FC2ブログ

ベリー・ウィッシュな日々

佐倉紫のつれづれなる日記
2018年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年03月
ARCHIVE ≫ 2018年03月
      

≪ 前月 |  2018年03月  | 翌月 ≫

新刊発売日です

本日無事に刊行と相成りました!
ジュリアンパブリッシング〈ロイヤルキス文庫〉様からは
二冊目の作品となります。嬉しい♪
reimei.jpg

【Amazon】【楽天】【honto】【オムニ7】

以下、あらすじになります。

***

ボスビア国の王女オリヴィアは、"精霊使い"の力を買われ、
隣国オルタレルとの戦に駆り出される。だが、
オルタレルの王太子アーヴィンに捕まり、
力を弱めるために純潔を散らされてしまう。
その後も国民を守りたければ専属娼婦になれと
抱かれる。猛った熱棒に貫かれる激しさと、
それとは裏腹の優しいキスにときめくオリヴィア。
オリヴィアの清らかさにアーヴィンも気づき初めて……!?
国に尽くすオリヴィアとそれを見守るアーヴィンの
恋の運命は……!? 極上ラブロマンス♥

***

公式サイトにて冒頭部分ががっつり読めます!
ロイヤルキス文庫公式サイト
また、初回特典としてSSペーパーがついてきます。
そしてサイン本も一部書店様にて配付されるようです。
公式サイトにて情報が出ましたらこちらでも
お知らせいたしますので、もうちょっとお待ちくださいm(_ _)m


情報が出ました! サイン本配付店舗様の一覧は
こちらになっております! 数に限りがありますので
購入希望の方はお急ぎくださいませ。

黎明 サイン本配付店舗


前回のブログでもちょろっと書きましたが、
あらすじだけだとすげぇ俺様に見えるヒーローは、
俺様だけど懐が広くて普通にいい奴です。
わたし基準でいい奴です。え、つまり、いい奴だよね?(汗

ヒロインは正統派の清純派ヒロインを目指しました。
王女の生まれだけど長く軟禁状態で育って、
一緒に暮らしていたお母さんを亡くしてからは
いつ死んでも構わないくらいの気持ちで
ぼんやり生きてきたのですが、『精霊使い』という
特殊能力を買われて戦場に駆り出されて、
あえなく捕まってしまうという悲運に見舞われます。
これが彼女の転機となり、色々泣いたり悩んだりしながら
成長していくストーリーとなっております。

TL乙女系ジャンルの作品なので、もちろん
Rシーンも盛りだくさんで、エロく甘く
イチャイチャするシーンも盛りだくさんですw
最初にこの話を思いついたときは、
ヒロインはもっと硬派で頑なな性格で、
ヒーローも同じような感じなので、
バチバチ火花散らしながら処女喪失~、の
流れだったのですが、なにがどうなったか
そういう殺伐とした雰囲気は綺麗に消え失せ、
とても甘く柔らかくなったのは、レーベル的に
正解だったなぁと思っております(苦笑

でもわたしとしてはヒロインの成長に
主軸を置いて書いた部分が大きかったです。
前を向くヒロインにヒーローが寄り添うというか
助けるというか、そういう感じでしょうか。


わたし、もともとどちらかと言えばシリアスな
雰囲気の話が好きで、この頃はラブコメや
人外なんかもよく書いておりますが、基本は
今作のような雰囲気の物語が大好きなのです。
(ラブコメはラブコメでもちろん楽しくて好きですが)

今作は、敵同士で出会った二人とか、
箱庭育ちヒロインとか、復讐に燃えるヒーローとか、
ヒロインの精神的な成長とか、普段から
萌える要素をガンガン詰め込み、わたしとしては
めずらしくファンタジーな不思議要素も入れちゃって、
プロットを思いついた段階から書き終えるまで
ずっとテンションも上がりっぱなしで、
〆切に喘ぎながらも執筆中はとにかく
夢中で突っ走って書き上げたという作品でした。
淫魔ちゃんと平行して作業していましたが、
この作品単体なら三ヶ月ないくらいで
書き上げたんじゃないかな、と思っております。

おかげで無事書き上がったあとは
細々とした仕事がありつつ、それが完全に
終わると、体調不良やらオリンピックやら
色々夢中になれることが続いたせいもあり、
なんか燃え尽き症候群みたいになってました(笑
最近になってようやく調子が戻ってきた感じで。
それくらいの熱量を込めた作品という感じですね。


イラストがまたとにかく美しくて素晴らしいのです。
不安な表情が多いヒロインが、最後の挿絵で
幸せそうな微笑みを浮かべているのを見て、
書いた本人なのに涙出そうになったっていうね(笑

いつもはフリフリドレスのヴィクトリアンっぽいのを
書くことが多いのですが、今回は中世寄りにしたくて
コルセットもパニエも存在していないです。
蘭先生に「こんなイメージです」とお願いするため、
自分でイラストを描いて担当様経由で送ったのですが、
あんな三歳児の落書きみたいなイラストがプロの
目と脳を通過するとこんなにきらびやかで美しく
繊細で美麗に仕上がるのかと思ったら、
自分のイメージ画をひとまず燃やしたくなったほどです(笑

前作に続き、蘭蒼史先生には本当に本当に
お世話になりました。改めてお礼を申し上げます。


そんなこんなで、今回は本当に「佐倉紫が大好きな
佐倉紫らしい作品」ということでお届けになります。
本屋さんでお見かけになりましたら是非
お手にとっていただけたらと思います。


そして来月にはまた一冊お届け予定です。
こちらはノーチェブックスの単行本化となります。
書き下ろしの番外編ついていますよ~♪
こちらも発売日近くなったら告知始めますね!
スポンサーサイト

このところの息子

発売日まであと三日となりました。
ロイヤルキス文庫様から新刊が発売になります。
『黎明の王女は愛に目覚める~精霊使いへの誓いのキス~』
3月23日の刊行予定となっております。

仮タイトルのときに「王女」の部分が「女王」だったせいか、
Amazon様では未だ「女王」のままになっちゃってて、
これいつ直るんだろうと気が気ではない作者ですorz
正しくは『黎明の王女は愛に目覚める』です。
他のサイト様ではきちんと直されているのですが(汗

まだあらすじが出ていないのでこちらで書いちゃいますね~。

***
ボスビア国の王女オリヴィアは、"精霊使い"の力を買われ、
隣国オルタレルとの戦に駆り出される。だが、
オルタレルの王太子アーヴィンに捕まり、
力を弱めるために純潔を散らされてしまう。
その後も国民を守りたければ専属娼婦になれと
抱かれる。猛った熱棒に貫かれる激しさと、
それとは裏腹の優しいキスにときめくオリヴィア。
オリヴィアの清らかさにアーヴィンも気づき初めて……!?
国に尽くすオリヴィアとそれを見守るアーヴィンの恋の運命は……!?
極上ラブロマンス♥

***

こうしてあらすじに書き起こすとヒーローが
ものすごくひどい野郎に見えてきますが(笑
実際はとても良心的で懐が広い人物だと思っております。
俺様ではあるけれど、横暴ではないのですよ(キリッ
ヒロインは清らか系の正統派を目指しました(キリリッ

詳しい裏話等は刊行日にまたブログを更新しますので
そのときにでも。ただ一つ言えることと言えば、
今作は正しく佐倉紫テイストに仕上がったな、と。
佐倉紫らしい作品ができあがったと思っております。



さて、育児の話。今回は息子○市にスポットを当てつつ。
(娘○子は終業式終わったあとで、年少さんの
総括みたいな感じでまとめようかと考え中です)

現在二歳七ヶ月になっておりますが、相変わらず
ひとっっっっことも喋りません。わたしは未だ
息子からママと呼ばれたこともなくorz
それで言うなら夫もパパと呼ばれたことはありませんが。
話す言葉も喃語ばかりで、ぶっちゃけ
生後半年くらいからなんら成長していない気が
しないでもないです。マジで。
先日ひっっっっっさしぶりに支援センターに行って、
先生方が「あら久しぶりねー!」と話しかけて
きてくださることをいいことに、その一人一人に
この半年くらいの出来事をばーっとぶちまけ、
ついでに息子が全然喋んないことを話してみたのですが、
見た目的な発達は保育士さんの目から見ても
そこまで「?」というところはないらしく、
「言葉を溜め込んでいる最中じゃないかなぁ?
言っていることはわかっているみたいだし、
表情も豊かだし、動きも活発だから、
そのうちばーっと出てくるタイプだと思うよ」という
感じで、そんな深刻に捉えなくても大丈夫だよ、
という感じでした。というかぶっちゃけ言葉の遅さで
悩むママさんにはみんなこのアドバイスを
しているんじゃないかなぁと思うのですが(苦笑

前からここでも愚痴っている通り、息子は
こちらの言うことはすべてわかっているし、
感情がないわけではなく、この頃はイヤイヤ期らしく
癇癪を起こしたり反抗したりもよくしてきます。
面白いことには目を輝かして食い尽くし、
動きとか興味の引かれ方は二歳児相応ではないかと
考えております。むしろイヤイヤ期の度合いに関しては
娘のほうがひどかったので、息子のイヤイヤは
そこまで手を焼くほどじゃないなぁ……という感じ。
スーパーのカートも嫌がらずに乗るし(この頃は
身体が大きくなっちゃったので載せませんが)
一緒に歩いていても脱走して迷子になることはないし
(でも割とちょろちょろしているのはヒヤヒヤもの)
ものを口に入れる時期を脱してきたので、
この頃はビー玉遊びやクレヨンなんかもよくやっています。
割と○を綺麗に描けるので褒めております。
どや顔して、さらに○を描いて、どや顔で見せてきます。

今日は久々に朝から雨で水たまりが
たくさんできていたので、年相応に
水たまりに突撃して長靴の中もズボンも
すべてぐっしょり濡れまくるほどに
水を跳ね上げて遊んでおりました。
予想以上に濡れちゃって玄関に
タオルを用意していなかった自分を悔やんだ朝です。

そして娘を送り出す、あるいは迎えたあとは
少し遠回りをして帰るのですが、そこで
犬を飼っているお宅の前を通るとき、
そこの犬が滅茶苦茶吠えてくるので
嬉しそうにしております。娘もそうですが
息子も動物が好きなようで、ビデオを見ていて
犬や猫が出てくると嬉しそうに指を差して
わたしを振り返って『見て見て!』と主張してきます。
母であるわたしはあいにく動物がちょっと苦手なので
(小学校の頃から野良犬に吠えられたりするのが
すごく怖くて逃げ回っていたタイプ。ゲージの中や
ガラスケースの向こうにいる犬猫を鑑賞するのは
とても好きなのですが、さわるのは苦手なのです……)
犬の散歩とすれ違うときに息子を止めつつ
犬を回避するのに苦労しているへっぴり腰母です……

でも息子も娘も動物好きで、娘は遠足のとき
動物園でウサギやひよこを危なげなくさわって
とても嬉しそうにしていたので、春休みにでも
動物園とかに連れて行ってあげたいなぁという思いもあり……
どこも混んでいると思うとなかなか腰が上がりませんが……

日常のことも色々出来るようになってきました。
コップのみをいつの間にかマスターして、
飲み終わったコップを自分で流しに置きに行き、
お菓子の袋もたまに忘れるけど基本的に
自分でゴミ箱に捨てられるようになっているし。
拭くの脱ぎ着は上半身は脱げないけど
下半身の服はすぐ脱いじゃうので、この頃は
割と注意が必要です。気づくとなんかおむつまで
脱いで下半身だけすっぽんぽんになっている。
トイトレ全然手をつけていないので、この状態で
その辺におしっこされるのが割と増えてきていますorz
フローリングならいいのですが寝室でされたときは
本当にね、もうね、どうしてやろうかと……(-_-#)

相変わらずハンドタオルが大好きで
端っこだけしゃぶって、濡れてくると
途端に口から離してその辺にぶん投げます。
一つのタオルに執着するのではなく、
新しいタオルの端っこのみに執着する。
なので一日にハンドタオルだけで二十枚は
軽く洗っております。毎日干しております(-_-)
劣化も激しいので定期的に買い足していますが、
しまむらの三枚三百円くらいのタオルが
今のところダントツでコスパもよく使っております。
娘もタオル好きですが昔ほどしゃぶらなくなったなぁ。
娘は息子と違ってタオルの真ん中をしゃぶる。
割と一枚を長くしゃぶしゃぶしている……。

そんなもんでしょうか。

たまに鼻と咳だけの風邪を引いていますが、
大きな病気はなく健康に生きております。
わたしが原稿で忙しいときはビデオばかりに
相手をさせていて、これが原因で言葉が
遅いのかなぁとも思うのですが、お気に入りの
歌を聴いて踊っているのを見ると
「楽しそうだからいいじゃん」とも思ったり。
この頃娘がよく見ているためスマホで
youtubeを見たがります。けど見せても
すぐに違う動画に切り替えて、結局
重たくなって動かなくなって飽きてスマホを
放り投げるのでそれも地味に困っております。
娘は長々と見ちゃうのでそれも困りものですが。

明日は祝日ですが夫は日曜日以外は
仕事が基本なので家族三人だけ。
しかも雨で真冬並みに寒いとくれば
家で引き籠もっている以外やることもなく。
買い物に行くくらいかなぁと思いつつ。

悲惨な事故が起きなければまぁいいかな、
くらいのスタンスで生きている今日この頃です。

一時保育まがいのことをして見たけれど


発売日が近づいてきました♪ 書影も
早く出てくればいいのですが……w
ちなみにわたしもまだ見ていないです……(・∀・)

***

このところワンオペ育児が常態化して
かなりグロッキーになっていたため、
育児つらい厳しいきついとツイートしまくっていたら、
たくさんの方からご心配いただき、
「一時保育を利用しなよ」「シッターさんはどう?」
などなど、とにかくママ業をちょっとお休みして
くつろぐのがいいんじゃない? 的なリプを
たくさんいただき、そうだよなぁ……、と
思う一方で、わたしはなにを呟いているんだと
猛省した二週間くらいでしたorz
わたしはあくまで作家という職業をしているのであって、
育児つらいなどとほざいて読者様を
不快にすることになんの意味があるのかと
かなり反省した次第です(-_-)

とはいえ反省したところでつらいのは変わりなく。
夫もこのところまったく家事にも育児にも
参加でいていないことに負い目を抱いていたらしく、
また今日から三泊四日の出張と言うことで
長く家を空ける不安も相まって、昨日休みを
取って、わたしをちょっと育児から
解放してあげよう! と実行してくれました。

いきなり一時保育よりは信頼がある
夫に任せるほうがわたしも安心♪
と思い、いつもの家事を済ませて娘を
幼稚園に送り出してから、息子を夫に預け、
近くの屋内遊技場で遊んでもらい、わたしは
そのあいだ近くの本屋やら百均やらを
ゆったり回ることにしたのですが……

これが自分でもびっくりするくらい、
まったく息抜きになりませんでした(-_-)
普通は逆じゃん? 夫に子供預けて
ちょっと羽を伸ばしてゆっくりお一人様時間を
味わうところじゃん? わたし自身そう思って
楽しみにしていたんですが、まったく
そうならなかったんですよね……orz

というのも、夫と息子を見送って本屋に行って、
色々本をあさりつつ、時計外になって仕方ない。
お迎えまでは一時間半くらいあるのに、
十分ごとにスマホを確認して「あと何分……」と
時間を計ってしまう。近くにカラオケ屋あるから
一人カラオケも計画していたのですが、
ちょうど中学校、高校が卒業式を迎えたあとらしく、
店舗の前に自転車が三十台くらい止めてあるのを
見た瞬間に「あ、今きっと満室だから入れない」と
思って、あてどなく本屋ばかり歩くことになったのも
悪い方向に影響したのかなと思うのですが。
そして百均に行っても、いつもはレターセットとかを
じっくり見たいなと思っていたはずなのに、
実際はそちらはちょっと見ただけで、「あ、そういえば
洗濯用のハンガー壊れちゃったから買いたそう」とか
「娘がセロテープ使いまくるから在庫がないんだよな。
買っておかないと」とか「娘がキティちゃんの
ティッシュ買いたいって言っていたな。
買っていっちゃうか」とか、結局家事と家族のことしか
考えていないorz 家のことばかり考えて
買い物するから頭の中は完全に主婦モード。
お一人様を満喫するどころか普通に家事に育児に
追われているいつもの自分が出てくるという……orz

そして大きめの本屋に移動して、料理本とか
TL小説の新刊とか、いつも見られないところを
じっくり見ようと思っていたのですが。
時折すれ違う○市と同じくらいのお子さんを連れた
お母さんを見るたびに、自分はいつも連れている
子供を連れずに一人でここにいるという事実が
胸に突き刺さり……ものすごい罪悪感が湧いて……orz
ましてその日、ついいつもの調子で普段着で
すっぴんマスクで本屋をうろついていたんですよね。
子連れだったら許されるような気を抜けた格好を
一人で歩いているときにしていると、恐ろしいほど
格好悪い~という感覚が湧いて、なんか恥ずかしくて。
「そばに子供がいない」という事実が、心の
安らぎになるどころか、むしろ完全に武装を解かれて
丸腰でその辺を歩いている落ち武者みたいな、
そんな頼りなさと駄目人間っぷりを強調する事態になり……
子供がいるといつも下向いてばかりでつい
猫背になっちゃっているから、今くらいは
背筋を伸ばして歩こうと思っても、背筋を
伸ばした瞬間に胸よりも突き出た腹具合が
どーんと強調されちゃって、恥ずかしくて
つい猫背になっちゃうって言うね。
恐ろしく惨めで頼りなくて落ち着かない。
その上で時間をちょいちょい確認しているから
焦りばかり募って、まったくくつろげない。
むしろなんかげっそり疲れて夫と子供を
迎えに行く羽目に陥ったという……orz

ちょっとは休憩できるのかなと思ったのに、
実際はまったく真逆の結果になりました。

一方の息子は終始いい子で遊んでいたようで、
付き添いの夫も「平日で空いていたから
滑り台とか何度もやって楽しそうだったよ~」と
ニコニコ顔。疲れたのはわたしだけかいorz
その後はスーパーでお弁当を買って家に帰って
食べて、息子はお昼寝、そして夫もなぜか
熱を出して寝込むという事態に。
このところ子供たちは夜の咳がかなりひどく
寝付けない状態だったので、娘が帰ってきてから
小児科に行って、夫は明日から家にいないから
今日くらい晩ご飯もきちんと作って食べさせないと、
とむしろいつも以上にわたしは働いた一日でした。

全然リフレッシュできないし家事も
いつも以上に頑張る結果になった一日。

わたしは一時保育を利用するに値しない
人間だったのか……orz ということを
感じてしまう切ない一日でしたorz