05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
14
15
16
17
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

楽しくなかった親子遠足

本日は幼稚園の親子遠足でした。
遠足先は埼玉県にある東武動物公園です。
八時に市内のプラザに集合予定で、
ギリギリ八時五分前に到着したのですが、
まぁ~さっそくわたしはやらかしました。
プリントに園児の格好は「夏服/体育ポロシャツ
・体育パンツ」と書いてあって、
「夏服? 体育ポロシャツ? どっちで
行くのが正解なんだ?」とわけがわからなくなり、
夏服で大丈夫だろうと思ってきていったら
体育ポロシャツが正解だったという罠。
この「夏服」というのは年中・年長さんのみが
着用している「夏用の園服」のことだったのですorz
(今年の年少さんから園服が替わって、
年少さんは夏用の制服が存在しない)
おまけにわたしもいつも家族で出かけるような
格好でいいだろうと思って着ていった服が
割と襟ががっつり開いているタイプの奴で、
TPOもクソもない場違いな格好を母娘両方で
してきてしまったわけです……(遠い目
周りのママさん見てみるとTシャツ・デニムとか
本当に地味目でまとめているママさんが多く、
わたしのタンクトップ+カーディガン・デニム
スタイルは完全にアウトな感じでした……(遠い目

それでもまだ林に紛れた木のように
生きて行ければよかったのですが、○子は
現在進行形で幼稚園でもしょっちゅう泣いている・
集団行動もしないし自分が気に入ったこと以外は
なにもやらない、というような手のかかる園児で、
この日もまぁ~その手のかかるぶりを発揮してました。
ただでさえTPOに喧嘩売るように周りと違う
格好をして浮いている中、バス内の手遊びはガン無視、
先生が説明中もわたしに話しかけてばかり、
わたしと手を繋ぐのを終始嫌がり、
自分が行けるほうに行けないとギャン泣き、
というのが終日続いたスタイルでした。

まだ動物園に着いていないうちから「○ちゃんは
動物園に行きたい!」と大声で宣言し、
「だから今バスで向かってるよ」とわたしが答えれば
「やだああ、降りる!」と大声でわめき、
「バスが止まらないと降りられないよ。今ここで降りても
動物園までの道がわからないよ」と言っても
「降りる!」の一点張り。降りなかったけれども。

そしていざ到着したらダッシュで入り口へ向かおうとし、
わたしと手を繋いで列になって歩くのを拒否し、
列から何度も外れて反対方向へ走ろうとするので、
やむなく抱っこして列を追いかけたら大泣き。
さらにゲートをくぐってすぐのところにあった
公園なんかにある遊具?みたいな乗り物が並んでいて、
「あれに乗りたい!」と大声で主張。だが
クラス写真撮影が控えていたので駄目だと言ったら
そこからギャン泣きスイッチ発動。脱走と
大泣きと地面に大の字を繰り返しながら、
クラス写真撮影という難行に挑む。もちろん決められた
順に並ぶこともできず、わたしが抱っこして端っこに
座って撮るのも、ギャン泣きし続けわたしから
逃げようと暴れるので撮影にも時間がかかり、
周りのママさんに謝りたいと思っても、荷物を
取りに行くことも難しいほど動物園に向かって
走り出す○子を追いかけるのに必死すぎてどうしようもなく……

そして向かった先は動物ではなく再びゲートに戻って
先ほど乗れなかった公園にあるような乗り物に乗りまくり、
そこだけで三十分くらい消費。もうわたしも
自由行動中はどう行動してもどうでもいいわという
気分で、○子に付き合ってのんびり適当に回ってました。

他にもたくさんの幼稚園・保育園から
園児が遠足にきていて大わらわな感じでした。
トイレも和式のほうが多くて混みまくっていたし……
とりあえず○子にはウサギでもさわらせておけば
いいかと思ったのですが、なんとウサギとの
ふれあい時間は十三時からとなっていて無理だったというorz
その後は近くのペンギンを見たり、また乗り物の
ところに戻ったりと、園の奥に行くことなく過ごし、
でも十三時前にウサギのところに行ったら待ちの
行列ができていたのでひとまず並び、大勢の
園児たちに押し寄せられて撫でられまくっている
ウサギを○子にもなでなでしてもらいました。
「あったかかった」と感想を言ってにこっとしていて、
個人的にここがハイライトその1かな。
その後は二つ隣のひよこのところにも行くということで
行かせ、そこではひよこを持ち上げることができたのですが、
動物嫌いなわたしはたかだかひよこを持っているだけでも
ひぃぃぃ~って感じで、爪は痛いわ、くちばし痛いわで
この野郎って感じでしたが、○子は意外と上手に
ひよこを持って(というか握りつぶして)いて、
「ふわふわ~w 可愛い~w」と言っていました。
今日撮った○子の写真で唯一動物園にきていることが
わかる正面写真はこのひよこのところだけです(遠い目

ひよこをさわって満足したのか、
その後は集合時間一時間前に
またゲートのところの遊具で遊ばせて、
トイレに入ってからバスに戻りました。
割と早く戻ったつもりでもすでに半数の
ひとが戻っていたという衝撃(遠い目

その後も先生の言うことそっちのけで
大声を出すわ降りると言うわでもう
頭クラクラしちゃいましたが、もう、うん、
疲れていてどうでもいい気持ちになったし……orz


他によかったことと言えば、近くの席に
座っていた女の子たちが「○子ちゃん」と
呼びかけて手を握ってくれたりしたことですかね。
多分普段から○子が泣いてばかりだから
女の子特有のお世話したい欲求から
優しくしてくれる天使たちだと思うのですが。
それと○子がたまに言う「Nちゃん」という
お友達のママさんともお会いできて、いつも
お世話になっていますとお礼言うことができたことくらいかな。
皆様とても優しいママさんたちで、集合写真で
「騒がしくてすみません」と謝っても、
「大丈夫です~」なんて笑ってくださったのに
救われました……ホントすみません、うちの娘だけ
なんかこんなんで……orz 手を繋いで歩くことすら
できない我が子をどうしても不甲斐ないと思ってしまう
不甲斐ない母親はわたしですorz


幼稚園入れば楽になるよ~とか、見違えるように
言うこと聞くようになるよ~とか、いろいろ
聞いてきたけど、今のところうちの娘には
なんら当てはまるところがないなとどうしても思ってしまう。
楽になるどころかこれまでの子育てが
失敗だったかと疑いたくなるようなことばかりで、
今日も周りに迷惑かけまくりで肩身が狭いばかりでした。
それでも帰りのバスで途中下車する際には
(解散場所の前に幼稚園の前とかを通ったので
家が近いひとは途中で降りることが可能だった)
みんな「○子ちゃんバイバイ」と声をかけてくれて、
なんかもう優しさにふれ合ってありがたいと
思う反面ごめんなさいという気持ちもあふれていた
母佐倉でありました……。よかったこともあったけど
正直に素直に言うなら、楽しくはない一日でした。

来年には楽しいと思える一日に
なっていればいいのですけどねー……
来年は○市も四年保育で入園させる
つもりでいるので、たぶん家族総出で
行くことになると思うのですが、うーん……。
○子が来年になっても今のままだったらと
考えちゃうと、いっそ欠席しようかという
考えが頭に浮かぶ今日この頃ですorz
スポンサーサイト

プロフィール

佐倉紫

Author:佐倉紫
『ベリー・ウィッシュな日々』
育児他、日常のつれづれ日記。
時々Web小説の更新情報。
商業紙などのお仕事情報。


―佐倉紫(さくらゆかり)―

一月生まれ。水瓶座。
夫、娘○子(三歳四ヶ月)、
息子○市(一歳九ヶ月)と
ほのぼの四人暮らし。

TL作家として既刊あり。

ムーンライトノベルズ様
にて同名義で活動中。


↑ランキング登録中

ツイッター

商業誌紹介


『ロゼリア姫は逃げられない。1』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『ロゼリア姫は逃げられない。2』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『マイフェアレディも楽じゃない』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『騎士侯爵の優しい策略
 ―花嫁の初恋―』
ブライト出版〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『愛されすぎて困ってます!?』 アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『獰猛な王は花嫁を愛でる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『白薔薇は束縛にふるえる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる