TOP育児 ≫ 四ヶ月検診

四ヶ月検診

ここ二、三日、夜の寝付きが悪くなってきた○市君。
基本、ミルク飲めばそのまま夢の国へ~、だったのですが、
最近は飲んでもすぐには寝ずにずっと
ふがふがふーふー言って手足バタバタさせて、
先に寝た○子がうるさくて起きやしないかと
はらはらさせられっぱなしの佐倉ママです。
今日は旦那君に寝かしつけお願いしましたが、
眠れない○子が脱走したり○市もミルク足りずに泣いたりで、
結局○子が寝るまでわたしも一緒に寝かしつけ。
それが落ち着いて、さて風呂でも入るかと思ったら、
今度は○市が火がついたように泣き出して起きて。
その隣で寝ている旦那君。むしろよく寝ていられるな。
再びミルクを飲ませて寝かしつけ……結局
わたしがふたり寝かしつけやってるんじゃんw

そんな旦那君は今寝床から這いだしてきて
わたしの隣でモンスト中。
お兄さん、嫁さんが隣でお宅の悪口
Web上にぶちまけておりますぜ? 大丈夫?
つーかわざわざ起きだしてモンストやる
元気があるならきちんと寝かしつけやってくれ
つーかそこにいられると集中できなくて
執筆作業ができないんだようんぬんかんぬん……

育児にきちんと参加してくれるイクメンなのに
こうして悪口書かれているなんて不憫な旦那様だこと。


そんな旦那君に○子を預け、
今日のわたしは○市の四ヶ月検診のため
市の保健センターへ行ってまいりました。
だいたい午後の一時とかに始まるのですが、
今回は朝の九時半からの受けつけ。
バタバタな朝のおかげで○市に
ミルクをあげられなかったけど、
まぁ騒いでないし、六時頃に一回200近く
飲んでるから耐えられるだろう、と見て
ミルクの準備をしつつそのまま突撃する鬼畜ママ佐倉。

ちょうど九時半に到着しましたが
すでに何組かが面談を始めており、
わたしは十番目の受けつけ。
最初は問診票と照らし合わせつつ
保健士さんとの面談。
他のママさんが体重が~、発育が~、
母乳が~、と心配そうに話すのが聞こえる中、
「ミルクもちゃんと飲むしうんちもちゃんと出るし、
首据わりもして寝返りの練習も始めてて、
特に苦労していることはなんにもないです」と
答えると、「やっぱり二人目のお子さんで、
育児の流れがなんとなくわかっているから、
お母さんも余裕がある感じがしますね」と言われ。

実際に○子のときはいろいろ心配だった気がするけど
○市はおとなしい上に手がかからないこともあり、
……というかこれから動き出すと大変だということが
嫌になるほどわかっているから、逆にこれ以上
成長しないで欲しいと思います、と割と本気で言ったら、
「あああ、そうですよね~……」と、なんか
『心中お察しします』みたいな雰囲気で返されて、
わたしのほうが笑ってしまった(苦笑

まったくもって問題なくささっと身体検査に移り。
一ヶ月検診以来測る体重は7.5キロになっておりました。
体重もそうですが身長も成長曲線内の
真ん中よりちょい上くらいの大きさ。
平均よりはちょっと大きいサイズという感じですね。
実際集まっていた赤ちゃんの中じゃ
でかいなぁ~という感じがしましたホントにorz
髪の毛もなんかぼっさぼさ生えてるし。
隣に座った女の子(髪の毛少なめ)のママさんに
「こんなにふさふさでうらやましい~!」と言われたけれど、
むしろこんだけ伸びてると邪魔でしょうがない、と
いう本音を言えるはずもなく、いえいえそんな~w、と
お茶を濁すしかないこの微妙な感じが
なんとも苦手なママ佐倉であります(汗

その後は小児科の先生に身体を見てもらい。
問診のときも測定のときも、この先生との
やりとりのときでさえ声ひとつあげずに
ひたすらにこにこしている○市。
お、おかしいな、○子は体重計乗せただけで
うわーんっていやがっていたし、
小児科の先生見ただけで泣いてて
八ヶ月検診のときはえらい目見たのに、
○市はどうしてこんなに楽しげなの、と
ママは安堵よりもむしろ混乱の極み(汗
小児科の先生からも「まったく問題なし」と言われ、
なにか相談したいことは? と言われても
まるで浮かばず、さっさと終了して、
ご機嫌な○市を抱っこして待合室へ戻り……。

ここで少し待たされてからまた保健士さんと
少しお話し、という流れがわかっているので、
この待ち時間のあいだにミルクを飲ませようと思って
ミルクを作ってみるも、ほんの60飲んだくらいで
そのまま寝落ちした○市(滝汗
周りのママさんは子供が退屈しないように
語りかけたり絵本読んだり、泣いちゃった我が子を
頑張って立ち抱っこであやしたりしているのに、
わたしは熟睡してしまった○市を座布団の上に寝かせて、
自分は身軽なまま余所の子たちをぽーっと見ておりました。
……暇だ。暇すぎるorz
なまじ室内が暖かくなっているせいで眠いし。
よくこの「赤ちゃんを泣かせないようにしなきゃ」という
ママさんたちの緊張がビンビン伝わってくる空気の中で
熟睡してられるよな~、うちの○市は。
と感心していいのか悪いのか
よくわからない心境のまま呼ばれるまで待っておりましたorz

そうしてようやく保健士さんに呼ばれて行くも、
やはり抱っこ紐の中で熟睡したまま起きない○市。
その様子とわたしの特に苦労している様子も
なさそうな言動から、特に話すこともないと思われたのか、
離乳食の説明なども軽~く流され、終わった最終面談。
今回検診にきた親子の中でも
たぶん最短時間でセンターをあとにした
わたしと○市なのでありました。
なんだかなー。

まぁなにも問題なく順調に成長しているようで
ひとまずよかったです。健康が一番。
このところ寝付きが悪いのも、まぁそういう時期ってことだし。
この、『そういう時期だから』と軽く流せるようになるのが、
一人目と二人目以降のママの違いだな、としみじみ思います。
一人目はもうとにかくすべてに必死だし
なにかあると心配するし、なんでなんで? って
半べそになるものですが、それを一度経験していると、
まぁこれくらいの時期はこんなもんだね、とか、
そのうちできるようになってるからな~、と、
ある意味おおらかというか、いい加減というか、
どーんとした心持ちでいろいろなことに当たれるわけです。
これが周囲の人から見ると「余裕を持っている」感じに
見えるわけなんでしょうね。実際は心にゆとりがあっても
身体のほうは確実に疲れているんですけどねorz
ましてここ数日は○市に夜中何度も起こされて、
そのたびにミルクやらおむつ替えやらなので、
なかなかどうしてしんどい日も続いております。

でも眠りに関しては一歳過ぎるまでは仕方ない。
そのうちまた夜ぐっすり眠ってくれる時期がきて、
あー、楽になったと思ったら、また眠ってくれない時期がくる。
一歳を過ぎるくらいまではそういう睡眠周期だから仕方ない。

……とはいえ寝付きはよくなってほしいなぁ。
夜八時に寝かしつけ開始しして、
結局寝るのが十時とかだと、
いよいよわたしの執筆時間は危機的状況に!
執筆できないと気分転換もできないから
それこそ余裕も喪う育児ノイローゼへの
道が見えちまうぜマジで困るorz

ひとまず今日は寝ます~ノシ
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL