FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

年の瀬のご挨拶

2017/12/31
今年も大変お世話になりました。
今年はTwitterを始めた影響で
ブログの更新頻度が下がっちゃったので、
ブログだけの読者様には大変不義理を
してしまったと恐縮、反省しきりです。

今年は四月に娘○子が晴れて幼稚園に入園。
年少さんとして七転八倒な日々を歩んできましたが、
今は毎日「今日は幼稚園ないの?」
「幼稚園いきたーい」と言うようになるまでに
成長いたしました。この調子で集合写真を
泣かずに撮れるようになればいいなぁ……と
思っている今日この頃。本当に幼稚園の
集合写真時に大泣きするのマジで
なんとかして欲しいの。あれ本当に回りに
迷惑かけまくるからマジでどうにかしてorz
年中さんになればまた違うのかなと思いつつ。
今の担任の先生がとても熱心な方で、
副担任の先生も大好きなので、
来年違う先生になるのは親としても
不安だなぁと思うところですが。
でも大好きな先生もたくさんいるから
大丈夫かなぁとも思ったり……でも不安orz

そういえば去年の漢字は自分では「鬱」って
なっていました。今年も似たような感じでしたが、
確かTwitterでは「病」と言ったんだっけかな。
気分的な鬱もすごかったのですが、今年は
五月に肩こりからくる頭痛をこじらせて
ペインクリニックに駆け込んだり、その後も
風邪を引いたり、というか生理前は必ず
軽い風邪状態になっていたし、子供たちも
二学期中ずっと鼻水や咳が続いていたので。
夫に関してはあまりに働き過ぎたせいか
怪我ばっかりでしたが。今も左足首を
ひびが入る一歩手前状態のひどい捻挫で
痛めていて、顔面を強打し下唇を六針縫う
大けがをし、眼鏡を破損したと言うね。
今年眼鏡を彼だけで二つほど新調しました。
仕事が見つかったのはいいことだったけども。

ただ夫は後半あまりに働き過ぎたために、
一時期は「首にするぞ!」と脅していた
社長さんから「ボーナス色つけておくな」と
言われる程度に信用されるようになり、
できることはまだまだ少ないながらも
それなりに社内に溶け込むことができたみたいです。
良かったんだか悪かったんだか……orz
長時間労働がすごすぎて、それをTwitterで
呟くたびに、フォロワー様方が「休養を!」
「むしろ転職を!」と応援してくださったのが
なんとも嬉しく、だが今思えばちと恥ずかしいですね(苦笑

わたしもノートPCが壊れちゃって今年買ったし。
冷蔵庫も冷えなくなって新しく買ったし。
電子レンジもあったまらなくなって新しく買ったし……
出費……家電に出費が消えた2017年……orz

夫が頑張ったこともあり、わたしも前半で
本を出したこともあり、それなりの収入は
あったけれど……出て行くほうが……
多かった気もしないでもない……
日々お菓子も買いすぎた……orz

はい、まぁ、こんな感じで反省ばかりですが、はい。
それでも無事に年を越せるのだから2017年も
そんなにいやな年じゃなかったのかな。うん。


ひとまず来年2018年の目標をいくつか。

①ほぼ日手帳カズンを買ったので空白がないように書く!
②仕事をもっといっぱいしたい!
③ブログは週一回は更新しよう!
④本を読んだらファンレター送ろうぜ!
⑤『呪われ姫』改訂版今年こそ書き終わらそう!
⑥今年はTL以外も書きたい気持ちがあったりするけど無理せずに
⑦『楽園にて~』終わらせたいな……
⑧節約!!!!!!!
⑨運動!!!!!!!(つーかダイエット

一応優先度が高い順に並べてみました。
そう、ほぼ日手帳を買ってみたのです。
存在自体は前から知っていたのですが、
いざHP見て見たらいいなぁ~と思って。
ブログだってろくに書けないくせに
なぜこんなものを買ったのだという気もしないでもないけど。
ちょっとした子供たちのなにかを書き留めるには
アナログ日記のほうがいいかなと思って。

デジタルのブログのほうも週に一回は
更新しようと思っております。
今年はTwitterに入り浸りすぎた。
まぁ来年も入り浸る予定ですが(オイ

それとファンレターもたくさん書きたいと思っております。
Twitterやってから知ったのですが、出版社に
届けられるファンレターって、その一枚で
ものすごい効力があるんですって。
出版業界自体がいろいろ危ないと言われている昨今、
わたしもたくさんの本を読むため(そして出すため)
たくさんファンレターを書きたいと思っております。
ファンレターをもらうとどれだけ嬉しいかというのを
身をもって感じている人間でもあるので。

そしてあの……『呪われ姫』の改訂版……
書き終わらせるという目標をもう三年以上
持っている気がするんですが……なぜか
毎年達成できない不思議……orz
単純に時間がないというのもあるのですが。
改訂版なのにどうして時間かかるのかなぁ。
あはははははははははははh

そして『楽園にて君を待つ』も来年で
終わらせられたらと思っております。
もう局面は後半へ入っておりますので。
あと二章か三章で終わる予定です。

TL作品以外も書きたいなぁと思うのですが、
時間があればということで。なければ無理。
もちろんTLもいっぱい書くよw
お仕事いっぱいしたいw 仕事くれorz

⑧と⑨は、まぁ、うん、まぁ……(目逸らし

という感じで頑張ります!!
あと体調管理も気をつけよう。
今年は病気しすぎだね。大きな病気は
なにもしていないけれど、ちょこまかとした
風邪とか引きすぎですよ自分orz

本当に今年もお世話になりました。
皆様もどうぞよいお年を。
来年がとてもよい年になりますようにノシ
スポンサーサイト
15:05 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

今年出した書籍まとめ

2017/12/30
こんにちは、佐倉紫です。
あっという間に年の瀬ですね。
皆様、年賀状書きや大掃除など、
もう終えられた頃でしょうか。

我が家は夫が左足首重度の捻挫、
下唇を六針縫う大けがが重なり、
わたし自身は『淫魔~』の再校が
入ってきたので、そういった年末の
諸々はまったく手をつけておりません。
上のこの幼稚園もお休みなので
子供二人の面倒を見ているだけで
体力的にも精神的にもギリギリです。
PMSも加わって死にそうです。やばいです。

さて、Twitterでは年末に入ると
作家様たちが今年出した本のまとめとか
していて、わたしも上げてみたのですが、
ついでだからブログでは内容にも言及して
まとめておこうかと思いました。
今年は四月に一気に色々出て、
それ以降は九月にひとつだけ……という
感じで、あまりに偏りすぎて宣伝も
微妙だったので、改めてやれればと思いまして……。
あわよくば年末年始の休暇のお供に
購入していただければという下心もあり……orz

さっそく紹介していきますね♪

【四月刊】

『マイフェアレディも楽じゃない』アルファポリス社〈ノーチェブックス〉

唯一の肉親である祖父の遺言により、
いきなり由緒ある伯爵家の跡継ぎに指名された庶民育ちのジェシカ。
祖父の願いを叶える決意を固めるも、現実はそう甘くない。
なんと、三ケ月以内に誰もが認めるレディとなり、
国王陛下に跡継ぎとして認められることが必要で!?
虎視眈々と伯爵家の利権を狙う親族たちを黙らせるべく、
とある騎士から淑女教育を受けることになるけれど
――彼のレッスンは騎士団仕込みで超スパルタ!
しかも、夜は甘く淫らなスキンシップを仕掛けてきて……。

男女のアレコレも、立派なレディに必要不可欠!?
強引な騎士とにわか令嬢のドキドキロマンチックラブ!


世に溢れているマイフェアレディものに
TLエッセンスを加えてみましたって作品。
よくあるダンスのレッスンしながら気づいたら
抱きついてちゅっちゅっしててそのまま
近くのソファに押し倒してあんあん的なのを
最初は考えていたのですが、それだと
永遠にイチャイチャしているだけでムカつくから
昼間はきちんとスパルタでビシバシやって、
夜に甘やかす感じにシフトチェンジしていました(笑
でもまぁイチャイチャしているのは間違いないです。
ヒロインが悪役の伯母さんに迫られて逃げ出す
ところも、最初はもっとハチャメチャやっていましたが、
一応お嬢様なのでちょっと控えめにと言われて
直したような記憶もあったりなかったり……(苦笑



『疑われたロイヤルウェディング』アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉

初恋の王子との結婚が決まった、小国の王女アンリエッタ。
けれど初めての夜、別人のように変貌した王子は、
愛を告げるアンリエッタを蔑み、乱暴に彼女を抱いた。
冷たくも激しい愛撫に困惑し、悲しみを覚える彼女だったが、
かつての優しい王子を信じ、その後も愛を捧げようと決める。
すると頑なだった王子も徐々に心を開きはじめて……

一途な花嫁と秘密を抱えた王子の甘く濃密なドラマチックストーリー!
文庫だけの書き下ろし番外編も収録!


数年前に出させていただいたものの文庫版。
文庫版には必ず書き下ろしの番外編が
つくのですが、だいたいにしてもはや
本編がどういう内容だったのか作者は
忘れていることが多いので(すべての
作者様がそうではないと思いますが、
わたしはもうひとつ書き終わったら
「よし次」って感じで記憶を消しちゃうのでorz)
また本編を最初から読み直すという作業を
挟んでの書き下ろしでした(笑



『ロゼリア姫は逃げられない。』KADOKAWA〈eロイヤルロマンス〉

頭脳明晰イケメン腹黒宰相補佐×秘密たっぷり才色兼備のお姫さま。
品行方正・公明正大・清廉潔白を絵に描いたような 才色兼備の姫ロゼリアは、
毎日、ある秘密の場所に向かう。そこはロゼリアが唯一ひとりきりになれる貴重な場所。
ここで笑顔の下に抱え込むストレスを発散していたのだが、
いつのまにやら合い鍵を手に入れた宰相補佐ライフィールは忍び込んでくるように……。

『完璧な王女さま』を演じる快感とストレスを抱える姫さまと、
稀代の天才と言われつつ影の薄い宰相補佐の、秘密で秘蜜な攻防戦。


こちらはムーンライトノベルズで発表した作品を
加筆修正して出させていただいた作品。
ある程度レーベルなどに寄せる商業誌と違い
Webの作品は自分の裁量で自由にできちゃうわ~♪
とはっちゃけた結果、ヒロインがあんなに口の悪い
ひどい感じになったので、書籍化なんてありえないと
思っていたら確定しちゃって「やっべー」となったのは
いい思い出ですね。担当様に何度も「ヒロインが
こんなんで大丈夫ですか?」と尋ね、担当様に
「そんなロゼリア姫が好きなんです!」と言われ、
じゃあいいか、と書いて、ついでにヒーローを
さらに変態にしたり色々やっちゃいました(笑


【九月刊】

『国王陛下は身代わり侍女を溺愛する』Jパブリッシング〈ロイヤルキス文庫〉

あなたは美しい、あなたが女神に見える。
王女の筆頭侍女アンジュは、王女の嫁ぐ
大国クーリガンへ婚姻の準備のため向かう途中、
賊に襲われクーリガンの王国軍第一騎士団の騎士団長・オスカーに助けられる。
ふるえる身体を抱きしめてくれるオスカーの逞しい胸に心ときめくアンジュ。
オスカーも一目惚れとキスを降らせるけど、彼の秘密を知ってしまい……。
ある晩、消えた王女の身代わりに晩餐会を務めることになったアンジュは、
オスカーの力強い腕に抱かれ、灼熱を差し込まれ、純潔を散らされる。
激しい愛の営みは二人を更に大胆にして!?


身代わりものは商業誌では二作目かな。
デビュー作の『シンデレラ・マリアージュ』では
強要されての身代わりでしたが、今回は
ヒロイン本人からの申告制(笑
ヒロインがしっかりしすぎているせいで回りが
みんなお子様に見える上に、ヒロインが
ヒーローに落ちてからはそれまで頑なだった
態度はどこ行ったんだと、あちこちのレビューで
指摘されまくっているのが作者的にツボでしたw
もちろん笑っている場合ではないのですが。
そのへん上手く書けなかったのはひとえに
作者の力不足ですね。反省。


以上、今年は五作品を刊行させていただきました。
eロマンスロイヤル様とロイヤルキス文庫様とは
今年初めてお仕事をさせていただきましたw
この縁が続くことを願いつつ……w

なにげに四月刊に発売日が集中しちゃって、
一時期は『マイフェアレディ』を書きながら
『ロイヤルウエディング』と『ロゼリア姫。』の
校正をやって、あっちからもこっちからも
宅急便で校正原稿が届いて……という感じで
てんやわんやでした。しかもそれがだいたい三月
から四月にかけてで、ちょうど○子の入園時期と
重なり、校正やらなきゃ、園の道具の名前書きしなきゃ、
ああどうしよう、あれもこれもそれもこれも……と
色々頑張りすぎた結果、すべてが終わった
五月は一気に体調を崩し、頭が痛すぎて
ペインクリニックに駆け込んだりとか、
イレギュラーな事態にも見舞われたという(笑

その後は九月刊の原稿を頑張りつつ、
アルファの担当様とどういうの書いていこうかと
模索しつつ、ネットの作品も更新したり、
なんだかんだ書いていたんだよ一応は……
という感じでした。書いていたんだよ一応はorz

来年はもっと書きたいと思いつつ、
本格的にイヤイヤ期に突入した
息子の面倒を見つつだから、今年より
むしろ困難になるかなぁと思ったりしております。
今年の息子はなんかおとなしかったから
一日家から出なくてもなんとかなったけど、
来年はそうはいかないだろうと思っております。
夏には三歳になっちゃうしね~。

まぁぼちぼちやります。
13:27 お仕事 | コメント(2) | トラックバック(0)

○子、四歳

2017/12/25
メリー・クリスマスですね(*^O^*)

書籍プレゼントへ多数のご応募ありがとうございました!
昨日の時点で全員に配布が終了しております。
一部文字化けがあったりしたようでお手数を
おかけいたしました。そのほかにも読み終わって
さっそく感想を届けてくださった方もたくさんいて、
一年に一度のこの企画はわたしにとっても
とてもありがたいプレゼントとなっております。
忙しい年末年始だけに、まだ確認出来てない
という方で、なにかしらトラブルありましたら
都度ご連絡いただければと思います。

さて、今日は先週の20日に四歳になった○子のお話。

平日の水曜日、朝は「○子、お誕生日おめでとう」の
声で起こし、今日は自分の誕生日なのだ~♪
とうとう誕生日当日なのだ~♪ というノリで
登園させました。幼稚園に入学してから
誕生日という概念をリアルに認識したらしく、
またお誕生日会なんかもあるので、
自分もいつその番になるのかと入園児から
気になっていたみたいです。そしてとうどう
十二月になると「十二月は○ちゃんの誕生日!?」と
毎日毎日毎日毎日飽きもせずに尋ねてくる始末。
そのたびに「二十日が誕生日よ~」と教え、
「はつか? にとぜろの日?」とカレンダーを
見つつ首を傾げる○子に「そうよ~」と教えてきました。

幼稚園でも園児が誕生日の日は
園全体で行う誕生日会とは別に
個別でお祝いするらしく、朝はバスから降りて
すぐに「お誕生日おめでとう~♪」と
先生や先にきていたお友達に祝福され、
保育時間では先生から誕生日の王冠と
カードが入った袋を渡され、クラス全員から
「おたんじょうび、おめでとうございます!」と
祝われたそう。○子は恥ずかしくて胸か゛
ドキドキしちゃって「ありがとう」と返せなかった
そうですが、その後先生にまたおめでとうと
言われたときは「ありがとw」と言えたそうです。
注目を浴びると緊張で固まるらしい我が娘よ。

誕生日ごとに王冠作ってカードを仕上げる
先生方も大変だなぁと思いつつ、
この日は多忙な夫もなんとしてでも定時に帰る、
と意気込んで出かけていき、結局帰宅は
七時を回ったのですが、それでも日付を跨ぐのが
普通となりつつある中ではかなり早い帰宅でした。
そして誕生日メニューと言うほどではないですが、
○子が比較的喜んで食べてくれるハンバーグを作り、
冷凍ポテトを揚げ、豚汁とご飯で誕生日ディナー。

そして一番の目玉はケーキ屋さんにお願いした
メロンパンナちゃんの立体型デコレーションケーキ。
Twitterには上げたのですが、まぁケーキ屋さんの
本気がうかがえるものすごい完成度でした(汗
月初めの発表会でメロンパンナちゃんのダンスを
上手に踊っていたのでこのキャラにしたのですが、
あとあと聞いたら「アンパンマンのケーキは?」と
言われたので、アンパンマンでもよかったかな……とも
思ったり。でも翌日先生方に「メロンパンナちゃんの
ケーキがあったのよおおおおお!」と自慢
しまくっていたそうですので、喜んでくれたなら本望。

わたしの感覚だとホールケーキって晩ご飯の後
一切れずつ切り分けて食べて、あとは翌日以降
おやつ代わりにちょいちょい食べるイメージで
生きていたのですが、うちの場合は夫が
「残しておかなくていいなら全部食べちゃうよ」と
言って、本当に残った分を全部一人で
ペロッと食べちゃっていました。二分の一を
彼一人で食べた感じですね。昨日の
クリスマスケーキもまさにそんな感じで食べてくれました。

ケーキが終わって誕生日プレゼント。
わたしからはメルちゃん人形をプレゼント。
お風呂に入れると髪の色がピンクになるタイプです。
もらって以降ずっとお風呂に連れて行って
髪をピンクにして遊んでおります。
そして義両親からはクリスマスプレゼントも兼ねて
メルちゃんの救急車セットが送られてきました。
メルちゃん本体を買うタイミングで救急車も
送られてくるとはなんというナイスタイミング。

……ただ……
クリスマスプレゼントに用意していたのが
アンパンマン病院で、同じような救急車の
おもちゃだったので、「これクリスマスに
アンパンマン上げたらそっちに食いついて
メルちゃん忘れられるパターンや」と佐倉は直感。

案の定、昨日の朝はサンタさんからのプレゼントを
渡されるなり(前日に枕元に出しておくのを忘れて、
サンタさんがいつの間にかやってきて、
押し入れにしまっていてくれたという体を装った)
「アンパンマン病院だああああああああああ!!」と
感激して、ひたすらそれで遊んでいました。
夜に電機屋さんに行ったので、そこで
電池も買って装着したら、音も出るようになって
○子も大変満足したようでした。
傍らで自分も一緒に遊びたい○市が
○子の鉄壁ガードにかなわず、弾き飛ばされ
殴られ蹴られ大泣きしていましたが(白目

かといって○市も、○子がいないあいだに
おもちゃで遊ぶかと思ったら、十分くらいで
飽きちゃって見向きもしないんですよ。
あくまで姉が遊んでいるのを自分も遊びたい
という体なので、自分が独り占め出来る環境だと
あんまり執着心が芽生えないようです。

ま、そんな感じの誕生日&クリスマスでした。


年内のブログの更新はたぶん次の
年末のご挨拶が最後になるかな。
来年の目標の一つとして
「ブログを最低でも週に一回は更新する」
というのがあります。今年はTwitterを始めたのを
きっかけにすっかりブログから遠ざかってしまいました。
Twitterも大切なことだけ呟いているなら
情報発信になるのですが、わたしときたら
育児の愚痴と〆切の恐怖と体調不良を
常に常に呟きまくっているので、まったく
参考にならない感じを貫いておりますorz

中にはブログだけ読んでいる読者様も
いらっしゃるので、そういった方々を
置き去りにしないためにも、また子供たちの
記録をより詳しく残していくためにも、
ブログも頻繁に更新しようと思っております。
たとえ短くてもね。わたしの場合、一度話し出すと
とにかく長ったらしくなるから、なかなか
ブログに行けないという悪癖があるのですが。
もっと完結に書けばいいのによけいなことを
つらつらつらつらつらつらと……

ちなみに今朝は○子は終業式だというのに、
「寒いからコート着なさい!」ということを
言い聞かせすぎて、コートの下に園服を
着せていくのを忘れました(爆死
今日みたいに全園児が集って園長先生の
お話を聞くような日になんてもんを
忘れてしまったのだと我ながら落ち込みます。
たぶん来年もこんな感じでやらかすのでしょうorz

そんなわたしですがよろしくお願いいたします。
10:37 ○子幼稚園(年少) | コメント(2) | トラックバック(0)

書籍プレゼントのSS配付終了しました

2017/12/24
こんばんは~、佐倉紫です。
現在午前一時過ぎですorz
隣の寝室から起きちゃった息子が
泣きわめく声が聞こえてきます。
夫がなだめに行ってくれているけれど
息子の泣き声から「きてほしいのは
おまえじゃねええええええ」的な
魂の叫びが伝わってきますorz

つい先ほどクリスマス企画書籍プレゼントに
ご応募いただいた皆様に『呪われ姫と婿入り王子』の
SSの配付が完了いたしました。

おそらく全員に配れたとは思うのですが、
「応募したのに届いていない!」
「届いたけど全文文字化け!」
「そもそもSSが添付されてないんだけど!」
「SSのファイルが開けないー!」
などなど、問題がありましたらまた
yukarisakura3228☆yahoo.co.jpまで
ご連絡いただければと思います。
(☆のところを@に変えてくださいね)

そして今回のSSはRシーンがございません。
匂わせる描写のみで終わってしまいました。
今回の話にはそちらのほうがキリよく
終わるかなぁと思ったのですが、
わたしの書くRシーンが好きという読者様も
いらっしゃるので、期待されていたら
本当に申し訳ないことをしたなと
反省するところです……申し訳ありませんm(_ _)m

また今回の応募に際し、作品への感想や
続編を望むご意見、わたしの健康への気遣い、
多忙すぎる夫への心配、子供たちへの
温かいお言葉などなど、たくさんのコメントを
いただきました。本当にありがとうございます(感涙

また企画自体も五回目ということで、
毎回応募してくださる方もいらっしゃれば、
今回初めて応募された方も何人もいて、
作者としては大変嬉しく思っております。

応募していただいた68名の皆様、
本当にありがとうございました!!

***

淫魔なわたしを愛してください!
おかげさまでWeb上での更新は終了しました(*^O^*)
こちらの作品はすでに書籍化が確定しており、
現在鋭意校正中となっております。

書籍化に伴い、来月の半ばくらいに
最初の数話を残して引き下げる予定となっております。
そしてその後は有料のコンテンツとなりますので、
あらかじめご了承いただければと思います。
年末年始はこのまま公開しておりますので、
こたつに入りみかんを食べつつ、ケータイ片手に
読み返していただければいいなぁ、
と思っております(*^_^*)

よろしくお願いいたします。

***

先日20日は娘の四歳の誕生日でした。
これまで誕生日と行っても、
せいぜいケーキを食べるくらいで
特にプレゼントも用意しなかったのですが
(義両親がプレゼントは贈ってくださるので
特段買う必要もなかったというのもある)
さすがに幼稚園に通い出すとその辺の行事ごとは
スルーするのが難しくなりますのでね。
今年はきちんとお祝いしました。
ちょっと色々立て込んでいてブログに
アップ出来ていないのですが、近日中に
記録の意味も込めて記事を書く予定です。

娘の幼稚園も25日月曜日が終業式。
それから二週間は冬休みです……死ぬ……orz
早くも「さっさと幼稚園行け」と思っている佐倉です。

息子もこの頃は二歳児らしくイヤイヤ期が
徐々に目立ってきております。年齢的に
ある程度の自我や自己主張がないと
逆に心配になる感じなので、イヤイヤ言って
泣きわめいているぶんにはなんかフツーに
成長してるなー、という具合ですが。
なんにせよ○子のほうがひどかったから、
なんか○市は特につらいとも感じないorz

そして夫は相変わらず激務です。まともに
丸一日休んでいるという日が、今月は
一日もありません。明日の日曜日、
クリスマスイブでさえ、午前中のみとはいえ出勤です。
それでもお正月休みは五日くらいもらえるし、
仕事収めの日にボーナスも出るようなので、
それを少しは期待しつつ……(切実

わたしも校正の〆切が25日なので
色々急いで頑張りますorz

それでは皆様おやすみなさい~ノシ
01:32 書籍プレゼントのお知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

書籍プレゼント当選者発表

2017/12/12
書籍プレゼントへの多数のご応募、
ありがとうございました!
今回も書籍だけで約70名の方にご応募いただき、
冊数が少ないだけにすっごい申し訳ない
気持ちに駆られた作者でありますorz
本当にごめんなさい、特に『疑われた~』は
一冊に対し応募人数30人……orz
倍率高すぎ……orz

また必要事項とともに応援のメッセージや
作品への感想、また続編への期待のお言葉も
いただきまして本当にありがとうございました!
Twitterやブログ、子供たちの様子も
見守ってくださっている方が多くて、
アホなことばかり呟いている自分を思い返し
ちょっと遠い目になったほどであります(苦笑


さて、それでは当選者の発表です。
かなりの倍率を勝ち抜いた猛者たちですね。
敬称略にて失礼いたします。


①『疑われたロイヤルウエディング』全一冊
・あーや(神奈川県)

②『国王陛下は身代わり侍女を溺愛する』全六冊
・Hitojyo(大阪府)
・純子(広島県)
・えり(大阪府)
・華影(広島県)
・あーちゃん(静岡県)
・takamiyo(北海道)


当選者の方々には、これから個別に
メールをさせていただきます。
子供がいつ起きるかビクビクしながらの作業なので
日付を跨ぐ可能性も大いにあります。
なるべく今日中に送りたいけどなぁ……
発送に必要な住所などは、そのときにお伺いいたします。
メールはyukarisakura3228☆yahoo.co.jpから届けられます。
(☆の部分が@になります)

なお、三日経っても返信がない場合は、
申し訳ございませんが当選を
無効とさせていただきますので、
なるべく早いお返事をお願いいたします。
当選が無効になった場合の再抽選はございません。

残念ながら落選となった方々、
そしてSSのみ希望の方には
いただいたアドレス宛に
『呪われ姫と婿入り王子』のSSを
送らせていただきます。
実はまだまったく書いていないので(オイ
書き上がり次第の配送となります。
クリスマスまでにはお届け出来るように頑張ります。
じゃなきゃクリスマス企画の意味がないorz

このたびはご応募ありがとうございました!
22:03 書籍プレゼントのお知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

生活発表会 後編

2017/12/03
前半からの続きです。


そして、とうとう○子のクラスのダンス。
まずは男たち五人。20人のクラスを午前と
午後で半分に振り分け、そこからさらに男子と
女子で別れると、五人ずつのチームになるという。
広い舞台の上で五人の男の子が元気いっぱいに
踊っているのを見ると、もう泣けて泣けて……。
どの子も関ジャニの曲に合わせて
めちゃくちゃ上手に踊っているんですよ!
歌っているし! お調子者の何人かが
センター張っていたけど、めちゃくちゃ楽しそうで。
楽しんだもん勝ちだよな~と夫などは申しておりましたが。

そして幕が下りて、次は女の子の番。
わたしも近くで見たかったので夫とともに
いそいそとステージの前へ移動。
毎度子供たちの出番のたびに保護者が
前へ後ろへ横へと移動するので、
それだけでもなかなか楽しい見物でしたね。
そしてわたしが立ち上がった途端、それまで
寝こけていた○市が起きました。
寝ぼけ眼ながら正座したわたしの膝に
ちょこんと座ってステージを向くと、
袖のほうから担任と副担任の先生が
出てきて端っこのほうにスタンバイ。

あれ? 副担任の先生まで出てきちゃったってことは、
○子は幕の向こうで一人で立っているの?
それともサブの先生が誰かついてくれたのかな?
そんな不安に駆られつつ幕が開くと……。

○子はきちんと一人でポーズを決めて立っていました。
メロンパンナちゃんの帽子被って、緑色のマントと
パンツ穿いて、黒いベルト締めて、手袋嵌めて。
わたしを見た瞬間「ママー」って手を振って
ふらついたけど、音楽がかかったらきちんと
家で踊っていた通りの振り付けで踊り出して。

あまりに予想外な事態に一番が終わるまで
「え、え、え、うちの○子が……踊っている……?」と
脳内フリーズしましたが、とにかく○子に
踊らせ続けなければと、わたしもすっかり
覚えてしまった振り付けを一緒に踊るという
端から見たら笑えることをしつつも、三番くらいから
ようやく「うちの子が踊れている……!」という
実感が湧き上がって、踊り終わって幕が下がる中、
こちらに手を振る○子を見ながら本日最大の涙腺崩壊。

そのあとはもう○子の出番はなかったので
ホールを出て控え室の前で待つことにして、
涙を拭いながら外に出ました。
「やばい、本当に涙が止まらない。マジ感動した……」と
言いながら近くのベンチに○市を降ろしたら、
ちょうどそばに座っていたママさんが
「わかるわ。わたしも去年始まりの言葉を聞いた時点で
もう泣き始めてずーっと泣きっぱなしだったもん」と
声をかけてくださって、ああやっぱみんなそうなんだ~、
わたしが異常に涙もろいわけじゃないんだ、と
安心して「そうなんですよね、なんか全然
知らない子でも見ているだけで感動しちゃって……!」と
同意したら、後ろで夫が「いや本当によかった~」と
頷いて。そしたらそのママさん「さすがに今日は休み
取ったんだね」と夫に声をかけ、夫も「さすがに今日は
休みますよ。昨日仕事終わったの三時ですよ」と愚痴り。
……え? え? 知り合い? とびっくりしていたら、
なんとそのママさん夫の会社のパート事務の方でした(驚愕

普通にその辺のママさんだと思って喋っていたので
慌てて挨拶しましたが、最初に挨拶するのが
娘の演技で号泣している顔っていうのが実にワロエナイ。
ですがとてもいい方で、そのあとも普通に
お喋りしていました(苦笑 幼稚園の先生のこととか
○市のこととか。「息子君はパパによく似てるね~」的な。

○市があちこち行きたがるので再びホールに
戻って華やかな年中さんのダンス舞台を見て、
頃合いかなと思ってホールを出たら、ちょうど帰り支度を
整えた○子が担任、副担任の先生に手を繋がれて
こちらに向かってくるところでした。「ママー!」と
飛び込んでくる○子を見た瞬間にまた泣きそうになりつつ、
○子を抱き留めて先生方に挨拶したら、
先生たち二人とも泣いていったっていうね(笑
先生方にしてもこの催しにかける気合いは
並々ならぬものがあるということだったのでしょうね。
今年が初年度の副担任の先生はまだしも、
ベテランの域に達している担任の先生まで
泣いているところにつられて泣きつつ、
よくメロンパンナちゃんを踊ってくれたねー!
と、とにかく○子の成長を祝いまくる。

佐倉「合唱のときぐずぐずだったので、よく
   メロンパンナちゃんまでに気持ちを立て直せたなーって
   すごく感心しちゃったんですけど」
担任「はい、衣装に着替えるときはまだちょっと
   うつむいていたんですが、『○子ちゃん、さっき
   ジャムおじさんから電話があって、メロンパンナちゃんの
   格好をすると飛べるようになるらしいよ!』って
   言ったら、『え、本当?』って顔してくれたので、
   ちょっと嘘も交えつつですが上手く着替えてもらいました!」

と、実に頼もしいお答えをいただきました(笑
その後はわたしの我が儘で先生方と○子の写真を
取らせていただき(先生方二人が慌てて涙を拭って
完璧な笑顔になったのが印象的でしたw)、
仲のいいお友達ともちょっとお喋りして
(そのお友達、男の子でしたが、○子より
二回りも背がちっちゃかった……orz
うちの娘、踊っているときも思ったが、
やっぱり飛び抜けて背がでかい)
市民会館を出ました。車に戻ってもまだ
思い出しては涙するわたしのうざったさよ。

その後は回転寿司を食べに行き、家に帰ってからは
久々に夫に子供たちをお風呂に入れてもらって、
終始和やかな一日となりました。夫も本当に久しぶりに
一日休めて、家族とご飯を食べられて
リフレッシュしたようだし、子供たちも
パパと一緒で嬉しかったようです。
わたしも久々にお風呂に一人で浸かって最高でしたw


あまりの嬉しさにその日のうちにTwitterで
娘がすごかったあああと呟いたら立て続けに
ふぁぼいただいて、ヒャッホー!! という勢いのままで
いたわたくしですが、一日経つと親バカ全開で
なんとも恥ずかしい限りです。今日になっても
まだふぁぼいただけて、さすがに五十件
超えるあたりになってから恥ずかしくて
たまらなくなりました。勢いでツイートをするべからず。
でも皆様の温かいコメント、本当に嬉しかったですw

親が出る行事は二学期はこれで終了ですね。
子供のほうは今週に餅つき大会があったり、
○子は今月がお誕生日なので、誕生日会で
写真を撮ったりするみたいです。楽しみだw


今のところ皆勤できているので、二学期も
休みなく通ってくれたらいいなぁと思っております。
大泣きしてまったく踊れなくても歌えなくても、
ただ舞台の上に立ってくれただけでもありがたいと
思わなきゃな、という気持ちもありました。
発表会前に発熱して、当日は欠席になった子も
クラスにいたので、よけいにそう思います。
本人はもちろん、親御さんもとても残念だった
だろうなと思うと……発表会の親泣かせの威力を
感じた今だからよけいにつらい……。

これからインフルも本格化するし、
わたし自身も校正や原稿もあるので、
しっかり対策取って頑張っていきたいと思います。

***

クリスマス書籍プレゼント応募受付中♪
こちらの記事を参照の上、メールフォームより
必要事項を記入して送信くださいw

現在プレゼント対象の二作品、いずれも
抽選が確定しております。

また個別の連絡を追記しております。

・大阪府 Hitojyo様
 ご連絡ありがとうございました!
 
・鹿児島県 さくらひめ様
 ご希望の書籍orSSのみの記載が
 ありませんでしたので、こちらもお手数ですが
 再度メールフォームより
 ご連絡いただければと思います。

***

書籍化決定!!
アルファポリス様にて連載中
淫魔なわたしを愛してください!
第三章まではWebにて公開予定!
まだまだ基本毎日更新です。
01:03 ○子幼稚園(年少) | コメント(2) | トラックバック(0)

生活発表会 前編

2017/12/03
クリスマス書籍プレゼント応募受付中♪
こちらの記事を参照の上、メールフォームより
必要事項を記入して送信くださいw

現在プレゼント対象の二作品、いずれも
抽選が確定しております。

また個別の連絡を追記しております。

・大阪府 Hitojyo様
 ご連絡ありがとうございました!

・鹿児島県 さくらひめ様
 ご希望の書籍orSSのみの記載が
 ありませんでしたので、こちらもお手数ですが
 再度メールフォームより
 ご連絡いただければと思います。

***

書籍化決定!!
アルファポリス様にて連載中
淫魔なわたしを愛してください!
第三章まではWebにて公開予定!
まだまだ基本毎日更新です。

***

先週12月1日には○子の通う幼稚園で
生活発表会という名のお遊戯会みたいなのがありました。
まぁどこの幼稚園、小学校でも二学期の
この時期って学習発表会的な行事が
ありますよね。これもその一環みたいな奴で。
ただまさか市民会館の小ホールを貸し切ってやる
なんて思っていなかったので、Twitterで
フォロワー様に「そういうのあると思いますよ~」と
言われ、まっさかぁ、と思っていたらホントにあったので
私立園って怖いねw と思った次第です、はい。
わたしがいる市、幼稚園は私立しかないんですよorz

まぁその日は運動会と並んで幼稚園内では
園を挙げての推しイベントですので、園児たちは
一ヶ月以上前から当日に向けて踊りの振りを
仕込まれるわけです。現に○子も一ヶ月くらい前から
「メロンパンナちゃん」を歌ったり、
男の子が演じる関ジャニ∞の曲を歌ったりと
楽しげにしていて、もしやこれが演目か? と
思ったら、二週間前にパンフレットが届き、
しっかりこれをやるってことが書かれておりました。
毎日毎日踊って洗脳されたのか、「四歳に
なったらアンパンマンになるの~♪」と
抱負を語っていた娘が、ここ一週間は
「メロンパンナちゃんになるの~♪」と
目標を変えていました。恐ろしや。
スマホの扱いもすっかり心得ているもので、
わたしが一度キッズyoutubeから
メロンパンナちゃんのテーマ曲を検索してかけたら、
その後は履歴などをたどって
曲を自分で選べるようになり、
大音量で音楽をかけ、かけ声を叫びながら
踊り狂う毎日でありました。

……ま、家では上手に踊れても、
本番はビビって泣くか、よくて舞台に
突っ立っているだけで終わるんだろうな、と
冷めた気分でそれを眺めつつ……。
運動会のとき、まさにそんな感じだったので。

そう、これまでの○子を思い出すのだ。
5月の参観日では泣いていて先生の話も
聞かずにわたしのほうばかり向いて喋り続け、
遠足では集合写真を撮るときに大泣き大暴れで
○子一人のために何度も取り直しをする羽目になり、
運動会では泣いているか先生におんぶされているかで、
その後の給食会ではお遊戯の時間に脱走を図り、
集合写真でやはり大泣き大暴れで撮り直しを(ry

……とまぁ、クラス一の問題児となっている
○子なので、今回もただ舞台の上で泣かずに
立っていられたら御の字くらいの覚悟を持って
挑んだのですよorz 本当にorz


当日は午前の部と午後の部に別れておりました。
プログラム自体は午前も午後も同じ。
園児180人を二分して行うということで、
先生方の負担たるや相当のものだろうと思われます。
○子は午後の部からで一時集合でした。
なので午前中は家で過ごしておりましたが、
普通に休日のように過ごす子供たちは大変うるさく、
わたしは生理ががっつり被って痛みとイライラで
怒りまくっていたし、夫氏は連日の激務のせいで
お昼まで寝室から出てこないしで、まぁ大変でした。
ただ時間を過ごすということが大変すぎて胃が痛い。
かといって夫を起こすのは気が引けますしね。
Twitterをご覧になっている方はご承知かと思いますが、
十一月中旬から我が夫はブラック企業のもとで
連日日付を跨いでの帰宅を続けており、
建設業のためにずっと立ち仕事、力仕事で
ヘトヘトになっておりまして、この日は
本当に久々の一日休みだったのです。彼、先月は
一日休んだっていう日が二日か三日しかないんですよorz
わたしも相応にワンオペ育児をこなしておりました。
だからPMSから生理まで重たくつらく
なっちゃったんだと思います。ストレスねorz

とにかく昼になったので夫を起こしてご飯を食べさせ、
いざ会場となる市民会館へ行ってみました。
場所は知っているけど入ったことはなかったので、
駐車場に車を停めたはいいけど入り口はどこだ?
とさまようハメに。どうやら裏の小さな駐車場に
停めちゃったらしく、歩いて行ったら大きな駐車場と
明らかに人の出入りがある入り口にたどり着きました。

午前の部が押していたようで、たむろしていたのは
午前に出ていた年中、年長さんとその保護者が
多かったです。ちょっと早く着いちゃったね~、
ということで適当に会場を見たりしていて、そろそろ
時間だから~とトイレに行ったら、そこで
担任の先生と鉢合わせ。○子、それまで割と
普通にしていたのですが、先生の忙しそうな
様子と、徐々に集まってくるひとの多さに
だんだん怖じ気づいてきて、さて、集合時間だ、
控え室に行こうね、となった瞬間に大泣きを
始めました。役員さんが「なに組さんですか?
案内しますよ」と声をかけてくださる中での大号泣。
他の子供たちが控え室に意気揚々と向かう中、
うちの○子はひたすら泣き叫びわたしにしがみつき
行きたくないと大騒ぎし、副担の先生が
「○子ちゃん、お昼はなに食べたの~?」とか
「可愛いお洋服着てるね! 見せて~!」とか
「お友達の○○ちゃんはもうきてるよ! ○子ちゃん
まだかな~って言っていたから会いに行こう!」とか
「ちょっとだけお部屋を見ていこうか?」とか
「今みんなで可愛くお化粧しているんだよー!」とか、
ありとあらゆるバリエーションの言葉で○子を
その気にさせようとしてみましたが、全滅。
○子が懐いている年配の先生も加わって
「おんぶしてあげようか?」「ちょっとお水飲もうか?」
と声をかけても全滅。担任の先生もやってきて
「○子ちゃん、今日はメロンパンナちゃんの
可愛い服があるんだよー!」ももちろん効かない。
「いやだ行かない行かないからやだママやだああああ!!」
と力の限り泣き叫び暴れ続け、気づけばホール前で
駄々をこねているのは我が娘のみw

最終的に担任の先生に「すみません、ちょっと
力尽くになっちゃいますが抱っこで連れて行っても
大丈夫ですか?」とこそこそ確認され、
もちろんOKです全然やっちゃってくださいすみません、
という感じで親指を立てて、あえなく○子は
担任の先生の熟練の技たる羽交い締め抱っこで
無事に控え室に連行されていきました。
もうこの時点でわたしも夫もHPはゼロです。
幸いだったのは泣き叫ぶ姉を○市がぼーっと
突っ立って見ていて、脱走しなかったことでしょうか。
すぐ近くの自販機やコインロッカーを楽しげに
いじってはいましたがね。そしてホールに移動するときには
嫌そうに泣きましたが、わたしの抱っこで落ち着きました。

そして○市は園長先生の心地よい眠気を誘う挨拶を
聞いているうちにわたしの腕の中で寝ました。
空気を読みすぎる二歳児、○市であります。


園長先生の挨拶に続き、園児代表の二人が
カンペも見ずに割と長々とした挨拶をして
(よくもまぁカンペなしでここまでしっかり
覚えていられるもんだと親が感心するレベル)
いよいよ発表会の始まり、始まり。

一歳児、二歳児、年少クラスは前半に
プログラムが組まれており、終わり次第
解散という形になっておりました。
なので一番最初に二歳児クラスと年少クラスが
合同で「幸せなら手を叩こう」の合唱。
クリスマスが近いのでトナカイやサンタの
帽子を被った子供たちが可愛く歌を歌うのですが、
うちの○子は、まぁ案の定、一番端っこに
先生と一緒に座っていました(笑
「いや、だが泣いていない! 泣いた痕は
客席からでもばっちり見えるが、今現在は
泣いていない! 帽子をかぶせようとする
先生の手を叩き落として頑なにトナカイの
帽子を拒絶し、他の子が立っている中で
座り込んでふてくされているが、泣いていない!!!!」
とかなりレベルの低いところで感動する母佐倉。

だが夫もまったく同じことを思っていたようで、
ビデオを撮れるステージ前の特設スペースから
帰ってくるなり「泣いてなかったね~」と
安堵しているというね。夫婦そろって同じところで
感動していたという事実ですよorz


その次は年中さんの合唱と鈴の演奏、
その次は年長さんの英語での歌とピアニカ演奏。
もうね、まったく知らないお子さんたちなのにね、
見ているだけで涙が溢れて止まらなくなる不思議。
年中さんを見れば「来年の○子はあんなに
立派にできるようになっているのだろうか」と泣き、
年長さんを見れば「こんなに大きく育って……!」と泣き。
続く二歳児クラスではミッキーとミニーの
ガチ衣装を着た園児たちがスモールワールドに
合わせてめちゃくちゃ可愛く踊っているわけですよ。
「二歳児でさえあんなに上手に踊れているのに
うちの娘ときたら……!」と思って泣き。
続く一歳児クラスでは、いないいないばあっ!の
わ~お! を曲に合わせて踊ったわけですが、
○市と同学年の子供たちが先生に支えられつつ、
テレビの子供たちと割と似た衣装でちまちま
踊っているのがめちゃくちゃ可愛いし、舞台の上から
カメラを構えるママを見つけて、そっちへ行こうと
泣きながら必死に手を伸ばす姿は愛おしすぎるし、
もうそれ見ていて微笑ましいやら
泣けるやらで泣いているし。

こういう行事ごとで泣く母親って……と
子供を産むまでちょっと冷めた目で見ていた
過去の自分が今のわたしを見たらドン引きだと
思うレベルであちこちで泣いておりました。


後半に続く。
01:01 ○子幼稚園(年少) | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |