07
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

検診行ってきたよ~

とうとう妊娠週数も38週に突入。
あと二週間くらいで○子ちゃんに会えると思うと
楽しみやらどきどきやら不安やらで
いろいろキリキリ胃が痛い……orz(え
いや楽しみなんですけど、
ちゃんと世話できるのかなぁとか、
そもそも無事に生まれてくれるかなぁとか、
わたしがいないあいだ旦那君が飢え死に
するようなことにならないかしらぁとか、
いろいろ心配事もあるわけでしてね、はい。

まー、心配したところで陣痛きたら生むだけだけどさ。

ということで今日は車をぶーんと
一時間運転して実家のほうの産婦人科へレッツラゴー。
いったん実家によって体重増えていないか
確認してから検診に行く当たりに
チキン具合がありありと見える(笑
結果、わたしの体重はまだ五十四キロ台をキープしていて、
今日もそれに関してはなにも言われませんでした。
でも相変わらず貧血のほうは続いていて、
またお薬を出されてしまったorz
「あまったぶんは出産したあとも飲んでいただくので、
入院するときに持ってきてください」って言われましたよ。
うひ~、どんだけ出血があるのかと思うとなんだか怖いですね(ガタブル

今日も今日とて検診の前にお腹の張りの検査へ。
入院スペースに入って、この前と同じ電極みたいな
機械をお腹にセットし、しばし横になるなる。
○子ちゃんの心音を聞きつつ、テレビを見つつうとうと。
看護婦さんが様子見にきて、
「あら~、赤ちゃんもぐっすり寝ちゃってるね」と
心電図らしきものを見て困った顔。
本当にいつもは元気すぎるくらいどかどか動いているのに、
こういうところにくると途端に
大人しくなっちゃう○子ちゃんですorz
前回はなかったのですが、そこで看護婦さん、
「ちょっと赤ちゃん起こしますね~」と、
なにやら妙な機械を手に迫ってくる。
それをお腹にぴっと当てると、
しびびびびっ、って感じの痺れが走り、
わたしも思わず「うきゃああ」と声を上げてしまった(恥
電気ショック的ななにかだったのかしら?
○子ちゃんもたまらず「びくっ」って感じで目覚めて、
そのあとの十分間は、まぁ~元気よく
どこどこぼこぼこぐにゃんぐにゃんとorz
痛いくらいに暴れ出してくれちゃいまして……orz
「ひぃ~、○ちゃん痛い痛いっ」とひとり取り残されたわたし涙目orz
おかげでお腹の張りは心配ないですね~、と
結果がはっきり出たから、よかったと言えばよかったけどorz

そのあとはいつも通りのエコーと内診。
ようやく4Dエコーで○子ちゃんのお顔が見えたよ!
……けどなんか、見えたはいいけど、
これが目でこれが鼻とか説明されるのはいいけど、

……なんつーか……ぶっさいくorz

潰れたあんパンみたいにしか見えん、
もしくは夏の入道雲だ、むしろラピュタの竜の巣だ、
という感じのへ~んな顔しか見られなくて、
なんだかなぁというのが本音な感じですorz
まぁまったり眠っているのはよくわかりましたが。
そんな○子ちゃんもとうとう三千グラムを越えたようで、
もういつ出てきても大丈夫ね~、という感じです。
でも子宮口は変わらず二センチしか空いていないから、
まぁすぐ生まれることはないでしょうとのこと。

そして内診。
相変わらず器具ぶっさされるのは痛くてたまらないねっ(涙
ちょうどトイレ行きたくなっちゃったところだったから、
「痛い弾みでおしっことか出たらどうしようorz」と
あらぬことを考えてしまったおかげで、
いつも以上に力みが取れず、
結果「痛だだだだだだっ」と涙ぐむ羽目に。
さすがに痛いとわめくことはしなかったけど、
でも肘掛け掴んで「うぐっ」とは言ってしまったよねorz
「あとで出血してもそれ内診のせいですから
気にしないで~」と前回同様言われましたが、
こっちも前回同様「血が出るほど痛くしないで~!」という
気分ですよ。んもぉ~っ(涙

とにかくいろいろ順調。最後に先生が
「じゃあ生まれてなかったら一週間後にきてください」
と言っていたのがなんか印象的でした。
「生まれていなかったら」ってどんな仮定だ(笑
まだすぐには生まれないって言ったのあなたでしょうに、と
いろいろ突っ込みたい思いに駆られつつ。

ということで、三十九週になる来週には
実家に帰省することを母とも話し合い、
今週末にはイオンの商品券が出るから
それでベビー用品を揃えに行こうかと話もまとまり、
いよいよ出産に向けて本腰入れて行きますよ~、
な感じになります。
引っ越し終わったら今度は出産か~、
まったくどんだけせわしないんだ、
と過ぎゆく2013年という年を噛みしめつつ……。


妊娠・結婚・出産といろいろ盛りだくさんな一年だったな。
ついでに言うと、わたしがムーンライトノベルズ様に
『いつわり王子』の投稿を始めたのは、
ちょうど一年前の今日、十二月三日。
ムーンライトノベルズ利用歴が、今日で一年になったのですw
そのあいだに万を超える人々に作品を読んでいただくことになり、
ネットの力って偉大だと思うと同時に、
こうして自分の作品が発表できる場所があるということに
心からの感謝したい思いでいっぱいであります。

本当に皆様、ありがとうございましたw

……その気持ちがあるなら作品書けや、と
我ながら思うのですけどねorz
ちょっとそこはご勘弁を……(逃
時間はかかると思いますが、
どの作品も必ず完結させますので、
引き続き気長にお待ちいただければ、
本当にありがたく思います。
亀の歩みでも、なんとか更新できるように
頑張れるときは頑張りますね。
スポンサーサイト

こんばんは(*^_^*)

いよいよ、正期産の週数に入りましたね~☆
これから42週までの出産は、正期産となります。
しかし、もう3000超えとは。
赤ちゃんが大きいようだと、初産でも早くに生まれる『かも』しれませんね。
わたしは初産39週で3400グラムだったから、でっかくておまたが裂けました。
とにもかくにも陣痛が始まってから
出産までが長いのが初産の特徴。
ここは体力勝負だから、気が滅入るかもしれないけど、出てくる時は、気持ち良いくらいつるりんって出てくるから(稀に吸引しないと出てこないとかもあるけど)、頑張れー!

あと、生まれたての赤ちゃんは、皮膚がふやけてるから、ぶちゃいくですよ(笑)
胎内の時も然り(笑)

でも、赤ちゃんは本当に可愛いですよ♪
うちの次男くんは六ヶ月になりましたが、そりゃーもぅ可愛いです。

あ!紫さんの赤ちゃんと、うちのチビちゃん、同い年になるのか!!

ヘビ年産まれだね~


クリスマス前くらいが出産予定日になるのかしら?

出産時の出血量は、少ないと80くらい
多いといくらでも。
大体500のペットボトル未満だと思いますけど…

わたし、次男出血量2000出しましたからね。でも、意識は保ててましたよ。ただ、起き上がれなくて、ちょっと無理して歩いたら、やっぱり貧血で、廊下で意識なくしたけれど。
それだけ出しても輸血はしないで、鉄剤注射と内服でなんとか乗り越えました。

だから、きっと紫さんも大丈夫だよ!(根拠なし←

どうか母子ともに無事に出産できますように(*^_^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。

こんにちは、みるくうさぎさん。

へぇ、正期産って言うんですね。でも42週までって結構期間が長い気がする。
大きいと早く産まれる「かも」なんですか?
大きいほうが絶対出てくるの遅いと思い込んでいました(笑
小さいほうが楽じゃないかなぁ、と。完全に素人考えですね(笑
うひぃ、わたし自身も3400で出てきたクチだから、
○子ちゃんもそれくらい大きくなるのかなぁ(ガタブル
うぅ、体力勝負か……わたしにもっとも足りないものが試される感じですね。
体力、気力、根性、すべてが欠けているのがわたしという人間ですorz(最悪だ
本当に出てくるときはにゅるんって出てきてくれるといいなw

次男君もう六ヶ月ですか~w
寝返り打ちまくっておむつ替えも大変って時期なのかな。
想像するだけで可愛いw

あっ、そうか、年も学年一緒になりますよね!
というか今年へび年だったのか。全然意識していなかった(笑

予定日は十五日ですが、初産だから多少遅れも考慮して、
やっぱりクリスマス前に出産になるかなぁと思っております。
年末年始は実家でゆっくりできる感じだといいなぁ。

ひぃぃ、でもそこまで出血するとか考えたくないorz
輸血無しで乗り切ったみるくうさぎさん、心から尊敬ですw

わたしもおっしゃるとおり無事に済むといいなぁ(遠い目
なんにせよ今は胎動が痛いのがなんとも言えずにつらい……orz
もー、さっさと出てきてしまえばいいのに~!

コメントありがとうございます。

華影さん、こんにちは。

○子ちゃんホントに元気すぎて困りますorz
内弁慶というか外面だけいい子とかになったらどうしようorz
ま、なるようになりますよね。

そう、おむつ替えとかおっぱいあげとか、
うまくできるか不安で不安でorz
笑われるくらいならいいけど「ちゃんと勉強した?」とか突っ込まれたら
「うっ」って言葉に詰まること必定。事実、勉強してないし……orz
本で読んだところで、結局実践は違うんだから意味ないじゃんとか、
妙なところでサボるのがわたしの悪いところです。
わかっていて結局なにもしないところもねorz

おお、じゃあムーン様での活動はだいたい同じ時期に始めた感じなんですね。
だから「掌中」見つけられたんだろうなと今大いに納得しました。
最初のほうはランキングとか気になりすぎて、めちゃくちゃ入り浸っていた自覚がありまして……orz

んで、なんというベストタイミングなのでしょう。
今日の21時に『呪われ姫』アップする予定になっております!
久々に書いてみたらうまいこと筆が進みましたw
まぁ内容はちょっと暗い、というかひどい、というか、……アレなんですけどorz
詳しくは最新記事と本編のほうでご確認くださればと思います(逃っ


大陸地図拝見しましたよ~!
すごい細かい! というかこれだけ広い土地が舞台とかすごい!
地図と国名決めるのと国史決めるだけで三日はかかりそうだw
でもファンタジーってやっぱり地図があると違いますよね。
わたしも最近書いていないけど、昔はこんなのをよく書いていた記憶があります。
まぁ、そんな作業も楽しいんですけどねw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。

こんにちは、風波さん。

○子ちゃん大きそうです。
母曰く、大きいほうが生まれてから楽よ、ということなので、
まぁ三千三百くらいまでなら……と怖々しつつ見ています。
でもわたし自身三千四百、旦那君三千五百で生まれたらしいから、
子供にもそのあたりしっかり遺伝しちゃうかもしれません(汗

そっか、男の子と女の子だと骨格が違うからそんな違いも出てくるんですね。
どっちにしろ痛そうだからどっちもどっちな気もするけれど(笑
無事に生まれてきてくれればもうなんでもいいよね、ってところに
最終的には落ち着きますよね、やっぱり。

うぅ、産後も痛みがあるのか(涙
悪露だって話を聞くだけでも憂鬱なのに、
薬使わなきゃ行けないくらい痛い場合があるなんて悪夢だわorz
というか眠れないのに我慢していたなんて風波さんはすごい。
わたしすぐに泣き言言っちゃいそう(苦笑

ぐにょりん感覚ももう少しでお別れと思うと寂しい気もするけど、
最近は本当に痛いことが多いので「もうさっさと出てこいや」という気持ちにもなってます(笑
ああ、言っているそばからすっごくぐにょぐにょ始まったorz
なぜかブログとかでちょっと悪口書くとぐにょぐにょ始まるんですよ(汗
エスパーみたいで恐ろしい(笑

イオンにお買い物ですw
西松屋は実家の近くにあるので、里帰りしたら一回は行っておきたいかなぁ。
でも生まれたら生まれたできっと必要になったものを買いに絶対は足を運ぶと思います。
チャイルドシートも一緒の時期に買う予定w
うーん、うちの旦那君はこういうのの取りつけ得意なほうかな?
でも力持ちだからコツさえ掴めばなんとかやってくれそうな気はする。うん。

本当に昨日のエコーは潰れたあんパンにしか見えなくて、
せっかく先生が長い時間見せてくれたというのに「……orz」って感じの
反応しかできませんでした(笑
でもどんな顔をしていても可愛い気持ちは絶対ですよね~w
早く会いたいですw
Secre

プロフィール

佐倉紫

Author:佐倉紫
『ベリー・ウィッシュな日々』
育児他、日常のつれづれ日記。
時々Web小説の更新情報。
商業紙などのお仕事情報。


―佐倉紫(さくらゆかり)―

一月生まれ。水瓶座。
夫、娘○子(三歳四ヶ月)、
息子○市(一歳九ヶ月)と
ほのぼの四人暮らし。

TL作家として既刊あり。

ムーンライトノベルズ様
にて同名義で活動中。


↑ランキング登録中

ツイッター

商業誌紹介


『ロゼリア姫は逃げられない。1』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『ロゼリア姫は逃げられない。2』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『マイフェアレディも楽じゃない』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『騎士侯爵の優しい策略
 ―花嫁の初恋―』
ブライト出版〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『愛されすぎて困ってます!?』 アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『獰猛な王は花嫁を愛でる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『白薔薇は束縛にふるえる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる