TOP育児 ≫ 最近の○子

最近の○子

最近子供たちの記事書いていなかったなぁと
思い記録のためにも書き留めます。
子供はすぐに大きくなるから、その都度
「これはブログのネタになる」と思っても、
忙しさと成長速度の速さに追いつけず
記事が書けずに終わることもままある悲しさよorz

ひとまず三歳になりました○子のこと。

もともとお喋りだったけど最近はそれに
輪をかけてひたすら喋り続けている気がする。
ぬいぐるみと一緒におままごととかするのが
好きらしくて、「じゃあスティッチごはん
食べようね~。もぐもぐもぐ、……おいしー!」
「プーさんも食べた~い! もぐもぐもぐ……おいしいねぇw」
などぬいぐるみ両手に持ってひたすら
寸劇繰り返しています。どちらも
小さいサイズのぬいぐるみなので、たまに
スリッパを車に見立ててふたりを座らせ
「ぶっぶー、運転中で~す」とか言いながら
リビングを疾走させていたりしております。

イヤイヤ期がなんだかこの頃拍車をかけてきたというか。
イヤイヤする回数自体は減っているけど、
一度スイッチが入るとなんだかひたすら
泣きわめいてゴロゴロ転げ回っている気がします。
最近はお風呂に入るのを嫌がることが多く
「お風呂はいんない!」と叫んで逃げ回り
いざ無理やり入れるとぎゃーぎゃーひたすら
泣き叫び、で、じゃあ出ようかというときになると
「お風呂はいる~~~~!! 出ない~~!!
アンパンマンで遊ぶ~~~~!!」と大泣き。
実際はしゃっくり混じりの声なので
「あん、ぱん、ひっく、まん、あ、あじょぶ~うぅぅ~~!」
って感じで叫んでいます。なに言ってるかわからん。

「○子、お着替えするよ~」「やだ。」。
「○子、ご飯食べるからおもちゃおしまいにして~」「やだ。」。
「ご飯食べ終わったから遊んでいいよ~」「や~だ~。
おにぎりくん食べる~」「いや、もうご飯ないし」。
ひとまずすべての出来事に「やだ。」を
言わないと気が済まないのかおまえは、と
突っ込みたくなるような否定の嵐。

逆にこっちが「やだ。」って断る場面も多いですけどね。
「ママ~、チョコ食べたい」「やだ。」
「チョコ、最後にする!」「とか言いながら
二時間後にはまたチョコくれって要求
しとるだろうが。おまえの『最後』は
『一生のお願い♪』と同じくらい信用ならん」
ってな具合であります。

一番「やだ。」がひどいのは支援センターから
帰るときかな。わたしが「帰るよ~」と声をかけると
全力で「かえんなーい!」と叫びます。
それを聞く周りのママさんたち毎度大笑いしてます。
で、本当に帰らないと抵抗しまくって、コートを
着せかけようとすると教室から逃げ廊下を疾走し、
さらにベランダに出てそこも失踪して、
建物中を走り回って抵抗を見せます。
が、ある程度抵抗すると落ち着くのか、今度は
自分から靴も履かずに玄関を飛び出し
逆に「○子ちゃん靴を履きましょー!」と
先生に捕まえられたりしています。
おかげで支援センターを出るのはいつも最後。
わたしは旦那君の出勤時間の関係もあり、
支援センターに行くのはいつも午後の二時くらいから
閉館の四時までなので、先生たちも最後の
「かえんなーい!」逃走には根気よく
付き合ってくださるのですが。

そして逃げ回る姉の横で、おとなしく着替えを終えた
○市は騒ぐわけでもなく入り口近くに座って
ぼーっとしております。不思議なのですが、○子が
この世の終わりみたいに泣き叫んでいるとき、
たいていその隣に座る○市はぽーっとそんな
姉をただただ見つめています。騒ぐことなく。

逆に○子が聞き分けがいいのは「お出かけするよ」
と言ったとき。外へ行くのが大好きなので、
お出かけとなるとコートを着るのもスムーズだし、
弟を置いてけぼりにされまいと「○君も、○君も!」
と早く○市を抱いてやれとばかりに騒ぎ立てます。

そしてイヤイヤもそうなら、最近困っているのは
なんだかママにべったりになっていること。
寝かしつけはママとじゃなきゃダメ。
お風呂もパパとはいや。ママとならスムーズに入る。
夜中に起きてママがいないものなら
「マ~~マあああああああああ」と
この世の終わりのごとく泣き叫ぶという……。
ご飯食べさせてもらうのもママじゃなきゃ
ダメ(というかてめぇ一人で食えやゴラァ)、
爪を切るのも歯磨きもママじゃなきゃダメ、
トイレもママと一緒がいい~! という具合で。

えー、ママは別に○子と四六時中
一緒じゃなくても全然いいし~。なんで
パパじゃダメなの? パパも同じことできるよ?
なんでダメ? わたし○子にそこまで
好かれるほど丹精込めてお世話している
つもりないんだけど、と毎度不思議でたまらない(オイ

おかげで「パパと一緒に公園に行っておいで」
と言っても「ママも一緒!」となるので、
パパに任せて自分は残ってこの隙に仕事……
というのができないので困っております(イラッ☆

○市がお昼寝中はビーズ遊びとか
しているのですが、ことあるごとに
完成品を持ってきたり見せに来たりするので
やっぱり仕事に集中できず……
まぁ仕方ないことですけどね。

なんにせよ、年末のこの時期に鼻水も
垂らさず元気にしてくれているのはありがたい。
小児科やっていないですからねぇ……救急は
お金取られてしまうから頼りたくないし……(汗

ひとりで食事も着替えもトイレもできねぇのかゴラァー!
とついついなりがちですが、健康で大きな
怪我も病気もしないのって、思えば一番ありがたいことですよね。
そういう根本的なところはこれからも忘れないように
しないといけないなぁと思います。

***


試し読みページはこちらから↓
ノーチェ文庫『王家の秘薬は受難な甘さ』

***


特典SS配布店舗様はこちら↓
プリエール文庫 特典ペーパー配布点
あらすじ、イラストなどはこちら↓
騎士侯爵の優しい策略―花嫁の初恋―
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL