローラースルーゴーゴーの話(笑

Twitterでも話題になっていましたが、
まるちゃんがコジコジに連れられ20年後の
未来に行く話も面白かったですね。
「わたしなんかが漫画家になれるはずがない!」
というまるちゃんの叫びって、大人になった
今読むと子供のときに読んだのとまた違う
不思議な感覚に囚われますね。

まだ53歳……まるちゃんのお姉ちゃん役を
演じていた声優さんもやはり同じ年くらいの年で乳がんで
二年前に旅立ったことを考えると、もう切なくて切なくてorz
西城秀樹さんも亡くなったばかりなのにね……orz

今年はお別れが多すぎる。
ご冥福をお祈りします。

***

さて、先週の土曜日は久々に幼稚園のプレでした。
入園説明会を兼ねた体験イベントで、
幼稚園の名を冠したフェスタということで広報してました。
前日まで園に参加の申し込みをするのを
すっかり忘れていて、慌ててメールを送ったという
体たらくでしたが、とりあえず娘も連れて親子三人で参加。

久々の幼稚園に○子も○市もどことなく
楽しそうなようなそうでないような。
ギリギリに行ったのでもう靴の置き場もない
感じでしたが、無事に受付を済ませて屋内へ。
プレの先生がすぐに挨拶に来てくれて
「昨日は申し込みありがとうございましたー!」と
言われ、あ、これ申し込み忘れていたら入れなかった
パターン? とちょっとひやりとしたという(汗

最初は遊戯室で園長先生のお話しなんかを聞いて、
その後は各教室で三クールに渡って
催しが開かれるので、好きなところに入って
遊んでいってください~という感じでした。

最初のクールでは手形と消しゴムはんこで
絵を描くみたいな制作だったので、ひとまずそこに参加。
二人とも画用紙にインクべったりつけた手を押しつけたり
消しゴムはんこをとにかくペタペタ押しまくって
楽しんでいました。押すことが目的になっていたので、
完成品がなにを表しているかまったくわからない
ピカソ的名作ができたことはお察しいただけるかと思います。

息子はひたすらはんこを押し、娘は
はんこを押しながら近づいてきた先生に
昨日はじいじの家で遊んだの~♪ とか
つらつら話しまくっていました。お喋り全開です。

無事に完成品を持って、次のクールに移るまで
時間があったので、おもちゃが置いてある休憩用の
教室にひとまず入りました。そこは○子が普段使っている
年中さんの教室で、○子はブロックでちょっと遊んだと
思ったら、自分のお道具箱を引っ張り出してきて
「粘土やる~」と言って本当に粘土を始めたというw
他にも何人か休憩にきた親子がいましたが、
ほとんどは次のクールが始まる時間とともに
催しをやっている教室に移っていったというのに、
我が子たちは一クールをまるまる休憩室で
ブロックやら粘土で遊んだというマイペースぶりです……
でもいいんだ、去年入った今年少を持っている
先生がやってきて、もう一人残ったお友達とともに
うちの子たちとも遊んでくれたから……
(その先生相手にもべらべら喋りまくっていた○子である)

最後のクールはなんかやりたいなぁ、と思って
休憩室をあとにし、アンパンマンがいたよ~という話を
聞きつけ遊戯室に行ったら、本当に着ぐるみアンパンマンがいた。
先生方が交代で入っていると思しきこの幼稚園専属の
着ぐるみアンパンマン……前のクールの子をお見送りして
また奥に消えていったので、うちの子供たちが
追いかけようとして、止めるのが地味に大変でした。

で、アンパンマンを再び見るため遊戯室に居座り、
パンダの着ぐるみがやってきたので、一緒に手遊び。
その後はアンパンマンもやってきて、手遊びと
アンパンマンたいそう。いつもプレでやっている
体操なのですが、うちの息子は終始わたしの背中に
張りついておんぶされながらという状態だったので、
今日もそうなるかな……と思ったのですが、隣で娘が
はっちゃけながら踊り狂っていたので、おれも一緒に
踊らないといけない! みたいに思ったのか、
普通に○子と並んで踊り狂っていた○市でした。
初めて幼稚園でまともに踊っている○市を
スマホのビデオで録画することができた……後ろ姿だけが……

で、すべてのクールが終わり、無事に全員が遊戯室に
入ったところで、入園説明会。諸々の案内が入った
封筒とおみやげの袋をいただきました。
おみやげの袋にはジュースとお菓子。二年前に
娘とやってきたときは「これはおみやげだから
帰ってから食べようね~」となだめつつ、周りの
親子がすでに食べちゃっているのを見て「え、いいの!?」」と
戸惑ったりしましたが、今年は迷うことなく
ジュースにストローを突き刺し、お菓子もあけて
子供たちにせっせと食べさせたんだから、わたしも
ここに染まってしまったな……と切なくなる次第。

ま、入園説明は疲れた子供たちがぐずるわ泣くわで
ろくに先生の声も聞こえない状態でしたが、封筒の中に
説明書きも見本も入っているし、なんかありゃ電話で
聞けばいいし、ということでわたしも特に聞いていませんでした。
一号認定なので提出書類が少ないというのもあります。
主に真剣に聞き入っていたのは二号、三号認定狙いの
ママさんたちですね。そういう方たちはその後も先生を捕まえて
熱心に色々と質問していました。朝から晩まで
子供を預けるわけですからね。熱心になるのは当然。

しかし改めて延長も含めて朝の七時から夜の七時まで
預かってくれるのか~とびっくりした次第。わたし未だに
園の預かり保育使ったことないんですよね……(汗
預かりじゃなくても、放課後に園内で体操教室や
ピアノ教室とかもやっているのに、そういうのに参加させる
気もあんまないから、うちの娘が園にいる時間って
在園字の中でもかなり少ない気がする……あ、
だから特に病気とかもらうことなく皆勤できているのかな?

息子も多少ぐずるかなと覚悟していたのですが、
眠くもならなかったようだし、ぎゃあぎゃあ騒ぐこともなく
穏やか~に微笑んで脱走未遂を繰り返していました(駄目じゃん
本人はちょっとした追いかけっこと探検くらいの
気持ちでいるから、こっちも笑顔で強制的に連れ戻すだけでしたが。

唯一大泣きしたのは、説明会が終わって解散になったあと、
靴がある外ではなくあの休憩室となった○子の教室へ
一目散に走って行き、そこに置いてあったおもちゃがすでに
片付けられていたのを見たときでしたかね。
「うぎゃあああああああああああああ」って感じで大泣きでした。
ああ、またこの部屋にきてあのブロックで遊びたかったのか……
そりゃかわいそうだったね……とちょっと同情しました(苦笑
まぁそのあと外に出たら出たで砂場で遊んでいたのですが。

○子の担任の先生にもお会いできたので
また月曜日からお願いします~と挨拶して無事に帰宅。
その後も子供たちは元気に遊んでおりましたが、
ママは暑さもあってぐったりでしたorz


休みが明けて、今週の月曜から○子も園に通っております。
二学期はあくまで九月からで、今週は後期の夏期登園日という
位置づけの週なのですが。まぁやっていることは普段と変わりないので。
プールは八月までだから、残りの日数暑くなればと思ってましたが、
今日は曇りで涼しかったのでプールはなかった模様。
明日、明後日にちょっと期待します。

イベント終わったばかりなのに来週の月曜までに
入園の書類に記入しないといけないし、
さらに同じ週の土曜日には敬老の日イベントで
また幼稚園に行かないとだし……あれ? 結構忙しい?(滝汗

二学期はそれでなくても運動会や発表会という
ビッグイベントがあるから、なんとなく園に行く機会も多くて
滅入っておりますorz 息子のプレもあるしねorz
出不精だしコミュ障だしひたすら家に引き籠もっていたのに
なぜわたしはこんなにも外出する用事にまみれているのかorz

おまけに原稿もギリギリなので、とにかく九月は
死なないように頑張ります(真顔

***


予約受付中です。
「毎日毎日、まだ出ない、まだ出ない」と、
トトロにもらった種を植えた花壇を、ひたすら
見つめるメイちゃんのような気持ちで
書影が出てくるのを待っております。
15:29 ○市幼稚園プレ | コメント(0) | トラックバック(0)

夏休みも後半

2018/08/23
夏休みも終盤に入りましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか?
お盆も後半に台風があってから気温が幾分下がり、
三十度くらいなら全然涼しいね、クーラーいらなくない?
という感じで、なんかもう暑さに関する自己メーターが
ぶっ壊れている感じも否めませんね。
まぁ今日は久々にからっと晴れて暑くなりましたが。
あまりに暑いのでわたしも涼みたくて、
子供二人を連れて午後は市内のプールに行ってきました。
休日は大勢の人でごった返してしますが、この暑さでも
平日ならすいていますね。パラソルや大木の下の
影も空いていたので、レジャーシート敷いて荷物を置いて
悠々と遊ぶことができたのでよかったです。
まぁわたし一人だと二時間が限界でしたがorz
まだ遊べると思っても、その後子供二人を着替えさせて、
自分も超速で着替えて、さらにかき氷を買う列に並んで
食べさせて家に帰って洗濯して晩ご飯の用意~、となると
多少の体力を残していかないと大変なことになりますから。


さらに昨日までは甲子園に釘付けになっておりました。
昨日の決勝の大阪桐蔭対金足農業に関しては
試合開始一時間前からテレビの前に陣取って
ひたすらわくわくしながら試合開始を待っている感じで。

点差は開きましたがどちらもそれぞれのチームの
特性を生かした野球に終始できたと思います。
金足農業はバントが本当に上手で、一塁出れば
こっちのもんとばかりにバントを頑張っていました。
なんと言ってもピッチャーの吉田選手は本当に
頑張ったと思います。地方大会から投げ続けて、
やっぱり疲れがあったんでしょう。試合中も
途中から汗だくで、顔も真っ赤になっていたし、
昨日までと違いかなり気温も上がっていたので、
熱中症になっていないかと心配していましたが、
やはり下半身が疲れで動かなくなっていたようですね。
次にマウンドに立った打川君は本当によく抑えたと思います。
ポジションは変えてもメンバーは変えず、よく九人で
ここまで頑張ってきたなと、もうそればかりです。
そんなチームだからこそ、秋田はもちろん日本中が
盛り上がり、応援に駆けつけたり寄付をしたりと、
自然とそういう気持ちにさせてもらえたんじゃないかな、と思います。

大阪桐蔭はさすが圧倒的! という感じでした。
最後まで手を抜かず責め続ける姿勢、立派です。
勝って当然、勝つべくして勝った、という雰囲気でしたが、
それがナインにとってはかなりのプレッシャーだったはず。
昨年のミスを挽回する気持ちもあるだけに、優勝が決まったあと
負けたチームと同じくらい泣いている姿が印象的でした。
柿木君もよく投げきったと思います。打線も本当にすごかった。
最高で本物のチームとは本当にその通りだと思います。

今年の甲子園は一回戦で地元作新学院が大阪桐蔭に
負けてしまって一気にがっくりきたのですが、これだけの
盛り上がりになるとはとうてい思っていなかったので、
本当にいい時間を過ごさせてもらったことに感謝ばかりです。
他のチームも本当に素晴らしかった!
タイブレークに突入した済美と星陵の一戦も思い出深いです。


……さて、我が家の話に戻しまして。
そして先週の週末はあしかがフラワーパークへ行ってきました。
土曜日も日曜日も連続で行ったのですよ。
なぜなら入園無料の日だったから!(ドヤァ
無料の割にキャラクターショーもやっていて
なかなか充実した一日と成りました。そのレポです。

もともと市内のお知らせでその日が入園無料で、
土曜日にはアンパンマンショー、日曜日には
仮面ライダービルドのショーがあることは知っていました。
ただうちは仮面ライダー見ていないし、土曜日は
夫が仕事なので、わたし一人で連れて行くのもな……、
という感じで行く予定はなかったのですが。
お盆のときに母から電話があって、よければ一緒に
行かない? ということになり、わたしの両親に
こっちに来てもらって、みんなで電車に乗って行くことにしました。
電車で行くことに決めたのは、そろそろ子供たちも
電車に乗っても騒ぐことがないだろう年齢になったこと、
前々から乗りたいと言っていた電車にそろそろ乗せたいと
思っていたこと、それに駐車場が混んでいて入り口から
遠いところに駐車する羽目になったらいやだなぁと
思ったからですが、まぁ最後は杞憂でした。全然
駐車場空いていましたorz これはもう失敗だったね……と
あとあと言うことになるのですが。まぁとにかく、
家から歩いて駅に向かい、古い駅舎で切符を買って
電車に乗るという、田舎に住んでいるとなかなかしない
経験をしたわけです。娘は電車が揺れるのにいちいち
なんか行っていましたが、息子はにこにこして車窓から
外を眺めて満足げにしておりました。娘ももちろん
楽しんでいましたが、ビビリなので楽しいより怖いが勝るんですよね(苦笑

そして駅からちょっと歩いてパーク内に入ります。
あしかがフラワーパークというと、やはりGWに見頃を迎える
世界一の大藤が有名で、その次は冬の時期のイルミネーションが
よく知られていると思うのですが、夏は子供たちに嬉しい
遊び場スポットになっております。正面ゲートの前には
水遊びができる箇所が用意されて、いつもは
池になっているところが全面シートが敷かれて、
水が噴き出すアトラクションみたいになっていたり。
子供たちは水着に着替えて、出てくる波に飛び込んだり
なんだりしてとても楽しんでいました。ただわたしも
ここまで水浸しになると思わず、土曜日は水着を
持っていなかったので、あまり遊ばせてあげられませんでしたが。
まぁ着替えを持っていたので一時間近くたっぷりと
水遊びはさせましたけどね。更衣室も用意してあるので
着替えもスムーズにできてよかったです。その後アンパンマンショーを
行う正面ゲート前の駐車場に移動したのですが、
すでに場所取りがかなり進んでいて、三十分前に
行ったときには座るところはほとんどありませんでした。
それでも父が座ってみられる場所を確保してくれて、
母と娘が先にそこに座っておりました。息子は全然
じっとしてくれないので、わたしと一緒に出店を見たり、
あとはちょっと遊べる場所が合ったのでそこで遊んだり。
で、いざ始まったらすごい音量で、息子も遊びを辞めて
わたしのおんぶで立ち見していたのですが、大きな音が
とにかく嫌いな娘が泣き入ったらしく、母が交代して~という
感じの視線送ってきたので、ショーの最中なのに
必死に座る人のあいだを縫って母と交換したという……
狭い場所だったのでわたしはコンクリートの地べたに正座、
娘と息子はその膝の上、という感じで見ていました。
娘は音を怖がって全然ショーを見ていないしむしろ「もう
見たくない」とか言い出すし、逆に息子は楽しんで
立ち上がるわ踊るわ歌うわでなだめるのが大変だし……orz
ショーが終わる頃にはわたしの足は完全に痺れて感覚がなく、
立ち上がるのに一分近くかかりました……orz

風は気持ちよかったのですがかなり日差しがきつく、
父も母も外でお昼を食べたいという感じだったので、
早々に変えることに。が、普段車で移動している我々は
電車の時刻表という存在をすっかり忘れていて、
駅に着いたら電車が到着するのは40分後だったという罠。
まぁ四十分世間話したりなんだりして待ちましたが、
駐車場も空いていたし車で来るべきだったね……という
反省の空気は否めなかったですorz 暑いしorz

その後はとんかつチェーン店に行ってお昼ご飯。
娘はポテトだけをもりもり食べ、息子は肉だけを
もりもり食べるという有様でしたが、もう腹が満たされるなら
なに食べていてもいいよって感じの夏休みですorz

息子は水遊びをしているとき以外ほとんどわたしの
背中にへばりついていて、わたしもずっとおんぶしていたので、
翌日は予想通り腕と腰と足が筋肉痛で大変でした。
首筋も汗で日焼け止めが落ちちゃったらしく焼けて痒いという……


そして水遊びの時間が短くて子供たちが
あまり満足していない様子だったので、翌日曜日も
休みの夫と一緒に午後になってからフラワーパークへ行きました。
今度は水着も持ってきたのでさぁ水遊びしまくれ!
という感じでしたが、気温がそこまで高くなかったので
あんまり長くは遊べず……最終的に娘がぶるぶる震えながら
もう遊ばないいいいい寒いいいいい、と言ってきたので、
娘だけ先に更衣室で着替えて戻ったら、夫も息子を着替えさせていました。
なんでも息子も水の中にぽつんと立ってまったく動かず震えていたらしく。
娘と違ってまだ言葉で色々話せないので、ただただ立ち尽くしてたようです。
まぁ二人とも着替えさせて体温が戻ったらころっと遊んでましたが。
そしてこの二日間で出店でのゲームで割とお金を使いましたorz

フラワーパークをあとにしたあとはホームセンターに行って、
動物を見たりカレーを食べたり買い物したりして過ごし、
わたしはただただ疲れて屍になっていたという有様でした。
この日も息子をほとんどおんぶしていたしねorz

その息子は「やったー!」という言葉を習得してから今日まで、
「あったー」と「まってー」と「かえしてー(かしてー)」を
言ってくるようになりました。まだ一語を繰り返すだけだが、
とうとうきたのか? 言葉の爆発期……! という感じで、
来月に行われる三歳児検診を前に、ちょっとだけ
ほっとしている母なのであります。よかった、うちの息子
ちゃんと話せるようになってきてるやん……w

そんな感じで割と出ずっぱりだった週末でした。
本当に誘ってくれた両親には感謝の気持ちでいっぱい。
父も定年を迎えたし、わたしのほうが両親になにか
親孝行しなきゃなとは思うのですが、現状は頼り切るばかりで
なかなか実行できないのがつらいところです。
明日も車をディーラーに持っていく関係で、そのやりとりや
予約を全部母にやらせているというね。我ながらひどいorz
しかも泊まりに行くとなると家事は全部母にぶん投げですからね……
この前のお昼だっておごってもらったしね……orz

頼りがいのある娘にいつなれることやら。

***


発売まで一ヶ月を切っております!
早く書影出ないかな~♪ キャラの表情が
とても生き生きしていて素晴らしいのです!

わたし自身刊行日が楽しみで仕方ないです(*^O^*)
01:12 育児 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »