08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

幼稚園で給食を食べようイベント

書籍プレゼント応募期間中です。

佐倉紫の書籍の中から五作品を対象に
プレゼント企画を実施中ですので、
ご興味のある方は是非のぞいてみてください。
書籍プレゼントのお知らせ

現在『愛されすぎて困ってます!?』以外の
作品は抽選となることが確定しております。
まだまだご応募お待ちしております。

***

本日は幼稚園にてプレ園児を対象とした
イベントが開催されました。幼稚園で
実際に出されている給食を食べられるイベント。
お子様一人につき200円で参加できました。
プレに通っている一歳児クラスと二歳児クラスの子と
それ以外の外部参加者で、だいたい三十組くらい
集まったのかな? なかなか盛況でした。

十時半からの開始で、到着したのが
十分前くらい。特に指示はなかったのですが、
一応○子が給食の時使っているような
ランチョンマットを三枚持って行き、○子には
いつも使っているカトラリーセットを、
○市用にスプーンと、わたしが食べさせる用に
お箸も持って行きました。○子にはさらに
水筒と上履きも持たせて。○市にも
○子が去年プレの時に使っていた上履きを
持って行ったのですが、サイズがでかすぎて
裸足の足だとすぐに脱げてしまったので、
断念して裸足のままで過ごさせましたorz

イベントと言うことで○子の担任と
副担任の先生もいて、副担任のY先生が
すぐにこちらに気づいて「○子ちゃん、おはよ~!」と
テンション高く声かけてくださったのですが、
○子はママがいるせいで気が大きくなっているのか
照れくさいのかなんなのか、笑顔で先生から逃げていき、
追いかけられてはキャーキャー笑いながら逃げ、
こちょこちょされては「ちんこ」だの「ちんちん」だの
小学生男子のような言葉を叫んでおりましたorz
先生たちもそれを聞くたび「そんなこと言ってるのは
誰だ~!」とくすぐり責めして叱ってくれるのですけどね。
よけいに面白がって卑猥な言葉を叫ぶばかりでした(遠い目

でも始まるまでのあいだに○子のここ最近の
様子などをここぞとばかりに教えていただきました。
バス通園だとなかなか担任の先生とお会いする
機会もないので、もうお互い「このチャンスを逃すな!」
とばかりにいろいろ話したり話されたりするという……
「この頃は○子ちゃんも園に慣れてきてくれて
とても楽しそうにしていますよ~。ブランコが好きで、
友達に「貸して」って言われてきちんと貸してあげて、
ですぐに戻ってきて「かーしーてー!」って言ってます!」
と教えられ、そんなんでいいんかいw と突っ込みたくなったり、
「ブランコに乗り込むなり「先生押してー!」って呼ばれます!」
と教えられ、それ先生いいように使われていないか?
と申し訳なくなったり……(先生「えー、全然そんなことないですよぅ!」)
「最近はだいすき~って言いながら抱きついて
きてくれたりして嬉しいんです~w」とほっこり笑顔の
副担任の先生にこっちがほっこりさせていただきました。
こちらも「○子はY先生のことが大好きみたいで
家でもよくY先生にぎゅっとしたとか話してるんです。
この前のプールのときはイルカの水鉄砲を
Y先生にじゃーってやったって自慢してました(苦笑」
と申し訳なささを滲ませながらお話ししましたorz
担任の先生からも「○子ちゃんはお友達の名前を
すごくたくさん覚えているんです」と感心されました。
ほー、○子よ、それなりにやっているんじゃあないか。
未だバスから降りた後、教室の前で
靴を履き替えるときだけはぐずぐずと
最後の抵抗をしているそうですが、それ以外は
楽しく過ごせていますよー、とのことでした。

そして広々とした遊戯室で先生が食育の話や
絵本の読み聞かせをやっているあいだ、
我が子たちはどちらもまったく聞こうとせずに
わたしに乗り上げたりわたしを押し倒したり
わたしの足のあいだに寝そべろうとしたりと
とにかくママにひっついていたい病にかかったように
わたしのことをひたすらいじめ続けていました(イラッ☆
○子は○子で普段はいないはずのママが
幼稚園でそばにいることに興奮してとにかく
ひっついていたい! という感じだし、
○市は○市でこんなにたくさんのひとがいて
走り回っていたりしてなんだかちょっと怖いし
遊び道具もないし眠いからママの膝の中に
包まれてちょっとだらだらしていたい、という感じで、
まぁ結果的にわたしが潰されていたという有様です。

その後のゲームでは○子が多少参加したけど
やっぱりママのそばがいいみたいなgdgd具合で、
さっさと給食の時間になれー、という気持ちでした。

給食は教室で食べたのですが、案内されたのが
いつも自分が使っているクラスの教室ではないことに
○子は違和感が拭えなかったらしく、しきりに
自分のクラスに行きたいとさわぎ、なまじ最初のほうに
席に着いちゃったから、美味しそうな料理が並んでいても
まだ食べられないことに○市は不満を募らせて泣き、
いただきますをする頃にはわたしはもう疲れ切っていましたorz

いざ食べ始めても○市は一つも食べようとせず
スプーンでハンバーグをぐちゃぐちゃにするばかり。
○子は○子でヨーグルト以外を食べようとせず、
最終的にわたしが○市のぶんを食べ終えてから
○子にハンバーグを半分食べさせたところで
解散の時間になり、泣く泣く○子の分は半分ほど
残してしまいました……無念……!
だがわたしの胃袋も案外いっぱいになってました。
メニューはハンバーグ、ジャガイモふかした奴、
マカロニサラダ、野菜たっぷりスープ、ご飯、
フルーツヨーグルトで、冷たい麦茶も出ました。
普段は一人分の量はもっと少なめで、
みんなちょっとずつ食べて残しちゃいますよ、
とのことでしたが、それはそれでもったいないなぁ、
こんなに美味しいのに……と大人の味覚で思うのでした。
だが、まぁ、三歳なんて好き嫌いだらけの時期だし。
わたしなんて幼稚園の頃、この手のお弁当は
ご飯しか食べなかったし。小学校の給食でさえ
一年生のあいだはそんな感じで、二年生になってから
肉やら野菜やら食べ出した感じだしね。
(という話を実母にしたら「払い続けた給食費は
なんだったんだ」と苦笑されました。ごめんなさい)
自分がそんな状態だったから、娘に無理に
全部食べなさいとは口が裂けても言えないです。

さて、食べ終えたあとも副担任の先生に
見守られながら○子をトイレに行かせ
(普段一人でできるだろうにママがいると
いうだけで「できない~」と一緒にトイレに
行こうとせがむ娘を可愛いと思うべきなのだろうが
「ええい、ひとりでやれー!」と思ってしまう
母佐倉の心の狭さよ)、先生たちに「○子ちゃん
ばいばーい!」と名前付きで見送られ、
ちょうど通りがかった園長先生にタッチまでしてもらい、
ご満悦の○子は園庭に飛び出していきました。
外で遊びたかった○市も数日前の
プレ同様砂場でたっぷり遊び、
ブランコをしたところでひとがはけてきたので、
なんとか二人をなだめすかして帰りました。
とはいえその後家ではなくスーパーに直行し
家にまるでなくなったお菓子を買い込んだのですがねorz
(そして一番買わなきゃ行けない重要事項だった
○市のおむつを買い忘れるというねorz)
おかげで母はくったくったのお疲れモードです。

帰ってきてすぐ○市が寝ちゃったので、
その後は洗濯や洗い物や掃除機など
一通り家事をして、今現在は肩こりがすごすぎて
もうなにもしたくない状態に陥っております。
子供二人連れて一人でイベントなんか
参加するもんじゃないなとこういうときは
つくづく思ったりします(遠い目

なんにせよ給食は美味しかったし、
副担任の先生からたくさん○子の話を
聞けたのでよかったです。担任の先生は
別仕事でお忙しそうだったので最後に
ご挨拶できなかったのがちょっと心残り。
また機会があれば是非ともお礼を伝えたい。

次のプレは夏休み前なので間が開きますが、
○市もさっさと幼稚園の雰囲気に慣れて
楽しめるようになることを切に祈ります。
スポンサーサイト

今日はプレの日

書籍プレゼント応募期間中です。

佐倉紫の書籍の中から五作品を対象に
プレゼント企画を実施中ですので、
ご興味のある方は是非のぞいてみてください。
書籍プレゼントのお知らせ

***

本日は幼稚園で月に一回から二回程度ある
一~二歳児対象のプレの日でした。
プレと行っても支援センターみたいな感じで
親子で集まって親同士でお喋りしたり
子供をおもちゃで遊ばせたり手遊びしたりする
ゆる~い集まりです。今回が四回目になります。
前回の三回目は在園児とともに幼稚園近くの
畑に出向いてジャガイモ掘りをしたのですが、
○市はその前日に40度近い高熱を出し、
夜ほとんど眠れなかったので欠席しました。
案の定というかなんというか、その日の午前中は
夜眠れなかった分を取り戻すごとく、
ずーっと眠っていました(苦笑 いったいあの熱は
なんだったんでしょうね。知恵熱かな?

まぁとにかく。今日は七夕に向けて、
手形を取って竹の絵を完成させるのと、
残りの時間は園庭に出て自由遊びでした。
藍色地の画用紙に、すでに野太い竹が描かれており、
子供たちが手形をその竹に沿うように教えて、
指で笹の部分を作るという感じで、
○市もぺたぺた手形を押しつけていました。
まぁ自分の服にも押しつけてべったりと
絵の具で汚してくれやがりましたが。
それと自分たちの写真に噴き出しつけて
自己紹介のパネルを作ったりもしました。

そうしているあいだも○市は外に出たくて
出たくて出たくて出たくて、出入り口付近を陣取って
ずっと出せ出せと扉を叩いて訴えておりました。
割と他にも外に出たい子は大勢いて、いざ出られるときは
一番に飛び出していきましたとも。その割に
○市が遊び場に選んだのは砂場で、先生が
持ってきたヨーグルトなどの空き容器に
ひたすら砂を入れ、砂を入れ、砂を入れ、
と、なんかひたすら砂だけで遊んでいました。
ママは楽だなぁと感じつつ、いつ年少組が
外に飛び出してくるかと思ってドキドキしていました。
今ここで○子が出てきて、ママを見つけて一緒に
遊ぶー! 帰るー! となったら大変だ……と
そっちのほうに戦々恐々としちゃって。
でも特に出てくることなく、○市も砂場から動かなかったし、
日陰だったので、ただぼーっとしているだけで
時間はうまいこと過ぎてくれました。他のママさんが
近くのママさんと談笑してママ友の輪を作っていくのを
横目に見つつ、ぼっちを満喫していた佐倉であります。

その後は再び教室に入り、おやつの
おせんべいとゼリー、ヤクルトをいただきました。

さらにあさってはプレに参加している子たちと、
そうじゃない希望者も含め、幼稚園で出している
給食を食べるイベントがあったので、申し込んできました。
当初○市だけの参加なら見送ろうかと思っていましたが、
給食があまっていて、兄弟での参加もOKとのことだったので、
無事に○市と○子を連れて全員で給食を食べられることに。
一食分これで浮いたぞー! と驚喜する佐倉ママです。
一人200円で食べられるのだから外食するより安い!!

幼稚園のHP内のインスタで、毎日の給食や
おやつがアップされて、見ているだけで美味しそう……と
思っていたので、食べてくるのが楽しみですw
去年のプレでも同じようなイベントがあったのですが、
去年までは外注のお弁当だったので、
園内で作っている給食は初めてw 楽しみです!

プレ二回目

相変わらず体調にブレがある佐倉です。
頭痛がようやく薬とか地道なストレッチのおかげで
よくなってきたのかな~、と思ったら朝の
気温や気候でやっぱり痛む日があったり、
かと思ったらここ数日天気が悪くて寒かったので
あえなく風邪を引いて喉をやられて鼻水も
だらだらで鼻呼吸ができなくなったりと、
割と大変な日々を過ごしておりました。風邪は
だいぶよくなりましたが、今日は朝は頭痛があり
痛み止めを服薬しております。とほほ。
日常生活は普通に送れているんですがね。
昨日も母とイオンで待ち合わせてスタバの
新作飲んだりランチしたりと楽しく過ごせましたが。


さて、今日は○市の二回目の幼稚園プレの日でした。
プレというのもおこがましい、親子で楽しく
遊んでお喋りして、ちょっと手遊びして、みたいな
支援センターに近い感じの集まりです。
今日も前半は子供たちを自由に遊ばせ
ママさんたちのお喋りの時間になり、
後半は絵本の読み聞かせと、マラカス作りでした。
マラカスは小さなペットボトルにビーズを詰めてあり、
そこにママがマスキングテープとシールを貼って
完成というもので、できあがったやつは
子供たちがもれなくぶん回して遊んでいました。

○市もだいたいの時間おとなしく遊んでいたのですが、
(そしてわたしはそんな○市を見るだけ見て
ぼーっとしていて他のママさんとの交流は
ほとんど持たずにぼっちを満喫していた)
誰か一人が脱走すると自分も続けという性なのか、
ガラス越しの外で園児たちがのびのび遊んでいるのを
見たせいか、自分も外で遊ぶ~と何度か脱走を
繰り返しまして。その都度室内に戻していたのですが、
運悪く外で遊んでいた○子に見つかりましたorz

「あ、ママーw」と嬉しそうに寄ってくる○子。
あああああ見つかっちまったあああああ、と
盛大に焦るわたし。そんなことはお構いなく
外で遊びたいから行かせろゴラ、と無言で
わたしの手をくぐり抜けようとする○市。
そんな構図で硬直していましたが、
タイミングよく(?)手遊びを始めますという
声がして、ママは○市を抱えて○子に「ごめんね、
ママ中に入るから○子は先生と遊びなね」と
声をかけて中に入ったわけです。そのときの
○子の泣きそうな顔と言ったらorz
その後も窓越しにしつこくママ、ママと声を
かけていた○子でしたが、ちょうど外遊びが
終わる時間だったらしく、わたしたちが
マラカスを作り終えて外に出たときには
年少の園児さんたちは中に入っておりました。

○子も教室に入れたのかな、よかった、と
思いつつ、あとの時間はプレでゆっくり過ごし、
外遊びする気満々の○市に靴を履かせ
解放したら、なんと先生に手を引かれて
廊下をお散歩する○子の姿が(滝汗

○子もママアンテナがすごい立っていたらしく、
速攻でわたしを見つけて泣きながら
「ママあああああああ!」と叫び、それに気づいた
先生がハッとした様子でこっちに頭を下げ、
もうそうなったら無視もできないので近寄っていったら
○子その場で号泣orz 「最近は
外遊びが終わって教室入ろうって
行ったらすぐ入ってくれたのですが、
今日はなかなか入ってくれなかったので、
ちょっと強引に中に入れちゃったんです。
そしたら泣いちゃったので、気を紛らわせるために
お散歩しようと出てきたところだったんですよ~」と
説明してくれる先生にものっすごい申し訳ない
気持ちになりつつ、「すみません、外で
遊んでいるときわたしを見つけちゃったので、
たぶん連れて帰ってもらえるんだと思ったんだと……」
「ああ、それで入るのちょっと嫌がったんですね~!
そうだよね~、ママがいたらそっち行っちゃうよね~。
でも○子ちゃん、ちゃんと自分で靴を脱ぐところまでは
できたから偉かったんですよ!」と、すっごい
迷惑かけているのに褒めてくれる先生に、
こっちの良心は痛みすぎてたまらないorz

○子は○子で泣きながら「ママと帰る!」って
主張するし、こりゃあ近くにいても逆効果だと言うことで
「○ちゃんはこのあとご飯食べるんでしょう?
ご飯食べたらバスに乗って帰っておいで」と
声をかけ、先生も「そうだよ、○ちゃんはバスは
一番に降りるからすぐにママにまた会えるよ!
ちょっとごはんたべて、そしたら帰ろうよ!」と
明るくなだめられ、「じゃあお願いします~」と
頭を下げてわたしは早々に帰ることに。

長居したら○子がママと帰ると駄々を
こね続けるだけだ。さっさとここから消えなければ!
と思ったはいいものの、こっちには
明らかにまだ遊びたい○市がorz
仕方ないので小脇に抱えて帰ってきたら
まだ遊ぶううううううと大泣きして
他のママさんたちの注目をめっちゃ集め、
ママはもう心を無にして園の門をくぐるしかなかったですorz

子供たちどっちにもそれぞれ「帰るうううう」
「帰らないいいいいいい」と泣かれ、
疲れ切ったままは、お昼をコンビニで買って
帰ろうとしたはずなのに、なぜか通り道にあった
ケーキ屋さんに車を停めて、お昼ご飯の
代わりにケーキを食べたという体たらくですorz
単に胸焼けと胃もたれを引き起こしただけですが、
なんかとにかく、わたしも慰められたかったのですorz
お昼をケーキバイキングで終わらせたようなものさ!
と言い訳しつつ、息子にもケーキでお昼ご飯に
させたのは大いに反省すべき点と思いつつ、
たぶんまたやる日がくるだろうと思わずにはいられない。

思い切り遊ばせてあげられなくて御免よ、○市。
○子は今頃泣きながらお昼を終えた頃かしらん。
なにより一番謝りたいのは○子の担任の先生。
いつもご迷惑をおかけして申し訳ありませんm(_ _)m

○市、月一の幼稚園へ行く

hyoshi_l1054212.jpg

アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉より発売中
試し読みはこちら→http://www.noche-books.com/lineup/detail/1054212/3655
ネットでも販売中→【Amazon】【楽天市場】【honto】【セブンネット】

***

毎日大泣き&大暴れしながらバスに放り込まれて
登園している○子です。でもここまで病気もせず
ひとまず元気に通っているだけ偉いと思うことにしている
ママであります。過度な期待は厳禁よorz

さて今日は○市の幼稚園プレでした。
プレと言っても親子教室のようなもので、
開催も月一回から二回とゆる~いスタンスです。
○子のときはそんなものがあることを知らずに
五月になってからの途中参加って感じでしたが、
今回は事前情報をあらかじめキャッチしており
すでに二月くらいから登録しておりました(笑

20組限定ということで、今日きていたのは
たぶん15組くらいかな? 一歳児の教室なので
三月に一歳になったばっかりの子もいれば
先週二歳になりました、という子もいて、
かなり幅広い小さい子が集まったという感じです。
まだ歩けない子もいて可愛い可愛いw
やんちゃにおもちゃで遊んでいる子もいれば
ママにすがって泣いている子もいましたが、
全体的に和やかな雰囲気でした。

教室も普段は乳幼児が遊んでいるクラスなので
スリッパなどいらずに靴下のママでOK。
床暖完備で冬は裸足でも暖かいとか。すごい。
今日は初日なので園長先生のお話からでした。
園舎が綺麗になって職員も倍の30人に増えて
園全体の雰囲気がとても明るくなっているとのこと。
よきことであります。

上にお子さんがいて通わせているというひとは
三分の一くらいだったかな。去年○子を
連れて行ったプレは一歳から二歳まで
二学年対象だったので、もうすでにできあがっている
ママさんグループがあったりという感じでしたが、
今回はそういうママさんたちは少なくて、
わたしと同じように上の子は年少さんで、
入園に際してこういうのがあるのを知って、
下の子が一歳で対象だから入れておくか~、
みたいな方が何人かいらっしゃった感じです。
おかげでわたしもそういうママ友の和に
気後れせずに隣り合ったひとと適当~に
話をして適当~に楽しめました。よかったです。

今後も緩いスタンスでやっていくらしく、
最初の二十分くらいは自由に遊んで
ママさんたちもお喋りを楽しんで、
後半で手遊びとかをしていこうという感じだったので、
親子教室というより、支援センターに近い!
というのが一番の印象でした。
今日は全員輪になって自己紹介をして
手遊びしたり絵本を読んだりして、おやつタイム。
ヤクルトとアンパンマンのお菓子をもらいました。

そしておやつを食べているとき、ちょうど年少さんの
二クラスが外で遊び始めて、自分たちがいる教室の
すぐそばで砂遊びとかをし始めたんですよね。
わたしも先生の話を聞きつつほかのママさんと一緒になって
つい○子を探してしまった……いた……めっちゃ
ぼっちで遊んでる……orz 今日は最高気温が
20度行かないから長袖ワンピに十分丈レギンスで
行かせちゃったのですが、みるみるうちに
気温が上がってかなり暑い! 普通に
シャツとスカートでよかったわ、とちょっと後悔。

その○子は遊びが終わって先生が呼んでも行かず、
全員が教室に入ってもまだ外にいて、
下駄箱の近くでうろうろして立ち尽くして、
かぶっていた紅白帽のゴムをひたすら伸ばして遊んでたorz
でも最後は観念して自分で靴を靴箱にしまい
上履きに履き替えて中に入ったから、まぁ、いいか、
と娘の馴染めていなさにがっくりきつつorz
もうこれ完全にイレギュラーな感じになってる~orz
うちの娘どこまでいじけてるんじゃーorz と
切なくなりつつ、それをその後プレの先生に愚痴るorz
こんな調子なので外をのぞき見るときは
とにかく自分が○子を見つけても○子は
ママを見つけないようにと気を張っていました。
相手に気づかれずに相手を尾行するみたいな、
なにかミッションめいたものを感じつつ、やはり
娘の動向は気になってついついのぞき見ていた
佐倉でありますorz 我ながら怪しすぎるorz

○市も誰かが外に出る気配を感じると
自分も出たがって、引き留めると大泣きでしたが、
それ以外は特にわめくこともなにもなく、
自己紹介のときもずっとおとなしくわたしの
膝に座っていて、○子に比べてなんて扱いやすい
子なんだとママはしみじみ……orz
比べちゃ行けないと思いつつつい姉弟を比べて
弟の手のかからなさに驚いておりますorz

解散のあとは靴を履いてひたすら校庭を
走り回っていました。そして砂場で遊んでいた。
全員が帰ったところで最後に帰って、
そのまま買い物にいった感じです。
疲れたのか、買い物途中で寝ちゃって、
帰ってきて30分経った今もまだ寝てます。
まぁこのあとまた幼稚園に行く用があるので
それまでしっかり寝てくれれば。

今日は○子の体操着のサイズ合わせがあるので、
このあとお帰りの時間になったら○市を負ぶって
また幼稚園に向かいます。昨日からサイズ合わせ
開始していて、昨日だとお迎えのママさんたちで
ひしめき合っているだろうからなぁ、と思って
今日にしたわたくし。徹底的にほかのママさんとの付き合いを
最低限にしたいコミュ障ママであります。
でも今日のプレでは支援センターで会ったことがあるママや、
去年プレで上の子がご一緒したママもいて、
お互いいろいろ話すことができたのでよかったです。
後者のママは幼稚園に息子さんを送っているそうですが、
毎日大泣き&大暴れで、靴どころか園服も
着せてくれずに、下手したらパジャマでそのまま
引き渡しという毎日だそうで、ぐったりしてましたorz
お互い早く楽しく行ってくれるようになるといいですよね……
とまるでお通夜みたいな空気でため息を吐き合ったという。

みんなどこもそんなもんだ、プレに通ってたからって
幼稚園行きたがらない子は行きたがらないんだよと
身をもってわかった瞬間でありましたとさorz

プロフィール

佐倉紫

Author:佐倉紫
『ベリー・ウィッシュな日々』
育児他、日常のつれづれ日記。
時々Web小説の更新情報。
商業紙などのお仕事情報。


―佐倉紫(さくらゆかり)―

一月生まれ。水瓶座。
夫、娘○子(三歳四ヶ月)、
息子○市(一歳九ヶ月)と
ほのぼの四人暮らし。

TL作家として既刊あり。

ムーンライトノベルズ様
にて同名義で活動中。


↑ランキング登録中

ツイッター

商業誌紹介


『ロゼリア姫は逃げられない。1』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『ロゼリア姫は逃げられない。2』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『マイフェアレディも楽じゃない』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『騎士侯爵の優しい策略
 ―花嫁の初恋―』
ブライト出版〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『愛されすぎて困ってます!?』 アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『獰猛な王は花嫁を愛でる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『白薔薇は束縛にふるえる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる