TOP育児 ≫ ぶり返しの暑さはきつい

ぶり返しの暑さはきつい

ここ最近雨とかもあって涼しくなった、
と思ったら今日はまた34℃とかまで上がって、
暑くてじとじとしていてだるい~という感じでした。

おかげで寝不足続きのわたしは
眠いのはもちろん慢性的な頭痛やら
気持ち悪さやら未だたま~に襲ってくる
後陣痛という名の「ちょっと薬を飲もうかな」
程度の下っ腹の痛みにうめいたりしております。
もっと早く寝ればいいのにねと自分でも思う。
だいたい○市の授乳が夜の七時か八時頃にあって、
次の授乳となると十時か十一時頃。
そのあいだに○子を寝かしつけして、
○子と○市が寝ているこの時間こそが、
わたしに与えられた唯一の執筆時間だったりします。
なので一日で多くて二、三時間。少ないと
一時間取るのがやっとという状態なので、
筆の進みは、まぁ、遅々としてという状況になっておりますorz

また三時間おきの授乳のため
当然のごとく夜はまとまって眠れず。
昨日も十一時に授乳→十二時に就寝→
一時にまたおっぱいと○市が泣いて起きる→
授乳して二時に就寝→五時におっぱい(ry→
授乳してそのまま起きる羽目に、
という感じなので、実質眠った時間は四時間?
四時間も眠れれば活動できるよという方も
もちろんいらっしゃるとは思いますが、
もともとひとより寝ないと駄目なわたしは
最低でも七時間寝ないと翌日はグロッキー。
ということで、ここ毎日グロッキー状態です☆
新生児を持つママはみんなそうですけどね。

でも新生児のお世話だけなら
ぶっちゃけ全然楽なんですよね~。○市おとなしいし。
これが○子という一歳半児がいることで
やはり一筋縄ではいかない状態になっています。

やっぱり日数がある程度経ってきて、
○子も○市の存在にだんだん敵意と嫉妬心を
覚え始めたらしく。わたしがおっぱいあげていると
とことこと寄ってきて、○市の頭をぐいーっと
押しておっぱいから離そうとしてみたり、
ちょっとしたやきもちを表すようになってきました(笑
でもそれ以外のときは「かわいーw」と
頭を撫で撫でしたり足をさわったりして、
きちんと可愛がっている様子を見せるのですが。

ただ一度授乳を始めると、おっぱい後の
ミルクも入れて、だいたい三十分から四十分は
○市につきっきりになっちゃうので、
そのあいだに暇している○子が
あれこれぶん投げたりぶちまけたり
なにかして~といろいろ持ってきて渡したりと
動き回るのがとても大変です。
駄目と言ったところでやめるわけないし、
わたしはわたしで手を離すことも
素早く立ち上がって○子を止めることもできない。
おもちゃをぶちまけるぶんには全然
構わないのですが、たまにわたしのスマホや
母のバッグの中身を荒そうとするので、
そういうときは本当に困ってしまいます。

今日の夜はわたしも寝不足でちょいイライラしてて、
○子がテーブルの上に置いてあったわたしのスマホを、
なんと手ではなく足の指でタップしようとするのを見て
(恐ろしいことにテーブルの高さまで足を持ち上げて、
その足でスマホを操作、というか踏もうとしていました)
思わず「駄目でしょ!」と膝頭を結構強めに
バチンと平手で叩いてしまいました……(うなだれ

○子自身はその後も平然としていたけど、
叩かれた瞬間はやっぱり顔強張らせていたし、
わたしの手も痛く感じるほどだったので、
やってしまった……と激しく自己嫌悪でした。
子供に手を上げてもなにもいいことないのに。

寝不足と暑さでイライラしているんだなと
わかっているのですが、かといって
仕事時間を削って寝るわけにもいかないし。
まだ産褥期なんだから無理するなと
わかっているけど、切迫早産の二ヶ月の
ビハインドを思うと悠長に休んでなんか
いられないという思いも強く……
あのときは体調は悪くないのに
安静にせざるをえなくて
本っっ当~にストレスが溜まったから、
今は『仕事ができないというストレス』を
あんまり溜めたくないという思いがどうにも強くて。

でもそれが寝不足に拍車を掛けて、
さらには子供に手を上げるようになっちゃ、
なんの意味もないんだよね。

まして今は里帰り中で家事はやってもらえるけど、
使用済みの哺乳瓶とか汚れた着替えとか、
あとで洗おうと思って置いといても
いつの間にか母が洗ってくれているという
魔法のようなありがたさのおかげで
そこまで苦労している感じはしないけれど。
これ、自宅に戻ったら、わたしひとりで
全部やらなきゃいけないんだぜ?(汗
旦那君はまたシフトが三交代制に戻ったから
あんまり当てにできなくなるし……

こんな状態でふたり育児をできるのか? 自分。

……死なない程度に頑張ろう。うん。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL