TOP育児 ≫ 退院しました

退院しました

心配されていたベビ君の黄疸も
数値が無事に下がりまして、
晴れて母子ふたりで退院することができました!
今は○子も含め実家で母子三人
世話になっております。おかげで
母が死にそうに疲れているw
とりあえず最低二週間くらいは
お世話になろうかと思っております。
最終的な期限は切迫早産の自宅安静のときのように
父へのいらだちが頂点に達したらにしたいと
考えております(イライラ☆
あのときはそれでも帰れなかったけど
今は別に安静指示出てないもんねー。けっ。
でも産後一週間は赤ちゃんの世話以外は
横になっていたほうがいいんですけどね。
その後も一ヶ月は隙あらば寝るくらいの
気持ちでやっていかないと更年期に
がーんとくる、と言われているわけですし。

まぁとにかく、退院しました(ほっこり

実家に帰ってからはとにかく
○子の相手をしようと、
眠るベビ君を母に見ていてもらい
お庭遊びしたりしましたが、
おかげで腰が痛くて股も痛くて
しかも目も疲れた感じがして、
やっぱ産後なんだな~としみじみ実感です。

でも○子はいわゆる赤ちゃん返りして
下の子に対して敵意剥き出しにしたり
嫉妬したり叩いたりとか全然しないで、
それどころかベビ君がおっぱい求めて
ひえ~ひえ~と泣き出したら、
一緒になってひえ~ひえ~と
涙ぼろぼろ流して切なく泣き出し、
ベビ君がおっぱい咥えて落ち着いたら
一緒に泣き止み、授乳の様子を
目の前でじーっと見ているという、
なんか聖母みたいな慈悲深さを発揮してます(汗
ただベビ君が咥えているのと反対の
乳首を出すように要求して、
指先でツンツン突いてきますが(笑

ベビ君の授乳の様子を見ても「かわいーw」と
ベビ君を撫で撫でしたりしてるし。
もっと構ってちゃんになって泣き出したり
癇癪起こしたりすると思っていただけに、
この予想外の反応には嬉しいやら驚くやら、
君は本当にあの怪獣○子なのか……? と
別人説まで浮上してくる始末です(オイ

○子の寝かしつけも母がやってくれるというので
お願いしたのですが、母が「ねんねだよ」と言っただけで
素直に自分から母について行き、
居間を出るときはわたしに笑顔で
バイバイして寝室へ向かっていきました。
……あの聞き分けのいい子はいったい誰!?(オイオイ

まぁお庭に行きたいと騒いだり
食事中は落ち着かずにあちこち行ったり来たり、
さらには冷蔵庫バシバシやって食べ物を要求したりと、
いつも通りの我が儘ももちろんあるのですが、
ベビ君に対して攻撃的にならないだけすごいなと、
わたしとしては感心しきりなのです。
でも、だからこそ、そんな○子に甘えないで、
ちゃんと○子のことを見ていかないといけないな、と
改めて感じた一日でもありました。
ベビ君は、こう言ってはなんですが、今は
ミルクやおっぱいを与えておけば寝てくれるわけですから、
忙しいときは最悪ミルクだけ与えて寝かせておいて、
夜の授乳のときはちゃんとおっぱいもあげて
コミュニケーションとって、という感じで、
昼間はとにかく○子を見ていこうと思いました。
上の子がいる場合、下の子が一歳になるくらいまでは
上の子を優先で見ていくのがいいということです。
○子だってまだ一歳七ヶ月なんだから、
とてもお姉さん扱いはできない。
赤ちゃんがふたりいるくらいの気持ちで
接していきたいと思います。

……そして欲を言えば夜のこういう時間は
お仕事に当てられたらな~と思います。
とはいえ今日は長時間の移動や
久々の庭遊びでちょっと疲れてくらくらするので、
この記事を上げたらすぐに寝ます。
次の授乳は十一時頃、その次は三時頃、
そして朝起きたらまたすぐに授乳かな。
一度の授乳に最低三十分はかかるので、
体力つけるためにも寝られるときは寝ておきます~。

……あ、それとベビ君の名前ですが。
『○市』という名前になりました。
○のところにはきちんと漢字一字入ります(笑
市はそのまま『いち』と読みます。
○子ともども、よろしくお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL