TOP育児 ≫ この頃の子供たち

この頃の子供たち

お仕事中の一休みなブログ更新。

めっきり暖かくなって公園に毎日繰り出しております。
○子の帰らない泣きに対抗すべく、なにか
良案はないかと検索魔になって調べたところ、
「とにかく遊びに行く前に『何時に帰る』などと決めて
子供と『約束』をする。『時計の短い針が
ここにきたら帰る』などと図などを用いて子供に説明したり」
「そしていざ帰るときになったら『帰ったら○○するよ~』などと、
自主的に帰りたくなるような言葉をかける。
このときお菓子でつるなどの方法もあるが、
そういったものは効果がなくなるのが早いので、
できれば親子でできる体験などを言ったほうがいい。
あるいは『帰ったら抱っこしてあげるよ♪』みたいな
ご褒美をあげるほうがいい」……などという結果が。

さっそく翌日からレッツ・トライ。
我が家にはアナログの時計がなく、
わたし自身腕時計など持っていないので、
スマホの画面を見せつつ「この数字が3になったら帰る」と
言って車に乗り込む。公園について車から降ろすときも
「ママが帰るって言ったら帰るからね」と念押し。
結果、帰るよ~、と言ったら「いやいやいやいやいや!」と
拒否しまくった○子だが、前日より多少楽に帰れたかも。
むしろその後にわたしが言った「帰ったらぶどう食べよう!」
というのが大きかった気がするけれども(ちなみに「ぶどう」は
果汁グミ葡萄味のことです。一度わたしが食べているのを
食べたら大変気に入ったので、一日一個限定であげてました)。
食べ物で釣るのはよくないと言ってもやっぱり
限定のお菓子は二歳児相手でも効果的だったわ……
だが素直にわたしのそばにとてとてと歩み寄ってきたのはいいものの、

○子「あっこぉ?w(訳:抱っこして)」

と要求してきたのには、軽く「( ̄∀ ̄#)」って気分になったわ(イラッ☆
仕方ないから○市の抱っこをちょっと横にずらして
○子をさらに抱っこして歩いたよ。○子は喜んでいたけど
潰される形になった○市は唇への字にして
眉間に皺を寄せていたよ(それでも嫌がらずに
黙って耐えているところに○市の男気を感じた)


そしてそんな○子もこの頃はなんとか
スプーンやフォークでものをすくったり刺したり
できるようになってきたので、専用の食器を買って
もうちょっと食事に興味を持ってもらおうと、
今日はアンパンマンのお皿とコップを買いました。
コップはコップ飲みの練習用で、今日さっそく
麦茶を注ぎつつやってみたら、ぼたぼたこぼしつつも、
自分でコップを飲んで傾けて飲むということを
頑張ってやってくれました。これからは
おやつの時間あたりにコツコツ練習していこうかと思います。
本人もアンパンマンに力を得てにこにこしながら
チャレンジしてくれているので。気分が乗っている
今のうちになんとかマスターできるように……!


一方の○市は寝返りをマスターしました。
この頃は仰向けに寝かせると三秒後には
うつぶせになってみせるのがセオリーになっております。
ただうつぶせから仰向けになる寝返り返りは
十回のうち一回やればいいほうで、ほとんど見ません。
そして寝返りも寝返り返りも一方方向にしかできません(笑
必ず左手側にごろんとひっくり返るんです。
反対側もたまにチャレンジしていますが、
身体をねじった状態で数秒間静止しています(笑

そしてここ一ヶ月くらい黄昏泣きがひどい。
だいたい六時前後の一時間くらいのあいだに
すごいギャン泣きが始まって、七時に寝つくまで
ひたすらずーっと泣きわめいております。
ちょうどその時間は夕食時で、わたしも
用意したり片付けたり、就寝に向けての準備もあり
ばたばたしていて、なかなか構ってやることもできず、
ほとんど放置されていてかわいそうなくらいです。
でも○子も同じ時間に寝室に連れて行くので、
やっぱりそっちも歯磨きさせたり着替えさせたり~、となると、
あきらめて泣かせておくしかなくて(涙
ご近所さんもだいたい同じように夕食を食べて
くつろぎ始めている時間帯だけに、赤ちゃんの
泣き声をとどろかせておくのはものすごい抵抗があるのですが、
致し方ないところもあり……とママとしては
毎日心が痛む時間帯となっております。

……とはいえそうやって泣かせておけば疲れるので、
その後の寝かしつけがころっとうまく行くという利点も
あるといえばある、という下心もあったりするんですがねぇ……
こんなゲスいママで申し訳ないorz


そんなママのもとでも健やかに成長している
子供たちはある意味偉大な奴らだなぁと思いつつ。
明日は旦那君がおやすみなので、
○子の公園行きはお任せして、
わたしは○市とスーパーと銀行と
100均とマツキヨをはしごする予定です(笑
(全部同じ敷地内にあるからホント便利w)
作家業はもちろんですが、
主婦業・ママ業もそこそこ頑張ります。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL