04
1
3
4
5
7
9
10
12
14
15
16
18
19
21
23
24
25
26
27
29
30
   

四月の新刊情報

四月はお仕事がなんと三件も重なりました。
どうしてこう同じ月に一度に出すのだと
起こられそうですが、いやぁ出版社様側の
事情もあったりで、佐倉自身が出す日を
選べるわけではないので……としか言えません(汗

ということで今月のお仕事一覧を並べておきます。

***

hyoshi_l1054212.jpg

唯一の肉親である祖父の遺言により、
いきなり由緒ある伯爵家の跡継ぎに
指名された庶民育ちのジェシカ。
祖父の願いを叶える決意を固めるも、
現実はそう甘くない。 なんと、
三ケ月以内に誰もが認めるレディとなり、
国王陛下に跡継ぎとして認められることが必要で!?
虎視眈々と伯爵家の利権を狙う親族たちを黙らせるべく、
とある騎士から淑女教育を受けることになるけれど
――彼のレッスンは騎士団仕込みで超スパルタ!
しかも、夜は甘く淫らなスキンシップを仕掛けてきて……。
男女のアレコレも、立派なレディに必要不可欠!?
強引な騎士とにわか令嬢のドキドキロマンチックラブ!

アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉より発売中
試し読みはこちら→http://www.noche-books.com/lineup/detail/1054212/3655
ネットでも販売中→【Amazon】【楽天市場】【honto】【セブンネット】

***

utagawareta3.jpg

初恋の王子との結婚が決まった、小国の王女アンリエッタ。
けれど初めての夜、別人のように変貌した王子は、
愛を告げるアンリエッタを蔑み、乱暴に彼女を抱いた。
冷たくも激しい愛撫に困惑し、
悲しみを覚える彼女だったが、
かつての優しい王子を信じ、
その後も愛を捧げようと決める。
すると頑なだった王子も徐々に心を開きはじめて……
一途な花嫁と秘密を抱えた王子の
甘く濃密なドラマチックストーリー!
文庫だけの書き下ろし番外編も収録!

アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉より発売中
ネットでも販売中→【Amazon】【楽天市場】【honto】【セブンネット】

***

rozeriahime1.jpg

頭脳明晰イケメン腹黒宰相補佐
         ×
秘密たっぷり才色兼備のお姫さま。
品行方正・公明正大・清廉潔白を絵に描いたような
才色兼備の姫ロゼリアは、毎日、
ある秘密の場所に向かう。
そこはロゼリアが唯一ひとりきりになれる貴重な場所。
ここで笑顔の下に抱え込むストレスを発散していたのだが、
いつのまにやら合い鍵を手に入れた
宰相補佐ライフィールは忍び込んでくるように……。
『完璧な王女さま』を演じる快感とストレスを抱える姫さまと、
稀代の天才と言われつつ影の薄い宰相補佐の、
秘密で秘蜜な攻防戦。

KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉より配信中
【Kindle】【BOOK☆WALKER】【BookLive】【コミックシーモア】【楽天Kobo電子書籍】


rozeriahime2.jpg

ある事件から、急遽、女王に即位し
婿を迎えなくてはいけなくなったロゼリア。
結婚は王族の務めであると割り切り、
婿の選出を周囲にまかせたものの、
よりにもよって選ばれたのは公爵家のひとり息子、
エリック・バージウルスだった。
婚約者に選ばれたことでエリックの
態度は横柄になり、ロゼリアを婚約者として
支えるどころか邪魔ばかり。
ロゼリアは苛立ちで爆発寸前!
エリックは「自分を敬え」と傲慢に言い放ち、
結婚前に寝所を共にすることまで求め――
大爆発したロゼリアが求めたのは、
あの腹黒宰相補佐ライフィールだった。
『完璧な王女さま』を演じる快感とストレスを抱える姫さまと、
稀代の天才と言われつつ影の薄い宰相補佐の、
秘密で秘蜜な婚姻譚。

KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉より配信中
【Kindle】【BOOK☆WALKER】【BookLive】【コミックシーモア】【楽天Kobo電子書籍】

***

……もうこれだけで記事が充分長くなっちゃいましたね(汗

純粋な新刊は一番上の『マイフェアレディも楽じゃない』で、
こちらは書き下ろしとなっております。すでに出荷から
十日以上経っているのでもう全国に並んでいるかと。
五月以降の話らしいですが、ノーチェブックスの作品に
関しては順次電子書籍化が始まるようです。
これまでわたしの作品で電子書籍になっているのは
『愛されすぎて困ってます!?』だけだったと思うので
(単行本では、です。プリエール文庫様から出させて
いただいている文庫三冊はすべて電子書籍化されてます)
デビュー作となった『シンデレラ/マリアージュ』から、
この最新作までは五月以降の配信ということらしいです。
また詳しい日付が決まったらお知らせしますね。


そして文庫で出ております『疑われたロイヤルウエディング』
は数年前に単行本として出していただいたものの
文庫版になります。この作品はもともとムーンライトノベルズ様で
『いつわり王子は花嫁に酔う』というタイトルで
連載しておりました。わたしのムーンデビュー作ですw
こちらの番外編はアルファポリス様のほうに
置かせていただいているので、よろしければどうぞ。
いつわり王子は花嫁に酔う番外編
さらにこの続編というかスピンオフになる作品は
ムーン様にて置いてありますので、よろしければ。
つよがり王女は花婿に請う


最後に二つ並べて置かせていただきました、
KADOKAWA様のレーベル〈eロマンスロイヤル〉様から
ムーン様で連載しました『ロゼリア姫は逃げられない。』を
電子書籍化していただきました。昨日から配信中です。
一巻は格安の99円にて購入できます!
エロなシーンをよりエロエロに書き足しまして
お汁だくだくにて展開中であります(ジュルリ
二巻のエロシーンもそりゃあそりゃあ増し増しで
書かせていただきましたが、なななんと、こちらには
書き下ろしの番外編がつくのですよ!!
ムーン様の本編でも無事結婚したのちのロゼリアが
たまに離宮へ避難(=逃亡)をしたと書いたのですが、
この逃亡したときの様子が描かれております。
エロエロにしておきました。ライフィール視点だから
よりエロエロ度が増しているかと思います。
というかライフィールの脳内がひたすらエロいです。
ムーン様でもおまけとして書いたライフィールの
実は●●だったというエピソードももちろん収録。
こちらももちろん増し増しな感じなので、もうとにかく
ひたすら変態変態な感じなのでよろしくお願いいたしますm(_ _)m

こんな口の悪いヒロインと変態なヒーローを
よく電子書籍にしてくださったな……とKADOKAWA様には
頭が上がらないです。というかこんなんを
書籍にして大丈夫? と実際に確認したのですが、
担当女史様の「ロゼリア姫が大好きなんです!!!!」の言葉に
ああ、まぁ、そんなに言うんなら、はい、出していただいて
ありがたいですので、はい、お願いします……、
という感じで配信が決まったという裏話でした(苦笑

いずれの作品も全力投球しております。
どうぞよろしくお願いいたします!


それと、来月あたりに書籍プレゼントを実施したいと思います。
なにげに手元に見本本がいっぱいになって
置き場所がないのと、十二月だとなにかと
入り用でバタバタして、この冊数をさばくのは
大変だな~というのがありまして、比較的
行事ごとで忙しくない六月七月あたりに
プレゼントをしようかと思っております。
お盆でもいいかなと思ったのですが、なにしろ
わたしの家が狭く置き場がないもので……orz
早ければGW内に告知したいのですが、GW中は
やはりこちらも私生活が忙しいので難しく。
気長に続報お待ちいただければと思います。
また応募者全員SSとして『呪われ姫』も
書く予定でおりますので♪

合わせてよろしくお願いいたします。
長々と失礼いたしましたm(_ _)m
スポンサーサイト

三歳で膀胱炎……?

hyoshi_l1054212.jpg

アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉より発売中
試し読みはこちら→http://www.noche-books.com/lineup/detail/1054212/3655
ネットでも販売中→【Amazon】【楽天市場】【honto】【セブンネット】

***

入園早々問題を抱えております○子です。
どうやら膀胱炎になってしまった模様です。
なった、とはっきり言えないのは検査中だからです。
今朝採尿したものを小児科に持って行って、
検査結果が出るのは月曜日の午後とのこと。
で、先に抗生物質をもらって、今朝から飲み始めたので、
その薬が終わるくらいにきてくれればいいから、と
言われて今日は帰ってきました。となると
結果を聞きに行くのは火曜日になりそうです。
そのときの○子の様子と検査結果で
さらにどうするかを決めるとのことです……。

ただの膀胱炎ならいいのですが(いや、よくないですが
なにかしら引っかかって大きな病院で検査、
となると大変なので、町の小児科で対応できる
レベルの病気であってほしいと願っているチキン親
佐倉であります。といっても大きな病院も
車で十分もしないところにあるんですがね。


事の発端は○子が幼児用の小さな便器で
おしっこをしたくないと拒んでいるせいです。
午前保育のうちから、先生たちは時間を決めて
子供たちをトイレに誘導したり、おむつの子は
おむつ交換したりしていたらしいのですが、
○子は小さい便器でおしっこするのを頑なに拒み、
午後保育になってからも幼稚園でおしっこせず、
家に帰るまで我慢して、バスから降りたら速効
家のトイレに駆け込むということを繰り返しておりました。
本人に「幼稚園でおしっこした?」と聞くと必ず
「○ちゃん、ちっちゃいトイレじゃできないもん」と
答えていたので、ああ今日もトイレを
拒みやがったな……と悩んでいたのですが。

ちょうど先週は体操着の合わせに幼稚園に
足を運ぶ機会があったので、そのとき担任の先生と
お話ししたのですが、先生のほうも
○子がおしっこをしないことを気にしていて、
向こうから相談してきてくれたのです。
なので家で補助器も使わず洋式便器で
練習させてきちゃって、普通のトイレなら
自分でできます、ということを伝えました。
「え、それはすごいですね」と逆に驚かれましたが。

ちょうどその伝えた日からおしっこするとき
「痛いー!」と騒ぐようになった感じです。
それまでもちょっと陰部が気になる感じを
見せていたのですが、だいたいおむつかぶれ
みたいになっていることが多いので、
お股にワセリン塗っておけば次の日には
治っちゃってたんですよね。わたしも
今回もこれだと思って対応していたので、
膀胱炎と気づくのが遅れた感があります。

で、金曜日は先生も職員が使うほうの
トイレに誘導してくれたみたいですが、
○子は嫌がる上におしっこをするのが痛いのも
いやだからと大泣きして拒否しまくり、
しているうちにお漏らししちゃって、
服を全部着替えて帰ってきたという(苦笑

家に帰ってからもおしっこすると痛い痛いと
言っていたので、お医者さんに言ってお薬もらおうと
説得して小児科に連れて行った次第です。
先生も「膀胱炎かなぁ」と言いつつ、とにかく
「おしっこをして痛いとなるとちょっと気をつけて
見ていかないといけないので、尿検査します。
今おしっこがとれないなら、明日の朝一で
持ってきてください。ひとまずお薬出しときます」と
いうことで、検尿の道具諸々とお薬をもらって
帰ってきました。それからも当然おしっこを嫌がり、
している最中は痛いと泣きわめき、夜は
おしっこで起こされ痛いとなかれ、
早朝の五時前におしっこで起こされ痛いと泣かれ。

おまけに今朝はおしっこ取らなきゃ行けないのに
居間で攻防しているうちに漏らされて、
こっちもプチパニックで急いで床に流れた分を
スポイトで吸い取るとか訳のわからない行動に
出たりしました(苦笑 幸か不幸か○子はすべての
おしっこを出し切っていなかったので、その後の
おしっこを取ることができましたが。やれやれorz

今も、最後におしっこしたのが十時くらいで、
そこから四時間以上経っているので、そろそろ
トイレ行ったほうがいいんじゃない? と
声をかけたのですが、「おしっこ痛いー!
やだあああああしないいいいいいい」の
一点張りで、あきらめましたあorz どのみち
おむつ穿かせているから限界きたらまた
騒ぐだろうし、漏らしてもOKだし、と。

本当はたくさん水分を取って積極的に
排尿したほうがいいんですけどね。でもあの
ツーンと染みる感じは大人でも慣れないから
嫌がる気持ちもわからんでもないです。
なんにせよ毎度トイレのたびに大泣きされて
PMS中のママはものすごくイライラしております。
PMSってだけでも割としんどいのにねorz
ああ、もうすべてがしんどい週末ですorz

○市、月一の幼稚園へ行く

hyoshi_l1054212.jpg

アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉より発売中
試し読みはこちら→http://www.noche-books.com/lineup/detail/1054212/3655
ネットでも販売中→【Amazon】【楽天市場】【honto】【セブンネット】

***

毎日大泣き&大暴れしながらバスに放り込まれて
登園している○子です。でもここまで病気もせず
ひとまず元気に通っているだけ偉いと思うことにしている
ママであります。過度な期待は厳禁よorz

さて今日は○市の幼稚園プレでした。
プレと言っても親子教室のようなもので、
開催も月一回から二回とゆる~いスタンスです。
○子のときはそんなものがあることを知らずに
五月になってからの途中参加って感じでしたが、
今回は事前情報をあらかじめキャッチしており
すでに二月くらいから登録しておりました(笑

20組限定ということで、今日きていたのは
たぶん15組くらいかな? 一歳児の教室なので
三月に一歳になったばっかりの子もいれば
先週二歳になりました、という子もいて、
かなり幅広い小さい子が集まったという感じです。
まだ歩けない子もいて可愛い可愛いw
やんちゃにおもちゃで遊んでいる子もいれば
ママにすがって泣いている子もいましたが、
全体的に和やかな雰囲気でした。

教室も普段は乳幼児が遊んでいるクラスなので
スリッパなどいらずに靴下のママでOK。
床暖完備で冬は裸足でも暖かいとか。すごい。
今日は初日なので園長先生のお話からでした。
園舎が綺麗になって職員も倍の30人に増えて
園全体の雰囲気がとても明るくなっているとのこと。
よきことであります。

上にお子さんがいて通わせているというひとは
三分の一くらいだったかな。去年○子を
連れて行ったプレは一歳から二歳まで
二学年対象だったので、もうすでにできあがっている
ママさんグループがあったりという感じでしたが、
今回はそういうママさんたちは少なくて、
わたしと同じように上の子は年少さんで、
入園に際してこういうのがあるのを知って、
下の子が一歳で対象だから入れておくか~、
みたいな方が何人かいらっしゃった感じです。
おかげでわたしもそういうママ友の和に
気後れせずに隣り合ったひとと適当~に
話をして適当~に楽しめました。よかったです。

今後も緩いスタンスでやっていくらしく、
最初の二十分くらいは自由に遊んで
ママさんたちもお喋りを楽しんで、
後半で手遊びとかをしていこうという感じだったので、
親子教室というより、支援センターに近い!
というのが一番の印象でした。
今日は全員輪になって自己紹介をして
手遊びしたり絵本を読んだりして、おやつタイム。
ヤクルトとアンパンマンのお菓子をもらいました。

そしておやつを食べているとき、ちょうど年少さんの
二クラスが外で遊び始めて、自分たちがいる教室の
すぐそばで砂遊びとかをし始めたんですよね。
わたしも先生の話を聞きつつほかのママさんと一緒になって
つい○子を探してしまった……いた……めっちゃ
ぼっちで遊んでる……orz 今日は最高気温が
20度行かないから長袖ワンピに十分丈レギンスで
行かせちゃったのですが、みるみるうちに
気温が上がってかなり暑い! 普通に
シャツとスカートでよかったわ、とちょっと後悔。

その○子は遊びが終わって先生が呼んでも行かず、
全員が教室に入ってもまだ外にいて、
下駄箱の近くでうろうろして立ち尽くして、
かぶっていた紅白帽のゴムをひたすら伸ばして遊んでたorz
でも最後は観念して自分で靴を靴箱にしまい
上履きに履き替えて中に入ったから、まぁ、いいか、
と娘の馴染めていなさにがっくりきつつorz
もうこれ完全にイレギュラーな感じになってる~orz
うちの娘どこまでいじけてるんじゃーorz と
切なくなりつつ、それをその後プレの先生に愚痴るorz
こんな調子なので外をのぞき見るときは
とにかく自分が○子を見つけても○子は
ママを見つけないようにと気を張っていました。
相手に気づかれずに相手を尾行するみたいな、
なにかミッションめいたものを感じつつ、やはり
娘の動向は気になってついついのぞき見ていた
佐倉でありますorz 我ながら怪しすぎるorz

○市も誰かが外に出る気配を感じると
自分も出たがって、引き留めると大泣きでしたが、
それ以外は特にわめくこともなにもなく、
自己紹介のときもずっとおとなしくわたしの
膝に座っていて、○子に比べてなんて扱いやすい
子なんだとママはしみじみ……orz
比べちゃ行けないと思いつつつい姉弟を比べて
弟の手のかからなさに驚いておりますorz

解散のあとは靴を履いてひたすら校庭を
走り回っていました。そして砂場で遊んでいた。
全員が帰ったところで最後に帰って、
そのまま買い物にいった感じです。
疲れたのか、買い物途中で寝ちゃって、
帰ってきて30分経った今もまだ寝てます。
まぁこのあとまた幼稚園に行く用があるので
それまでしっかり寝てくれれば。

今日は○子の体操着のサイズ合わせがあるので、
このあとお帰りの時間になったら○市を負ぶって
また幼稚園に向かいます。昨日からサイズ合わせ
開始していて、昨日だとお迎えのママさんたちで
ひしめき合っているだろうからなぁ、と思って
今日にしたわたくし。徹底的にほかのママさんとの付き合いを
最低限にしたいコミュ障ママであります。
でも今日のプレでは支援センターで会ったことがあるママや、
去年プレで上の子がご一緒したママもいて、
お互いいろいろ話すことができたのでよかったです。
後者のママは幼稚園に息子さんを送っているそうですが、
毎日大泣き&大暴れで、靴どころか園服も
着せてくれずに、下手したらパジャマでそのまま
引き渡しという毎日だそうで、ぐったりしてましたorz
お互い早く楽しく行ってくれるようになるといいですよね……
とまるでお通夜みたいな空気でため息を吐き合ったという。

みんなどこもそんなもんだ、プレに通ってたからって
幼稚園行きたがらない子は行きたがらないんだよと
身をもってわかった瞬間でありましたとさorz

登園から一週間

hyoshi_l1054212.jpg

アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉より発売中
試し読みはこちら→http://www.noche-books.com/lineup/detail/1054212/3655
ネットでも販売中→【Amazon】【楽天市場】【honto】【セブンネット】

***

○子が幼稚園に通い始めて一週間が経過しました。
先週の火曜日にバス通園が始まり、
先週いっぱいは午前中のみの保育、
本日から午後いっぱい(二時まで)の
保育になりました。こども園なので二号、三号
認定のお友達は、もっと早い時間に登園して
もっと遅い時間に帰るようですが、○子は
一号認定の幼稚園枠なので、九時から二時が
保育時間となっております。
そんな中、歩いて五分で幼稚園に着く距離に
住んでいながらバス通園を選んだので、
バスは朝一の八時に家の側に迎えに来てくれます(苦笑

初日はバスに乗れるという楽しみだけで
ニコニコしながら自ら乗り、二日目も楽しそうに乗り込み、
三日目に至っては「ママ~、バイバ~イ!」と
バスの座席に座って笑顔で手を振ってくれたのに、
四日目の金曜日でぐずぐずになり、週末
家族で屋内施設に遊びに行って、パパとも
いっぱい遊びまくって充実の日曜日を過ごしたら、
本日、月曜日になって「幼稚園行きたくなーい!」
が勃発。まぁ予想の範疇です(遠い目

むしろ今までよく嫌がらずバスに乗っていたなぁと
感心するくらいですが。とにかく今日は朝から
「幼稚園行くよ~」と言っても「バスが来るよ~」と
言っても、無表情で下を向いて、無言のまま
いやいやいやいやと首を振っていた○子さん。
いざ出かける時間になって園服を着せようとしたら
椅子にへばりついて袖を通させないボタンを
留めさせない、帽子は引っぺがす、鞄背負わない、
ついには行かないいいいいいいと泣きわめくで、
おお、とうとうこの日がきたか……! と
ママは微妙な感慨にふけっていました(単なる現実逃避

「え? ○ちゃん行かないの? じゃあママと
○君はおうち出ちゃうね。ばいば~い」などと
ひどい手を使って外に誘い出し、靴を履かせ、
行かないいいいいいいいいいいいい、
おうちかえるうううううううううううううう、
バスのらないいいいいいいいいいいい、
いーかーなーいいいいいいいいいいいいいい!!
と青空に泣き声を響かせてなんとかバス乗り場に。

○子のいいところはその場にひっくり返って
泣きわめかないところですね。泣きながら
先を行くわたしの後を着いて歩いてくるから、
一応頭では幼稚園は行かなきゃ行けないと
理解しているわけです。その上で必死の抵抗を
試みているのがよくわかります(苦笑

で、バスが来たら逃げだそうとしたので
がっしりホールドして、降りてきた先生に
そのままパス。先生も笑顔で受け取り
大声を上げて両手足振り乱して暴れまくる
○子を椅子に座らせ、じゃあお預かりしまーす!
と行っちゃいました。響き渡る○子の泣き声。
それを笑顔で大手を振って見送る母。

まぁ行ったら行ったでなんとか過ごしているだろう。
ただ毎日涙でぐっしょり濡れたハンカチが
一緒になって帰ってくるけど、と思いつつ、
二時まで待ったらきちんと笑顔で帰ってきました。
帰ってくるときはけろっとしたもんで、今日は
バスから降りてすぐ「ただいまー!」って
大きな声で挨拶してくれました。
ただいまって言ったの初めてだったので
ちょっと嬉しくなったママ佐倉であります。
そして○子は帰ってくるといつも「○ちゃん
いっぱい泣いちゃったw」と「たのしかった~」と
感想を言ってきます。初日はこれに「はぁ、つかれた」
が加わっておりましたが、今日はなかったな。
ハンカチとティッシュは鞄に放り込まれていたけど
泣いた形跡はなく。おかしいなぁと思っていたら、
夕方になって幼稚園の先生から電話がかかってきて、
バスに乗った直後と、降りて教室の前にきたときに
泣いたとの報告がありました。なんだか
教室に上がる前の靴箱のところで毎度抵抗するらしく。
無理矢理引っ張っていくとよけいに暴れて抵抗するので、
先生もありとあらゆる語句を駆使してなんとか
下駄箱の前まで誘いこみ、ゆっくりゆっくり
教室に入らせるそう(先生の苦労が偲ばれる……orz
いざ教室に入ったあとはそんなに泣くこともなく
それなりにやっているらしい。今日の給食も
「美味しいねぇ?」と声をかけたら、返事こそ
なかったものにニヤッと笑顔を返したらしい(なんじゃそりゃorz
そして半分くらいは食べていたと。
わたしが幼稚園時代は半分どころか
ご飯一口しか食べなかったから、それに比べりゃ
相当食べているほうだな○子偉い、と
ダメダメだった自分と比べて、もっと食べろよ
という気持ちを抑えようとする佐倉ママ。
なにせ○子、家に帰って来るなりわたしと
○市のお昼にしていたうどんを
半分食べやがったからな……(イラッ☆

まだ本当に最初のほうですし泣いちゃうのは
仕方ないと思いますし、これから慣れてきますし、
明日はわたしがバス係なので朝迎えに
行きますからー! とどこまでも気遣ってくださる
担任の先生に涙が出そうなほど感動する。
こちらこそこんな扱いづらい頑固娘を
五時間も見ていただいて本当にありがたいやら
申し訳ないやら今後も何卒よろしくと
ひれ伏したいやらで……(涙

まぁとにかく、本人は本人なりに
頑張っているみたいです。
環境の変化に弱いのはママも同じ。
君の入園式の日に緊張のあまり眠れず
吐きそうになりながら行きたくない行きたくないと
ぐだぐだ言っていたのに比べりゃ、
三歳なのに偉いもんよ。ママは三十歳なのに
このgdgd具合だからねorz どうしようもないねorz


そして姉が幼稚園に行っているあいだ、
○子はお姉ちゃんがいなくて寂しい……みたいに
なるのかなーと思っていたけど、すっとこどっこい、
いつも僕の邪魔してくる叩いてくる突き飛ばしてくる
意地悪なお姉ちゃんがいないから、おもちゃで
遊び放題だしビデオも静かに見られるし、
ママもぎゅっとしてくれるから楽園だー♪
ってな具合に一人で過ごすことを満喫しているorz
むしろ○子が帰ってきたあとのほうがうるさい。
○子は幼稚園のストレスから解放されて
暴君に成り下がって弟をサンドバッグにするし、
そんな姉に近づこうとしてはねのけられる弟は
大泣きしてママに助けを求めるしで、
ママのストレスはもれなくマックスになるという……(怒

片方だけでも幼稚園行ってくれると楽って
いうのは本当だったんだな……片方いないだけで
家庭内って平和になるんだな……と思う日々でありますorz

そんな○市も今週の木曜日には
幼稚園の一歳児対象のプレに参加します。
月一~二の緩い感じの体験入園で、
ママと一緒に遊んだりする感じです。
それで幼稚園を好きになってくれたら、
○市は四年保育で入園させる計画。

あと一年。あと一年で、わたしはわたしを
育児というストレスから自由にしてあげたい(遠い目

ひとまず上手く慣れてくれることを祈る日々です。


新刊出荷日です

ようやく温かくなったかと思ったら
また冬になったりという気候にプラスして
娘の幼稚園入園による諸々の変化が
どっと押し寄せてきた挙げ句、見事に
喉風邪を引いて現在声がガラガラに枯れている
佐倉紫です。喉痛いです。眠いですorz

さて、そんな中ですが新刊が発売されました。

hyoshi_l1054212.jpg
唯一の肉親である祖父の遺言により、
いきなり由緒ある伯爵家の跡継ぎに
指名された庶民育ちのジェシカ。
祖父の願いを叶える決意を固めるも、
現実はそう甘くない。なんと、
三ケ月以内に誰もが認めるレディとなり、
国王陛下に跡継ぎとして認められることが必要で!?
虎視眈々と伯爵家の利権を狙う親族たちを黙らせるべく、
とある騎士から淑女教育を受けることになるけれど――
彼のレッスンは騎士団仕込みで超スパルタ!
しかも、夜は甘く淫らなスキンシップを仕掛けてきて……。

男女のアレコレも、立派なレディに必要不可欠!?
強引な騎士とにわか令嬢のドキドキロマンチックラブ!


アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉から
書き下ろしの新作となります。
『マイフェアレディも楽じゃない』。
イラストは北沢きょう先生に担当していただきました。

そろそろノーチェブックスも巻数が多くなってきて、
「やばいな。西洋系のファンタジーテイストしか
書けない自分にとって一番恐ろしいのは、
内容が既刊とかぶってしまうことだ」ということで、
既刊のあらすじをずらずら見つめたあとで、
「あ! まだマイフェアレディは出てきていない!」
という発見をし、「よし、今のうちに書いちゃおう」と
不純な動機から考えたのが本作であります(遠い目

普通にマイフェアレディと言えばお嬢様教育ですが、
そこは大人テイストのノーチェブックス。
ただレッスンだけやって終わるわけがありません。
当然あ~んなことやこ~んなことも
たっっっぷり、これでもかっっっってくらいに、
甘くでろでろにイヤ~ンな雰囲気で書かないと!
と意気込んで、そういう風に書いたのですが、
いかんせん主役二人がどっちも気が強くて
結構ケンケン言い合いが始まっちゃって、その都度
「ええいっ、もっと色っぽくなれ貴様らああああ!」と
作者は必死にて舵取りしつつ頑張った感じになりました。

はい、今作のヒロインは庶民育ちの元気な感じで、
ヒーローは凄腕の騎士ながら俺様な
感じに仕上がっております。ヒロインを
昼も夜も厳しくも甘くもいじめ倒して楽しんでいます(オイ
ヒロインもいやよいやよと言いつつ……な
ところはこのジャンルのお約束ですよねw

ヒロインは庶民育ちが長かったので、
『王家の秘薬』で書いたルチアのような
ちょっとはすっぱな感じで書いていたのですが、
改稿の段階で「もうちょっとお嬢様らしく」と
修正が入りました(笑 さらにはページ数も
オーバーしちゃって、校正の段階で「よっしゃ、
ページ数減らすぞ!!」と、台詞を調整したり
言い回しを調整したりして、担当女史様と
協力して20枚くらい減らす努力をしたり……。
割と目に見えない努力があふれております。

タイトルは、いつもは編集部のほうで決めてください、
と丸投げしているのですが、今回はプロットが
通った時点で「なにか仮タイトルをつけてください」と
担当女史様に言われ、内容そのまま
『マイフェアレディも楽じゃない』とつけました。
実際にタイトルが必要になったときは編集部の
皆様が素敵な本タイトルをつけてくださるだろうw
と思っていたので、「タイトルこのままでいきます」と
連絡をもらったときには、ナ、ナンダッテー!? と驚愕しました。
なので珍しくこのタイトルは作者がつけております。

そしてイラストは北沢きょう様。
わたしのデビュー作になった『シンデレラ・マリアージュ』
でもお世話になった超・超・超人気のレータ―様です!
TL・BL問わず大活躍なさっていますし、
それだけに担当する作品も多いだろうということで、
担当女史様からお名前を告げられたときは、
「え? 北沢様ってすごくお忙しいと思うのですが
大丈夫なんでしょうか……?」とそのお身体を
心配しておりました(汗 ですがものっっっっすごく
美麗なイラストを次々描いてくださって、
もうわたしは北沢様を拝む以外にありません……!

もうね、イラストが上がってくる頃って、作者はもう
原稿が終わって校正もほとんど終わっていて、
ぶっちゃけ原稿中にした苦労とか楽しみとか、
忘れちゃってるんですよね(汗
なのでもういざ本になる頃には「イラストすげええええ!
超綺麗えええええ! もうこれイラストを
見るために買う本だろ! 内容どうでもいいよ!
ぶっちゃけもうなに書いたかわからんし!!」みたいな
おかしなことになっちゃってるので(校正で
疲れ切っているのもあると思う)、とにかく
イラストをご覧ください! みたいな気持ちでいる
作者に成り下がっております。うーん、原稿中、
それなりに山あり谷あり、いろいろあったと思うんだけど、
なんか育児と同じでつらい面は忘れちゃうんですよね。
楽しい面だけ覚えているような思考回路になっちゃって……
(そして楽しいところと言ったらイラストが上がってきた
瞬間とかだから、原稿ほぼ関係ないorz)

いや、でも本文もそれなりに苦労して書き上げているのは
間違いないです。つらすぎて作者忘れているだけです(遠い目

ということで、本日出荷になっております。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

初登園

今日から本格的に○子は幼稚園に通い出します。
園自体は昨日始業式でしたが、始業式は
在園児の午前保育のみで、新入園児(の中でも
一号認定の子)はお休みでした。
○子は一号認定、いわゆる幼稚園枠の子なので
昨日はお休みしておりました。
そのお休みの日にまだ買っていなかったお弁当箱や、
着替えを二セット持って行かないと行けないと聞き、
そうなると手持ちのズボンが少なくなるな、ということで、
ちょうど夏物セールが始まった西松屋に行き
可愛いスカートと七分丈ズボンを買ってきました。
百均でお弁当箱を買ったら、○子は大喜びして、
その日の夜も、また今朝も「お弁当食べるー!」と
主張して、お弁当箱にご飯を持って、それに
のりたまかけて食べておりました。もりもり食べてた。

そして入園の時間が迫るにつれ、わたしは
入園式のとき同様恐ろしいほどの緊張と不安に包まれ、
割と本気で吐き気と頭痛を感じて死にそうになってました。
もともと環境の変化に弱いタイプなのですが、
それでも自分のことに関しては奮い立たせてやってきたけど、
娘のことに関しては娘自身頑張らないと
いけない場面も多く、どうにも助けてやれない場所に
行ってしまうのだと思うと、大丈夫なのか、
ちゃんとやれるのか、ずっと泣いているようなことはないかと、
もう不安で不安で恐ろしすぎて緊張して眠れない、
みたいな状態になっておりました。親のわたしがorz
もう昨日からずっと「緊張する~。不安だ~。
不安すぎて死ぬうううううう」とわめいているので、
旦那君は「逆にどうやったらそこまで緊張できるのか
不思議でたまらない」と遠い目で見られました。
うん、でもこんなふうに胃がよじれるほど
gdgdわめく母親は実際そういないと思います。

そして昨日の夜は必要書類を書いたり
帽子にリボンを縫い付けたりしておりました。
バス通園を示すマークになるリボンだけど
もともと裁縫の腕が皆無なのと、帽子の
てっぺんという不安定なところに縫い付ける
ミッションが重なってもうどうしようもなく難しくて、
たかだか幅二センチのリボンを結びつけるのに
一時間かかったという体たらくですorz
連絡帳に書く地図にも苦労し、終わったときには
なんかもう疲れと緊張と不安と寝不足で
情緒不安定に……。とても眠れない、と
ネット徘徊していたらいきなり飛び込んできた

『浅田真央現役引退』のニュース!

いやああああああああああああああああああああ!!
と素で叫んで、その瞬間は緊張も吹っ飛び
情報収集に走り、驚きが去ったあとは虚無感だけが
残ってもはや死んでいました(遠い目
死んだように眠り、でも緊張のためか五時に起き、
それから朝食の食べられないくらいに
緊張していたのですが、ちょうどテレビをつけたら
真央ちゃん引退に関し織田信成氏が号泣しながら
しゃべっていて、それを見てちょっと気持ちが浮上しました。
ああ、わたしが今感じている緊張など、
織田君の喪失感に比べればなんともないな、と……。
織田君、このあとほかの番組にも引っ張り出されて
ずっと泣いてるんだろうなぁと思ったら、
なんだか気が楽になったという話です。ありがとう織田君。

それでも時間が迫るにつれ緊張しすぎて、
もう二十分前には出るようしようと張り切ったとき、
まさに二十分前という時間に、麦茶を入れて
置いておいた水筒が、なぜかベランダに続く
窓際で底が抜けた状態でぶっ壊れていて、
辺り一面麦茶だらけだったという事件が起きました……orz

持っていくはずの水筒がぶっ壊れたこともそうなら、
麦茶の海の中で犯人と思しき○市が楽しそうに
水をびちゃびちゃ手で跳ね上げて座り込んでいるのが、
もうね、原が立つを通り越してね、殺意が湧いてね(怒
もうわたしもがいろいろテンパって気がおかしくなって
「あはははははは! なにやってんの!? 水筒ないのに
どうやって幼稚園行くの!? なにやってんの?
ねぇなにやってんのおおおおおあはははははははh!!」と
完全に気が狂った感じの高笑いしながら
片付けたっていう恐ろしい事態でしたorz

速攻で○市を着替えさせ、もうこれ以上悪さしないよう
抱っこひもでおんぶして、○子に園服着せて
荷物持たせてさっさと外に出ちゃいましたorz
天気はあいにくの雨。でもそんなに強い雨じゃなかったので
長靴じゃなくてもいいかな、と普通の靴を
履かせていきましたが、まっているあいだにどんどん
雨が強くなって「うわぁ、失敗した」と落ち込みorz
しかも早い時間に出てきちゃったからバスがくるまで
十五分もあるって言うね。このあいだに身体が冷えて
風邪引いたらどうするんだっていうね。もういろいろ
gdgdすぎて泣くしかないorz 本人もバス待たないで
「早くようちえんいこーよー」って幼稚園に向けて
歩き出そうとするし。でも実際待っている時間で充分
幼稚園までたどり着けたorz 歩いて十分だもんorz

それでもなんとか待たせて、通りがかった近所の
おじいちゃんと少しお話しして。「うちの孫も
そこの幼稚園に通ってて、バス待つのがいやで
直接歩いて行ったほうが早いってよくわめいていたよ」って
教えてくれてちょっと和んだw そしてバスが
予定していたのと反対の道から来たのでびっくり(汗
この辺は細い道ばかりでバスがすれ違うのは大変なので、
迂回して別ルートからきたとのこと。「明日からは
きちんとこっち側からくるね~」とバスの運転手さんに
言われ。入り口のところで待っていた先生に挨拶。
先生も雨対策にカッパを着ているしよう。
「おはよう、○子ちゃん!」と挨拶してくれる先生に
わたしが挨拶する間に、○子はバスに乗りたくて
乗りたくてたまらなかったらしく、一目散に
バスに乗り込んで一番前の席に座り込みました。
「ええええ、ここはバスに乗るのを嫌がって
大暴れするシチュエーションでは!?」とその場面を
想像してもう何日も前から胃痛にさいなまれていた
ママは愕然。暴れるのを押さえつけるため
わざわざ雨の中自分の傘たたんで地面に置いたのに!(汗

とりあえず先生には「水筒忘れちゃって~」ということと
「これ石けんとかです」と、提出用のハンドソープや
雑巾が入った絵本袋を先生に渡しちゃいました。
先生も慣れた様子で「あ、はい! お預かりします!」って
受け取って、バスのドアは無情にも閉められるorz
親が不安がると子供も不安がるからということは
わかっていたので、ひいきにしているスポーツチームが
勝利して凱旋したのを迎えるサポーターくらいの
勢いで「行ってらっしゃ~い! 楽しんできてねー!」
とめっちゃ笑顔でめっちゃ手を振って送り出しました。
そして去って行くバス……走り出しこそゆっくりでしたが、
すぐにスピードを上げて角を曲がっていって、

嗚呼……行ってしまった……orz

と、なにかもう抜け殻みたいな気持ちで見送りましたorz
○子が自分からバスに乗っていき、
わたしが手を振ってもにこにこしながら
それを見つめるだけでさっさと行ってしまったのに
寂しいやら不安やら大丈夫かなという思いやらで、
わたしは未だに落ち着きません(遠い目

水筒壊れちゃったから持って行きようがないけど、
水分補給のときどうするんだろう。コップはあるから
水道の水でも飲ませてくれるのかな、とか、
連絡帳に書類挟んだだけで持たせちゃったけど、
やっぱりファイルとかに入れて石けんと一緒の
絵本袋に入れたほうがわかりやすかったかな、とか
どーでもいいことをぐるぐるぐるぐる未だ考えて
ああでもない、こうでもない、と答えが出ない問いを
ひたすらぐるぐる繰り返すだけのアホ人間と化しております。

雨もすごく激しくなってきちゃって、やっぱり
長靴にすればよかった。家を早く出すぎて
待ち時間長すぎたんだから、そのあいだにいったん
家に戻って履き直すことだってできたのに
なんでそれをしなかったんだ自分。汚れて帰ってきたら
どうするんだよ明日までに乾くのかよこの野郎、
と自分の行動に突っ込みたい気持ち満載。

とはいえあと一時間半もすれば帰ってくるから
心配もなにもないとは思うのですが……。
気づけばもう十時過ぎている……十一時半には
バスが戻ってくる予定なので、意外とすぐなんだなと思ったり。
でもこの数時間でここまで胃が痛いままというのも
そうそう体験できないことなのは確かでした。

こんな雨だから外に行きたくないけど、
○子が帰ってきてお昼ご飯を食べたら、
そのまままた西松屋に行って水筒を買い直しますorz

今日はもうなにも手に着かない。こうして
ブログ書きながらたまに○市をあやすしかできない。
そしてすでに明日の朝の心配をして胃が痛い。
今日は無事にバスに乗ったけど、明日は……?
と考え今からまた緊張で吐きそうになっている。

自分のネガティブな想像に自分でダメージを
受け続ける、そんな受難の日々は続く……orz

入園式

今日は土曜日なのにあいにくの雨。
小雨という感じですが、降ったり止んだりと
落ち着かない天気です。気温は温かいのですが。
逆に昨日の午後はあまりに暑くて
半袖で普通に過ごせました。
そんな陽気だから○市がダウンして、
昨日の夜は咳鼻水に加え38度の発熱。
今朝になって下がりましたが、一応小児科に行き
薬をもらってきました。今日になって○子も
鼻水を発症していたので、同じく薬をもらい。
そしてわたしも風邪引いたっぽい感じで
夕方になると咳が出始めます。
皆様も体調管理にお気をつけを。

さて、昨日は○子の幼稚園入園式でした。
カテゴリにも新たに「○子幼稚園(年少)」というのを
作ってみました。これが年中、年長と
どんどん続いていくことを切に願いつつ。


入園式当日の七日金曜日はあいにくの雨。
一日曇りの予定だったから雨が降ったのには
あちゃ~という感じでしたが、気温は高く
着ていくものには困らない感じでした。
わたしの服は上下で切り替えのある
半袖のワンピース(上は白で、腰から
下は黒のスカートになっている)と
青みがかった薄い灰色のジャケット。
○子は前日に急遽揃えたリボンと
襟付きのシャツに灰色スカート、
黒いフリル付きハイソックスに、
園服を重ねて着る感じでした。
夫氏はスーツ。男って奴はすべてが
スーツでまかなえるからうらやましい。

が、○子のスカートはサイズが一番小さいので
120しかなく(おそらく小学校の入学式用に
並んでいた奴だったので)、穿かせてみたら
見事に腰はぶかぶかの丈が長過ぎな感じで(汗
でも腰の部分を一回折ったらちょうどよく
なったのでそれで強行しました。
あとあとやってきた母がそれに気づいて
大爆笑していたのはここだけの話。
母には○市を預かってもらうためだけに
わざわざこちらへきてもらいました。

九時半からの受付開始で、母が早く
きてくれたので、わたしたちも出発することに。
もう緊張と不安と寝不足で死にそうな
気持ち全開でムンクみたいになりながら
向かったのですが(旦那君はそんなわたしを見て
なぜそんなに緊張するのか意味がわからんと
首をかしげていました。まぁ大体のひとは
そういう反応をするかと思いますが)
いざ到着すれば水瓶座特有の社交型スイッチが
入るのか、ギクシャクすることもなく
フツーに敷地内に入っていくという……
小雨が降りしきる中、入園おめでとうの
看板がかかっている前で写真を撮ったり、
門の前でも写真を撮る親子連れがいっぱいだというのに、
雨にこれ以上打たれたくないさっさと受付を
済ませたい一心ですぐに教室へ向かう一行。
すぐに先生が近寄ってきて声をかけてくれて
「おはようございますー! あっ、○子ちゃんですね?
わたし担任になりますOと申しますー!
よろしくお願いしますー!」と挨拶してくださいました。
O先生はプレのとき、一度手品を見せてくださった
ことがあるし、園紹介でもベテランの域に入る
先生だったので(でも年齢はわたしと同じか下)
「あああ、この先生なら大丈夫だよかった~」と
なんとなくほっこりし、無事に上履きに履き替えて
教室に向かったら、先生が手ずから○子に
名札をつけてくれました。ももぐみさんなので
ピンクの可愛らしい名札です。
それから荷物置き場まで案内してくれて、
「これが○子ちゃんのマークだよ!」と
荷物置き場とお道具箱に張ってあるマークを
教えてくださるという……ちなみにリスさんでした。
リス……リスかぁ……ウサギとか蝶とかなら
絵でも簡単に描けるけど、リス……orz
子供の持ち物にマークでも入れようかなと
ちらっと思っていた考えはその時点で霧散しました(遠い目

「入園式は遊戯室で行いますので
好きな席に親子で腰かけてお待ちください~」と
言われ、なんだか言われたらすぐに移動しないと
行けない気がしてすぐに遊戯室に入ったけれど、
周りのママさんたちは思い思いに写真撮ったり、
先生と子供を並べて一緒に撮ったりとアクティブ。
上の子がすでにいる場合はその担任の先生と
お話ししたりねぎらったりと、アクティブな保護者は
どこまでもアクティブやと感心しながら、
基本ぼっち至上主義の佐倉ママはそうそうに
まだひともまばらな遊戯室に入ったという……
前のほうの席に腰かけて待っていましたが、
人が増えてきたところで夫氏が「じゃあうしろのほうに
行くよ」とわたしたちから離れて遊戯室の後ろに。
子供と母親が一緒に座り、父親はうしろで立っているが
入園式の基本スタイルになっておりました。
ところでわたしと○子が座ったところの近くに
お祝いのお花が置いてあって、そこの百合から
ものすごい匂いがしてきて、旦那君はこれを
かいだ瞬間からずーっと頭が痛くなって
たまらなくなったそうです。持病の偏頭痛……orz

入園式は開式の言葉から、新入園児代表の
くす玉割りへと続き、もうこの時点で○子は
「○ちゃんもやりたい!○ちゃんもお手伝いする!」と
さわぎ、その後もぐずぐずぐずぐず騒ぐのが
大変で、いざ式が終わりクラスで写真を撮る
段階が一番ひどかったorz ももぐみさんの男の子と
女の子に分かれて写真だったのですが、
男の子は割とぐずっていてママが抱っこして
写真に収まる子も多かったのですが、
女の子は全員綺麗に一列に並んで座って
カメラを見てにっこり落ち着いて笑っていました。

うちの○子以外はorz

○子はすっかりぐずって疲れて座るのも拒否、
仕方なくわたしが捕まえて膝の上に座らせるも
全力で嫌がって大泣きしながら大暴れ。
わたしはスカートがはだけるのもかまわず
○子を必死に抱えているだけで精一杯で
笑顔を作る余裕もなかったです(遠い目
なんでうちの子だけこんなんなんだ……orz と
絶望に駆られたのは致し方ないことだと思っていただければ。

その後は教室に移動して先生が出す
おもちゃで遊ぼうとなり、保護者の方は
再び遊戯室に戻って説明を聞く~という
流れでした。○子もすぐにおもちゃに飛びついたのですが、
人気のおもちゃっぽい感じで、男の子と取り合いになり、
負けた瞬間に大号泣。「○ちゃんが遊びたい~!」
とわたしに向けて訴えてくるんですが、いやぁ
わたしに言われても困るし……orz
ほかのおもちゃで遊ぼうと言ってもまるで聞かず。
そしていざわたしと夫氏が遊戯室に行こうとすると
「○ちゃんもいく! 一緒にいく! おうち帰るぅううううううううう!!」と
大暴れ、大泣きorz 仕方ないので旦那君が
「じゃあおれが残ってみているよ」と言ってくれたので
わたしだけ説明を聞きに向かうことに。
○子はずっと泣いていたけど無視です、無視。
ほかにも二人くらい親から
離され泣いている子がいましたが、
迎えに行くまでの小一時間、
みんないい子にしていたようです。
○子も泣いていたのは最初の十分くらいだったらしい。
ただ周りの子が遊ぼうと誘っても頑なに拒否し、
手に入れたお気に入りのおもちゃをひたすら抱き込み、
割と長い時間ひとりで遊んでいたそうな……
どーよ、この頑固かつ協調性皆無な感じ。
完全にわたしそっくりじゃないですかorz
でも最後はお友達に誘われて一緒に遊んだりも
していたらしいけれど。前途多難やね……orz

家でも支援センターでも基本的に自分が
一番年上で王様で、たいていのものは
自分のものにできていただけに、今後
集団に入れて譲り合いの精神とかを
学んでいってもらえればいいなぁと思いつつ、
慣れるまではストレス溜まるだろうから家庭でも
見ていかないと駄目なんだろうなと思うと気が重いorz
その点○市なんかは、常に○子に
ものを取られ邪険にされ突き飛ばされ
殴られしているから、こういうところに入っても
要領よく順応も早そうな気がする……と
旦那君と二人で言い合っておりました。
下の子が要領よくなるのわかるよホントにorz

保護者のみの説明のほうでは
バスについてや提出書類などが知らされ、
またいくつか準備するものが増えた……
とげんなり。そのための週末なんだなとも思ったり。

終わったあとは教室で担任の挨拶。
担任のO先生も諸々の説明をしつつ、
「実はわたしここ何年かは年中さんや
年長さんを受け持つことが多かったので――」
との挨拶に、根暗佐倉は「ああ、だから
年少さんはちょっと不安とかそんな感じかな」と
予想したけれど、O先生は明るい笑顔で
「年少さんは本当に久しぶりなので、わたし、
担任するのがとっっっても楽しみなんです!」
とうれしさがあふれ出しそうな声で言っていて、
「あああああ、駄目だあああああ、
こんな怪獣でしかない三歳児を愛する
幼稚園の先生という人種の思考を
わたしのようなネガティブ根暗ぼっちが
推し量ってはいけなかったのだあああああ」と
心の中で思わず叫びました。
幼稚園の先生やべぇよ、胸の内の
本心はとにかく明るい笑顔で言い切る
その姿勢がやべぇよ、格好良すぎる、
頼もしすぎる、もはや同じ人間とは思えない、
というくらいに佐倉ママは衝撃を受けていましたorz
副担任のY先生は今年入られた
新卒の先生とのことですが、ずっと
緊張も見せずににこにこしていて、○子が
じっと見ていると見返して手を振ってくれたんです。
○子は恥ずかしがってわたしの膝にうつ伏せちゃったけど、
ニヤニヤしていたから本当はそうとう嬉しくて
照れちゃったんだなぁ、と。あれ? うちの子ツンデレ?

挨拶が終わって入園式も無事終了。
Y先生に靴箱のところまで見送ってもらって
「よろしくね~」と声をかけてもらって、帰りました、
となればよかったけれど、そこは怪獣三歳。
遊具でひとしきり遊んでから、門の前で
ひとまず写真撮って帰ってきました。

帰ってくるとビデオを流しながらそれを
静かに見る○市と母の姿が。
「○市はおとなしい子だねぇ~。
全然泣かなかったしいい子にしてたわ」と
よそ行きの顔を見せまくっていたらしい○市。
これが○子なら大泣きしているだろうに、
一歳の○市のほうがよっぽど大人な
対応ってどういうこっちゃ、と母はめまいがorz

そんな感じで昨日の入園式は終わりました。
正味三時間程度の拘束時間で
わたしのメンタルは真っ白に燃え尽きましたorz
こんな状態で五月には親子遠足とかあるんだぜ?
○子と二人っきりでデートしちゃる。
ほかのママさんと必要以上に会話など
する予定などない。娘とデートする。
と心に決めて対人関係のストレスを
追い払おうとする駄目ママ佐倉でありました。

幼稚園に通い始めるのは火曜日からになります。
(月曜日は始業式で、新入園児の一号認定は
お休み。二号、三号の子は普通に通える)
その日から○子はバスに乗って通うのだ~。
そして初日から持たせるものが多いので
ちゃんと持って行けるか超不安であるorz

あ~胃が痛い……orz

明日は入園式

仕事に追われているうちにいつの間にか
四月に入っていつの間にか入園式、
という感じになっております。ホラーだorz

入園式に向けここ数日はこつこつと
買ってきた鞄や持ち物に名前を書く作業に
終われておりました。ちょっと調べれば
タグにマスキングテープを巻き付け
そこに名前を書けばお下がりするときも
誰かにあげるときも便利! なんて
出ているのに、わたしはそのテープを買ったり
アイロンで貼り付けたりするのも面倒くさくて
(もはやアイロンを用意すること自体が面倒)
マジックで服にそのまま直書きするという
恐ろしい手法をとって衣類や布製バッグの
名前書きを強制終了させたという有様です。

お下がりしようにもうちは姉弟の兄弟だから
持ち物も服もそうそうお下がりにならないし、
両方の性別が居るのだからそれぞれで
女の子、男の子の感じを楽しみたいし、
そもそもお下がりをする頃にはボロボロに
すり切れて目も当てられない状態になっているんだから、
と言い訳なら軽く百個は思いつきます(真顔

これまで着ていた洋服もあれば、
新しく買ったものもあり。いずれも西松屋や
イオンの安い奴ばかりなので汚れても
全然惜しくないぜ! という感じでしたが、
○市の服も新しく買ったので(なにせ
冬になる前に着ていたのはカバーオール
だったので今の時期に着る服が一着もなかったorz)
二人の衣類だけで合わせて一万超えたときは
ちょっとふっと意識が遠くなりました。西松屋で
衣類だけで万札飛ばすのって難しいと思いますorz

○子の用意はもちろん、自分の入園式用の
服も買ったし(イオンで二万円。ワンピース、
ジャケットが灰色と黒の二種類付き)、
母にバッグとネックレス借りたし(自分で
買わないドケチな実情)、靴も
就活で使っていた奴を五年ぶりに
引っ張り出したし(ほこりまみれのヨレヨレ)、
ストッキングも買ったし(就職してからは
制服だったけどストッキングではなく
ハイソックスかニーソックスがセオリー。
そして出産後はずっとジーンズなので
スカートを穿く機会もなく必然的に
ストッキングが不要のものに)、
翌日の化粧のりが少しでもよくなるように、
湯船に浸かりながらハトムギ美容液を
これでもかと顔に塗りつけパックして、
ムダ毛もこれでもかと言うほど処理し、
まったく手をつけていなかった眉毛も
剃ったり揃えたりと、わたしにしては頑張りましたorz
(どこがだ、という突っ込みは甘んじて受け入れます)

はぁーあ、女はこれだけ支度に金も時間も
かかるのに、男と着たらせいぜい散髪して
ひげ剃ってスーツ着るだけなんだから楽でいいよな……、
とグチグチしつつ、当日の○子の服装を考えて、
はた、とあることに気づいたのは今朝のこと。

「入園の案内には『園児の格好は
園服着用(下は自由)って書いてあったけど……」

この下は自由というのを、アホな佐倉は
額面通りに受け取って、本当に普段着ている
普段着で行くことを、今朝の今朝までなぜか
想像しておりました。

……いやいやいやいや! 普段着と書いてあっても
ガチで普段着は着せないだろ普通はよぅ!

慌てて園のHPで、入園式の様子とか
写真出ないかな~と探したところ、
入園式はなかったけど先月の卒園式の
様子はアップされていて、女の子はみんな
園服の首もとからブラウスの丸襟を出して、
下は可愛らしいスカートを穿いて、靴下も
フリルがついているような素敵なのを身につけている……w

これが正しい式典時の服装だよ!!!!
なに本当に公園とか行くときの格好をさせて
入園式に子供を出さそうとしていたんだ自分!!!!

ということで、本日慌てて買い出しに行くことに。
「お洋服買いに行くよ」と言ったら○子が速攻で
「ウサギちゃんのお店!?」と聞いてきて
(いや~、西松屋にはフォーマルな奴はないと思うが……)
と思いつつ、本人が行く気満々になってしまったので、
仕方なく最初に西松屋に行き、やっぱりそれっぽいのが
なくて、次にしまむらにでも行ってみようと思ったら、
なんとその店、閉店セールのまっただ中orz
正しくはリニューアル前の在庫処分だったんだけど、
警備員まで出るほどの人いきれでとてもじゃないが
子供二人抱えて見ていられるもんじゃない。
(それでも入った手前なにか買いたい欲求に駆られて
○子のワンピースと自分のシャツ買ったorz)
早々に出て、あーもうこういうところじゃなくてイオンとかに
一直線に行くべきだったわ、と反省。
食料品を買いたいこともあって、ひとまず先に
行きつけのスーパーに行って今晩の材料を買い、
それからいったん家に帰って、子供たちに
お菓子を食べさせているあいだに、○市の
おむつ替え、自分の化粧(それまですっぴんマスクだった)
飲み物とタオルと替えのおむつの用意を持って
隣の市にある大きなイオンモールへ。

新学期コーナーが特設されていたから
そこを除けばフォーマル衣装がまだあるだろう、
と思ったら案の定たくさんありました。
速攻で目についたシャツとスカート、靴下を買い、
占めて一葉が飛んでいったところで、
マックにてお昼。春休みも終盤とあって
家族連れや友達同士や学生さんの多いこと……。
早い時間に行ったから座れないことはありませんでしたが、
まぁすごい行列がマックの前にはできておりました。

おもちゃ売り場にあるアンパンマンのブロックで
少し遊ばせ、買うものを買ったからさっさと帰ろう、と
言うママに当然抵抗する○子。今日はもともと
支援センターに行きたかったので、○子に
先生と遊ぼうよと伝えて、渋々納得させて、
今度は支援センターへ。が、雲行きが怪しく
なってきたので、いったん家に帰って
洗濯物を取り込み、ハンガーにつるしたままの
状態で床に放置し、すぐさま支援センターへ。
その間○市はずっと寝てました。

支援センターに着いたらついたで、
外の砂場で遊んでいる幼稚園軍団を見つけ
○子も当然のごとく砂遊びに夢中に。
途中で○市も起きちゃって一緒に遊びだし、
もうこの時点でわたしのHPは振り切れているorz
なだめすかして屋内に入ってもずっと
走り回っているし二人して逆方向に
行きたいと騒ぎ出すしで、閉館時間を迎える頃には
わたしは抜け殻になっておりましたorz

とにかく明日から幼稚園なので、支援センターに
○子はしばらくこられません。長期休暇中は
幼稚園児にも開放しているけど、次の休みは
夏だからね。それまではさよならなのですが、
本人はまるでその自覚がなく、帰らないと
わめいていた割には、靴を入ると挨拶もせずに
一直線に車に駆けていく節操のなさです。

○子の明日の服を買うというだけの目的で
一日あちこち渡り歩いた佐倉でありました。
すべては自分のアホな思い込みのせいですが。
なぜに入園式の服にガチ普段着を
着せようと思ったのか……orz

いや、案外ガチ普段着でほかの園児たちは
やってくるのかもしれん……となるとうちの子が
今度は浮くことになるのでは……っ?
こういう埒のあかない悩みを毎度抱えては
一人悶々として吐きそうになる性分です。

入園式の様子はまた明日更新予定です。
何事も起こりませんように……
起こったとしても大事に至りませんように……
(ネガティブ思考は常に悪いことが起きることを
予言し続けておりますorz)

入園まであと五日

四月ですね。新学期が始まります。
うちの○子さんもあと一週間したら
幼稚園に入園するのかと思うと
親のわたしのほうが「お友達できるかな。
先生と楽しく過ごせるかな。
いじめられたりしないかな。
いじめたりしないかな。暴力的に
なったらどうしよう。着替えもまだ
一人でできない状態なのにこんなんで
入園して本当にちゃんとやっていけるのか
ああああああ心配すぎて胃に穴が~」
という心境になっております。
早く幼稚園入れ~、わたしを自由にしろ~、
という気持ちももちろんあるのですが、
それ以上に不安が大きく死にそうになっている有様。
自分自身もママ友とか面倒くせえええええ
絶対にいらねえええええと思うのですが、
最低限の付き合いはしないとな、と
それすら面倒くせえええええええ、と
もはや人間としてどうなのそれ、というレベルで
うだうだぐだぐだしている最中であります。

数日前も子供たちを公園に連れて行ったとき、
自販機の前の東屋でジュースを飲んでいたら、
前に座っていたママさんが「あ、こんにちはー!」って
声をかけてきて。条件反射的に
「こんにちはーw」と笑顔で挨拶したけど
誰なのかさっぱりわからず、向こうのママさんも
「わたしのことわかります?」って聞いてきて。
全然わかんないという本心をひた隠し
「どこかでお会いしたことあるなぁと思うのですけど、
ごめんなさい、支援センターでしたっけ? 
幼稚園でしたっけ?」と、顔はわかるんだけど
思い出せないのごめんなさーいw というノリで
尋ねて、「幼稚園です」と答えてもらうという有様で。
そう言われても「全然わかんない……こんなひといたかな?」
というか幼稚園プレに通っているママの顔も
子供の顔も全然覚えてないし終始ぼっちだったからな、
と我が身を振り返り思う佐倉なのであります。
こういう世間話的なものもその場限りなら
全然いいのですが、毎日となると絶対に苦しいので、
通園方法は迷わずバスを選んだ背景があります。
幼稚園まで徒歩五分くらいだというのにね。


さて、そんなママの内心に反して○子は
幼稚園に行ける日を楽しみにしているらしく。
ことあるごとに「幼稚園行きたい」と言っているので
ここ一ヶ月は「四月になったら行こうね」と
言っておりました。本人は四月がなんなのかも
わかっていないと思うし、幼稚園はママと一緒に
行くものだと思っている気がしますが(汗
でも「幼稚園のバスにママは乗れないよ。
○ちゃんはバスに乗って、お友達と先生と
幼稚園に行って遊んでくるんだよ」とは
言い聞かせているのですが。意味わかんないだろうけど
本人も「ママ大きいからバス乗れないんだよね~。
○ちゃんは三歳だからバス乗れるんだよね~」と
納得しているようなしていなようなことを言ったりしてます。

入園グッズも買うだけ買って(手作り? なにそれ美味しいの?)
そのままになっており、名前書きはそろそろ
やろうかとかそういう感じです。持ち物すべてに
名前を書くってことはその日持って行く
ハンカチや洋服にも名前書かないといけないのか?
と思い至り、そうなるとどれだけ名前シールを
用意しなきゃいけないんだ? と改めて考えて
すでに死にそうになっている佐倉であります。
というかたいていのママさんはもうとっくに
準備を終えてその日を待っているだけな気がするorz
今日の夜にでももう一回リストを見直して
あれこれやる予定になっております。できればね。

幼稚園に入るまでにある程度自分のことは
自分でできるようになって欲しいと思いつつ、
ままならないところも多くてもどかしい思いもしてます。
洋服の脱ぎ着なんかはそろそろ自分で
やってくれと思うのですが、パンツとズボンは
自分ではけるけど、それもわたしがきちんと
前を教えて、床に敷いた状態からじゃないとできないし、
上は脱ぐことも着ることもできません。
靴はなんとかマジックテープの靴を一人で
はけるようになりましたが、高確率で左右逆に履いてます。
トイレは一人で行けるようになったけれど
トイレットペーパーを切るのが下手だし、
というかかなり引き出して使いすぎだし、
用を足したあとはパンツとズボンをわたしが
床に広げてやらないといけないし……。
食事も最初は自分で箸やスプーンを持って
食べるけど、だいたい十分で飽きて「食べさせて」と
他力本願を発揮する感じで。
○市が食べさせてもらっているからうらやましく
感じちゃうところもあるんだろうなと思って、
こっちも食べて欲しいから食べさせるけど、
自分で食べてくれ~と思うこともしばしば。

朝ご飯は雀の涙ってほどしか食べないし、
代わりに十時と三時のおやつはめっちゃ食べるし。
幼稚園に行ったらおやつは出ないんだよ、
お昼までお腹すかせていていいの? と
朝食べて欲しい気持ちを伝えるのですが、
まぁ本人はどこ吹く風ですよねorz
そんなところもまたママの不安を煽るわけですが。

なにはともあれ本人は慣れていただくしかないとして、
わたしのほうがさっさと準備を終えろという話です。

はい、ちょうど仕事も一段落したので、
ぼちぼち動き出しまーす。……面倒くせえええ……orz

***

四月は新刊が二つ出ます。
いずれもアルファポリス様から、
単行本一冊、文庫本一冊です。


『マイフェアレディも楽じゃない』
〈ノーチェブックス〉四月中旬発売予定

唯一の肉親である祖父の遺言により、
いきなり由緒ある伯爵家の跡継ぎに
指名された庶民育ちのジェシカ。
祖父の願いを叶える決意を固めるも、
現実はそう甘くない。なんと、
三ケ月以内に誰もが認めるレディとなり、
国王陛下に跡継ぎとして認められることが必要で!?
虎視眈々と伯爵家の利権を狙う親族たちを黙らせるべく、
とある騎士から淑女教育を受けることになるけれど
――彼のレッスンは騎士団仕込みで超スパルタ!
しかも、夜は甘く淫らなスキンシップを仕掛けてきて……。

男女のアレコレも、立派なレディに必要不可欠!?
強引な騎士とにわか令嬢のドキドキロマンチックラブ!


『疑われたロイヤルウェディング』
〈ノーチェ文庫〉四月下旬発売予定

初恋の王子との結婚が決まった、
小国の王女アンリエッタ。
けれど初めての夜、別人のように変貌した王子は、
愛を告げるアンリエッタを蔑み、乱暴に彼女を抱いた。
冷たくも激しい愛撫に困惑し、
悲しみを覚える彼女だったが、
かつての優しい王子を信じ、
その後も愛を捧げようと決める。
すると頑なだった王子も徐々に心を開きはじめて……

一途な花嫁と秘密を抱えた王子の
甘く濃密なドラマチックストーリー!
文庫だけの書き下ろし番外編も収録!


『疑われた~』のほうはすでに単行本として
出ているものの文庫版で、書き下ろし番外編が
収録されています。相変わらずオーランド様大好きな
アンリエッタと、そんな嫁をむっつりと愛するオーランドの
ある日の一コマ。時系列的には王宮から
領地の屋敷に引っ越しするちょい前、くらいですね。

書き下ろしとなる『マイフェアレディ』は
イラストが北沢きょう先生。『シンデレラ・マリアージュ』
でもお世話になった方で、今回もとても
美麗なイラストを仕上げてくださいました!

いずれもまだ書影など出ておりませんので、
情報がもう少し出そろいましたら改めて告知します。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

プロフィール

佐倉紫

Author:佐倉紫
『ベリー・ウィッシュな日々』
育児他、日常のつれづれ日記。
時々Web小説の更新情報。
商業紙などのお仕事情報。


―佐倉紫(さくらゆかり)―

一月生まれ。水瓶座。
夫、娘○子(三歳四ヶ月)、
息子○市(一歳九ヶ月)と
ほのぼの四人暮らし。

TL作家として既刊あり。

ムーンライトノベルズ様
にて同名義で活動中。


↑ランキング登録中

ツイッター

商業誌紹介


『ロゼリア姫は逃げられない。1』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『ロゼリア姫は逃げられない。2』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『マイフェアレディも楽じゃない』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『騎士侯爵の優しい策略
 ―花嫁の初恋―』
ブライト出版〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『愛されすぎて困ってます!?』 アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『獰猛な王は花嫁を愛でる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『白薔薇は束縛にふるえる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる