TOP育児 ≫ 子育てはつらいよ

子育てはつらいよ

一昨日から続く地震にて被災された皆様に
お見舞い申し上げます。熊本地震に続いて、
一年で二回もこんなに大きな地震が続くとは……
山陰地方の皆様が無事であることを祈っております。

わたしがいる北関東のほうは揺れはありませんでしたが、
鳥取で地震が起きる前日の夜にがたっと揺れたのが
体感できた最後の地震でした。このあたりは
茨城県の南部を震源とした地震が結構多いので、
そのたびに首都直下地震がついに!? と
思って必要以上にガタブルしてしまいます。
たぶん幼い子供がふたりもいるということが
この異常な恐怖に繋がっていると思うのですが。


さて、暗い話題ばかりでもあれですね。
巷では日本シリーズも始まり、フィギュアスケートも
GPシリーズが始まって、いよいよシーズン到来です。
そしてようやく夏の暑さがなりを潜め、
週間予報見てもどんなに暑くても20度くらいまでしか
上がらない日が続くようなので、夏物を片付けました。
そろそろこたつを出したいなぁと思いつつ、
昼間はまだ邪魔だよなぁ、どうしよう……と
思っている今日この頃です。それでも夜は寒いので、
わたしもこの時間はもこもこ靴下と膝掛け、
上はしっかり上着を着込んで過ごしております。

ですが自分基準で子供たちを厚着させると
だいたい暑がっちゃうので、加減が難しいと
毎度頭を悩ませているところです。○市は
よだれかけもそうですが、靴下もあまり好きではないようで、
気づけばそのへんにぶん投げられております。
まぁこれに関しては○子も一緒なのですが。
今日は朝から曇りで寒かったので、「おまえら寒くねぇの?」と
ママは信じられない思いでいっぱいでした(笑
こっちは靴下二枚履きで、腰回り寒いから
膝掛けをスカートみたいに巻きつけていたっていうのに!

そしてスーパーに買い物に行ったのですが、
最近は○子があっちこっちに走って行っちゃうので
「走らない! ママのそばを離れない! 勝手に
カート押さない! 棚の商品をつんつんしない!」と
怒ってばっかりであります。○市は走り回る○子を見て
にこにこ笑っているけど、こっちはもう笑うどころではなく
下手したら真っ青になっている有様。
今日も「お肉どれにしようかな~」と値札見つつ
選んでいたら○子がいつの間にかいなくなって、
近くの通路を探してもまったくいないので焦りました。
イオンモールのようなでっかいところで迷子になれば
ある意味安心なのですが、小さなスーパーでは
出口にすぐにたどりつけちゃうので、ママを探して
勝手に外に出ないかと、それが一番心配だし怖いです。
大声で○子の名前を呼んで探すわけにも行かないので、
○市の乗るカートを押しつつ急いで探し回ったら――
「びえええええええええええ!!」とものすごい声が
野菜コーナーから聞こえてきて、慌ててそっちに
駆けつけました。見れば○子が通路で座り込んで号泣中。
近くにいた奥様たちに「あらあら~」「大丈夫?」と
声をかけられていました。恥ずかしすぎる……
「すいません、うちの子ですー!」と急いで駆けつけ、
(その際に通路に置かれていたトマトの箱に
躓きかけるわたし。最悪な客すぎるorz)
泣きわめく○子を急いで抱っこ。「勝手に走っていくから
迷子になっちゃうんでしょうがー」と注意しながら、
そそくさとその場を離れました……。○子は
ぐずぐずしながらもお肉売り場に来る頃には泣き止み、
下ろすとまた走り出すという……ちょっとは学習しろ(怒
と割と本気で切れそうになりましたorz
そのまま抱っこしていないわたしが悪いのですが。
すみません、暴れる○子を抱っこしながら○市の乗った
カートを操るのが結構至難の業だったのですorz

おかげでなんだかぐったり疲れてしまって。
お会計を終えて袋詰めしていたら、隣に
居合わせた奥様が「あら~w 可愛い子たちねぇ。
今いくつ?」と話しかけてくださって。「一歳と
二歳です」と答えたら、「あらあら、大変ね~」と。
「でも大変だと思うけど、今が一番可愛い時期よ。
大きくなったら誘ったってこんなところに一緒に
きてくれなくなるんだから! 今のうちに
いっぱい可愛がってあげてね~w」と言われ。

「そうですよねー。頑張ります」と無難に答えながらも、
わたしのひねくれまくった心は、素直に頷くところが半分、
もう半分は「そんな先のこと言われたって素直に聞けるか――!
子供が大きくなると寂しいとか、そんなもん毎日毎日
嫌になるほど引っ付かれて、一分一秒でも離れたい、
どっか遠くへ行きたい、子供たちなしの時間を過ごしたいって
毎日毎日心の底から願っている今のわたしにとっては
ありがた迷惑以外のなにものでもないんじゃ――い!!」と
叫んでいるのです。自分で書いていてなんですが、
本当にひねくれまくっていますね(遠い目

つらい時期を乗り切った先輩ママさんの言葉は
もちろん大半がその通りになるということは、
頭ではわかっているんです。理性の面では頷けます。
でもやっぱり……苦しい渦中にいるときは、
「そんな先のことが知りたいんじゃない。わたしは
『今』をどうにかしたいんだ。今、この瞬間、この苦しみから
逃れられる方法が知りたいんだ!」と思っちゃうんですよねぇ。
先の話をされると逆に絶望を感じるというか……
「そう思えるようになる日まであと何日? 何ヶ月? 何年?」
と考えて、よけいに沈んでしまうのですorz
子育ては一生続くものだから、よけいにその思いが
強いのだとは思うのですが。生来のネガティブさも
不安により拍車を掛けるという悪循環が根付いてます(白目

子供たちは可愛いです。一日に何度も
可愛い! と思う瞬間があります。
でもそれ以上にイライラしたり、この野郎と思ったり
もう嫌だ! と思う瞬間が多いのです(遠い目
子育てはつらい、全然楽しくない、早く巣立ってくれ! と
割と本気で思っています。まだ二歳と一歳なのにね(笑

それでも、九割九分九厘「可愛くねー!」と思う中でも、
ほんの一厘「可愛い!」と思う瞬間があるので、
明日もなんとか乗り切ろう……、とボロボロになりながら
思う毎日です(苦笑 世の子育て中のママさんたち、
本当にお疲れ様です。頑張ろうと思わなくても
充分頑張っているはずですので、『なんとか乗り切れれば
それでいいや』くらいのスタンスで、明日も生きていきましょう。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL