FC2ブログ

ベリー・ウィッシュな日々

佐倉紫のつれづれなる日記

新刊情報

立て続けに新刊が配信&発売になっちゃって
作者買いされている読者様(果たしているかは謎)の
懐に大打撃で、なんだか申し訳ないなと思いつつ……

また新たに新刊が発売&配信となりました。
まずは本日11/1(金)配信開始のこちらの新作から。

【電子書籍】
『公爵様の一途な愛は、引っ込み思案の
 地味令嬢の傷ついた心を癒します』
佐倉紫/森原八鹿(くるみ舎/こはく文庫)
公爵様の一途な愛
以下あらすじ↓
カミリアは恋に臆病になっていた。普通の容姿の
カミリアに対し、似ていない双子の妹キャロルは
飛び切りかわいらしくて両親ですら区別する
始末だからだ。男性はみなキャロル目当て。
カミリアに声をかけてくる場合はキャロルに
近づく口実だった。すっかり傷ついてしまっているカミリアに、
伯母がレナルド・ザーヴィス公爵を紹介する。
見目麗しいレナルドは、無類の本好き・歴史好きで、
同じ嗜好のカミリアと親しくなりたいと想いを伝えてくる。
だがカミリアはその言葉を信用できない。
また妹目当てでは? 過去の苦い思い出から
逃れられないカミリアに、レナルドは一つ一つ応えていく。
そんな優しく包容力のあるレナルドに
惹かれていることを自覚するカミリアが、
もう迷わない悩まない、そう決意した矢先、
なんとレナルドとキャロルが逢引している
場を目撃してしまい……。

公式サイトにて配信先のリンクも掲載されております
こはく舎HP

長いタイトルにもだいぶ慣れてきたと思うのですが、
さすがに今回のタイトル長すぎて打ち間違えないか不安(笑

タイトルとあらすじ通りなのですが、ヒロインは
二卵性双生児の双子の姉として生まれてきました。
妹はめちゃくちゃ可愛くて周囲にもてはやされ、
一方さほどでもない彼女は両親にさえ放置され気味。
言い寄ってくる男がいてもだいたい自分を介して
妹と仲良くなろうとする奴らばかりだったので、
恋愛どころか半ば人間不信に陥っております(苦笑
そこへヒロインが読書好き、歴史に造詣が深いと
聞いて、同じ趣味を持つヒーローがやってくるわけです。
おまけにヒーローは公爵位を持ち、普段は国王の
そばで働いている超有望株! そんなハイスペックメンが
なぜわたしに??? という感じで始まる物語ですw

あらすじだけ見るとヒロイン妹は意地悪なの? と
思われるかも知れませんが、むしろその逆。担当様は
「妹いい子!」と絶賛しておりました。作者もそう思うw
恋に臆病になっているヒロインがどうやって幸せを
掴むのか、是非とも見守っていただければと思います!

***

もう一作は単行本で出ていたものの文庫化です。

【文庫本】
『淫魔なわたしを愛してください!』
佐倉紫/comura(アルファポリス/ノーチェ文庫)
5944large.jpg
以下はあらすじ↓
男性恐怖症で、エッチができない半人前淫魔の
イルミラ。処女のままだと一年後にはこの世から
消滅してしまう!! 悩んだ末、イルミラは脱処女のため、
人外専門の魔術医師・ デュークのもとに
媚薬をもらいに行くことに……ところが彼は
自ら治療を買って出た! 昼も夜もなく彼から
教え込まれる快感と悦楽にイルミラは
身も心も翻弄される。エッチを経験したことで
消滅の危機は逃れたけれど――!?
文庫だけの書き下ろし番外編も収録!

公式サイトにて試し読みもできます
ノーチェブックス/ノーチェ文庫HP

はい、こちら昨年の二月くらいだっけ? に
発売した単行本の文庫化となっております。
文庫化に当たり番外編を書き下ろしてあります。
この番外編は文庫以外では読めないのですよ~!
淫魔ちゃんと腹黒魔術医師にふさわしいエロエロな
番外編を書きましたので是非ご覧くださいませw

***

最近ムーンライトノベルズ様の活動報告にも
あげたのですが、ちょっとまた〆切がやばいことに
なってきましたので、webの連載はお休みさせて
いただいております。早ければ今頃には
『楽園にて~』の続きを書こうと思っていたので、
年内の公開は難しいなぁと作者としても
申し訳ない気持ちでいっぱいです。『公爵様の
ランジェリードール』もお待たせしてしまって
本当に申し訳ありません。今月を乗り切れたら
年内の残り一ヶ月はweb小説執筆に
時間を割こうと計画中ですので、気長~に
お待ちいただければと思います。

気づけばもう今年もあと二ヶ月なんですね!
床上浸水した実家はまだ片付け途中で、消毒とかも
できていない状態なので、年内でこちらもケリが
つくのか微妙……という感じなので心配しています。
わたし自身は子供いるから駆けつけられず……orz

畳が浮くだけでなく、やっぱり水が入ってくるから、
壁のほうも浮き上がってきたようで、すべて剥ぎ取って
消毒を終えたら、今度はリフォームが必要になる、と
母は嘆いておりました。床上浸水くらいじゃ罹災証明書
出したところで補償される金額も微々たるものだろうし、
車もやはり新しく買うことにしたため、とにかくお金が
かかるのが大変だということです。命あっての物種とは
思うのですが、やはり生きるにはお金が掛かるものだと
こういう状況になったときより強く思うものです。
五年くらい前にはトイレを新しくして、そのあとは
壊れたお風呂の追い炊き機能を治して、今年はしまらなく
なっちゃった玄関扉をウン十万出して新調した
ばかりだったのですよ……つくづく持ち家を持つという
ことの現実も噛みしめているところです……。

台風に関してもブログにまとめたいと思いつつ、
なかなか時間がないのが悔しいところ。これからの日本は
どこでも災害が起きる国になるでしょうから、備えも
見直さないといけないですね。最近は口永良部島が
また噴火レベル高まっているので、地震も心配です。
皆様が無事に過ごすことができますように……
スポンサーサイト



親子給食会

『幼なじみの騎士様は可愛い新妻にぞっこんです!』
佐倉紫/小路龍流(Jパブリッシング/ロイヤルキスレーベル)
cover-1-768x1127.jpg

公式サイト様で試し読みできます→チュールキス・ロイヤルキスレーベル
この作品のブログ記事はこちら→新刊配信日

各電子書籍の書店様で配信開始となっております!
秋の夜長のお供に是非ともお求めくださいませ♪

***

さて、秋というと「食欲」「芸術」「スポーツ」などなど
枕詞が多いのですが(秋の読書週間とかもあるよね)
幼稚園も例に漏れず10月に様々な行事がぶち込まれております。
一番のイベントはやはり運動会ですが、そのほかにも
園児たちだけで市の公園やらにお出かけする園外学習、
消防署見学、清掃活動、マーチング発表会、などなど
ありまして、親子でクッキングや給食会なんかも
あるんですよ。もう枕詞全部達成できるんじゃね?
ってくらいいろいろやりまくっているこの10月。

うちは年少と年長の子供がおりますので幼稚園に行く
回数も必然的に増えましてね。先々週は親子クッキングが
年長さんであったのですが、それは娘がちょうど喉を
痛めちゃったのでお休みさせていただきました。
めっちゃ咳出ているのにクッキングする場に
連れて行く元気も勇気もわたしにはなかったよ。
そして先週の金曜日には年少さんの親子給食会があり、
そちらは予定通り参加することにいたしました。
なのに天気はすっごい雨。めっちゃ雨。台風被害に
遭った地域が軒並み避難勧告出すくらいの雨。
現に千葉では9名の方がお亡くなりになりました……
ご冥福をお祈りいたします……本当に今年の千葉は
厄年過ぎる……茨城や福島、宮城でも大きな被害があり、
台風で被災した我が実家にもなにげに避難準備情報が
出されていた感じで、こちらもとにかく雨はものすごく
降っておりました。行事でなかったら絶対お出かけしない。

それに新刊の発売日だったということもあって、
余計に今日はそのことに浸らせてくれ~って感じでしたが、
まぁ母親業も大切。いつも幼稚園には歩いて行くのですが、
帰りは子供と一緒という予定だったので、この雨の中じゃ
子供歩くのはきついな~と思い、早めに車で行きました。
早く行きすぎて駐車場で十分待ったけどね。へへへ。

晴れていれば園庭でのレクリエーションがあった
らしいのですが雨だったので教室でちょっとしたお遊戯。
子供たちの緊張しきって元気がまるでない歌を聴くという。
隣のクラスがものすごい大きな声で歌っているから
先生すらたじたじしているのがなんともはや。微笑ましい。
うちの息子特に大声で歌っていないのですが、ちゃんと
手振りのほうは覚えていて、どんぐりころころ歌いながら
ちゃんと手を動かしてぐるぐるさせたりしていました。
特に泣くこともママのほうにくることもなく。
ただわたしと目が合うとなぜか恥ずかしそうに笑って
顔を隠すんですよね。むっちゃ可愛かったよね。うん。

その後はクラスで椅子取りゲームをしました。親と子供が
手を繋いで椅子の回りをぐるぐるぐるぐる。面白いなと
思ったのは、座れなくなった子が離れていくときに、
先生が「○○ちゃんと○○ちゃんが座れなかったので
ほかのみんなが座れたので、二人にお礼を言いましょう」と
言って、全員で負けちゃった子たちに「ありがとう
ございました」と挨拶していたこと。今はそういうふうに
やっていくのねぇってびっくりしました。平和な方法を
考えるもんだなぁと。そしてなぜかうちの子は残り四人まで
勝ち抜いてしまった。音楽止まったら割と素早く座っていた。
こんな素早さが我が子に備わっていたなんて知らなかった……
最後は残り二つの椅子に四人でぐるぐる回って負けちゃいましたが
特に悔しがる様子もなく「あああ、座れない~w」って
笑っていたので、こういう勝負事を楽しめるタイプなのかなぁと
思ったり。娘は勝負事は勝ちたいタイプで、先日わたしと
ババ抜きして二連敗したときは、ガチで泣いて怒って
トランプバラバラに投げて、わたしに説教されてましたね。

そしてその後はクラスごとに集合写真。娘が年少のときは
こういう親と一緒の集合写真になると必ず大泣きして嫌がって
何枚も撮り直しになったから周りに平謝りしてばかりだったのですが、
息子はそんなことなく普通にピースして撮られているので、
この違いはなんなんだろうなぁ……って本当に思う次第orz
娘の年中になったら落ち着いて、こういう行事があっても
ママに向かってきたり大泣きしたりぐずったりというのは
なくなってきたんですけどね。年少の頃はひどかったのん……orz

そしていったん教室に帰っておのおのトイレに行ったり、
待っているあいだ先生の紙芝居みたいなのを見たり。
娘の給食会のときは配膳も自分たちでやったので
食べる時間が減って大変でしたが、二年後のその日は
配膳は先生と役員さんが全部やってくださって、
すでに給食が用意された状態で席に着いた感じでした。

席は慈善に四人ひと組くらいに分けられておりました。
息子のクラスは女の子のほうが五人くらい多くて、
そのせいか女の子三人の中にうちの息子という
グループになっておりました。全然知らないママさん
のグループ三人に一人は言っていくことになったら
詰むな、と思っていましたがそういうことはなく。
四人の内二人は親しそうでしたが、どちらも
気さくな方々でわたしにももう一人の方にも
話しかけてくださっていました。それに一人
役員さんだった。というかこの四人全員去年の
プレで一緒だったわ。さすがのわたしでも顔は
知っていたわ。この際だから子供の名前も覚えたわ
(だが顔を覚えるまでには至らないあたり残念すぎる)

うち役員さんのママは去年息子の入園願書を
出すときもちょっとお話ししたことがあったし、
家も近所らしく公園で夫も遭遇したことがある
方だったし、おまけに小学一年生の娘さんが
いたので、入学に際してのお話しもチョロっと
お聞かせいただき大変助かりました。特に
朝の登校版について!「入学が近くなったら
町名ごとで呼び出しみたいなのかかって、じゃあ
あなたはこの子たちと一緒に行ってね~って
振り分けられるよ~」と教えていただき、今から
胸の動悸と冷や汗とそんな儀式があるのかという
恐怖を感じわたしの心はガチガチに冷え込んでおります……

食事時間も一時間と言うことでしたが、なんだかんだ
一時間ちゃんと間が持ちましたよわたし頑張ったorz
先生方も三十分過ぎるとおかわりの声がけしてくださったり、
子供たちのほうが飽きて遊び始めたりとかあったので
それを注意していたりしたらあっという間に時間は過ぎた。
息子は途中トイレにも行ったしね。ちゃんとトイレ行けて
すごいなぁ、先々週あたりから幼稚園ではおむつではなく
パンツで過ごしているのですが、一応トイレ行こうと
促せばトイレ行くし、トイレに入る前に下半身全部
その辺に脱ぎ捨てて個室に入っていくのですごいなぁってorz
わたしは息子の脱いだパンツとズボンを持って廊下に
たたずむ完全に変なおばさんの役だよ……(白目

ですがそのときにトイレに行ったのでちょっと
油断しちゃって、帰りまで持つかなって
思っちゃったんですよね。で息子のほうもママが
そばにいるから家にいるときと同じように今は
おむつ穿いてくつろいでいる感覚でいたんでしょうね。
ごちそうさまして片付けして、じゃあとは自由解散で、
って感じになり、教室に荷物を取りに行ったんですよ。
で息子の上靴を上靴入れに入れているとき事件は起きた。

なんと息子、その場でお漏らししちゃったんですね笑

幸いほかの方ももう帰ろう~、雨ちょっと弱くなったかなぁ~、
早く車出さないと~、って感じで慌ただしくて、息子の
お漏らしに気づいた方はいなかったのですが、
床にそれなりに広がっているおしっこにこっちはもう
半ばパニックなので笑 水道近くにぞうきんがあったので
急いでそれで床拭いて息子のズボンとパンツと靴下と
全部脱がせて、教室の棚をあさってお着替え袋と
おむつを引っ張りだし~、という感じであわあわとやって
いて、気づいたら教室にわたしと息子しかいなかった笑

なんとか片付けを終えて着替えて、濡れた衣服を
しまったところで担任の先生がお疲れ様でした~って
やってきたので、おもらししちゃいました~って
笑い話にして帰ってきました。先生は「えっ!? じゃあ
お掃除もしてもらった感じですか? すみませんんん!」
って言っていたけど、こっちのほうがよほどすみませんだよね。
ちょうど先生は「最近の○市君はパンツでも全然
過ごせていて~」って話題にしていたからなおさらだよね。

当の息子は「やっちゃった」という顔をしつつも冷静で、
わたしが脱いでとか着替えてっていうと自分でちゃんと
脱ぎ着していたのでむしろ偉かったなと。娘だと
パニクって立ち尽くしてなんなら泣いてたと思うしorz

雨もちょっと落ち着いていたのでこのままやむかな、
と思って帰ってきたのですが、一時間後に娘が園バスで
帰ってくる頃にはまた嵐に逆戻りしていて、息子と一緒に
娘も引き取って帰って来りゃよかったとちょっと後悔したり。

そんな感じで給食会でした。息子はちゃんと給食の野菜も
食べていたし、例の役員の方から「うちの娘が○市君が
すごく面白い!って毎日話題にしてますよ」という、それは
いい意味で目立っているのか悪戯とかして悪目立ちしているのか
めっちゃ聞きたいけど聞くの怖くて「あははははw」と
笑って誤魔化した挙げ句、うちの子まだ二語文がようやく
出たくらいだから園の様子わからなくって~w なんて
暴露したなんてこともありましたが、まぁ終われば
なんだもいいやもうorz という一日でありましたとさ。

新刊配信日

おはようございます。雨ですねぇ。
寒さもぐっと迫ってきて被災地の皆様の
健康状態も心配です。住宅事情はもちろんのこと。
そしてわたしも今日幼稚園の行事でこれから
乗り込んでいかなければなりません、この雨の中。
被災者の苦労に比べればなんのこともないわと
思われそうですが、それはそれとして嫌なもんは
いやですよ、わたし行事ごとが本当に無理なタイプです。


――さて、新刊の配信日を無事に迎えることが
できました!(唐突な話題変換

『幼なじみの騎士様は可愛い新妻にぞっこんです!』
佐倉紫・著/小路龍流・絵
(Jパブリッシング/ロイヤルキスレーベル)
cover-1-768x1127.jpg

【あらすじ】
―イクときの顔が、最高に可愛い―
「おれにたっぷり愛される覚悟をしろよ」
幼なじみのゴトランド侯爵家次男リカルドから
突然求愛され、結婚することになったプリシラ。
完璧な兄に夢中だったプリシラは、舞踏会でリカルドが
令嬢方に超人気だとはじめて知る。湧き上がる嫉妬心に、
自分の本当の気持ちに気付いて!? 「将来的におれを
一番好きになってくれればいい」と優しく囁くリカルドの
濃甘な言葉に、素直になれない心と体が蕩かされていく。
花芯を吸われる快感に酔わされ、奥に熱をたっぷり注がれる。
あの手この手で教え込まれる淫らな愛撫は、夫婦の絆を深め、
もっともっと愛されて。――激甘新婚ラブ!

公式サイト→書籍紹介・試し読みページ

配信サイト一覧(敬称略)
【Kindle】【honto】【楽天Kobo】【オムニ7】【Renta!】【コミックシーモア】
【BookLive!】【ebookjapan】【BOOK☆WALKER】【Reader Store】
【どこでも読書】【ブックパス】【DMM】【Gogle Play】【紀伊國屋書店】

無事に本日配信となりました! 文庫時代から
お世話になっているロイヤルキス様からの新作になります!
草案の提出は今年入ってすぐくらいだったから、
レーベルの電子書籍化が公表された頃にはもう
プロット自体は完成していたように記憶しております。
原稿はGWに入る前に提出していたので、世に出るまでに
ちょいと時間がかかってしまいました。おかげで
ぶっちゃけなにを書いたかな……と忘れている
ところがあり……(こんなこと言うと自作に愛着が
ないのかとか石投げられそうですけどね、そのあいだも
また違う作品を書きまくっているわけだから、どうしても
頭は現在書いている最新作に持って行かれちゃうんですよ)

でも大丈夫、ちゃんと覚えておりますよ(本当か?

今回は『幼なじみカップル』『騎士ヒーロー』に重点を置いて
書いてみました。幼なじみ、いい響きですよね……w
名曲タッチの歌詞のように「知りす~ぎて~る~
あ~なた~に 思いは空回りぃぃい~~♪」って感じを
書きたいと思ってプロットを作成いたしました。

ヒロインのプリシラは兄のラウルが大好きで好きで好きで
好きすぎて、お兄様と結婚する! と年頃になってもガチで
宣言している伯爵令嬢でしたが、その兄が自分以外の女と結婚!
恋破れたりとなって泣きわめく彼女に、おれと結婚しよう、
と言ってくるのが兄ラウルの親友であり、プリシラとも
幼なじみ関係にあるヒーロー、騎士リカルドでした。
幼い頃から友人として付き合っていた相手にいきなり
求婚されて、その上「おれに愛される覚悟をしろ」とまで
言わされてしまうのですよ。さてプリシラの明日はどうなる?
――という感じで楽しんでいただければと思います(*^_^*)


……わたし幼なじみものに関わらず、幼い頃に出会った
ヒーローとヒロインが成長してから再会して恋に落ちる、という
パターンが割と大好きでしてね。小さい頃はヒーローのほうが
ヒロインに救われたりするわけです。で、ちびヒーローは
ヒロインのために強くなると決めて、心身鍛えて立派な
大人になるわけです。で、今度は困っているヒロインを
ヒーローが華麗に助けに行く……そういう流れが大好物でしてね。

お互いがお互いを大切にし、尊重し、支え合い、高め合う。
そういう関係が夫婦として理想系ではないかと思うので、
今後もしつこくそういうのを書いていこうと思います笑

同じ性癖をお持ちの方がいましたら、是非とも今作を
お買い求めいただきたいと思いますので、よろしく
お願いいたしますm(_ _)m←結局宣伝に結びつける

新刊情報

台風19号の被害の爪痕が残る中、一昨日の22日には
天皇陛下の即位礼正殿の儀があり、あれだけ降っていた雨が
儀式が始まる前にやんで虹まで架かったなんて
中二病をくすぐられすぎる事象も起きて、とにかく
無事に終わってよかった……と今頃宮中の方々は
ぐったりとしているんじゃないかと勝手に想像して
いたりする罰当たりな主婦、佐倉紫ですこんにちは。

本当に台風のあとも天気がいまいち安定せずに
雨も多くていやになりますね……。うちの実家も
日曜は夫が手伝いに行ったりしているのですが、
全部の部屋の床を剥がすのにも往生している最中です。
床を剥ぐ前に載っている家具をどかさないと
いけないけれど、めちゃくちゃ重厚な本棚だったり
する上に水で濡れてるわけだから、大人が
何人がかりでも持ち上げて出すことができないみたいな
感じになっているらしく。匂いもそうとうきつく
なってきたようで、被災された方の精神的、
身体的疲れは計り知れないかと思います……
わたしも手伝いに行きたい気持ちはあれど、
五歳と四歳の子供を持つ身。毎度夫を送り出す
だけしかできないもどかしさを抱えております。
夫は夫で休みの日に駆り出されて気の毒なのですが、
文句も言わず当たり前のように手伝いに行ってくれる
その精神に感服する思いです……なんでこんな
いいひとがわたしなぞを妻に選んだのか不思議……

さて、明るいんだか暗いんだかわかんない出だしで
恐縮ですが、立て続けに新刊が配信&発売になります。
今年はとにかく電子書籍が多くてですね。
今から紹介する三作品もうち二作が電子書籍です。

では発売日順から。なにげにもう明日配信開始です。

***

10/25(金)配信開始
『幼なじみの騎士様は可愛い新妻にぞっこんです!』
佐倉紫・著/小路龍流・絵
(Jパブリッシング/ロイヤルキスレーベル)
cover-1-768x1127.jpg
【あらすじ】
――イクときの顔が、最高に可愛い――
「おれにたっぷり愛される覚悟をしろよ」
幼なじみのゴトランド侯爵家次男リカルドから
突然求愛され、結婚することになったプリシラ。
完璧な兄に夢中だったプリシラは、舞踏会でリカルドが
令嬢方に超人気だとはじめて知る。湧き上がる嫉妬心に、
自分の本当の気持ちに気付いて!? 「将来的におれを
一番好きになってくれればいい」と優しく囁くリカルドの
濃甘な言葉に、素直になれない心と体が蕩かされていく。
花芯を吸われる快感に酔わされ、奥に熱をたっぷり注がれる。
あの手この手で教え込まれる淫らな愛撫は、夫婦の絆を深め、
もっともっと愛されて。――激甘新婚ラブ!


あらすじ読んだだけで赤面ものだなオイ!//// と
作者も思いました笑 そんな感じの溺愛ものになってます。
紙書籍の頃からお世話になっているロイヤルキス様から、
電子書籍での配信予定です。お値段がちと高いけれど、
それだけの読む価値ある作品を書いたと自負しております。

タイトルにもあるとおり、テーマのひとつは『幼なじみ』。
タッチの歌詞にあるような「知りす~ぎてる~ あ~なたに~
思いは空回りぃぃ~~♪」という感じを書きたい! と
思い筆を執りました。そういう話になっているかはさておき(おい

ブラコンで兄命で生きてきたヒロインが、その兄の結婚により
どん底に落ちてしくしく投げているときに、兄の親友であり、
ヒロインとも幼なじみであったヒーローが、おれと結婚しようぜ、
と求婚してくる始まりになっております。ヒロインは
兄がとにかく大好きだったので突然の結婚話にびっくりしますが、
夫婦として一緒に暮らすうちにヒーローの魅力に気づいて……
みたいな物語ですね。王道中の王道をぶち抜いてみましたw

イラストのヒロインもとってもキュートで、ヒーローは
まさしく『騎士!!』って感じで格好良くてたくましくて、
担当していただいた小路龍流先生には感謝感謝です!

こちらの作品は明日配信開始となっております。
電子書籍の書店様の中には予約できるところも
ございますので、ぜひ探してみてくださいませw
明日またまたブログを更新しまして、リンクもそのとき
貼り付けたいと思っております。予約受付していない
ところはまだリンクもなかったりするのでね~。

***

10/31(木)出荷予定
『淫魔なわたしを愛してください!』
佐倉紫・著/comura・絵
(アルファポリス/ノーチェ文庫)
淫魔なわたしを愛してください
【あらすじ】
男性恐怖症で、エッチができない半人前淫魔のイルミラ。
処女のままだと一年後にはこの世から消滅してしまう!!
悩んだ末、イルミラは脱処女のため、人外専門の
魔術医師・ デュークのもとに媚薬をもらいに行くことに……
ところが彼は自ら治療を買って出た! 昼も夜もなく
彼から教え込まれる快感と悦楽にイルミラは身も心も
翻弄される。エッチを経験したことで消滅の危機は
逃れたけれど――!? 文庫だけの書き下ろし番外編も収録!


はい、こちらは去年?一昨年?に出た単行本の文庫化です。
今年は紙の書籍は文庫化しか出していないなぁとちょっと
切なく思いつつ……orz 淫魔ちゃんと魔術医師のだいたい
エッチぃことしかしていない日常を綴った作品になります。
エロスを求める方はとりあえずお手にとってくださいませw
そしてそのままレジへ直行してください←
今月末出荷予定なので、11月に入ってからの月曜日以降なら
全国のどの書店様でもお求めいただけるかと思います。
こちらもまた出荷日がきましたら再度アナウンスいたします。

***

11/1(金)配信開始
『公爵様の一途な愛は、引っ込み思案の
地味令嬢の傷ついた心を癒します』
佐倉紫・著/森原八鹿・絵
(くるみ舎/こはく文庫)
公爵様の一途な愛
【あらすじ】
カミリアは恋に臆病になっていた。普通の容姿の
カミリアに対し、似ていない双子の妹キャロルは
飛び切りかわいらしくて両親ですら区別する始末だからだ。
男性はみなキャロル目当て。カミリアに声をかけてくる
場合はキャロルに近づく口実だった。すっかり
傷ついてしまっているカミリアに、伯母が
レナルド・ザーヴィス公爵を紹介する。
見目麗しいレナルドは、無類の本好き・歴史好きで、
同じ嗜好のカミリアと親しくなりたいと想いを伝えてくる。
だがカミリアはその言葉を信用できない。
また妹目当てでは? 過去の苦い思い出から
逃れられないカミリアに、レナルドは一つ一つ応えていく。
そんな優しく包容力のあるレナルドに惹かれていることを
自覚するカミリアが、もう迷わない悩まない、
そう決意した矢先、なんとレナルドとキャロルが
逢引している場を目撃してしまい……。


タイトルも長いけど公式様のあらすじも割と長い上に詳しい笑
こちらは11月初日に出る作品となっております。電子書籍です。
なんかもうあらすじがすべてを語っているのでわたしが
語るところない気がしますが笑 こちらも配信が近く
なったらまた記事を上げたいと思います。すでに予約も
各書店様で始まっておりますので探してみてくださいませw


では、取り急ぎ近著のお知らせでした~。
ロイヤルキスレーベル『幼なじみの騎士様は~』は
明日配信予定です。日付が変わったら即読めますよ!
ぜひぜひ秋の夜長のお供によろしくお願いいたしますw

台風19号についてもそろそろ書きたいなと思いつつ、
絶賛〆切前の修羅場中ですので気長にお待ちくださいませw

幼稚園の運動会

またまたブログはお久しぶりです。
最近ずっと執筆もしないでswitchでゲームばっかり
やっています……いい年こいてなにやってんだと
思われそうですが、子育てに費やしたこの五年間、
ずっとゲームにさわっていなかった反動なのか、
とにかくやりたくて仕方ない期がきてしまいまして、はい。

そして台風19号では甚大な被害があちこちで
出ていて本当に心苦しいばかりです。わたしの
家族も家も無事だったのですが、わたしの実家の
ほうが近くの川が氾濫したため床上20cmの浸水、
自家用車二台がお釈迦になりました……(ToT)

そのことはまた別記事で書こうと思います。


今回は子供たちの幼稚園の運動会について。
本日が運動会当日でした。予定では土曜日開催
でしたが、その土曜日に台風直撃の予報で、
結果、本日月曜日に振り替えになりました。
思えば娘の年少の頃(つまり二年前ですね)も
やはり台風で一日延期になり日曜日に行いました。
そのときは台風一過でとにかくクソ暑くて
熱中症が心配になるほどで、翌年から
園児席にもテントが設けられる運びになりました。
けど去年は上着がないと普通に寒くてテント
逆にいらないな……という感じだったので、
本当にこの時期は天気もそうですが気温を
予想するのもとても難しいです。三年目の
今年はさぁどうなるかしらと思いましたが、
まさか特大の台風がやってきてあれほどの被害を
もたらすとは……。恐ろしいことにこの台風19号、
まだ被害の全容がわかっていないことが本当に
恐ろしい……。わたしが住む市内でも避難中に
亡くなった方がいらっしゃいますし、県内の川は
いくつも氾濫しています。実家が被害にありましたが、
伯母や祖母の家だってそう離れていないところに
あるからどうなることかと気が気ではなかった。
太平洋側だけの被害かと思ったら新潟にも被害が
出ていたし、北陸新幹線は水没しちゃって交通にも
影響でまくりだし、本当にとんでもない規模の被害で……

そんな中、ラグビーや男子バレーが盛り上がっているのは
本当に素晴らしいことです。スコットランドにも勝利し
目標のベスト8入り、おめでとうラグビー日本チーム!


はい、で、運動会です。
土曜か日曜の開催なら例年通り小学校の
グラウンドを借りて行えたのですが、月曜日以降は
幼稚園での開催ということで、狭苦しい幼稚園の
グラウンドに保護者が押しかけていくわけです……
基本立ち見。という連絡を見落として一応と思って
レジャーシートと座布団持って行ったわたしってやつぁ……
まぁお年寄りとかキャンプ用の椅子広げている方も
いらっしゃいましたが、基本的にみんな立っていました。
八時十五分集合で、歩いて十分かからない距離なので
八時に子供たちと家を出たのですが、途中とても
人なつこい野良猫に出会い、きゃあああ可愛い可愛いw
って和んでいたら普通に遅刻しましたよね三分くらい。
教室の前で先生に挨拶して息子をお願いし、次に
娘のほうへ移動したのですが、なぜかくっついてきた息子。
「なんでついてきちゃったの。先生のところへ行きな」って
言ったら泣き出した(-_-) ……うん、まぁ初めてのことだし
これだけ大人が密集して集まっていたら圧迫感すごくて
そりゃ泣いちゃうよね。仕方ないよね。年少だしね。
ということで息子を抱っこし、娘には一人で教室に
入っているように言いつけて、息子をしっかり先生に
抱っこしてもらって渡しました。そうして泣きすがる
息子の声を背にやれやれとその場を離れたのですが、
ふと嫌な予感を覚えて年長の教室に行ったら。
娘が下駄箱の前で突っ立ってしくしく泣いてるー!(´д`)
年長でもこれかい! 過去二回もやっぱり泣いて
離れたがらなかった気がするけれど年長になってもかい!!
で結局一緒に教室に行って役員さんに頭下げて引き渡しました。

まったく朝から疲れるわと思いながら開会を待っているうち
夫も登場。どう考えてもいらなかった座布団を持ち帰って
もらい持ってくるの忘れた水筒を取りに行ってもらうという。
そして夫が再び帰ってきた頃には普通に入場行進が
終わっていた。娘ちゃんと旗を持って入場してきたのに。

年少の頃は先生におんぶされて、集合写真も一人大泣きして
大変だったことを思えば、きちんと体操して腕振っているだけで
たいしたもんだと思いつつ。しかしやる気のない体操の
仕方しているな……走るのも遅そうだし……完全に
運動音痴のわたしのDNAを受け継いだな……。
夫曰く「肩甲骨の使い方が悪い」そうですが、なるほどわからん。

幼稚園でやる場合は短縮プログラムになるので、ずいぶん
削除されたけどそれでも一つ一つはどうしても長いので
大変でした。小さい子たちは親子競技になるし。それぞれ
練習してきたダンスとかリレーはやることになっていたし。
なにより子供二人いるから年少のダンスのあとで年長の
親子競技とかなかなか移動も大変でしたよね。普通に
人並みをすみませんって言いながら抜けて近くの席から
飛び出して子供のそばに行くみたいなね。おかげで
娘と玉入れ楽しめたのでよかったのですけれども。
息子もなかなか上手にダンスを踊っていました。
敬老の日の参観で作ったミッキーの衣装を着て
めちゃくちゃノリノリで踊ってるんですよ。割と上手に。

……参観日のときもそうだったけど、こうして
見ちゃうとまるで問題のない子みたいに見えるなぁって
逆に危機感を持ちます。まだ言葉もようやく二語文という
感じでかなり遅いし、発音もたどたどしい。指示も
通るときもあれば丸無視されるときもあるし、相変わらず
おむつも取れない。別にトイレでおしっこできないわけでは
なく、家で下半身すっぽんぽんでいさせると勝手に一人で
おしっこ行くんですよ。でもおむつ穿かせるとおむつで
しちゃう。じゃあパンツ穿かせようとすると超絶拒絶。

けどダンスはノリノリだし決まった音楽が流れると
ちゃんと前ならえとかしてるし、返事も大きい。
泣き出すこともないしママを見つけて走り寄ることもない。
これだけ見ると「あらいい子ねw」と見えてしまうので
いろいろ問題もあるんだけどなぁと思うと複雑な
心境に駆られます。泣いてたら泣いてたで「なんで
うちの子だけあんなんなの……」って泣きたくなるけど。
娘は後者だったので年少の頃は本当にがくっとすることが
多かったです。今だって泣くしねフツーにね(´д`)

元に気分が乗らないときは本当になにもしたくなっちゃうのか、
親子競技の玉入れもダンスして玉入れなのにダンスの
部分全然しませんでしたからね。そのぶん全力で玉は
ぶん投げていたからいいのですけども。もうママと帰りたい~、
寒い~、トイレ行きたい~、ってめっちゃぐずぐず言ってたし。

そんな娘も一年頑張って練習してきたマーチングでは
すごい演技を披露するわけですよ。自分の身長より
高い旗を横にしたり回したり。キレッキレの動きで。
初めて見た夫が「一番キレがいい動きしてた」って
言っていたから、半分以上親馬鹿が入っているとしても
やっぱりうちの子一番よかったわ! って気分になる。
親というのはつくづく単純な生き物だと思いますねホント。
でも本当に声も出ていたししっかり旗も振れていたし
とてもよかった。終わったあと始まる前はすっごい
真剣な顔をした先生が、泣くのをこらえて顔くしゃくしゃにして
アナウンスしているんですよ。そこに泣ける。先生に泣ける。

そして十二時半くらいには終わる予定だった運動会は
なんだかんだ言って二時くらいまで長引いちゃったかな。
まぁ一時間過ぎるのは想定の範囲内です。ただずっと
立ち見だったし、わたしも夫も途中途中で遊具の端とかに
腰掛けて休んでいたのでずっと立っていたわけでは
ないのですが。ただ気温が恐ろしく低く、20度行かない
感じだったのでひたすら寒さが厳しかったです……
七分にカーディガン羽織っていったんですが、
パーカー着てくればよかった……とめっちゃ後悔しました。
夫も上着着てきたけど下半ズボンだったのですごく
後悔していましたね。そして雨の予報がでていたので
傘を持ってきたのですが全然降る気配もなく。
大人用の傘二本に子供のカッパは荷物だったな……
と思ったら、なんと運動会が終わって園児がいったん
教室に集まってお土産をもらっているときにめっちゃ
雨が降ってきたんですよ。土砂降り。わたしも夫も
ここぞとばかりに傘を差した(嫌味な夫婦ですホントね

夫に車を回してもらうことにして、わたしは先に
帰ってきた息子にカッパを着せて娘を待ってました。
娘が出てくる頃にはちょっと雨脚は弱まって
いましたが、それでも車出してもらってよかったです。

家に帰ってからはもう家事をする気力もなかったので
そのままファミレス行ってきました。県内に本社がある
ステーキ店です。ちょっとお高めなのですが、
台風の被害で大変だからこそ地元の企業に還元して
経済回すのも必要だと思って。いつの間にかリニューアルして
サラダバーとかできていて、夫もたくさん食べられて
とても満足していました。まぁお財布にはあれでしたが、
これもまぁ募金みたいなもんだ募金! って気分です。
お腹いっぱいになったのだからなんの問題もない。

子供たちも頑張ったし、わたしもなんだかんだ台風対策で
養生テープ買い込んだり貼ったりいろいろやったし、
夫はわたしの実家に日曜日に赴いて泥かきしてくれたし、
そのご褒美みたいな意味合いも強いです。みんな頑張ったじゃん。
もちろん実家の家族のことを思うとこんな贅沢いいのかとも
思うのですが、それを言い出したらもう切りがないし、
Twitterでも自分の子供の世話することも自分をいたわることも
大切だってたくさんの方が言ってくださったので、
わたしにはわたしにできることをしていきたいと思います。

台風に関してはまた後日、近いうちに書こうと思います。

とにかく今日は息子も娘も格好いい姿がたくさん
見られたので本当によかったと思います。