TOP育児 ≫ 一歳半検診

一歳半検診

本日はあいにくの雨模様。
そんな日に限って一歳半検診です。

あと数日で一歳七ヶ月になる○市です。
ようやく靴を履いて歩くことを覚えたものの、
まだまだおぼつかずのたのたと歩いて、
躓いてしゃがみ込み、地面をさわって
「おお、これがコンクリートの感触……」とか
観察し始めるので、外に出るときは
たいてい抱っこ移動で靴も履かせない生活ですorz

言葉も意味のある単語はひとつも出てこないし、
動きもとろいし、歩き始めたのもここ二ヶ月くらいだし、
取り柄と言えば大食いくらいか~って感じですが、
結果的には特に問題なく終わりました。

受付が一時半からなので、ちょうど
お昼寝の時間にかぶっちゃうなと思いつつ
車を走らせていたら、保健センターに着いたときは
案の定チャイルドシートの中で爆睡してました。
気の毒に思いつつ降ろしたらパチッと目覚めて、
受付後は広げてあるおもちゃをとって
にこにこと座り込んでいました。他の子に
おもちゃを取られてもぼーっとしていて、
完全に寝ぼけている様子。

そして名前を呼ばれて、保育士さんとお話。
積み木を三つしっかり積んで、保育士さんにも
周りのママさんにもバイバイと手を振りまくりつつ、
問診票と照らし合わせて質問など。
お風呂の扉をひとりで開けられない工夫をして
いますかというところで、なにもしてないと
回答したらちょっとチェック入りました。
一応お風呂に入る前の扉が高い位置にあり
そもそもそこを開けられないから~という
ことを説明しましたが、まぁ○市も
背が高いほうだからいつか届くだろうし、
と確かに危険なことはあるなと思ったり。

言葉は出ないけどこちらの言っていることはわかるし、
お風呂~とかご飯~と言えば、ちゃんと浴室や
居間に向かうと言ったら、ならOKという感じでした。

手を引いてあげれば階段を歩いて上れますか?
という質問では「そもそも手を繋ごうとしないし
はいはいで登っていきますorz」と答えました。
「すぐそこに階段あるからちょっとやってみようか」という
ことで、保育士さんが見守る中、○市の手を
引いて階段を上ろうとしましたが、○市は
階段の前に立つなりわたしの手を振り払い、
四つん這いでせっせと登っていきました(笑
「こんな感じなんです~」「両手両足を
上手に使えているのはよくわかりますね~w」
なんて笑いながら、ひとまず身体測定へ。

おむつ一丁になって身長、体重、
頭囲を計測。その後は何度も脱走しそうになるのを、
歌を歌ったり、わざと逃がして捕まえて戻したりと
わたしばかりヘトヘトになりながら阻止して、
小児科の先生とのお話。聴診器を当てられ
嫌がる○市。基本的に聴診器を持っている
先生の前に出る=注射される! と思っているらしい。
注射がないとわかるとおとなしくなったけれども、
帰りたい雰囲気全開で、わたしの腕の中で
くねくねぐるぐるしていました。

○市は動きも言葉も遅れがちでしたが、
そのどちらも心配ないと断言していた先生。

「この頃の歩く歩かないっていうのは、
発達よりもその子のキャラクターによるところが
大きいんです。はいはいで階段を上れるってことは
動きの問題はないです。ただ本人が
転んだり躓いたりするのがいやで歩かないだけです」
そ、そんなもんなのか。確かに○市は
つかまり立ちとか壁伝いに歩くのは好きだけど。
「ようするに性格が慎重派なんでしょう。
まぁ男の子だから、いざ動けるようになったら
すごいと思いますので、事故には気をつけてね」

「そして言葉なんですけど、まったく話さないわけじゃなく、
単に単語を言わないってだけで声は出してますよね?」
「はい。まんまんまん、とか、あああああ、とか、
そういう声はよく出しています」
「それなら問題ないです。これはどの育児本にも
書いていないことだけど、言語学の観点から言えば、
特に犬だの猫だの言わなくても、きちんと
声を発せているなら、二歳までは問題なし。
ああああ、ていう叫びの中に、おいしいだの
あったかいだの、そういういろいろな感情が
もう入っていて、本人はそれを叫ぶことで、
もう自己完結しちゃってるわけです。つまりは
自分の言いたいことはきちんと言っているわけだから、
言葉の土台はきちんと培われている証拠です。
その土台がしっかりしてくれば、ある日突然
喋り出したりするから、神経質にならなくても大丈夫ですよ」

とのことでした。この先生、この話を
ひとりひとりにしているのかなぁと思うと
頭が下がる思いでしたが、真面目でいい話を
してもらったのに、わたしは先生の鼻の横に
二つ並んだ大きなイボが気になって、
半分くらいそちらに意識を持って行かれて
よく聞いていなかったという体たらくですorz
ひとまず心配ないってことがわかればよかったし。

その後は歯科検診。○市は虫歯はなかったのですが、
上唇にある真ん中の筋みたいなやつ?
それがちょっと太いので、今のところ
なんの問題もないしての打ちようもないけど、
将来的に永久歯の上の前歯がくっつかないで
隙間が空く可能性が出てくるかも、と言われ
「なんだそりゃああああ」という感じでした。
よく見ていてね、と言われても、見たところで
どーすりゃいいんだと突っ込みたい。
まぁ三歳児検診でまた見てもらうしかないでしょうが……。

ということで特に問題なく終わりました。はい。
身長体重もどちらかというと平均値真ん中寄りに
なってきたので、○子に比べればそこまで
背が高いほうってわけじゃないみたい。
いいんだか悪いんだか……。
でも集まった一歳半児の中では
やっぱりちょっと大きいほうかな~という身長でした。
体重は十キロ超えていました。重いはずだよ。

次の検診は三歳になるので、そのあいだも
特に問題なく過ごせればいいなぁと思います。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017年03月03日(Fri) 20:40
コメントありがとうございます。
編集
こんにちは、風波さん。

わたしもブログはご無沙汰気味です(汗

言葉も叫んだり喃語だったりはよく言っているので
そのうち出てくるだろうとは思っているのですが、
周りがすでにしゃべってる~となるとやっぱり焦りもあり。
○子がいるのでよけいに「上の子はこうだったのになぁ」というのも
あって、○市のゆっくり具合には唸るばかりであります。

動きも歩き方こそペンギンみたいですが、
まぁ可愛いし(笑 滑り台とか、
四つん這いで登れるものはどんどん登っていくので
心配ないかなぁとは思っております。
本当に保育士さんがいい方でよかったですw


風邪も子供たちなかなか治らなくて困っております。
鼻水はともかく、咳があると支援センターにも入れないので、
旦那君が仕事始めたあとはどうしようかって感じです。
ずっと家じゃわたしも滅入っちゃうし。
鼻水だけなら花粉症だな~で終わるんですけどね。咳はね~。

わたしは風邪はさっさと治りましたが、
当然花粉症で鼻水と目のかゆみがひどいですorz
毎年のこととはいえこっちはこっちで滅入ります。

本当に早くよくなりたい~。
2017年03月04日(Sat) 13:54












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL