TOP○子幼稚園(年少) ≫ 入園式

入園式

今日は土曜日なのにあいにくの雨。
小雨という感じですが、降ったり止んだりと
落ち着かない天気です。気温は温かいのですが。
逆に昨日の午後はあまりに暑くて
半袖で普通に過ごせました。
そんな陽気だから○市がダウンして、
昨日の夜は咳鼻水に加え38度の発熱。
今朝になって下がりましたが、一応小児科に行き
薬をもらってきました。今日になって○子も
鼻水を発症していたので、同じく薬をもらい。
そしてわたしも風邪引いたっぽい感じで
夕方になると咳が出始めます。
皆様も体調管理にお気をつけを。

さて、昨日は○子の幼稚園入園式でした。
カテゴリにも新たに「○子幼稚園(年少)」というのを
作ってみました。これが年中、年長と
どんどん続いていくことを切に願いつつ。


入園式当日の七日金曜日はあいにくの雨。
一日曇りの予定だったから雨が降ったのには
あちゃ~という感じでしたが、気温は高く
着ていくものには困らない感じでした。
わたしの服は上下で切り替えのある
半袖のワンピース(上は白で、腰から
下は黒のスカートになっている)と
青みがかった薄い灰色のジャケット。
○子は前日に急遽揃えたリボンと
襟付きのシャツに灰色スカート、
黒いフリル付きハイソックスに、
園服を重ねて着る感じでした。
夫氏はスーツ。男って奴はすべてが
スーツでまかなえるからうらやましい。

が、○子のスカートはサイズが一番小さいので
120しかなく(おそらく小学校の入学式用に
並んでいた奴だったので)、穿かせてみたら
見事に腰はぶかぶかの丈が長過ぎな感じで(汗
でも腰の部分を一回折ったらちょうどよく
なったのでそれで強行しました。
あとあとやってきた母がそれに気づいて
大爆笑していたのはここだけの話。
母には○市を預かってもらうためだけに
わざわざこちらへきてもらいました。

九時半からの受付開始で、母が早く
きてくれたので、わたしたちも出発することに。
もう緊張と不安と寝不足で死にそうな
気持ち全開でムンクみたいになりながら
向かったのですが(旦那君はそんなわたしを見て
なぜそんなに緊張するのか意味がわからんと
首をかしげていました。まぁ大体のひとは
そういう反応をするかと思いますが)
いざ到着すれば水瓶座特有の社交型スイッチが
入るのか、ギクシャクすることもなく
フツーに敷地内に入っていくという……
小雨が降りしきる中、入園おめでとうの
看板がかかっている前で写真を撮ったり、
門の前でも写真を撮る親子連れがいっぱいだというのに、
雨にこれ以上打たれたくないさっさと受付を
済ませたい一心ですぐに教室へ向かう一行。
すぐに先生が近寄ってきて声をかけてくれて
「おはようございますー! あっ、○子ちゃんですね?
わたし担任になりますOと申しますー!
よろしくお願いしますー!」と挨拶してくださいました。
O先生はプレのとき、一度手品を見せてくださった
ことがあるし、園紹介でもベテランの域に入る
先生だったので(でも年齢はわたしと同じか下)
「あああ、この先生なら大丈夫だよかった~」と
なんとなくほっこりし、無事に上履きに履き替えて
教室に向かったら、先生が手ずから○子に
名札をつけてくれました。ももぐみさんなので
ピンクの可愛らしい名札です。
それから荷物置き場まで案内してくれて、
「これが○子ちゃんのマークだよ!」と
荷物置き場とお道具箱に張ってあるマークを
教えてくださるという……ちなみにリスさんでした。
リス……リスかぁ……ウサギとか蝶とかなら
絵でも簡単に描けるけど、リス……orz
子供の持ち物にマークでも入れようかなと
ちらっと思っていた考えはその時点で霧散しました(遠い目

「入園式は遊戯室で行いますので
好きな席に親子で腰かけてお待ちください~」と
言われ、なんだか言われたらすぐに移動しないと
行けない気がしてすぐに遊戯室に入ったけれど、
周りのママさんたちは思い思いに写真撮ったり、
先生と子供を並べて一緒に撮ったりとアクティブ。
上の子がすでにいる場合はその担任の先生と
お話ししたりねぎらったりと、アクティブな保護者は
どこまでもアクティブやと感心しながら、
基本ぼっち至上主義の佐倉ママはそうそうに
まだひともまばらな遊戯室に入ったという……
前のほうの席に腰かけて待っていましたが、
人が増えてきたところで夫氏が「じゃあうしろのほうに
行くよ」とわたしたちから離れて遊戯室の後ろに。
子供と母親が一緒に座り、父親はうしろで立っているが
入園式の基本スタイルになっておりました。
ところでわたしと○子が座ったところの近くに
お祝いのお花が置いてあって、そこの百合から
ものすごい匂いがしてきて、旦那君はこれを
かいだ瞬間からずーっと頭が痛くなって
たまらなくなったそうです。持病の偏頭痛……orz

入園式は開式の言葉から、新入園児代表の
くす玉割りへと続き、もうこの時点で○子は
「○ちゃんもやりたい!○ちゃんもお手伝いする!」と
さわぎ、その後もぐずぐずぐずぐず騒ぐのが
大変で、いざ式が終わりクラスで写真を撮る
段階が一番ひどかったorz ももぐみさんの男の子と
女の子に分かれて写真だったのですが、
男の子は割とぐずっていてママが抱っこして
写真に収まる子も多かったのですが、
女の子は全員綺麗に一列に並んで座って
カメラを見てにっこり落ち着いて笑っていました。

うちの○子以外はorz

○子はすっかりぐずって疲れて座るのも拒否、
仕方なくわたしが捕まえて膝の上に座らせるも
全力で嫌がって大泣きしながら大暴れ。
わたしはスカートがはだけるのもかまわず
○子を必死に抱えているだけで精一杯で
笑顔を作る余裕もなかったです(遠い目
なんでうちの子だけこんなんなんだ……orz と
絶望に駆られたのは致し方ないことだと思っていただければ。

その後は教室に移動して先生が出す
おもちゃで遊ぼうとなり、保護者の方は
再び遊戯室に戻って説明を聞く~という
流れでした。○子もすぐにおもちゃに飛びついたのですが、
人気のおもちゃっぽい感じで、男の子と取り合いになり、
負けた瞬間に大号泣。「○ちゃんが遊びたい~!」
とわたしに向けて訴えてくるんですが、いやぁ
わたしに言われても困るし……orz
ほかのおもちゃで遊ぼうと言ってもまるで聞かず。
そしていざわたしと夫氏が遊戯室に行こうとすると
「○ちゃんもいく! 一緒にいく! おうち帰るぅううううううううう!!」と
大暴れ、大泣きorz 仕方ないので旦那君が
「じゃあおれが残ってみているよ」と言ってくれたので
わたしだけ説明を聞きに向かうことに。
○子はずっと泣いていたけど無視です、無視。
ほかにも二人くらい親から
離され泣いている子がいましたが、
迎えに行くまでの小一時間、
みんないい子にしていたようです。
○子も泣いていたのは最初の十分くらいだったらしい。
ただ周りの子が遊ぼうと誘っても頑なに拒否し、
手に入れたお気に入りのおもちゃをひたすら抱き込み、
割と長い時間ひとりで遊んでいたそうな……
どーよ、この頑固かつ協調性皆無な感じ。
完全にわたしそっくりじゃないですかorz
でも最後はお友達に誘われて一緒に遊んだりも
していたらしいけれど。前途多難やね……orz

家でも支援センターでも基本的に自分が
一番年上で王様で、たいていのものは
自分のものにできていただけに、今後
集団に入れて譲り合いの精神とかを
学んでいってもらえればいいなぁと思いつつ、
慣れるまではストレス溜まるだろうから家庭でも
見ていかないと駄目なんだろうなと思うと気が重いorz
その点○市なんかは、常に○子に
ものを取られ邪険にされ突き飛ばされ
殴られしているから、こういうところに入っても
要領よく順応も早そうな気がする……と
旦那君と二人で言い合っておりました。
下の子が要領よくなるのわかるよホントにorz

保護者のみの説明のほうでは
バスについてや提出書類などが知らされ、
またいくつか準備するものが増えた……
とげんなり。そのための週末なんだなとも思ったり。

終わったあとは教室で担任の挨拶。
担任のO先生も諸々の説明をしつつ、
「実はわたしここ何年かは年中さんや
年長さんを受け持つことが多かったので――」
との挨拶に、根暗佐倉は「ああ、だから
年少さんはちょっと不安とかそんな感じかな」と
予想したけれど、O先生は明るい笑顔で
「年少さんは本当に久しぶりなので、わたし、
担任するのがとっっっても楽しみなんです!」
とうれしさがあふれ出しそうな声で言っていて、
「あああああ、駄目だあああああ、
こんな怪獣でしかない三歳児を愛する
幼稚園の先生という人種の思考を
わたしのようなネガティブ根暗ぼっちが
推し量ってはいけなかったのだあああああ」と
心の中で思わず叫びました。
幼稚園の先生やべぇよ、胸の内の
本心はとにかく明るい笑顔で言い切る
その姿勢がやべぇよ、格好良すぎる、
頼もしすぎる、もはや同じ人間とは思えない、
というくらいに佐倉ママは衝撃を受けていましたorz
副担任のY先生は今年入られた
新卒の先生とのことですが、ずっと
緊張も見せずににこにこしていて、○子が
じっと見ていると見返して手を振ってくれたんです。
○子は恥ずかしがってわたしの膝にうつ伏せちゃったけど、
ニヤニヤしていたから本当はそうとう嬉しくて
照れちゃったんだなぁ、と。あれ? うちの子ツンデレ?

挨拶が終わって入園式も無事終了。
Y先生に靴箱のところまで見送ってもらって
「よろしくね~」と声をかけてもらって、帰りました、
となればよかったけれど、そこは怪獣三歳。
遊具でひとしきり遊んでから、門の前で
ひとまず写真撮って帰ってきました。

帰ってくるとビデオを流しながらそれを
静かに見る○市と母の姿が。
「○市はおとなしい子だねぇ~。
全然泣かなかったしいい子にしてたわ」と
よそ行きの顔を見せまくっていたらしい○市。
これが○子なら大泣きしているだろうに、
一歳の○市のほうがよっぽど大人な
対応ってどういうこっちゃ、と母はめまいがorz

そんな感じで昨日の入園式は終わりました。
正味三時間程度の拘束時間で
わたしのメンタルは真っ白に燃え尽きましたorz
こんな状態で五月には親子遠足とかあるんだぜ?
○子と二人っきりでデートしちゃる。
ほかのママさんと必要以上に会話など
する予定などない。娘とデートする。
と心に決めて対人関係のストレスを
追い払おうとする駄目ママ佐倉でありました。

幼稚園に通い始めるのは火曜日からになります。
(月曜日は始業式で、新入園児の一号認定は
お休み。二号、三号の子は普通に通える)
その日から○子はバスに乗って通うのだ~。
そして初日から持たせるものが多いので
ちゃんと持って行けるか超不安であるorz

あ~胃が痛い……orz
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL