TOP育児 ≫ 地震怖いね(ガタブル

地震怖いね(ガタブル

今朝方は地震驚きました~。
続けて二回もくるんですもん(涙
おかげで寝るタイミングを逸し、今は
眠いというよりなんだか気持ち悪い感じです……
生理前というのも大いに関係している予感orz

さてはて、皆様GWいかがお過ごしでしょうか。
わたしは昨日、母方の祖父の十三回忌ということで、
○子ちゃんを連れて実家に戻っておりました。
(仕事のため旦那君は今回も置き去りorz
気の毒なことです……)

人見知りが始まってきた○子ちゃん、
この前は母に抱っこしてもらったとき
泣いていたので、父が抱っこしても泣くかな~、
孫大好きな父が抱っこで泣かれるとか
ちょっといい気味w とひどいことを考えて
ケヒヒヒと笑いながら抱っこしてもらったら、
案の定「ふえ――ッ!」って泣かれてました
(ちょっと「ざまぁw」とか思った(黒笑

実家に入ってからも大泣きこそしないものの
どこか緊張気味でカチンコチンな○子。
わたしに抱かれているときですらじっとしていて、
無表情で固まっていましたが(笑
徐々に空気にも慣れ、ちょっとずつ笑うように。

けども夕方祖母の家に移動して、
また違うところだ……という感じで困惑顔。
それでも大泣きすることはないまま、
お墓参りを済ませ、かつて祖父と祖母が
常連さんだったという、ちょっとお高めの
お寿司屋さんへと繰り出しました~。

数年に一度は入れればいいという感じの
高級なお寿司屋さんで、いや~、
出てくるお刺身すべてが美味しかった……!
あんまり海鮮ものってわたし好きじゃないのですが、
そのわたしですらあれ食べこれ食べ「美味しい~!」状態。
お刺身やお寿司を食べながら、「旦那君にも
食べさせてあげたかったな……」と
そればかり思ったりしておりました(汗


○子ちゃんも大泣きせず、たまにぐずっても
すぐにおとなしくなる感じで、
祖母や叔母に抱っこされてガチガチになりながらも
それなりに愛想を振りまいておりました。
おむつも替えてもらったし。
当たり前ですが母も叔母もめちゃくちゃ手際がよいので、
あれこれお任せして、わたしはゆっくり
お寿司を食し続けておりました(目逸らし
お腹減ってるっぽかったのでミルクも作りましたが、
携帯用の粉ミルク(ひとつのパックに
100ccぶんのミルクが入っている)を出したら、
「今は便利なものがあるんだね~」と驚き顔の祖母。
それを聞いた叔母が「紫が赤ん坊のときは
紙おむつに対しておんなじことを言っていたね」と
笑っていました。時代はこうしてどんどん
便利に進化していくんだぁと、なんだかしみじみ。


○子ちゃんの指しゃぶりとよだれがすごいので、
指しゃぶりはやめさせないと癖になるよ、と
さっそくチェックが入りました(笑
「昔はそう言われていたみたいだけど、今は
一歳くらいまでは特に直そうとしなくて
大丈夫って言われているんだよ」と説明すると
一堂「へぇ~、今はそうなんだ」と。

父も「離乳食の前に果汁飲ませないと」と言うので、
「それも一歳までは必要ないっていうのが今の主流。
四ヶ月検診のとき保健士さんが『ちょっと前までは
離乳食前は果汁と言われていたかもしれませんが、
果汁は味も濃いですし、砂糖も入っているので、
今は一歳を過ぎるまでは控えるようにとなっています。
舌が濃い味に慣れちゃいますので』って
めちゃくちゃ強調して説明していたよ」と
ここぞとばかりに説明。
保健士さんが言っていたよ、の一言を添えると
相手も「お、おう」と引き下がってくれるので
言うときはがっつり言うスタンスで頑張っております(苦笑
身内相手だから強気に言えるというのも
あるのですけれどもね(汗

とにもかくにもそんな感じで、
男たちはいい感じに盛り上がり酔っ払い
女たちはそれにいらいらし(笑
お開きになって祖母の家へ。
口直しにお茶とイチゴをいただいて
(わたしばかりが食べていたというorz)
実家のほうへと戻ってきました~。

この時点で時刻は八時。
○子はいつもならもう寝ている時間。
一番にお風呂に入らせてもらって
すぐに寝かしつけましたが、
やっぱり慣れない場所だけに一度起きて
「ふえええ――ッ!」とすごい声で泣かれました(苦笑
でもミルク飲んだらすぐ寝てくれたので、
わたしも十時頃一緒のお布団で就寝。
今日はあちこち連れ回されたし、
いろんなひとの顔を見て○子も疲れているはず。
このまま朝まで寝てくれないかな……
と都合のいいことを考えていたのですが、
体内時計が意外としっかりしている○子。
この日もしっかり夜中の三時半に目覚め、
ミルクを求めて「あ~、う~」とうなりまくりorz
はいはい、とミルクをあげてわたしも寝ようとしましたが、
うとうとしかけたところで、朝五時。
例の地震が発生orz
一度目は結構「ガタン」と揺れましたが
そこまで長くはなく、○子も寝ていましたが、
続いて訪れた二度目の「ガタガタ」は結構長く続いて、
思わず「ひぃっ」と叫んで○子の上に
馬乗りになっておりました。
ちょうどその部屋、大きい本棚とかがあったので、
倒れたら困る! と結構必死。
しかし○子はちょっと目を開けただけで、
その後も熟睡。けどこっちは眠れたもんじゃありませんorz
結局朝の七時に○子にしっかり「あ~、う~」で起こされ、
全然寝られなかったお……、と切なくなりましたorz
ちなみに二回目の東京湾震源の地震では、
わたしのいたところ震度4を観測してました。
さすがに4ともなると怖いですね(ガタブル

行きは○子とふたりで車を走らせてきましたが、
そんな感じで寝不足&生理前で気持ち悪いの
症状があったので、家族に自宅まで送ってもらいました。
溜まっていた洗い物と洗濯を終わらせ、
遅番の旦那君を送り出して、今ちょっと休憩中。
○子も昨日の疲れが今になって出たのか、
めずらしく一時間以上お昼寝をしております。
わたしも夕飯前にちょっと居眠りしようかな。

皆様も残りわずかですが、GWの後半、
ゆったりまったりいろいろ楽しめますようにノシ
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年05月05日(Mon) 18:31
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年05月06日(Tue) 16:45
コメントありがとうございます。
編集
こんにちは、華影さん。

子供連れ大変でしたが、まだ泣きわめいたりはしなかったので
まぁよかったなーという感じです。
きっとそういう反応はもうちょっとしたら出てくるんでしょうね(汗

三月頃は結構西日本のほうで地震が続いたみたいですよね。
深海魚とかもめちゃくちゃ上がっているし……
さらにでっかいのがくるのではないかと思うと本当に怖いです(涙

そうです、よいお話です(笑
告知楽しみにしていてくださいねw

ハニーさっそく読みましたよ~!
沙耶ちゃんがすっかり甘え上手になっている(笑
義総様も嬉しいでしょうね~。年甲斐もなくデレ~と
しているんだろうなと思うと、もう……w(萌えw
幸嗣様のほうもぜひぜひ読みたいです!

更新間違えは本当に「あちゃ~」ってなりますよね(汗
予約時間間違え、話数間違え、わたしもしょっちゅうですので、
お気持ちは大変よくわかります……(遠い目
環境が変わると、書きたい気持ちがあっても
書けなくなるというジレンマもものすごくわかります!
やっぱり自分が落ち着ける空間が一番なのかもしれません。

続きは楽しみですが無理はなさらないでくださいね。
特にシリアスシーンは書いているほうも結構気力を使うし、
さじ加減が難しくて大変ですから。
お互い無理のないようにいきましょうw

2014年05月06日(Tue) 21:05
コメントありがとうございます。
編集
こんにちは、風波さん。

地震はびっくりしましたが、何事もなかったので本当によかったです。
というか風波さんのほうもまた別口で大変でしたね(汗
旦那さんはもちろんでしょうが、こどもの日に遊園地はきつい……!
でも動物ともふれあえて、息子さん的にはいいGWになれたかな。
そうであることを祈っております(汗

○子もまだ大泣きしたり泣きわめいたりしないので
どこへでも連れて行けますが、そろそろ人見知りや
場所見知りも始まって、ところかまわず大泣きする頃かなぁとひやひやしています(汗
父も最初は泣かれていましたが、次の日にはあやすときゃっきゃと笑ってくれて、
写真もいっぱい撮れていたので、こっちとしては「まぁ、よし」って感じです(笑

果汁や離乳食、それとお風呂上がりの湯冷ましとか?
に関しては本当にそのときでいいとされることが変わるらしく、
そのことで実母や規模と衝突した~、なんてママも多いようです(汗
そんなわたしは二歳くらいのとき、一番最初に食べさせられた果物が
グレープフルーツということで(笑
よくそんな酸っぱくて濃い味のものをいやがらずに食べたもんだ
(おまけに今でもグレープフルーツ大好き)と、自分で自分に
ちょっと感心したりと、アホなことを思っております(恥

おおっ、Rシーンとはときめきですなw
でも確かにひとりのときじゃないと書けないですもんね(汗
今でも更新は特に遅いとは思わないので、
風波さんのペースでゆっくりやられるのが一番だと思います。
焦って作品自体ががたがたになったり、
自分の身体のほうが不調に陥ったりするほうがずっと大問題ですので。
本当に、お互い身体には気をつけて、これにつきますよね(しみじみ
頑張りましょう!
2014年05月06日(Tue) 21:16












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL