TOP育児 ≫ この頃の○市

この頃の○市

最近ご無沙汰だった育児日記をば。
今日は九ヶ月になった○市の話題。

いつも八時頃になると寝てくれるのですが、
今日は二時から五時にかけて、寝室のほうで
ゆったりお昼寝しちゃったせいか、
未だ眠気がやってこないらしく、寝かしつけを
いったんあきらめて居間に連れ戻ってきました。
○子はお昼寝していないので、今日も八時前に
ころっと寝ちゃったのですけどね。

ブロックや○子のアンパンマンカーにさわって
いろいろ遊んでおりますが、たまに視線をやったときに
目が合うと、そりゃあもう全身で喜びを表すがごとく
にぱっと笑顔で手足をバタバタさせて「きゃふぅ~w」とかって
声を上げてくれるので、もうそれを見ているママは
ただただ「可愛い~……w」と悶えている有様です。
生まれてからこっち、未だ○市は可愛いばかりで
全然育てにくさや苦労を感じたことはありません。
○子とセットだと大変なのですが、○市を
単体で見ると、これほど手のかからない子も
めずらしいと思うほど、おとなしく空気も読む子です。

ちょっと人見知りと場所見知りがあり、
知らないひとに見つめられるとすぐ泣くし、
スーパーのカートに乗っているのも三十分が限界。
だいたい精肉コーナーを回る頃になると
「ふえぇぇー……」と情けない声を上げ始めるので、
その都度カートの前に回って「もうちょっとだから
待っててね~w」と声がけしてなだめる必要があります。
イオンなんかのキッズコーナーで遊ばせようとして
抱っこ紐から降ろすと、その時点でギャン泣きw
うつぶせで顔をべったり床につけてこの世の
終わりに遭遇したように泣き続けるのが常です。
○子はあんまりそういったことはなかったので、
このあたりは本人の性格なのか、男の子だから
繊細なのかはまだまだ計りかねるところ。

その割に後追いはなかなか出てこないなと思っていましたが、
最近になってようやくママがいないと泣き出すようになりました。
ずりばいで居間から泣きながら這い出てきて、
ママ~と捜しているのを見ると、もうきゅんきゅんしちゃって……w(オイ
これも、○子のときは「あーうざい! トイレにまで
くっついてくんな!」って感じだったのですが、
もはやトイレは扉開けっ放しで用を足すのが日常、
そこに○子がフツーに入ってくるのも当たり前なので、
○市が追いかけてくるのにも泣きわめくのにも
イライラしたりなどせず、「ちょっと待っててねー」と
答えて、のんびりしていくのも苦ではなくなりました。
慣れって恐ろしいものです(遠い目

離乳食はだいたい味噌汁の薄めた奴を
ご飯にぶっかけて具と一緒にぐっちゃらぐっちゃら
したのを与えております。猫まんまです。だって楽だし。
そのほかに○子に合わせてヨーグルトやら
バナナやらを適宜与え、最近は赤ちゃん煎餅も
与えるようになりました。基本的に○子が
小腹好いたときにおせんべいを持ってくるので、
一袋開けてやって、ふたつ入っている内のひとつを
○市にあげなさい、と言って渡します。
○子もなかなか聞き分けがいいので、言われた通り
一個を○市に「はい、どーぞ」と渡しています。
きちんと○市がおせんべいを受け取るまで、
根気よく渡そうと頑張ってくれます。

おせんべいは好きな味だったようですぐ食べてくれました。
ストローマグの練習も続けておりますが、
お茶をすすることはできても、そのまま飲み込むのが
まだちょっと難しいようで、口の端から吸い込んだ分を
だらだらこぼしていることがしょっちゅうです。
出先でこれをやられるとよだれかけだけでは
受け止めきれずに服の胸当たりまで麦茶色に染まります。
まぁお座りできるようになれば首のあたりも
もっと安定するから、おのずと上手くなるでしょう。

苦労していることがあるとすれば、おむつ替えかな。
ちょうどつかまり立ちを覚える前のこの時期は
おむつ替えがちょっと大変な時期。仰向けに寝かせても
すぐうつぶせになろうとしますからね。
ぐいっと寝返り打とうとするのを頑張って阻止し、
それを遊んでいるものと勘違いしてますます
寝返りを頑張る赤ちゃんとの密かな攻防が
毎回繰り広げられるわけになるのです。
○市と一対一ならいつまでも付き合うのですが、
○子がいるとそう悠長に相手もしていられないので、
両足をしっかり抱えてとっとと替えるようにしています。
当たり前だけど二人目ともなるとこちらの手際も
多少はよくなっていますからね。そして躊躇いも薄いという(笑

○子の影響で日々「いないいないばあっ!」と
アンパンマンを見まくっているので、すっかり
その両方が好きになった様子。OPの音楽が
流れた瞬間ぐるっとテレビを振り返り、
○子と一緒に手足をぱたぱたさせて踊ってます。
そしてテレビに近いところにずりずり這っていって
画面をガン見しています。その都度引き剥がしますが、
またずりずり近寄って見ているという……orz

お姉ちゃんが大好きです。○子がなにかで
遊んでいるとずりずり寄っていって手を伸ばして
取ろうとします。だいたい逃げられるので
あきらめて別のおもちゃで遊んでおります。
公園でも抱っこ紐の中からいつも○子のことを
目で追っています。砂遊びしているのを見ると
一緒にやりたいとばかりに手足をバタバタさせて
ここから出せ~と無言の抗議をしています。
ママもまた無言で無視します(ひどい

お座りもまだ、つかまり立ちもまだ、ということで
発達面はちょっとゆっくりみたいですが、
○子もそうだったので心配はしておりません。
むしろまだそんなに動かなくていいよと
割と本気で思っております。動き出すと
これまたいろいろと面倒くさいし、また
家の中のものの配置なんかも変えなくちゃ
いけなくなるので。ゴミ箱なんかも置いておくと
すぐに中身をぶちまけたりするんですよねー。

夜泣きは……泣かないけど、起きるは起きる(笑
真夜中近くに一回。そして朝は速ければ五時に起きてます(笑
旦那君が遅番のときは○市だけ居間へ連れだし、
ミルクとオムツを済ませてくれるので、遠慮なく
甘えてお願いしております。が、夜中の
二時頃に起こされるとさすがにつらいものはありますね。

さて、このブログを書いているあいだも、
○市がうとうとしてきたのを見計らって二回ほど
寝室へ連れて行っているのですが、その都度
ぱちっと目を覚ましてごろごろと楽しげに
転がるばかりなので、結局また居間に
連れ帰ってきております(笑
たっぷり昼寝しちゃったから眠れないんだよねー、
とわかっているけれど、ママは早くひとりの時間がほしい!(笑

いい子だから早く寝てね~、とまるで
洗脳するように言い聞かせていこうと思います。

次の記事は○子について書こうと思います。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL