07
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

成長と言うより進化に見える

寝不足で頭が回らないみたいですorz
原稿見ていても眠くなる一方なので
いったん気分転換にブログを更新。

数日前に○子専用のコップとお皿を買って、
コップを使ってコップ飲みの練習を始めました。
おやつの時間に麦茶をちょっとずつ注いでレッツ・トライ。
もうずっと前からコップ自体には興味があったので、
大好きなアンパンマンが描かれたコップは
すぐに大好きになってくれたらしく、
飲み物を注いであげるとそれだけでテンションが上がり。
「こうやって飲むのよ~」と口元に持っていくと
必ず舌を出してそれで飲み物をすくい飲もうとするので、
最初のほうはとりあえずコップを下唇に
乗せることに終始する羽目になりましたorz

けれど子供って柔軟なのか、下唇に
わざわざつけてやらなくても、とりあえず
コップを傾ければ中身がぼたぼたと
こぼれていくのを学習してからは、
特になにも言わなくてもきちんとコップを
唇につけて傾けるようになっていきました。
半分くらいぼたぼたこぼしタオルエプロンを
汚しつつも、コップをからにすると
満面の笑顔で「いっかーい!(もう一回)」と
叫ぶので、そのたび麦茶をちょいちょい足し……

三日経った今日ではずいぶん上手に
飲めるようになってきました。なので今日の
夕食から飲み物はマグではなく
コップに注いで飲んでもらうことに。
相変わらずちょいちょいこぼしていますが、
まったく飲めなかった頃に比べれば格段の進歩。
始めて見る旦那君も「すごいじゃん!」と絶賛して、
○子はすっかりいい気分になっていました。

コップだけでなくスプーンやフォークの使い方も
だいぶマシになってきたようで。これまで
スプーンとかでなにかをすくうと、
口に入れる寸前ですくったほうを逆さにしちゃって、
せっかくすくったおかずがぼろっと
こぼれ落ちちゃってたんですよねー。
今もたまにやっていますが、それでも口の中に
しっかり入れてから手首を返しているから、
おかずが外に落ちることはないという。

そんな○子を視界の端に捕らえつつも、
○市にお粥をあげるわたし。
○市も毎日与えられるものを
従順にもりもり食しております。
口に入れた瞬間必ずしかめっ面をするの、
あれはどういう意味なんだろうと思いつつ。

とにかく○市は用意された分をもれなく
全部食べてくれるし、○子も褒められるのが
嬉しいのか、今日用意したチキンカツも
ポトフもかぼちゃの煮物も、全部自分から
「こえっ!(これ)」と指さして食べる宣言して、
お皿に盛ってあげたらきちんと自分で
刺したりすくったりして食べてくれた!

モー娘。OBの辻ちゃんが子供が
お弁当を残さず食べてくれたー! って
いつだかブログで嬉しそうに報告していた
気持ちが今ならめちゃくちゃわかる。
自分が用意してくれたものを子供が
残さず食べてくれるって涙が出るほど嬉しい。
まして人参をもぐもぐと「おいしー!」って
叫びながら食べているのにママは心から感動したよ。
ママ人参が嫌いなのに! 大人だから食べるけど、
嫌いなのに! 未だ美味しいってちっとも思えないのに、
○子は美味しいって食べられる! 偉すぎる!!!
(←感動するトコそこか? って突っ込みはさておき 

なにはともあれ、○子も○市も食事に関して
確実に1UPしている感じが伝わってきて
ママとしても安堵しているところです。
成長したなぁ……というより進化しているな、
と思うことのほうが多いかもしれないです。


なんでもそうですが、
できないときは「なんでできないんだー!」と
悶々として、いざできたときは「できたー!」と
狂喜乱舞して、ふと喜びから醒めて
振り返ってみると、「あ、もうできない時期には
戻れないんだな……」と不思議な感傷にとらわれる。
育児をしているとこういう場面に突き当たることが少なくない。

もうちょっとお世話したかったな。
もうちょっと赤ちゃんぽいところを見たかったな。

いざお世話していたときはいっぱいいっぱいで
苦しくて泣きたくてイライラして死にそうになって、
「日本死ね!」なんて生ぬるいわっ、「地球滅びろ! バルス!」と
世界中全部呪いたくなる気持ちになるときもあるってのに、
喉元過ぎればなんとやら、いざ手が離れていくと
途端に寂しさを感じてしまう。

母親ってホント身勝手な生き物よね。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

佐倉紫

Author:佐倉紫
『ベリー・ウィッシュな日々』
育児他、日常のつれづれ日記。
時々Web小説の更新情報。
商業紙などのお仕事情報。


―佐倉紫(さくらゆかり)―

一月生まれ。水瓶座。
夫、娘○子(三歳四ヶ月)、
息子○市(一歳九ヶ月)と
ほのぼの四人暮らし。

TL作家として既刊あり。

ムーンライトノベルズ様
にて同名義で活動中。


↑ランキング登録中

ツイッター

商業誌紹介


『ロゼリア姫は逃げられない。1』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『ロゼリア姫は逃げられない。2』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『マイフェアレディも楽じゃない』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『騎士侯爵の優しい策略
 ―花嫁の初恋―』
ブライト出版〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『愛されすぎて困ってます!?』 アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『獰猛な王は花嫁を愛でる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『白薔薇は束縛にふるえる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる