TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年08月
ARCHIVE ≫ 2015年08月
      

≪ 前月 |  2015年08月  | 翌月 ≫

これが二人育児

数日前から実家から自宅へ戻ってきた佐倉です。
ということで日中はほぼひとりでふたり育児してますが、
今は旦那君が早番なので、特に苦労することなく
日々過ごせているかな~という感じであります。
やっぱりお風呂に入れてもらえるだけで
労力はずいぶん違いますよね。
一ヶ月検診もまだでわたし自身は湯船に入れないので、
お風呂自体もあんまり長く入っていられないので。
ここ数日は寒いから、シャワーだけだとちょっと寒いし。

日中はひとりですが、忙しいのは主に午前中ですかね。
旦那君を送り出して、それからはやっぱり朝食の片付けや
洗濯物があるので、それをやっているときに
○市が泣き出して授乳で手を止めちゃうと、
そこから一気にいろいろ崩れていくという感じで。
また午前中は○子の元気が有り余っているので、
とにかく騒ぐんですよね。奇声上げまくり。
そのせいでうるさくて○市が起きちゃって、
「寝られない~」と泣き出すので抱っこしておっぱいあげて。
それを見た○子が「わたしにも構って~」と泣き、
授乳が終わったら抱っこしろと要求し、
腰が痛いからいやだと拒絶しようものなら、
その場に倒れ込んで泣きわめき。
その声のうるささに耐えきれずに
また○市が起きて「寝られない~」と泣き出し
また抱っこしておっぱいあげて(ry

まぁ午前中はそれをだいたい五回くらい繰り返して、
気がつくとお昼になるのでわたしと○子は
買い置きのパンとかを食べ食べ。
とてもじゃないけど作るとか無理。
食べているあいだも○市泣いてるし。
なのでここ最近のお昼は片腕に
○市を抱いてもう片手で○子に食べさせる
スタイルが定着しつつあります。
なので食べるのもパンばっかりorz
お箸を使ったりするのは○市を抱っこしながらだと
こぼしまくっちゃうので難しいのです。

こんな状態なのでお昼が終わると
わたし自身がどっと疲れちゃって、
もう一時頃を目安に早々に居間に
お布団持ってきて自分が横になり、
「ほら、○子、お昼寝の時間よ~」と
強制的に○子を寝かしつけに入ります(白目
だいたいこのときわたしのほうが先に
寝落ちしていることが多いです。
○子も隣でブロックひっくり返して遊んでたりしますが、
気づくとちゃんと眠ってくれているので、
わたしはしめしめと寝床から這いだし
つかの間の自由を噛みしめるのです。
自由時間に行うのは仕事ですが。
けど○子が寝ているあいだにも○市が
起きておっぱいを求めだすので、
そういうときは仕事もできずに
悶々と授乳に励んでおります。
そしてわたしは不良ママなので、
そういうときは片腕で○市を抱きしめ
もう片手でネットサーフィンやら
スマホをいじっていたりします。
授乳のときはちゃんと赤ちゃんの目を見て
してあげなきゃだめよw とか言われますが、
ごめんなさい、それやってると
もれなく首がへし折れそうなほど痛くなるのよorz
そして自分が眠くなってきちゃうのよ。
実際夜中の授乳は意識朦朧としているので
おっぱい上げながら寝そうになって、
○市が腕からずるっと落ちそうになったことも
一回二回ではありません(遠い目

お昼寝が終わったあとも騒がしいですが、
平日は四時になればEテレが始まるので、
その後はテレビを見させながらわたしは
横に座って休憩です。このあいだに
夕食を作れればいいのですが、
まだママの側にいたい○子は、
ママが台所にいるとくっついてくるんですよね。
そうなると包丁を使ったり火をつけたりっていう作業が
なかなかできないので(手を出そうとしてくるので)
あきらめて旦那君が帰ってくるまで
家事は放棄です。せいぜい米をといでおくくらいか。

そして旦那君が帰宅後にご飯を作り、
食べ、そしてお風呂。八時半頃寝かしつけ。
○子と○市、ふたりと一緒に寝室に行き、
○市の授乳をしながら○子をなんとか
寝かそうとしております。まぁ難しいけど、
○子もどんなに頑張っても一時間もすれば寝ます。

それらが終わる頃にはわたしも
眠気のピークを迎えているので、
あきらめてそのまま寝ちゃって、
○市の授乳と一緒に起きるのが
ここ最近のスタイルです。
なので朝は四時とか五時とかに起きています。
睡眠時間は五時間くらいでしょうか?
そりゃあ日中眠いわけだと我ながら納得できる
時間ですね、ははははh。

でも○市は夜はよく寝てくれます。
○子もそうだったけど。九時に授乳が終わって、
次に起きるのが三時とかですもん。
今日なんか四時半でしたorz
連続で六時間以上寝ているけど大丈夫なのか?(汗
そりゃあママは助かるけどね、うん。

しかしこうして書いてみるとおっぱい
結構あげているなぁとしみじみ(汗
どのくらい出ているかわからないところが
母乳の難点ですね。一人目が
ミルク育児だったからよけいにわからん。
ミルクも80cc用意して全部飲むときもあれば、
半分以上残すときもあり。
このあたりのさじ加減もよくわからんorz

まだまだ手探りだし、おまけに週末からは
旦那君が遅番になるので、
お風呂もわたしひとりで入れる感じなので、
なんとか慣れていきたいなと思う今日この頃。
旦那君が遅番になると今以上に
仕事の時間が取れないのがまたつらいです……
ちょうど三時ぐらいの○子のお昼寝時間が
旦那君の出勤時間なのでね(白目

適当に頑張ろうっと。
スポンサーサイト

成長記録

生後十八日が経ちました○市君。
相変わらずよく寝ます。よく飲みます。
よくうんちもしております(笑
○子は生後二週間くらいにはもう
おっぱい拒否で授乳させようとすると
すっごい泣き叫んでそっぽ向いていましたが、
○市は最初から吸いつくのも上手だったし、
まだあまり深く咥えられないのと、
わたしの乳首がそこまで丈夫でもないので、
乳頭保護器を使っての授乳ですが、
それでもうまいこと吸いついて
半分寝ながらもくもくと飲んでくれております。
けどやっぱりおっぱいだけじゃ足りなくて、
寝たかな~? と思って横にすると、
少しして「もっとミルクくれ~」とばかりに
ふえっ、ふえ~、と弱々しく泣き出します(笑
泣き声も、あんまりに長く放っておけば
そりゃあ「ふええええっ!」って感じに
大声で泣き出しますが、基本的には
静かでいい子です。なので放っておかれます(遠い目
泣かぬなら 放置しておけ 新生児(ひどいorz

そして身体が大きくなりました(ほっこりw
もう、おむつをするときにわかるんですよね。
ああ、産院にいたときよりも
テープを止める位置がだいぶ離れるようになった、とか。
ギャザーを引っ張り出すのが大変になってきた、とか。
もともと3500の大きめで産まれたから、
新生児オムツを卒業するのも早いかな~と
思いつつ、順調に大きくなっているようで嬉しいです。
肌の色も赤みが徐々に取れてきましたし、
逆にほっぺには新生児特有の
乳児湿疹ができております(苦笑
思春期ニキビのひどいバージョンって感じ。
そのうちなくなると思うのですが、
○子は三ヶ月経っても残っていて、
予防接種のときに小児科で薬をもらったので、
ひとまず一ヶ月検診のときにでも
大丈夫かどうか聞いてみようかと思います。

でもそれ以上に心配なのが右目の目やに。
入院中からずっと目やにが右目だけひどくて、
目薬を差してもらっていたのですが、
退院近くなってよくなってきたのでその後は処方されず。
でも今になってもまだ泣いたりすると
目やにが出てきているので、
これは検診でちゃんと聞いておこうと思っております。

あとお臍も、臍の緒は退院後三日くらいで
取れたのですが、その後ずっと血が滲んだりして
ぐじぐじしているので、化膿していないか心配。
入院中使っていた消毒キッドで
お風呂上がりに消毒しているのですが、
朝になるとまた血が滲んでいるのでちょっと不安。
痛がったりする様子はないのですが、
消毒はこまめに続けていくようにします。

あと早々にお尻の穴周りが赤くなって
ちょっとかぶれ予備軍みたいになっております(汗
夏だからどうしても汗掻いて蒸れちゃうんだよね~、
と思いつつ、こちらもワセリン塗って対応中。
冬生まれの○子もいろいろ大変でしたが、
夏生まれの○市もまた別の意味で
いろいろ問題があるようです。


一方の○子。いつの間にか
一歳八ヶ月になっておりました。
最近食にこだわりが出てきたようで、
気に入ったものしか食べないように
なってきました(イラッ☆
この頃では枝豆が大好物です。
自分で豆を取り出せないので
いちいち剥いてあげないと
いけないので面倒です(イライラッ☆

そして毎日暑いのでアイスばかり欲しがります。
冷凍庫を指さして「んー、んー!」と叫ぶのに
わたしも母も毎日げんなりしておりますorz
「あげない、駄目」と言うとその場に座り込んで大号泣。
そのうるささときたら聞いているだけで倒れそうorz
これに比べれば新生児の泣き声なんざ
子守歌よ……と思ってしまうほどひどいorz

可愛いところももちろんあります。
最近はEテレの「いないいないばあっ!」の
「わ~お!」という体操に出てくる
「しー」の振り付け(唇に人差し指を当てる)が
お気に入りで、そのポーズをしながら
わたしに「歌って♪」と要求してきます。
なのでその「しー」の部分から終わりまでを
歌ってあげると、その場で弾んで踊りまくり、
最後の決めポーズをしっかり決め、
自分で自分に拍手まで送ります(遠い目

段差の上り下りもスムーズになってきました。
十センチくらいの小さな段差なら、
登りも下りも立ったままひょいっとできるようになってきたし、
登り道や下り道もさほど急勾配でなければ
走れるようにもなってきました。
ジャンプはまだできず、身体を上下に動かすのみですが、
そろそろ足の裏が地面から離れる日も
近いかな~というくらいには弾みまくっている。

ゴミ箱にゴミを「ポイ」もマスターしたようで、
「これをポイしてきて」とお願いすると
ちゃんとゴミをゴミ箱に捨ててきてくれます。
お片付けも率先して手伝ってくれるし、
扉の開け閉めやものを元の場所に置いてきて、
というのも、だんだんできるようになってきました。
まぁ本人が「いやだ」と思う場合は
ことごとく無視されて終わることがほとんどですがorz

言葉もまださほど増えてはいないけれど、
わたしとわたしの母とわたしの父を全員
「ママ~!」と呼んじゃうのですが(悩
まぁ、一応こっちの言うことはわかっているっぽいし、
躾けに関してはぶっちゃけ遅れていると思うけど、
もう今のこの状況じゃ健康でいてくれれば
あとはもうどうでもいいと思っているところもあるしorz
食器の使い方とか礼儀作法とか、
もう言葉が通じるようになってから
教えても大丈夫じゃね? とか適当~に考えて
適当~にやる方向で考えています。
じゃなきゃ身体が保たないよ、明日からは特に。


明日は里帰り終了で帰宅の予定です。
旦那君がベビーベッドを組み立ててくれたそうですw
掃除もしておいたよ~と連絡もきました。
協力的な旦那様には感謝、感謝ですm(_ _)m
さて、わたしも次の授乳までお仕事を
ちょっと頑張るぞ~っと。

そろそろ……

自宅に帰ろうと思います。
とりあえず明日までは実家で過ごし、
日曜日に自宅へ戻ります。
○子と○市、母子三人。
独身貴族を謳歌していた旦那君には
速やかにパパに戻ってもらいます(笑

退院からちょうど二週間での帰宅。
○子のときは一ヶ月以上
里帰りしていたけれど、
あのときは十二月の真冬だったし、
一ヶ月経っても身体は全然つらくて、
痔にもなっていたので(恥
長々とお世話になっていましたが、
その○子が毎日怪獣化して
迷惑をかけまくっている今は、
とてもじゃないけどこれ以上の滞在は無理、
という感じになっております。
父や弟の心的負担もまぁ大きいでしょうが、
そんな二人と、さらに大変な母を見ている
わたしのメンタルも相当やられるのでね。
○子が癇癪起こすたび父がキレて
家中の空気が悪くなるのがホント嫌。

もちろんまだまだわたしの本調子じゃないし、
PCも長い時間見続けていると、
やはり目はちかちかするし頭は痛くなるしで、
仕事も満足にできないけれども。
この状態で家事も加わるのかと思うと
今から白目剥いたまま固まりそうですが。

まぁ、それも覚悟で二人目を作ったんだから。

○子がもうちょっと聞き分けがよくなるか
落ち着くかしないと実家にはこられないな~と思う傍ら、
その頃には○市が怪獣になってるよなぁと思うと、
あれ? しばらく実家には行けなくね? と
気づいてまた軽くぶっ倒れそうになりますが。

……まぁ、それも覚悟で二人目産んだんだから。

ということで日曜日から頑張りまする。
明日は荷造りしないと。
原稿も届くのでお仕事も頑張るぞ~。

子育て手頑張っている世のママ様方、
暑いですけど頑張りましょうね。
夏休みももうちょっとで終わりますので!
……あ、でも夏休みの宿題を手伝うという
試練がこれからやってくるのかな?(汗
小学校上がれば楽になるだろうと思うけど、
そういう新たな問題は別に
出てこなくてもいいなぁと思う今日この頃。

ぶり返しの暑さはきつい

ここ最近雨とかもあって涼しくなった、
と思ったら今日はまた34℃とかまで上がって、
暑くてじとじとしていてだるい~という感じでした。

おかげで寝不足続きのわたしは
眠いのはもちろん慢性的な頭痛やら
気持ち悪さやら未だたま~に襲ってくる
後陣痛という名の「ちょっと薬を飲もうかな」
程度の下っ腹の痛みにうめいたりしております。
もっと早く寝ればいいのにねと自分でも思う。
だいたい○市の授乳が夜の七時か八時頃にあって、
次の授乳となると十時か十一時頃。
そのあいだに○子を寝かしつけして、
○子と○市が寝ているこの時間こそが、
わたしに与えられた唯一の執筆時間だったりします。
なので一日で多くて二、三時間。少ないと
一時間取るのがやっとという状態なので、
筆の進みは、まぁ、遅々としてという状況になっておりますorz

また三時間おきの授乳のため
当然のごとく夜はまとまって眠れず。
昨日も十一時に授乳→十二時に就寝→
一時にまたおっぱいと○市が泣いて起きる→
授乳して二時に就寝→五時におっぱい(ry→
授乳してそのまま起きる羽目に、
という感じなので、実質眠った時間は四時間?
四時間も眠れれば活動できるよという方も
もちろんいらっしゃるとは思いますが、
もともとひとより寝ないと駄目なわたしは
最低でも七時間寝ないと翌日はグロッキー。
ということで、ここ毎日グロッキー状態です☆
新生児を持つママはみんなそうですけどね。

でも新生児のお世話だけなら
ぶっちゃけ全然楽なんですよね~。○市おとなしいし。
これが○子という一歳半児がいることで
やはり一筋縄ではいかない状態になっています。

やっぱり日数がある程度経ってきて、
○子も○市の存在にだんだん敵意と嫉妬心を
覚え始めたらしく。わたしがおっぱいあげていると
とことこと寄ってきて、○市の頭をぐいーっと
押しておっぱいから離そうとしてみたり、
ちょっとしたやきもちを表すようになってきました(笑
でもそれ以外のときは「かわいーw」と
頭を撫で撫でしたり足をさわったりして、
きちんと可愛がっている様子を見せるのですが。

ただ一度授乳を始めると、おっぱい後の
ミルクも入れて、だいたい三十分から四十分は
○市につきっきりになっちゃうので、
そのあいだに暇している○子が
あれこれぶん投げたりぶちまけたり
なにかして~といろいろ持ってきて渡したりと
動き回るのがとても大変です。
駄目と言ったところでやめるわけないし、
わたしはわたしで手を離すことも
素早く立ち上がって○子を止めることもできない。
おもちゃをぶちまけるぶんには全然
構わないのですが、たまにわたしのスマホや
母のバッグの中身を荒そうとするので、
そういうときは本当に困ってしまいます。

今日の夜はわたしも寝不足でちょいイライラしてて、
○子がテーブルの上に置いてあったわたしのスマホを、
なんと手ではなく足の指でタップしようとするのを見て
(恐ろしいことにテーブルの高さまで足を持ち上げて、
その足でスマホを操作、というか踏もうとしていました)
思わず「駄目でしょ!」と膝頭を結構強めに
バチンと平手で叩いてしまいました……(うなだれ

○子自身はその後も平然としていたけど、
叩かれた瞬間はやっぱり顔強張らせていたし、
わたしの手も痛く感じるほどだったので、
やってしまった……と激しく自己嫌悪でした。
子供に手を上げてもなにもいいことないのに。

寝不足と暑さでイライラしているんだなと
わかっているのですが、かといって
仕事時間を削って寝るわけにもいかないし。
まだ産褥期なんだから無理するなと
わかっているけど、切迫早産の二ヶ月の
ビハインドを思うと悠長に休んでなんか
いられないという思いも強く……
あのときは体調は悪くないのに
安静にせざるをえなくて
本っっ当~にストレスが溜まったから、
今は『仕事ができないというストレス』を
あんまり溜めたくないという思いがどうにも強くて。

でもそれが寝不足に拍車を掛けて、
さらには子供に手を上げるようになっちゃ、
なんの意味もないんだよね。

まして今は里帰り中で家事はやってもらえるけど、
使用済みの哺乳瓶とか汚れた着替えとか、
あとで洗おうと思って置いといても
いつの間にか母が洗ってくれているという
魔法のようなありがたさのおかげで
そこまで苦労している感じはしないけれど。
これ、自宅に戻ったら、わたしひとりで
全部やらなきゃいけないんだぜ?(汗
旦那君はまたシフトが三交代制に戻ったから
あんまり当てにできなくなるし……

こんな状態でふたり育児をできるのか? 自分。

……死なない程度に頑張ろう。うん。

うちの○市君

早くも生後……えーと、九日?(適当
とかになった、うちの長男○市君。

今日は迎え盆なので、わたしの母の実家に
○市も連れて行き、祖母や伯母家族に
お披露目してまいりました。
産まれたばっかりの新生児に
みんな「あらまぁw」という感じで
自然と笑顔。連れ出して大丈夫なの?
と心配されましたが、車に乗る以外は
外に出ることもないので大丈夫だろうという判断。
みんなが仏様を迎えに墓所へ行っているあいだ、
わたしと○市は祖母宅にてお留守番していました。
例によって甲子園を見ながら(笑

ちょうどふんふん泣き出したので
おっぱいあげて、全員が帰ってきたところで
ミルクをあげて~、という感じで。
ミルク世代の伯母が「おっぱい出てるんだ」と
驚いたように言うのに、そんなに意外なことか?
とちょっと思ったり。その伯母は
自分の育児の経験から男の子は大変だと
思っているフシがあるようで、○市が
男の子だと言ったら「あら残念ね」と
呟いておりました。いやいやいや、
わたしとしてはそんなに残念ではないよ?(汗

それに○市は今のところものすごく
手がかからない、かからなすぎて
怖いくらいにおとなしい子です(汗
今日も親戚中集まって、○子も
わーぎゃーさわいでいて相当うるさかったのですが、
ミルク飲んだあとはずーっと静かに寝てました(汗
そりゃあもう、ず――っと、寝てました(滝汗
新生児なんてこんなもんよと言えば
そうなのですが、新生児だって
泣く子は泣くわけだから、うちの○市は
本当におとなしい子だと満場一致で認められ。
あれだな、お腹の中にいたときから
○子とわたしのわーぎゃーという大騒ぎを
毎日のようにお腹の中で聞いていたから、
耐性がついちゃって、産まれてからも
さほど驚かずに寝ちゃえるようになったんだろうな。
なんにせよママとしては助かるところです。

そして○子はそんな○市を尻目に、
今日は親戚中に可愛がられてご機嫌でした。
CMの音楽に合わせて踊っただけで
可愛いと言われるんだからそりゃあいい気にもなりますわな(汗
デザートに葡萄を一房もらったのですが、
わたしが皮を剥く端から食べていき、
それをみんなが「おお、すごい食べっぷり」と
見ている間に葡萄が全部なくなっちゃって、
○子ひとりでほぼ一房食べちゃったという切ないオチ。
そのあとパイナップルまで食べて、
アイスもつまんだという贅沢ぶり……orz
一応ご飯もしっかり食べたのですが、
デザート別腹だったみたいで……orz
あまりの食べっぷりに親戚中どん引きでしたorz

そしてやっぱり寝ている○市君……(滝汗

それでも帰る間際に抱き上げたら
目を開けたので、祖母にしっかり起きている
顔を見てもらえました。
テンション上がった○子が○市に
乗り上げないように気を遣いつつ
食事したりするのは大変でしたが、
祖母に喜んでもらえたので、やっぱり
大変でも連れていった甲斐があったと思います。

そして帰りの車の中でやっぱり寝ている○市……(遠い目

大物になれよ。

産後の身体

退院二日が経ちました。
退院当日は聖母のようだった○子さんも、
今日あたりになるとママが授乳中は
ちょっと意地焼いて、○市君を
ツンツン突いたり「ふが~」と唸ったり、
目の前でゴロゴロ転げて見せたりと
甘えモードを発揮しております。可愛いw

母乳はありがたいことに少しとは言え
出ている様子。なにせ授乳後三時間もすると
胸が張ってくるのがわかるんだもん。
そういうときは横になることもつらく、
時間がずれて授乳時間が空くなー、と思ったら
搾乳する感じになっております。
搾乳しても左右合わせて20ccも出ないけどね。
ミルクだけで育てるならちょうど一回の授乳で
70ccくらいを飲ませていい頃なのですが、
たまに少し残して寝ちゃっていたりするので、
それなりに母乳も出ているのかな~、と思います。
相変わらず乳首が切れかかっているので、
毎回保護器をつけてピュアレーンで
保護しながらの授乳なので大変ですが。

切れそうな乳首ももちろん大変ですが、
それ以上に身体がやっぱりあちこち痛くてつらいorz
昨日も今日も、なぜか朝方にひどい後陣痛があって、
授乳後いきなり下っ腹が痛くなり始めたと思ったら、
のたうち回るようなひどい生理痛みたいなのに襲われ、
息もできずずっと横になってうんうん唸ってました。
どうしよ~、産院では冷や汗出るほどの
下腹部痛があったら受診してと言われたけど、
これまさにそれじゃね? と思いましたが、
朝方の六時に痛み始めて、八時には収まるという
微妙~な結果に。今朝もやはり六時頃痛くなって
七時頃まで痛かったという。不思議と
痛いのは朝方だけで、一日を通して
動けなくなるほどの痛みというのはありません。
そりゃちょこちょこ痛くなることはあるけど。

むしろ継続してずっと痛いのは腰ですね。
原因は自分でもわかっていますが、
○子と遊んだり抱っこしたりしているからですorz
なるべく上の子に構ってあげよう精神で
遊びにも抱っこにも付き合うようにしていますが、
まともに相手をした結果、午後になると
横になるのもつらい腰痛に襲われ、
夕方になるといちいち立ったりするのがつらくなり、
夜寝るときは横向きで寝ても仰向けで寝ても
腰が痛くてどうしようもなく、寝返りも命がけ、
みたいなひどい状態に陥りますorz

そして寝不足ももちろんあります。
一昨日、昨日と寝たのが夜中の十二時頃。
三時前後に授乳で起こされ、授乳で一時間起きてる。
そうしてまた三時間後に起こされ、
その後は後陣痛に苦しめられて、
痛みが治まったらもう朝の八時とか九時。
寝ているわけにはいかない日中の活動時間。
ということで昨日、今日と睡眠時間は
三時間から四時間くらいになっております。
もっと早く寝ればいいんじゃない? という感じですが、
どっこいお仕事のほうも進めないわけにはいかず。
一時間でもいいから書かないと、マジで原稿は進まない。
切迫早産のおかげで丸々二ヶ月仕事できなかっただけに、
これ以上締め切りをずらすわけにもいかないという
その思いだけですが、やはり寝不足だと
頭が回らなくて、さらには夜だと眼がちかちかして
PC画面も長時間見ていられないので、
どうにかできないものかと苦心しております。

そんなことしていたら更年期に苦しむことになるよと
わかってはいますが、更年期を迎えるためにも、
今の生活を支えるために仕事をしないと……という
切ない事情もあったりするのですよ(遠い目

ということで産後の身体はおざなりにされつつ、
ついでに相変わらず昭和思考の父に
毎日のようにイライラさせられて
精神的にもプチ発狂しそうになりつつ、
とにかく後陣痛引くまではなるべく
おとなしくしていようと思いながらもできない
日々を送っている今日この頃であります。

でもこのブログをご覧になっている方で
産後すぐの方がいらしたら、きちんと休んでくださいと言いたい。
出産って軽い交通事故に遭ったのと同じくらいの
負荷が身体にかかっているわけです。本当なら
一ヶ月から二ヶ月くらい安静にしないといけないくらい。
その中でさらに母乳を出す必要があるわけですが、
母乳というのは血液から作られるわけだから、
産後のママさんというのは事故に遭って
入院が必要なほどのダメージを受けた身体ながら、
毎日100ccくらいの献血を赤ちゃんに対して
行っているのと同じ様な状況なのだということです。
出産は病気じゃないと言われているから
ついつい無理しがちかもしれませんが、
実際に無理したら回復はどんどん遅れるのは目に見えている。
もちろん里帰りなどせずに出産後すぐ自宅に戻り、
上の子たちを見ながら生活を始める
ママさんたちも多くいると思いますが、
休めるときはきちんと休んで、
しっかり食べて自分を労ってあげてくださいね。
そうすれば育児も余裕を持ってできるから、
赤ちゃんもハッピーな気持ちで過ごせますから。

退院しました

心配されていたベビ君の黄疸も
数値が無事に下がりまして、
晴れて母子ふたりで退院することができました!
今は○子も含め実家で母子三人
世話になっております。おかげで
母が死にそうに疲れているw
とりあえず最低二週間くらいは
お世話になろうかと思っております。
最終的な期限は切迫早産の自宅安静のときのように
父へのいらだちが頂点に達したらにしたいと
考えております(イライラ☆
あのときはそれでも帰れなかったけど
今は別に安静指示出てないもんねー。けっ。
でも産後一週間は赤ちゃんの世話以外は
横になっていたほうがいいんですけどね。
その後も一ヶ月は隙あらば寝るくらいの
気持ちでやっていかないと更年期に
がーんとくる、と言われているわけですし。

まぁとにかく、退院しました(ほっこり

実家に帰ってからはとにかく
○子の相手をしようと、
眠るベビ君を母に見ていてもらい
お庭遊びしたりしましたが、
おかげで腰が痛くて股も痛くて
しかも目も疲れた感じがして、
やっぱ産後なんだな~としみじみ実感です。

でも○子はいわゆる赤ちゃん返りして
下の子に対して敵意剥き出しにしたり
嫉妬したり叩いたりとか全然しないで、
それどころかベビ君がおっぱい求めて
ひえ~ひえ~と泣き出したら、
一緒になってひえ~ひえ~と
涙ぼろぼろ流して切なく泣き出し、
ベビ君がおっぱい咥えて落ち着いたら
一緒に泣き止み、授乳の様子を
目の前でじーっと見ているという、
なんか聖母みたいな慈悲深さを発揮してます(汗
ただベビ君が咥えているのと反対の
乳首を出すように要求して、
指先でツンツン突いてきますが(笑

ベビ君の授乳の様子を見ても「かわいーw」と
ベビ君を撫で撫でしたりしてるし。
もっと構ってちゃんになって泣き出したり
癇癪起こしたりすると思っていただけに、
この予想外の反応には嬉しいやら驚くやら、
君は本当にあの怪獣○子なのか……? と
別人説まで浮上してくる始末です(オイ

○子の寝かしつけも母がやってくれるというので
お願いしたのですが、母が「ねんねだよ」と言っただけで
素直に自分から母について行き、
居間を出るときはわたしに笑顔で
バイバイして寝室へ向かっていきました。
……あの聞き分けのいい子はいったい誰!?(オイオイ

まぁお庭に行きたいと騒いだり
食事中は落ち着かずにあちこち行ったり来たり、
さらには冷蔵庫バシバシやって食べ物を要求したりと、
いつも通りの我が儘ももちろんあるのですが、
ベビ君に対して攻撃的にならないだけすごいなと、
わたしとしては感心しきりなのです。
でも、だからこそ、そんな○子に甘えないで、
ちゃんと○子のことを見ていかないといけないな、と
改めて感じた一日でもありました。
ベビ君は、こう言ってはなんですが、今は
ミルクやおっぱいを与えておけば寝てくれるわけですから、
忙しいときは最悪ミルクだけ与えて寝かせておいて、
夜の授乳のときはちゃんとおっぱいもあげて
コミュニケーションとって、という感じで、
昼間はとにかく○子を見ていこうと思いました。
上の子がいる場合、下の子が一歳になるくらいまでは
上の子を優先で見ていくのがいいということです。
○子だってまだ一歳七ヶ月なんだから、
とてもお姉さん扱いはできない。
赤ちゃんがふたりいるくらいの気持ちで
接していきたいと思います。

……そして欲を言えば夜のこういう時間は
お仕事に当てられたらな~と思います。
とはいえ今日は長時間の移動や
久々の庭遊びでちょっと疲れてくらくらするので、
この記事を上げたらすぐに寝ます。
次の授乳は十一時頃、その次は三時頃、
そして朝起きたらまたすぐに授乳かな。
一度の授乳に最低三十分はかかるので、
体力つけるためにも寝られるときは寝ておきます~。

……あ、それとベビ君の名前ですが。
『○市』という名前になりました。
○のところにはきちんと漢字一字入ります(笑
市はそのまま『いち』と読みます。
○子ともども、よろしくお願いしますm(_ _)m

ふひー

今日で入院生活も四日目。
このあと沐浴の実習と退院検査を受け、
なにもなければ明日退院になります。

昨日は胸が張りすぎて呼吸のたびに
ズキズキ痛いわ熱持っちゃって熱いわ
寝返りどころか起きてても寝ててもつらいわで
死ぬかと思いましたが(大袈裟じゃなくマジで
夜中の授乳のあとでアイスノンを貸してもらい、
両脇に挟んで寝たらなんとか休めました。
ベビ君も六時まで寝てくれたのでわたしも
四時間くらい眠れましたよ。
まだまだ眠りたいけどね、本音は(苦笑

それ以降は胸の張りも落ち着いて、
まだ多少ビリビリするものの動けない
ほどではなく。詰まっていた乳腺が
開いてきたのかな〜という感じ。
これで順調に母乳が出ればいいけど。
ただあんまり母乳育児になるつもりがないので、
溢れるくらい出ても怖いなと思ったり。

なんにせよ痛みが収まってほっとしました(涙

そろそろ授乳時間かな。
今日は夜もベビ君と一緒。
寝れない覚悟で挑みます。


【追記】
退院検査受けました。
久々にお股おっぴろげの内診台にて
色々突っ込まれたりして
ほどよくヒリヒリ痛かったですが、
特に問題なく終了しました。
抜糸されなかったと今気づきましたが、
まあ溶ける糸を使ってるんですかね。
縫ったところも綺麗だそうです。

ただベビ君の方は黄疸の数値が高くて、
明日退院できても、明後日また
来院してもらうことになるかも、
と言われてしまいました(涙
明日もう一度検査して、その結果次第になりますが、
またベビ君だけ入院とかになったら
どうしよう……と心配です(;_;)
どうか数値が下がりますように……

む、胸がああ……

さて、出産レポも終り、今現在の
入院生活はどうかというと。

いい面としては、やはり新しい個人病院らしく
食事が美味しくおやつもつくこと。
ただ食事の量はややもの足りず……
カロリーメイトや義両親が差し入れてくれた
お菓子を合間にむさぼり食べています。

整体師さんが毎日きてくれてマッサージ。
それとは別にエステが一回できること
(今日のお昼にお顔のエステしました。
なんか皮膚が軽くなったような、
あんまり変わらないような)。
個室にはトイレもシャワーもついていて
好きな時間に利用できること。
テレビ見放題、冷蔵庫も完備。
アメニティも充実していて、
シャンプーとか歯ブラシとか普通に
用意してありました。持参したもので
使っているのは洗顔料と化粧水くらいですね。
タオルも毎日変えてくれます。

その上で旦那君にお願いして電気ケトルと
湯呑みなどを持ち込み、ラズベリーリーフティーを
毎日飲んでいるという優雅な感じ。

大変なのは母子同室で、
授乳のたびにベビ君ごと授乳室へ
いちいち行かないといけないことでしょうか。
距離が結構あるので泣き出していたりすると
やや気まずい。基本的にベビ君よく寝て
よく飲むいい子なのですが。今も寝てる。

そして当たり前ですが経産婦ということで
初産の方に比べ放っておかれる率が高い(笑
助産師さんがしっかりついている
初産婦さんの横で、時おりちょっと目を向けられる
だけで「あ、大丈夫ですね〜」と言われてしまう(笑
授乳とかほぼ初心者だよと思うのですが、
ほとんどの助産師さんが上手くできていると
請け負ってくれるのがまだ救い。
なによりベビ君の吸い付きかたが上手。
大きく生まれるとこういう面で楽です。

が!その授乳が問題で、今現在
乳首が切れかかっててめちゃくちゃ痛いです!
右は馬油を塗って回復してきましたが、
扁平乳頭の短め陥没な左は、赤くなって
白くなってちょっとさわっただけで激痛!

と、昨日はそれだけだったのですが、
今日になって幸か不幸か、
胸がかなり張ってきちゃって、
脇から胸全部にかけてパンパンで痛いのです!
ちょうどエステやら沐浴指導やらで
授乳を一回スキップしたものだから
余計に痛くて、まだ早いと思いつつ
胸痛いので授乳させてとナースステーションに
駆け込む始末。寝ていたベビ君を起こして
授乳するとか、こんなことになるなんて
想像もしていなかったよ!
絶対おっぱい出ないと思ってたのに!
授乳終わったあともまだまだ痛い……!
けどあんまり出しすぎても張り返しで
もっと痛くなるからとそれ以上なにもできず……
うう、母乳外来みたいにマッサージとか
してもらえないのかなあ……これじゃ
夜も寝られないよ……あ、でも
今日辺りから夜も母子同室になるかな。
夜中も上げれば多少違うか。寝れないけど。

こうして記事上げている今も
本当に痛くてつらいです。
寝返り打てない!
ベビ君、そろそろ起きておっぱい吸ってくれ〜!

出産レポ 3

~後陣痛〜

二人目以降は後陣痛がきつい。
わかっていたけど産んだその直後から
痛みが始まるとは予想外だったよね(汗

ベビ君が泣いてあーよかったと思う側から
下腹部に重めの生理痛が襲来し、
しかも医師自らお腹をのの字マッサージしてくれる
あんまり嬉しくないサービスで、
しかも股の方はまだなんか挟まっている。
あ、そうか臍の緒がまだ挟まっているのか。
あああ、そうだよ後産あるじゃん……
○子のときはまったく痛みなかったのに
今回は引きずり出されるのが痛いのなんの。
出血が少ないようにゆっくり出していきます〜
と言われるが痛いもんは痛いんだよあだだだ。
これが子宮が収縮してるってことかあああ。

そうやって悶えている横ではベビ君の
処置が進められ、旦那君が看護師さんに呼ばれ
足裏にわたしの名前を書くことに。
なんか笑い声が聞こえたので
なにがあったのかあとで聞いたら、
名前書いている最中におしっこ引っかけられたそうで。
わたしの「怖っ!」発言に比べて
何て平和なファースト思い出なんでしょう(涙

そうしてわたしの手首とベビ君の足首に
タグがはめられ、ベビ君、わたしの横へ。
くしゃみした拍子にちょっと口から泡出たり、
閉じたまぶたの隙間から涙が浮いているのが
なんとも可愛く……でも髪の毛に血ついてるのは
ちょっと早くなんかしてあげてと思ったり。

そして短い逢瀬は終り、旦那君も退場。
残される後陣痛と切ったところの縫合……
わたしがもっとも恐れるこの瞬間がついに……
が、予想外なことに、言うほど痛くなかった。
麻酔が効いたのかな?
いや、もちろん痛いんだけど、チクチクと
するくらいで叫ぶほどではなく。
まあ後陣痛の痛みもあってたまらず
「いたっ、いたたた……」とは呟いてしまうが。

むしろわたしがなにを呟いても
ガン無視で黙々と縫合を続ける医師が
なんか怖かったorz
看護師さんたちへの指示も短い上に
冷淡に聞こえて、いつもの優しくややおネエな
先生はどこへ行っちゃったのか……
あれか?わたしがうるさすぎたから
愛想をつかされたとか。あり得る……
そんな緊張のなか縫合終了。
おかげでお礼を言う間もなく医師退室。嗚呼。

そして再び助産師さんと看護師さんがついて、
また尿管をぶっさされる。痛ぇ。
しかもお腹をぐーっと押されての
強制排尿だからつらいのなんの。

それが終わると全処置終了らしく、
持参した荷物からパジャマを持ってきてくれて、
身体を拭きつつ着替えさせてもらいました。
サービスがいいね。あちこち痛くて
処置中はずっと手足が震えまくっていたから
上手く動かせなかったけど。寒いし。

そして陣痛分娩室に戻り横になる。
横になっている限りは呼吸も喋るのも
普通に出きるが、起き上がると胸のあたりが
詰まったようになって声がでなくなる不思議。

その時点で時刻は2時40分でしたが、
実際に出産したのは2時7分。
破水したのがたぶん11時半頃だから、
賞味三時間くらいのスピード出産でした。
わたしも旦那君もこんなに早いとは
予想もしていなくてびっくり。
あ、旦那君は立ち会いまでの時間は
○子と遊んでいてくれたようで、
出産中もたまに○子が騒ぐ声が聞こえていました。
その○子もベビ君を見て「かわいーw」を
連発していたようで。○子の中では
自分より小さい存在は無条件で可愛いらしい。

その○子はそのままわたしの実家へ。
退院まで五日間、○子よりも母のメンタルが
もつのか割りと本気で心配。

その後は二時間ほど休んで、
入院期間を過ごす個室へ。
その日はもうなにもないかと思いきや、
夜の十時に授乳に呼ばれ、うとうとしかけていたのが遠ざかり、
部屋に戻っても眠れず、結局寝付いたのは
夜中の四時という体たらくでしたorz

なにはともあれ無事に出産できましたとさ。
出産レポでした〜。

出産レポ 2

〜出産〜

旦那君が戻ってきてお昼を掻き込み。
その横でふーふーうるさく叫んでいるわたし。
再度内診をしてもらい、してもらいながらも
痛くて腰さすってもらったり。

もう痛みの間隔が3分とかになってない?
いやいやそんなに早く進むわけないよ、
と思っていたけど、助産師さんから
「じゃあ分娩室行こうか〜」と。え、もう?

部屋の中にある分娩室への扉から、
歩いて十歩の距離の分娩台へ。
新しい病院だけあって分娩台も大きくて綺麗。
クッションも柔らかい感じで。
味わうどころじゃないけど。
部屋自体は結構狭くてライトも小さい。
ぜいぜい言いながらなんとか台によじ登る。

もうお股が痛くて足開くのも辛かったけど
なんとか開くとすかさずマジックテープで固定され。
そこからはベテランっぽい助産師さんと
新人っぽい看護師さんの二人体制が基本で
子宮口全開まで頑張る。

もうこの時点で全身汗だく。呼吸もぜいぜい。
股のあいだになにか挟まっている感覚が
大きくなって下半身は動かしたくても動かせない。
まあ開脚全開で固定されてるから
どのみち動けないし逃げられない感半端ないが。
クーラーがめちゃくちゃ効いてて
剥き出しの足は寒いくらい。
靴下を履いてきたかったと後悔。
そして尿管ぶっさされて強制排尿。
痛いし尿管になんか入ってて変な感じだし
なにこの羞恥プレイ。そのあいだにも陣痛くるし。

助産師さんはわたしより年上でしたが
一歳四ヶ月の娘さんがいるとのこと。
なんかそれだけで親近感。
なのでその後はひたすらその助産師さんに
ついていく感じだった。
痛くて「ふー!」と叫ぶたびに
「頑張れー!」と言ってくれる助産師さんに
無理、やだ、耐えられない、と
ネガティブなことばかり叫び返す
最悪なわたしにも優しく接してくれる
素敵な助産師さん。おかげでわたしは
さらにgdgdの甘えヘタレモードになり、
「産んだら痛くなくなるよ」との励ましにも
「嘘だ〜、産んだあとも痛いって
知ってるもん、騙されない〜!」と
痛みのあいだに泣き言ばかり叫び続ける。

そのうちもう色々出したくてたまらなくなり、
いきみたいと訴えてみる。
まだ九センチだから呼吸してと言われるも無理!
じゃあいいよ、とお許しが出たので
腰のレバーを引っ付かんで深呼吸。
なんかくる!というタイミングで息を止め、
看護師さんに後頭部を支えてもらって
助産師さんに肛門あたりを押さえてもらいながら
硬いう○こを押し出すイメージで踏ん張る。
しゃべるとうるさいがいきみは
そこそこうまくできるわたし。
二度目ということもあって助産師さんも
「上手だね〜。いい感じだよ〜」と。
ただこの頃になると陣痛が来ないときも
なんかずっと腰やら尻やら腹やら痛くて、
「痛みがないときは普通の呼吸ね〜」と言われても
浅い呼吸になりがち。腹式呼吸とか無理無理。
なんか背中が落ち着かなくて
無意味に両腕を振り回したり髪かきむしったりしつつ、
手に震えというかしびれも出て来て、
だんだん気分もグロッキーにorz
前回もそうだったが、だいたいにおいて
痛みにさいなまれるわたしの胸には
「もう終わりにしたい」というような
気持ちしかなく、早く赤ちゃんに会いたいとか
思うことなく、赤ちゃんも頑張ってますよ
とか言われようものなら「知らんわ!」と
叫びたくなるような心情。優秀な
助産師さんたちはそれを察して
決して赤ちゃんがどうのこうのとは言わなかった。

そうこうするうちに子宮口全開。
前回はいきみだしてから出産まで
三時間くらいかかったので、
赤ちゃんの頭が見え隠れしてきたよと
言われても「まだまだかかるじゃねぇか」と
ふてくされた気持ちばかりorz
「あと一時間くらいかかりますかね〜」と
はははと暗い笑いとともに呟くが、
意外なことに助産師さんは「うーん、
でももう生まれそうだよ?」と。
HAHAHA、冗談きついぜ。と頭から
信じない嫌な妊婦佐倉。絶対あと
一時間はかかる。あーもう疲れた、しんどい。
なのにあと一時間……と泣きたくなる。
でも陣痛がきたら二回に一回はいきむ。
二回に一回は弱い感じなのでゼーハー呼吸して
やり過ごす。毎回いきむと疲れるのよ🎵。

そしてもうやだ痛い苦しいと
わめくわたしに「あと三回くらい
いきめば生まれるよ」と助産師さん。
即座に「うっそだー!」と全否定するわたし。
早く終われと思うくせに、
現実にはまだまだかかると本気で思ってるから、
こうしてわめく元気があるうちは
絶対生まれるはずがないと妙な自信を持っていた。
だって○子のときはもう寝るといきむしか
できなくなった頃にようやく出産だったもん。
絶対どっかでつっかえるとかして
上手く生まれてこないに違いない。
ネガティブ人間の思考回路を舐めるなよ。
「じゃあ三回じゃなくて五回にしよっか」と
笑いながら言う助産師さん。

しかしそうこうするうちに人手も増え、
それまでちょくちょく様子見にきていた
医師も手袋をはめてやってくる。
旦那さん呼んでいい?と言われ、
え、もう?と思いつつ「はあ、どうぞ」と
現実味を伴わないまま頷く。
まだ生まれないのに早く呼ぶなあと
しつこくネガティブに考える。
で、旦那君にはただ黙って立っていてくれれば
いいので、助産師さんたちには「奴には
なにもさせなくていいです」と言っておく。
なぜかすごく笑われた。なぜだ。

そしていきみの様子を見た医師は
「今回も陰部切らせてくださいね」と。
その後縫うことを考えてイヤだと
思うものの出産が長引いても困る。
ああはい、と答えたところで「麻酔します」。
あ、なんかちくっとした、
と思ったところで陣痛の波が。
う○こー!と胸中で叫びながらいきむと、
ばちんと切られ、え、もう切るの?
まだ生まれないのにこんなに早く切っちゃうの?
といきみながらもびっくりし、
え、でも切ったってことは、もう生まれるってこと?
え、え?ちょ、待っ、心の準備が、
とにわかに焦る中、医師が冷静な声で
「はい、波くるからいきんでー」。
ええええ、と思いながらわけのわからんまま
言われた通りいきむ。呼吸する。
「はい、手はお胸の上ー。はい吸ってー。
いきんでー」言われた通りに……しようと
努力しつつも痛みが強くなって
レバー握っていきみたいと思い、
つい手をバタバタさせて「手は胸」と怒られる。
が、無理!と結局レバーを握ってしまい、
おかげで「息吐いて!楽にして!」と言われても
できずに力んでしまう羽目に。

おかげでそれまで股のあいだに
がっしりはまっていたなにかが、
スゴい力で引きずり出される痛みを
もろに感じてしまい「いやああああああ!
痛いっやだいったああああああ!!」と
身をよじりながらガチ絶叫。
「そんなに叫んだら外にいる
上のお子さんがびっくりするよ」と
あきれられるが、ぶっちゃけ「知るか
そんなもん!!」である。
そのとき助産師さんに「はい、下見て!」と言われ
反射的に首を前に傾けると、
なんかすでに紫色のなんかが半分くらい出てきてるし。
ええええええ、もう!?と思うと同時に
残っていた部分を引きずり出され
「痛い痛いいっだああああああ!!」
肩だか尻だかがつっかえていたところが
ぐりょっと落ち、気づけばもう
ベビ君がわたしの足のあいだに横にされ
ひくひく震えてた。

「……え、もう?もう生まれちゃったの?」
「うん、産まれたよ〜。おめでとう」
あまりに早い展開に頭がついていかない。
おかしい、まだまだ時間はかかるはず。
痛かったけど出産はもっと痛くてつらいはず。
というかそこまで疲れてないし。
え、なに、ホントに生まれちゃったの?

お口の中の羊水吸い出され、
弱々しくだが泣き出すベビ君。
赤ちゃんってこんなに紫だっけ?
ていうかこんな実感が伴わないまま
生まれちゃうとか、

「……怖っ!」

気づけば産まれたばかりの我が子に向かい
そう叫んでいた鬼畜ママ佐倉orz
いくらスピード出産のあまり
混乱していたとはいえ、
第一声がそれってどうなのよ、と
すぐに後悔の嵐にさいなまれるorz
相変わらず感動もなにもない展開だorz

出産レポ 1

〜入院まで〜

8月4日火曜日。本日は妊婦検診。
……なのだけどどうにも朝からお腹が張り、
ときどきお股のほうにぐーっと圧がかかる。
時間ももう15分間隔じゃん?
かと思えば治まっちゃったりするので
ひとまず母には早めにきてもらうように連絡。
けれど特に痛みがあるわけでもなかったので
予定通り10時頃に産院へ向かうことに。

なんやかんやと「今夜にも生まれるよ」と言われ
ぴったり一週間……どうせ今日も
何事もなく終わるんだ畜生、と
ふてくされた気持ち全開で尿を取り、
血圧、体重。体重が〜なんと〜54キロ台に〜orz
怒られる〜と思いつつNSTへ。

前半は起きていたくせに後半は寝ちゃって
揺さぶられても起きないベビ君。
おかげで一時間近く見ることになり、
わたしの尿意は限界ギリギリに(汗
ようやく終わってトイレに駆け込んだとき、
これまでにないほど大量のおりものが!
うわあと思いつつナプキンを当てエコーへ。

動いていない限り漏れないけれど、
エコーのため横になったりすると
ドロッと出てくる感覚が。
念のため看護師さんに申告。
破水かも? と思ったところで医師到着。
NSTの結果を見て「張ってるね! 内診しましょ」と
エコーすっ飛ばして内診台に上がることに。
せっかく待ってたのに……

が、内診台に上がるためにパンツを下げたら、
その瞬間つーっと足のほうまで水っぽいのが
伝っていく! うわわっ、と声を上げると
カーテンの向こうから「大丈夫?」とびっくりした声。
なんかすごい水っぽいの出てきたと言うと
破水かもということでカーテンの向こうが
にわかに慌ただしくなる。わたしはそろそろと内診台に上がる。

医師が戻ってきて即「破水してるね。
スゴいタイミング!」と。内診します〜と
指突っ込まれグリグリっとやられたり
子宮口見られたりしているあいだ、
助産師さんも持ち運び式の機械を持って
向こうから出て来てお腹になにやら当てて
ベビ君の心音確認。元気なベビ君の
心音に重なるように股を探られる痛みが重なる〜!
子宮口なんとすでに7センチ!
そこまで開いててまだ陣痛がこないって……

速攻で車イスが用意され緊急入院。
車イスで待合室に戻ると結構いっぱいいた
患者さんたちが一斉にぎょっとした顔つきに。
いたたまれなさを覚えつつキッズスペースの
母を呼び、破水した〜と告げる。
そのまま○子も一緒に二階の病棟へ。

個室に入って陣痛を待つのかと思ったら
いきなり陣痛分娩室へ。
え、もう?まだそこまでお腹痛いとかないよ?
その後、わたしは何度も、え、もう?
という思いを繰り返すことになる。

看護師さんが慌ただしく入院セットを持ってきて
入院着に着替え。薄手の丈長パジャマに
T字帯におむつみたいな特大ナプキン。
○子のときは普通にパンツで普通に
持参したパジャマだったなと思いつつ。
再びNSTをつけられたところで
なんかだんだん張りが強くなってきた。
慌ただしさと内診グリグリの効果か?
動きたいけど装置つけてるので無理。
一人目の経験から座って痛み逃ししたほうが
楽なんだけどなあと思いつつ。
そんなこと言ってる間にどんどん股やら
お尻やらが痛くなってきたorz

母が○子の着替えなどをまとめるのに
父が必要だと家に連絡。わたしも
旦那君に連絡しようとスマホをとる。
時間はこの時点でちょうど12時。
だが張りの感覚が狭まってきて
上手くしゃべれなくて母に変わってもらう体たらくorz
旦那君にはお昼も買ってきてもらうことにして、
ひとまず落ち着く。股と尻の痛みは
落ち着くどころかひどくなっていくけれど。

そのあいだ○子はNSTにさわろうとしたり、
母からスマホを取り上げようとしたり、
色々いたずらしようとしていましたが、
ママが般若みたいな顔して唸っていても
泣き出すことも不安がることもなく、
いつも通りのほほんとしてました。
ベッドに上ろうと頑張ったりね。
このときはわたしもまだそれを引き留める
余裕もあり。助産師さんの問いかけにも
答えられるし、母とも会話が出きる。

少ししてコンビニ袋を三つも抱えた
旦那君が到着。買い込みすぎ。
仕事服のままだったし、入院のバッグや
入院費を持ってきてほしかったので、
また使いっぱしりをお願いする。
私たちはお昼。痛みの合間になんとか
サンドイッチを頬張るわたし。
そのあいだにもどんどん痛みが強くなる。

なんとかミックスサンドを食べ終えたところで
痛みが本当にやばくなってきた。
叫びを我慢できなくなってきて、
痛み逃しの「ふー!」というのももはや叫び。
息を吐くというよりどこまで高い
ソプラノ音を響かせられるかという
チャレンジになりつつあった。
助産師さん曰く「声だけ聞いたら子宮口全開のひとだね!」
うるさくてマジすみませんorz

一度痛みが途切れたタイミングで内診。
子宮口8センチ。順調に開いてる。
というかこんなに早く開くもん?

つづく

産まれたよ

切迫の人はもれなくスピード出産になるというけど
あれ本当だったんだね。12時前に入院になって、
3時前にもう生まれちゃいました(汗デ

ということでお騒がせしました。
本日無事にベビ君出産いたしました!
3528gのビッグベビーさんでした(笑

今は個室に入って夕食も終え、
旦那君と二人まったりしています。

出産レポはまた退院後にするとして、
今はひとまずご心配いただいた皆様に
御礼をば。本当に有難うございました!

今日はゆっくり休みますノシ


破水した

妊婦検診にきていたら
タイミングよく破水してたぜ。
子宮口すでに七センチ。

現在陣痛分娩室。
頑張るぞい。

今日もなにもなく

嗚呼、一日が無事平和に過ぎていく(白目

ということで今日も陣痛はくる気配がなく
一日が終わりそうな予感です。けっ。
いい感じに何度か張ってるんだけどなぁ~。
痛みを覚える前に収まってしまう。
おしるしも鮮血みたいなものはなく、
いつもより量が多くでろっとしたおりものに
たま~に茶色いのが混ざるくらい。
笑ったりくしゃみしたりするときに
ちょっと違和感を覚えるけど、
これ明らかに尿漏れじゃね? って感じだし(恥

毎日食っちゃ寝しているせいか、
夕方何気なく足首を触ってみたら、
ちょっとだけぷにぷにしてて、
ああ、これがいわゆるむくみという奴かと
妙に感心してしまった。
妊娠中のむくみは出産後に
治ることがほとんどとは言え、
これまで意識したことがなかったから
なんだか不思議というか妙な感じ。

それよりもお腹の皮がもう限界まで伸びて、
というかかなり突っ張って張っているために、
皮膚の表面がビリビリ痛むのが地味につらいですorz
もちろんお股も足の付け根も毎日痛い。
トコちゃんベルトも汗疹ができてしまったので
就けようにもつけられず……まぁ
つけるとすっごく熱いし蒸れるので
どのみちつけるのは躊躇われますが。
でもおかげで夕方になると立ち上がるどころか
座っていることすらつらいと思う有様orz

おかげで買ったばかりのスマホを
横になっていじるばかりの日々になっておりますorz
旦那君がGoogleアカウント設定するときに
一緒にパズドラをダウンロードしてくれて、
なんやかんやとプレイしてしまっている自分がここにいる。
まずいぞー、このパターンは完全に
旦那君が飽きる頃にわたしがはまって
旦那君よりも上のレベルに到達してしまうパターンだ。
艦これと同じ道をたどるのが見えている。

艦これもなにげ来週から夏イベがあるらしく。
自宅安静に入るのと同時期に
前回のイベントが終了したので、
それ以降まったく手をつけていなかったけれど、
イベントあるならまた始めようかなぁー……。
一度手をつけなくなるとまた始めるの
面倒だなと思うのはわたしだけではあるまいよ。

こんな感じでだらだら過ごしつつ。
明日は火曜日なので妊婦検診に行ってきます。
もう子宮口開いているし促進剤打って
誘発しますか? とか聞かれたら
ぶっちゃけ即頷きたいくらいに毎日つらいorz
うまいことそういう流れにならないかな……
予定日三日超過くらいじゃならないか……orz

産まれない上に眠れない

そろそろ時刻は夜中の二時を回ろうとしています。
今日は○子の寝かしつけのときに
うっかり一緒に寝落ちしてしまったため、
気がついたら夜の23時……。
そのまま眠っちゃえばよかったのですが、
「あ~、洗い物まだだったんだ。
旦那君に言えばやってくれるだろうけど
結局言いに行かなきゃいけないから
起きる必要性がある……」と、
トイレに行きたいのもあって渋々布団から出て、
洗い物とかメールのチェックとかしていたら
目が冴えちゃってorz 居間のクーラーも切っちゃったし
旦那君も寝るというので一緒に寝室に向かいましたが、
ま~、眠れない(白目 眠気がどっかに行っちゃって、
この時間まで眠ろうと何度も寝返りうつも
まるで効果なく、あきらめて這い出てきましたorz
頭は痛いし、最近空腹のときは吐き気が込み上げてきて、
胃のあたりもなんかおかしいし、一日の疲れで
お股のあたりもずんずん痛くて大変ですが、
眠れないのですよorz どうしてだ~(涙

相変わらず陣痛はくる気配もないし。
旦那君がいてくれる夜のうちに痛み出して、
仕事行く前の時間に病院にぽーいって
送り届けてくれればそれが一番なんだけど、
と思い、毎日眠る前は「陣痛きて~」と
結構まじめにお祈りしているのですが、効果なしorz
子宮口すでに五センチもあいている状態で
よくもまぁ~ここまで陣痛こないものだと
感心してしまいますよね、もうここまでくると逆にさorz

今夜も何事もなく、気がついたら朝なんだろうな……(遠い目

出産予定日

予定日はあくまで予定日であって
この日に赤ちゃんが産まれるよ☆
という日ではないことはもちろんわかっているけど、
わかっているけど……なんだかなぁ(遠い目
これまでさんざん早産の危機を意識させておいて
蓋を開けてみれば予定日になっても
産まれそうにないっていうね、
この世の無常っていうか不条理っていうか
理不尽っていうか、いろいろ気を持たせておいて
なによその態度は! と言いたいというか……orz

ブルームーンと大潮という自然現象も
まるで関係ないと言わんばかりにスルーし、
本日は旦那君と○子と三人で妊婦検診。
NSTのみの検査だったので尿検査も
体重、血圧もエコーも内診もありませんでした。
NSTつければ赤ちゃんの心音は確認できるし。
今日はずっと眠っていたベビ君は
後半は助産師さんの揺すり攻撃で起こされましたが、
特になにがあるわけでもなく、30分の検査で
「ほどよく張ってるけど陣痛じゃないよね~」という
感じで終わり。うん、ほどよく張ってはいるんだよね。
毎日一時間から二時間のあいだに一回は
ちょっと生理痛かな~みたいな痛みと一緒に
張ることが多くなっているからね。うん。

「おしるしもあって張りも適度にあって、
子宮口も空いているから、あとは本当に
陣痛がくるのを待つだけなんだよね~」と
医師ももはやなにもできないとばかりに
「じゃ陣痛きたら連絡してね」と言って終わり。
「まさか予定日越しちゃうとわね~。
もう産まれると思ったんだけどね~」って
こっちが言いたいわその台詞は!!(怒
不思議だね~って目で苦笑いするのやめいッ!!

一応次の予約は火曜日に取ったけれど、
ホントにそれまでには産まれてくれないかなぁ。
○子も予定日より五日超過だったとはいえ、
なんのトラブルもなかったから
あんまり比べる対象にならない気がするorz

今日はNSTやっている最中に
助産師さんがやってきて、
入院のことに関しての軽い説明を受けました。
基本的には母子同室で、出産を含め
入院期間は五日間。最後の一日は
夜間も母子同室になると思うけど、
そのときの体調とかも含めて見ていくし、
おっぱいに関しても完全母乳! とかじゃなく
様子見てミルクもあげてくから~、と
いうことらしいです。母乳出なさそうな
わたしとしてはありがたいことですね。

一応おっぱいも見てもらいました。
左の乳首が相変わらず陥没気味ですが、
さわっているうちに出てくるし、
一人目のとき補助器で頑張ったことを話したら
同じようにすれば大丈夫だろうということで。
特になにか問題視されることもなく。
子宮口5センチあいていると話したら
ちょっとびっくりされましたが(「陣痛きたとき
すぐに誰か呼べる? すぐに病院に来られる?」と
再度確認されました)、そこまで開いているなら
お産は早いだろうからね~、
トラブルなく産めるといいね、と。
いや、ホントまったくその通りです。

ただ○子のとき、産後の出血が多かったと
バースプランの用紙に書いておいたら、
「一人目のときにそうだと二人目以降も
そうなる確率が高いから、こっちも
注意して見ておくね。子宮の収縮剤とか
早めに入れるようにするから~」と言われました。
いや~、今回は妊娠中からめっちゃ
お腹張りまくってるし、収縮剤下手に入れたら
後陣痛きつそうだからあんまりやらなくても、
とかちらっと思ったけど、もちろんプロ相手に
言えるはずもなく(遠い目

なにはともあれ陣痛がこないことには
なにを心配することもできず。

今夜はなにげに市内で花火大会があって
(今年で百年目の歴史ある花火大会です)
市の中心部は交通規制がかかっちゃうので、
夕方に陣痛とかきたらいやだな~と
ちょっと思ったりしています。朝方ならいいんだけど。
花火と一緒にドッカーンと産むのは
なんか嫌というか落ち着かないというか……
あ、でも花火で外がうるさければ
分娩室でいくら泣き叫んでも、
他の患者さんの迷惑にはならないかな(白目

ホントにベビ君、いつ産まれるんだろうねー(棒読み