TOP育児 ≫ 最近の○子と○市

最近の○子と○市

獰猛な王は花嫁を愛でる (プリエール文庫)

新品価格
¥630から
(2015/10/2 00:15時点)



大誠社プリエール文庫刊
『獰猛な王は花嫁を愛でる』

<あらすじ>
王女の身で国政に励み、武術や乗馬も嗜む少々勝気なエルレインの許にいきなり飛び込んできた結婚話。
相手は野蛮な傭兵たちの国をまとめるオズヴェルト王!?
戦場では猛者として名が知れ渡る、荒々しい外見どおりの不遜な男と結婚なんて…。
だが初対面こそ最悪だったものの、王としても男としても堂々たる逞しさを誇る彼は魅力的で――
相性抜群の身体に求められ快楽を知り、つい小言を吐きそうになる口をキスで塞がれて。
彼から向けられる情欲を嬉しく思う自分に戸惑い…。

2015/10/23発売予定
予約受付中→【Amazon】【honto】

***

前回のブログで今にも死にそうな精神と肉体を
語っていた佐倉ですが、翌日お天気が
ぱーっと回復したと同時に嘘のように
頭痛も腹痛も治まって気力を取り戻しました。
どうやら気圧の関係で体調不良起こしたらしい……
これまで天気で体調が変わることなんて
経験したことがなかったからびっくりしました(滝汗
これが産後のホルモンの関係でそうなるのか、
あるいは出産によって変わった体質でそうなるのか
わかりませんが、もし後者ならこれから一生
ついて回る症状になる気がしてまったく嬉しくありません。

長い目で見れば女性は出産したほうが
身体にはいいみたいよ~なんて聞かれますが、
いやいや、いいことばっかりじゃないよ。
少なくてもわたしは出産によって痔という
厄介な症状とお友達になることになりました。
このお友達は忘れかけた頃にひょっこりやってきて、
さっさと帰って欲しいのにとこっちが思っているにも
関わらず、長々とお尻のあたりに居座り、
ようやく去っていった~と思ってもまた必ずやってくる、
実際にいません? そういう厄介な知り合い、
みたいな存在として永遠にお付き合いする羽目になるのです。
○市の妊娠中は疎遠になっていたのですが
出産後またお友達として寄り添う羽目になりました(白目
体重は戻りつつあっても腹の肉はたるんだままだし
妊娠線始め茶色のあとがそこかしこにあるし、
手荒れや踵の角質なんかもかなりひどくなって、
一気に年を取った感が否めなくて本当につらいorz


といろいろ白目剥いてあがいているママのそばで
ふたりの子供たちはのほほんと育っております。

一歳にしてお姉ちゃんになっちゃった○子。
月齢的なものもあるかもしれませんが、
このところとてもいい子で、こちらの言うことは
もう全部わかってくれるし、~しなさいと言えば
すぐには動かなくても、根気よく待っていれば
その通りに動いてくれるようになりました。
もちろんそうじゃないことも多々ありますが。
この頃は○市にミルク上げているときとかを狙って
ベビーベッドによじ登って、端に置いてあるオムツとか
ティッシュを散乱させてくれるのに困っております。
落ちたら危ないでしょとか叱っても、実際に
落ちたことないから実感湧かなくて
「なんで?」って顔でしれーっと乗り続けているし。
○市を寝かせるから退いてと言うとすぐに下りるけどね。

それとこの頃は畳んだ洗濯物を持っていったり
食べ終えた食器を流しに持っていったり
お手伝いも頑張ってくれています。
前者は本来しまうところと別のところに放り込んで
ぐしゃぐしゃにして、後者は持っていく途中で
食器が斜めになって残り汁が床に垂れたりと
さんざんな被害を出してくれますが、まぁ、そこは一歳児。
お手伝いしようとしてくれるその心意気だけでも
買っておかないとね? ね?(白目

こっちが「だめっ!」と強気に叱ると、
「んもー」と不満の言葉を口にしつつ
渋々あきらめるのが可愛くもあり憎たらしくもあり。
毎日「あーし、あーし」とアイスを求め
冷蔵庫を叩くのもまぁ~ストレスになったり。
「ばっ、ばっ」というからバナナのことだと思い
冷蔵庫を開けてやれば実際に取り出すのは
ヨーグルト。本人が自分で食べるというので
スプーンを持たせてやれば案の定あちこちべったべた。
そしてそういうときに限ってわたしは
○市にミルクあげてたりして動けなーい。
結果、被害は甚大。わたしのHP激減。

けれど最近洗い物しているときとか
足に抱きついてくるようになったのが
なんとも可愛いw(邪魔でもあるが
向こうから走ってきて背中にぎゅーって
抱きついてくるのも可愛いw(痛いのだが
なにより○市のことを毎日「かーいいw」と
なでなでして可愛がっているのが
一番可愛らしいですw


○市はそれに輪をかけて可愛いw
もともと手のかからない子だし、
ビッグに産まれてビッグに育ってくれているので
外に連れ出すのもさほど難しくないのがプラス点。
抱っこ紐の中でもおとなしくしてくれております。
そして産まれたときからふさふさだった髪の毛が
今やほうきのようにツンツンしていて
散髪を考えるほどなのがすごいところです(汗

どうしても上の子優先の信条のもと
ミルクタイムでもママに目を合わせてもらえない
可愛そうな子ですが(ママの目は○子に向けられている
こちらがにこっと微笑みかけると
にこにこ~w と笑い返して「あう」とか
「ふう~」とかお語りしながら手足を
ぱたぱたさせるのがもう超絶かわええええええw
とママの心をきゅんきゅんさせてくれるのです。
男の子だからかなあ? 小さい恋人気分?
第二子のため育児のノウハウがなんとなく
わかっている余裕もあるから、よけいに
可愛いと思えるのでしょうね。○子だってこの頃は
手のかからない子だったのにここまで
かわええええええw 状態にはならなかったし。
なんか初孫に喜ぶジジババはこんな心境なんだろうな
っていうのを感じる今日この頃。

ちょっと前まで便秘がちで心配してましたが、
ミルクの量が増えたせいかうんちも
一日か二日に一回とリズムができてきました。
おっぱいは張ってきて痛いなというときだけ
吸ってもらう感じで。時々乳頭混乱起こして
泣きわめくので主に寝ぼけているときに
おりゃっと咥えさせております(苦笑

ということでわりかしなんとかなっている
年子姉弟とママの記録でした。

そしてママは原稿に向かいます。
あと一時間くらいは昼寝してていいからね、
と子供たちの枕もとで囁きつつ……
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL