FC2ブログ

ベリー・ウィッシュな日々

佐倉紫のつれづれなる日記
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年09月
ARCHIVE ≫ 2019年09月
      

≪ 前月 |  2019年09月  | 翌月 ≫

過ぎ去った九月と就学時健康診断

九月が終わっていきますね……
ずっとブログ更新せずに申し訳ありません。
特になにもなく過ぎ去った、というわけでは
決してないのですよ。割と濃かったですよ九月。

わたしに関しては八月、甲子園が終わると同時に
なんかやる気の波もさーっと引いて行ってしまい
(たぶんお盆前に三つも四つも重なった
〆切から解放された反動が襲ってきたのだと思われ)
やる気がないままyoutubeでゲーム実況動画を
見始めちゃって、やりたい気持ちが湧いてくるまま
30日に出た新しいニンテンドーswitchを買っちゃって、
ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドを起動させ、
操作できるようになった三秒後にリンクを崖下に
落としてゲームオーバーさせたり。(その後も敵に
やられたり自分が投げた爆弾の爆風で殺されたり
してことごとくゲームオーバーの回数だけ稼いだ)。
と思ったら八月の終わりから今度は艦これのイベントが
始まったのでいったんswitch切り上げてそっちに
かかりきりになったり(今現在もイベント中)
仮面ライダージオウが終わっちゃったので歴代の
平成ライダー見たいなんてとち狂ったことを
考えて仮面ライダー電王に手を出し見事に嵌まって
現在18話まで見終わりました。今後ももちろん
見ていく予定。電王めっちゃ面白くてビビる。
そんな感じでずっと執筆する気が起きなくて、九月の
前半はひたすら読書したりしていました。
で、今月になってさすがにやばいなと思って
なんとか執筆始めたら上手いこと執筆モードに
戻ってきた感じです。つまり九月前半はずっと
ゲームとライダーとTL小説読むだけで終わった。

家族はどんな感じかと言えば、夏休みが終わり
新学期早々敬老の日のイベントがあり、うちの
両親が来られないのでわたしと夫で行って、夫が
年長の娘、わたしが年少の息子の教室でそれぞれ
工作したりしたというね。まだ言葉もようやく二語文、
話し聞いてんだかわかってんだかもよくわからない
おむつも取れない不安な息子ですが、なぜだか
泣くこともわたしに駆け寄ることも脱走もせずに
ちゃんと先生の言うことを聞いて立ったり座ったり
踊ったり歌ったりクレヨン取ってきたりしていて
「これは……うちの子……これが……うちの○市……?」
って割と本気でびっくりしたなんてこともありました。
担任の先生が言うには給食では野菜も結構
もりもり食べているとのこと。家では一口も
食いやしないのに肉とふりかけご飯しか
食べないくせにぃいいいいいい!(激おこ

そしてそんな息子は先日お風呂プール中に
お風呂の水を出すためのコックをぶっ壊し、
コックのカバーが外れて噴水状態になったなんて
事件もありました。その節はTwitterでたくさんの
フォロワー様が「水道の元栓を閉めるんだ!」
「たぶん扉の脇にあるから!」「アパートなら
地面になんかあると思うから探して!」と
計一時間くらい励ましてくれて、なんとか断水
することに成功、修理自体はわずか五分で終わった
という感じなのでアレですが、本当にご迷惑と
ご面倒をおかけしまして頭が上がりません……

そしてその息子は今週の月曜日に高熱を発し
バタンキュー。娘がぐったりする息子の傍らで
お水を上げたり熱を測って上げたりとかいがいしく
世話していた娘も水曜日にバタンキュー。
息子は連休明けの火曜日に「治りかけのヘルパンギーナ」
と診断され、娘は「喉の奥が赤くなってるので喉風邪」と
診断されましたが、まぁ娘もきっとヘルパだったのでしょうね。
幸い二人とも一日で解熱して翌日から元気に
幼稚園に通っているという感じです。つおい。

そして娘が高熱を出しているとき夫は所用で
千葉のほうへ行っておりました。ちょうど台風の
被害の爪痕がすごい市原市へ……。夫曰く「なんか
森とか林というか、そう言うのが疲れている感あった」
「森や林が疲れているとな!?」「だって竹が折れてんだぜ?」
竹が折れるって本当に恐ろしいことですよね。普通
竹ってしなるから折れないじゃん……まだ千葉では
停電が続いている地域も多いので本当に復旧が
急がれます。被災された方もそうですが、作業に当たる
方々も昼間はまだ暑い日が続いているから心配です。
早くこの状況を脱することができればいいのですが……

という感じで一応九月、色々あったのですよ我が家ってことで。


さてさて、本日は娘の就学時健康診断でした。
来年から小学一年生になるのでその前の検診ですね。
本日一時前に幼稚園に迎えに行き、娘と二人で
小学校へ行ってきました(息子は預かり保育です)
前に十何人並んでいる時間にこられたので待ち時間は
長かったですが、列の前後にいたのがちょうど同じクラスの
男の子だったので、待ち時間もなんだかんだ平和に
待てていました。割と娘は男の子とも仲がいい。
前に並んでいたママさんと必要な書類これでしたっけ~、
なんて見せ合っているときに気づいた。わたし住所表の
下部に自宅周辺の地図書くの忘れてたわ。
ボールペン持っていたのでその場で五分で地図を書き
(つい癖でいらないのに幼稚園を入れた地図を書いた)
「連絡できる在学児童の名前空欄なんですよ~」
「わたしもです~。近所に誰がいるかもわからなくて~」
なんて会話をしつつ朗らかにそのときを待ちました。

ようやく受付開始時間になり、書類を手にぞろぞろ前進。
わたしがファイルから書類を出しているあいだ、娘が
「ねぇママー」と弱そうな声を出してきて、なんだいと
声をかけたら、あ~らびっくり「鼻血が出たー」
うおおおおおおおおおい、このタイミングで鼻血を出すとか
天才か――ッ!? マジで鼻血がいきなり垂れてるぅ!
ちょ、待っ、受付まであと三人なんだけども! 慌てて
ティッシュを出して鼻を押さえるも娘はすぐにティッシュを
取っちゃうから次から次へとティッシュがなくなるー!
ちょっと待ってこより作るぶんだけ取っておいてマジでー!
で、なんとか鼻に小さなこよりぶっさしたところで順番が
回ってきました。受付の人は当然ながら「あら大丈夫!?」
ってびっくりするしね。その後新しいところを回るたびに
顔を合わせるひと全員に「えっ、鼻血!?」「大丈夫!?」
「暑くてのぼせちゃったのかな?」なんて言われましたが
親のわたしがなぜなのか知りたいっつの。うちの子たちは
あんまり鼻血を出すタイプじゃないからびっくりですよ。
なぜにこのタイミングで鼻血ぃいいいいいいい!?

ともあれ住所確認で前の方が手間取っていたので
そのすきに手を洗いに行けたのはよかったです。
服にも点々と血が付いちゃったけどもうしゃーない。
そのまま続行。札をもらってから最初の検査は
視力検査でしたが、ここで娘がちょっともたついて
職員さんに片目を隠してもらったりしたり……。
そして娘、左目?右目だったかな?とにかくどっちかは
問題なく1.0あったけども、片方の目は0.7しかなくて、
医療機関受診しましょうという案内をもらいました。
まぁねぇ……毎日飽きもせずにスマホめっちゃ
近づけて動画見てるんだからそうなると思っていたよ。
わたしも夫も視力悪いので別に驚きはないです。
思えばわたしの高校のときのクラス裸眼の子は40人中
一人か二人しかいなかった。そんなもんだよ成長すればさ。

その後は眼科、耳鼻科、歯科、内科、身長測定。
内科はいつもお世話になっている小児科の先生でした。
わたしたちの顔見てすぐに「あらこんにちは」って
気づいてくれたよね。しょっちゅう鼻水と咳だけで
受診しているからすっかり覚えられているよね。迷惑な
患者だと思われている可能性高そうだな。でも今週は
ちゃんとヘルパンギーナ診断だったから!(なんの言い訳
毎度毎度鼻血出ちゃったの~という反応をされるのが
アレですが、あと歯科でかかりつけの歯医者さんが
行っていたのと同じことを先生が行ったのが印象的でした。
「もうずいぶん大人の歯になっているね! 歯だけなら
 小学校二年生だね! 背も高いしね!」ということで。
娘は五歳ですが、四歳の時に上の前歯二本と
下の前歯四本が抜けちゃっているのです。上の歯が
また二本ぐらついてきているので歯磨きちゃんと
してあげてね~、と念を押されました。頑張りますorz

その後は子供たちだけで検査の部屋に放り込まれ、
親は近くの教室で待機。しかし驚いたのはトイレでした。
全部様式なんですよ! しかも床とかも貼り替え合って綺麗!
なのに教室はものすごく昭和感が漂っているという不思議。
でもエアコンあったし、天井には扇風機が四つついていて
稼働していました。昨今の猛暑を思うとエアコンが各教室に
ついていてくれるの本当にありがたいです。暇だったので
時間割を見たり(四年生って六時間目まであるのね! 大変)
展示物を見たり、学級図書を見たり……学級図書恐ろしいほど
劣化している……全部流行りのラノベに替えてしまいたい……
あ、窓の外すっごいうろこ雲、というかトンボがすげー!
めっちゃいっぱい! トンボって三階より高く飛ぶんだな、
みたいなことを考えながらのんびり待っておりました。
途中から人が多くなってきたし、最初の方で受付だったので
そろそろくるだろうと思って廊下に出て待っていたら、
思いのほかまったくくる様子がなくてマジで疲れました。
普通にずっと座っていればよかったorz わたしと離れて
大丈夫かなと思ったのですが、受付前と同じクラスの
男の子が一緒の教室で待っていたようで、待ち時間も
あっちむいてほいして楽しく遊んでいた模様。
「教室でどんなことしていたのー?」
「お勉強したよ~。楽しかった」とだけ答えた娘。
子供たちだけでなにをやっていたかは不明です。
でも本人は楽しそうににこにこしていたから、まぁ
楽しかったのならよきかな、という感じ。
最後に結果を聞いて視力意外は問題なし、相談されますか?
と言われ、特になにを相談しようと言うこともなかったので
帰ってきました。もちろん心配はたくさんあるのですが、
ちゃんとママと離れてお友達と教室は行って勉強して
楽しかったと言って出てきたなら問題ないだろうと。

そんな感じで就学時健康診断は幕を閉じましたとさ。
車に戻ってからようやく娘の鼻からティッシュは抜かれた。

なんにせよ気が重い行事がこれで一つ終わったorz
次に小学校に行くのは一月の末にある一日入学。
それまでには眼科に行って視力検査もしてこないとな。
0.7ならまだ眼鏡の話は出ないだろうけど、左右で
視力が違うとあっという間に片方に引きずられて
悪くなっていくのを身をもって知っているので。
そのスピードがどのくらいかという話ですからね。
わたしと夫の子なら遅くても高校までには眼鏡に
なっているはずです(遠い目 はぁ、なんともはや。

そんな感じで就学前検診でした~。
スポンサーサイト