FC2ブログ

ベリー・ウィッシュな日々

佐倉紫のつれづれなる日記
2019年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年05月
ARCHIVE ≫ 2019年05月
      

≪ 前月 |  2019年05月  | 翌月 ≫

娘、膀胱炎の巻。

さて、五月もそろそろおしまいですね。なんだか
元号が変わったせいか新しい年が始まったばかりな
気分なので、今って割と暖かい一月の終わりとかじゃ
ないの? って気持ちでいっぱいです。わたしだけでは
ないと思うのですよ、こう思っているひとは。

五月中はなかなかブログも更新できなかったのですが
一応それなりに出来事やら事件やらはあった。
小さい子がいる家でなにもない一ヶ月なんて
どこにも存在しないんだ……(遠い目

ということで、娘、またまた膀胱炎になりました。
最初になったのは年少さんの頃。入園したてのとき、
幼稚園のトイレでおしっこするのが怖くて、
最初の一週間は午前保育だったから
よかったものの、次の週からはもう午後二時までの
一日保育だったのでトイレを我慢して我慢して
我慢していた挙げ句、膀胱炎を発症orz

娘はもう二歳の夏にはトイトレ完璧になっていて、
うんちもおしっこもトイレでできるし、夜のおむつも
冬になる前に取れていたので、まさかトイレを
我慢して膀胱炎になるなんてちっとも思って
いなかったので本当にびっくりというか、盲点でしたorz
その後薬をもらったのと先生方の尽力によって
膀胱炎もトイレ怖い問題も解決したのですが、
今日までもう一回くらいなったことがやっぱりあったかな。

そして今月の半ば、娘、再び膀胱炎の兆しがきたという。
環境の変化に激弱な娘なのですが、年長さんになって
遊ぶ時間が減り、そのぶんお勉強の時間が増えて、
さらに秋に行われるマーチング発表会のために
本格的な練習が始まりました。年長さんは
マーチングをやるというのが通っている園の特色でしてね。
娘はフラッグ(旗)になりました。まぁ全体の
約半分は旗になるので、演劇でいう村人とかその辺の
木くらいのポジションだと思っております。木、大事。

で、年長さんは二クラスあり、それぞれの担任の
先生の一人は楽器、もう一人が旗、さらに外部の先生が
シンセサイザーを教えてくださると言うことで、
娘は旗の先生のところへ行くのですが、担任の
先生ではない、しかも教室も別移動、旗の動かし方は
難しいし、そもそもの練習がなにやるかわからず不安、
ということで、最初の頃は教室移動を嫌がって
担任に泣きついたりもしていたそうです。
今はなくこともなく、その日習ったことを教えてくれたり
するのですが、本人的にはいろいろ負担だったらしく。

さらには入園した息子の面倒もお姉ちゃんらしく
見てあげなくては! とわたしがなにも言わないのに
使命感に燃えていたらしく、園にバスで到着して、
自分の支度を調えたあと、必ず年少さんのクラスに行って
弟がちゃんと支度できているかじーっと
見守っていたそうです。朝の挨拶が始まる前の
遊び時間も、時折弟の様子を見に行っていたとか。
お昼を食べ終えたあとに外の水道で歯磨きを
するときも、やっぱり年少さんのクラスに行って
じーっと見守っていたとか……偉すぎるだろ(感涙

その娘曰く、「○市君は朝のお支度全然しないで、
お鞄を床にぶん投げて、すぐに遊び場に行っちゃうんだよ~」
「この前トイレに行ったとき、年少さんもトイレの
時間だったみたいでね、○市君がおむつ変えてもらったあと
おむつ一丁で廊下を走って行っちゃってたよ~」
「歯磨きしてたら○市君が寄ってきてね、歯ブラシ
取ろうとしたから『やめて~』って行って廊下を
追いかけっこしたんだよ~」おいおいおいおい息子
おまえ自由すぎるだろ娘もいちいち偉すぎるだろorz

まぁ息子が幼稚園でも自由にやっているのは
脇にて置いておいて。うん、置いておいてorz

とにかくそんな環境の変化がいろいろあって
大変だったのでしょう。保育参観が終わって、
さて次は親子遠足か~、なんてカレンダー見て
母親たるわたしがあれこれ過ごしている十日間のあいだ、
娘はどうにもトイレが近くなっている。帰ってきてすぐ
トイレに駆け込むし、行ってもすぐに「まだ出る~」と
トイレにとんぼ返り。それが三回も連続で続けば、
どんな親でも「なんかおかしい」ってそりゃなりますわ。

年少さんのときは我慢して我慢して我慢して~の
末の「おしっこするとき痛いぃいいいい!」だったので
明らかに膀胱炎だろ、とすぐに小児科に連れて行きましたが、
今回はおしっこはいっぱい出るけど痛いというわけでは
ないらしい。でも出しても出しても残尿感が
残るというのも膀胱炎の特徴だよなぁ、と思いつつ、
ひとまず様子を見ることにした月曜日。その後も
幼稚園でも何度もトイレに行ったり、家でも遊びに
夢中なときは夢中だけど、トイレに一度行くと何度も
行くということが頻発したので、金曜日の幼稚園
終わりについに小児科に向かうことに……。
なにより翌週の火曜日には親子遠足を控えていたので
もし膀胱炎なら薬をもらえれば週末のうちにちょっとは
落ち着くかなという考えがあったので。

小児科の先生曰く「痛みがないならさほど
心配ないとは思うけれど、一応尿検査しようね」
とのことで小児科のトイレを借りて採尿。
五歳にもなるとおしっこを取るのも楽なもんです。
結果は翌日の午後には出ると言うことで、土曜日の
午後一番に再び小児科へ。結果。
「……あー、数値がちょっと上がってますね。
膀胱炎になりかけている状態です。抗生剤を
出します。四日分出しますが、それを全部飲めば
大丈夫だと思いますので、朝昼晩飲んでください」
お薬出た~、よかった~、とほっと一安心。
「あの、月曜日に予防接種の予約を入れちゃって
いるのですが、打ちにきても大丈夫ですか?」
「大丈夫ですよ~」ということでこちらも一安心。

かくして粉の抗生剤をもらってきて家に帰り、
娘は「このお薬苦いからいやだあああああ!」と
最初の五回までは抵抗していましたが、その後は
普通に水で溶かしたのを一人で頑張って
飲むようになりました。偉い偉い♪

火曜日の親子遠足までには治っていればと
思いつつ、ちょっとまだ頻尿っぽいかな、という
思いで参加しましたが、特にトラブルもなく。
むしろ大雨のせいでトラブルしかなかった気もするけど、
とにかくお漏らしとかそう言うのはなくてよかった。
さらに一週間後の今週の月曜日、ちょうど幼稚園の
尿検査があったので持って行ったところ、翌日には
問題なしの検査結果が戻ってきました。おかげで
膀胱炎もしっかり治ったことがわかって一安心です。

膀胱炎は一度なると癖になるよ~とフォロワー様から
教えていただいたのですが、本当にそうみたいですね。
来年の今頃は小学校に入っているので、おそらく
今年以上に娘は激弱メンタルをこじらせるはず。
小学校に入るなら和式トイレの練習もさせないと……orz
どこでさせればいいんだろう……イオンとか……?

なかなか悩ましいのですが、上手く付き合って
いけたらと思います。次の記事では予防接種について
書こうと思っております。

*      *

最近お仕事情報がなにも発信できていませんが、
ひょっとしたら七月に一気にどーんとくるかも
しれません……こう、分散させて二ヶ月に一回くらいの
ペースでなんか出していきたいのに、なぜだか
固まるんですよね、わたしの場合……orz

それと今現在は仕事がすべて『待ち』状態なので、
合間を見てムーンライトノベルズ様に掲載中の
『楽園にて君を待つ』の第八章を執筆しています。
夏休み前に公開できればいいなと思っておりますので
もう少々お待ちくださいませm(_ _)m

ではではノシ
スポンサーサイト

保育参観

今日も暑いですねぇ。ここ数日暑い日が
続いております。県内、本日は運動会のところが
多いようで。先日の火曜日は大雨で遠足どころじゃ
なかったけれど、こんなクソ暑い中じゃ運動なんか
しちゃいけねぇって奴ですから、本当に天気って
ままならないものだなぁと思います。そして本日
娘も小学校から「来年小学校に上がるお友達は
かけっこに参加してね。プレゼントもあるよ♪」って
割と以前からお手紙もらっていたのに、母親たる
わたしがそのことをすっかり忘れてしまって、
本人の希望通り土曜日の預かり保育へ行かせてしまった
という体たらくです。いいんだよ、こんな暑い中、
駐車場もないから歩いて小学校まで行って
かけっこをしてくるなんて拷問じゃん。それに
三歳児の息子ももれなく連れて行かなきゃ行けない、
それも一人で! と思ったらもうやる気もなにも
なくなりましたわorz いいの、幼稚園で遊んでたほうが
平和だから。クーラーついているだろうしね。うん。


さて、本日はちょうど二週間前にあった保育参観の
お話でもしようかと。その日もわりかし暑かったですorz
子供が幼稚園に二人になっちゃったので、わたし一人だと
どっちも見られない。ということで夫に仕事の休みを
取ってもらいまして(夫は土曜も基本仕事なのです涙)
わたしが年長の娘のほう、夫が年少の息子のほうを
見ることになりました。逆のほうがいいかなぁ、息子は
初めてだからなぁ、と思っていたのですが、娘が強固に
「ママがいい!」と言い張ったのと、息子もママが
行っちゃうと遊ぼうモードになって逆に泣いたりとか
面倒くさくなるかも、パパのほうがいいかもね、と結論。

こういう日は駐車場いっぱいになるので歩いて園まで。
夫と二人きりで歩くなんて子供が産まれてからそうそう
なかったことだけに、たかだか五分の道のりでも楽しい
もんです。わたし一人がひたすらくっちゃべって
夫は相槌しか打っていないんですけどね。それがいいのです。

到着する頃にはもう園庭に保護者がひしめいており、
園長先生が朝礼台に立って挨拶をしておりました。
お寺さんの幼稚園なので園長先生はお坊さんの格好。
めちゃくちゃ太陽が照りつける暑い日だったので
「法衣姿じゃ暑くないかねぇ」と思ったのですが、
「袖がひらひらだから逆に涼しいんじゃね?」と夫談。
挨拶が終わったあとは各教室にどうぞ、という
感じだったので、じゃああとでね、と別れてそれぞれの
教室へ。娘も年少さんの最初の頃の保育参観じゃ
お遊戯もなにもやらず先生が話していてもわたしのほうを
身体ごと向いて空気も読まずぺちゃくちゃ話していましたが、
年長さんにもなるとさすがにちゃんとやっていますね。

保育参観は大体保護者の方と一緒にレクリエーション
なのですが、今回は卒園式のときに壁に飾る三年間の
思い出の色紙を作るということで、見開きの色紙が
一人ずつ渡され、そこに持参した写真や飾りを貼っていく
感じでした。時間も少ないのでほぼわたし主導で
娘の年少、年中の写真を切り取り、娘には適当に
シールやらマステやら貼ってもらって飾り付け。
手がのりやら剥がしたテープやらでべっとべとにw

夫はこういう工作は苦手だからわたしがきてよかったな
と思う一方、やっぱり年少さんが気になったので、
娘に「30数えるあいだだけちょっと行ってくるわ」と
断り、年少さんのクラスへ。外からちょっと見ると、
なんだか保護者と園児たちが円陣を組んで名前を書いた
プレートを持っている。どうやら自己紹介している様子。
そしてうちの夫はなぜかロッカーの近くにいて、
息子はロッカーに入っていた。なんでやねん。

よくわからないけどまぁなんでもいいやと思って
そこから再び娘の元に戻り、いい感じに仕上げました。
「持ち帰ってやってきてもいいですよ~」と言われ
大半の人が持ち帰る中、持ち帰っても結局なにも
せずに面倒くさくなってやらないんだよな、と
自分の正確を熟知しているわたしは、むしろ家に
置いておくことで色紙自体が汚れたり折れたりする
可能性を考え提出してきたというね。安全策。

その後は片付けて遠足への注意事項などあり解散。
保護者総会が開かれるけどパスして帰宅することに。
年少さんも終わっているかなぁ、と娘と二人で教室を
出て園庭を見てみたら、なんか息子と夫サッカーしてた。
なぜに……? と思いつつ息子楽しそう。というか
終わったのか年少組のほうは、と思いつつ、荷物が
まだ教室だから取ってこないと、というので、娘を
夫に預けてわたしが息子の教室へ。鞄を持っていこうと
すると息子の担任の先生が駆け寄ってきて、
「お疲れ様でした~」と声をかけてくださったのですが、
明らかに先生のほうがお疲れっぽい感じで汗だくだくw
特にこれといったものもなくまた来週からお願いしますと
挨拶して終わっちゃいましたが、まぁ息子には
手を焼いていそうだなという感じがひしひしと……orz

とにもかくにもこんな感じで保護者総会は終わった。
帰る道すがら夫に聞いたところ、みんなで円になって
一人一人自己紹介をする流れになったんだけど、
息子は最後のほうになっちゃって、円の中心に
滑り込んで寝そべるわ、注意して引っ込めようとすると
抵抗するわ、終いにはロッカーに立てこもるわで、
まぁ想像通り散々だったらしいです(遠い目
「でも大泣きとか脱走はしなかったの?」
「うん、それはしなかった」「じゃあ上出来だね」
「そうだね」と会話する我々夫婦の子供たちに対する
認識ハードルはかなり低いorz 娘でさえ年少の頃は
本当にひどかったのを覚えているので、
それに輪をかけて自由な息子がきちんと座って
お遊戯できるなんて最初から期待しちゃいないのです……

ということで保護者参観は無事終了~。
夫が丸一日休みを取ってくれたので午後は
市内の屋内施設とか行って遊べたので
割と充実した一日だった気がします。
十日後の遠足がまぁ地獄の大雨になったのは
このときはまだ知るよしもなかったのですがね。

ではではノシ

土砂降り親子遠足

保育参観の様子はまたあとで、なんて言いながら
保育参観どころかもう親子遠足まで終わっていましたよ。
月日の流れ速すぎじゃないですかね? わたしが単に
ブログ書くのサボっていただけですかね? 後者ですね。
大変失礼いたしましたm(_ _)m

ということで火曜日は親子遠足でした。火曜日の天気が
どうだったかは今更言うまでもありません。
関東地方にはもれなく大雨の予報が出ており、
場合によっては警報も出ておりました。そんな中、
子供たちが通う園は遠足へ行くことになりました……
前か後ろ、ほんの一日ずれるだけで天気は大きく違いました。
月曜日は午前中晴れ、午後から曇りで、日が差すと暑いけど
基本曇っていたので外歩きにはもってこいの涼しさ、
そして水曜日は午前中は雨の名残があり曇りでしたが
いい感じに涼しく、午後からは晴れて割と暑い、という
絶交のお出かけ日和。なのに我らは警報が出ている大雨の日に
遠足……だだっ広い動物園を兼ねた自然公園に……遠足……

どうなったかは、まぁだいたい想像がつくとは
思われますが、とりあえず書いていきます。はい。

これまで遠足は娘と二人で参加でしたが、
今年は年長の娘と年少の息子で、子供が二人になるので、
自分一人だけだと結構面倒見るのつらいな……と思い、
「大変なのはバスに乗っているあいだだけだと思うから。
ママさんばっかりでおそらく肩身が狭いだろうけど、
バスのあいだだけちょっと我慢していただいて、そのほかの
時間は家族で過ごせるから、お願いだから着いてきて」という
わたしの必死のお願いを「いいよ~」の一言で快諾してくれた
夫と一緒に行くことにしました。家族全員での参加です。

事前にもらった地図を見ただけでもなんかすごく
だだっ広い感じの自然公園なので、歩くのも大変そう~、
子供たちが走り出したら追いかけるのたるいな~、なんて
思っていましたが、まぁすでに一週間前から当日の天気が
完全に雨な予報が出ておりまして嫌な予感しかなく。
またわたし毎度PMS(生理前に出てくる症状で、わたしの場合は
身体的なものより精神的なイライラと抑うつが主症状)が
ひどいのですが、今月は特に最悪にひどくて、肩こりがひどいし
そこから派生した頭痛もひどいし、腰痛もひどいし、下痢もあり、
その上でイライラと抑うつが重なって本当にしんどくて、
週末は寝込んでいる時間を作るほど最悪な身体状態でした。
ピルを飲んでいるのでなんとなく生理が来る日はわかるのですが、
おそらく当日はまだ生理がこない感じだから、PMSも終わらない
可能性が高い……そうなるとこの苦しい体調で大雨が降る遠足に
参加しなければならない……と考え、またプレッシャーと不安で
体調を崩すという負の無限ループに沈むと言うね。

で、当日はてるてる坊主作ったのもむなしく大雨予報。
それでもお昼からは降水確率30%になったので、なんとか
後半は楽しめるかもしれない……と期待をしながら、
朝八時の集合に向けて五時起きで頑張ってお弁当作り。
とはいえ外でお弁当を広げる雰囲気じゃなさそうなので
おかずも少なめにして、小さく切って、ピックで刺して
食べられるようにちまちましたのを作りました。
七時半前に家を出て、ほぼ一番乗りで集合場所に到着~。

もうすでにこの時点ですっごい雨なんですよね。傘がないと
もれなく全身びしょ濡れになるという。外を歩くから
子供たちも運動靴のほうがいいだろうなぁ、長靴だと
歩きにくいし、なにより長靴の縁の部分? が当たって
ふくらはぎが痛くなるとかわいそうだなぁと思いつつ……
でも長靴にしました。雨合羽は息子が嫌がって
すぐ脱いじゃうので撥水性のある上着を持参していくことに。
着替えも子供たち用のを下着は省いて一セットずつ。
寒さ対策にカーディガンも。親も替えの靴下を一応。
とりあえずこれで大丈夫かな、と思いましたが、
結論から言うと着替えと、親も上着をもう一着ずつ
持って行くべきでした。足りませんでした(白目

全員そろったところで予定より少し早く出発進行。
諸々の注意事項説明の折、先生から「本日決行に
なりましたのは、当園も認定こども園になりまして、
保護者の方に平日お仕事のお休みを取ってきて
いただいている関係もあり、中止にしてしまうと
また大変ですので」ということで説明がありました。
確かになぁ。働いていると仕事休むのも大変だし、
週末じゃ団体客は受け入れていないところも多いし、
チケットをとったりなんだり考えると中止っていうのも
できないだろうなぁ、よほど台風とか警報とか出てない限り、
と納得はできるのですがどんどん強くなる雨脚に
遠い目になってしまったのもどうしようもないと思いますorz

バスのあいだはビンゴをしたりなんだりと先生が
子供たちを楽しませるため一生懸命レクリエーションを
してくださり、途中のトイレ休憩では先生方が
すかさず看板を持って「こっちに並んでください」
「和式大丈夫な方は先にこちらへ!」「横断のときは
合図しますのでまだ待っていてください~!」などと
大雨に負けない声で頑張って誘導してくださっておりました。
もうそれだけで、先生お疲れ様です……! としか言えない。

ようやく到着した頃には祈りもむなしく大雨、というか嵐。
風はなかったのですが、ようやく入り口をくぐり抜け、
写真撮影をするタイミングで風も出てきて、なぜに
集合写真など撮らねばならないのだという気分でいっぱい。
年長さんから取り始め、息子はあとからくる年少さんを
待たなければならなかったのですが、この雨なので待つのは
大変なので息子は写真いいです、とあらかじめ断って
パスさせていただきました。それでも年長さんが撮っているあいだ
簡易テントの下から逃げ出さないように抑えておくのに必死。
息子は傘を差すのも嫌がるのですでに上着はびしょ濡れで
脱ごうとしているし、長靴の中もすっかり水浸し。
写真撮影が終わっていざあちこちに歩き出すときにはもう
すっかり疲れ切っておりましたよ……めっちゃ雨降ってるし……

ひとまずトイレ行きたいし屋根のあるところへ! ということで
まっすぐ歩いて行ったところにある売店へ駆け込みました。
テーブルと椅子も置いてありましたが、先に到着していたと
おぼしきどこぞの保育園の方々が占領しちゃっていたので
座れず、ひとまずトイレを済ませてお土産を見るだけ見て、
「とにかくきたからにはなんか動物園っぽいなにかを
一個だけでも見ていこう!」ということで、ひとまずウサギ小屋を
目指すことに。この大雨の中ウサギが見られるかは謎だけど!

ですがわたしが地図を見間違ったためにまったく
反対方向のフラミンゴのところに行っちゃったと言うね。
しかもそこへ行くまでの道のりめっちゃ上り坂で、
娘は「もう歩けない、寒い、足痛い」と言うし、息子は
全然か差ささないからずぶ濡れになって、なのに上着を
脱ごうとするしで、それを励ましたり止めたり叱ったりと、
大雨で普通の話し声じゃ聞こえない中で指示を出したり……
フラミンゴは優雅に片足立ちしていましたけどね。
水鳥だから雨もなんのそので群れていましたけどねっ。
そんなもんを見たところでなにひとつ嬉しくないわっ。

もう雨激しすぎるし寒いし、娘は濡れるのが嫌で
自分の傘をわたしに押しつけてくるし、おかげでわたしは
子供用の傘を差しているから全然濡れるし、息子は
頭もずぶ濡れで頭からバケツ被ったみたいだし、
もうこのままじゃ風邪引くわ。さっきの売店に戻ろう、
ということでまた上ってきた坂を今度は気をつけて下り、
せっかく出てきた売店に戻り、売られているお土産を
なんかとりあえず適当に買って、さらにはゲーセンとかに
置いてあるような二人乗りの電車とかに乗せてやって、
ちょっと楽しい気持ちを味わわせて、さぁてバスに戻ろう、
とまた大雨の中を歩き出すと言うね。園内の滞在時間
一時間ちょっとくらいでしたね。なにしに行ったんだろうorz

バスは終日解放ということで、先生方の本部もバスの中。
集合は二時なのに十二時ちょい過ぎには一番乗りで
バスに戻った我々はとにかく着替えだ着替え! と子供たちの
服をまるまる着替えさせました。息子は長靴が中まで
濡れてしまったから靴下を履き替えたあとで長靴はいて
すごくいやそうな顔をしていたけど仕方ない。というか
自分で長靴その辺に飛ばして水溜まりにぐしゃっと
飛び込ませていたんだから自業自得だこの野郎という感じよ。
娘はその点母親の傘を奪うくらいだからあまり濡れずに
頑張っていたのでよかったですが。そしてわたしのカーディガンは
すっかり濡れちゃって使い物にならずに脱ぎましたが、
替えの上着を持ってこなかったので普通に寒くて死にました……
デニムは足どころかお尻まで濡れていたし、スニーカーの中も
ずぶ濡れ。夫もまったく同じ状態でしたよね……
そして大人の着替えはなし……靴下は持ってきたけど
そもそも靴が濡れているからあんまり履き替える気にもならず……

その後はバスでお弁当を広げてちまちま食べました。
食べ始める頃には何組かが戻ってきて、やはりバスでお昼。
一時を回る頃には半数くらい戻ってきていたかな。
みんなびしょ濡れで寒さに震えながらお昼にした感じ。
この時期だから自販機を見ても冷たい飲み物しか売っていなくて、
温かいスープとかココアとかあったら即買うのに……と
悲しくて溜まりませんでしたよ本当に。大雨がひどすぎて
すぐそばのトイレに行くことすら憂鬱すぎる。トイレも寒いorz

ですが一時半を過ぎると雨脚が少し弱まってきて、
「お土産だけでも買ってこないと!」というママさんが何人か
再入場して売店へ走っておりました。わたしもうその元気もなく
娘が買ったビーズのキーホルダー眺めていたわ。そして
息子はお昼食べ終えてすぐに寝ちゃっていました。
なのでわたしは娘とお喋りして、夫は息子の隣で
スマホゲーして一時間ほど時間を潰し、無事に二時に出発。

雨に濡れた動物園がぱぁっと照らし出されます……そう、
到着したときは土砂降りの雨だったのに、さぁ帰ろうね、と
バスが走り出したときには雨がやんで、晴れ間も
見えてきていたのです……ああ、なんて綺麗な青空……
下半身ぐっしょり濡れの目にまぶしく沁みるぜ……

バスも走り出した頃にはみんなテンション高かったのですが
いざビデオが始まると園児はぐだっとしておりましたね。
ママさんパパさんも寝ているひと多かったな。わたしは
ドラえもんの映画がなんだか楽しくて見入っていましたが。
PAに寄ったあとビデオ再開するときに中断したところより
だいぶ前から始まったから「これじゃ到着までに
見終わらない……!」と危惧していたら案の定終わらなくて、
「続きがめっちゃ気になるぅうううう!」って感じです。
なんか南極が舞台の話だったのですがどういう結末になるんだろう?
去年はモアナがやっぱり途中で終わっちゃってすっげぇ
気になったんだよな、続き。でも今回のドラえもんのほうが
気になる……あとでビデオ借りようかな……(どんだけ

とにかく帰りだけでも晴れてよかったです。先生方も
外に出るたびにカッパを着たり脱いだりと大変そうだったし、
お疲れだろうにずっと笑顔で誘導したりしてくれるから、
もう本当に先生方お疲れ様という感じでした……。
これで翌日は普通に幼稚園あるんだから大変すぎるだろ……orz

そして遠足翌日、幼稚園では遠足の思い出を絵に描いたらしく、
娘は「緑のバスを描いたんだよ! ママとパパと○市君が
乗ってて、お菓子をひっかけるところ(バスの座席にあるフック)が
ここにあって、ゴミ袋があって、水筒が置いてあって、
お弁当を食べたの――!」と笑顔で語っておりました。
フラミンゴのかけらも出てこねぇorz でもバスの中が
それだけ快適だったというのはまぁよかったということで。

とにかく雨の日の遠足、夫がいてよかった、の一言に尽きました。
これがわたし一人だったらと思うと本当に詰んでいた。
とてもじゃないけど行けたもんじゃなかったし、たぶんもっと
びしょ濡れになっただろうし、大変な思いをしたと思いますorz
皆様も土砂降りの中で動物園に行くときはお気をつけくださいm(_ _)m

お久しぶりです

久々のブログ更新です。すっかり間が開きました。
そのあいだになにがあったかと言えば怒濤の十連休GW、
改元、そして連休明け、さらに本日は保育参観でした。
無事に令和の時代を迎えられほっと一息ですね。
十連休で死ぬような思いをした方も多いと思いますが、
令和という新しい元号の時代が無事にやってきたことは
単純に嬉しいと思う次第であります。新しい令和という
時代の目標としましては、次の改元まで作家を
名乗り続けたいというのがあります。できれば
商業作家として作品を世に出し続けていたい。
新たな時代でも佐倉紫とその作品をよろしくお願いいたします。

さて、今日はこの二週間の出来事をだらだら書こうかと。
GW前半は夫が仕事だったのでなんだかんだ家で毎日
gdgdと過ごしておりました。特にどこへ行くわけでもなく
せいぜいスーパーに買い物に行ったりするくらいで。
もうその時点でストレスマックスでしたが。残り四日は
夫も休みに入るからどこかへ行こうと思っていたのですが、
もうその頃にはわたしも子供たちも生活スタイルが完全に
夜型に移行しちゃって、寝るのは23時、起きるのは9時という
とんでもない感じだったので(主にわたしが)、朝早くに起きて
どこか遠出しようなんて気配は皆無。フラワーパークも
外国人客でめっちゃ混み合っていることをネットニュースで見て
「あ、こんなん中で行きたくねぇ」と速攻決めたというね。
ただでさえ暑いのに人混みになんて行きたくないよぅ。
代わりに市内の屋内施設(ボールプールとかがあるところ)には
最終日二日にわたって二カ所ほど回って、多少子供たちと
遊んだりしました。ご飯も作るの面倒くさくて
外食に頼り切り。お財布には痛い十連休でしたが、
まぁどこの家庭もそんなもんでしょうと勝手に想像して
勝手に「赤信号みんなで渡れば怖くない」と思い込んでいます。

心配していたのは連休明け。生活リズムも狂っているから
そもそも朝の園バスに間に合う時間に起きられるかという問題。
わたしは大人なので目覚ましと「バスに乗せなきゃいけない」という
義務感があれば起きられるのですが、子供はなかなかねぇ……
ですが十日も幼稚園が休みで家にいてもママ別に構ってくれないし
むしろPMSが重なってグロッキーになっているママは
かなりおざなりな態度ばかり見せていたので、ストレスが
溜まりまくっていたのでしょう。早く幼稚園に行きたいぃいい! と
娘なんかは連休二日目くらいからもう嘆いていましたし。
ということで連休明け初日は二人ともなんとか起きてバスに乗りました。

問題発生は二日目の水曜日。起きるには起きたけれど
娘が「幼稚園行きたくないぃいいい!」って
こたつに入って籠城したまま泣いて出てこなくなったんです。
なんとか出そうとしたけどてこでも動かないので、
わたしも諦めて息子だけバスに連れて行きました。
ちょうどその日のバス担当が娘の担任の先生で、
行きたくないと言っていると伝えたらすごく心配して
くださって。まだ連休の感じを引きずっているんですかね、
なんて先生には言いましたが、どちらかというと原因は
わたしにあるんじゃないかなぁ、と少し反省しました。
連休中は育児ストレスで明らかにわたし態度悪かったし、
遊ぼうと言われてもいやだと言ったりして、とにかく
娘と接する時間を減らしたい一心だったので(そうじゃないと
ずっと話しかけてくる娘の相手することになりストレスで
爆発しそうだったので)、かなりおざなりになっちゃって
いたんですよね~。それで娘もさみしくなっちゃったのかなぁって。
登園は九時半までで、バスは八時にはもうくるので、
一時間ほど時間があったということもあり、Eテレをつけつつ
二人でゆっくりお茶漬けを食べたり、ちょっと動画見せたり、
気持ちをゆったりさせた上で「帰ってきたらママといっぱい
遊ぼうね」と声をかけたら、娘も落ち着いてきて、
幼稚園まで送っていったら普通に教室に入っていきました。
そのとき先に園についた息子が遊び着着て赤白帽子かぶって
園庭で遊んでいるのを見たのですが、園庭の砂をひっつかんで
空中に放り投げるという大変危険な遊びをして
よっぽど注意したい衝動に駆られましたとさ……
見つかったら「ママなんでいるの? 帰るの?」って
くっついてきそうだったから本人に注意できなかったんorz
それ以降は娘も登園しぶりは見せませんでしたが、
ママっ子の娘にとってはママがつれないとこの世の終わりが
きたみたいな気持ちになるんだなと理解した朝でした。

そしてわたしのほうはというと、GW中に進めておきたい
仕事が二つあって、一つは校正、もう一つはプロットでした。
校正のほうはGW中に終わったのですが、プロットは
まっっっったく手をつけられず、やむなく連休明けに頑張ろうと
思ったのですが、まぁ連休の疲れやら娘の登園拒否やらあって
思うように考えがまとまらずに読書に逃げたり、いろいろと
もだもだした一週間でした。まぁちゃんと仕上げて担当様に
送ったのですけどね。おかげで金曜日はたがが外れちゃって
ヒトカラ行ったりケンタッキー食べたりしていたという。
日中子供がいないというだけで行動範囲がかなり広がったのは
本当にありがたいことです。ケンタッキーはともかく
ヒトカラは子連れじゃいけないですからね。というか
誰とも連れだって行かないのが一人カラオケというものですが。
ちょうどGW中にBSでマクロス特集やっていたから
アホみたいにマクロス関連の歌ばかり歌ってきましたよ。
わたしが好きなマクロス作品はフロンティア、好きなキャラは
シェリル、好きな歌はファイアボンバーの
DAINAMAITO EXPLOSIONです。この歌マジで大好き。
メカはあんまり詳しくないのん。夫は全部マクロス7に
投票ぶっ込んでいましたけどね。夫婦ともバサラは大好きです。

おかげで今日の保育参観で子供の写真やら用意しないと
いけないことをすっかり忘れていて、子供たちが帰ってくる前に
プリンターを引っ張り出して急いで印刷した次第。
娘の年少さん、年中さんの頃の写真をあさっていると、
こんなに小さかったのかぁ……と本当にびっくりします。
保育参観の模様はまた後日お伝えできればいいかな、と。

こんな感じで、新しい時代を迎えても基本gdgdでありましたとさ。