FC2ブログ

ベリー・ウィッシュな日々

佐倉紫のつれづれなる日記
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年04月
ARCHIVE ≫ 2019年04月
      

≪ 前月 |  2019年04月  | 翌月 ≫

新刊のお知らせ&近況

なんとも寒暖差が激しいですね。つい先日もう
春物は全部いらないかと思ってしまい込んだら、
また寒くなったので子供用の長袖をまた
引っ張り出したという体たらくです。まったくもうorz


さて、本日は新刊の出荷日となっております。
81_ZT6Im8uL.jpg
『マイフェアレディも楽じゃない』佐倉紫/北沢きょう
(アルファポリス社/ノーチェ文庫)
公式サイト→ノーチェブックス

一昨年の四月くらいに発売した単行本作品の
文庫化となります。文庫化に際し書き下ろしの番外編を
書かせていただきました。結婚して晴れて夫婦となった
二人の一年後のある出来事、という感じです。

結婚後はリジオンが伯爵になってジェシカが伯爵夫人、
なんですがリジオンは騎士としても働いているし、
地位も上がるし、なのに領地経営もしなきゃだから割と
多忙なんじゃないかと今になって気づいた作者。
ジェシカはジェシカでもともとあった薬の知識を生かして
診療所開いちゃったりしているというね。
どちらも働き者の夫婦だなぁと作者ながら感心します。

単行本のときは背景が薄紫主体だったのですが、
濃いめのピンクに変わって、こちらもとても可愛い雰囲気w
本日が出荷日なので、早いところでは今日から、
遅くてもGW半ばくらいには全国に出回って
いくかなと思っております。書き下ろしの番外編は
この文庫版でしか読めませんので、是非お手にとって
いただければと思います。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

*      *

わたしのほうはようやく原稿が書き上がってほっと一息中です。
四月は怒濤の日々でした……いや本当にここまでメンタルにくるとは。
四月になれば下の子も幼稚園に入るから日中一人になって
執筆が大幅に進むわわはははははは! と笑っていた先月まで。
実際執筆時間は取れるようになったのですが、そのぶん予定を
がっつり入れたので、結局ギリギリになって
苦しむ羽目になるというね。学習しないよね(遠い目

四月の前半二週間も原稿、そちらが上がったらまた
別の原稿をGW前までに仕上げる、合間に別作品の校正、
という感じでやっていたらてんてこ舞いになったのはもちろん、
やっぱり下の子の入園でちゃんとやっていけるのか心配、
上の子は進級でちゃんとやっていけるのか心配、さらに
山のような提出物、提出書類、追加される名前書き、
と割とちょこちょことした母親業が襲いかかってきたもので、
先週ついに体調を崩しました。生理前で免疫力が
だだ落ちしていたのもあって、喉からくる風邪を引いた模様。

ちょうど前回のブログを上げた土曜日時点ですでに
「あれ? 昨日から鼻づまりひどかったけど
今日もひどい上、喉まで痛くなってきたぞ?」と
いう事態になっていましたが、その日の夕方には
なんか寒気がしてきて、夜には熱が38度まで行きましたorz
寒気がひどすぎて夜九時に布団に入ったのに午前二時まで眠れず、
朝起きたときは多少すっきりしていたので、
トイレ行って二度寝したらガチでお昼まで寝ていたというね。
でもおかげで熱は下がってました。
ただその後喉の痛みがひどく続いて、
鼻づまりもひどくて鼻水もくしゃみも出るし
咳をすれば痰が出るしで、でも熱は下がったから
あとは手持ちの薬でも飲んでおけば勝手に治るだろう、と思って、
とにかく今週末は〆切あるから原稿じゃあああああ! と頑張った
結果、水曜日になって完全に声が死んでしまい、
囁き声でしか話せなくなったという(白目
今日は喉の痛みはありませんが咳をすると痰は出るし、
鼻づまりも継続中。声も出るは出るけど、
明らかに風邪引いたとわかるレベルのかすれたダミ声になっていて、
今朝も園バスの先生に挨拶した瞬間に「大丈夫ですか!?」って
心配されました。はい、これでもだいぶよくなったんです笑

そういうときに限って園から電話連絡とかがあるんですよねぇ。
昨日も息子の担任の先生から電話があって、こっちも声が出ない
もんだから「はい」って言うだけでも咳き込んだりして、
電話の向こうにいる先生にも余計な気遣いをさせてしまったと
反省するばかりですorz そしてその先生曰く、「今日は○市君、
机の椅子に落ちた積み木を拾おうとしたとき、背中を机に
ぶつけてしまいまして。たぶん痣になっていると思うのですが、
痛がる素振りとかないですか? 大丈夫ですか?」ってめっちゃ
心配してくれていました。母はそれを言われるまで息子が
そんな怪我を負ったことも知りませんでしたよ笑 見てみれば
確かにこれっぽい痣が……と思ったのですが、うちの息子
生まれたときから全身に蒙古斑的青あざがめっちゃあって、
今もうっすら背中に残っているので、果たしてこれかなぁ、と
ちょっとわからなかったり。ついでに一昨日屋外で遊んだときに
蚊に刺されまくって、それをまた本人がかゆくて引っ掻きまくった
せいで通常の倍近く赤く晴れちゃったりしているので、
むしろそっちのほうが痛々しいわい、という感じだったという。
虫刺されの痕は今朝になったらずいぶん落ち着いていましたが、
また思い出したときに引っ掻いちゃって血が出るまで行きそうな予感orz

さらに「あと今日は昼になって晴れて急に暑くなったせいか、
着ていた長袖のシャツを自分で脱いでしまって笑 お着替え袋には
長袖しか入っていなくて、代わりにタンクトップの下着を出して
これ着る? って聞いたら頷いたので、しばらくそれを着せていましたが、
またそれも脱いだので、またもと着ていた長袖にお着替えをしまして……」
もうこの話を聞いた時点で振り回される先生お疲れ様です、
というかすみません、というかありがとうございます、と
完全に頭が上がらない状態になっている母佐倉orz
「あと給食のときお茶をズボンにこぼしてしまったのか、こちらも
自分で脱ぎ捨ててしまいまして……」というか息子よ、
家ではよく服を脱いでおむつ一丁でくつろいでいるけど、
幼稚園でもそうやってくつろぐつもりかいっ、とわたしは
突っ込まずにはいられない。その後かすれた声で「ええ、はい、
以前から服を脱ぐ癖がありまして、暑いから余計に
自由を求めてしまったんだと思います……」と母は
必死に答えましたとも。ええorz 今日は
脱いでいないといいなと思うばかりであります……。

そんな息子も家ではトイレに見向きもしないのに、幼稚園では
トイレの時間だよ~と声をかけられると、お友達と一緒に
普通にトイレに入って、ちゃんと立っておしっこをしているらしい。
おむつにも普通におしっこをしているから、自分から
「おしっこ出るからトイレに行きたい」というわけではないけど、
その気になればおれはおしっこくらいトイレでできるぜ、という
スタンスでいるらしいです。なんじゃそりゃorz


まぁ息子は悠々やっているようなのでいいのですが、
最近は娘のほうがちょっと難しい。昨日も今日もそろそろ
家を出るよと言う時間になって「お腹痛い」と言って
幼稚園に行くのを嫌がっていました。行かせたけど。
進級してお勉強も難しくなったし、マーチングの指導もあるし、
いろいろ習うことが多くてお疲れぎみかもしれません。
もともと環境の変化に弱い子だし、年少の頃はほとんどの行事で
泣くか座り込むかママのところに逃げるかで、ほかの子と
同じくらいのことができるようになるまで、一年かかってます。
だから今もゆっくりゆっくり頑張っていくしかないのかもね。

あと幼稚園からもらうお知らせ? とかでも、もう「一年生で
習う漢字表」とかをもらってくるわけですよ。それを見て
「○子ちゃんこれわかんないから小学生になるのやだ……」って
言うわけです。早期教育も困りものですね。小学校で
習うものだから今わからないのは当然のことなんだよ、
○子ちゃんはすでにひらがなもカタカナも全部読めるし、
ひらがなで自分の名前をしっかり書ける。お手紙も書ける。
年長さんでそこまでできるのはすごいことだよ。と折に触れて
言ってはいるんですが、先を見通してびびっちゃうのでしょう。
わたしも似たようなところがあるので不安は大いにわかります。

かといって幼稚園から帰ってくれば笑顔でいるし、
その日あった楽しいことをべらべら話してくるので、
行っちゃえば楽しいということがわかっているからこそ、
朝はなんとかバスに乗せようとこっちも必死になるという。
子供のこういう不安も伝わってくるから、わたしも
風邪引くような事態に陥るのかもしれません。
親子そろってメンタル激弱人間ですorz

夫も仕事忙しいのですが、そんな中でもわたしが
咳き込んでいると洗い物やってくれたり、ご飯作って
いないと買ってきてくれたりと協力してくれるので
本当にありがたい限り。GWは前半は仕事ですが、
三日以降は日曜日までお休みなので、ひとまず
隣県の遊園地と市内のフラワーパークに行くことを
計画しています。あとは普通に近場の公園とか買い物とか
家で過ごす。一回イオンに行けばもう連休終わるって。
問題は夫が休みに入るまでなのですが、まぁ
公園で頑張って繋ごうと思います。今日みたいに雨で
寒かったら詰むから困りますね。はははは。
GWは本当に育児と家事の戦いですよ……
十連休なんてなんも嬉しくない……春休みが
ようやく終わって新学期にも慣れてきて
ほっと一息つく頃にこんな連休……親にとっては
まさに天国から地獄に落とされた気分です……orz

こういうことを考えると自分の母なんかはよく
このクソ長い休みに三食作ってくれたよなと
ありがたい思いばかり募る。大学の頃なんて
長期休みがガチで二ヶ月とかあるから、母も
毎日の食事作り本当に大変だっただろうなって。
今も三食毎日作っていますけどね。偉大すぎる。

そんなこんなで、我が家はGWを頑張って乗り切ります。
皆様も頑張って乗り切っていきましょ! 息抜きの
お供に先に挙げましたわたしの新刊よろしくお願いいたしますm(_ _)m
スポンサーサイト



進級して二週間

○市が年少さんで入園&○子が年長さんに進級して
二週間が経ちました。月日の流れ速いね。
今週の頭から午後保育も始まったので、八時のバスに乗って
二時のバスで帰ってくる毎日を過ごしておりました。

心配していた○市と言えば二週間経っても
全然登園し降りしないで、むしろ家を出る五分前には
園服を持ってきて着せろといい、自分で水筒を
首にかけ、帽子をかぶり、通園鞄を背負わせろといい、
勝手に玄関まで階段を降りて行ってしまう。
待て待てハンカチとティッシュまだ持っていないし
靴下も穿いていないで裸足でどこへ行くよ、という感じ。

逆に○子のほうが朝はのたのたしており、わたしに
着替えてと言われて実際に着替えるのはだいたい十五分後。
何分までに着替えてと行ってもその時間までのんびり
ご飯食べていたりして、毎日わたしにぶち切れられています。
かと思ったら「自分でティッシュとハンカチ選ぶ!」つって
これまたのんびり選んでいるので遅刻するというか
○市が勝手に出て行っちゃうからマジで早くして!! って感じ。

二人ともバスに乗るとニッコリ手を振って通勤なさいます。
○市もこの調子なら泣かずになんとかなりそうな気がする……
ずっと姉がドナドナされていくのを見ていたから、
こういうものなんだなってわかっていたのかもしれんのぅ……


さて、今日は娘○子にスポットを当てます。
無事に年長さんに進級した娘。二年前の今頃はバスに
ドナドナされるまいと全身で泣き叫んで抵抗していましたが、
今やそんなことはまずありえない……かと思ったら、
やっぱり環境の変化に弱いところは健在なのか、
ちょいちょい泣いたり抵抗したりぐずったりして
先生の手を焼かせているらしく。

子供たちが通っている園はマーチング指導がありまして、
本格的に始動が始まるのは年中さんの秋頃。年少の頃は
ただ見学、年中になるとマーチングの横でポンポンを持ってダンス、
で、十月の運動会で年長さんがお披露目して以降は、
年中さんが来年に向けて本格的に練習が始まる感じです。
年中さんにいるあいだは足の動きやリズムなんかを学び、
三月時点で楽器やパートが決定。○子は旗持ちになりました。
全体の三分の一は旗になるのでいわゆるモブ役な気がする(笑
女の子の中で一番背が高いから小さい太鼓とかを
任されるかなと思っていましたが、娘は楽器より旗のほうが
向いていると判断されたのでしょう。

で、最初の一週間は午前保育だったので、だいたいは
遊んだりちょっとひらがなの勉強したりが主立ったらしいですが、
今週から本格的にマーチングの指導が始まりました。
が、二つクラスあるうち、娘の担任が指導するのは
楽器パートらしく、練習時間は隣のクラスに出張して、
もう一人の年長の先生に教わっている様子。だがそれが
嫌だったのか、教室を移ることに抵抗があったのか、
初日は教室に入りたがらずに泣いてぐずったらしく(苦笑
いざ練習が始まれば旗を持ってピッピッと動いているようですが、
未だ慣れないようでちょっとスムーズに教室移動が
できないようです。まぁ環境が変わると緊張するよね~。

昨日の金曜日は本人から「今日は預かり保育がいい。幼稚園で
いっぱい遊びたい」と希望があったので五時まで預かりにしました。
○市はまだ慣れないのに五時まで預かりは気の毒かな……でも
行ってくれればわたしも仕事はかどるし……と思いつつ、
「今日は○子ちゃんはバスに乗って帰ってこないんだけど、
○市は一人でバスに乗ってくる?」と聞いたら、ふるふると
首を横に振って嫌だと申しましたので、じゃあ二人とも預かりで、
とさっさとアプリから申し込んだと言うね。息子がいやなのは
一人で帰ってくることであって、普通に姉と一緒にバスに乗って
帰ってきたいと言いたかったのだと思いますが。無視した(おい

ですが預かり保育の教室もいつもと違う場所だったのが
気に食わなかったらしく、迎えに行った○子はブスくれて
「預かり保育いやだった~」とか言ってくるし。本当に
環境の変化に弱いタイプや……orz でも砂場で作った
さらさらの砂やゴツゴツの泥団子を自慢げに披露してくる
あたりまだまだ可愛いところもあるのです。

ちなみに続いて迎えに行った○市は笑顔で出てきたけれど、先生曰く
「バスに乗るものだと思って門まで行っちゃったのですが、
『今日は乗らないよ~』と引き留めてバスが出るのを見送ったら、
悲しかったらしくて泣いちゃって……。泣きながら教室に戻って、
おやつの時間になったので、今日はおいなりさんがおやつに出たんですが、
油揚げの部分をちまちま剥いてそこだけ食べていました笑」だそうで笑
その後は楽しく遊んでいたらしい。なんともはや(^_^;)

まぁ幼稚園はそんな感じで、○子は「もう預かり保育嫌だ」との
認識を強めておりました。はいはい、勝手にしてくれorz


幼稚園ではそんな感じの○子ですが、園でもやはり先生が
「年長さんなので小さい子の面倒をよく見ましょう」みたいな
ことを言っているのか、年少さんに靴を履かせてあげたり
砂場で道具を貸してあげたりということをしているらしい。
家でもたまに息子がぎゃーすか「貸してぇえええ!」ってわめくと、
最初は嫌がっていても最終的には譲ったり貸したりしている
ときが結構増えてきています。快くいいよということもあれば、
「○子ちゃんは年長さんだから優しくするの」と言うこともあり、
「ちょっとだけだかんね!!?」とぶち切れながら渡しているときもあり……

なんだろう、親としてはそりゃ子供たちが喧嘩しているのは
うんざりする出来事だから、ちょっとくらい貸してやりなさいよ、
と思うことは多いのですが、いざすんなり貸している場面を見ると
「おまえ、本当にそれでいいのか……!? お姉ちゃんだからって
なんでも弟に譲ってやる必要はないんだぞ。たまには我を通して
己がしたいようにしてもいいんだぞ……!?」と言いたくなることもある。
というかたまに言う。○子は「いいよ、○君にあげる」としれっと
答えるのでまたもどかしい思いをするのですが、でもよく考えりゃ
本当に「いやだ、あげないぃいいい!」ってときは全力で
抵抗しているから、まぁ我は通しているのか、と思ったり。そして
そういうときは「己の我を通せ」と言っているはずの母親たるわたしが
「うるせぇぇえええ! 喧嘩するくらいならさっさと譲れ!!」って
○子を叱り飛ばしているんだから、言っていることとやっていることが
矛盾しているのは明らかに○子じゃなくてわたしだったりします(白目

あとは娘本人からもマーチングの練習が大変だという
ニュアンスの話を聞くのですが、そういうとき娘は
「でもね、そういうときは勇気をたくさん出すんだよ。
ぎゅっとした手の中にね、たくさん勇気が詰まっていてね、
それをう~んって言って、出すの。そうすると頑張れるんだよ」と
アンパンマンに出てきそうなことを笑顔で語っていたりするので、
なんとか本人なりに順応しようと努力していることが窺えます。

ただこの勇気は暗い時間帯に一人でトイレに行くということには
発揮されず、また予防接種に行くと言うことにも発揮されません。
年長さんになったので風疹麻疹の予防接種にさっさと行かないと
いけないのですが、折を見て説得しても本人がまったく頷かない。
なるべく注射は必要なものだと理解した上で(いや理解はしているけど
納得はしていないんですよね。大きな病気になるのは嫌だけど
注射痛いのもいやだ! の一点張りですからね)本人に
覚悟を決めさせてから行きたいなと思っていたのですが、
もうそれを待つのも面倒なのでGW開けにでもさっさと予約します。
でなにも言わず連れて行って大泣きさせます。戦いはこうして頻発する。
あ、おたふく風邪も受けておいたほうがいいかな。
歯医者にも一回連れておきたいなぁと思いつつ……どのみち
そろそろ幼稚園で歯科検診があるからな。今のところ虫歯と
言われたことは一度もないけれど、さてどうなることやら。

あとは、相変わらず大きな音や音楽が嫌いで、映画とか見ていると
必ず「音がうるさいぃいい!」って苦情を叫んできます。
おまえのほうがよっぽどうるさい、と毎度喧嘩になりますが。
それなのにプリキュアの映画見に行きたいとか言うんだからさぁ……
暗いところ怖い、広くて密閉されたところも嫌い、大きな
音も嫌い、映像が大きいのも怖い、これで映画に行きたいとか
チャレンジャー過ぎるって。でも幼稚園のうちに子供向き映画で
慣らしておくのは悪くないと思って、六月になったら新しい
アンパンマンの映画公開されるので、それを見に行こうと約束しました。

一方の息子はうるさい音も音楽も大好きで、例えば『ハウルの動く城』で
ハウルの城がぶっ壊れるところとかあるじゃないですか。カルシファーが
頑張ってお城小さくしたのを動かすシーンとかあるじゃないですか。
あそこ音楽も崩れる音も大きくて、娘は大っ嫌いなシーンで、
そのシーンがくるたびに泣きわめいているのですが、息子はあのシーンが
大好きで、城が崩れるのに合わせて立ち上がってその場で飛び跳ね、
大声を出して笑い、城が走り出すのに合わせて家中走り出し、
シーンが終わると「もう一回見せろ!」とリモコンを突き出してくるんです。
方やうるさいのが大っ嫌いでシーンを飛ばせと要求する娘、
方やうるさいのが大っ好きでシーンを繰り返せと要求する息子、
この二人に挟まれるのがいやで最近ハウルを見ておりません(=_=)
唯一ジブリで穏やかに見られるのはトトロと魔女宅のみ。
トトロですらお父さんが乗るバスを待つシーンとかは娘怖がるので
いちいち飛ばしたりなんだり……千と千尋も娘は嫌いだし。
ポニョは幼稚園でも見ているというから見せたら、やっぱり
大波が襲ってくるシーンが怖くていやだ!! で撃沈でした(白目
昔から繊細なところがあるのはわかっていたけど、五歳になっても
これなのかと思うと今後大丈夫かなと心配になる母であります……
息子は逆に物怖じしないからもうちょっと慎重になって欲しい……
足して二で割ったらちょうどいいのに、ともう何度言ったかわかりません。


ひとまず、娘の近況でした。

初登園

今日の関東地方はクッッッソ寒いです。一気に冬。
今週は学年問わず教育認定の園児たちは午前保育なので
十一時半くらいにバスに乗って帰ってくるのですが、
迎えに行ったとき雨がみぞれに変わっていました……
息をはーっと吐くと真っ白な雲が立つ……どんだけ……orz

ということで、息子は昨日から幼稚園にバス通園しております。
入園式が先週の金曜日、じゃあ月曜日から登園か! と
思いきや、月曜日は始業式で、在園児のみの登園というね。
保育認定の子は年少さんや二歳児クラスの子でも
預かってもらえるのですが、教育認定の子は
始業式に出ずに火曜日から登園という不思議。
うちも考えてみればわたし在宅とは言え仕事しているのだから
教育認定(幼稚園枠)じゃなくて保育認定(保育園みたいに
長い時間預かってもらえる)にしてもよかったんじゃね?
と思うんですけどね。そうすりゃ娘が卒園するときに
同じ敷地内にある学童にもスムーズに申し込めただろうによぅ。
まぁ学童に入れる気もないのですけれども。
そこまでしておつりがくるほど稼げているわけでもない現実(白目

さて、初登園です。そもそも息子はこのところずっと
朝起きるのは十時くらいで、夕方五時くらいから
夜の八時くらいまで昼寝して、午前二時に寝る、みたいな
とんでもない生活を送っていたのですが(それに付き合って
いたからわたしももれなく朝寝坊しまくっていました)
四月からはバスのダイヤが変わって、もう八時には
迎えに来ちゃうので、遅くても七時半には起きてほしいわけです。
なので夫を送り出してから起こしに行ったのですが、まぁ~
布団の中でぬくぬくと可愛い顔で寝ちゃってw
もう面倒くさいので布団剥ぎ取って勝手におむつ変えて
勝手に着替えさせると言うね。その過程でだいたい泣きながら起きた。

でも「今日から幼稚園だよ~」と声をかけると、徐々に
落ち着いて、朝ご飯はまるで食べなかったのですが(娘もね怒
園服を着せようとすると素直に腕を出して、ボタンを
わたしが止めていくのもおとなしく見ていたんですよ。で、
これが○市の帽子ね、と園の帽子を見せたら、自分でかぶって。
そして五分前くらいに出ようと思ったのに、十五分前に
もう自分で玄関まで降りていって、勝手に扉を開けて
出て行こうとしちゃいまして(汗 慌てて娘も支度させて、
初登園と言うことでおむつやら赤白帽やらいろいろな荷物を
どっこいせと抱えてバスを待つ地点まで。家から100mくらいですが。

いつも一人でふら~っとどっか行っちゃうのに、
今日に限ってきちんとバスがくるところに立っていて、
しかもしばらくすると○子と同じように通園鞄を
背負いたいとジェスチャーしてくるんですよ(まだ
会話ができないため身振り手振りで会話中)
リュックタイプの鞄をこれまで使ったことがないのに
大丈夫かな、と思いつつ背負わせてやったら、嬉しそうに
にっこりしてずっと背負っている。絵本袋も
自分でもってにこにこしながらバス待ってるんですよ。

相当早く出たのでかなり待った感じがしましたが、
バスがくると「バシュー!」って嬉しそうにバスを指して。
先生が降りてくると、先に○子が乗って、次に先生が
「じゃあ○市君もいっくよー!」って脇を抱えて、
ジャンプしながら階段を上らせてくれて。それで
嬉しくなったようで、娘についてとことこ隣に自分で
座りに行きました。ま、マジでか……。全然泣かないし
むしろなんか楽しそうなんだけど……(汗
泣いて暴れるのも覚悟していただけにさっさと手を振って
行っちゃって「マジかよ……楽……」とあっさりした別れ。

とはいえ娘も初日はニッコリ笑顔でバスに乗ったんですよ。
だいたい幼稚園の実態を知ってきた三日目くらいから
行きたくないと泣きわめき、その後二週間くらいぐずぐずで、
四月の終わりになんとかなったかな~と思ったらGW開けで
またぐずぐずして、だったので、これからその症状が
出る可能性高いのかな……と経験から警戒する次第。

しかし娘のときはバスを見送ったあとも、三時間後に
帰ってくるまでずっとスマホを握りしめて、いつ
「お宅の娘さんちょっとうちじゃ手に負えないんで
お迎えに来てください。そのときに退園手続きを取ります」
と電話がかかってくるかとビクビクしていたんですがね。
だいたい初登園か一週間くらいは。息子も
まだ二歳前くらいで手のかかる時期だったので
特に羽を伸ばせる感じでもなく。寝不足だったし。

しかし! 二人目ともなると「幼稚園がなんとかして
くれんべ~」とめっちゃのんきに構えているため、
普通にスマホなんか放りだして仕事めっっちゃしてましたよね。
来週に〆切があるんですが終わる気配がないのでもう
ひたすら、三時間、PCに向き合ってキーボードを
親の敵かと思うくらいガタガタガタガタガタガタ叩きまくってましたわ。
仕事だけをするために洗濯物も前日に終わらせて洗い物とか
放置していましたからね。子供たちどうせ昼前に帰ってくるんだから
そのときにやりゃいいのよなんでも、という感じで。

そして十一時半に子供たちがバスにて帰ってくる。
息子は普段ママとも呼びかけないのに、バスが止まって
わたしの姿が見えるやいなや「ママー!」と叫びましてね。
こいつ初めてわたしのことをママと呼びかけたな。ママと
一応認識はしてくれていたのか、なるほど、と息子が産まれて
三歳八ヶ月、ようやくわたしは息子にママと認識されているという
知見を得た。遅っ。いやだって話さないんだもん○市君。

帰ってきてからは速攻お菓子がしまってある棚に飛びつき
勝手にポテチやら引っ張り出して食べてましたわ。一応
十時半くらいにおやつの時間はあるけど、手のひらサイズの
お菓子とかだからね。そりゃ足りないですよ。朝ご飯食べてないしorz
そして持ち帰るはずの連絡帳がなく、そして息子靴下を
穿いていなくて、靴下は鞄に入っていた。そしてティッシュがない。
なんかこう、持って帰るべきものがなくて、どっか行っちゃった感じ、
ザ・男子って感じで先が思いやられますね、本当に(遠い目

娘のときは夕方頃に担任の先生から一日の様子を伝える
電話があったけど、どうなのかなぁ、と思いつついつも通り
六時頃にお風呂には行ったら、そのあいだに電話があったようで
不在着信になっていましたorz 気づいたのが七時過ぎだったので
さすがに折り返し電話は控えましたが、いやぁ、こんな時間まで
先生方もお疲れ様です……。保護者は保護者で新生活に
ドキドキしているし、次から次に渡される道具や書類に
名前やら住所やら地図やら書いたりしてイライラしていますが、
先生だってこれを一枚一枚チェックするの大変ですよね。
期限が金曜日まで~となっているので、持ってくるのは
みんなバラバラだろうし。不備があったら突っ返されるし。
というのもわたしも不備があったらしく書き直しの書類が
帰ってきましたよ今日orz こういうのを一人一人
チェックするなんて先生多忙すぎるって。気の毒に。

そんな感じで初日が終わり、二日目の今日も○市は
特に嫌がることなく起きて着替えて、そろそろバスくるよ、
というとちゃんと園服を着て帽子を自分でかぶりました。
ただ今日はなんかいきなり冬に逆戻りの気温で、おまけに大雨。
息子は水溜まりを見つけるとダイブせずにはいられないタチなので、
登園前からびしょ濡れじゃバスに乗せるの拒否られてしまう!
という危機感から、水溜まりで遊んじゃ駄目! と声をかけたら、
息子、水溜まりに入るは入るけど、いつものようにジャンプしたり
走り回ったりせずに、水の感触を確かめるだけで普通に出て、
昨日と同じくおとなしくバスを待って立っていました。ただ
傘は途中で放り出したのでわたしが上にかざしていましたが。
とにもかくにも今日も泣くことなく、バスがくると自分から
ちゃんとバスに乗り込みました。濡れるのいやだと言って、
いつになっても傘をたためずにいた○子のほうがぐずぐずしてた。
バスが発車すると笑顔で手を振ってきましたしね。すげぇな。
二日連続これだったので、もしかして泣かずに登園できるのか?
と母も首を傾げていますが、まぁ答えを出すのは
もうちょっと先にしましょ。下手に期待して泣き出したら
そのぶんがっかりしちゃいますしね。まだ幼稚園がどういうとこか
わかってない可能性もあるし。午前保育中だしねぇ……。

そして今日こそ担任の先生からの電話を取るため
お風呂に入るのを先延ばしにして待っている最中です。
どうしよ、うちじゃ面倒見切れないから退園してとか言われたら。
ドキドキです。

祝・入園

原稿が~終わらない~♪ という感じで
やばいけどその割にのんびりしている佐倉です。
ですが今日は待ちに待った息子の入園式。
入園さえしちまえばこっちのもんだ……と
悪魔の角を生やしてぐひひと笑う佐倉であります……

ということで入園式。九時半受付、十時開式だったので、
まぁ最悪九時に起きれば間に合うな……と
早く行く気がまるでない保護者。
いや、だって娘のときに学んだんだよ。早く
行ったところで待ち時間が長いだけで退屈するって!
ひとも多くてごちゃごちゃしているし!

ということでのんびり八時に起きて、洗濯は
夫の作業着だけやってあとは帰ってきてからにし、
普段まったくしない化粧をしようとしたところで、
なんとファンデが思い切り割れていることに気づくというorz
いつもBBクリームしか使わない罠か……と思いつつ
化粧をして、着替えて、ようやく夫も起きてきて、
トースト焼いて子供たちも起こして~、とやっていたら
なんだかんだと九時半。幼稚園までは歩いて行きます。

しかしいつもはスニーカーで五分で歩いて行ける道のりを
パンプスで歩くのマジ辛かったorz 普段パンプスとも
ストッキングとも無縁の生活をしているし、なんなら
スカートも穿かないしワンピースだって夏しか着ないorz
こんな状態なので園に歩いて行くだけで靴擦れ起こして、
スリッパに履き替えるときに右足の踵めっちゃ血が
滲んでいたと言うね! どんだけだよ!
いつもいつもストッキングを下ろしては電線じゃなくて
靴擦れ出血のせいで一度で捨てている気がするぞ!?
夫は夫で娘が上履き忘れたせいで途中の道を引き返す
羽目になるしね。彼もまた慣れない革靴で早く走れないから
めっちゃ苦心していた感あるよね。気の毒すぎる。

で、さっそく門をくぐって幼稚園へ。ちょうど年少さんの
靴箱の前が受付になっていたので近寄っていくと
先生方が「おーい、○子ちゃ~ん、○市く~ん!」と
手を振って出迎えてくれる。上の子がいると下の子の顔も
覚えてもらっているから遠目でも歓迎してもらえるこの喜び。
一番に出迎えてくれたのは息子の担任になってくださる先生。
去年まで年長さんを持っていた先生で、なにげに
バスとか預かりとかで会うたび息子がにっこりしていた
先生だったので、あああああこの先生でよかったぁぁああ……!
と佐倉さん感動。そして娘の担任の先生は年中さんからの
繰り上がりで同じ先生でした! だいたい年中から年長は
クラスメンバーも替わらないし先生も替わらないっぽいとは
聞いていたのですが、実際変わらないとわかってめっちゃ安堵。
娘も「またK先生かーいっ!」とか突っ込みながらも
顔がめっちゃにやけてたよね。嬉しかったんだね。
あと三月の預かり保育中になくなってしまった娘の園服。
園に置き忘れたのかなぁ、と思っていましたが、
まさにそうだったらしく、娘の担任の先生が
「連絡せずにすみません! ○市君の荷物のところに
一緒に入っていますので!」と教えてくださり、わたしも
「あ、やっぱり園にあったんだ! すみません、
お騒がせしまして! 回収しておきます!」と
なんか謎のテンションでお互い「すみません」を言いまくった。
園の先生と話すときなんかいつも謎のテンションで
すみません祭りになるんだけど、あれいったいなんなんだろうね。

教室に入って荷物を置くロッカーと本人のマークを確認。
そして「週明けに本人が持って行くのは重たいだろう……」と
判断し、さっさとお着替えが詰まったバッグを
持って行っちゃったんだが、誰も持ってきているひといなくて
なんかいろいろ先取りしちゃった感が半端ない。
いやでも年少さんはお着替え二セットだから重いんだよ。
新学期早々そんな荷物持たせるのも大変じゃんか!

そして遊戯室に移って入園式。夫は後ろのほうで立ち見してもらって、
わたしと子供たちで並んでいる椅子の空いているところに
座りましたが、まぁ実際に式が始まる頃には息子も娘も
だらってしていましたよね。息子とかわたしに身体ごと
預けてぐた~っとやる気のない猫のごとくだれていたし。
でも泣くことはなかったし、奇声も発さず脱走もせず、
たまに床の冷たさに目覚めて寝転がったり、タオルを
ライブ並にぶん回したり、ママのお腹に頭突きしたりは
していたんですが、まぁ~それなりにおとなしくしていたので。
(こ、これは、娘のときのように集合写真で
大泣きすることはないかもしれない……!)と
母佐倉の胸は期待で膨らんでおりました……!

……まぁ十分後には期待も打ち砕かれて、集合写真
列に座ったはいいものの待つあいだに飽きて、どっか
行こうとして引き留められた瞬間に大泣き始めたと言うね。
しかもなぜか前列ど真ん中に座っちゃったもんだから
まっっったく泣き止む気配のない脱走スタイルの息子の
おかげで全然写真撮れないし何枚も取り直しになるし、
ああああああ~ん、もうこれじゃ娘のときと同じぃいいい!
娘のときも年少さんのあいだの一年間は親と一緒に撮るタイプの
集合写真ずぅううううっと泣き続けていて、何枚も何枚も
うちの子のせいで撮り直しになる!! ホントこれやだ!!!!(涙

って感じの苦行の時間が終わり、その後は教室に移動し、
子供たちは先生が見ていますので保護者の方は
再び遊戯室に戻って新たにお配りした荷物の説明などを……
という感じだったのですが、娘も息子も「ママが行っちゃ
いやだああああああああ!!!!」状態だったので、夫に荷物を
持たせ「説明聞いてきてくれ」と遊戯室へ送り出し。
説明を聞きに行くのは大体ママなので、教室に子供と
一緒に残ったのはパパor付き添いできているばーばたちのみ……
その中で普通にたたずんでいるママなわたくし……

おまけに教室で小さいこと遊ぶのいやだったらしくて
娘がすぐに駄々こねたしね。やっぱり小さい子が一緒だと
小さい子に遠慮しちゃうからおもちゃ独り占めできないし。
で、しばらくは建物内の遊び場にいたんですが、
そこにも飽きて、あろうことか空き教室が一つあったので、
ここで遊んでいればいいんじゃね? と思ったときには、
娘がさっさと置くからおままごと道具やブロックを
引っ張り出して勝手に遊びだしてましたよね。息子もしかり。
なんと行ってもその空き教室は三月まで娘が過ごしていた
年中さんのクラスでしたからね。そして遊んでいたら
同じように別のクラスから脱走してきた子も加わって、
なんか二人か三人くらいで普通に遊んでいましたわ。

で、説明会が終わった頃に息子の教室に戻り、
先生から簡単な説明。たぶん遊戯室で会ったであろう
説明を要約して伝えている感じだったかな。名前書きは
全部終わったつもりでいましたが、新たにくれよんと
粘土ベラが追加され、クレヨンを止めておくゴムも必要だと
言われたという。そういう追加ミッションやめてよん……orz

そして帰ってきてから資料を確かめると、
来週の木曜日までに出せと言われている書類がひとつ
入っていないorz でもそれたぶん二月の一日入園のときの
荷物に入っていた気がするんだよね~。そしてその
荷物はどこに行ったかと言えば、たぶん捨てちゃった_(_^_)_
さっそく連絡帳にて再発行をお願いする旨を伝えねばorz

まぁこんな感じでいろいろぐだぐだですが、先生には
まだトイトレ終わってない(実はやっていない)のでおむつです、
とか伝えられたし。副担の先生にも挨拶できたし。
うん、まぁ、こんなもんでしょ(適当

帰ってきて着替えてからはお昼を食べに出かけました。
一昨日まで冬だったのに今日は夏になったので、
冷たいうどんを食べに丸亀製麺へ。その後は娘の
希望でサーティワンでアイスをもりもり。
まぁ、お祝い代わりということで。

なんにせよ、息子はこれで年少さん。
娘は年長さんの始まりです。

……けど月曜日の始業式はなぜか新入園児は休みorz

早くこい火曜日ぃいいいいいいいいいい!!!!