ベリー・ウィッシュな日々

佐倉紫のつれづれなる日記
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

二月の総括

あっという間に二月が終わってしまう……(遠い目
いったい二月のわたしはなにをしていたんだろう、と
振り返ってみて、なかなか怒濤の日々だったな、と
いうことに気づき今更ながらガタブルしてきたorz

一月の末にそれまで取りかかっていた原稿が
書き上がり、やったぜ脱稿~w と安心した途端、
二月初日に娘が熱を出して幼稚園を早退。
翌日が雪の予報だったので、そのまま小児科へ
駆け込んで検査したら、見事にインフルA型。
それまでも熱があっても元気にしていた娘は、
検査のために鼻に例のアレ突っ込まれて
大泣きしてから一気に機嫌と気分が悪くなり、
帰ってきてからずっと大泣き、咳き込み、その拍子に
何度も嘔吐してこたつ布団を死亡させ、
なぜか隣で息子もズボンを脱いでおしっこをする
というわけのわからない行動を起こしてくれたおかげで、
次の日が雪で絶対に乾かないとわかっている
こたつ布団をなんとか洗って浴室乾燥機頼みで
広げて乾かし(と言っても翌日になっても乾かなかった)、
それからは息子と自分に移らないよう徹底的に
消毒の日々……まぁ予防できる自分と違い
無防備にしている息子はあっさり二日違いで
インフルにかかり、その後も「自分は絶対に移らない!」と
決意して、子供たちがさわったものはもれなく消毒、
嫌がる薬をなんとかして飲ませる、五分ごとに手洗い、
結果ひどい手荒れに悩まされたりしていたら、
子供たちが回復する頃になって疲れで倒れましたorz

なんとか回復したあとは細々した仕事の
〆切に終われ、それが終わったらオリンピックと
艦これのイベントが始まり、そっちにかかりきり。

もうオリンピックはたくさんの感動をいただきまして、
連日感涙の嵐。なんと言っても一番は
羽生結弦選手の復活のSPでした。
自分としてはちょっとミスがあったFSより
「羽生結弦ここにあり」を印象づけた
SPのほうが心に残っております。
演技が終わったあとポーズを決めたまま
しばらくジャッジのほうを見て、やがてふっと
力を抜いて微笑んで腕を軽く振ったあの瞬間が
一番心に残っています(マニアックな……

他に印象に残っているのは男子モーグルの原大智選手。
最初から最後まで笑顔で楽しい楽しいって言って
一番最後に滑って、銅メダルが決まった瞬間は
本当に嬉しかった。滑りもめっちゃ早かったですしね。

そしてスノボ男子ハーフパイプの平野歩夢選手。
あとあと金メダルだったショーン・ホワイトのグラブが
実はブーツグラブで、これを誤魔化すためにホワイトは
ガッツポーズを大きくやったんだ、なんて報道があり、
あららなんかもったいないなぁ……なんて思いましたが、
二番目の滑走での点数だったから、運がなかった、
という感じ。本人がずっとクールだったのがすごいなぁと。

小平奈緒選手のスピードスケート女子500mも
印象的でした。「獣のような」とインタビュアーが
言ったのを「女性に対してなんて表現を!」という
批判もありましたが、わたし自身はまさにそういう目をして
滑っていたなと思っておりました。カーブを曲がるときの
あの鋭い目線と食いしばった口元、捕食する気
ガンガンという強い意志が見えたから、獣のように、は
個人的には悪い表現じゃないと思っております。

最後の最後まで楽しませてくれたのはカーリング女子かなぁ。
「そだねー」が話題になっていましたが、最終戦の
三位決定戦ではあんまり聞かれず、それよりも
「ナイスーw」のほうがいっぱい聞いた印象です。
あの「ナイスーw」も可愛い言い方でしたよね。
難しい局面で、まさか相手がミスするとは思って
いなかったので、黄色のストーンが真ん中にくるっと
回ってとどまったときは本当にびっくりしました。
「あれ? 黄色が残ったってことは、つまり……?」
みたいな感じで、あ、日本が勝ったのか、と(笑

本当に最初から最後までたくさん楽しませていただきました。
選手の皆様、本当にお疲れ様でした。
今後は是非怪我に気をつけて、現在怪我している
選手は療養に励み、ゆっくり身体を休めていただきたいと思います。
メダル取った選手はなかなかそうはいかないとは思いますが……


そんな感動の涙を流しつつ、一方でわたしは
艦これの冬イベントに必死になっている体たらくorz
艦これとオリンピックのせいで寝不足になりすぎて
もれなく体調まで崩しているのはアホかと我ながら
思います。本当にorz でもやる(おい

三月はもうちょっと健康的に過ごしたいなと思いますが、
すでに花粉が猛威を振るっていて、わたしの目はすでに
掻きすぎて痛くて目の周りが傷になっている有様です。
毎年のこととはいえどうにかなんないかね、これorz

皆様もお気をつけて~ノシ
スポンサーサイト
【 2018/02/27 (Tue) 】 雑記 | TB(0) | CM(0)

オリンピックですね~

inma.jpg
『淫魔なわたしを愛してください!』
アルファポリス社〈ノーチェブックス〉

出荷日から早十日が経過いたしました。
純情淫魔ちゃんとむっつりな魔術医師との
エロエロな日常ほのぼの系作品(なのか?)

公式サイトでは試し読みもできますし、
レンタルも始まっております。
またアンケートに答えると番外編を
読むことも出来ますので、是非お立ち寄りください♪
公式サイトはこちらから→淫魔なわたしを愛してください!

***

オリンピックが始まって早一週間が
経過いたしましたw 本日はなんと言っても
フィギュアスケート男子SPが注目でしたね。
約三ヶ月ぶりの公式戦となった羽生結弦選手が
まさかの完全復活でSP一位(111点)だなんて
現実は小説より奇なりを地で行っているから恐ろしい。

羽生君だけじゃなく、もちろん宇野昌磨選手も
注目でしたが、やはり上位四人に入った
選手たちの演技は圧巻でした。
完璧すぎる演技でプーさんの雨に降られた羽生結弦。
オリンピックの重圧なんのそので演じきった宇野昌磨。
チャップリンの世界観を踊りきったハビエル・フェルナンデス。
最終滑走でありながらバシッと決めた金博洋。
みんな完璧すぎて怖いくらいだったけども。
ネイサン・チェン、コリヤダ、Pチャン、このあたりの
選手が転んでしまったのは惜しかったけれど、
六位以下は80点台がひしめく混戦模様なので、
どの選手もFSでがっつり決めて悔いなくこの地を
去れればいいのにと願ってやみませんね。

これまでリアルタイムで見た競技は数あれど、
メダルを獲得した競技でと言えば、
男子モーグルの原大智君の銅メダルと、
スノボ男子ハーフパイプ平野歩夢君の銀と、
同じ日に高梨沙羅ちゃんが銅取ったけど
そっちは寝ちゃっていて翌朝結果を知り、
高木美保ちゃんの銀メダルを知り、
銅メダルと小平奈緒ちゃんの銀メダルは
リアルタイムで応援して、という感じで
割とリアルタイムで見られているのが
嬉しいところです。でも平日の昼間にやる
競技が多いから、なかなかお勤めに出ていたり
学生さんだとリアルタイム視聴は難しいから
割とこの時間にやるのも善し悪しですよね。

かといってフィギュアスケートのように
朝やるなんてありえねーって競技もあれば
スキージャンプのようにこんな風強い
寒い夜にやるとか殺す気かーみたいな
競技もあるから、一概に時間がどうのこうのという
レベルでもない気がしますが。

でも対岸の火事ってわけでもないですよね。
寒さでそうそうひとが死ぬことはないだろうけど、
暑さでは割とあっさり倒れる。二年後の東京は
灼熱地獄ですから、選手の無事という点では
むしろ二年後のほうが急務だと思うのですよ……

今日は夜にスキージャンプ男子のラージヒルもあり、
無事に日本人選手全員が予選通過したので、
また明日の結果を待ちたいと思います。

明日は午前中に羽生善治竜王と
藤井聡太五段の大局があり、
午後に羽生君のフリーがあり、な感じで
なんかTwitterも盛り上がっていて
面白かったですが(笑 明日の競技も
みんな頑張ってほしいものです。
わたしは午後からTwitterに張りつく予定。
一応見ている競技はTwitterにて
めちゃくちゃ呟き実況しております。
ド素人がただ「すごーい、たーのしーw」と
言っているだけの実況ですが。

お目汚し失礼いたしておりますorz
【 2018/02/16 (Fri) 】 雑記 | TB(0) | CM(0)

大寒波やら体調不良やら誕生日やら

ようやく原稿から脱出した佐倉ですorz
ついさっき原稿を担当様にメールして
ようやくほっとしたところです。
こんな時間になっちゃったよ……orz

もう一週間前になりますが、雪が降った翌日は
からっと晴れてしかも気温も10度以上まで上がって
割とあったかかったのですが、その翌日、
翌々日は何十年に一度規模のでっかい
大寒波が訪れたせいでめっちゃ寒くて、
日陰の雪は一週間経った今でも
まだ溶けていないという恐ろしい事態です(滝汗
しかも昨日は夜中に雨が降ったようで、
朝園バスに娘を送り届けるときに外に出たら
道路が霜が降りたみたいに凍って
つるつる滑ると言うね。なにこれ雪降らなくても
雨でもめっちゃ危険なことになるじゃん、というのを
体感して本当にびっくりした次第です。はい。

さて、一月はなんだかんだと寒さと病気が
蔓延している我が家だった気がします。

夫は年末に左足首をヒビ一歩手前の捻挫、
さらには顔面から転んで唇を六針縫う大けが、
これによりお正月はどこへも行けずほぼ家で過ごし。
新学期が始まってからはさっそく○子が
風邪を拾ってきたらしくて、おそらく○市は
それが移って重症化して40度の熱orz
突発性発疹以来の高熱に佐倉大慌て。
そしてその風邪が今度はわたしに移ったらしく
わたしも扁桃腺が腫れて大変な状態。
熱が出る前に医者に行って薬をもらうハメに。
そして息子とわたしが咳だけ残して
なんとか回復したと思った今日、今度は
夫が風邪引いたらしく喉をやられて
龍角散飴を舐めまくってしのいでいる状態です……。

折にふれて体調が悪い、他人にはお身体を大切に、
と言っていますが実態はこんな感じよね、はいorz
Twitterをしていてもフォロワー様たちも
インフルにかかったり、そうじゃなくても風邪引いて
しんどそうだったり、家族が風邪引いて
大変なことになっていたりと、割とこの一月は
体調不良でみんな大変だったイメージです。
お互いお身体に気をつけてと言いつつ
なんやかんや身体壊しているなぁ、と(汗


そして昨日30日はわたくし誕生日でした。
頭は中二病から成長しないまま、
身体だけ30代になった感じです(遠い目
思い返せば20代は色々ありました。
誰にとっても20代って色々ある十年だと思いますが。

わたしもまた二十歳で成人を迎えて、
22歳で大学を卒業して新卒で就職して、
そのあいだに父方の祖母が亡くなり
東日本大震災が起きて、夫と同棲を始めて。
時間外サービス労働の多さと
離職率の高さと会社自体が傾きそうな
予感を感じて仕事を辞める決意をして。
仕事をやり過ぎて、あまりに書けなかったぶんを
取り戻すために小説を必死に書いて、Webに上げて、
なんとかしてデビューしようと模索して、
妊娠して、結婚して、出産して、デビューして。
また妊娠して、出産して。産後鬱ばりの
ノイローゼ発症し支援センターに逃げ込んで。
なんとかしのいで、書いて、しのいで、書いて、
夫が会社辞めることになり、再就職して、
娘が幼稚園に入園して、少し息がつけて、
書いて、書いて、書いて、――今ここ。

人生がひっくり返るほど幸せな出来事が何度もあったけど、
それらをすべて投げ出したいほどしんどい時間も
割と長かった20代でした。新卒で入った仕事も
最初はわりかし会社自体も景気よかったのですが、
どんどんどんどん業績が落ちて縮小の動きが出てきて、
現場は変わらず大変なのに人件費割いたりで
一人の負担が大きくなり、わたしもサービス残業を
毎日五時間は当たり前にやっていました。
一日立ち仕事でふらふらな上にさらに上司に
無理難題ふっかけられたりして、なにをするにも
時間が足りなくて頭ぐるぐるする中で、
お店のリニューアルも頑張ろうとしたけど、
不発に終わって、一気に嫌になっちゃって。
体調もわりかし駄目駄目になっちゃったし、
なにより小説を書く時間がまったくないことが
あまりにストレス過ぎて、離職を決断しました。

仕事でそんな感じでボロボロになった経緯があるので、
それ以上につらいことなんてないと思っていたけど、
育児はそれを楽々越えるほど本当につらいですね。
今でもそうです。ストレスを感じない日はありません。
子供は死ぬほど可愛くて子供のために死ねると
思えるくらいなんだけど、子育ては死ぬほどつらくて
子育てが原因で今日にでも死にそう、と思うほどです。
特に生理前のPMS期間はイライラしているか
鬱っているかのどちらかでしかありません。
割とこのPMSが厄介で、一ヶ月のあいだで
まともに元気と言えるのは生理が終わってから
一週間くらいしかなかったりするのですが。
それ以外は基本的にずっと心か身体が不調です。
場合によっては両方駄目になっております。
これもまた別記事で書けたらなぁと思うのですが……。

とにかく20代はこんな感じで怒濤の日々でした。
でも、なんだかんだとやりたいことは全部かなえました。
優しくて子供が好きなひとと結婚して、
できれば子供は二人、さらにできれば一姫二太郎で、
二十代のうちに二人とも産む、というのは
中学生の頃にはもう持っていた将来設計で、
それを25歳と28歳のときにかなえております。
また中学生の頃もう一つの夢と言えば、作家になること。
その頃は今のようにTLジャンルが活発ではなく、
少女向きのラノベ――コバルトやホワイトハートの
老舗に加え、ビーンズ、ルルル、ビーズログなどが
次々に出てきた時代だったので、少女小説書きとして
デビューすることを夢見ておりました。
高校生から大学生まではとにかく片っ端から
新人賞に応募しては全滅する感じで、
大学卒業までにデビューすることを目標にしていましたが、
あと一歩で届かずに夢が潰え、もう大人なんだから
小説は趣味程度にしてきちんと自立しなきゃ、と
就職したけど結局上記の理由でやめちゃって。
また夢を追いかけるために必死になって、
なんとかデビューまで漕ぎつくことができました。
中学生の頃は小説で食べていくことを
夢見ていましたが、まぁそれができるのは
本当に一部の方々なので、今は子供たちの教育費を
稼ぐという感覚で日々頑張っております。

なにより結婚した夫はとても優しく、
子供たちのことも大好きで、面白くて頼れるひとでした。
ここまでの30年を振り返って、もっとも幸運な
出来事と言えば、やはり夫に出会えたことだと思います。
たまに夫がいなくなったら……とか本気で考えて
本気で号泣するレベルで必要すぎる。
本人に話したらドン引きされそうだから言えませんが。

とにかく、これまでの人生をたどった上に
さらなる人生があるので、これまでを下地に
また新たな10年を築いて行ければと思っております。

***

それと来月刊行の新刊の予告です。
『淫魔なわたしを愛してください!』
アルファポリス社〈ノーチェブックス〉様より
2月6日に出荷予定となっております。
なのでその週の週末にはおそらく全国の
書店に置かれると思われますヘ(^o^)/
以下あらすじです。

大淫魔を母に持ちながら異性が大の苦手のイルミラ。
当然、淫魔の性であるエッチなどできるはずもなく、
姉たちには見放され、妹たちには馬鹿にされっぱなし。
しかも、このまま処女を捨てられなければ、
一年後にはこの世から消滅してしまう……!
悩んだ末、イルミラは異性への恐怖を抑えて脱処女するため、
人外専門の魔術医師・デュークに媚薬の処方を頼みに行く。
ところが彼は即座に媚薬の処方を却下し、
一人前の淫魔になれるよう自ら治療を買って出た。
昼も夜もなくデュークから教え込まれる快感と悦楽に、
イルミラは身も心も翻弄されてしまい……。

淫魔も蕩ける執愛が甘く淫らに大暴走!?
隠れ絶倫オオカミ×純情淫魔の特濃ラブ・ファンタジー!


――はい、という感じになっております。
アルファポリス様のサイトにて連載していた
作品の書籍化ということで、続きが気になる~という方は
是非是非書店に駆けつけていただければ!!(笑
イラストはcomura様に担当していただきました。
イルミラが本当に可愛くてキュンキュンしちゃいますよ♪

予約始まっているところもありますので
よろしくお願いいたしますー!!
honto】【オムニ7
【 2018/01/31 (Wed) 】 雑記 | TB(0) | CM(0)

大雪~

この頃は寒い日が続いておりますね。
冬だからまぁ当然なんですけど。
でも一月のこの時期に関東地方で
大雪になるのは割とめずらしいですよね。
センター試験あたりでちらつくことはあっても、
積もるほどに雪が降るということは
わたしが住んでいるあたりではほとんどないので。

ということで今日は雪の話題。
2014年2月以来の大雪が降るということで
テレビでも一昨日あたりからずっと
注意を呼びかけている感じでした。
四年前の二月の大雪はよく覚えております。
まさにバレンタインデーの14日に
すごく雪が降ったんですよ。
そしてその日はわたしのデビュー作である
『シンデレラ・マリアージュ』の出荷日……。
この雪じゃ書店にはまだ並んでいないだろうと
思いつつも、発売日に書店に並んでいるのを
この目で見たいぃいいいいという欲求が
つもりに積もって大変だった記憶があります。
とはいえ雪の中普通タイヤしか履いていない車で
生後二ヶ月の娘を乗せて本屋に行けるかって
言ったらまぁ無理なのであきらめましたがorz
そのときの記事はこちらです。
ちょうどそのときにソチの
フィギュアスケート個人をやっていたんですね。
ただでさえ寒い中、しかも当時住んでいたところは
隣の部屋の住人がちょっと癖のある方々で
大変だったので、あんまり思い出したくない時期です。

でも今回の雪は一日だけだから
そんなに大変でもないのかな?
昨日の午後から夜中まで降り続いて、
朝はすっかりいいお天気になって
今の時点で日向の雪はみんな
解けちゃいましたし。四年前は
割と長く降り続いて、最終的に
うちの夫がやらかした感じもありましたしね。
詳細はこちら。今年はこうならないように……

昨日からこんな状態なので、昨日の夜には
幼稚園から明日は自由登園という連絡がきました。
自由登園なのできたければきてもいいし、
急な決定だから給食も出ます、ということだったけど、
朝は寒いし車は雪のせいで出せないし
かといって小さい子供二人を歩いて幼稚園まで
連れて行くとかそんな疲れることしたくねぇ、
ということで、昨日のうちに欠席の連絡をして、
今日は日曜日よろしく子供たちは家でくつろいでいます。

わたしの車に積もった雪をどかすため
十時くらいに外に出て、子供たちが雪で遊ぶあいだ
わたしは車に積もった雪を下ろし、できるだけ
車の周りの雪をよけておりました。
一年に一回雪が積もるか積もらないかの
このあたりでは雪かき用のスコップとか
融雪剤みたいなものは常備していないので
(置いておく場所もないしね)、玄関掃除に
使う百均の箒と、おせんべいが入っていた
四角い缶の蓋部分を使って雪をのけるという
雪国の方から見たらさぞ滑稽な感じだったと思います。

とはいえ子供たちは雪にさわれて
面白かったようだし、雪だるま作ったりして
そこそこ楽しく過ごせたようでよかったです。

でもしばらく雪はいいわ~……
完全に解けた頃にもう一回降って、でも
翌日の太陽で全部溶けるくらいの
案配だったら降るのも許してあげるけどね(超上から目線
【 2018/01/23 (Tue) 】 雑記 | TB(0) | CM(0)

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。佐倉紫です。
お正月三が日も今日でおしまいですね。
皆様ゆっくり過ごせていらっしゃるでしょうか?

小さな子供がいるママにとっては正月のような
長期休みは地獄の忙しさで、休むどころか
仕事量が普段の倍というという感じですかねorz
わたしは実家に帰ったりとか嫁業に励んだりする
ことがないので気楽にやっておりますが、
正月特番の傍らで子供たちの喧嘩をなだめたり、
足の捻挫と唇の怪我に加えて、風邪まで発症した
夫の世話をしたり、なにより五日必着で
編集部に再校を返さないと行けなかったりで、
フツーに育児と家事と仕事に追われている有様です。

再校も正月特番を見なければさくさく
終わるハズなんですけどね。やっぱり正月だから
だらだらしたい気持ちもあるというね。
駄目駄目具合が今年も加速してばかりで止まらない。

そして箱根駅伝は卒業校である
國學院大學を応援していたのですが、
順位としては総合十四位で、まぁいつもと同じか
ちょっといいかな、という感じなのですが、
襷が……繋がらなくて……(号泣
九区から十区、最後の襷を繋ぐ鶴見中継所で、
あと五秒足りずに繰り上げスタート……
毎年見られる光景とは言え、本当にあと十歩も
走れば届けられた距離で仲間がスタートしていく
後ろ姿を見ながらゴールするのは、どれだけ
悔しいかと思うと、もうね、涙が……(ToT)
まして我が國學院大學は数年前にも
まさに同じような経験をしておりまして、
あのときも鶴見中継所で、今回ほどではないけど
やはりあと十数メートルで届かなかったので、
関係者一同はきっと「またかああああああ」と
悪夢の再来に頭を抱えていたことと思います。
はい、抱えました。泣きましたorz
来年も是非出場してこの悔しさを晴らしていただきたいと
卒業生として強く願う所存であります……

そして優勝校は四年連続で青山学院大学。
このね、青学ってね、渋谷にあるんですがね。
國學院大學も渋谷にあるんですよ。
割と近いところに二つの大学ってあってね。
方やおしゃれで都会的な雰囲気で箱根も
こんな連勝している華やか素敵な青山学院大学、
に対し、方やこちらの國學院は地味で古風で
地味で地味で地味で……という感じなので、
なんかもう同じところに大学建っているのに
この違いはなに的なこの切なさが拭えないorz

いや、まぁ、とにかく青学おめでとうございます。

個人的には四連覇を達成した青学より、
三年連続二位となった東洋大学のメンバーが
全然嬉しくなさそうな死にそうな顔でアンカーが
ゴールするのを待っているシーンのほうが
心に刺さりましたがね。彼らはまたこの一年、
「次こそ青学をぶっ倒せ」と言われ続けるのかと思うと、
なんだか悲壮感が溢れて止まらないorz
彼らも相当早いんですけどねぇ……orz

はい、ということで新年の挨拶と言うよりは
単に箱根駅伝の感想という感じでしたが、
今年もこんな感じでgdgdやっていきます。
去年よりブログの更新を頻繁にできるように、
最低でも週に一回は更新できるように頑張りまする。

今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
【 2018/01/03 (Wed) 】 雑記 | TB(0) | CM(0)