TOP雑記 ≫ 3.11

3.11

東日本大震災から今日で三年。
早いものですね。
もう三年が経ったと思うと。

あの日、あの瞬間、皆さんは
どう過ごしていたのでしょうか。

わたしはお風呂に入っておりました(え
その日は仕事が遅番で、
出勤前に朝風呂ならぬ
昼風呂に入っていたのです。
そのときは職場の寮に入っていて、
お風呂はかなり狭いユニットバス。
なのでお湯を浴槽にちょっと溜めて、
入りながら頭を洗っていました。

んで、シャワーで泡を流しているとき、
いきなりお風呂の水面がぐらぐらって
揺れ始めたんですよね。
でも自分は今シャワー使っているし、
そのせいで水面が動いているだけだろうと
とりとめもなく思っていたのですが、
……あれ? なんか揺れてる?
というか揺れが止まらない?
と危機感を覚えてシャワーを止めた瞬間、
ちょうど休みで遊びに来ていた
旦那君(当時彼氏)が
いきなりお風呂の扉を全開にして、
ついでに玄関も全開にしたんです。
その瞬間、でっかい揺れがきて
慌ててお風呂から出ました。

結構揺れていたし二階の部屋だったので、
旦那君がすぐに避難できるよう
玄関に陣取っていました。
わたしもバスタオルひっつかんで
しばらく玄関に待機。
一分はゆうに揺れていたかな。
揺れが収まっても全然安心できなくて、
もう心臓ばくばく、半分泣き入っていました(涙

こんな大きくて長い揺れは
体験したことない。
新潟中越沖地震のときも
相当強い揺れでびっくりしたけれど、
あのときよりさらに強い感じがした。
どこかで雪崩が起きているんじゃないか、
たくさんのひとが怪我をしているんじゃないかと
気が気ではなく、かといってこれから
仕事だから悠長なことをしている暇もなく、
仕事着に着替えて駐車場まで降りてきました。

その瞬間また地震……
外にいても感じるなんて、よっぽどですよ。
もう電柱がぐらぐら揺れていて、
近所の方々がみんな外に出て
揺れている建物を見て怖い、怖いって言ってるんです。
わたしも怖くて仕方なかったけど、
旦那君にも早く帰りなって伝えて、
車で五分のところにある職場に向かいました。

そしたらお店ももう閉店作業に入っていて、
店長が頭を下げてお客様を
見送っているところでした。
ほどなくアルバイトは全員帰宅して、
社員たちだけで店舗点検……
ガラスは割れているわ
天井の装飾は床に落ちているわ……
早番の社員の話では
天井の照明とかもぐらぐら揺れていて、
お客様を誘導しながら、
あれが落ちてきたら死ぬな~、と
気が気ではなかったそうです(涙

そんな感じで営業どうする? と
話しながら、夕方テレビをつけてみたら、
今度は津波の情報……
あまりに急なことで映像も入っていなくて、
津波がくるから避難をという
アナウンスを聞きながら、
大変なことが起きたんだと
みんなして立ち尽くしていました。

結局早めに帰宅し、
その夜はずっとネット上に流れる
NHKニュースを見てひとりで泣いていました。
気仙沼が大火事で、
町ひとつ焼けている映像を見て泣いて、
波打ち際に百名ほどの死体が上がっているという
速報に怖くて震えが止まらなかった。
思い出すだけでも涙が出る。
地震も一晩中続いていたし、
あれほど心細かった夜もなかったですね。
ひとり暮らしがあれほどいやだと思ったこともない。

北関東ですらそれくらいの
被害があったんですよね。
その後はガソリンが届かなくて、
いざ届いたあとはガソリンスタンドに長蛇の列。
コンビニやスーパーはカップ麺やらパンが売り切れ、
寒い中での計画停電。
原発被害による放射能……
震災の何日か後に雨が降って、
職場のみんなと、この雨にも放射能が
含まれているのかな、当たったら危険だよね?
と怖々と話していた記憶がよみがえります。

本当にこれからどうなっちゃうんだろうって、
連日流れる津波と原発の映像を見ながら
暗い気持ちでいたのが思い出されます。


あれから三年。
三年経ってもこれだけ鮮明に覚えているんだから、
被災地の方々の思いはどれほどかと思うと、
やはり苦しいものがあります。

わたしにできることってなんだろうなって言ったら、
それこそ楽しい物語を書くくらいしかなくて。
それでも、読んでくださる方の日常が
ほんの少し明るくなってくれればいいなって、
本当にそんなことしかできないのですが、
それが誰かのためになるのなら、
これ以上のこともないなと思ったりします。

今日はYahooで「3.11」と検索をかけると
10円の募金ができるらしく。
クリック募金とか、そういったものでも
毎日積み重ねていけば山となると思って、
できることを見つけつつ、
あの日になくなった方々のご冥福を
お祈りしたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年03月12日(Wed) 22:24
コメントありがとうございます。
編集
こんにちは、風波さん。

でもいうほど大変でもなかったんですよ、こっちは。
ガソリンやら非常食がなくなったのは困りものでしたが、
わたしの職場と寮はちょうど病院と警察署と消防署が
すぐ近くにあったので、計画停電からは外れることができましたし。
アパートも特に壊れたりしなかったし(笑

でも実家のほうは停電もあったし、
祖母の家は屋根瓦が壊れちゃったりで(汗
あとあと聞いてちょっと真っ青になりました(ガタブル
同じ関東地方でも地方によって全然被害が違いますからね。
茨城は津波があったし、千葉は液状化現象があったし。
わたしは関東平野の本当に端っこ、山沿いにいたので、
地震発生から一週間もすれば平常運転に戻りましたし(苦笑
実際できることって本当に募金くらいしかできないですが、
復興が少しでも進んでくれればと本当に思います。


『奪われた~』のほうも早くネタバレ通りに(笑
進めたいんですが、なかなかうまくいきませんorz
やっぱり○子ちゃんの機嫌次第だからなかなか……別のご用事もあるし。

というか、えっ、ロナルドとはくっつきませんよね!?(それはそれでひどい憶測orz
当て馬というと語弊がありますが、
ロナルドってぶっちゃけそういうポジションじゃ……?
だって彼と結ばれたらアレクの存在意義がないじゃない!(そこまで言うか
王道物語なら、ロナルドと結婚したあと
アレクと不倫関係になるとかって展開はないと思うし……
そんなどろどろな展開……、あ、でもちょっと読みたいかも(オイ
さすがに人にそんな話を書いてなんて言えません。
読みたきゃ自分で書くし。

でも今のところロナルドそんなに悪いやつ?でもなさそうだから、
冷たいアレクよりロナルドと結ばれたほうが……
と思う方もいるかも知れませんね。
でもそこら辺は自分で決めた道筋通りに書くのが一番ですよw
そうじゃないといろいろ予定も狂っちゃうし(汗

わたしはヒロインとヒーローが誤解を解いて
ハーレクイン的ハッピーエンドを迎えてくれることを祈っていますw

2014年03月13日(Thu) 11:23












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL