08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

一歳半検診

36w5d。あと一日とちょっと。あと一日とちょっとを
乗り越えれば夢の37週、正産期……!

ということで本日は○子の一歳半検診。
安静中というのもありますが、
臨月のお腹抱えてひとりで検診に行くのも
そもそも大変と言うことで、
旦那君におやすみ取ってもらって
今日は三人で保健センターへお出かけしました。

平日と言うこともあり、またうちの市は
両親そろって検診~という方も少ないので、
パパも一緒は見た限りわたしたちだけでしたorz
ママとおばあちゃんできているひとはいたけども。
旦那君は気まずい思いをさせちゃったかなと
思いますが、結果的には連れていって正解。
なにせうちの○子さん、信じられないくらいアクティブで、
大声で叫び、泣きわめき、脱走し、フライングし、
暴れまくりのフルコースだったのですorz

一時半からの受付で、十五分前に到着しましたが、
既に待合室はひとでいっぱい(汗
受付を終えたあとは受けつけで過ごしましたが、
○子は近くにいる子たちの服やヘアピンや
ママさんたちが持っているバッグを指しては
「くわいーw(可愛い)」を連呼しまくり。
名前が呼ばれて問診のあいだは、
保健士さんのエプロンに縫い止められた
アンパンマンを指さして「くわいー、くわいー!」。
旦那君がなんとか抱っこしている横で
わたしは保健士さんの質問に答える、答える。
今現在のママの健康状態の欄に
「切迫早産で自宅安静中」と書いていたもので
「大丈夫なんですか!?」と逆に心配されたorz(そりゃそうだ
「もう36wなんで~」と、ぶっちゃけもう
破水したらそのときだという妙な開き直りが
数日前の前駆陣痛騒ぎでできてしまった今日この頃。

積み木はきちんと積み上げられたし、
絵本も自分で開いて果物を指さして「あー、あー」
騒いでいたし、問診票にあったものも
ほとんど問題ないということで、
なにを言われることもなく。

コップのみはできないけどストローで飲める、
スプーンで一人で食べることはできないけど
介助してあげればなんとか食べられる、
階段は手を引いては上れないけど、
その代わり自分で四つん這いになって登れる、
言葉の発達に関しては「くわいー!」の連呼と
ぎゃあぎゃあ騒いでいる様子を見て
「お喋り大好きみたいですから問題ないですねw」で、
全部の項目あっさりクリアーしました(汗

その次は部屋を移して歯科検診。
保健士さんに一対一で指導をしてもらうのですが、
○子さんったら全然口を開かずに
逃げ回ってばかりで、自分で歯ブラシを咥えることも
わたしに磨かせることもなくわめき散らして終わりorz
その後の歯科検診では歯科医師の方に
診てもらいましたが、そのあいだはずーっと大騒ぎ。
医師の膝に○子の頭を乗せて、
身体は旦那君が抱えてという状況でしたが、
もう泣きわめきながら大暴れするので
わたしも横から○子を押さえて、
三人がかりでなんとか見るという状況でした。
結果、虫歯はナシで、歯並びなども
今のところ問題ないとのこと。

歯科検診は保護者の方も受けられるということで、
泣きわめき脱走を図る○子を旦那君にお願いし、
わたしは数年ぶりに歯医者さんに歯を診てもらいました。
結果、上の両奥歯に虫歯になりかけの歯があるとのことorz
学生時代に個人の歯科医院でバイトしていたので、
先生が「C(カリエス=虫歯)」と言った瞬間
「ひぃっ」という気持ちになりましたorz
幸いちょっと怪しい段階なので、
今日明日に痛くなることはないのですが、
早い内に治療しておいたほうがいいとのこと。
とはいえ……
「落ち着いてからじゃないと難しいですかね~」と
保健士さんも医師もわたしのお腹を見て苦笑。
むしろ産まれてからのほうが大変だし、
みんなそれをわかっているからあはははは~と
渇いた笑いだけで終わっちゃいました。

その後は身体計測。おむつ一丁で
体重計に乗せられ、身長を測られる○子。
そのあいだ例にも漏れずずーっと泣きわめき、大暴れorz
結果、身長は成長曲線ぎりぎりのかなりの高め。
体重は平均ど真ん中で、身長に対して
ちょっとスリムという感じの結果でした。
お腹ぽっこり出ているのにスリムなんだ(汗
確かに身長は高いほうだな、と周りの
一歳半児を見て改めて納得。
他の子たちはまだ小さめで可愛いのに、
なんかうちの子だけ二歳くらい? って感じに
背がすごい高かった……旦那君に似たのねorz
わたしは155cmもないというのにorz

そして先生に呼ばれるまで畳敷きの
待合室でおもちゃなどで遊ぶのですが、
まぁ一歳半ともなるとみんな元気で遊びまくり。
うちの○子も物怖じするどころか
おもちゃ箱に突進していって、ボールは取るわ
ブロックは出すわぬいぐるみは引きずってくるわ……
中にはママに抱っこされたままおとなしくしている子や、
絵本を読んでゆったりしている子もいるのです。
なのにうちの○子は全然静かにしないで、
畳の狭い部屋を走りまくって逃亡しまくり!
おまけに他のお友達が持っているおもちゃばかり欲しがる!!
他の子がボールを取ったらそのボールを奪いに行き、
うちわを取ったら自分も欲しいと突進し、
ブロックで遊んでいたら寄越せとばかりに引っ張り。
とにかく他の子の持つものを奪おうと必死。
他のママさんたちはみんな親切で、
貸してあげようね~、と自分の子に言いますが、
奪い取る側のこっちはすみません、ごめんなさい、と
平謝りの連続。挙げ句の果てには
男の子が取り出した車のおもちゃに興味を持ち、
真っ正面から奪い取りに行き、その際に
車の角で男の子の頭をがんっと殴ってしまい……(ひぃぃ~!
思わず○子じゃなくてその男の子を抱っこして
「ごめんね、ごめんね! 痛かったよね!?」と
おでこを撫で撫でしてしまったorz
当たり前だけど男の子は一拍おいて泣き出し、
当の○子はと言うと素知らぬ顔で車で遊んでいるorz
男の子のママさんは「気にしないで~」と
笑っていたけど、こっちはもう平謝りするしかなくorz
そうしているあいだに○子は車を放り投げて
今度は絵本の棚へ突進……謝る暇もねぇorz
旦那君もその都度追いかけてくれたし、
途中部屋の外へ脱走しようとする○子を
連れ戻すために奮闘したりと、とにかく
わたしひとりではどうしようもできなかったほど
暴れまくった○子さんでした……orz

その後ようやく呼ばれた検診では、
それまで大暴れしていたのが嘘のように、
びたっと固まってしまって動かず。
同世代やママたちには自分から寄っていく○子ですが、
男の人は苦手らしく、小児科のおじいちゃん先生に
腰が完全に引き気味になっていましたorz
なので用意された階段を上ることもなくorz
「これくらいの段差なら登れる?」と聞かれ
「はい、普通に登れます」と答えたらよしとされ。
聴診器あてるときは静かにしていましたが、
それが終わったあとはもう帰りたいとばかりに
泣きわめいてまた大変なことにorz
幸いおじいちゃん先生はいいひとで、
特に気分を害することもなく、
○子の肘にできた汗疹への対策を教えてくれました。
「ああ、汗疹できちゃってるね~。
お父さん似にて肌が弱いんだね」と
そのおじいちゃんが言ったのにはビックリしましたが。
おじいちゃん先生曰く、首元の皮膚を見れば、
その人の肌が強いか弱いかはすぐわかる。
ママは特に問題ないけどパパは首もと、いかにも弱そう。
○子ちゃんはパパに似たんでしょうね、と。
これには記録係の保健士さんも
「初めて聞きました」とビックリしていました(苦笑

その後はまた呼ばれるまで待たされて、
そのあいだまた暴れまくっていた○子さん。
けど呼ばれた頃には今度は眠気がマックスになっていて、
最後の個別面談ではずーっと泣きわめいて、
早く帰りたいとばかりに脱走を繰り返してしました。
脱走、捕獲、大泣き、と○子と旦那君が格闘する横で、
わたしは保健士さんといろいろお話しを。
今日の検診の結果、特に問題がなかったこと。
予防接種も順調に進んでいるようだということ。
他に子育ての悩みはありませんか? と聞かれ、
「今はないけれど二人目が生まれたあとが心配」と答えると、
また赤ちゃんのほうは二ヶ月頃に家庭訪問があるので、
そのときに保健士に上の子のことを相談しても
全然OKですから~、と言われ、ようやく検診終了。
受付から丸々二時間。最初から最後まで
暴れまくっていた○子も、お昼寝時間と重なって
すぐにうとうと。でも家が近いから寝落ちしてから
ものの五分で家に着いてしまい、
その後は眠ることもなくフツーにEテレ見て踊り狂い……
旦那君のほうが寝室で昼寝しているというorz
Eテレが終わったあとに寝室に連れて行ったら
そのまま寝ちゃって、今その時間を利用して
こうしてブログを更新している佐倉です。
今日は晩ご飯どっか食べに行こうか、と言っていたので、
これを書き終えたらふたりを起こして
どっか行こうと思います。

本当は安静にしてなきゃいけないんだろうけど、
なんかもう検診の待ち時間中ずっと○子を
追いかけ回していたから、ぶっちゃけ
子宮口開いてもおかしくないよなって
気分になっちゃって、破水でも陣痛でも
なんでもくれば? みたいな気持ちでおります(遠い目

そういえば今日で内服の薬がすべて終わる……
あれ、明日までは36週なんだけど、
もう今日で飲み終わって大丈夫なの? と
戦々恐々としている今日この頃。
あと一日とちょっと、あと一日とちょっと保てば
いいのだよ、わたしの子宮頸管と子宮口……!

なんにせよとにかく疲れた一歳半検診でしたorz
わたしひとりではとてもじゃないけど対処できなかった。
旦那君に本当に感謝です。
そして落ち着きと協調性がまったく見られなかった
娘の将来が今から不安で仕方ないです……orz
他の子のおもちゃを奪うなよ……orz(涙
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

佐倉紫

Author:佐倉紫
『ベリー・ウィッシュな日々』
育児他、日常のつれづれ日記。
時々Web小説の更新情報。
商業紙などのお仕事情報。


―佐倉紫(さくらゆかり)―

一月生まれ。水瓶座。
夫、娘○子(三歳四ヶ月)、
息子○市(一歳九ヶ月)と
ほのぼの四人暮らし。

TL作家として既刊あり。

ムーンライトノベルズ様
にて同名義で活動中。


↑ランキング登録中

ツイッター

商業誌紹介


『ロゼリア姫は逃げられない。1』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『ロゼリア姫は逃げられない。2』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『マイフェアレディも楽じゃない』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『騎士侯爵の優しい策略
 ―花嫁の初恋―』
ブライト出版〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『愛されすぎて困ってます!?』 アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『獰猛な王は花嫁を愛でる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『白薔薇は束縛にふるえる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる