TOP育児 ≫ ふたり育児は大変よ

ふたり育児は大変よ

書籍プレゼントへの多数のご応募、
本当にありがとうございます!
中には温かいコメントを添えてくださる方もいて、
励まされたり感動させられたりしております(感涙
早々に全作品とも抽選となることが
決定いたしましたが、
まだまだ受けつけておりますので
引き続きよろしくお願いいたします。


さて、天気のせいなんだか
くる気配を匂わせながらいっこうにこない
生理のせいなのか、また体調不良が
続いている佐倉でありますorz
なんだかいくら寝ても眠くて怠くて
頭痛いしお腹痛いし腰痛いし
子供の声聞くだけでうがーっとなったりと
いろいろ忙しい今日この頃。
世の中は羽生選手が天文学的点数を
叩き出してすごいことになっていたり、
水木しげる大先生があちら側に取材に行かれたりと、
着実に動いているわけですが。


このところ○市が夜中に二回か
三回くらい起きるので、そのたびに
寒い中ミルク作りに起きるのが
なかなか大変でしてね……(ガタブル
その○市はこの頃よくお語りするようになり、
起きているときでも「あ~う~、あう、やぁ~う~♪」と
なんか機嫌よさげにお喋りしております。
ただこのひとり語りが相づちもなにもない
本当にただのひとり語りのままにしておくと、
なんか途中で寂しくなっちゃうのか、
だいたい五分後くらいには「ふええええっ」って
感じの泣き声に変わっちゃってて
「あれ? 機嫌よかったんじゃないの?(汗」と
ママをびっくりさせてくれます。
夜泣きはないのですが(夜起きるときは
鼻をぷすんぷすん鳴らすくらいで
さほど放置しなければ泣くことはない)
夕方になると黄昏泣きと眠たい泣きが出てくるのか、
早いと五時過ぎくらいから機嫌が悪くなって
泣きっぱなしになりますね。大体はミルクとか
飲ませれば落ち着くのですが、ちょうど
夕食時に重なるので対応がなかなか大変。
○子にご飯を食べさせているときとかに
匂いをかぎつけてかぱちっと目を覚まし、
それから自分もなんんか食べたい~!
とばかりに泣き出すので、こっちとしては
「ちょっと待ってて~!」とやはり泣きたい気分です(笑
○子も自分でスプーンとか持たせてあげて
できる限り食事をさせてあげたいと思うのですが、
○市がこんな状態で、しかも自分でさせると
もれなく周りが汚れまくるという難点もあり、
結局早く食べさせるために汁物とかは
わたしがスプーンですくって飲ませる、
みたいな形になっちゃって、いっこうに
自分で食べてもらうということができないでおります。
パンとかおにぎりなんかは自分で手づかみで
食べさせちゃえるので楽なのですが。

こんな感じで日々泣き声や要求に
振り回されて終わっております。
片一方の用事が終わるともう片方が
新たな用事を言いつけてくる感じですね。
朝、○市の泣き声で起こされ、
ミルクの前におむつを替えようとおむつ替え。
ついでに○子のおむつも替えようとするも
本人いやがって居間と台所をちょこまか
駆けずり回って逃走。追いかけながら
おむつ替えと着替え。そのあいだずっと
ミルクを求め泣き続ける○市。
着替えが終わり○市にミルクをあげる。
そうすると○子がバナナとヨーグルトを求め
「バ! バ!」とわたしを冷蔵庫に引っ張っていこうとする。
わたしはミルクをあげている途中なので動けず、
はいはいと適当にいなしながらようやくミルクを飲ませ、
今度は○子に朝ご飯代わりのヨーグルトを食べさせ、
そのあいだ落ち着かない○市はまた泣き続け、
○市をあやしながら今度はミカンを食べたいという○子に
ミカンの皮を剥き剥きしてやり、○市の追加分のミルクを作り、
落ち着いたら洗濯機を回し洗い物をし、
自分の着替えをしてまた○市が騒ぎ出すので相手をして、
今度は○子が一緒に遊んでくれと騒ぐので相手をして、
洗濯物が洗い終わったらふたり分の遊んで遊んで泣きを
はいはいとやり過ごしながら洗濯物を干し、
○市を寝かしつけて○子と一緒に遊び、
そうこうしているうちに昼食の時間になるので
旦那君を起こして朝食兼昼食を食べ、
洗い物をして旦那君を送り出し、そしたら
○市がまた起き出すのでミルク飲ませて、
お昼寝したらわたしの体力が尽きる前に
晩ご飯の用意をして……(ry

……こうして改めて書き出してみると
わたし休憩してる時間ねーじゃん、と
びっくりしたorz うふふ、ワロエナイorz
もちろん夕方になったらなったで
洗濯物を取り込んだり○市の黄昏泣きに
対応したり夕飯食べさせたりお風呂入れたり、
寝かしつけの八時を迎えるまで常に
フル稼働状態ですよ、あはははははh
今日もお風呂上がったと同時に○市は
火がついたように泣き出し、早く
ミルク飲ませてあげなきゃー、と思う一方、
風邪引かせないために早く○子に
服を着せなきゃ、と思っているので、
先に○子を捕まえようとするのですが、
まー、裸のまま逃げる、逃げる。
おむつはもちろん服の袖を通させるだけで
居間と台所をどんだけ往復しているのかという感じ。
無理やり捕まえて着せようとするとこっちも
火がついたように泣き叫ぶので、
下手すりゃこの世の終わりみたいな泣き声が
ふたりぶん響き渡る羽目に陥ります。
今日も○市は寝床に行くまでの十分間
しゃっくり上げながら泣き叫んでいましたしね。
もうそろそろご近所様から虐待の疑いかけられて
通報されてもおかしくないレベルになってきたと思われorz
前触れなくおまわりさんがピンポンしてきても
取り乱したりしないよう心の準備をしております……

この頃は旦那君が店舗での接客から
経営のほうに回ったおかげで勤務時間が
毎日ばらばらになり、朝の八時に出て行くこともあれば
昼過ぎに出て行くこともあり、帰りも早ければ五時、
遅ければ朝方の三時、と、もうなにがなんだか、
という感じなのでよけいに疲れちゃってorz

体調不良も重なってせっかくの新作も
まるで書けないのがなんともつらい……
こうしてブログ書くのすら億劫なんだから
いろいろ末期感が漂いますね(遠い目
でもいざ書いてみたらちょっと眠気が
覚めてきちゃったので、今からでも
書けるだけ書いてみようかな。
と言いつつ、いざ書こうとしたら眠くなりそうな予感。
人生ってそんなもんよね(白目
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL