07
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

八ヶ月検診

本日は○市の八ヶ月検診でした。
市の保健センターにて赤ちゃんが一堂に
集められて行われる定期検診です。

八ヶ月検診と言いつつ○市はもう九ヶ月。
お座り・つかまり立ちはまだできません。
ずりばいは達者でどこまでも追いかけてきます。
歯は上下合わせて八本生えております。
離乳食は一日に二回だったり三回だったり。
○子のおやつに合わせてバナナやら
ヨーグルトやらその都度食べさせております。
ストローマグは一度マスターしたけど
突発性発疹以降嫌いになってしまったらしく、
また一から練習中。食事中は匙で麦茶飲ませてます。

まぁそんな感じで問診票にも答えて。
動きの発達はなんだか遅め~って感じですが、
まぁ○子も同じようだったので、たぶん
うちの子たちはのんびり屋さんなんだなって
思うことにしております。○子のときは
これがすごい悩みの種で、再検査を
言い渡されたときは目の前真っ暗って感じでしたが、
もう○市に関しては「そのうち動くようになるし、
動くと大変だからまだまだつかまり立ちなんて
しなくていいよー」とのんきに思っております。
一人目と二人目のこの意識の差ってすごいよね(苦笑

ただひとつ、心配ごとの欄に書いたのは
わたし自身のPMSのこと。もしこれから先、
わたしがまかり間違って子供たちに
手を上げるようなことが起き、
児相などに通報された場合に、
こういう悩みがあったということを
保健士さん側にも把握しておいてほしいという、
ある意味独りよがりな願望からの記入でした。

ということで八ヶ月検診。
最近の○子はママが自分を置いて
家を出て行くのがとにかく嫌みたいで、
今日も「○市と検診に行くからパパと
お留守番してて」と言ったら大泣きしてました。
その泣き声をバックに家を出て、
○市とふたりで市の保健センターへ。
いつも受け付け開始十分前とかだと
既に十人くらい待っているので、
一番に乗り込んでやらぁ、と思い、
二十分前に到着したのですが(笑
すでに二人待っていて「チィッ、一番じゃなかった!」と
密かに歯噛みしたのはここだけの話
(←いったいなにに張り合ってるんだ

そして早くきすぎたがために結局
問診が始まるまでにそれなりに待たされ、
結局待ち時間は総合すると
あんまり変わらなかったわ……という
微妙な後悔に最後明け暮れることになるという……

とにもかくにも問診。○市も
おもちゃを持たされたり視線をチェックされたり。
あらかじめ記入した問診票と照らし合わせて
諸々の質問を受け、最後にPMSのことだけ
大丈夫ですか? とちょっと突っ込まれて聞かれ。
一応ピル飲んで対策してるのでー、ということで
いったん問診は終わり、次は身体測定まで
畳敷きの大部屋で待たされました。
ぞくぞくと入ってくる八ヶ月の赤ちゃんたち。

八ヶ月ともなると発達の差が顕著に出てきて、
ざっと見る限りやっぱり○市は遅いほうだなぁ~、
という印象でした。それに抱っこ紐から
降ろした途端泣き出したしね(苦笑
物怖じしない子は本当に人見知りもせずに
ハイハイであちこち突進していくので、
その後の保健士さんの離乳食や歯磨きの注意、
絵本の紹介のあいだもあちこち動き回ったりしてました。

あ、ちなみに離乳食は塩分過多にならないよう
気をつけてと言われたのですが、そのとき保健士さんが
「ちなみに○○市(わたしが住んでる市)は
県内で二番目に塩分摂取量が多いと言われているので、
お子さんだけでなくお母さんたちも、濃すぎる
味付けのものは控えるように心がけてください」と
言っていたのが印象的でした(笑
うん、例に漏れず我が家も味付けは相当濃いですorz
わたしが濃いめの味付け大好きなものだから……orz

そしてまた検査まで待たされる時間……
つかまり立ちもお座りも上手でも、
歯がまだ二本しか生えていないから
離乳食の進みが遅いと悩んでいるママいれば、
人見知りばっかでどこへ行っても大泣きする
赤ちゃんをずっと抱っこして大変そうなママもいて。
それぞれの赤ちゃんにそれぞれの悩みがある
模様が見て取れて、なんだかほっこりしましたw
○子のときはそんな余裕もなく、周りの子が
つかまり立ちなどをしているのを見て
とにかく危機感と焦りしか覚えなかったんですけどね。

だから今は、ずっと泣いている赤ちゃんを
頑張ってあやしているママさんを見ると、
助けてあげたいな……という気持ちになります。
そういうママさんに限って、他のママさんに背を向け、
あまり周りに迷惑にならないように……と
とっても気を配っているんですよね。切ない。

そして○市は待っているあいだは持参した
ラッパのおもちゃを囓っておとなしくしておりました。
体重測定はともかく、身長を測るときは
大泣きしていましたが、無事に計測。
身長は高め、体重は標準ど真ん中。
○子と一緒の結果に、ふたりとも体型も
パパに似たのかなぁと思いつつ。
ただでさえ顔もそっくりなのに……あ、あと寝相もorz

その後の発達検診では、運のいい?ことに
いつもお世話になっている小児科の先生がきていました。
もちろん向こうはこっちのことなど覚えてませんが(笑
どういう先生か知っているだけ、こっちの心構えも
やはり変わってくるところがあり。
やっぱり○市も○子と一緒でパラシュート反射
(うつぶせに倒されたときとっさに手が出るかどうか)
でチェックがつきました。大泣きして萎縮しちゃって、
全然手を突こうとしないんだもん(笑
でもわたしが「こんだけ泣いてちゃ仕方ないですよね~」と
思わず笑いながら言うと、医者のほうも
「うん、まぁ、そうですね。いずれ手も出るようになるでしょう(笑」と
いうことで、特に再検査などは言い渡されませんでした。
これ、たぶんわたしが不安な顔をしていたら、
安心材料のため、念のために再検査を、と
言われていたかもしれないな、と今思いました。
○子のときはもう不安しか顔に出してなかったし(笑
まぁその先生にも寄るところですしね~。

その後は再び保健士さんと問診、面談。
大ベテランという感じの保健士さんと一緒に
四月から働き始めた新人さんも席について
いろいろお話しさせてもらいました。
PMSに関してはやはり医師と相談して
最良の方法を見つけてくださいという感じでした。
そんなアドバイスしかできなくて申し訳ないけど……
と言われて、逆に恐縮しましたが。

それと上に二歳児がいるということで、
とにかく頑張りすぎないで、と繰り返し言われました。
子供ひとりでも大変なのに、まだ三歳にもなっていない
小さい子がふたりだと、その大変さは相当なもの。
頼れるものはすべて頼って、手を抜けるところは
すべて抜くくらいの気持ちで、気を楽にして、
溜め込まないことを考えてください、ということでした。

最後に言われた言葉がまた印象的で。
「この母子手帳ね、こちらからは余計なことは
書いちゃいけない決まりなんだけど、できるなら
ここにママのための花丸を書いてあげたいくらい。
お母さん、毎日本当によく頑張っていますよ。
たくさん褒めてあげたいわ」――ですって。

そのときは「わーい、嬉しいですw」と笑って答えましたが、
本当は嬉しいなんてもんじゃないです。
奈落の底に一筋の光明が見えたくらいの思いです。
それまでの会話から、わたしが相当にズボラで
適当な生活していることも、ベテラン保健士さんだけに
見抜いていたと思うのですが、それを責めることなく
「頑張っているね」と笑顔で言ってもらえた……。
たったそれだけの台詞なのに、自分でも
びっくりするくらい、救われた気持ちになりました。
なにもできていない駄目なママだけど、
それでも褒めてもらえるんだ、と気が楽になったというか。
そんなに大層なことをしていないだけに
「いやぁ、そんなこと言われるほど
立派な人間じゃないんで……」という
ネガティブな気持ちも相変わらずあるんですけどね。

そして検診の後半の待ち時間で
ミルクを飲んだら寝ちゃった○市。
車に乗せたあとも爆睡で、家に帰っても
ぼや~と寝ぼけておりました。
病み上がりだけにちょっと疲れたのかも。

そしてママは休むことなく、帰宅後は
○子を連れて、公園に行きました。
○子もなんと二時間近くずっと泣き続けていたらしい。
途中落ち着いたのを見計らって旦那君が
「お水飲みな~」とかと声をかけると、
その瞬間からまた大泣きを始めるという
負のスパイラルを二時間繰り返したらしいです(遠い目
旦那君は泣いているあいだは○子を放っておいて
スマホゲームに勤しんでいたという……
そこはもうちょっと頑張ってあやそうぜ……

○市は旦那君に預けてきたので、久々に
○子とふたりだけの公園。半袖だと
肌寒い日だったので、薄着だった○子が
風邪を引いては大変だと、「もう帰ろうよ~」と
何度か促したのですが、結局帰ったのは
二時間たっぷり遊んだあとでした(死目
さすがにママは疲れましたよ……
なのでその後は夕食作りを放棄して、
みんなで回るお寿司食べに行きました。
そのあいだもずっと○市を抱っこですがね。けっ。

帰ってきてから○子のお風呂と寝かしつけは
わたしの仕事。最近の○子はママじゃないと
寝てくれないようになったorz
旦那君に任せて風呂でも入ろうものなら
ずーっとお風呂の外で泣きわめいているという……。
○市は○市で最近は後追いも出てきて
ママがいなきゃいやだ~、状態だし。
もうふたりしてなんなの、そんなにママが好きなの、
とママとしてはまったく嬉しくない状況。
この手のモテ期は心の底から熨斗つけて
どっかにくれてやりたい気分に駆られます。

ということで、喜びと感動とうんざりと疲れを
たっぷり感じた一日でありました。
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。

こんにちは、風波さん。

体調大丈夫ですか? ツイ見て心配してました。
季節の変わり目もあるし、地震もあったしで、
身体に負担が思った以上にかかってたのかもしれないですね。

はい、○市は突発だったようです。
ちょうど日曜日に発疹も引いて、緩いうんちもなくなったので、
検診は普通に受けられました。空気を読むいい子です(笑

うん、成長って遅くてもいいよねって今は思います(○子のときは思えなかったけどw
実際、まだまだ小さい身体でつかまり立ちしようとするのを見ていると、
なんだか可愛いけれど、危なっかしすぎて(笑
それを支えるママさんたちも怖い~って言ってて、
そうだよね~と思いましたもん。

そしてふたりともママ後追い状態でわたしはもうグロッキーですorz
旦那はやきもちは焼きませんが「大変だね……」とわたしに
同情のまなざしは送ってくれます(笑
そちらのご主人も変化があったようでよかったw
小さい頃はママ主体ですが、そろそろパパも出番が増える時期ですよね。

そしてお兄ちゃんの成長の速度にびっくり!
早生まれなのに背が高いってすごいですね。
加えてイケメンだから、そのうちすごくモテモテになるのでは?(笑
うちの旦那君も三月生まれですが、やっぱり背はずっと高めで、
しかも痩せ型なので、うちの子供たちもお兄ちゃんのような
成長を遂げるのかなぁと思っております。
お願いだから運動神経だけはわたしに似ないで欲しい……
背が高くて運動できないって考えただけでかわいそうになるorz
成長記録も近々書きますねー!

Secre

プロフィール

佐倉紫

Author:佐倉紫
『ベリー・ウィッシュな日々』
育児他、日常のつれづれ日記。
時々Web小説の更新情報。
商業紙などのお仕事情報。


―佐倉紫(さくらゆかり)―

一月生まれ。水瓶座。
夫、娘○子(三歳四ヶ月)、
息子○市(一歳九ヶ月)と
ほのぼの四人暮らし。

TL作家として既刊あり。

ムーンライトノベルズ様
にて同名義で活動中。


↑ランキング登録中

ツイッター

商業誌紹介


『ロゼリア姫は逃げられない。1』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『ロゼリア姫は逃げられない。2』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『マイフェアレディも楽じゃない』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『騎士侯爵の優しい策略
 ―花嫁の初恋―』
ブライト出版〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『愛されすぎて困ってます!?』 アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『獰猛な王は花嫁を愛でる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『白薔薇は束縛にふるえる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる