TOP育児 ≫ クリスマス会

クリスマス会

クリスマス企画書籍プレゼント実施中!
応募要項はこちらの記事をお読みください。
応募は本日までになっております。

***

今日は行きつけ(笑)の支援センターで
クリスマス会が開かれました。
この時期の子供向き施設はどこでも
クリスマスの催しをやっている感じでしょうか。
今月に入ってツリーは飾られていたのですが、
今日はさらに天井から紙の輪っかが下げられ、
風船や綿なんかが飾られて、いつもの
教室がクリスマスっぽくなっていました。

だからだったのか。○子は入り口のところで
立ち止まって、その場にべたーっと突っ伏して
「わたしはこれ以上はいりません」という姿勢になり、
わたしも先生もなだめすかしても頑として入らない。
無理やり入れようとする大泣きして入り口に逃げ
また入り口付近で突っ伏して大泣きするという……。
「いつもと違う雰囲気だから緊張しちゃったのかな~?」
なんて先生方は言っていましたが、いつも
自分から飛び込んでいく○子だけに、先生方も
どうしちゃったのかね~? と不思議そうにしていました。
当然、母は突然始まった娘のイヤイヤにげんなりですorz
一方の○市はいつも通りちょこんと教室の隅に座り、
わけもなく突っ伏して大泣きする姉を見て
きょとんとした顔をしておりました。

なんとかなだめすかして教室に入れた頃には
かなりのひといきれ。最近イベントがある日は
とにかくひとがいっぱいになって荷物を置く場所とか
なくなっちゃうんですよねー。先生方が
「普段は閑散としているのに!」と自虐コメを
するくらいに盛況で、おかげでとても賑やかでした。

最初は先生方のハンドベルの演奏から入り、
次に鈴やタンバリンを子供たちに配って、
全員で「あわてんぼうのサンタクロース」を合唱。
○市は小さなペットボトルにビーズを入れた
お手製マラカスを振り、○子はタンバリンを
ぼこぼこ叩いて楽しそうにしていました。

そのあとは「ノンタンのクリスマス」の
特大絵本を見たのですが、ここで○子が
トイレと言いだし離席。もうこうなったら
再び教室におとなしく戻ることはなくw
あとの催しは見ることなく終わってしまいました……。
……まぁ、結構似たような脱落組の子が
ちょろちょろ隣の部屋に流れてきて、
なかなか賑やかな空気で遊んでおりましたが。
見る限り先生たちは「大きな株」を実演したり
PPAPを披露したりと、いろいろやってくれていたようです。
PPAPとかwwwなにその最先端www

最後は折り紙で作った株にくっついていた
タオルと風船のプレゼントがあり、
それはちゃっかりもらってきたママ佐倉であります。
風船もただの風船じゃなくてスマイルの
顔が描いてあるのですよ。凝ってるなぁと
この手のものには毎度感心させられます。

とにかく人が多くて、終わったあともしばらく
ふたつの教室が子供たちでいっぱいでしたが、
○子も最後は「楽しかった~w」って言っていたから
いいのかなぁと思ったり。環境が変わるのに
弱い子なのかなぁ……先々が心配……と
ママは笑顔の影で考えたりしております。

そんな○子もあと五日で三歳……。
思えば今日が出産予定日だったんだよなぁ。
五日も遅れてやきもきさせおって……、と
当時を思い出し遠い目をする日々です。

三年前の今頃ってなにやってたっけ……
『シンデレラ・マリアージュ』の校正の傍ら、
『呪われ姫』をラストに向けて書きまくっていた気がする。
いつ産まれるかわからない緊張感の中で
よくもまあ、あんな試練だらけのラストを書いていたもんだ。

その作品が未だ読者の方に愛され、
「いつまでも続編待っています……!」と
言われる作品になったことは嬉しく思います。

今書いている原稿もそんな作品になればいいなと思いつつ……。

***

12月26日刊行予定

Amazon様で予約されると特典SSがついてきます。

また書店様でも特典SSのペーパーを
配ってくださる店舗様がありますので、
詳しくは下記ページをご覧ください↓
プリエール文庫 特典ペーパー配布点

またプリエール文庫様のHPにも
この作品のページが出ておりました。
美麗なイラストやあらすじも読めますので
どうぞお立ち寄りください↓
騎士侯爵の優しい策略―花嫁の初恋―

よろしくお願いいたしますm(_ _)m
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL