07
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

予防接種

本日は○子ちゃん初の予防接種。
暖かくなってきたし三ヶ月だし、
いい加減行かなくちゃということで
本日行って参りました~。

かかりつけ医になる小児科は
いつも予防接種の曜日と
時間が決まっているらしく、
行ってみるとすでに待っているお母さんと
赤ちゃんが結構いたり(びっくり
それプラス外来の方という感じで
待っているあいだは結構動物園状態で
かなり賑やかでした。
子供は熱があっても元気だから
どの子が病気なんだか……と
一見しただけではまるでわからなかったです(汗

ちょうど待合室で隣に座った方が
うちの○子と同じで今日初めて
予防接種の方だったらしく。
いろいろ種類があってわかんないよね~、
冊子読んだけど右から左でしたよね~、
という感じで世間話をし、
一緒に先生のところに呼ばれて
いろいろ説明を受けました。

もうひとりの子は二ヶ月だったけど、
うちの○子ちゃんは三ヶ月。
保健士さんから二ヶ月になったら
予防接種に行きなさいって
説明はありませんでしたか?
と聞かれ、ありましたが……
という感じで言葉を濁したら、
ちゃんと二ヶ月になったら
予防接種しなきゃ駄目でしょ、
赤ちゃんが病気になったらどうするの、
と怒られましたorz(そりゃそうだ
その通りなのですいませんと頭を下げたら
「わたしには謝らないで、赤ちゃんにね」と。
なかなかお茶目なおじいちゃん先生でした。

定期接種の種類と、
任意でロタをどうするかという説明があり、
先生曰く「絶対に受けたほうがいい」と。
過去の新聞記事とか出されて
いろいろ説明を受け、
もちろん受けることに決定。

一度待合室に戻され、
今度はエコーでお尻のあたりを見てもらい、
また待合室で待たされること、
気がついたらもう一時間(驚愕
抱っこしているのもつらくなってきたお……
と思っていた頃に呼ばれて、いざ注射。

すでに予防接種に予約していた子が
いっぱい受けていて、
○子ちゃんは一番最後に呼ばれた模様。
診察室の大きな机にはすでに
注射を終えた赤ちゃんがいっぱいいて、
お母さんに服を着せてもらったり
看護師さんに薬塗られたりしていました。

「じゃあ最初は左腕。
お母さんしっかり抱っこしていてね」
と言われ、わたしが抱っこし、
看護師さんが○子ちゃんの腕を押さえる。
さぁどうかな……とはらはらしながら
見守る中、ぷすっと針が指される。
その瞬間は泣かなかったけど、
お薬がちゅーっと入ってくるときに
顔をゆがめて「うう、え――!」と泣き出す○子。
「はいはい、次は右腕ね~。
これは痛いよ~。こんな痛みは
ないってくらい痛いよ~」と
先生も別に言わなくていいのに
脅すようなこと言わないでー!
とわたしが叫びたくなる中、注射。
案の定大泣きする○子(そりゃそうだ

「はぁい、じゃあ次はお尻ですので、
ちょっとこっちに行って服を脱がせてください」
ということでみんなが並ぶ机に寝かせ、
おむつをとってお尻を出させる。
看護師さんが押さえ、先生がお尻に注射。
「はい、この注射も痛いよ~」
「うえええええええええええ!!」ギャン泣きw
涙ぐっちょぐちょの顔を見ると
わたしのほうが泣き出しそうになる(苦笑

そのあと裸ん坊にして体重計へ。
実家ではかったときは七キロだと思ったけど、
真っ裸にしてきちんとしたので計ると
ちょうど六キロでした。誤差ひどっ!
生まれたのが三千二百ちょっとだから、
もうちょっとで倍になりますね。
そうして再び机に戻って
お洋服を着せようとしたところで、
なんだか服が湿っている……?
見てみたらおしっこ漏らしていたorz
「ぎゃああ! すいません、おしっこが!」
「ああ、大丈夫ですよ。すぐ拭きますね~」
と、結局おむつだけでなくお洋服も総着替えorz
まぁね、痛かったし寒かったし、
おしっこも漏らしたくなるよね、
という感じだったけど、
我が娘ながらネタが尽きない……と
苦笑しきりでしたorz

お着替えが終わる頃には少し落ち着いて、
疲れ切った表情の○子ちゃん。
時間的にはミルクなのですが、
慣れない雰囲気と長時間の抱っこと
その果てに待っていた超~痛い注射のせいか、
薬局にお薬をもらいに行く頃には
すやすや眠りこけていました。
帰ってきた今もまだ眠っています(汗

もらってきたお薬は皮膚の塗り薬で、
おむつ替えのときとかに
お股やお尻の赤いところに塗るみたい。
他にも首とかにも塗るのをもらいました。
次に行くときにまた見てもらう予定。

次はロタを飲むだけだから
痛いことはしないけども、
来月の末にまた同じ注射をする予定。
ちなみに今日やったのは
四種混合・肺炎・ヒブ。
予約取ってくれる病院だったので
そういう点は助かりました。
摂取のやり方はもう決まっているみたいなので
ロタをするかしないか以外
口を挟む余地はありませんでしたが。

このあと○子ちゃんの様子を見つつ
わたしも待ったりする予定。
二時間抱っこはやはり疲れたorz
熱が出たりすることがあるらしいですが、
摂取から一時間近く経っても
なんともないので、
このまま大丈夫なことを祈ります。

泣くには泣いたけどそこまでひどくなかったし、
そのあとぐずることなく寝ちゃった
○子ちゃんはママ的には助かりましたw
次もこんな感じで何事もなければいいなぁ。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

佐倉紫

Author:佐倉紫
『ベリー・ウィッシュな日々』
育児他、日常のつれづれ日記。
時々Web小説の更新情報。
商業紙などのお仕事情報。


―佐倉紫(さくらゆかり)―

一月生まれ。水瓶座。
夫、娘○子(三歳四ヶ月)、
息子○市(一歳九ヶ月)と
ほのぼの四人暮らし。

TL作家として既刊あり。

ムーンライトノベルズ様
にて同名義で活動中。


↑ランキング登録中

ツイッター

商業誌紹介


『ロゼリア姫は逃げられない。1』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『ロゼリア姫は逃げられない。2』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『マイフェアレディも楽じゃない』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『騎士侯爵の優しい策略
 ―花嫁の初恋―』
ブライト出版〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『愛されすぎて困ってます!?』 アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『獰猛な王は花嫁を愛でる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『白薔薇は束縛にふるえる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる