FC2ブログ
2019 01123456789101112131415161718192021222324252627282019 03

デビュー五周年

午前中は新刊の話題に終始しましたが、
実はバレンタインデーって、わたしが作家デビューした
日なんですよ。今年でデビューから丸五年になります。
五年前のバレンタインに、わたしはアルファポリス社様の
新創刊レーベル〈ノーチェブックス〉から
『シンデレラ・マリアージュ』でデビューしました。
ということはノーチェブックス様も五周年です。
おめでとうございます(*^O^*) 創刊から今現在も
大変お世話になっているレーベル様です。ありがたや。

『シンデレラ・マリアージュ』はムーンライトノベルズに
投稿した中の、たぶん三作目か四作目の作品でした。
サイトのことを知って、上位の作品を読みあさり、
自分でも何作か投稿して、「よし、固定の読者様も
ついてきたし、PVやポイントが取れる法則もわかってきた。
この作品で書籍化の申請して、絶対にデビューしてやる」
そう決めて、投稿日時や一話の分量、投稿時間など、
全部計算して投稿していたのが『シンデレラ・マリアージュ』でした。
蓋を開ければずいぶん計算高いことだと思いますが、
そうまでしてもわたしは作家としてデビューしたかった。

中学生からずっと小説を書き続けて、もう社会人に
なったんだから小説家になりたいなんて夢見てないで、
地に足の着いた生活しなきゃいけないと思っていたけど、
実際にそれをやったら毎日のサービス残業と薄給と
職場環境の悪さであっさり潰れて、もうまともな勤めは
できないんじゃないかと思い詰めていた時期でもあり、
逆に『作家になる』ことだけはあきらめちゃいけないんだ、と
奮起していた時期でした。のちに夫となる彼氏と同棲して
家のことは引き受けながら、一応就活はしつつ、
毎日ひたすら執筆するだけの日々。これデビューできてなかったら
マジでただの駄目人間の生活ですけどねあははははw

で、ありがたいことにこの作品は連日日間ランキングで
上位をいただき、書籍化申請できるポイントが
あっという間に溜まりました。完結して即座に
アルファポリス様に申請したのはいい思い出です。

しかし当時は二週間くらいで返事がくるはずなのに、
三週間くらい経ってもなにもなかった。このPV数で
絶対に書籍か申請が通らないわけがない、当時は
ノーチェブックスが存在しなかったので、レジーナブックスの
赤から書籍化することを目指していたので、どうして
返答がないんですか! と問い合わせを行いました。
そこで帰ってきた返答が、『新しいレーベルから
新創刊での書籍化をお願いしたい』ということでした。

ものすごく運がいいことだったと思います。タイミングや
いろいろなものが絡んでの新創刊からのデビューでした。
この年、2013年ですか、わたしにとってはいろいろ起こった年でした。
デビューが決まったのもそうなら、それよりちょっと前に
妊娠がわかって、両親の顔合わせやら入籍やらもあって、
割と慌ただしい一年だったんです。そして夏の終わり頃から
本格的に改稿や校正の作業が始まり、校正を提出したところで
第一子である娘が産まれました。クリスマスも迫る12月のこと。
割と校正から間が開いて、一月は実家でゆっくり過ごし、
空いた時間では『呪われ姫と婿入り王子』をひたすら
書きまくっておりました。その連載も終了し、次の作品である
『奪われた純愛』をムーン様に投稿始めた頃、ようやく
デビュー作である『シンデレラ・マリアージュ』が店頭に並びました。

デビュー作です、紙の書籍です、中学校からずっと
夢に見てきた本が本屋さんに並んでいる……!
どんな手段を使っても本屋さんに見に行きたい!!
たとえ生後二ヶ月の娘を抱えていたとしても!!

と思ったんですがね、あいにくとその日に限ってなぜか
雪が降ったんですよ。この辺全っっっ然雪降らないのに(白目
先日東京に降り積もったときだって、北関東の
この地域にはチラッと降っただけで翌朝には溶けてましたよorz
それなのにデビューの日に限って雪でねぇ……
仕事から帰った夫の車は雪にハンドル取られて家の前で空回りして、
立ち往生して向かいのご家族からスコップ借りてくる羽目になるしorz

なので自分の書籍が並んでいるのを見ることができたのは
雪が完全に溶けた二日後くらいでしたわorz 夫が休みの日
だったので、娘を預けて自分で車運転して見に行った思い出。
でも並んでいるのを見てニヤニヤするだけで、娘と
赤ん坊になれない夫を残しておくのが不安で、すぐに
帰ったという……あの頃はわたしも真面目なママだったな(遠い目

まぁそんな感じでデビュー当日は雪ですげぇ寒いし
産後の身体はまだ安定しないし普通に寝不足だし、
母乳もまだ頑張っていたからチョコなんてとんでもないと、
バレンタインのバの字も感じられない思考だったし、
雪だし、夫の車スリップしているし、まぁ~、
とんでもない一日でしたね。ははは(遠い目

この時点ですでに次作『王家の秘薬は受難な甘さ』も
書籍化が決まっていたので、最初の一年は書籍化を
メインに活動しようと考えていましたが、思いがけず
このすぐあとに書き下ろしの依頼が入り、
プリエール文庫様から『白薔薇は束縛にふるえる』を
刊行させていただきました。本当に、今振り返ると
運がよかったとしか思えないデビュー前後の日々です。
娘がおとなしめの手のかからない赤ん坊だったのも幸いしました。
もっともうちの子供たちは歩き出すまでは全然
手のかからない子だったと思いますね。歩き出してからは
手がかかりすぎてママ毎日瀕死状態なんですけど(白目
だからこそ執筆を頑張ることもできたと思います。

この五年はとにかく子供を育てることと作家として
なんとか継続してお仕事をしていくこと、この二つだけを
頑張ってきた気がします。気づけば商業作家として
五周年を迎えることができました。これも支えてくださった
読者の皆様、出版社の皆様、家族のおかげだです。
いつも本当にありがとうございます。
そしてデビュー五周年のバレンタインに、また
新しいレーベル様から創刊号で作品を発表できたことに、
とても感慨深いものを覚えております。

四月になれば息子も幼稚園に入園し、五年ぶりに
家で自分一人だけで執筆できる環境が整います。
ムーン様での連載なども再開する時間ができると思います。
次は十周年を目指して頑張りますので、
今後とも佐倉紫をどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
[ 2019/02/14 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

手足口病で始まり胃腸風邪で終わる年末年始

タイトル通りなんですがね、年末年始は、
なんていうか娘の手足口病から始まって
娘の胃腸風邪で終わるみたいな感じでしたわ(白目
*以下ゲロ描写出てきますので苦手な方はそっ閉じしてね。

娘の膝に発疹ができたのが年末28日でしたかね。
かかりつけの小児科が31日までやっているという
良心的な感じだったので、激混みの小児科に
翌土曜日にかかって、無事に手足口病と診断され。
その後息子にも同じような発疹が出てきて
まぁ姉弟間じゃそりゃ移るよね~、という感じで
ため息ついていたら、なぜか夫にもそれらしい発疹が
出てきて「普段から手洗いしていない奴はあああ!」と
佐倉さんが怒っているうちに年は明けた(なんのこっちゃい

今はもうそこまで痛い痛いと言わなくなった夫ですが
年末年始ずっと微妙~な微熱が続いていたり、
せっかくの休みなのにこれじゃどこにも行けないわな……
という感じで遠出はしなかったのですが、わたしが
家事をさぼりたいがために夕食だけは連日
どっかに食べに行くというあほみたいな
セレブ生活してたので、まぁ風邪をもらう機会は
いくらでもあったかなと思います。イオンも行ったし。

ということで娘がなぜか先週の金曜日に大きく
体調を崩し、昼の三時から夜の九時にかけて
計五回も嘔吐するという記録を打ち立てましたorz
昼のうちはどっかに遊びに行こうよとしきりに
誘っていた娘がだんだんぐずぐずして、なぜだか
三時頃に「遊びに行かないよ(パパはまだ
あちこち痛いと言っているし○市も咳だし)」と
わたしが言ったら泣き出して。そんなに遊びに
行きたいのかよもおおおおと思っていたら、
いきなり吐いたんですよね。こたつ布団一面が
ゲロで埋まる程度にたっぷりと(白目

夫がいたのと、先月の胃腸炎のときに懲りたので
すぐにキッチンペーパーで吐瀉物を片付け、
消毒液浸したキッチンペーパーを汚れたところに敷き詰め、
娘が着ていた服も消毒液に放り込み、
その後こたつ布団を片付けていたら、PC用の
椅子に座らせていた娘がまた泣いて、ほどなくまた吐き、
椅子の上から足の部分までゲロがどろ~っと伝っていくorz

それも消毒液を振りかけまくってなんとか片付け、
娘のそばにようやく吐瀉物受け止め用の鍋を用意し、
なんやかんややっているうちにもう暗くなってくると言う。
夫には消毒液に一時間漬け込んで重くなりすぎた
こたつ布団と衣類をコインランドリーに持って行ってもらい、
ついでにゼリーなどを買ってきてもらって、わたしはそのあいだも
吐いた娘をフォローするという感じでしたorz

娘が吐いた中でなにが大変だったかと言えば
片付けよりも吐いたことでショックを受けて大泣きする
娘のフォローと、なぜか姉が苦しんでいる姿や
広がったゲロの海を見て喜んで突っ込んでこようとする
○市を抑えることが大変でしたね(白目
わたしゲロの匂い嗅いだだけで死にそうになっているのに
なぜか息子はけろっとした顔で、そのときおやつに
出していたポテトとかも平気で食べているんですよ。
なんで……? って感じでしたが、え、平気なの?
この匂いの中ポテト食えるの? え? って感じで
我が息子ながらちょっと引いた……(滝汗

そろそろ寝ようか、と寝室に引き上げたあとも
やっぱり一回ゲロして、寝かしつけに苦労して。
寝たら寝たですごい咳するのでそのたびにまた
嘔吐かと身構えたりと気が気ではない感じでorz

それでも翌朝起きたらちょっとマシになった感じで、
布団から出ずにひとのスマホを勝手に引っ張り出して
youtube見ていたんですよね。なので平気かなと思ったら、
わたしが起きた瞬間に「また変な感じする……」って泣き出して。
こりゃまずいとまた鍋持って吐く待ちしていたんですが
吐くことはなく。その後もお腹の調子が悪いようで
何度かぐずぐず泣いたりもしましたが、夕方に
なる頃にはすっかり元気になって、おもちゃ広げて
おままごと始めたので、え、なに、もう回復したの?
と逆にびっくりしたのですが……(汗
その日は土曜日で実家に遊びに行く予定でしたが
キャンセルしたため、伸ばしっぱなしだった前髪を
切るために奮闘したりして一夜を過ごしましたとさ。

そして今日。娘はすっかり回復したようで
一日飛び跳ねておりましたが、なぜだか「そろそろ
寝るよ~」っていう時間になって「気持ち悪い……」とか
言いだし、寝付くまでとにかくリラックスさせようと
話を振ったりままごとの相手したりしたので母はもう
へとへとでありますorz おまけにすごい咳をしている
ものだからそのたびにびくっとしたりしてね。
咳止めのシールの薬を張り、足裏にヴェポラップを
塗ったおかげかわかりませんが、今は咳もなくすやすや寝ています。

ただ……

わたしのね、お腹の調子がね、どうにも
昨日あたりから悪いんですよ。昨日も寝入る前に
なぜだか腹痛が襲って、痛みが引いて、また痛くなって
痛みが引いて、を繰り返していたんですよね。陣痛かよ。
こうしてブログを書いている今もなぜだかお腹痛いんですよ。
今日は大を出すために三回くらいトイレに籠もったし、
今も大が出る気配ないのにお腹痛いし微妙に気持ち悪い。

これあれですかね? 移った感じ?
胃腸風邪移った感じですかね???(滝汗

手足口病をなんとか回避したと思っていたけど
まさかの胃腸風邪で移った感じですか。マジですか。
これからひどくなる感じですかね? 明日
○子は預かり保育を予定しているんですが。
下痢ピーとか嘔吐の爆弾を抱えながら幼稚園まで
送迎するのはなかなか大変かと思うのですが。
かといって幼稚園に行かずに家で遊ばせるのも
なかなか骨が折れますが。夫も明日から本格的に
仕事始めになりますしね。あ、お腹痛い、今痛い痛い……orz
き、気休めだろうけど正露丸飲んでおこう……orz

どのみち娘は明後日火曜日が始業式なので、
バス待ちのあいだにゲーゲーやらないことを
ただただ祈るのみであります。と言うか娘も
完治したのかな? どうなのかな? 今日も夜になって
ゆるめのうんちしていたしな……どうなのそれ……orz

という感じでまったく健康的に終わらなかった
年末年始でした。皆様もご自愛くださいませ……
[ 2019/01/07 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
無事に新年を迎えられてほっとしております。

2018年暮れは前半は紅白を見て、子供たちが
寝付いたところでガキ使を最初から見始めましたが、
割と息子が何度もぐずって起きたので、あやして
寝かして~を繰り返しているうちに、気づいたら
年が明けておりました。小さい子供がいるうちは
大人だけでだべりながらだらだらと新年を
迎えるのは難しいですよね。まぁ神社などで年越しして
一番に初詣に行く方や、早起きして初日の出を
見に行く方も多いとは思いますが。あとは
友達と遊びに行ったり、働いている方もいますよね。

わたしも大学生の四年間の年末年始は、市内の
そこそこ大きな神社で巫女さんバイトしていたので、
年末年始の一週間はむしろ稼ぎ時だとばかりに
せっせとお守りを売りさばいていた記憶があります。
そこの神社とても良心的で、お守りの値段が500円
区切りのものが多かったので計算もやりやすかったのが
数字嫌いの人間としては本当に助かったところです(なんの話だ


さて、2019年。今年はよい年にしたいというよりは
平穏な一年であって欲しいという気持ちが強いです。
去年はあまりに災害が多かったですからね。関東住まいの
わたしは被災することはありませんでしたが、台風やら
竜巻やらはどこへ住んでいても襲ってくるし、
地震もいつ起きるかわからないから、備えも必要だと
改めて思った次第です。来年はその備えが
備えだけで一年を終えればいいなと心から思う次第。

それと私的なことでは、わたし今年前厄を迎えるので、
なんか健康面とか変なこと起きなきゃいいなと思います。
初詣でそのことをお願いしようと思っていたのに、
実際に行ってみると「○市お賽銭投げるとこそこじゃない!」
「○子は無理に鐘鳴らそうとしなくていいから、
重たいから一人じゃ無理でしょ」「○市まだ行かないで!
まだママお願い事していないから!」って感じで
とてもじゃないけどなにか祈れたもんじゃない(=_=)
混み合わない時間に行ったにもかかわらず、うしろにひとが
並ぶとさっさとどかなきゃという思いに駆られて、
本当に二礼二拍手一礼するだけで願い事とか
言っている暇もなかったよね。なにしに初詣行ったんだかorz
遅い時間に行ったせいかお守り買ったらすぐに札場も
しまっちゃっておみくじ引くことができなかった……orz
前厄でもなんとか生き延びられるか知りたかったのに(涙

朝と昼はだらだらともちやら雑煮やら筑前煮やらを
食べながら、夜は外に食べに行く生活を二日繰り返して
不摂生この上ないかもしれませんが、普段世話している
子供二人に加わりでっかい長男と化す夫の世話も
しなきゃいけないんだから外食くらい許して欲しいマジで。
それに朝昼の支度は普通にやっているし洗濯物や布団を
布団干すのも混むのもたたむのもわたしやっているからね。
夫は子供たちから手足口病を移されたこともあり
ごろごろしているからね。遊びに行けなくて残念とか
行っているしね。家族じゃなくて一人に遊びに行くってことね。
わたしがむしろ遊びに行ってやりたいわ。行こう(唐突に決定

昨日は録画したガキ使や紅白をだらだら見て、
今日は箱根駅伝の往路をだらだら見て過ごしております。
箱根駅伝、今年も母校國學院大學を応援していますが、
まさか往路三位という好成績を収めるとはとても
考えていませんでした。いつもシードを狙うと言いつつ、
そもそもたすきが繋がらなくて繰り上げスタート、
というのが通例だったので、まさかこれほど順位を上げて
折り返しとは……ともはや驚きで声がない。
復路もこの順位でシードを狙って欲しいと思いつつ、
なにが起きるかわからないのが箱根駅伝なので、怪我なく
たすきをつなげてもらえればそれで本望なOBです。
そして往路優勝は去年に続き東洋大学。
去年は復路で青学が独走状態になって再び
二位でしたが、そんな結果を続けてきた反動かな、
青学をなんとか倒したいという学生がたくさん
入ってきたのが今年なんじゃないかな、という感じが
なんか個人的にするんですが、おかげでみんなすごく
早いし、すごく充実した走りを見せているので、
明日の復路、本当に期待しております。妥当青学!
そろそろ東洋大は優勝を飾ってもいい頃よマジで。

手足口病があろうとなかろうと、特にどこかへ行く予定も
なく過ごす感じでしたが、今年の正月唯一のレジャーとして
明日はとりあえずイオンに行こうと思います。
この時期のイオンってもはやレジャー施設よね?
駐車場は止められないし入ったら入ったでひとだらけだし
福引きやってたりショーやってたりフードコートは
戦場だったり。そんな感じだもん、レジャーよあそこは(=_=)
無事に生還することを目指す感じの脱出ゲームなのよ……
本当は映画とか見に行きたい気持ちはあるんだけどねorz


なにはともあれ今年もよろしくお願いいたします。
去年は特に下半期はあまりに忙しすぎて、週一は
更新すると行っていたブログもまったく手つかずに
なってしまっていたので、今年は頑張りたいと思います。
Twitterのほうが呟きまくっているので近況を
見るにはいいかもしれませんが。たいていどうでもいい
あほなことばかり呟いているのでお目汚しですがorz

仕事に家庭に育児に、いろいろそれなりに頑張ります。
[ 2019/01/02 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

年の瀬のご挨拶

さて、2018年もあと数時間です。
今年はどんな年だったでしょうか? 今年の漢字である
「災」が示すように、とにかく災害の多い一年だったと思います。

始まりはやっぱり六月ですかね? 大阪での地震が起きて、
倒れてきたブロック塀に小学生の女の子が潰されて
亡くなったニュースは本当に衝撃的でした。
この事件を受け全国のブロック塀を調査しろー! なんて
やっているうち、今度は西日本豪雨によって多くの方が亡くなり、
未だ行方不明の方もいらっしゃるという災害が起きました。
そしてようやく水が引いたと思ったら、今度は災害級の
猛暑……猛暑を通り越してもはや酷暑、極暑、なんて表現も
出てきましたね。熱中症でも多くの方が亡くなりました。
そして夏を越えようやく落ち着いたかと思ったら、
今度は北海道での地震。こちらでもひどい土砂崩れの映像が
繰り返し報道されて、これから冬がくるのに……と
歯がゆく思ったのも記憶に新しいです。
台風もきまくりましたしね……こちらでも西日本に
すごい被害が出て。ぶっちゃけ今年は西日本全体が
厄年だったと思わざるを得ないです……

災害で亡くなったひとも多かったけれど、
著名人で亡くなられる方も本当に多かった。
年の初めに星野仙一監督が亡くなられて、
それだけでももうがーんとショックだったのに、
大杉漣さんが亡くなったあたりでもう
これ以上誰も死なないでと思っていたのに
高畑勲監督が亡くなって、西城秀樹さん、
歌丸師匠、が亡くなったあたりでもう感覚が
麻痺してきて、それまですごく悲しかったのに、
さくらももこさんの名前を聞いたあたりではもう
悲しみ通り越して乾いた笑いが浮かぶほど。
で、朝丘雪路さんの後を追うように津川雅彦さんも
亡くなって、声優さんの中でも麻生さんや
石塚さんや、つい最近でも藤田さんが亡くなって、
もぅ、もぅ……って感じです。樹木希林さんの
訃報を聞いたときはむしろ「ああ、亡くなったのか」と
逆にしみじみしたのですが。全身がんと宣告されてから
ここまで、本当に頑張ってこられたんだな、と……。

国内だけでもこれだけ悲しい死がたくさんあったのですが、
わたしが訃報を聞いてガチ泣きしたのは、
フィギュアスケート選手のデニス・テンでした。
何気なくTwitter見ていたら村上佳菜子ちゃんの
悲痛な呟きがあって、なにがあったんだろうと
調べてすぐに彼が暴漢に刺されて死亡したという
とんでもないニュースに行き当たり「えっ……」って
絶句して、一分後くらいから涙が止まらなくなって。
今年のGPシリーズにも登録されていたし、ピョンチャン
オリンピックでは彼の実力が発揮できず、
まさかのフリーに進めないという結果でしたが、
まだまだ若い選手、振付師としてもコーチとしても、
カザフスタンの英雄として長く活躍するはずの
偉人だったのに、どうして……と、悲しくてたまらなかった。
こうして書いている最中ですら涙が出てくる。
もっともっと彼の演技を見たかったのに――


一方で、命が輝く瞬間もすごくあったなぁって。
特にスポーツは明暗がはっきり分かれたように思います。
ピョンチャンオリンピックでの日本勢での活躍、
ワールドカップでの本戦出場、夏の甲子園の金農旋風、
いずれも始まる前はなんとなく盛り上がらない雰囲気が
すごかったのに(甲子園なんて熱中症の心配ありすぎて
なんでこんなクソ暑い中やるんだなんて批判もいっぱいあったのに)
いざ蓋を開ければなんとやらですよ。個人的にはやはり
羽生結弦選手の二連覇、そして宇野昌磨選手の
銀メダルが印象的でした。羽生君が二連覇するのは
なんとなく予想できていたのですが、昌磨君が
表彰台に上がるのは実は考えていませんでした……
入賞で止まるだろうと……羽生君の心配をしすぎて
いたからノーマックだったのかもしれませんが……
個人的には男子モーグルで銅メダルを取った原大智選手も
印象的でした。こぶを滑っていくときめちゃくちゃ
早いのにびっくりしてしまって。スノボの平野歩夢君も
二大会連続の銀メダル。でもあれは絶対金の演技だったよなぁ、
ショーン・ホワイトめぇぇ……、という気持ちが未だ抜けない。
スピードスケート、そして流行語大賞「そだねー」も受賞した
カーリング女子の銅メダルも印象的でした。
ジャンプの高梨沙羅ちゃんも銅メダル本当におめでとう。

ワールドカップも半端ねぇ盛り上がりだったし、
アジアカップも池井選手がメダルじゃんじゃん獲得していて
本当にびっくりしました。まだまだ若いのに……

そしてなんと言っても夏の甲子園。記念すべき100回大会で、
決勝でまさかの県立農業高校が、ラスボス大阪桐蔭に挑む
という図式で、本当におもしろかったです。
吉田君がもう顔真っ赤になってつらそうにしているのが
本当につらそうで……夏の暑さに負けない熱戦だったと思います。

年末はフィギュアスケートで高橋大輔選手が
五年ぶり二位という記録を打ち立て、
結果以上にとても楽しそうに饒舌にインタビューに
答える姿が印象的でした。アスリート魂を
燃やしたからこそのあの笑顔かと思うと胸熱すぎて……!
来シーズンもまた高橋選手を追いかけたいと思います。

一方でスポーツ界は不祥事だったりパワハラだったり
いろいろあった年でしたね……各界とかはいつ
落ち着くのかな……稀勢の里も初場所は本当に
頑張って欲しい。このまま引退する彼を見たくはない。
アメフトの日大の選手が復帰できたのは
本当によかったと思う出来事でしたが。


私生活においては、とにかく2018年は「働いた!」と
言い切れる一年だったと思います。おととしは「鬱」
去年は「病」と続いていたわたしの今年の漢字一文字は、
2018年は「忙」の一言に尽きました。とにかく常に
なにかしらの仕事を抱えて忙しくさせていただきました。
本当にありがたいことです。来年もすでにいくつかの
お仕事が決まっているので、精進していきたいと思います!

娘○子も年少さんが終わった時点でも、まだ幼稚園の
朝の日課で気分でやったりやらなかったりらしかったのですが、
年中さんになって上手いこと新たな担任の先生が
誘導してくださったのか、今ではずいぶん周りの子と馴染んで、
授業参観でも泣き出すこともわたしにひっつくこともなく
それなりにやっております。運動会も発表会も泣くことなく
頑張っている姿を見られて本当に嬉しかったです。
逆に息子○市のほうは、仕事にかまけてまったく構ってやれず、
本人が一人遊びが好きなこともあり放置する時間が長かった。
もっといろいろ連れ出して遊ばせてあげなきゃ
いけなかったのにと思うと、この一点は本当に反省です。
でも、これで育児と家事まで完璧にこなしていたら、
とてもじゃないけどこれだけの仕事をこなすことはできなかった。
息子も四月から幼稚園です。正直、わたしはこれまでの
育児経験で、自分はあんまり母親に向いていない人間だな、
と思うことの方が圧倒的に多いので、早く入園して
幼稚園で楽しく過ごして欲しいと心から思う次第です……orz

夫も下半期はあまりに忙しすぎて、10月と11月は
月の休みが二日あるかないかという状態でした。
わたしは完全にワンオペしつつ完全に終わりが見えない
原稿を抱えてだったので、後半はしんどかった。
まだまだ夫は忙しいし、わたしも12月こそちょっと
お休みしていましたが、正月明けたらバリバリやらないと。

そういえば去年の今頃2018年の目標を
立ててみたいのですが、どれだけ実行されたかと言えば。

①ほぼ日手帳カズンを買ったので空白がないように書く!→五月で終わった
②仕事をもっといっぱいしたい!→これは達成
③ブログは週一回は更新しよう!→下半期マジ無理だった
④本を読んだらファンレター送ろうぜ!→上半期わりと頑張った
⑤『呪われ姫』改訂版今年こそ書き終わらそう!→手つかずすぎたorz
⑥今年はTL以外も書きたい気持ちがあったりするけど無理せずに→無理だった
⑦『楽園にて~』終わらせたいな……→無理だった
⑧節約!!!!!!!→むしろめちゃくちゃ散在
⑨運動!!!!!!!(つーかダイエット→なにそれ美味しいの?

ということで②の仕事以外マジ無理でしたあははははh
これらの反省を生かして来年2019年の目標は。

①去年の反省を生かして今年は各スペースが小さな
 手帳を買ったのでそれを頑張って活用しよう
②なにかしらの公募に応募したい
③ブログ週一回更新
④『楽園にて~』完結
⑤『呪われ姫』多少手をつけたい
⑥家計簿こまめにつけてレシート溜め込まない

さ、一年後どういう結果になっているか見物ですね(白目


長々と失礼いたしました。
では、皆様どうぞよいお年を。
来年も佐倉紫をよろしくお願いいたします。
[ 2018/12/31 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

こんだけ忙しけりゃ師も走らざるを得ないよね

気づけば2018年もあと30時間くらいになっている気がする。
マジでか~という気持ちでいっぱいの年の瀬です。
皆様、大掃除や年賀状などバタバタしていらっしゃる
頃でしょうか? そんなものとうに終えて優雅に
過ごしていらっしゃる頃でしょうか? とはいえ
日本海側はものすごい寒波の影響でかなり雪が
ひどいようなので心配しております。雪かきって
本当に休む暇ないですよね……一日中やっていても
終わらないとか……わたし絶対に雪国には住めない、
と心底思います。そもそも寒いのがマジで駄目。
暑いのも駄目。かといって暖かくなると花粉で駄目。
結局どの季節もわたしには適応しないこの悲しみ。

我が家に関して言えばのんびりしていると思いますが。
娘は25日のクリスマスに無事に終業式を迎えましたが、
その後は28日の金曜日まで幼稚園の預かり保育で
午前中のみ幼稚園に行かせておりました。早寝早起きの
習慣を保つにはやはり園に行くのが一番手っ取り早い。
教育認定(一号認定とも言います。幼稚園枠の子)の子は
預かり保育の料金がかかっちゃいますが、午前中だけなら
割安なので、ひとまず午前中だけ行かせよう、と思って
通わせていましたが、ほかにもそういう園児がいるかと思いきや
うちの娘だけがお昼ご飯を食べずに帰ってくる感じに
なっちゃってて、逆に悲しい思いをさせているのではないかと
ちょっと反省した母でした……春休みはがっつり預けよう(おい

金曜の夜に娘が膝が痛いと言い出して、見てみたら
なぜか膝のあたりに発疹ができていて、なんじゃこりゃああ、と。
なぜに年末にこんな妙な発疹ができるんじゃい、と思いながら
Twitterに呟いたら、手足口病じゃね? と言われ、
いやいやあれって夏にプールで移る奴じゃん?
去年の夏に娘がまさにプールの季節に手足口病に
なっていたから佐倉ママもう知っているし、ふふんw
と思ったのですが、手足口病とググって調べてみると
まさに膝、足の裏、手のひらに発疹が出て口内炎も
できる、ということで、そういえば娘二日くらい前から
舌にできものできていて痛いって言っていたな……
「○子ちゃん、手を見せて」めっちゃ発疹あるわ。
「ついでに足も見せて」足の裏どころか側面にもあるわ。
「これ絶対に手足口病ー!!」って感じで自己診断しました(=_=)

手足口病は特に薬がなく勝手に治る病気なんですが
(が、大人に移ると重症化し、口から喉まで口内炎びっしり、
高熱が出て発疹はかゆいしもの食べられなくて脱水症状)
わかっていてもやっぱり専門家に見せてきちんと
手足口病だという診断が欲しい……ということで、
かかりつけ小児科へ土曜日の十時頃に向かいました。
土曜日だし年末だしやっているかもわからなかったので、
もしやっていなくてもそのまま別のお店に行ける時間帯に
行ったのですが、診察受付しておりました。しかも
めちゃくちゃ混み合っておりました(当然だわな
予防接種が半分、もう半分が通常の診察という感じでしたかね。
回転が速いところだし注射のひとも多かったので
30分くらいで見てもらえました。「今日はどうしましたか?」
「膝のあたりに発疹ができちゃってて……」
「なるほど、肌荒れかなぁ?」「実は足の裏とか
手にもできていまして」「あー、それ手足口病だわ」
診断わずか20秒で終わりました。ちゃんちゃん♪
「喉のほうにはできていないかな。ベロにあるんだ。
しばらくは痛いかもだけど、もうここまできていれば
感染の心配ないし、お薬も必要ありません。お大事に~」
で診察終了。わかっていた結果とは言えやはりきちんと
診断名が出るとほっとしますね。もう感染の
心配はないとのことですが、年内はあんまり外出しない
ほうがいいかな、と思いました。と言いつつ、その足で
子供二人連れてスーパーに行ったわけですけどね。

夫が仕事納めで忘年会もあると言うことだったので、
お昼ご飯と晩ご飯も買っちゃおうということで、
普通に食料品を買い込みに行きました。
ですがやはり年の瀬ですね。普段は一人で買い物に来ているであろう
マダムたちも旦那様を伴って買い物に来ているわけですよ。
おかげでまぁすごい人混みで。そんな中うちの子たちは
フリーダムに走り回るし迷子になるしで、ガチで息子の
名前を呼びながらその辺を探し回りましたよわたしはorz
ようやく見つけ出してもやれおんぶしろやれジュースを買え
やれアイスを買えやれ菓子パンを買わせろとまぁぁうるさいこと。
レジも並んでいるから待っているあいだにその辺に
寝そべったりレジ前のお菓子を取ろうとしたり
なんならレジ台をくぐり抜けてレジの中に入ろうとするしで
気が気じゃないし、お会計終わったら終わったでサッカー台の
周りで息子は寝そべる転がる重なったかごの中に入ろうとする、
ようやく袋詰めが終わったら速攻で外へ飛び出そうとする、
車がいっぱいの駐車場を駆け出そうとするで、わたしはひたすら
「危ない先に行くな!」「そんなところで寝そべらない!」
「きちんと立つ!」「乗らない!」「押さない!」「喧嘩しない!!」と
ひたすらぶち切れている状態でしたよ……あーあ、周りを
見渡せばほとんどが家族連れできているというのに、なんで
わたしは一人でそこそこ聞き分けいいけどたまに暴走する五歳と
言うこと聞きやしねぇ三歳を連れて買い物袋三個にも渡る
荷物におむつまで背負って買い物しなきゃいけないんだ、と
遠い目になりましたもの。帰ってきたあとはもうやる気も
くそもなくだら~っとしておりました。おやつに買った
焼き芋が美味しかったorz 夫も忘年会と言いつつ
七時には終わったので、子供たちのお風呂は任せちゃいました。

そして今日。規則正しい生活を心がけたい年末年始、
きちんと八時台に起きたわたしは(遅いという突っ込みはいらない)
休みの日にしてはめずらしくきちんとベーコンエッグを焼き
味噌汁を作り納豆をかき混ぜてから夫を起こし(子供たちは
勝手に一緒に起きてきた)片付けする流れであれやこれや
家事やろうとしたら、夫が大掃除をやるものだと思ってくれて、
前からお願いしていた包丁研ぎやら風呂場の天井とか黒カビの
掃除やらをしてくれて、ついでに手が届かないところの拭き掃除
(電気の傘とか、窓の高いところとか、エアコンとか)を
やってくれました。こたつが壊れちゃったのでずっと
しまいっぱなしだったホットカーペットを出して敷いたりして、
寝室と居間と廊下と階段と玄関は綺麗にしましたよ。
まだリビングと脱衣所とトイレは手つかずだし、冷蔵庫とか
台所の棚や引き出しの中なんかはひどい有様ですが、
この辺は気が向いたときにやりますわ……(やらないフラグ

ちょうど夫がテレビを拭き掃除していたとき、
間違って電源ボタンにふれちゃって、テレビが
移った瞬間に過去のガキ使の特集をしていたため、
夫はそのままこたつに入ってテレビ視聴。わたしは
ひとまず集めて寝室に放置していた子供たちのおもちゃを
箱ごとに選別し(娘のおままごと用、ブロック、積み木、
みたいな感じで箱分けしてた)その後は休む間もなく
お昼ご飯に味噌ラーメン作って冷凍チャーハンをチンして、
まだ足りない夫のためにピザトーストまで焼いて、気づいたら
もう二時半とかでした。ようやく座ったら今度は娘が
「一緒に遊んでえええええ!」と。もう勘弁してくれorz
という年末の日曜日の一コマでした。今は娘が定期的に
遊んで~と行ってくるのを交わしながら、おかいつの
録画を見せつつこうしてPCの前に陣取っている最中です。
晩ご飯はどっかに食べ行こうと思います。もう疲れたorz

まぁこんな感じで昨日と今日です。明日にはもう
大晦日なんて信じられない(=_=) 一年が終わるの早すぎる。
でもまぁ今年はいろいろあったから、新しい年になって
少しは明るくなればいいなという希望もたくさんです。

年の瀬の挨拶はまた明日にでもさせていただきますね。
[ 2018/12/30 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)