TOP○子幼稚園プレ ≫ 入園申し込みしてきた

入園申し込みしてきた

今日は幼稚園の入園申し込みの日。

十時半からと言うことで、暑いし、
あんまり早く行って待たされても嫌だと思い
十分前に出ようとしていましたが、
○市を抱っこ紐に収めようとした瞬間
ぷわ~んと漂ってきたうんちの匂いorz
せっせとおむつ替えしてうんちを捨てて~、
あ、○子もおしっこ大丈夫? お出かけ前だから
トイレに行こうね~、とおしっこさせて、
戻ってきたらまた○市からぷわ~んと漂ううんち臭orz
またおむつ替えして、喉渇いてたみたいだから
飲み物飲ませて~、とやっていたら見事に
十分オーバーしましたorz でもみんな似たり寄ったりな
時間できていた模様。園舎が改装中のため
プレハブ小屋にて受付だったのですが、
入れる組みが少ないため車で待っていて~と言われ、
もうエンジン切っちゃったので近くの木陰で
涼みながらのほほんと待っておりました。

順番がきてプレハブ小屋に入っても
椅子に座って待たされる。子供たちは子供たちで
おもちゃがあるところで遊んでいましたが、
それを見た○子がいきなり大泣き。
見ればおもちゃの中にアンパンマンの指人形
セットがあったのですが、同じものが支援センターにあって、
○子はそれをいつもひとりで遊んでいるので、
他のお友達が遊んでいるのを見て「これ
○ちゃんのなのになんで遊んでいるのー!」と
思った様子。これはみんなのおもちゃだよ、
みんなで遊ぶんだよ、と言い聞かせても聞かずに大泣き。
狭いプレハブ小屋が○子の泣き声で大変なことに。。。
さすがに先生は慣れたものですがこっちはひやひや。
他のお友達は特に泣くことなく仲良く遊んでいるのに
なぜにうちの子はこんなことになっているの、とママはがっくりorz

順番がきて入園申込書を渡している最中も
ずっと泣いていてなんともいたたまれない思いでありました。
抱っこ紐の中で○市はのけ反りまくるから
椅子に座るのも困難だったしさ……orz
書類のほうは特に問題なく受け取ってもらえましたが。
わたしのような一号認定(幼稚園への入園を希望するひと)は
さくさくと通っていましたが、やはり二号三号
(両親が就労していて保育を希望しているひと)は
いろいろ手続きとかもあるみたいで長々と
説明を受けている感じでした。とはいえほとんど
幼稚園に入るひとばっかりだったみたいですが。

そんな感じでへろへろになりながら手続きを終え、
そのまま支援センターへ。ちょうど十一時半で
手遊びや歌が始まっている時間帯で、
○子はまったく見向きもせずにおもちゃに突撃していき、
お友達がプラレールやっているのに飛びついて
勝手に取ろうとしたので止めに入ったら
また大泣きされ、歌声が響く中○子の
泣き声も一緒に響き渡っていたという
非常に気まずいひと場面でした……orz

へとへとになって帰ってきたあとはお昼でしたが、
なぜだか○市が寝落ちしちゃって、この時間になっても
まだ寝ているというぐっすり具合。
今日は朝も起きるのが遅かったのに
昼もしっかり寝ているので、夜中あんまり
寝付けなかったのかなぁと首を傾げております。
お昼食べたらまた支援センターかなと思っていたから、
暑い中出かけないだけこっちは体力温存できるけど。

はぁ。体力疲れと言うより気疲れでため息です。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016年09月05日(Mon) 00:18
コメントありがとうございます
編集
こんにちは、風波さん。

本当にお出かけ前ってどうしてこう慌ただしいのでしょうかねぇ……。
さすがに○子はお出かけ前に粗相というのはなくなったのですが、
○市はまだまだやらかしまくるお年頃なもので大変です。
いい加減抱っこ紐もきついけど、やっぱり抱っこ紐を使って
両腕を空けていないと、今度は○子が際限なく走り出すから、外出もつらいorz

保育園もいろいろ融通きいていいですね~。
うちも来年から認定こども園だからそのへんいろいろ
融通きくかも知れないですが。預かり保育もあるし。
ただ料金は幼稚園の子のほうがお高いですが……orz

ノーチェも創刊して時間も経っているので、文庫には
ならないのかなぁと思っていましたが、無事になったようでよかったですw
文庫サイズだとどこへでも持ち歩き安いからいいですよね~。

そちらも台風の被害少ないようでよかった。
今年は災難続きで大変ですよね。

お兄ちゃんもリレーの選手なんてすごいですね~!
わたしは万年ビリだからそういう栄誉に浴したことがないので(笑
純粋にすごいなぁと思います。アンカーとか花形だしw

暑い日が続きますがあまり無理せずに~。
2016年09月05日(Mon) 12:45












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL