07
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

祝・二歳!

先日の20の日に○子が二歳の誕生日を迎えました~。
イエーイ、二歳~。魔の二歳児~。これからまた大変~。
そう思うと素直に成長を喜べないわたしって
もはや冷たいを通り越し薄情だと思う今日この頃。

いやいや、本当によく育ってくれました。
この頃はしつけどころか、もう適当に過ごしててくれりゃ
なんでもいいわとばかりにいろいろ放置気味で、
食事も朝はあまり食べないからヨーグルトと
バナナとみかんで終わりにして、
昼は下手すりゃ菓子パンはいって手渡すだけ。
唯一夜はきちんとわたしも作るので
○子にもおにぎり作ったりするのですが、
基本大人と同じおかずを食べさせているし、
味付け濃いのとかばんばん上げちゃってますorz
カレーもバーモンドカレーの中辛を
美味しそうに食べているしな。
でも一番好きな食べ物は納豆というねorz
いや、健康的でとてもいいと思うけどね。うん。

一歳の誕生日の頃は移動手段ははいはいでしたが、
今はもう二本足で階段の上り下りもすたこらできます。
走るのもしゃがむのもよじ登るのもいい感じにできます。
でんぐり返りはできませんが、立った状態で
身体を前に倒して、足のあいだから背後を見るのはよくやってます。
その状態からでんぐり返しやろうとして失敗して
あらぬところにガンッとぶつかり、びえええとわめきますが、
せいぜい十秒でけろっとしてまた遊び始めます。
ジャンプはまだできませんが、身体を上下に
激しく弾ませるのはよくやっております。
そろそろ足が地面から離れるかな~、という感じ。

動物が大好きです。テレビに可愛い犬や猫が映ると
「あ~、かぁわい~w」とラブリーな声で悶えてます。
鳥も大好き。外から聞こえる音に敏感で、
犬の吠え声を聞けば「わんわん」、
鳥の鳴き声を聞けば「ぴーぴ」、
救急車の音が聞こえれば「ピーポーピーポー」と
その場で繰り返しております。
でもなぜかカラスの鳴き声を「わんわん」と言います。

まだ後追いがあるようです。パパのことはもう
「パパはお仕事だよ」と言えば「らっしゃ~い!(いってらっしゃい)」
「ばいば~い」と笑顔で送り出すことができるようになったのですが、
ママは姿が見えないと「あり(あれ)? ママ? ママどこ?」と
不安そうに呟いてわたしのことを探しにきます。
ご機嫌でテレビ見ているからこの隙に料理しよう、と
わたしが台所に移動すると、ママ―と言いながら
おもちゃ道具一式を抱えて台所にやってきて、
わたしの側でひとり遊びをしております。
パパがお休みの日は子供たちを見てもらって、
わたしひとりで買い物に行こうとするのですが、
パパとご機嫌で遊んでいても「じゃあ行ってきます」と
わたしが出て行こうとすると、即座に飛んできて
一緒に連れていけええええと泣きわめきながら
ついてこようとします(無視してママは出かけますが)。
家を出ても聞こえてくる大声の泣きわめき……
いったいいつになったら後追いってなくなるんだろう(遠い目

言葉もずいぶん出てきました。
先にも書いたように二語もそこそこ増え。
だいたいは「ママ、どこ~?」と
「ママ、いたー!」が主流です(笑

色はすべて「きいお(きいろ)」と言います。
青いブロックを取り出して「きいお」と言うのに
「青だよ」と訂正してやると「あお」と言い直し、
でもまた「きいおー!」と言って青いブロック
掲げていると言うね。赤いブロックも
緑のブロックも全部黄色。

また水が溜まっているところは
もれなくすべて「おふお(お風呂)」と言います。
そこらへんにできる小さい水たまり、
テレビに映る海、池、川、プール、水槽、
みーんな指さしては「おふお!」と叫んでいます。

女の子らしく可愛いものが大好きです。
可愛いと言われるのも大好きみたいです。
「お口の周り荒れてるからお薬塗るよ」と言うと
「イヤ。」と言ってすたこら逃げていきますが、
「このお薬塗ると可愛くなれるよ♪」と言うと、
にこにこ笑いながらおとなしく薬を塗られてくれます。
食事中テーブルに足を乗っけるのを「だめ!」と言っても
またすぐにやりますが、「足乗っけたら可愛くないよ」と言うと
足を乗っける頻度が格段に下がります。
「ほら~、可愛いお洋服でしょ? これ着て可愛くなろうよ♪」と
言うと、嫌いなお着替えも「しゃ、しゃーねーな、
それなら着替えてやんよ、ふふん」みたいなノリで
比較的おとなしく着替えさせてくれます。
いずれもきちんとやり終えたら「えらーい、可愛いー、すごーいw」、
挙げ句の果てには「○子ったら天才~w」とまで褒めまくって、
娘にドヤァって顔をさせているアホなママはわたしです(遠い目

自分思い通りにならないときは泣いたりわめいたり。
基本的には駄目なことは駄目、で終わりですが、
○市のミルクのタイミングでみかん食べたいとか
言うのに対し、「今は駄目。○市のミルクが先」と
ぎゃんぎゃん大泣きしている○市を優先するときは
こちらも良心が痛みます。
わたしがミルクあげているのを見ながら
みかん、みかん~と泣きつつ、わたしの腕を引っ張って
なんとか冷蔵庫まで連れていこうとする○子を見ると
ごめんね~、という気持ちでこちらもいっぱいに。
けど実際にミルク上げ終わる頃には○子も
けろっと泣き止んでひとり遊びに夢中になっていて
みかんのことなど忘れていることも多いのですが。


そして誕生日当日。ケーキしか買わない
ケチなママとパパに変わって、義両親が
どーんとジャングルジムをプレゼントしてくれました(汗
以前ブログでも言っていた折りたたみ式の
アンパンマンのジャングルジム!(滝汗

誕生日の五日前くらいに義実家から旦那君に
「プレゼントの希望ある?」と連絡がありまして。
わたしは以前ブログで書いたとおり
ジャングルジムが欲しいと思っていましたが、
さすがにうん万もするものを義両親に頼むのは躊躇われ、
おままごとセットとか知育おもちゃとかがいいな、
と旦那君に伝えておりました。
ジャングルジムはいずれわたしたちで
買おうね、という結論も出した上で。

しかし届いたのは欲しいなと思っていたジャングルジム(汗
「もしかしてジャングルジム欲しいって
お義母さんにお願いしたの?」と旦那君に尋ねると、
「いんや~。こっちがなにか言う前に
向こうが『ジャングルジムどう!?』って
聞いてきたから、『あ、じゃあそれで』って答えた」
という旦那君(汗 お願いしてるじゃん(滝汗
とはいえありがたくいただくことにして……。
ただ届いたのが夕方で、こいつを組み立てるには
ベビーベッドを解体する必要があるので、
旦那君の次の休みのときに解体&組み立てを
実行したいと思います。次の休みはクリスマスイブ~♪

でもその日の午前中は○市が予防接種だ……
四種混合の三回目……クリスマスなのに気の毒な……orz

まぁ四ヶ月児じゃクリスマスのなにもわかんねぇか(遠い目

ということで思いがけないビッグなプレゼンとともに
○子の誕生日は無事に過ぎていったのでした~。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

佐倉紫

Author:佐倉紫
『ベリー・ウィッシュな日々』
育児他、日常のつれづれ日記。
時々Web小説の更新情報。
商業紙などのお仕事情報。


―佐倉紫(さくらゆかり)―

一月生まれ。水瓶座。
夫、娘○子(三歳四ヶ月)、
息子○市(一歳九ヶ月)と
ほのぼの四人暮らし。

TL作家として既刊あり。

ムーンライトノベルズ様
にて同名義で活動中。


↑ランキング登録中

ツイッター

商業誌紹介


『ロゼリア姫は逃げられない。1』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『ロゼリア姫は逃げられない。2』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『マイフェアレディも楽じゃない』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『騎士侯爵の優しい策略
 ―花嫁の初恋―』
ブライト出版〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『愛されすぎて困ってます!?』 アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『獰猛な王は花嫁を愛でる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『白薔薇は束縛にふるえる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる