TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年05月
ARCHIVE ≫ 2017年05月
      

≪ 前月 |  2017年05月  | 翌月 ≫

楽しくなかった親子遠足

本日は幼稚園の親子遠足でした。
遠足先は埼玉県にある東武動物公園です。
八時に市内のプラザに集合予定で、
ギリギリ八時五分前に到着したのですが、
まぁ~さっそくわたしはやらかしました。
プリントに園児の格好は「夏服/体育ポロシャツ
・体育パンツ」と書いてあって、
「夏服? 体育ポロシャツ? どっちで
行くのが正解なんだ?」とわけがわからなくなり、
夏服で大丈夫だろうと思ってきていったら
体育ポロシャツが正解だったという罠。
この「夏服」というのは年中・年長さんのみが
着用している「夏用の園服」のことだったのですorz
(今年の年少さんから園服が替わって、
年少さんは夏用の制服が存在しない)
おまけにわたしもいつも家族で出かけるような
格好でいいだろうと思って着ていった服が
割と襟ががっつり開いているタイプの奴で、
TPOもクソもない場違いな格好を母娘両方で
してきてしまったわけです……(遠い目
周りのママさん見てみるとTシャツ・デニムとか
本当に地味目でまとめているママさんが多く、
わたしのタンクトップ+カーディガン・デニム
スタイルは完全にアウトな感じでした……(遠い目

それでもまだ林に紛れた木のように
生きて行ければよかったのですが、○子は
現在進行形で幼稚園でもしょっちゅう泣いている・
集団行動もしないし自分が気に入ったこと以外は
なにもやらない、というような手のかかる園児で、
この日もまぁ~その手のかかるぶりを発揮してました。
ただでさえTPOに喧嘩売るように周りと違う
格好をして浮いている中、バス内の手遊びはガン無視、
先生が説明中もわたしに話しかけてばかり、
わたしと手を繋ぐのを終始嫌がり、
自分が行けるほうに行けないとギャン泣き、
というのが終日続いたスタイルでした。

まだ動物園に着いていないうちから「○ちゃんは
動物園に行きたい!」と大声で宣言し、
「だから今バスで向かってるよ」とわたしが答えれば
「やだああ、降りる!」と大声でわめき、
「バスが止まらないと降りられないよ。今ここで降りても
動物園までの道がわからないよ」と言っても
「降りる!」の一点張り。降りなかったけれども。

そしていざ到着したらダッシュで入り口へ向かおうとし、
わたしと手を繋いで列になって歩くのを拒否し、
列から何度も外れて反対方向へ走ろうとするので、
やむなく抱っこして列を追いかけたら大泣き。
さらにゲートをくぐってすぐのところにあった
公園なんかにある遊具?みたいな乗り物が並んでいて、
「あれに乗りたい!」と大声で主張。だが
クラス写真撮影が控えていたので駄目だと言ったら
そこからギャン泣きスイッチ発動。脱走と
大泣きと地面に大の字を繰り返しながら、
クラス写真撮影という難行に挑む。もちろん決められた
順に並ぶこともできず、わたしが抱っこして端っこに
座って撮るのも、ギャン泣きし続けわたしから
逃げようと暴れるので撮影にも時間がかかり、
周りのママさんに謝りたいと思っても、荷物を
取りに行くことも難しいほど動物園に向かって
走り出す○子を追いかけるのに必死すぎてどうしようもなく……

そして向かった先は動物ではなく再びゲートに戻って
先ほど乗れなかった公園にあるような乗り物に乗りまくり、
そこだけで三十分くらい消費。もうわたしも
自由行動中はどう行動してもどうでもいいわという
気分で、○子に付き合ってのんびり適当に回ってました。

他にもたくさんの幼稚園・保育園から
園児が遠足にきていて大わらわな感じでした。
トイレも和式のほうが多くて混みまくっていたし……
とりあえず○子にはウサギでもさわらせておけば
いいかと思ったのですが、なんとウサギとの
ふれあい時間は十三時からとなっていて無理だったというorz
その後は近くのペンギンを見たり、また乗り物の
ところに戻ったりと、園の奥に行くことなく過ごし、
でも十三時前にウサギのところに行ったら待ちの
行列ができていたのでひとまず並び、大勢の
園児たちに押し寄せられて撫でられまくっている
ウサギを○子にもなでなでしてもらいました。
「あったかかった」と感想を言ってにこっとしていて、
個人的にここがハイライトその1かな。
その後は二つ隣のひよこのところにも行くということで
行かせ、そこではひよこを持ち上げることができたのですが、
動物嫌いなわたしはたかだかひよこを持っているだけでも
ひぃぃぃ~って感じで、爪は痛いわ、くちばし痛いわで
この野郎って感じでしたが、○子は意外と上手に
ひよこを持って(というか握りつぶして)いて、
「ふわふわ~w 可愛い~w」と言っていました。
今日撮った○子の写真で唯一動物園にきていることが
わかる正面写真はこのひよこのところだけです(遠い目

ひよこをさわって満足したのか、
その後は集合時間一時間前に
またゲートのところの遊具で遊ばせて、
トイレに入ってからバスに戻りました。
割と早く戻ったつもりでもすでに半数の
ひとが戻っていたという衝撃(遠い目

その後も先生の言うことそっちのけで
大声を出すわ降りると言うわでもう
頭クラクラしちゃいましたが、もう、うん、
疲れていてどうでもいい気持ちになったし……orz


他によかったことと言えば、近くの席に
座っていた女の子たちが「○子ちゃん」と
呼びかけて手を握ってくれたりしたことですかね。
多分普段から○子が泣いてばかりだから
女の子特有のお世話したい欲求から
優しくしてくれる天使たちだと思うのですが。
それと○子がたまに言う「Nちゃん」という
お友達のママさんともお会いできて、いつも
お世話になっていますとお礼言うことができたことくらいかな。
皆様とても優しいママさんたちで、集合写真で
「騒がしくてすみません」と謝っても、
「大丈夫です~」なんて笑ってくださったのに
救われました……ホントすみません、うちの娘だけ
なんかこんなんで……orz 手を繋いで歩くことすら
できない我が子をどうしても不甲斐ないと思ってしまう
不甲斐ない母親はわたしですorz


幼稚園入れば楽になるよ~とか、見違えるように
言うこと聞くようになるよ~とか、いろいろ
聞いてきたけど、今のところうちの娘には
なんら当てはまるところがないなとどうしても思ってしまう。
楽になるどころかこれまでの子育てが
失敗だったかと疑いたくなるようなことばかりで、
今日も周りに迷惑かけまくりで肩身が狭いばかりでした。
それでも帰りのバスで途中下車する際には
(解散場所の前に幼稚園の前とかを通ったので
家が近いひとは途中で降りることが可能だった)
みんな「○子ちゃんバイバイ」と声をかけてくれて、
なんかもう優しさにふれ合ってありがたいと
思う反面ごめんなさいという気持ちもあふれていた
母佐倉でありました……。よかったこともあったけど
正直に素直に言うなら、楽しくはない一日でした。

来年には楽しいと思える一日に
なっていればいいのですけどねー……
来年は○市も四年保育で入園させる
つもりでいるので、たぶん家族総出で
行くことになると思うのですが、うーん……。
○子が来年になっても今のままだったらと
考えちゃうと、いっそ欠席しようかという
考えが頭に浮かぶ今日この頃ですorz
スポンサーサイト

プレ二回目

相変わらず体調にブレがある佐倉です。
頭痛がようやく薬とか地道なストレッチのおかげで
よくなってきたのかな~、と思ったら朝の
気温や気候でやっぱり痛む日があったり、
かと思ったらここ数日天気が悪くて寒かったので
あえなく風邪を引いて喉をやられて鼻水も
だらだらで鼻呼吸ができなくなったりと、
割と大変な日々を過ごしておりました。風邪は
だいぶよくなりましたが、今日は朝は頭痛があり
痛み止めを服薬しております。とほほ。
日常生活は普通に送れているんですがね。
昨日も母とイオンで待ち合わせてスタバの
新作飲んだりランチしたりと楽しく過ごせましたが。


さて、今日は○市の二回目の幼稚園プレの日でした。
プレというのもおこがましい、親子で楽しく
遊んでお喋りして、ちょっと手遊びして、みたいな
支援センターに近い感じの集まりです。
今日も前半は子供たちを自由に遊ばせ
ママさんたちのお喋りの時間になり、
後半は絵本の読み聞かせと、マラカス作りでした。
マラカスは小さなペットボトルにビーズを詰めてあり、
そこにママがマスキングテープとシールを貼って
完成というもので、できあがったやつは
子供たちがもれなくぶん回して遊んでいました。

○市もだいたいの時間おとなしく遊んでいたのですが、
(そしてわたしはそんな○市を見るだけ見て
ぼーっとしていて他のママさんとの交流は
ほとんど持たずにぼっちを満喫していた)
誰か一人が脱走すると自分も続けという性なのか、
ガラス越しの外で園児たちがのびのび遊んでいるのを
見たせいか、自分も外で遊ぶ~と何度か脱走を
繰り返しまして。その都度室内に戻していたのですが、
運悪く外で遊んでいた○子に見つかりましたorz

「あ、ママーw」と嬉しそうに寄ってくる○子。
あああああ見つかっちまったあああああ、と
盛大に焦るわたし。そんなことはお構いなく
外で遊びたいから行かせろゴラ、と無言で
わたしの手をくぐり抜けようとする○市。
そんな構図で硬直していましたが、
タイミングよく(?)手遊びを始めますという
声がして、ママは○市を抱えて○子に「ごめんね、
ママ中に入るから○子は先生と遊びなね」と
声をかけて中に入ったわけです。そのときの
○子の泣きそうな顔と言ったらorz
その後も窓越しにしつこくママ、ママと声を
かけていた○子でしたが、ちょうど外遊びが
終わる時間だったらしく、わたしたちが
マラカスを作り終えて外に出たときには
年少の園児さんたちは中に入っておりました。

○子も教室に入れたのかな、よかった、と
思いつつ、あとの時間はプレでゆっくり過ごし、
外遊びする気満々の○市に靴を履かせ
解放したら、なんと先生に手を引かれて
廊下をお散歩する○子の姿が(滝汗

○子もママアンテナがすごい立っていたらしく、
速攻でわたしを見つけて泣きながら
「ママあああああああ!」と叫び、それに気づいた
先生がハッとした様子でこっちに頭を下げ、
もうそうなったら無視もできないので近寄っていったら
○子その場で号泣orz 「最近は
外遊びが終わって教室入ろうって
行ったらすぐ入ってくれたのですが、
今日はなかなか入ってくれなかったので、
ちょっと強引に中に入れちゃったんです。
そしたら泣いちゃったので、気を紛らわせるために
お散歩しようと出てきたところだったんですよ~」と
説明してくれる先生にものっすごい申し訳ない
気持ちになりつつ、「すみません、外で
遊んでいるときわたしを見つけちゃったので、
たぶん連れて帰ってもらえるんだと思ったんだと……」
「ああ、それで入るのちょっと嫌がったんですね~!
そうだよね~、ママがいたらそっち行っちゃうよね~。
でも○子ちゃん、ちゃんと自分で靴を脱ぐところまでは
できたから偉かったんですよ!」と、すっごい
迷惑かけているのに褒めてくれる先生に、
こっちの良心は痛みすぎてたまらないorz

○子は○子で泣きながら「ママと帰る!」って
主張するし、こりゃあ近くにいても逆効果だと言うことで
「○ちゃんはこのあとご飯食べるんでしょう?
ご飯食べたらバスに乗って帰っておいで」と
声をかけ、先生も「そうだよ、○ちゃんはバスは
一番に降りるからすぐにママにまた会えるよ!
ちょっとごはんたべて、そしたら帰ろうよ!」と
明るくなだめられ、「じゃあお願いします~」と
頭を下げてわたしは早々に帰ることに。

長居したら○子がママと帰ると駄々を
こね続けるだけだ。さっさとここから消えなければ!
と思ったはいいものの、こっちには
明らかにまだ遊びたい○市がorz
仕方ないので小脇に抱えて帰ってきたら
まだ遊ぶううううううと大泣きして
他のママさんたちの注目をめっちゃ集め、
ママはもう心を無にして園の門をくぐるしかなかったですorz

子供たちどっちにもそれぞれ「帰るうううう」
「帰らないいいいいいい」と泣かれ、
疲れ切ったままは、お昼をコンビニで買って
帰ろうとしたはずなのに、なぜか通り道にあった
ケーキ屋さんに車を停めて、お昼ご飯の
代わりにケーキを食べたという体たらくですorz
単に胸焼けと胃もたれを引き起こしただけですが、
なんかとにかく、わたしも慰められたかったのですorz
お昼をケーキバイキングで終わらせたようなものさ!
と言い訳しつつ、息子にもケーキでお昼ご飯に
させたのは大いに反省すべき点と思いつつ、
たぶんまたやる日がくるだろうと思わずにはいられない。

思い切り遊ばせてあげられなくて御免よ、○市。
○子は今頃泣きながらお昼を終えた頃かしらん。
なにより一番謝りたいのは○子の担任の先生。
いつもご迷惑をおかけして申し訳ありませんm(_ _)m

ファミリー参観

今日は○子の幼稚園での参観日でした。
ファミリー参観なんてしゃれた言い方を
するなぁと思いつつ。あいにく天気は大雨(汗
おまけにここ最近は最高気温が二十度超えが
当たり前だったのに、今日は十八度止まり。
さてなにを着ていこうかと、そこから悩む有様です。

とはいえ自由な感じの園なので、
こういう催し時も保護者の格好はわりとラフ。
わたしもジーンズとちょっとおしゃれなトップスと、
防寒着代わりに厚手のパーカー着て行きました。
夫が園まで車で送っていこうかと申し出てくれましたが、
大雨だし車でくるひと多いだろうな~、
幼稚園の駐車場は広いけどその前の道は
狭いから送っていくのも大変そう、ということで、
長靴を履いて歩いて幼稚園まで行きました。
帰りは○子と歩いてくる予定だったので、
○子の傘とレインコートも一緒にもって。

十時半から開始で、到着したのは十五分くらいでした。
下駄箱が置かれた昇降口代わりのピロティに
すでに多くの保護者の方が待っていて、すでに
満員っぽい駐車場にもまだまだ車が入ってくる。
保護者は母親だけできているひともいれば、
赤ちゃんを抱っこしてきているひともいるし、
父親と夫婦できているひともいるし、なにより
土曜日ということで小学生がいっぱいいました(汗
みんな卒園生なんでしょうね、ピロティで
お待ちくださいという園内放送をぶっちぎり、
我先にと幼稚園に入って、屋内の遊具で
遊びまくっていました(笑

わたしもほかの保護者に混じりながらピロティから
○子のいるクラスをちらっとのぞきました。
ちょうど窓に近い席にいて、先生のピアノに
合わせてノリノリで歌って踊っていました。
けどピアノ音が止むと途端につまらなそうに
そっぽを向いて、窓の外にわたしを見つけるなり
嬉しそうににっこり笑い、次いで帰りたいと
視線に込めてこちらをじーっと見つめ、終いには
ぽろぽろ涙をこぼすという……(苦笑
副担任の先生が慌てて駆け寄って
○子のハンカチを取り出し涙ふきふきしてました(汗

そして時間になって保護者が教室に入る時間に。
わたしも○子の側に行ったのですが、まぁ~、
さすがうちの○子さんですよ。わたしの顔を見るなり
先生の説明もなにもかもそっちのけで、
他の子が立って挨拶したり手遊びしたり、
今日の日付を復唱したり出欠の確認を
したりするあいだ、ひとっっっっっつも
先生の方向を向かず、むしろ椅子に跨がって
座って、先生に背を向けてこっちに身体全部向けて
ひたすらわたしに話しかけていましたよorz

ちなみに他の子はみんな先生のほうを向いて
お話をきちんと聞いていました(遠い目
一人だけママにべったりで泣き出しちゃった子がいて、
そのママさんまで泣きそうな顔になっていたのが
なんとも気の毒でしたが……うちもああなるのを
覚悟できたので、もうなんか、○子、
くっちゃべってばっかりだけど、泣かないだけ偉いなと、
わたしは自らのハードルを最低限まで下げたorz

その後はプレのときと同じような制作の時間。
福笑いをつくるということで、顔の形に切られた
画用紙に、髪の形に切られた画用紙をのり付けし、
その後は目の画用紙に黒目をクレヨンで描いて、
鼻の画用紙に鼻の穴を描いて、それで
福笑いをして遊びましょうということでした。
先生が見本で作りながら、できあがった福笑いを
して笑いを取ったところで(この説明の半ばくらいから
飽き始める男子が増えて、机にぐで~と
伏せる子が多かったorz うちの○子は相変わらず
説明そっちのけでわたしにひたすら話しかけている)
すでに用意されていたキットを使って作った感じです。

自分のお道具箱からくれよんとのりを
取ってきなさいと言われ、きちんと自分の
道具箱から取ってきたのは感心しました。
先生が「椅子を机に入れてから」と指示すると
○子もきちんと椅子をしまってから道具を
取りに行ったのですよ。そこは感心しましたね。
肝心の制作物は目も鼻もすべてのり付けして
福笑いの意味をなさないただの制作物に
成り果てましたがorz 他の親子がほのぼのと
遊んでいるのを横目に「おお、○ちゃん
女の子の顔完成したね~w」と褒めていたわたしorz

その後は子供たちのママの絵を描いた
タンブラーをサプライズの贈り物として贈られました。
先生がわざわざ一人一人を呼んで「ママに見えないように
背中に隠して持って行ってね」と指示したのに、
ぶれない○子さんは持ってきたタンブラーの包みを
自分でさっさと開けるとさっさと中身を見せて
しかも自分で遊び始めるというマイペースさです。

その後はお帰りの挨拶をして、担任からの
いろいろな話があったのですが、○子が
おしっこを訴えたのでわたしは○子とトイレに向かいました。
副担任の先生が一緒に着いてきてくれて、
この頃○子がおしっこできるようになって、
今日も一回できましたよ~と嬉しそうに報告して
くださいました。そしてわたしの前でもフツーに
おしっこできましたが、まぁマイペースな子なので、
こっちは教室に戻って先生の話を聞きたいのに
いつまでもいつまでも手を洗い続けようとしたり
お喋りに夢中で上靴を履いてくれなかったりと、
つっこっみどころは満載でしたorz おまけに
おしっこしながら「ちんこ、ちんこ」連呼するし。
佐倉「最近家でもなんでだか「ちんこ」って
   言いまくってるんですよね~(ため息」
副担「あっ、それ最近男の子のあいだで
   流行ってるんです。やっぱりそういう言葉は
   面白いみたいで~(苦笑」
原因は幼稚園にあったのか……orz

結局担任の先生の話は途中からしか聞けませんでしたが、
近々ある衣替えや親子遠足の説明が主で、
まぁわからなければ連絡するなりくるなりあるだろ、と
いう内容でした。その後は保護者総会。
てっきりほとんどのひとが出席するのだろうと
思っていたけど、実際はクラスの半分以上の
保護者が帰っちゃって「ナ、ナンダッテー」って気分でした。
ママともいないとこういう情報収集する手段がないから
どうしようもない。ただ決算報告聞くだけだから
出ることにさほど意義があるわけでもないし……orz
おまけに待っているあいだ、帰る気満々でいた○子は
大泣きして手がつけられず、副担の先生が
ずっと見ていてくれたという体たらくでしたorz

こんな○子ですが先生たちは常に
前向きにコメントしていただき、
泣くことが少なくなったとか
トイレができるようになってすごいとか、
もう明らかにクラスから浮いているのに
全然マイナスなことを言わないで話してくださいました。
○子が間違って持っていった家のタオルも
きちんと保管してくれていて、今日手元に
無事に戻ってきました。担任の先生が
すぐに忘れ物の中から探し当ててくれたという……

帰りもわざわざ「○子ちゃん、ばいばい~!」と
笑顔で声をかけてくださって、なんかもう
本当にお世話になっていますとしか言い様がなく……(感涙
他の子が立派にできているぶん、うちの娘の
なじみなさがまぁ~浮き彫りになっておりましたが、
先生方が頼もしいのでこちらも特に不安もなく
「まー、そのうち馴染むべ」と思えるところが
わたしも相当図太くなったなぁ、と……orz

おかげで先生に日頃のお礼を言うのをすっかり
忘れて帰ってきてしまって、今後悔の嵐ですorz

帰りも大雨だったので、○子にはレインコートを着せ、
傘を持たせ、わたしも大量の荷物を抱えて帰りました。
置いてある着替えが春物がほとんどであるので
全部持ち帰ったのと、上履きと贈り物とと、
いろいろありまして。○子は傘と水筒だけで
手一杯だし。リュックは自分で背負ってましたが。
着替え袋も一度持ち帰りたいと思っていたから
よかったのですが、一時期毎日着替えて帰ってきていたので、
こちらもその都度着替えを持たせていたら、なぜだか
二組あればいい着替えが、半袖二着に長袖一着、
長ズボン一着、パンツが四枚(!?)、下着一枚、
靴下三組と、よくわからないことになっておりまして(滝汗
替えのおむつも三枚も入っておりました……

月曜日には夏服を二着ずつ入れて
持たせる予定ですが、いやぁ正直
こんなにパンツが入っているとは思わず、
道理で家に置いてあるパンツが少ないわけだとorz

ズボン、スカートも手持ちがなぜか少ないので、
明日夏用のパジャマと一緒に二着くらい
買おうかと思っております。出費……orz

まぁとにかく、○子は最初以外は泣きもせず、
かといって先生に従う様子もなくマイペースに
しておりましたが、興味あるところはやっているし、
全部の指示に逆らっていたわけでもないので、
今後に期待しようということで自分の中で結論出ました。
まぁいい子だったらブログのネタにも
ならないしね……と無理矢理前を向く母ですorz

次の行事は23日の親子遠足ですかね。
埼玉県にある東武動物公園に行く予定です。
あそこって今けものフレンズとコラボだか
なんだかやってるんですよね?
あいにくこのところなんのアニメも見ていないから
話題になっていても全然知らないのですよ。
なのでまだコラボ期間中なら、それまでに
アニメを見て、概要を掴んでから行きたいなぁとは
思っております。そのほうが楽しそうじゃん?

園内では各自自由行動なので、
○子との動物園デートを存分に
楽しむ予定でおります。一緒に歩く
友達はわたしにも○子にも存在しない(遠い目

そのほうが個人的にとっても気楽w

なんにせよ楽しい参観日でした。

***

ムーンライトノベルズに昨日短編の
『優しい天使の堕とし方』を投稿いたしました。
ありがたいことに日間一位いただきました!
感想もありがとうございます!
サクッと読めるエロいラブコメですので
是非お読みくださいませ→
優しい天使の堕とし方

頭痛ひどす

前回の書籍紹介の記事から
ずいぶん間が空いてしまいました。
GW終わったら休み中に行ったところとかを
まとめて上げようと思っていたのに、
GW終わったらなぜだか体調が悪くなって
それもできなかったという落ちです。

GW中はよかったのですよ。市内の
屋内施設で子供たちを遊ばせたり、
イオンで31のアイス食べたり、
あしかがフラワーパークに行って
ちょうど見頃を迎えていた藤やその他の
花をたくさん見たりして癒されたのです。
フラワーパークの写真などは
ツイッターにたくさん上げておりますので
よろしければご覧くださいね。
佐倉紫ツイッター


そして日常が戻ってきたと思ったら、
なんだか休み疲れなのかなんなのか、
頭痛がひどくなっちゃいまして。
基本的に執筆はPCでやっている佐倉ですし、
基本的に運動嫌いなので必然的に
運動不足ですし、席を立っているあいだも
せいぜい伸びをするくらいでストレッチもせず、
さすがに胸より腹のほうが出ているのが
気にくわないからダイエットしようと決意して
膝つきながらの腕立て伏せを五回やって
もう死にそうになって翌日からやらないという
最悪レベルで生きているので、いつ身体に
不調が起きてもおかしくないわな、とは
思っていたのですが、去年の九月に風邪を引いたときと
同じくらいのひどい頭痛にこの三日くらいずっと
悩まされておりました。手持ちの痛み止めは
市販薬のEVEだけで、生理痛がひどいときのみ
利用していたのですが、たまらず飲んで、
でも危機が遅くて動けるようになるのが二時間後、
それに服薬しても完全に頭痛がとれることはなく
頭が締め付けられている感じがとれない、
おまけに痛みによるものか軽い吐き気も伴い、
昨日は朝食を食べることができませんでした。
娘を幼稚園バスに乗せる八時頃にはなんとか
動けるようには鳴りましたが、吐き気は残っており
暑さもあってふらふらしてしまい、その後
洗濯物を干すのが苦痛でたまらず。
こんな状態が今後も続いたら仕事はもちろん
日常生活にも支障をきたす、というか
ご飯も食べられないしこのところ夜は
落ちちゃって夕飯も食べていないし作っていないし、
ただでさえGWで一ヶ月分の生活費が
飛んでいったのにこれ以上の出費はできない!!!!
と、ちょっと自業自得過ぎてあれなのですが、
とにかく危機感を持ちまして(遠い目

なので昨日、勇気を出してペインクリニックへ
行くことにしました。内科も兼ねているところで
口コミもよかったので、このまま痛いのが
続くよりもいいと思いまして。ただ急な
思いつきもあったので、○市の預け先がなく、
一緒に連れて行くことにいたしました。

ですがやはり口コミがいいと言うことはそれだけ
評判で人気の高いクリニックと言うことで。
九時からの診察開始で、ちょうど九時
五分前に言ったのですが、すでに駐車場は満員。
中に入れば待っている人がざっと二十人orz
たいていは高齢者。お年寄りは朝早いからね……orz

一番若型でも四十代くらい。
そんな中で一歳児つれたわたしが
入っていたものだから物珍しげに見つめられ、
そして物怖じしない○市は抱っこから降ろした
途端にとてててーと近くの椅子によじ登り
まるで自分が患者のごとく座り込むというね(汗

その頃には頭痛は頭を締め付ける感じのみで、
たまに頭頂部や後頭部や側頭部が思い出したように
ズキィッと痛む以外は吐き気のみでしたが、
それでもつらいことには変わりなく、でも
この状況で○市を連れて中で待っているのは
いろいろ危険な気がする(○市が走り回って
邪魔になる可能性大。おばあちゃんは
ニコニコしている方が多いけどおじいちゃんは
困惑顔の方が多い、ということで、外で
遊んで待っていることにしました。いつ呼ばれても
大丈夫なように、クリニックの敷地内に○市を放し、
お散歩させたり自販機をのぞかせたり
砂利を詰ませたり草むしりさせたり……

暑さも結構きつくなってきて、反してわたしの
頭痛はだんだんよくなってきて、代わりに
一歳児を遊ばせることへの疲れが増していく中、
時折外のベンチに腰かけて涼みながらも
なんとか時間を繋ぎました。そのあいだ診察を
終えたおばあちゃんが二人ほど声をかけて
くださいました。ひとりはまだ六十代くらいのマダムで、
「あら~、まだ呼ばれないの?」と心配そうに
近寄ってきて、○市に「可愛いねぇw」と
笑いかけてくださいました。その方の
お孫さんの話や、子育てをしていると身体も壊すから
休めるときは休んでねとか、たくさん親切な
言葉を書けていただいて思わずじーん。
その後また少し遊んで、また少し休憩していたら
違うおばあちゃんが迎え待ちしていたので、
お喋りに付き合っていただきました。
そちらのおばあちゃんもとても親切な方で、
迎えの車がきて乗り込んだあとも
駐車場を出るまでずっと○市に手を振ってくれました。

そしてようやく二時間待って呼ばれました。
外にいたので看護師さんがわざわざ出てきてくれて。
診察室に直行し、待っていたのは小柄な男の先生。
麻酔科の先生だそうです。おばあちゃんたちが
「とっても熱心で優しい先生よ」と言っていたとおり、
わたしの症状もつぶさに尋ねてくれました。
普段の生活を聞き出し、PCで仕事をしながら
家で息子を見ていると言ったら、「それじゃあ大変だ~。
お子さんは一人?」「いいえ、幼稚園に行っている姉が」
「二人か~。それじゃお母さん疲れちゃうよね~。
ちょっと身体が疲れちゃってるのかな?
肩をさわってみてもいい?」と言われ、
肩やら首やらのツボを押されました。
「ここ痛い?」「痛いです~」「ここは?」
「いだだだだだっ」「痛いよね~。すごい硬いもん」
とうんうん頷いてくださったけど、わかっているなら
そんなに強く押すなああああ、と言いたかったorz
だけど押しているほうはそんなに強く押して
いないんでしょうね。わたしの肩がこりすぎているだけの話。
頭痛の原因もこれだろうということでした。

そして電気を当てる療法と、もしよければ
注射を肩と首にしたい、それで痛みが少し
楽になると思うから~と言われ、一も二もなく頷き、
「飲み薬出しておこうか。湿布もいる?」と問われ
「頼れるものはなんでも頼りたいんで全部ください」と
答えたら笑われ、治療を受けることになりました。
子連れできちゃって申し訳ないと思ったのですが、
先生は全然そんなことないよ~と笑って、
おとなしくしていられて偉かったね~とシールまでくれました。

その後は処置室に移ってベッドに腰かけ、
○市を押さえながら電気療法。なんか
電気スタンドみたいな奴から赤外線が出て
患部を楽にしてくれるらしいのですが、
脱走を試みる○市をあやすのに必死で、
たぶん全然患部に当たっていなかったorz

その後は先生がやってきて座った状態で
肩に二本注射。仰向けの状態で首に二本注射でした。
看護師さんがまたいいひとで「うちも娘が三歳なの」と
言いつつ、○市を可愛い可愛いって言ってくださり、
抱っこしてようか? と声をかけてくださったり。
(あいにく抱っこは○市の全力拒否によりかないませんでしたorz)
わたしが仰向けで首への注射を受けているとき、
○市はわたしのお腹でうつ伏せで抱かれていたのですが、
○市が落ちないようにさりげなく押さえてくれていたのも
この看護師さんでした。○市も注射を見たら
泣くかなと怖かったのですが、自分が注射されない
限りは別に平気らしく、母の首に針がぶすっと
突き立てられるのを平然と見つめていました。
なにこの無情な視線。
でも終始おとなしくしてくれていたので助かりました。
たまに「やだ~!」とか脱走したくて声上げていましたが。

そしてすたこらと待合室に戻り、きたときより
さらに増えた患者数におののきつつ、また外で
お会計を待っておりました。いざ会計のときは
○市がわたしの足下から脱走し、勝手に
絵本を引っこ抜いてきて椅子にダイブしていましたが。
周りのおばあちゃんたちが「あら元気ねw」なんて
ほっこりしてくださったからよかったけれども、
ペインクリニックだけに痛みを抱えた方々が
集まっているところだから、誰かにぶつかりや
しないかとこっちは本当にヒヤヒヤものでした(汗

すぐ隣の薬局でも○市のために
薬剤師さんがシールをくれたり、
待っていた患者さんが優しく声をかけてくれたりと、
とにかくたくさんのひとに親切にしていただいた日でした。
帰る頃には疲れでぐったりしていたけれどねorz
弱っているときに誰かに親切にされると
本当に心が温かくなる。というか泣ける(うるうる

注射のおかげかわかりませんが
その後は特にひどい頭痛が出ることなく
過ごせたので、薬使わずに済むかなと思っていましたが、
今朝方○子をバスまで送っていって、
家に帰ってきたら急に痛みに襲われて
慌てて薬を飲み、湿布も貼りました(汗
原因が肩こりって、仕事が問題なのかと思っていたけれど、
違う。よく考えば毎朝、そして迎えの時間も、
○市を背中におんぶしているからなったのでは……!?
とその直接的な原因にやっと気づきましたorz

○市も八月で二歳。体重はすでに十㎏超え。
しかもただおんぶされているだけではなく、
容赦なくのけ反ったり蹴ってきたりして
決してじっとしてはくれません。むしろ
解放を訴えて無言で暴れています。
それは当然肩に負担がくるわけです。
多少楽になれるお高い抱っこひもを
使っていれば話は違うのでしょうが、
わたしが買ったのはAmazonで安売りしていた
二千円くらいのやつなので、負担はもろに
かかる感じになっております(汗
思えばフラワーパークにいるあいだも
そのうちに時間くらいはわたしが
おんぶしていたし、家にいるあいだは
PCの前に座って執筆と艦これ三昧……
肩にきてもおかしくない生活していたわ~、
という感じでした。一番の原因はおまえのおんぶか~!
と痛む頭をこらえながら○市をおんぶから
降ろした朝八時の苦しみでした(涙

整体とかも行ってみたいのですが、
やはり子連れだとなかなか行きづらいし、
預かってくれるひとも近くにいるわけでもなし。
ファミサポなんかもあるけど、お金かかるしorz
そう思って我慢してしまうママさんは
たくさんいると思いますが(わたしも
おそらくその口なのですが)、結局
医者に行って薬をもらう羽目に陥ったりもするので、
身体のメンテは本当に大切にしていただきたいと
願う出来事でありました。仕事も家事も
育児も大事だけど、それを担う自分の身体が
ポンコツじゃ、結局いい結果は出ませんからね。

連休が終わって一週間、なんだかんだ
気持ちが沈む一週間だったと思いますが、
もう来週あたりは普通の日常に完全に
戻っていると思いますので、無理せずに
日常を通常通りに送れる幸せを噛みしめましょう。

わたしも身体と折り合いつけつつ頑張ります。


あ、あとムーンライトノベルズに新作の
短編を上げております。よろしければ
ご覧くださいませw→優しい天使の堕とし方