TOP妊娠中 ≫ 十三週四日目

十三週四日目

クリスマス企画『書籍プレゼント』に
当選された方への書籍の発送が完了しております。
なにか不備がありました場合はご連絡ください。
連絡先、詳細などはこちらの記事をご覧ください。

***

茶色いおりものや妊娠四ヶ月くらいに特有の
腰や下腹部の痛みに連日翻弄されていた佐倉です。
茶色いおりものは基本古い出血だし、
家でおとなしくしていれば二日も続かず止まるし、
足の付け根やら股やら腰やら痛むのは
子宮が大きくなっている証拠だからある程度
しゃあないんだよねぇ~、という具合で
なにかあればその都度安静にしてきたのですが。

昨日の夕方、六時くらいになって、
急に下腹部ちょっと右側寄りのところに
ズキッと差し込むような痛みを覚えまして。
歩いていたら思わず立ち止まる、
止まっていても思わず「いてっ」と声を
漏らしてしまう程度の痛みだったのですが、
ずっと続くわけではなく、たま~に思い出したよ~に
痛む程度だったので、ひとまずごろごろ
横になって様子見しておりました。
これで出血とかあったら怖いなぁ、
今のところおりものシートについてないから大丈夫か、
と思いながら八時過ぎにお風呂に入って見てみたら、
あ、やっぱり出ていたよ茶色のおりもの……orz
ほんのちょっととは言えやはり気持ちいいものじゃない。

お風呂に入っているあいだもたま~に
ずきっとした痛みが走ったので、
こりゃあちょっと不安だな、ということで
産婦人科に電話してみました。
もう九時近いし、たぶん安静にして明日の
朝一で受診してくださいって言われるんだろうな、
と思ったのですが、「内診してみますので
来院してください」と言われたので急いで行ってきました。

下手したらまた入院の危機! と思ったので
自分で旅行バッグ出して入院に必要なもの急いで詰めて、
○子と添い寝してた旦那君に「入院になったら
このバッグ持ってきて」と指示を出して、
自分で運転して産婦人科へ行ってきました。
こんな時間でも診ていただけるのはありがたいことです。
家が車で十分かからないくらいのところにあるのも、
こういうときは本当に助かるなぁと思います。
やっぱり自宅に近いっていうのも産院選びには
重要な要素ですよね、こういうことがあると特に。

看護師さんが待っていて、もう一度症状を説明。
お股おっぴろげの診察台に座って待つこと五分。
先生がやってきて「じゃあ内診しようね」と椅子を倒される。
「色つきのおりものが出たの?」
「はい。茶色い奴が少し」
「茶色なら古い出血の可能性が高いね」
「あとお腹の下のほうがたまにずきっとして」
「そっちのほうが不安だね。じゃあ診てみようね」
ということで内診。最初におりものを診てもらいましたが、
「あ、もう薄い色だから大丈夫。古い出血だね。
これならすぐに止まるよ」と言われひとまず安心。
そのあとお腹の上から子宮のあたりを押され、
「痛いですか?」「押されるのは大丈夫です、痛くないです」
というやりとりのあと、再び内診。
特に異常なかったようでなにも言われず。
最後にぶっさしタイプの超音波で三週間ぶりに
赤ちゃんの姿をエコーで見せてもらいました。
たった三週間で信じられないほど成長して、
大きめの豆粒がもうこぶし大にまで成長していました。
座高がただいま6.8センチ。ちょっと診ただけで
心臓がばくばくいっているのもすぐ見え、
「赤ちゃんは元気だね~」と先生も安心していました。
ちょうど起きているところだったらしく、
赤ちゃんもぐるっと身をよじってこっちに向かって
ちょっと手を振っていました。もう指が別れているのも
はっきりわかるようになっていました。
元気な上に愛想もいい子らしいね。
○子はお腹の中にいたときは股隠したり
顔隠したりとシャイな子だったけど、
二人目は案外オープンな子なのかもしれん。

赤ちゃんは元気で内診でも異常なかったので、
とりあえず以前飲んでいた張り止めの薬を処方され、
一週間ゴロゴロ寝ててください~、と言われ帰ってきました。
なのでこの一週間は全力でゴロゴロしようと思います。
全力振り絞らないとゴロゴロするのって難しいんですよ。
○子がそばにいるからどうやったって
動かないといけない場面が多いからorz

まだお腹の痛みはあるのですが、
張り止め飲んでも痛いってことは、
やっぱり子宮自体に問題があるんじゃなくて、
その周りの筋肉や骨が大きくなる子宮に
引っ張られて痛むんじゃないかな~と
勝手に思っております。でも声に出すほど
痛い! って感じはなくなりました。
子宮とかに異常がないってわかっただけ
多少痛みがあっても動じなくなるから、
やっぱりなにかあったときは医師に診てもらうのが
一番安心なんだなと今さらのように思ったりします。
元気な赤ちゃんが診られただけでもよかったw
実際に診てもらうまでは「なんか腫瘍とか
できててその痛みだったらどうしよう。
子宮頸管短くなっててそれで出血だったとかだったら
即入院の絶対安静だよ、生まれるまでそんなことになるの
絶対いやだ~」などと考えて悶々としていたので(遠い目

下腹部の痛みについては、まぁぶっちゃけ
中期に入っても多少続くので気長に付き合います。
胎動が始まれば多少落ち着くんだろうけど、
胎動が始まったら始まったで、
胎動がないときは「あれ……?」と恐怖に
さいなまれたりするので、なんだかんだと
妊娠中ってずーっと不安が続くんだなって再認識中。
上の子がいるとなかなか安静にできないって
いうのがまたネックです。難しいもんだorz
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年01月28日(Wed) 23:10
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年01月28日(Wed) 23:24
コメントありがとうございます。
編集
こんにちは、華影さん。

無事に届いたようで良かったです。
そうです、お嬢様が起きているあいだは本を開いてはいけません(笑
日中は見つからないところに隠して置いてくださいねw

体調もご心配いただきありがとうございます。
薬が効いているのか痛みなどもまったくなく、おりものも落ち着きましたw
でも薬があるうちは家でごろごろしたいと思います。明日は雪ですしね~。

そちらの更新も楽しみにしていますw
確かにつらい展開続きで甘さが欲しいところですよね(笑
でもそこを乗り越えれば……という感じですので、頑張ってくださいw

2015年01月29日(Thu) 22:32
コメントありがとうございます。
編集
こんにちは、風波さん。

本当に何事もなくて良かったです。
わたしもまさにそんな感じで、お腹が張っているって結局
最後までよくわからずに○子を出産してました(笑
○子がいるので実際にずっとぐーたらは難しいですが、
明日は雪なのでまったり家で過ごします。

羽生選手、退院しましたね~。
まだまだ休養必要だと思いますので、焦らずゆっくり体調を整えていって欲しいです。

2015年01月29日(Thu) 22:35












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL