08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

なんとか入園できそうよ

クリスマス企画書籍プレゼント実施中!
応募要項はこちらの記事をお読みください。
応募は十五日までになっております。

***

土曜日は運命の幼稚園の面接の日でした……!

こんな日に限って○子は鼻水ずるずるの
風邪予備軍状態。さっさと行ってさっさと帰ってこようと
早く行った結果、早く行きすぎて誰もきていないどころか、
先生たちもまだ準備中でバタバタしていて、
なんだか早く来すぎてすみません……って気分になったorz
九時半から受け付け開始で九時十分に到着した馬鹿具合ですorz

しかし半分ずつ分けて工事していた園舎が、
これまで工事していた半分が終わって、
まー綺麗になっていました。広々とした
お遊戯室には椅子が整然と並べられ、
各教室に置く予定らしいピアノが端に寄せられ。
あまりに暇だったのでこれがピアノだよ~と
鍵盤の蓋を上げたら閉まらなくなり、
力を入れて閉めたらバターンとものすごい音が
響いたというとんでも話もあったりしますorz 

いつもプレでお世話になっている先生が
「○子ちゃん、おはよう~」と声をかけてくれたけれど、
肝心の○子は幼稚園にくるのが久しぶりだったせいか
照れちゃって、わたしの足にしがみついて隠れるというorz

そのうち参加者の親子がやってきて、受付開始。
一番にやってきたのに受けつけに通されたのが
遅かったので四番目になったというあるあるオチorz

その後は十時の説明会始まりまで
一番広いお遊戯室で待つのですが、
きちんとお座りしている子もいれば
走り回る子もいて、○子は後者でしたorz
しかし、当たり前ですが二年保育とかで
入る子は身体も大きいししっかりしているし、
ママの言うこともきちんと聞くという感じですね。
同じ年少さんで入る子も、○子のように
「もうすぐ三歳」の子もいれば、
「もうすぐ四歳」の子もいるわけです。
これだけ小さいうちは、やはりその一年の
違いって身体にも動きにも如実に出るなぁと実感しました。

そして説明会が始まり。来年から認定こども園に
なるため、今日の説明会にはまだ0歳の
赤ちゃんもいて、そういう子たちへの説明があり、
そのあとに二歳以降で入ってくる子供たちの説明がありで、
最後のほうはもう動物園状態です(笑
あちこちから上がる子供の声、叫び声、泣き声、
笑い声、もろもろ。○子も途中まではわたしの膝の上や
椅子に座っておとなしくしていましたが、最後は
もう飽きちゃって、近くの空いている椅子を
縦に並べて「でんしゃ~w」って言って遊んでいました。
そのうちのひとつに跨いで座って「ガタンゴトン~」と
楽しげに勝手に遊んでいました。嗚呼。

途中で園の先生による手遊びもあり、
ぐ~ちょきぱ~で、なにつくろう~♪を
やったのですが、相変わらずチョキができない
○子は、頑張ってチョキを作ろうとして
がおーっというポーズになっていて笑えました。

そうやってなにかやっているときは楽しいのですが、
ただ話を聞くだけじゃそりゃあ子供は退屈ですね。
とはいえ、わたしに寄りかかりながら
ずーっと鼻くそほじっていたのは
どうにかならなかったのかと思う次第ですorz


説明会が終わったあとは個人面談。
待っているあいだは制服の試着をして
注文という感じでした。100から130までの
サイズの園服、スモッグ、帽子が置いてあり、
とりあえず置いてあったサイズを着せて、
これじゃあ大きいからこのワンサイズ下で、
みたいな感じでさっさと決めちゃいました。
いずれもMサイズと110サイズ。120とかを
買う方が多いと思うのですが、うちは下に
○市もいて、三年保育で入れるとしたら
一年被ってしまうので、どのみち二着
必要になるんですよね。それなら最初は
小さいのを買って、サイズアウトしたら○子に
新しいのを買い、小さいのは○市にそのまま
着せればいいや、と思った次第であります。
○市に関しては経済的に余裕があれば
四年保育でも全然いいやと思ってはいるのですが……。


そして順番になったので、いよいよ面接。
ひとつの教室に三組ずつ通され、
先生とマンツーマンでお話しする感じでした。

先生「こんにちは~、○子ちゃん!」
○子「……(にやにやしながらわたしの膝に突っ伏す)」
先生「緊張しちゃってるかな~?
    お名前を教えてもらえるかなっ?」
○子「……(にやにやしながら机に突っ伏しいやいや)」
先生「お年はいくつかな~?」
○子「……(わたしの膝によじ登り先生無視)」
先生「お椅子に座れるかな?」
佐倉「ほら、○子、ママ重たいから椅子に座って~」
○子「……(いそいそと隣の椅子に、
   正面から座るのではなく、椅子の背のほうを
   向いて座面を跨ぐ感じで座る)」
先生「○子ちゃ~ん、それじゃお顔見えないよ~。
   先生○子ちゃんのお顔見たいな~w」
○子「……(ガン無視)」
こんな状態だったのでもう乾いた笑いしか出ませんでしたが、
先生は慣れているのでしょうか、怒るどころか
にこやかに笑って「ちょっと恥ずかしいのかな?w」とにこにこ。
そしていろいろ質問が始まりました。

先生「○子ちゃんはアレルギーなどありますか?」
佐倉「いいえ、なにもないです」
先生「そうなんですか~。嫌いな食べ物とかはありますか?」
佐倉「これと言ってないのですが……野菜もトマトとか好きで」
先生「え~、○子ちゃんトマトが好きなんだぁ! すごいねぇ!」
○子「……(にやにやしながらわたしの膝によじ登る)」
先生「おトイレの進行状態はどうでしょうか?」
佐倉「おしっこは報せてくれるしトイレでできるのですが……」
先生「わ~、すごいねぇ○子ちゃん! おしっこ
    報せてくれるんだぁ! しっかりしてるねぇ!」
○子「……(にやにや)」
佐倉「でもうんちはおむつでしかできなくて。報せてはくれるんですが」
先生「報せてくれるなんて偉いですねー! すごいですよ!」
○子「あれ、なんだろ?」
佐倉「はい? あれってなに?」
壁に掛かっている時計を指さす○子。時計の周りが
木彫りになっていて、鳥が書いてあったのがおもしろかったらしい。
先生の質問にはまるで答えない割にそういうものには
興味津々で思い切り口を挟みまくる感じでしたが、
ひとまずそんな調子で質問が進んでいく。
他に「熱性痙攣を起こしたことはあるか?」、
「普段はどこでどんな遊びをしているか?」、などなど。

最後に「入園に当たって心配なことはありますか?」と聞かれ、
思わず「心配ごとばかりで……」と前置きして、
・ひとりでは着替えができない。靴も履けない。
・食事も介添えが必要。
・食事のスピードも遅い気がする。
・トイレも介添えが必要。
・家では弟をいじめるばかり。
などなど、とにかく心配ごとをぶちまけちゃいました。

うんうんと頷き笑顔で聞いてくれる先生。
○子のことを「へ~、そんなこともできるんだぁ!」
「しっかりしてるねぇ」「すごいねぇ」とたくさんたくさん
褒めてくれる先生。うぅぅ、わたしより若いのに
すごいしっかりなさっていらっしゃる~!
おまけに滅茶苦茶子供のこと好きそう~!
そりゃあこんな仕事しているんだから好きだろうけどさ、
こんな怪獣みたいな二歳児にこんなに愛を
注いでくれるなんてマジで天使! 女神!
とわたしが癒されるような有様でしたorz

ひとまず面接も何事もなく終わり、
「おまえはうちには入園できないから」みたいな
宣告もなく終わりました(そりゃそうだろ


よ、よかった、入園できそう……と
ほっとするあまり、バス通園の有無を書く
紙を提出するのを忘れてきたというorz
ま、どのみち引き落とし要の口座を作って、
それを報せる用事があるので、来週には
また幼稚園に行くのでそのとき一緒に
出せばいいと思うのですが。

しかしその○子がいよいよ今日になって
風邪っぴきになりました。○市も一緒に。
鼻水ずるずるは先週からあったのですが、
二人とも咳までし始めましたorz
そしてわたしもちょっと喉が痛い……
火曜日はプレもあって、しかもお誕生日会で、
○子も十二月生まれだから対象日で、
その日はアンパンマンにお祝いしてもらえるから
行きたいなと思っていたけれど、これだけ
鼻水と咳があるんじゃ行かせるわけには
いかないなぁ……と今から無念な思いでいっぱいorz
体調ばかりはどうにもならないものです……。

なんにせよわたしまで風邪で倒れたら
大変なことになるので、うがい手洗い、そして睡眠、
さらには蜂蜜大根で喉を潤します。

皆様も体調にはお気をつけを~。

***

12月26日刊行予定

Amazon様で予約されると特典SSがついてきます。
そちらも合わせてよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます

こんにちは、風波さん。

はい、なんとか駄目と言われずに済みました(笑
たぶん言われた子はいないと思われます(爆

本当に先生ってすごいです。なんでこんな手のかかる幼児を
可愛いと言えるのか不思議でたまりませんよ!(爆

そしてプレ。行けました!
たった一日で咳が収まったのですよ。鼻水もほとんど出なくなったので
大丈夫かな~と行っちゃいました。今日はさらによくなって鼻水なし。
子供の快復力ってすごいですね……。

そして本当のバースデーに風邪引きそうな気がして恐ろしいという(苦笑
誕生日まであと一週間を切りましたー。
特になにをする予定もありませんが(オイ
とりあえずケーキを食べられる元気があればいいかなって感じです。
Secre

プロフィール

佐倉紫

Author:佐倉紫
『ベリー・ウィッシュな日々』
育児他、日常のつれづれ日記。
時々Web小説の更新情報。
商業紙などのお仕事情報。


―佐倉紫(さくらゆかり)―

一月生まれ。水瓶座。
夫、娘○子(三歳四ヶ月)、
息子○市(一歳九ヶ月)と
ほのぼの四人暮らし。

TL作家として既刊あり。

ムーンライトノベルズ様
にて同名義で活動中。


↑ランキング登録中

ツイッター

商業誌紹介


『ロゼリア姫は逃げられない。1』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『ロゼリア姫は逃げられない。2』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『マイフェアレディも楽じゃない』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『騎士侯爵の優しい策略
 ―花嫁の初恋―』
ブライト出版〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『愛されすぎて困ってます!?』 アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『獰猛な王は花嫁を愛でる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『白薔薇は束縛にふるえる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる