TOP ≫ CATEGORY ≫ お仕事
CATEGORY ≫ お仕事
       次ページ ≫

新刊発売日


本日発売日になります。
ロイヤルキス文庫様からは
初めて出させていただきます
文庫本となっております。
公式サイトにて立ち読みもできます。

『国王陛下は身代わり侍女を溺愛する』
イラストは蘭蒼史先生です。
見よ、この美麗な表紙を!
カラーの口絵もモノクロのイラストも
どれも美しいのですよ……!
細部まで細かく描き込んであって
脱帽ものなのですよ……!

以下はあらすじ。

王女の筆頭侍女アンジュは、王女の嫁ぐ大国クーリガンへ
婚姻の準備のため向かう途中、賊に襲われ
クーリガンの王国軍第一騎士団の騎士団長・オスカーに助けられる。
ふるえる身体を抱きしめてくれるオスカーの逞しい胸に心ときめくアンジュ。
オスカーも一目惚れとキスを降らせるけど、彼の秘密を知ってしまい…。

ある晩、消えた王女の身代わりに晩餐会を務めることになったアンジュは、
オスカーの力強い腕に抱かれ、灼熱を差し込まれ、
純潔を散らされる。激しい愛の営みは二人を更に大胆にして!?


――ってな感じの内容になっております。

今作のヒロインは公爵家の生まれで、
本来なら準お姫様くらいの扱いで
働く必要などないのですが、
病気がちなお母さんのお世話をしてきたり、
社交よりもお勉強が好きだったりしたので、
お父さんに「だったら王宮で働けばいいんじゃね?」と
薦められ、王女付きの侍女になったというある意味変わり者。
頭もいいのでただの侍女ではなく、筆頭侍女
という肩書きで働いていたお仕事女子です。

なので、結婚とか恋愛とかするつもりもなく、
隣国に嫁がれる主人のお姫様に一生仕える
つもりでいたのですが、まぁ、それだと
全然TLにもラブロマンスにもならないので(笑
きちんと素敵な殿方に助けていただき
恋に落ちていただいたという……(なんで敬語

でもまぁ恋した相手が実は、みたいな感じで、
話はじりじり進んでいく感じになります。
内容としてはとても王道じゃないかと思っております。


ですがヒロインの性格上、書いていてとても
「なんかちょっとオバさん臭いヒロインだな……」と
作者自身唸る場面が多々あり、どうなるかな~と
思ったのですが、とても可愛らしいイラストを
つけていただいたことにより、「あ、大丈夫、
この子ちゃんとヒロインだわ」と胸をなで下ろすという(笑
ヒーローも「これただのむっつりやん……」と
悩んでいたので、こちらもまた素敵なイラストを
つけていただいて「あ、ヒーローだわw」と
安心したとか、おい佐倉、おまえはどんな
ヒロインとヒーローを書きたかったのだと
突っ込みかねない裏話をここぞとばかりに書いちゃいましたw

ロイヤルキス文庫様でお仕事するのは
初めて、当然担当となった女史様とも
初めて連絡させていただいたのですが、
とても気さくで親切な方で、プロットの段階から
的確なアドバイスと過分なお褒めの言葉をいただいて、
単純な佐倉は常に舞い上がっていました(オイ
この場を借りて改めて御礼申し上げます。
本当にありがとうございました!

ちょうど明日から三連休に入りますので、
週末のお供にしていただけたら幸いです。



***

そういや今朝はJアラート鳴りましたね。
ちょうど起きたところだったので、子供たちを
脱衣所のところに誘導し(ここが家で唯一
窓に囲まれていないスペース)、
円陣を組んで毛布を被ってミサイル通過を
纏うとしたのですが、寝起きで機嫌悪い息子が
全然わたしのそばに来てくれなくて泣きわめいて
脱走しようとしていたので困っちゃいましたorz
娘は娘でわたしが言う「かくれんぼだよ~♪」という
言葉を一つも信じずに「おばけきちゃう~!
怖い~!」とわめくし。オバケよりもっと怖いのが
きちゃうかもしれないからおとなしく毛布被って
身をかがめていなさい! と思ったのですが、
叱ったところで逆効果だしねorz 仕方ないから
通過の連絡が入るまで必死にアンパンマン歌って
なだめていたこの母の苦労よ……orz
前回もそうでしたが、夫が早出で家にいないときに
ミサイルが飛ぶのでより恐ろしいですorz
ただでさえ日本は災害が多いのに、ミサイルにまで
備えなきゃいけないっていうのはつらいものですね。
防災バッグを玄関と脱衣所の二カ所に
用意すべきかなぁと思う今日この頃です。
スポンサーサイト

四月の新刊情報

四月はお仕事がなんと三件も重なりました。
どうしてこう同じ月に一度に出すのだと
起こられそうですが、いやぁ出版社様側の
事情もあったりで、佐倉自身が出す日を
選べるわけではないので……としか言えません(汗

ということで今月のお仕事一覧を並べておきます。

***

hyoshi_l1054212.jpg

唯一の肉親である祖父の遺言により、
いきなり由緒ある伯爵家の跡継ぎに
指名された庶民育ちのジェシカ。
祖父の願いを叶える決意を固めるも、
現実はそう甘くない。 なんと、
三ケ月以内に誰もが認めるレディとなり、
国王陛下に跡継ぎとして認められることが必要で!?
虎視眈々と伯爵家の利権を狙う親族たちを黙らせるべく、
とある騎士から淑女教育を受けることになるけれど
――彼のレッスンは騎士団仕込みで超スパルタ!
しかも、夜は甘く淫らなスキンシップを仕掛けてきて……。
男女のアレコレも、立派なレディに必要不可欠!?
強引な騎士とにわか令嬢のドキドキロマンチックラブ!

アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉より発売中
試し読みはこちら→http://www.noche-books.com/lineup/detail/1054212/3655
ネットでも販売中→【Amazon】【楽天市場】【honto】【セブンネット】

***

utagawareta3.jpg

初恋の王子との結婚が決まった、小国の王女アンリエッタ。
けれど初めての夜、別人のように変貌した王子は、
愛を告げるアンリエッタを蔑み、乱暴に彼女を抱いた。
冷たくも激しい愛撫に困惑し、
悲しみを覚える彼女だったが、
かつての優しい王子を信じ、
その後も愛を捧げようと決める。
すると頑なだった王子も徐々に心を開きはじめて……
一途な花嫁と秘密を抱えた王子の
甘く濃密なドラマチックストーリー!
文庫だけの書き下ろし番外編も収録!

アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉より発売中
ネットでも販売中→【Amazon】【楽天市場】【honto】【セブンネット】

***

rozeriahime1.jpg

頭脳明晰イケメン腹黒宰相補佐
         ×
秘密たっぷり才色兼備のお姫さま。
品行方正・公明正大・清廉潔白を絵に描いたような
才色兼備の姫ロゼリアは、毎日、
ある秘密の場所に向かう。
そこはロゼリアが唯一ひとりきりになれる貴重な場所。
ここで笑顔の下に抱え込むストレスを発散していたのだが、
いつのまにやら合い鍵を手に入れた
宰相補佐ライフィールは忍び込んでくるように……。
『完璧な王女さま』を演じる快感とストレスを抱える姫さまと、
稀代の天才と言われつつ影の薄い宰相補佐の、
秘密で秘蜜な攻防戦。

KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉より配信中
【Kindle】【BOOK☆WALKER】【BookLive】【コミックシーモア】【楽天Kobo電子書籍】


rozeriahime2.jpg

ある事件から、急遽、女王に即位し
婿を迎えなくてはいけなくなったロゼリア。
結婚は王族の務めであると割り切り、
婿の選出を周囲にまかせたものの、
よりにもよって選ばれたのは公爵家のひとり息子、
エリック・バージウルスだった。
婚約者に選ばれたことでエリックの
態度は横柄になり、ロゼリアを婚約者として
支えるどころか邪魔ばかり。
ロゼリアは苛立ちで爆発寸前!
エリックは「自分を敬え」と傲慢に言い放ち、
結婚前に寝所を共にすることまで求め――
大爆発したロゼリアが求めたのは、
あの腹黒宰相補佐ライフィールだった。
『完璧な王女さま』を演じる快感とストレスを抱える姫さまと、
稀代の天才と言われつつ影の薄い宰相補佐の、
秘密で秘蜜な婚姻譚。

KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉より配信中
【Kindle】【BOOK☆WALKER】【BookLive】【コミックシーモア】【楽天Kobo電子書籍】

***

……もうこれだけで記事が充分長くなっちゃいましたね(汗

純粋な新刊は一番上の『マイフェアレディも楽じゃない』で、
こちらは書き下ろしとなっております。すでに出荷から
十日以上経っているのでもう全国に並んでいるかと。
五月以降の話らしいですが、ノーチェブックスの作品に
関しては順次電子書籍化が始まるようです。
これまでわたしの作品で電子書籍になっているのは
『愛されすぎて困ってます!?』だけだったと思うので
(単行本では、です。プリエール文庫様から出させて
いただいている文庫三冊はすべて電子書籍化されてます)
デビュー作となった『シンデレラ/マリアージュ』から、
この最新作までは五月以降の配信ということらしいです。
また詳しい日付が決まったらお知らせしますね。


そして文庫で出ております『疑われたロイヤルウエディング』
は数年前に単行本として出していただいたものの
文庫版になります。この作品はもともとムーンライトノベルズ様で
『いつわり王子は花嫁に酔う』というタイトルで
連載しておりました。わたしのムーンデビュー作ですw
こちらの番外編はアルファポリス様のほうに
置かせていただいているので、よろしければどうぞ。
いつわり王子は花嫁に酔う番外編
さらにこの続編というかスピンオフになる作品は
ムーン様にて置いてありますので、よろしければ。
つよがり王女は花婿に請う


最後に二つ並べて置かせていただきました、
KADOKAWA様のレーベル〈eロマンスロイヤル〉様から
ムーン様で連載しました『ロゼリア姫は逃げられない。』を
電子書籍化していただきました。昨日から配信中です。
一巻は格安の99円にて購入できます!
エロなシーンをよりエロエロに書き足しまして
お汁だくだくにて展開中であります(ジュルリ
二巻のエロシーンもそりゃあそりゃあ増し増しで
書かせていただきましたが、なななんと、こちらには
書き下ろしの番外編がつくのですよ!!
ムーン様の本編でも無事結婚したのちのロゼリアが
たまに離宮へ避難(=逃亡)をしたと書いたのですが、
この逃亡したときの様子が描かれております。
エロエロにしておきました。ライフィール視点だから
よりエロエロ度が増しているかと思います。
というかライフィールの脳内がひたすらエロいです。
ムーン様でもおまけとして書いたライフィールの
実は●●だったというエピソードももちろん収録。
こちらももちろん増し増しな感じなので、もうとにかく
ひたすら変態変態な感じなのでよろしくお願いいたしますm(_ _)m

こんな口の悪いヒロインと変態なヒーローを
よく電子書籍にしてくださったな……とKADOKAWA様には
頭が上がらないです。というかこんなんを
書籍にして大丈夫? と実際に確認したのですが、
担当女史様の「ロゼリア姫が大好きなんです!!!!」の言葉に
ああ、まぁ、そんなに言うんなら、はい、出していただいて
ありがたいですので、はい、お願いします……、
という感じで配信が決まったという裏話でした(苦笑

いずれの作品も全力投球しております。
どうぞよろしくお願いいたします!


それと、来月あたりに書籍プレゼントを実施したいと思います。
なにげに手元に見本本がいっぱいになって
置き場所がないのと、十二月だとなにかと
入り用でバタバタして、この冊数をさばくのは
大変だな~というのがありまして、比較的
行事ごとで忙しくない六月七月あたりに
プレゼントをしようかと思っております。
お盆でもいいかなと思ったのですが、なにしろ
わたしの家が狭く置き場がないもので……orz
早ければGW内に告知したいのですが、GW中は
やはりこちらも私生活が忙しいので難しく。
気長に続報お待ちいただければと思います。
また応募者全員SSとして『呪われ姫』も
書く予定でおりますので♪

合わせてよろしくお願いいたします。
長々と失礼いたしましたm(_ _)m

新刊出荷日です

ようやく温かくなったかと思ったら
また冬になったりという気候にプラスして
娘の幼稚園入園による諸々の変化が
どっと押し寄せてきた挙げ句、見事に
喉風邪を引いて現在声がガラガラに枯れている
佐倉紫です。喉痛いです。眠いですorz

さて、そんな中ですが新刊が発売されました。

hyoshi_l1054212.jpg
唯一の肉親である祖父の遺言により、
いきなり由緒ある伯爵家の跡継ぎに
指名された庶民育ちのジェシカ。
祖父の願いを叶える決意を固めるも、
現実はそう甘くない。なんと、
三ケ月以内に誰もが認めるレディとなり、
国王陛下に跡継ぎとして認められることが必要で!?
虎視眈々と伯爵家の利権を狙う親族たちを黙らせるべく、
とある騎士から淑女教育を受けることになるけれど――
彼のレッスンは騎士団仕込みで超スパルタ!
しかも、夜は甘く淫らなスキンシップを仕掛けてきて……。

男女のアレコレも、立派なレディに必要不可欠!?
強引な騎士とにわか令嬢のドキドキロマンチックラブ!


アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉から
書き下ろしの新作となります。
『マイフェアレディも楽じゃない』。
イラストは北沢きょう先生に担当していただきました。

そろそろノーチェブックスも巻数が多くなってきて、
「やばいな。西洋系のファンタジーテイストしか
書けない自分にとって一番恐ろしいのは、
内容が既刊とかぶってしまうことだ」ということで、
既刊のあらすじをずらずら見つめたあとで、
「あ! まだマイフェアレディは出てきていない!」
という発見をし、「よし、今のうちに書いちゃおう」と
不純な動機から考えたのが本作であります(遠い目

普通にマイフェアレディと言えばお嬢様教育ですが、
そこは大人テイストのノーチェブックス。
ただレッスンだけやって終わるわけがありません。
当然あ~んなことやこ~んなことも
たっっっぷり、これでもかっっっってくらいに、
甘くでろでろにイヤ~ンな雰囲気で書かないと!
と意気込んで、そういう風に書いたのですが、
いかんせん主役二人がどっちも気が強くて
結構ケンケン言い合いが始まっちゃって、その都度
「ええいっ、もっと色っぽくなれ貴様らああああ!」と
作者は必死にて舵取りしつつ頑張った感じになりました。

はい、今作のヒロインは庶民育ちの元気な感じで、
ヒーローは凄腕の騎士ながら俺様な
感じに仕上がっております。ヒロインを
昼も夜も厳しくも甘くもいじめ倒して楽しんでいます(オイ
ヒロインもいやよいやよと言いつつ……な
ところはこのジャンルのお約束ですよねw

ヒロインは庶民育ちが長かったので、
『王家の秘薬』で書いたルチアのような
ちょっとはすっぱな感じで書いていたのですが、
改稿の段階で「もうちょっとお嬢様らしく」と
修正が入りました(笑 さらにはページ数も
オーバーしちゃって、校正の段階で「よっしゃ、
ページ数減らすぞ!!」と、台詞を調整したり
言い回しを調整したりして、担当女史様と
協力して20枚くらい減らす努力をしたり……。
割と目に見えない努力があふれております。

タイトルは、いつもは編集部のほうで決めてください、
と丸投げしているのですが、今回はプロットが
通った時点で「なにか仮タイトルをつけてください」と
担当女史様に言われ、内容そのまま
『マイフェアレディも楽じゃない』とつけました。
実際にタイトルが必要になったときは編集部の
皆様が素敵な本タイトルをつけてくださるだろうw
と思っていたので、「タイトルこのままでいきます」と
連絡をもらったときには、ナ、ナンダッテー!? と驚愕しました。
なので珍しくこのタイトルは作者がつけております。

そしてイラストは北沢きょう様。
わたしのデビュー作になった『シンデレラ・マリアージュ』
でもお世話になった超・超・超人気のレータ―様です!
TL・BL問わず大活躍なさっていますし、
それだけに担当する作品も多いだろうということで、
担当女史様からお名前を告げられたときは、
「え? 北沢様ってすごくお忙しいと思うのですが
大丈夫なんでしょうか……?」とそのお身体を
心配しておりました(汗 ですがものっっっっすごく
美麗なイラストを次々描いてくださって、
もうわたしは北沢様を拝む以外にありません……!

もうね、イラストが上がってくる頃って、作者はもう
原稿が終わって校正もほとんど終わっていて、
ぶっちゃけ原稿中にした苦労とか楽しみとか、
忘れちゃってるんですよね(汗
なのでもういざ本になる頃には「イラストすげええええ!
超綺麗えええええ! もうこれイラストを
見るために買う本だろ! 内容どうでもいいよ!
ぶっちゃけもうなに書いたかわからんし!!」みたいな
おかしなことになっちゃってるので(校正で
疲れ切っているのもあると思う)、とにかく
イラストをご覧ください! みたいな気持ちでいる
作者に成り下がっております。うーん、原稿中、
それなりに山あり谷あり、いろいろあったと思うんだけど、
なんか育児と同じでつらい面は忘れちゃうんですよね。
楽しい面だけ覚えているような思考回路になっちゃって……
(そして楽しいところと言ったらイラストが上がってきた
瞬間とかだから、原稿ほぼ関係ないorz)

いや、でも本文もそれなりに苦労して書き上げているのは
間違いないです。つらすぎて作者忘れているだけです(遠い目

ということで、本日出荷になっております。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

新刊告知

今週はわたしとしてはお仕事習慣でしたorz
カレンダーに仕事の予定が書き込んであるんですがね、
もう十九日の日曜日とか、書き切れないほど
連なっていたのですよ、仕事が。

A社校正~20日〆切
A社再校~月末〆切
B社校正~月末〆切
C社原稿~五月末〆切

という感じで連なっているという……

まぁ月末とか五月の〆切の奴は
置いておくとしても、校正が終われば
次は再校がやってきてその次は再再校、
という奴が一週間で怒濤の勢いで
やってきて、ちょっとチェックに終われていました。

おまけにPMSの時期も重なってきちゃって
体調は最悪グロッキー。それを
命の母ホワイト、リポD、ビタミン剤、
もろもろのドーピングを一気に煽って
頑張ってこなした結果、あえなく
昨日は体調不良に陥り、
夕方の五時にはもう布団に倒れていました。
子供たちが騒いでいるのはわかったけれど
注意する気力もない……。仕事で疲れて
帰ってきた旦那君が荒らされた居間を
目にするなり子供たちを叱りつけたほどですorz
でもあの程度の散らかし具合は毎日だしなぁ……
あんなん食事やおやつの度に片付けて、
その五分後にまた同じようになるんだから、
いちいち怒っていたら身が持たないよ?
と旦那君には言いたいところだけど……。

まぁそんな感じなので、未だお仕事は続いてますが。
ひとまず一番大きい山場は越えた、という
感じなので、あとはぼちぼちやって行きます。


そして新しいお仕事の告知が出ました。
アルファポリス社〈ノーチェブックス〉より
『マイフェアレディも楽じゃない』が
四月の中旬に出荷予定になっております。
以下、公式サイトよりあらすじです。

***

唯一の肉親である祖父の遺言により、
いきなり由緒ある伯爵家の跡継ぎに
指名された庶民育ちのジェシカ。
祖父の願いを叶える決意を固めるも、現実はそう甘くない。
なんと、三ケ月以内に誰もが認めるレディとなり、
国王陛下に跡継ぎとして認められることが必要で!?

虎視眈々と伯爵家の利権を狙う親族たちを黙らせるべく、
とある騎士から淑女教育を受けることになるけれど
――彼のレッスンは騎士団仕込みで超スパルタ!
しかも、夜は甘く淫らなスキンシップを仕掛けてきて……。

男女のアレコレも、立派なレディに必要不可欠!?
強引な騎士とにわか令嬢のドキドキロマンチックラブ!

***

という感じになっておりますw
文字通り、楽じゃないんですよ、マイフェアレディは(真顔

イラストはなんと北沢きょう先生!
『シンデレラ・マリアージュ』も
担当していただいたレータ―様です。
TLでも大活躍なさっている人気レータ―様だけに、
担当様から「北沢様にお願いする予定です」と
聞かされたお気には、真顔で「ものすごく
お忙しい方だと思うのですが大丈夫でしょうか?」と
北沢様の体調およびスケジュールが気になって
仕方なかった作者であります(滝汗
ですが手元に現在届いているイラストは
本っっっっっ当に垂涎ものの美しさで、
もうこのイラストだけでご飯三杯OK!
という感じです。わたしの文章なんておまけよ、おまけ。

早くも予約が始まっているところもある模様。
とりあえあずAmazon様の予約が始まったら
自サイトやこちらでも新たに記事とか作る予定です。

よろしくお願いいたします。

新刊出ました

クリスマス企画の応募者全員サービスとなる
『呪われ姫』SSの配布が終わっております。
応募していたのに届いていない方、
届いているけどファイル添付し忘れてるぞゴラァという方、
文字化けしちゃって読めないんだけど……という方、
その他問題がございましたらご連絡ください。

***

クリスマスも終わり年の瀬に向けて
そろそろエンジンかけるか~という方も
多い時期かな。え、わたし? そりゃあもう
常にエンジン全開で頑張りすぎているから
年末にはもうガス欠で余力は残っておりません。
大掃除? 年賀状? なにそれおいしいの?
はい、なにもやる気になれず、なにもしないです。
床が汚れてるな~、さすがに掃除機かけないと、
と呟いたら旦那君が「じゃあおれやるよ」と、
今子供たちを適当にあしらいながら丁寧に
掃除機をかけてくれています。わたしより
彼がやったほうがよほど綺麗に仕上がる不思議。

さて、昨日は新刊の発売日でした。
記事を書こうと思っていて寝落ちした件。



ブライト出版〈プリエール文庫〉様より
三冊目となる文庫を出させていただいております。
『騎士侯爵の優しい策略―花嫁の初恋―』です。

以下は公式のあらすじ↓

理由あって処女を捨てなければ
ならない伯爵令嬢アリシア。
その為の仮面舞踏会で出逢ったのは、
黒髪で精悍な謎の青年だった。
優しく手ほどきする指先。
目まぐるしい一夜。
翌日、アリシアは突如王命で
宿敵の侯爵と結婚することになり!?
不遜な侯爵に戸惑い、
私を弄ばないでと憤りを抑えられない。
しかし、垣間見える彼の気遣いに、
あの夜と通じる愛しさを覚え始めて……。
彼の妻に相応しくなるにはどうしたらいいの?
深い愛に包まれた蜜月初恋ロマンス!

プリエール文庫様の公式ページはこちら↓
騎士侯爵の優しい策略―花嫁の初恋―


例によってタイトルは担当様を始めとする
編集部の方につけていただきました(目逸らし
タイトル考えるの苦手なんですよ……

そしてイラストは旭炬先生。TLはもちろん
BLなどでも幅広くご活躍なさっているレーター様です。
カラーの色使いが綺麗ですよね~!
中のイラストもとても素敵なのですよ!
巨乳ヒロインだからよけいに垂涎ものな感じで
(どこ見てるんだこのエロ作者は)


今回の主人公たちはどちらもとても真面目な感じです。
借金やら病気の母親やら抱えた伯爵令嬢ヒロインと、
侯爵位を持ちながら騎士として従軍するヒーロー。
どちらも国境を護るため隣り合った領地を与えられているため
何百年も敵対していたのですが、国境の護りを
硬くするために、国王から政略結婚を命じられるというお話。

つまりはロミジュリです! まぁロミジュリの場合は
周りから反対されまくって燃え上がる感じだから
状況は全然違うけれど!(ダメじゃん

好きな設定、好きなキャラ、好きな展開で
書いたので、佐倉紫らしい作品になったと思います。


また今回ペーパー用のSSをたくさん
書かせていただきまして、Amazon様もそうですし、
全国の書店様のほうでペーパーの配布も
していただいております。書店様の一覧はこちら↓
プリエール文庫 特典ペーパー配布点

なにとぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

***


こちらもすでに刊行済みです。

こちらから試し読みページに行けます↓
ノーチェ文庫『王家の秘薬は受難な甘さ』

昨日書店様に立ち寄ったら、『騎士侯爵』と
隣同士で平積みされていました。嬉しすぎて
ひとりによによしていた怪しい客はわたしですorz

合わせてよろしくお願いいたしますm(_ _)m