TOP活動報告 ≫ 『シンデレラ・マリアージュ』完結

『シンデレラ・マリアージュ』完結

はい、というわけで完結しました。
『シンデレラ・マリアージュ』――いかがだったでしょうか?

正直こんなに人気が出るとは思っていなかったので、
日に日に増えていくお気に入り件数や評価に
「いったいなにがあったというのだ……」と、
作者本人は毎日狐につままれた気分でおりました。
ホント、生きていればなにかしらいいことってあるんですね。

アルフとマリエンヌもまさにそういう気分で
物語を終えたんじゃないかと思います。
どちらもそれなりにつらい過去を持っていますので、
これからはお互いを労り慈しみあいながら、
たくさんの子供に囲まれて穏やかに暮らしてほしいものです。



さて、ではお約束していたマーガレットのその後なお話。
最初に言っちゃうと、マーガレットの結婚相手はビアードです。
そう、アルフの親友で顧問弁護士の彼です。

作中で彼が実家のお母さんから「結婚しろしろ」圧力を
かけられていることはちょろっと出しましたよね?
「もう誰でもいいからさっさと身を固めなさい!」
という母親の言葉を逆手に取り、
彼はマーガレットと結婚します。

もちろん自分から侯爵家に行き、バーバラ夫人に
「娘さんをください」なんてことは言ってはいません。
マーガレットがビアードの住まいに乗り込んできたのが
交際のきっかけです。

母親の不義の子であることが大衆紙に書き立てられ、
社交界ではもちろん侯爵家にも
伯爵家にも居場所がなくなった彼女は、
そもそもこんなことになったのは、
それを暴いたアルフとビアードのせいだと逆恨みし、
責任取れやゴラァという形でビアードのもとに殴り込みに行きます。
わめくだけわめいて泣くだけ泣いて、
ずっと部屋に引きこもりきりだったからお腹も空いて、
ついでに侯爵家には戻りたくない……
と駄々をこねたマーガレットを、
ビアードが仕方な~く世話してあげることになります。

そっからなんやかんやあっていつのまにか恋心が芽生え、
なんやかんやあって結婚するという流れになります。
アルフレッドはものすごーくいやがりましたが、
マリエンヌは普通に「おめでとう」と祝福します。

結婚したことでマーガレットは毒気が抜けて、
すっかり大人しくなってビアードの家で
のんびり暮らしています。
むしろマリエンヌのほうがアルフレッドについて
積極的に社交界に出て行っているくらいです。

お互いの夫は妻同士を会わせようとはしませんが、
妻同士はそれぞれの誕生日にカードを交わすくらいには
ずーっと仲良くしていくというお話。



そんなに意外な話でもなかったでしょう?
「なんやかんや」のところは色々想像してお楽しみください(笑

ということで『シンデレラ・マリアージュ』はこれにて完結。
最新作『王家の秘薬は受難な甘さ』もぜひお楽しみに!
すでに自サイト「ベリー・ウィッシュの伝言」にて
先行公開中です!
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL