TOP雑記 ≫ おら東京さ行くだ

おら東京さ行くだ

ということでディズニーには明日行って参ります。
そこ東京じゃなくて千葉じゃん、とか
お決まりの突っ込みはスルーするよ~。

相方が明日から三連休だったので、
当初は「じゃあ中日の三日に行くか~」と思っていたのですが、
最終協議の結果、連休初日で向かうことになりました。
「今週は早番だったから身体のリズムがちゃんとしているし、
一日ぱーっと遊んで残り二日だらだらするほうがいい」という
相方の言葉によって決定。

「あ、もしかして中日に行くので予定立ててた?」
「ふふふ、案ずることなかれなのさ。
こういうこともあろうかと、夕食を食べるレストランの予約は
二日から四日まできっちり取っておいたから。それも一ヶ月前からね!」
「用意よすぎるだろw」
もちろん行かなくなった日の予約はさっそくキャンセルしておきましたが。
今はインターネットからレストランの予約ができるんですよ。
食事だけなら一ヶ月前ですが、ホテルに宿泊予定があるなら、
半年前から予約しておくことができます。

まっ、ショーをやっていたりする大きいレストランのみですけれどね。
当日、開園直後に走って予約しに行くこともできますが、
ゆっくり入園予定なら断然インターネットからの予約のほうがお得です。
もっとも、いろいろ個人情報を登録したり、
予約した証明書みたいなのを印刷して持っていかないといけませんが。
まぁ、そのくらいなら許容範囲内ですよね。

幸い、三日間とも天気は雲多めの晴れで、
気温も三十度以上は上がらないようなので、
絶好のインパーク日和と言えるでしょう。
日差しは少々心配ですが、それ以上に心配なのは朝夕の寒さ。
最低気温が低いし、今日も昨日も朝夕は冷えるので、
春物のカーディガンを持っていく予定です。
これ、結構古いやつだから、あちこち毛玉浮いてるんだよな……。
七分丈の奴もあるけど、こっちは生地が薄いのでちょっと心もとない。
ディズニーは夜になるととにかく海からの強風が冷たいので、
夏場でも注意しないと下手したら風邪引きます。
行き帰りの電車もクーラーががんがん効いていて寒いですからね。


本当に、夏場の電車ってどうしてあんなに寒いのでしょう。
わたし、大学時代は東京方面の大学に通っていたのですが、
もうとにかくクーラーが寒くて寒くて、
夏場も半袖だけではとても通うことができませんでした。
なので長袖の上着を必ず持っていって、
電車が混み始める頃にそれを着込んで、爆睡(笑
ケータイアラームを降りる駅の一歩手前くらいでセットして、
上着を脱いでから電車を降りる、
なーんてことを夏場は徹底して行っていました。
いざ地上に出るとかんかん照りで暑い・暑い……。

夏場に都心部へ電車でお出かけになる際には、上着やショールなど、
必ず羽織るものを一枚持っていくことを全力でおすすめします。


ということで行きは電車でのんびりと、
帰りは新幹線でぱぁーっと帰ってくる予定です。
車使っても行けるは行けるのですが、
わたしの車にも相方の車にもナビがない上、
首都高を走るだなんて恐ろしいことをしたくないので、
ディズニー行くときはいつも電車を使います。
バスツアーに申し込んでもいいのですが、
それだと時間が決められちゃうから、
いまいちのんびりできないんですよね。

わたしは行きも新幹線で~と思っていたのですが、
通勤時間から少しずれていくんだから電車でよくない?
という相方の言葉を聞いてそれもそうだと納得。
ぶっちゃけ時間は一時間も変わらないしね。急ぐ旅でもないし。
朝はいつも通りの時間に起きて、
そこからやってきた電車に乗り込んでのろのろ行く予定です。

しかし「いよいよ明日行くのか~」と思うと
もう昨日の夜からwktkが止まらず、
気づけば眠れない状態に陥っておりましたorz
そう、わたしは修学旅行の前日は絶対に眠れないタイプ!
昨日も十二時前に横になったにもかかわらず
全然眠気がやってこないで、
布団の上をごろごろしながら相方とずっとくっちゃべっておりました。

以下、色気のねぇ寝室での会話。
「ねぇねぇ、修学旅行の夜ってさ、男子ってなにを話すの?
ひたすらエロトーク? むしろ全力枕投げ?」
「んー、おれは最初から枕投げタイプだったけど、
同じ班に誰ひとり同調する奴がいなかったよね」
「ぶふーっ、かわいそうな奴。で、エロトークになったわけ?」
「エロトークって言うか、好きな子の話だよね、やっぱり」
「おおっ、青春ですな~! で、で、で?
君は誰か好きな子いたの?」
「ってゆーかその旅行中にモーションかけてきた子がいた」
「キタ――――! すっげぇ、漫画みたいな展開じゃん!
で、で? 付き合ったの?」
「付き合いましたよ」
「おお! ……あれ? でも君って元カノはひとりじゃなかったっけ?」
「だからその子が元カノだよ。
一回別れて、より戻したのが大学のときだったから」
「なるほど。つーことはトータルすると結構長く付き合ってたんだね。
その子巨乳だったんでしょ? エロエロじゃないですか」
「巨乳だったけどお腹も出てたよ」
「でもそういう子に抱きついたり膝枕してもらったりとか
絶対気持ちいいよね~w」
「いや、さわると冗談抜きで『やめて』って拒絶されたから」
「あー……orz」
青春とはほろ苦いものである。

しかし元カノの話をこれだけ嬉々として聞き出すわたしも、
それはそれでどうなんだと自問したくなるが。
だってひとの恋バナっておもしろいじゃない。
ネタになるし(←オイ

ということで相方が寝たあともずーっと眠れないで悶々とし続け、
最後に時計を見たときにはもう空が白んでいたorz
起きたのが七時半なので実質睡眠時間は一時間くらい?
相方が仕事へ行ってからもう一度寝てみたけど、
やっぱり二時間も眠れませんでした。
おそらく今日の夕方頃には、
強烈な眠気に見舞われていると思います。
ある意味明日に備えられるのでそれはそれで問題なしです。

ディズニー旅行記に関しては明後日以降長々と
ブログに綴っていく予定ですので、
気が向いたらのぞいていただけると嬉しいです。



話は変わりまして。
本日から七月! 夏! でもまだ梅雨!
な毎日ですが、本日から恋人二号は五ヶ月に入りましたw
四ヶ月の頃はまださほど目立たなかったお腹が
いい感じにふくらんできましたね。
さすがにもう一目見て肥満だと言うひとはいないはず。
腰の痛みはたま~にくる程度ですが、
胸元と左腕と左太腿のかゆみに比べればなんでもありません。
結局治らなかったなぁ、あせも……orz
手の汗ぽうはかゆいにはとうとうなくなりました。
けど皮向けやら肌荒れがひどいので、
薬はまだまだ欠かせません。
油断するとまた別のところにぼつぼつもできるし。
うーん、完治するのは夏が過ぎてかしらねぇ(あきらめモード


『王家の秘薬』に関しましても、
たくさんの方に閲覧していただきまして、
まことにありがとうございます!
それまでくすぶっていた閲覧者数が昨日だけで6000PV越えましたorz
どれだけの読者様をお待たせしていたのかと思うと
申し訳なささでガタブル状態ですが、
本日も21時更新予定ですので、ぜひ楽しんでいただければと思います。
すでに予約してあるので、明日もきちんと更新されます。
そこはご安心くださいね。


ではでは、皆様もきたる夏に向けて、
体調など崩されないようにお気をつけください。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013年07月01日(Mon) 16:35
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013年07月01日(Mon) 20:13
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013年07月01日(Mon) 23:19
コメントありがとうございます。
編集
こんにちは、かっぱさん。

とりあえず帰宅&生存報告です。
詳細は記事に書くとして、もうとにかく人生最良の一日になったことだけお知らせします!

桃、手に入ってよかったですね。
わたしもこの前350円でまた売っているのを見て、懲りずに買っちゃいました(笑
柔らかい桃だったので慌てて夕食で食べましたが、うーん半分くらい苦かったかな(汗
桃ってどうしても当たり外れがあるので、購入するのも博打だと思っています。

立夏先生の物語は話がおもしろいですよね~。
今月巻も今日発売日なんだよなぁ。うぅ、買いに行きたいけどごろごろしたい。
ああ、でもソーニャ文庫も出ているから、やっぱり本屋に行きそうな予感がします。
2013年07月03日(Wed) 12:40
コメントありがとうございます。
編集
華影さん、こんにちは。

楽しんでまいりました~♪
人生最良の日となったことをお知らせいたします。

相方との会話に笑っていただきありがとうございます(笑
冗談でも誇張でもなく、毎日こんな感じで会話しているんですよ。

ごたごたも一ヶ月続く予定ですか。くれぐれもお身体にはお気をつけください。
あ、あと青柳さん好きだと言ったわたしの言葉を覚えていてくださって、
こちらこそとっても嬉しかったです!
綾乃とそろって、苦労人の彼にはぜひとも幸せになって欲しいのでw
2013年07月03日(Wed) 12:43
コメントありがとうございます。
編集
こんにちは、風波さん。

やっぱり修学旅行の前日って落ち着きませんよね。
明日無事に早く起きられるだろうか……ってもうそこから心配になって
寝付けなくなるという(笑

ハリポタはわたしもわくわくして待っていた口です。
四巻の発売日が中学校の文化祭と重なって「どっちも楽しみすぎるわ!」となったり、
最終刊をいち早く手に入れるために朝の四時に起きて近くのセブンイレブンへ走ったりと、
いろいろ振り回されました(恥

相方の元カノさんがいろいろ難な方だったようで、
話を聞いているとおもしろくなってきちゃうんですよね。
未だ嫉妬したこととか怒ったことってないです。それより先に「ネタになる!」って思っちゃうんですよ。
うーん、でも風波さんのお話を聞いて、たぶんそういう類の
衝撃的な内容がないからだろうな、と考えを改めました(笑

これまで書けなかった作品が、なんか知らんけど一気に書けるようになった、
っていうときが必ずありますよね。
なんにせよ完結おめでとうございます!
おおっ、新作も早めにH突入!? いいじゃないですか、書いちゃいましょうよ♪
ノリに乗っているときに書くとやっぱりいい文章が書けますしね。
何事も最初は難しいけれど、数をこなせばなんとでもなりますさ!
わたしも『いつわり王子』がH作品の第二作目だったのですが、
一作目を書き終えたときには「もうこれでH書けるようになったぞ!」と妙な自信をつけたものです。
(と言いつつ、一作目は内容もH描写もまぁ下手くそだったんですけどねorz)

ディズニー旅行記は今からつらつら書いていきますので、
ぜひぜひのぞいてやってください。
2013年07月03日(Wed) 12:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL