FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

運動会

2018/10/14
ブログでは本当にお久しぶりになってしまいました。
もう更新するのも新刊の発売日以来? うわぁ……(滝汗

というのもここ一ヶ月本当に原稿でアップアップ状態でした。
ぶっちゃけ八月からずっと忙しくて毎日毎日「〆切が……」と
喘いでおります。と言っても実は何日が〆切と
決められているわけではないのです。
「ひとまずキリがいいとこまで書けたら送ってください」
という状態が八月の終わりからずっと続いている感じで。

何日が〆切、という感じでケツがあれば、そこに向けて
たまに休んだり調整したりできますが、「できた順から
どんどん送って」だと、その調整ができなくて、とにかく
休む間もなくどんどん上げなきゃ駄目だ、という思考になり、
これまで利用しなかった幼稚園の預かり保育とかも利用して
とにかくずっと書いている状態でした。書いた端から送って、
それが全部青字で修正されて帰ってくるのに泡を吹いて、
今は死んだ魚のような目で改稿に励む日々ですorz

おかげで先月にあった○市の市の三歳児検診の様子も
まだブログにできておりませんorz 今月中には
記憶が薄れないうちに書きたいと思っておりますが……

*      *

とにもかくにも、今日は運動会の記事です。
昨日がうちの娘○子の年中さんになっての運動会でした。

去年はとにかく泣いているか先生におんぶされているかの
どっちかしかなかった娘。自分の席に行く段階から大泣きし、
ラジオ体操やダンスも先生におんぶか抱っこされ、
綱引きもまったく不参加、かけっこも途中まで先生におんぶされ、
という体たらくでしたので、今年はせめて泣かずに
参加できたらいいな……という恐ろしく低い期待のもとでの参加ですorz
去年の年少さんのときの様子はこちらの記事から↓
http://yukarisakura3228.blog.fc2.com/blog-entry-795.html

今年は夫がなんと会社の資格取得の試験のために
丸一日いないことが確定していたので、会場までの
行き帰り手段がとにかく悩みどころでした。
それに息子の面倒を誰が見るかというのもありまして。
まだ幼稚園児だから親子で一緒にやる競技というのが
必ず一回はあるんですよ。なのでそのあいだだけでも
息子を見てもらうひとが必要でした。
そんな感じなので、土曜日は大雨が降って日曜に延期になれば
夫は試験にも行けるし運動会にも行けるな……と
画策していたのですが、前日は雨の予報だけど
当日は曇り時々晴れの予定がずっと続いたので、
よこしまな願望は前日になって捨てるハメにorz
とはいえ蓋を開ければ夫も会場入りするのは午後二時で、
11時くらいまでは運動会を見ていられる、ということが
わかったので、朝の会場までの送りと、親子競技に
出ているあいだの息子の面倒は見てもらうことができました。
それだけやって運動会の会場をダッシュで抜け出し、
秋葉原まで試験を受けに行った夫の気の毒さったら……
しかもそれを「ふざけんな運動会行けねぇとかありえねー!」って
妻に怒られるんだから、彼も相当不憫なんですよ……(=_=)

まぁとにかく。両親も始まる三十分前には無事に到着。
現地集合になりましたがまぁ到着したならよかったですよね。
上着がないと寒いくらいの朝で、終日曇りで、たまに
晴れ間が差す感じだったので、長袖一枚で一日
快適に過ごせたのもとてもよかったと思います。
娘はずっと半袖のポロシャツで、休憩時間以外は
寒くないかと心配でしたが。大丈夫だったみたい。

さて、始まるよ~、とのことで、ママにべったりの
○市をおんぶして前方に移動し、きちんとクラスの列に並んで
自分で歩いて入場してくる○子に感動し、きちんと
前ならえしている娘に感動し、きちんとラジオ体操している
娘に感動し……とそのレベルでよく感動できるね、という
くらいのレベルで感動しまくり(なにせ去年はずっと
大泣きでひたすら先生に抱っこされていたわけで)、
「○子が……あの○子が……きちんと調教されている……!!」と
娘の成長よりも先生の手腕に感動したというね。うん。

きちんと体操して席に戻ってからも言われたとおり
水筒から水飲んだりしていたし。ただ待っているあいだは
他の子が応援したりしているあいだも、地面にしゃがみ込んで
土いじりしていたりと、かなりマイペースに過ごしていましたが。

最初の親子競技は台風の目みたいな感じで、
親子で竹の棒を持って、カラーコーンを二周して
次のひとにパスするという感じでした。背の順だったので
背が高いうちの娘は最後のほう。娘もわたしが
一緒だと甘えモードになるのか、「おんぶして~w」
「ママ寒いから抱っこして~w」と甘えまくりで、
これきちんと走れるのかな? と心配でしたが、いざ
竹の棒を渡されて走り出したらきちんとくっついてきたし、
カラーコーンのも回れたし、次のひとにパスできていたし……
あ、あの○子が、泣いてばっかりだったあの○子が、
きちんとクラス競技に参加できているぅううううう! と
また感動ですよ。感動しすぎですよ我ながらorz

ちなみに○市は夫に抱っこされてカメラ席で見物していましたが、
退場のときわたしと目が合った瞬間ぎゃあああああって泣き出し、
夫の腕からなんとか逃れてこっちに走ってこようとしましたよね。
どんだけママが好きなん? 愛が重いんだけどorz
○子は○子で席に戻るときにやっぱり離れるの嫌がって
先生にひっつかまっていましたけどね。去年と違って
泣き出さないだけ立派なもんです。本当にorz

その後は今度は未就園児のレースがあったので、
夫から○市を受け取り受付へ。この時点でもすでに
ちょっと進行が遅れ気味でした。夫はわたしと○市の
レースを見てから仕事に行きたかったらしく、
割とギリギリまで粘っていたもよう。

並んでいるときからずっとおんぶを要求していた○市は、
自分が走る番になってもわたしの背中から頑として動かず、
降ろそうとすると泣く、わたしにしがみつく、という
卑怯技を次々繰り出してきたので、結局わたしが
息子をおんぶしたまま走って、景品のなんか引きずって
遊ぶ系のおもちゃもゲットし、メダルだけは息子の首に
かけてもらって、そのままおんぶして退場したというね……
おまえの足はなんのためについているんだ、ママの
胴に巻きつけるためじゃねぇぞ、と思いつつ……
こっちに気づいた娘と娘の担任の先生が応援してくれて、
退場するときも先生がわざわざ手を振ってくれたのが、
なんていうか……ありがたいというか……先生ってホント
大変な職業なんだなって頭が下がるばかりで……orz
レースから帰ってきたら夫はすでに会場をあとにしていました。

そのあとは今年から小休憩の時間が設けられたために、
○子を母に迎えに言ってもらい、休憩。
とはいえ十五分程度なので、そこそこ離れた
ところにあるトイレ(しかも混んでいるw)に
連れて行って、水飲んでお菓子をちょっと食べたら
もう席に戻る時間ですね。せっかくママのところにきたのに
また戻るのおおおおお? と○子は不満げでしたが、
仕方ない、このあと君ダンスあるんでしょ? と
いう感じで席に送っていきました。

そして一つプログラム挟んで、次が娘のダンスだったかな。
曲名らしい「ええじゃないか」っていうタイトルからして
たぶん関ジャニの曲かなぁと思っておりましたが、
ジャニーズWESTの曲でしたね。九月の頭にあった敬老の日のイベントで
祖父母と一緒に作ったはっぴを着込んだ娘他年中さんたち。
去年もそうでしたが、運動会で使う小物を敬老の日のイベントで
祖父母と一緒に作ってもらうって、ものすごく合理的だし、
それを着たところを見られるということで、祖父母にとっても
二度美味しい感じだよなぁ……と感心した次第です。はい。
去年は祖父母イベントはわたし一人で行ったからあれだけど、
今年はおじーちゃんとおばーちゃんが一緒に作ってくれた
はっぴを着込んで、入場前からきちんと列に並んで待っている娘。

いざ入場の音楽が流れてくるときちんと腰に手を当てて
ずんずん指定位置に歩いて行きました。わたしは○市を
おぶったままスマホのビデオを起動させ撮影開始。
○市を落とさないように腰を70度くらい折った状態で、
途中からつらくなってその場にしゃがんで撮影していましたが、
それでもわたしの背中にへばりついてくる○市の執念強すぎるorz

娘はすごく上手に踊っていました。曲に合わせて
きちんと手を動かし足を動かしポーズを決め、
跳びはね回って他のこと手を繋いで移動も決めて……。
踊っているんですよ、あの娘が……去年のドコノコキノコの
ダンスで先生におんぶされながら入場して、ダンス中も
先生におんぶされるか傍らに突っ立ているだけだった
あの娘が……踊っている!!!!!!!!(今世紀一番の驚き
音楽はすごく陽気なのに「ええじゃないか、ええじゃないか」って
明るく歌われると、そうだよね、もういいじゃんね、もう
ああやって踊っているだけですべてがいいじゃんね……と
そんなところにまで感動してしまって、撮りながらマジで
泣いて五回くらい涙を拭ったというとんでもない状態でした。
ダンスが無事に終わってカメラ席を引き上げながら涙が
止まらなくてヤバイ~と隣にいた母に言ったら、近くにいた
おばあちゃんから笑われたというオチ。そりゃ笑われるわ。
これからきっとこの曲聞くたびにわたしは泣く。
むしろジャニーズWEST見るだけで泣くわ(なんでだ


それからはお昼ご飯でした。なぜか夫がお昼には
いないということをわかっているのに夫がいる前提で
いっぱいおかずもおにぎりも作っちゃって、こんなに
あまらせてどうするのという感じでしたが。
母もお弁当作ってきていたからそれもあったし。
久々に食べる母の卵焼きと握り飯の上手さよ……
他人の飯を食べたいんだよ他人の飯を……


ご飯を食べる頃には午前中のみの年少さん以下の
小さい子たちは帰ってしまい、さらには午後一で
行われるマーチングのために座席が新たに組まれ、
すでに多くの人が場所取りしているというね……
○子の通う幼稚園最大の特徴はマーチングをやっているところで、
年中さんは脇で踊るポンポンを槍、年長さんは
楽器や旗を持ってマーチングを行う感じになっております。
マーチング自体は十月の初めに幼稚園でも
発表会が行われ、そちらと同じ演目をやるわけですが、
披露するのが今日が最後。いよいよ始まり、
年長さんが楽器を持って入場するのをアナウンスしながら、
年長の先生がもう涙ぐんでいて、声が完全に涙声w
この日のためにすべてを賭けてきたと言っても過言ではない
年長さんの先生方が感じているプレッシャーの大きさよ……

最初に二曲年長さんだけで披露され、
年中さんはその後三曲目でポンポンを持って入場。
○子もきちんとポンポンを持って入場し、
大きな声でポージングを叫びながらきちんと
ポンポンで踊っていましたが。あの○子が……
去年は泣くかおんぶされるかの二択
以下略だった、あの○子が……!!!!!(飽きのこない感動


無事にマーチングも終わり、その後は親子リレーなどありまして。
年中さんの括弧もありましたので、それはゴール付近でカメラを
陣取り、きちんと走ってくる娘のことも撮れました。
そのあいだもわたしにおんぶされていた○市よ……

親子レースでちょっともたついたために、気づいたら
終了時間が予定の一時間を過ぎていましたが、
終日薄曇りで涼しいという最高の天気だったので
暑くて誰かが倒れたりすることなく平和に終われたので
とてもよかったと思います。あちこちふらついていた
父はともかく母はずっとわたしと一緒だったので
疲れさせて申し訳ない思いもあれどだったのですが、
孫の成長を見られてよかったと思ってくれたなら
いいなと思いつつ……帰りも運転してもらって助かりました。

しかしトイレで自分が用足すときと親子レースと
お昼ご飯食べるとき以外、ガチでずっとわたし
息子をおんぶするか抱っこするかしていたのですよ。
お弁当の用意があるからその日は五時に起きていたし、
さすがに疲れもあって終わる頃には腰と言うより
尾てい骨あたりが痛すぎてマジできつかったですorz

その後帰ってきてから、子供たちがお弁当の残りの
唐揚げなどを食べてくれる傍ら、洗濯物を洗って
お弁当箱を洗って荷物の片付けをして、と二時間ほど
ノンストップで動き、子供たちをお風呂に入れたあとは
なんていうか灰になっていましたねorz 腰と肩に
医者でもらった湿布を貼り、夫が帰ってきたのを
出迎えてすぐ、八時前に寝ちゃいましたw

おかげで今日、肩と腰はそこまでひどい状態ではないのですが、
疲れのせいか今日は起きて頭が痛かったのと(寝過ぎの可能性
ずっと続いていた喉風邪がちょっとぶり返していたので、
薬を飲んでぼけーっとしていました。午後になって
夫が子供たちを連れ出してくれたので、今こうして
ゆっくりブログを書けるだけ本当にありがたいのですが。


とにかく今年は娘が本当に頑張っていました。
前の日に「今年は泣かないでできるかな?」と
わたしが聞いたのを気にしていたのでしょう。帰ってきてから
今日になっても「運動会楽しかったね~!
○子ちゃん泣かないでできたよ!」と誇らしげに
言っていて、ちょっとプレッシャーだったのかな、と
反省しましたが、わたしもとにかく褒めまくりました。
「かけっこも早かったしダンスはすごく上手だったし
ご飯もいっぱい食べられたしポンポンも可愛かったよ~!!!!」と
褒めながらまた泣くという母親って忙しい生き物よホント。

次の大きな行事は十二月の発表会ですが、
なんと十月中にも今度は親子給食会やら
英語の授業の見学会やらあって、なんでこうひとが
改稿で忙しくて死にそうなときにそういう行事を
用意しているんだ幼稚園ゴルァという感じなのですが、
まぁ幼稚園だから行事が多いのは当然だよねきっとorz
むしろ運動会が終わったばかりなのに、娘はまた
発表会に向けての練習と、来年の運動会の
マーチングの練習が始まるのかと思うと
なんとも大変だなぁという感じです。
娘が幼稚園大好きで楽しく通ってくれるのが本当に救い。

その○子、毎日いろんなお友達の名前を出してくれるのですが、
いつも遊んでいる特定のお友達っていないなぁ、と思って
「○子ちゃんはいつも誰ちゃんと遊んでいるの?」と尋ねたら、
「一人で遊んでいるよ!」と元気よく答えてくれたので、
あ、こいつもわたしと同じぼっち街道をばく進する感じだ、
と、あらがえないDNAの強さにくらっときた母なのでしたorz

とにもかくにも、終わってよかった運動会。
スポンサーサイト
15:18 ○子幼稚園(年中) | コメント(4) | トラックバック(0)

幼稚園の夏祭り

2018/08/10
あれ? そういえば夏祭りの記事書くの忘れてた。
と思い出したので書いていきます。ブログも
このくらいの頻度でどんどん更新していきたいんだけどな。
ちょうど今はプロットの返事待ちなので
執筆待機中ということもありブログを書けるという……

去る八月二日は○子の通う幼稚園の夏祭りでした。
毎年前期夏期登園期間(八月一日から四日間)の
二日目が夏祭りになるようで、今年も二日がお祭り日でした。
去年は年少さんだったので四時半からでしたが、
今年は年中に上がったので六時から。五時半から
受付ということで、朝から一日中十分ごとに
「まだ幼稚園行かないの~?」と訊いてくる娘に
イライラスプラッシュ☆な感じでおりました。

夫には会社を三時で上がってきてもらって、
息子を預けて行く感じに計画。息子も
プレに行っているので招待状が来ていたのですが、
たまには娘と二人でデートしたい、つーか
わたし一人で息子と娘を連れて大勢の人混みの中
出店を回るとか絶っっっっ対無理、という考えで、
息子は欠席の届けを出しました。

当日の服装は浴衣や甚平もOKだったのですが、
とにかく連日猛暑日が続いていて、その日も
気温は普通に35度を超えておりました。いくら夜でも
浴衣なんか着たら暑いに決まっているし、
去年は確か外で盆踊りみたいなのも踊ったし、
出店も外に設置してあったし……猛暑で死ぬ!!!!

という危機感が高まったので、せっかく買った浴衣も
締まったまま、ノースリーブのワンピースを着せて、
せめてものおめかしでいつも流したまんまの髪を
ぼんぼんついたゴムで縛ってみました。
お祭りだしなぁ……ちょっと髪も可愛くしたり
メイクする子もいるのかなぁ……? いやでもでも
登園日じゃん? 学校で言う学級参観みたいな
意味もあるじゃん? そういうことはしちゃ駄目だって、
と現役学生時代真面目一辺倒だった佐倉は
ここでもそんな「校則遵守」スタイルを貫いて、
暑いけどプリントには運動靴で恋って書いてあるから
サンダルじゃなくてちゃんと靴下穿いて運動靴! と
娘に靴もしっかり履かせていざ出発したわけです。

歩いて行くだけでも汗だくになりそうだったので
幼稚園の前まで夫に車で送ってもらいました。
夫と息子はそのままコンビニでも行ってなんか買って
適当に晩飯済ませて置いてくれ~と伝言して別れて。

そして幼稚園に到着。みんな熱中症対策で
そんなに浴衣着てこないかな……とか思っていましたけど
甘かったですね。去年もクラスの女子で普段着だったの
うちの子だけでしたが、今年も同じ轍を踏みました。

みんな長可愛いミニスカの浴衣着てる!!!!!
男の子ですら甚平を着ている!!!!
メイクしている子も全然いる!!!!
爪にネイルしている子も髪巻いている子も
サンダルできている子もいっぱいいる!!!!!!!!

去年に引き続き今年もTPOをこうして見誤る母です(白目

しかも猛暑であることを考慮してか、今年は各教室に
出店が用意してあり、外に出るのは飲み物を受け取るときのみ。
(ペットボトルの飲み物はビニールプールに氷を浮かべ
その中で冷やされている状態でした)
それだってピロティのところに用意されているから
上靴のままフツーに移動できるし。
ちょっと早めの時間に来たので、受付の遊戯室で
スムーズに受付。受付にいた先生に「あれ?
今日は○市君はおやすみですか?」と言われ
プレと関係ない先生にも我が家の家族構成が
ばっちりバレていることに苦笑いしつつ、
今日は娘とデートなんですぅw と言って、
ひとまず並べられたテーブルにつきました。
その後もゾクゾクと人が入ってきて、机と椅子が
並べられた遊戯室はたちまちいっぱい。
座るところがないひとが大半を占める中、
空気を読まずに悠々と座って待っていると、
「ここ隣座っていいですか?」と聞いてくるママさんが。
どっかで見たことあるなぁと思いつつ、娘と同じ
くらいの浴衣着た女のこと小学生のお兄ちゃんと
そのママさんが席に着き、「暑いですね~」
「みんな浴衣可愛いですね~w」「○子ちゃんは
浴衣は着ないんですか?」「買ったんですが
暑くて熱中症になったら大変と思って着せなかったんです。
でもみんな浴衣だから完全にしくじりましたw」
「でもまだ来年ありますし~」「ですよね~w」なんて
和やかに会話。会話しているあいだも相手ママさんの
名前も娘と同学年であるはずの女の子の名前も
まったく思い出せない佐倉。娘同士なんか口も利かないし。
相手ママさんはうちの娘の名前をちゃんとわかっているのに。

誰だろうなぁ、と思っているうち屋内も満員になって、
校内アナウンスがピンポンパンと流れてきました。
「では六時になりました。各教室にお店が用意してありますので、
チケットをお持ちになって、夏祭りをお楽しみくださいw」ってな
具合で放送が流れ、入り口近くにいた人たちがどんどん
廊下に出て行く。もみくちゃにされたくない佐倉はあらかたひとが
出たところでようやく娘を連れて立ち上がり、とりあえず
すいているところから行こうと最初に唐揚げをもらっちゃうという……

他にもゲームができるところかいっぱいあのですが、
わたしが食券を事前に買うのをケチったせいで意外とできるゲームがなく、
途中で「当日券もあります」のアナウンスが入り、
そうか当日券で買えばいいんだ、と思った端から、
荷物を少なくするために財布を家に置いてきたことを思い出したり。
そんな具合でぐっだぐだでしたが、とりあえず全員参加OKとして
渡されていた食券で、どら焼き投げゲームだけは参加しました。
紙で作ったどら焼きを一人六個くらい渡されて、
段ボールに描かれたドラえもんの口に投げ入れるゲーム。
二人の先生が別れてやっていて、そのうち一人の先生は
担任の先生だった。受付の先生が気を利かせて
担任の先生のところに回してくれたので、
投げ入れる予定のどら焼きの籠を持ってた息していましたが、
まぁ~見守る先生の運動量のすごいこと。
子供がやってきたら「こんばんは○○くーん! おっ!
甚平格好いいね! よし、じゃあ君は年中さんだから
ここの水色の線に立って(学年ごとに立つ位置の
ラインが引いてあった)ドラえもんのお口に
どら焼きを入れて上げてくださーい!」っつって
子供たちにどら焼きを投げさせる。入っても入らなくても
オーバーリアクションで応援したり褒め称えたりして、
周りに落ちたどら焼きはゲーム後に目にも留まらぬはさで
再び籠に集めて受け付けめがけて床に滑らせ、
子供には「じゃあご褒美を上げるのでカードを引いてください!」と
どこでもドアをもしたカードを引かせ、カードの裏の色から
あげるおもちゃを決めるという……。なんかヨーヨータイプの
光る変なおもちゃをもらいました。衝撃を与えると光るやつで、
子供たちは馬鹿受けしてあちこちでぶん回していたという……
一連の動作を休憩どころか水分補給もせずにずっとこなしていた
先生……あれ先生のほうが熱中症になるよ、交代要員
いないのかな……と本当に心配になりました(滝汗

もらったおもちゃをご機嫌にびよんびよんさせながら、
とりあえず食券を全部引き換えたので再び遊戯室へ。
職権をたくさん持っている子はまだゲームに興じているので、
我々はその好きにまだすいている席に座って
悠々自適に焼きそばと唐揚げを食べるのです……
娘のリング付きの箸持ってくるの忘れた……お手拭き代わりの
お尻ふきシート持ってくるのも忘れた……と
忘れ物をひたすら嘆きつつ、とりあえず無心に食べる。
半分くらい食べると続々と食べ物を持ってやってくる人が増え、
受付時に会ったママさんたちがまたやってきて
「またお隣いいですか~?」と。いいですよ~と答えつつ
隙を見て娘に「お友達はなにちゃん?」と尋ねたら、
年少さんのとき同じクラスで一番仲のよかった友達と判明。
考えりゃ親子遠足のバスでも後ろの席になってたし
だからママさんの顔にも見覚え会ったんだわ~、と納得。
娘に確認を取らなきゃママさんの顔も覚えていない、
それが佐倉紫というコミュ障ママの実態である。

で、食べ終わる頃には早々に帰途につく人影も見えたので、
わたしも娘に「じゃあそろそろ帰ろうか~」と告げてさっさと
会場をあとにしました。ほとんどの教室が静かになっている中、
担任の先生がやっているどら焼き投げだけはまだ行列もあり
盛況なのが聞こえてきて、え、先生マジで大丈夫?
マジで熱中症になってない? と本気で心配でした……

帰りは歩きで家までのんびりと。前のほうを歩く
年長さんのお友達に娘が遠慮なく近づくので
ちょいちょいちょいちょいという感じでしたが、
途中で別れてほっと一息。できればママさんとの
距離は最大限開けておきたいコミュ障ママです。

で、帰ってくると息子と夫がビデオ見てくつろいでいました。
「コンビニでなに買ったの?」と尋ねると、驚くことに
「いや、コンビニの気分じゃなかったから二人で
ジョイフル行ってきたよ」まさかの男二人ファミレス宣言!!!!
わたしだって息子と二人でファミレス行ったことないのに
しれっとそんなことしちゃって~~~!
「というか○市うるさくしなかった? 脱走は?」
「全然しなくていい子だったよ。ただ思ったほど
ポテトを食べてくれなくておれは腹がいっぱいorz」との
夫の答え。よくもまぁ三歳児(当時はギリギリ二歳か)を
一人で連れてドリンクバーもあるファミレスを攻略したもんだ、
とびっくりしました。とはいえ息子は夫と二人の場合
割と静かで我が儘も言わないからできたのかもしれない。
わたしと二人だと容赦なく脱走するし椅子に寝そべるし
床を転がるのにね……相手がパパ一人だと殊勝になるという……

とにかくそんな感じで平和に終わりました。


来年のわたしのために忘れ物チェック表を書き記すぞ~。
・浴衣をきちんと着せていけ。息子もだ。
 娘に関してはネイルでも化粧でもさせてやれ。
 先生別に怒ってなかったしorz
・お尻ふきシートを忘れるな。ゴミ袋は最悪なくても大丈夫だ。
 先生が焼きそばを袋に入れてくれるからな。それを使え。
・子供用のカトラリーを忘れるな。
・食券は全種類しっかり買っておけ。やっぱり
 できないゲームがあると子供はなんでできないのと拗ねる。
・もう一回やりたいとか駄々こねた時用に、
 当日券を購入するため小銭を持っていくといいぞ。

以上、来年のわたしへの戒めでした(遠い目

***


書影が出るのが待ち遠しい……w
14:10 ○子幼稚園(年中) | コメント(0) | トラックバック(0)

一学期を振り返り

2018/07/28
一学期が終わったらすぐに書こうと思っていたのですが、
割と遅くなっちゃいました。とはいえ一週間前が
終業式だったことを考えればそこまで遅くはない、のか?
さっさと夏休み終われ~マジ無理~、と日々
呪詛のように延々と垂れ流しているせいで
もう夏休みに入って五週間くらい時間が
流れたような気がするんですが気のせいですかね?
壮大すぎる気のせいですねあああああいやだああああorz

夏休みに入ってからも暑い日が続いて、
特に豪雨に遭った被災地は連日の暑さに
ボランティアまで熱中症で倒れるなんて報道が
なされているから、本当に心配というか
大変すぎる……と切なくなる一方ですが、
今日から明日にかけて台風までくるという
嬉しくないおまけつき。連日暑さで死にそうだからって
じゃあ涼しくするために台風を作ったよw とか
地球どんだけ適当だよこんちくしょうめ、と
思ってしまうのはわたしだけではないはず。
こっちもちょっと暗くなってきました。
被害が出ないことを祈るばかりです……

さて、年中さんになった娘の一学期の総括です。

年少の一学期はいろんなことがオンパレードで
だいたいにおいて「うちの子だいたい泣いているか
逃げているかしかしていない気がする……」と
いう感じでお先真っ暗感が半端なかったのですが、
年中さんになるところっといい子になるのか否か、
五月の参観日、親子遠足と特に悩まされることなく
わりかし平和に過ぎ去ったのが印象的でした。

年中さんになってすぐの頃は外遊びができない
ことに不満そうにしていました。主に屋内で
ひらがなの練習をしていたと聞いてこっちは卒倒。
えええええ、年中さんのうちからもうそんなんするの!? と。
決してお勉強系の園ではないと思っていたのですが、
やはり私立だけありその辺は他の私立園に
後れを取るまいとしているのでしょうか。のびのび系だけど
ひらがなと数字の練習くらいはするよ、という感じかな、
と思っていたら、後半はアルファベットの練習も
していたようでおいおいおいおいと泡吹きましたw
おかげで鉛筆の持ち方は今ではすっかり達者になっております。
わたしはなにひとつ教えず、せいぜいリング付きのお箸を
持たせていたくらいなので、幼稚園での先生のご指導が
いかに的確かがわかりますね。すげぇな、今時の先生は……orz

そして五月に入るとあっという間に暑くなって
外遊びどころではなくなったようでしたが、
きちんと外遊びもするようになりました。五月後半は
とにかく暑くてプール開きが待たれる……という
感じだったのに、いざ六月に入ってさてプールだ!
となったら梅雨入りして、最初の二週間はほぼ雨で
プールに入れなかったという体たらくorz だけど
後半からは梅雨明けして、七月も最終日まで
しっかり毎日プールに入って健康的に日焼けしました。

プールは年少さんの頃はパンツ一丁でしたが、
年中さんからは水着持参なので、どんな水着が
いいかなぁとちと悩みましたね。去年はトイレに
行きやすいからという理由でビキニを着せていましたが、
幼稚園の水着にビキニはいけないかなぁ、と
思いつつ、娘本人がワンピースタイプの
スカートひらひらな水着を選んだので、
家で脱ぎ着の練習をさせていきました。
肩紐が細いタイプだったので、ねじねじになっちゃうのを
家では嫌がっていたので、幼稚園に行って
きちんとお着替えできているのかなぁ? と
心配していましたが「大丈夫だよ! 紐のねじねじは
『先生直してー!』ってやってもらってるの!」と
本人が力強く請け負っておりました。
自分で解決しているわけではなかったw
でも助けを求められるのは素晴らしいこと。
先生も同じような感じでいろんなこの水着の
着方チェックしているのかなと思うと、
本当「大変だなぁ……」の一言しか出てきません。
ありがたし。いつも多大なるご迷惑を……orz

月に一回のお弁当は必ず毎回完食。
不器用なわたしはキャラ弁なんてまったく作らず、
おかずもいつも卵焼き、ほうれん草とベーコン炒め、
チキンカツ、隙間にミニトマトが定番です。
ご飯はその都度お弁当箱に詰めたり
ラップでおにぎりにしたり。丸美屋の
のりたまふりかけが大活躍です。
いちごが出回っていた時期は苺を小さく切って
別のパックにいれて持たせていましたが、
このところそれもサボりがちでした。
給食もだいたい毎日完食しているらしく、
完食したときにもらえるシールがいっぱいになった
シール帳が終業式に持ち帰りになってました。

そして一学期、特に病気することなく皆勤でした。
後半で手足口病が流行っているという連絡が
ありましたが、○子のクラスでは特に罹患する子が
いなかったのかな? クラスごとのお知らせなどはなく
平和な感じで一学期が終わったようでした。

○子もなんか聞き分けがいい感じで、参観日も
先生の言うこと聞いて踊ったりなんだりしていたし、
泣くことは全然なかったし、○市のプレで一緒に
参加したときも楽しそうに遊んでいましたしね。
主役である○市を押しのけてわたしと二人でorz

わたしも○市のプレの関係で週一で幼稚園に
行っていたし、○市が脱走する先が、だいたい
○子のクラスの目の前にある絵本とかを読む
ちょっとしたスペースだったんですよね。
なので○市を追いかけて適当に遊ばせながら
さりげなく娘のクラスを見て様子を観察したり。
○子が一度わたしたちが教室の前で
遊んでいるときに教室から出てきたことがあって、
思わず「なに出てきてるの! 今英語の先生が
きてる時間じゃん、ちゃんと教室にいなきゃ!」
「違うの! トイレ行ってくるって先生にも行ったの!」
「じゃあ早く行ってきなさい!」
「ママと行く!」
「ママは○君を見ているから行けないし!」
「やだ!!」なんてやりとりをしたことがありましたが(汗
その後娘はきちんと一人でトイレに行き、
意気揚々と戻ってきてわたしにバイバイして
きちんと教室に入っていきました。

……偉っ! 去年の今頃の○子はわたしを見たら
教室を脱走して、そのまま一緒に帰ろうとして、
気づいた担任の先生に抱えられて連行されていったのに!!!!!!

成長……w とほっこりしたエピソードでした。


家でも鉛筆を持ってお絵かきしたり、アンパンマンの
タブレットでネイティブな発音で英単語を叫んだりと、
なかなか賢く育っている模様です。
七月に入ってからは市内のプールにも行き、
浮き輪に捕まってバタ足を見せてくれました。
とはいえ水に顔をつけることはできず、
幼稚園でシャワーを浴びるときも両手で顔を覆って
うつむいて一瞬で済ませるらしいのですがw
小学校に上がる前にせめて潜れるように
練習したほうがいいかなぁ……と考えています。
とはいえ自分じゃ教えるの難しいし
スイミング教室に一週間だけ通うとか
そういう感じになるのかな、と思ったり。

なにはともあれ成長がうかがえる一学期でした。


二学期は行事が目白押し。大きな行事は
十月の運動会と十二月の発表会。
去年の娘は運動会は泣いているか先生におんぶされているか、
発表会も大泣きして教室に入らず最初の合唱では
立ちもせず先生と手を繋ぎながらぶすくれて座っていただけ、
という感じだったので、今年はせめて自分の足で
立って走るくらいはして欲しいと思うところです。

あ、その前に八月は行ってすぐに幼稚園の夏祭りがあるわな。
そして後半には○市のプレの体験教室&入園説明会。

そう考えると本当に月日が経つの早すぎて目が回りますね。
上手いこと乗り切っていきたいと思います。

***


ロイヤルキス文庫様から九月に新刊が出ます。
書影が出るのはまだ先かと思いますが、
水綺先生の華麗なイラストは必見です!

また発売日近くなったらアナウンスしますね。
17:30 ○子幼稚園(年中) | コメント(2) | トラックバック(0)

そこそこ楽しかったような親子遠足

2018/05/23
ここ最近夏日が続いていましたが、
今日は曇りで涼しくていいですね~。
家の中なら半袖でいいけど外だと
ちょっと寒いかなと言う具合。これらいの
気温が一番過ごしやすくていいです。

昨日は○子が通う幼稚園で親子遠足がありました。
さぁ、親子遠足です。去年の惨状はまだ
記憶に新しく、今年はさてどうなるかと母はもう
断頭台に立つような気持ちでその日を待っておりましたorz
さんざんだった去年の親子遠足の記事は
こちらから→楽しくなかった親子遠足

今年は無事に年中さんになったし多少は
マシだといいなぁ、具体的には集合写真のとき
ギャン泣き・大暴れ・脱走しなければいいなぁ、
という感じでした。我ながら目標が低い(白目
前日は早く寝ようと思ったのですがお弁当の
おかずを作るのに四苦八苦して、ついでに息子が
なかなか寝てくれなかったこともあり、結局寝不足。
というより先週からずっと原稿にかかりきりで、
親子遠足前になんとか書き上げたい気持ちで
やっていたので、割と心身ともに疲れておりました。

そして昨日、当日。朝から五時に起きて弁当を詰め、
子供たちを起こすまでには朝ご飯も食べ終え、
準備万端で子供を七時前に起こしました。
夫も早起きしてくれて子供の着替えを手伝ってもらい、
そのあいだに化粧を終わらせて、なんとか出発。
家を出てから「あ、なんかお腹痛い。痛み止めを
もってくればよかった」とか、「あ、○子に
日焼け止め塗るの忘れてた。今日天気いいから
日焼けしちゃうよまったくもう……orz」とか、
色々抜けが見つかりますが、朝のラッシュを
抜けるだけでも大変なのでもう後ろは振り返らない。

八時集合なのに去年本当にギリギリになってしまって
焦ったので、今年は余裕を持っていくぞ! と
七時十五分には家を出たら、集合時間の
二十分前に到着したという早すぎるの巻。
去年は市内の他の幼稚園も遠足で、たくさんのバスが
止まっていた関係で、八時までは駐車場近くに
整列して待っていましたが、今回は娘の園だけ
だったようで、直接バスの近くまで車を誘導され、
すぐにバスに乗り込むことができました。
車を停めたらすぐに担任の先生が駆け寄ってきたので、
わたしも娘を降ろしてすぐ挨拶しちゃったので
息子に行ってくるよ~というのを忘れました。
息子は当然のごとく「自分もママと一緒にお出かけする」
という気満々で車に乗っていたので、姉だけが
車から降ろされその後ママがチラリとも目もくれないために
大泣きしてチャイルドシートを抜け出す勢いで大暴れしたので、
夫はさっさと車を発進させて家に戻ったという……

二十分前の到着のおかげでバスには誰もいないし、
というかマジでトイレ行きたいどうしようどっかの
コンビニとか行こうかな、いやでも一度バスに
乗ったのにまた外に出たら迷惑すぎねぇ? と
ぐだぐだしている裡に、実際に出発する八時半には
もう尿意が限界だったという罠。娘よりも
むしろわたしのほうが今回色々ヤバイ気がする。

八時集合でしたが遅れる人もいて全員集まったのは
八時二十分とかその辺。時間厳守のお願いの
プリントが計三回くらい事前にきていましたが、
まぁ実際はこんなもんということで、出発時間が
八時半に設定されているんだろうなぁと思ったり。

バスは基本クラスごとですが、詰めて座っているので
わたしと娘は隣のクラスの子が多く乗るバスになってました。
なので隣のクラスの担任の先生に導かれて
現地へ向かった感じですね。関越道をずっと進んで
渋川伊香保までバスに揺られていきました。

本日の遠足場所は群馬県の「伊香保グリーン牧場」。
伊香保というと温泉が真っ先に浮かぶかと思いますが、
こちらは小さい子供がいる家族連れで遊びに行くには
絶好のスポットらしく。ソフトクリームが美味しいということで
それを食べることを楽しみにしておりました。
渋川伊香保インターを降りてからひたすら山道を
登っていく感じで、基本一本道なので、家族できても
迷うことなさそうでいいなぁという印象。
この日は他の保育園が二つと小学校の社会科見学的な
奴がひとつ、あとはフリースクールの学生さんと思しき
方々の集団がやってきておりました。

娘は早く動物に会う~、遊園地に行く~、と騒いでましたが、
泣いたり脱走したりはせず、その辺に座り込んで草を
いじるくらいで比較的おとなしくしておりました。ずっと
帽子を暑いからとかぶろうとしなかったのに、なぜか
集合写真のとき「帽子を取ってください」と言われたにも
関わらず頑として帽子を取らずに、クラスで一人だけ
帽子を被っていたという安定の行動を取っておりました……orz
でも泣かずに撮れただけいいよ、もう。脱走もしなかったし。

その後は自由解散になり、わたしもようやくほっとして、
ひとまず娘について遊園地スペースへ。遊園地といっても
百円とか二百円で動くゲーセンに置いてあるような遊具が
たくさん並んでいるところでしたが。あっという間に五百円くらい
消えていった気がするな……とにかくここは金を使うorz
百円で動く運転できるゴーカートに二人で乗って
きゃあきゃあ言ったりしてそこそこ楽しめましたが。

その後は動物がいるエリアに移動して、ウサギに餌をやったり
山羊に餌をやったり。この餌代というのが、一回三百円でね、
二回やった時点ですでに六百円が消えている不思議……

そして乗馬の体験スペースもあったので、娘も
「お馬乗りたい~w」と言ったので、わたしも乗りたかったので
親子で乗れる奴を選択したのですが、まさにヘルメットかぶって
わたしが先に馬に乗っかって、さぁ○子よおいで~、と
言ったところで娘が「怖いからやだ」と脱走したというオチ(白目

ママはお馬に乗りたかった!!!!! TL小説とかで初めて
馬に乗せられるヒロインの気持ちを理解したかった!!!!!
またがれただけでも経験には慣れたが運動場を
歩きたかった!!!!! 馬の背に伝わる振動を感じたかった!!!!!

と嘆いても娘は逃げてますからね。ポニーなら乗りたいと
言っていたけど、その頃には列もできていて、
それまでも結構並んだし、もうお昼になっていたので、
お昼を食べるから駄目、と怒ってしまった……
だってポニー乗ると言いつつ乗る寸前でまた
いやだとか言い出したらわたしもいやだもん……(涙

馬がいる運動場から降りたところにカフェがあって、売店も
出ていたので、そこの近くのテーブルに座ってお弁当を広げ、
お菓子の食べ過ぎでまったく食べない娘にイラッ☆としつつ
自分の文のお弁当を食べ終えたタイミングでソフトクリームを
買いました。お~いし~w 濃厚で美味しいソフトクリーム。
あんまり牛乳味が強すぎるソフト、わたしは苦手なのですが、
こちらの奴は牛乳の味が強いながらもバニラっぽい
テイストもあったので、割とさっぱり食べることができました。

その後はカフェ兼お店に入って、そこここにいた
ウサギを眺めつつ、お土産のところに並んでいた
山羊のぬいぐるみを買いました。袋に入れてもらったけど
娘が抱っこしたいというので、その後はずっと袋から
出して娘が基本的にぎゅっと抱っこしておりました。

それからまた歩いて行くと馬車乗り場があり、
まさに今馬車が発車するところ。娘が乗りたいというので
(わたしも乗りたいと思っちゃったので)発券所に
行きましたが、その時点で馬車が走り出したという罠。
御者のおじいちゃんが「次は一時に出発です~」と
教えてくれたけど、三十分もあるんじゃ待てないなぁ……と
思って仕方なく見送ってため息をついたとき、
○子と去年も今年も同じクラスの
お友達のNちゃんがやってきました。
やっぱり馬車に乗りたいと思ってきたらしく。
その子はお母さんじゃなくておばあちゃんと一緒にきてましたが、
馬車が行っちゃったということで、うちの娘を誘って
「あっちのほうに行こうよ!」と走り出し。娘も喜んで走り出すというね。
その後はしばらくNちゃんと、一緒にきていた
おばあちゃんと一緒に行動しておりました。

Nちゃんちはいつもお母さんがきているから
めずらしいなと思ったら、Nちゃんママ、病気で
ダウンしてしまったとのこと。なので急遽おばあちゃんが
保護者としてやってきたようでしたが、暑いのに
大きなリュックを背負って活発な孫を追い回して
なかなか大変そうでした。30のわたしだって娘に
ついていくの大変なのにすでに年金を受け取っている
おばあちゃんではもっと大変だろうなとしみじみと……

その後は再び山羊がいるところに行って餌やりしたり、
なんかその辺の野原を走り回ったり、トイレ行ったり、
また山羊に餌やりまくったり。餌代だけで英世が軽く
二枚は飛んだ。その後はショップがあったので、
Nちゃんも○子と同じぬいぐるみが欲しいと言うことで
同じ山羊のぬいぐるみを買って。おばあちゃんは
言われるがままお財布を出していましたが、
ママがいたら止める場面なのかなぁとぼーっと考えてみたり。

わかるよ、親はさ、すぐに買ってあげちゃったら
我慢ができない子になるし教育によくない、と思って
「買わないよ、行くよ」と言うんだけどさ、その後に引き起こされる
イヤイヤの嵐と号泣に、ママはともかく、おばあちゃんが
対応するのは大変なんだよね。そういうのを引きずっていく力も
気力もないし、それならお金出して買ってあげるほうが
楽なんだよね……というかわたしもまさにそんな思考で
ぬいぐるみ買ったわ、という感じです、ホント。

世のママさん、おばあちゃんおじいちゃんは孫を甘やかすために
なんでも買っちゃう、なんでも食べさせちゃう、というわけじゃないんです。
我慢させることで生じるトラブルに対応する体力がないんです。
体力を温存するにはお金の力で解決するのがもっとも楽で
穏便でいて孫も笑顔になれる素敵な方法なんです……(遠い目

そして再び遊園地に戻って、百円入れて動く遊具で色々遊び。
最初は○子一人で乗っていた汽車も、お友達と一緒だと
心なし楽しそう。おばあちゃんの勧めでわたしも一緒に乗って
「なにこれ結構早いしカーブ結構キツイ油断すると振り落とされそう
っていうか腰めっちゃ痛っっっっっ!!!」って感じで楽しみ、
おばあちゃんと交互にお金出しあって、いろんな遊具に
二人を乗せてこっちは頑張って写真撮るという苦行でした。

ちょっと早かったけれど集合時間近くだとトイレが混むので、
早めにそこを離れてトイレに行き、お土産屋さんを物色しました。
そこで夫が勤める会社の事務パートの方に声をかけられ、
素で誰だかわからなくて「すみません、どの子のママさんでしたか?」と
ガチで尋ねた顔と名前をまったく覚えない駄目野郎はわたしです。
一度お会いしたことがあるのに、一度お会いしたくらいじゃ
まったく顔も名前も覚えないのがこのわたし、佐倉紫。
何度会っていてもせいぜい週に一回くらいじゃ覚えないのも
このわたし、佐倉紫(単なる駄目人間

いつのまにかNちゃんとおばあちゃんもバスに向かっていたので、
わたしもお土産をひとつだけ買ってバスに向かいました。
買ったのは瓶に詰まったはちみつレモン。紅茶に入れて
飲んだら美味しそうだなぁと思い、今この記事を書きながら
まさに飲んでおりますが、美味しいですw
娘には帰りのバスで食べる用に苺の飴も買った。

娘にはぬいぐるみ買ってあげたからお土産
それだけでいいかなと思ったけれど、キーホルダーとかも
買ってあげればよかったかな、とちと後悔。
他の子が指輪をしていたりするのをいいなぁ~って見ていたので。
しかし他の子もぬいぐるみを買っている子が結構いた(笑

帰りのバスにも集合時間の二十分前にはついて、
あとは涼しい車内でのんびりしておりました。
行きのバスでは先生がレクリエーションしていましたが、
帰りはビデオを見ながらお菓子も自由に食べていいし
寝ている子もいるし、という感じの気怠い雰囲気。
なのにバスが発車する前や合間に、お菓子の小袋を持って
回ってくるママさんや園児たちがいて、割と大変。
わたしもおかしい交換といううきうきイベントがあるなんて
まったく予想していなかった去年とは違い、今年は
きちんと交換できるお菓子を持参していったから進化したよ!
大きめのくれた子にはおっとっとを渡し、小さめのを
くれた子にはカントリーマームを渡すくらいのスキルは身につけたよ!!
最終的には交換しまくって割といっぱい持って行ったお菓子が
見事に消えていったけどな! 娘も食べまくったからな!(弁当食えや
来年はもっとお菓子持っていこう……orz
なんでみんなそばに座っている人にお菓子あげるんや……
自分たちが食べるぶんだけ持っていけばいいやんか……
誰だこんな交換して楽しむなんて文化を作った奴は……orz

そして帰りのバスで見ていた「モアナと伝説の海」が
途中までしか見られなかったために、
続きと結末が気になって仕方がない(-_-)
初見のつらさである……

という感じでそこそこ楽しんできました。
娘は去年に比べ格段に進化していて、
いやいやと大泣きすることは一回もなかった!
餌やりも楽しそうだったし、一番の楽しかったのはなに?
と聞いたら「山羊!」と答えていたし。うん、正しくは餌やりね。

ウサギにさわれなかったのが心残りでしたね~。
ふれあいはやっぱり人気らしくて、チケットが即完売で、
次は何時からの販売です、とか言われたら、もう
それを巡って行列できることが必須だし、
それに勝てるとも思えなかったorz 馬も乗りたかったお……orz
最初からポニーにしてあげればよかったかな……

去年はとにかく暑くて死にそうでしたが、山の中なので
日差しはそこそこあれど風が爽やかで冷たくて
なかなか過ごしやすかったのもとてもよかったです。
来年は年少になる息子も一緒に行くことになるので、
そのときは夫も一緒にきてもらおうかと画策中。
割と家族できている方も赤ちゃんを連れてきている
方もいて、ベビーカーを持っている方もいました。

夫と息子はと言うと、公園にでも出かけたのかと
思っていたら、なんと支援センターに行っていたとのこと。
あんなママさんと赤ちゃんしかいないようなところに
二歳児を連れて乗り込んでいったうちの夫めっちゃ
すげぇと思うのですが、いかがでしょうか?
支援センターも春休みからずっと行っていなかったから
○市の存在忘れられているのでは? と思っていたけど、
○市が顔を見せた途端先生が「あら○ちゃん、ご無沙汰だったねw」と
声をかけてくださったとのことで、どうして保育園とか
幼稚園とか支援センターの先生は子供の顔と名前を
たかだか二、三回会っただけですぐに覚えられるのだと
驚嘆と同時に恐れを抱いてガクブルしている
顔と名前を覚えられない駄目人間の佐倉でした。

今回は遠足が火曜日だったので幼稚園のプレはなし。
月一のお弁当も遠足の日をお弁当の日にするとのことで
また作る手間がないのが本当にありがたいです。
自園給食にマジ感謝。栄養満点の給食が食べられると
謳っている園に悪い園はないと信じてる(真顔

ママさんたちもお疲れ様でしたが、それ以上に
先生方本当にお疲れ様でした。トイレ休憩によっても
おそらく自分たちのトイレはほとんどできずに
終わるんだろうなぁと思うと……もう涙が出てくる……
朝、バスに乗り込んだママさんたちが、「そういえば
○○先生、今日はメイクかなりばっちりじゃなかった?」
「一日外にいるから、崩れないようにしてきたんだろうね~」
なんて会話をしていたのを聞いただけで佐倉は震えた。
幼稚園の先生ってそんなところまで見られて
噂をされているのかと思うと怖すぎる……!!!!
ただでさえ大変な仕事しているんだからメイクなんざ
別にいいじゃん、崩れていたらいたでまたなんか言われるのかと
思うとガクブルが止まらない……怖いよぅ、怖いよぅ(涙

という感じで遠足でした。次の娘のイベントは来月の
ジャガイモ堀りかな。わたしも息子とプレにて参加予定です。

とにかく今日は一日待ったりして筋肉痛を癒しますorz
11:09 ○子幼稚園(年中) | コメント(0) | トラックバック(0)

保育参観

2018/05/15
GWも過ぎ去りようやく通常通りという感じでしょうか。
今週は前半は夏の陽気、後半は雨らしい関東地方です。
先週は前半がずっと雨でめっちゃ寒くて衣替えしたことを
後悔した感じでしたけどね~。GW中に風邪引いたのが
長引いていたので、先週は息子のプレも休んじゃいました。
ずっと家に引き籠もっていたので筆は進みましたが。

さて、前半が雨だった先週ですが、保育参観があった
土曜日はすっかり晴れていい陽気。
幼稚園で入園式以外ではおそらく保護者が
一堂に会する新学期初めてのイベントとなりますね。
なので参観後は保護者総会も予定されておりました。

去年は「なんか全員参加が基本なのかな?」と
訳がわからないまま出席して「あ、これ別にでなくて
いい奴だ。次は出ないぞ」と心に決めたのに、
今年欠席届に変わる委任状を
出すのをすっかり忘れていて、
なんか自分のぶんの資料や席も
用意されているんだろうなと思うと
すっぽかすのも悪い気がして、
真面目に参加してきたというオチであります。
去年は総会に参加するあいだ、ママと一緒に
帰る気満々でいた娘が待たされる羽目になり、
大泣きしながら副担の先生と廊下を
お散歩していたのがいい思い出です(白目

さて、ママ友がいない佐倉ですが
一応顔見知りのママさんは何人かいる
(プレ時代から一緒だったとか今現在も
息子のプレで一緒とか前のクラスでも
一緒だったなこの人、みたいな、顔見知りと言うより
単に『見覚えのある人』が正しい)
ので、そういう方と会って世間話などをしたくないがために
十時半始まりのところをギリギリで到着いたしました。
家が幼稚園から徒歩五分の距離なので早足で
四分くらいで到着したらちょうど保護者が
教室内に案内されるという時間での到着。
他のママさんにしれ~っと紛れて娘の教室へ。
机と椅子は全部片付けられていて、
園児たちは教室の真ん中に列になって並んでいました。

うちの娘他のこと一緒にきちんと並んでる……!
わたしの姿を見つけても泣いたり走ってきたりしない……!
ちゃんとみんなと一緒にニコニコ立っている……!!
この時点でもう奇跡並みにすごいことだと認識しつつ(おい

いやだって年少の頃の娘って言ったら
こういう行事では一人ふらふらと抜け出して脱走するか
わたしにくっついてくるか泣くか先生におんぶされるかで、
まともな集団行動なんてかけらもできていませんでしたからね。

その後は先生のピアノに合わせて朝の挨拶の歌。
そのあいだ娘はわたしをチラチラ見つめるものの
きちんと歌に合わせて踊ってる……ちゃんと挨拶してる……
野放し状態だったのざるがようやく一日のリズムを
掴めてきてなんとか芸を仕込めるかなという
可能性を見いだせてきたくらいのレベルアップ……!!

その後は親子参加型という感じで母子一緒になって
新聞紙で遊びました。新聞をどんどん折っていって
その上に親子で乗って一定時間直立する遊びとか。
親と子で新聞を一枚持って、じゃんけんして負けたほうが
新聞を折っていって、その上に乗れなくなったら負け、みたいな。
割と親子で自由に遊んでくれ的な雰囲気もあり、また
普段は広いけど保護者が入ると途端に狭い教室で
みんなで遊んでいたせいかとにかく暑くなり、
最終的にはその場に座り込んで他を見学する親子や
子供が脱走しようとするのを阻止する親子や
床に転がる子なんかも出てきましたね。うちも
「もう飽きた~」と言って床に転がっていたオチです。

その後は子供から親へ、翌日が母の日と言うこともあり
いつもありがというという言葉とママのイラスト入りの
お薬手帳ケースをもらいました。
去年はタンブラーだったなぁと思いつつ。

とにかく娘はふざけてこそいましたが先生が
指示すればきちんと動くレベルに進化していました。
その後の総会に出るというのも「ちょっとここで
遊んで待っていて~」と言うと「いやだ~」と言いつつ
去年のように泣きはせずに先生のほうへ
ふら~と寄っていったし。なのでわたしも
特に苦労することなく総会へ向かい、
総会中は集まってきたママさんたちが知り合いトークで
花を咲かせる横でぼーっとアホな妄想を膨らませ、
終わったあとはさっさと教室に戻り、
遊んでいる娘を迎えに……きたんだけど
娘の姿がないorz 外を見てみたら遊具で
お友達と遊んでいました。お友達と一緒に
遊べるレベルに進化している……!!←

ということで無事に娘と一緒に歩いて家まで
帰ってきました。去年はこの歩く道のりすらgdgdだったけど
今年はチョウチョや花に足を止めてもおんぶなどを
要求せずに家まできちんと歩いてくれたので
それもまた進化が……!!!!!←

とにかく娘の進化を見られたのでほっとした一日でした。
休みを取って息子を見ていてくれた夫にも感謝。

次の園行事は来週に控える遠足です……つらみ……orz
14:53 ○子幼稚園(年中) | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |