TOP活動報告 ≫ 『シンデレラ・マリアージュ』21時から三話更新。

『シンデレラ・マリアージュ』21時から三話更新。

こんにちは。ご訪問くださりありがとうございます。
さっそく多くの方に拍手やコメントを抱いて、
驚いたり恐縮したり舞い上がったりと忙しい佐倉です(笑

本日のムーンライトノベルス様への更新は、
『シンデレラ・マリアージュ』を三話ぶんです。
サブタイトルは「悲しみの敗走」。
タイトルを見ればどんな内容かは見当がつくストーリーですorz

今週末は今日で三話、
そして一日おいて日曜日に三話更新になります。
どろどろの修羅場はそうして週明けにまで続いていくのさ……
とあらかじめ予告しておきます。

とはいえ、来週の今日には完結しますので、
あと一週間ほどおつきあいいただければと思います。


この『シンデレラ・マリアージュ』も作者の予想をぶっちぎって、
未だ日間ランキング5位に食い込んでいるから驚きの作品です(汗
いったいなにが受けたのか、未だもってよくわかっていない作者orz
大富豪がいいのか? シンデレラストーリーがいいのか?
でもわたしが書いた話って、ほぼ全部シンデレラみたいな結末じゃね?
と毎日首を傾げています(笑
あるいはイギリス風な舞台設定がよかったのかも知れませんね。

もし「ここがいいんだよ!」というところがありましたら、
ムーンライトの感想欄でも、こちらのブログにでも、
一言書いていただけるととても嬉しいです。
(それを分析して次回作に生かそうという裏があるのはここだけの話orz)


なにはともあれ、今日は小説ではなく、
ホームページ立ち上げのために勉強です。
昨日もスタイルの使い方を知るのに一日使ってしまったので(涙


スポンサーサイト

Comment

21時更新分の…
編集
「爵位を告ぐ」→「爵位を継ぐ」

だと思います。
やっぱりマーガレット出てきましたね!!
今後の展開が楽しみです!!
2013年04月05日(Fri) 21:46
ご指摘ありがとうございます。
編集
うぎゃあ、なんというミスだorz
今から直しに行きます(走
2013年04月05日(Fri) 23:10
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013年04月05日(Fri) 23:38
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013年04月06日(Sat) 00:36
シンデレラ・マリアージュ
編集
ムーンライトノベルズのナニカがたまたま検索にひっかかったのが1週間前。3日前にシンデレラ・マリアージュに出会って、それからひといきに読み進めた新参者ですが、すっかりとりこです。読みやすい文章なのも良いところなんですけど、18禁シーンが色っぽくて大好きです。更新、楽しみにしています。早く結末が読みたいです。
2013年04月06日(Sat) 00:42
コメントありがとうございます。
編集
ロシ猫さん、こんにちは。

更新を待っていただけるなんて作者冥利に尽きます(感涙

アルフに色気ありますか!?
よっしゃあああ、そう読者様に言っていただきたくて
いろいろ頑張った甲斐があった!!
(さりげなく頑張っていたんですorz)

絶倫具合いいですよね~。
現実にこんな男がいたらと思うとぞっとするのですが(笑
小説の中だからこそアルフって認められるキャラだと思います。
マリエンヌもエロくていいですか。やったww

明日は更新はないのですが、
明後日はまた三話投稿ですので、ぜひのぞいてやってくださいww
2013年04月06日(Sat) 01:57
コメントありがとうございます。
編集
風波さん、またのお越しありがとうございます。
たくさんコメントしていただけて嬉しいです!

ハッピーエンドはやっぱりいいですよねぇ。
なにかしら困難の先に当人たちが幸せになると、
作者としてもいろいろと罠を張った甲斐があるというか……(オイ

リーシュとクラウドも早く幸せにしてあげたいですね。
あのふたりはとにかく難しくて
(本人たちではなく周囲が)
書き進めるのが非常に困難な作品でもあります。

『シンデレラ・マリアージュ』に関しても分析ありがとうございます!
やっぱりわかりやすい世界観って大切ですよね。

不屈な心意気のハッピーエンドに向けて、ぜひおつきあいください。
2013年04月06日(Sat) 02:01
コメントありがとうございます。
編集
こんにちは、クミコさん。

わたしもムーンにやってきたのは去年の十一月なんです。
こんなツボなサイトがあったんだ! と血眼になって
好みの作品をあさりまくっていました(笑

その中でわたしの作品を見つけていただいたというのは、
なににも勝る喜びです。
R指定描写は実はすごく苦手で、
本当にエロいのかこれ? といつも頭を捻りながら書いているので、
そう言っていただけると嬉しいです。
今後も頑張りますね。
2013年04月06日(Sat) 02:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL