07
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

う、う~む

最近の執筆状況。

佐倉「さて、洗濯干したし洗い物したし、
   そろそろ小説でも書くかー」
腰を落ち着けた瞬間。
○子「ふえっ、ふええええ~っ!(泣」
佐倉「はいはい、ミルクね……orz」

ミルクをあげ終わったあと。
佐倉「よし、今度こそ書くぞ~。
   さっさとリーシュとクラウドいちゃいちゃさせたい……
   その前にさっさとジェノス天誅……
   ……あー、これどうやって書こうかな……」
と考察中に、
○子「ふえ――――っ!(大泣」
佐倉「はいはい、眠れないのね……orz」

抱っこしてときには追加のミルクを作って。
佐倉「うっし、今度こそ寝たな?
   さぁて続きを書こうっと」
PCに向かってみるも……
佐倉「…………なに書こうとしてたんだっけ?」


ま、だいたいこんな感じで遅々として進まないorz

事件の解決編だけに
いろいろ漏れのないように書こうとして
すっごくいろいろ頭の中で考えているのですが、
一度小説脳から子育て脳に引き戻されると、
途端にそれまで考えていたこととか、
執筆するに当たって溜めていたテンションとか、
そういのがどっかに吹っ飛んでいってしまうんですよね。

そんな簡単に吹っ飛ぶってことは、
おまえが真剣に小説を書こうとしていない証拠だ、
と思われるかもしれませんが、
いやいや、泣いている我が子を見れば、
どうやったって意識はそっちに向けられますよ(汗

最近はミルクを飲むのも
三回に一回くらいはすごいいやがって(お腹減ってるくせにねorz
ものすごい力でのけぞるので、
片腕で抱いているの難しいときがあります。
お布団に横にしたままでミルク飲まないかなーと思うんですが、
そういうときは首を高速で左右に振って、
ミルクを飲むどころか顔中ミルクまみれにしちゃう感じなので、
結構油断できないときもあるんですorz
もちろんおとなしく吸い付いて
上手に飲むときは飲むんですけどね。
たいてい暴れるのは夜になってからですorz

こっちの疲労と眠気もピークは
夕方六時を過ぎてからだっていうのに、
○子ちゃんの不機嫌のピークも同じ時間なんですよね。
旦那君が早番だと同じ時間に
ごはんやお風呂の支度もかぶるので、
もうてんやわんやの大騒ぎorz
旦那君がまだ育児に協力的なので、
抱っことミルクをお願いして、
そのあいだにわたしはご飯の用意~、
なのですが、結局ご飯のときは、
わたしは○子を抱いて旦那君に先に食べてもらって、
自分は冷めたおかずで冷めたご飯を食べる……
とかいう切ない事態になっていますorz
おかずくらいチンすればいいじゃん、なのですが、
実際に疲れているとお皿をレンジに運ぶのすら億劫なんです(汗
昼の時間は比較的わたしも元気なので、
ついついいろいろやっちゃうから、
結局夜になってグロッキーに陥るんですよね~。
『呪われ姫』が思うように書けないのもあって、
フラストレーションは順調に溜まっているところですw


わたしが自分でも「馬鹿だな~」と思うところは、
書けないストレスを別の作品を書くことで晴らそうとするところ。
そんなに疲れてるなら昼寝すればいいじゃん!
と我ながら思うのですが、
昼寝で疲れはとれてもストレスは解消されないのです。
結局書くことでしか書けないストレスはぬぐえない。

ということで性懲りもなく新作を書いていたりします。
というのも、二月にアルファポリス社様で恋愛大賞が始まるので、
それに合わせて投稿したいな~と考えていたもので(汗
すでに投稿している連載中の作品で
エントリーしてもいいかなと思ったのですが、
いやぁ、それだと『兄妹』とか『被虐』とかになっちゃうし、
あの二つは読み手を相当選ぶから駄目だろう、と判断したので、
新作を書くことにした次第です。
プロット自体はもう一年前にできていたので。

エントリーの受付が明日までなので、
遅くても明日にはムーン様に一話アップする予定。
恋愛大賞の期間は二月ですが、
二月中に連載が終わらなくても(というかその可能性大
必ず完結はさせますので、
よろしければおつきあいいただければと思います。


というわけで新作情報。
舞台はいつも通りの西洋でラブロマンス。
エロ度は『いつわり王子』と『シンデレラ』の中間くらい。
内容はシリアス。正確には違うけど寝取られ属性あり?
最初はなかなかつらい展開ですが、
最後はお約束のハッピーエンド。
たった一歳しか差はないのですが、
ヒーローのほうが年下です。

タイトルは……実はまだ考えてなかったorz
わたしキャラの名付けとタイトルを考えるのが
すごく苦手なんですorz
○子ちゃんが静かにミルク飲んでくれたら、
そのあいだに考えようっと。
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。

かっぱさん、こんにちは。

わぁ、インフルですか?(ガタブル
娘さん大事にならなくてよかったですね。
子供は熱が下がるとけろっとしちゃうから、確かにちょっと疲れるかも(苦笑
でも重症化して最悪入院~なんてことになるよりずっといいですから(汗

今回の作品はもともとソーニャ文庫さんに
投稿しようと思っていたやつなので、
結構ゆがみがあるかもしれないです(笑
今から最初のRシーン書くところなのですが、
久々だからうまく書けるかめちゃくちゃ不安orz

がんばりますw

コメントありがとうございます。

こんにちは、風波さん。

そうか、母性愛が育っている証拠か。
母親としてはいい兆候……ふっふっふ、そう思えば慰められるorz
なかなか書く時間の環境も整わない中ですが、
お互い合間を見つけてなんとかうまくできればいいですよね。

恋愛大賞エントリーしてきました。
なかなか連載が終わった作品だと難しいですよね(汗
わたしも今回どうしようか迷いましたもんorz
でも参加するってどういうことよと我ながら思うorz

『呪われ姫』も考え考え書いているから本当に進まないorz
こんなに悩んでいる割にできあがった文章は
そんなにいっぱいあるわけじゃないから泣きたくなりますorz

なかなか難しいですよね~。
Secre

プロフィール

佐倉紫

Author:佐倉紫
『ベリー・ウィッシュな日々』
育児他、日常のつれづれ日記。
時々Web小説の更新情報。
商業紙などのお仕事情報。


―佐倉紫(さくらゆかり)―

一月生まれ。水瓶座。
夫、娘○子(三歳四ヶ月)、
息子○市(一歳九ヶ月)と
ほのぼの四人暮らし。

TL作家として既刊あり。

ムーンライトノベルズ様
にて同名義で活動中。


↑ランキング登録中

ツイッター

商業誌紹介


『ロゼリア姫は逃げられない。1』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『ロゼリア姫は逃げられない。2』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『マイフェアレディも楽じゃない』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『騎士侯爵の優しい策略
 ―花嫁の初恋―』
ブライト出版〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『愛されすぎて困ってます!?』 アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『獰猛な王は花嫁を愛でる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『白薔薇は束縛にふるえる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる