08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

プレ二回目

相変わらず体調にブレがある佐倉です。
頭痛がようやく薬とか地道なストレッチのおかげで
よくなってきたのかな~、と思ったら朝の
気温や気候でやっぱり痛む日があったり、
かと思ったらここ数日天気が悪くて寒かったので
あえなく風邪を引いて喉をやられて鼻水も
だらだらで鼻呼吸ができなくなったりと、
割と大変な日々を過ごしておりました。風邪は
だいぶよくなりましたが、今日は朝は頭痛があり
痛み止めを服薬しております。とほほ。
日常生活は普通に送れているんですがね。
昨日も母とイオンで待ち合わせてスタバの
新作飲んだりランチしたりと楽しく過ごせましたが。


さて、今日は○市の二回目の幼稚園プレの日でした。
プレというのもおこがましい、親子で楽しく
遊んでお喋りして、ちょっと手遊びして、みたいな
支援センターに近い感じの集まりです。
今日も前半は子供たちを自由に遊ばせ
ママさんたちのお喋りの時間になり、
後半は絵本の読み聞かせと、マラカス作りでした。
マラカスは小さなペットボトルにビーズを詰めてあり、
そこにママがマスキングテープとシールを貼って
完成というもので、できあがったやつは
子供たちがもれなくぶん回して遊んでいました。

○市もだいたいの時間おとなしく遊んでいたのですが、
(そしてわたしはそんな○市を見るだけ見て
ぼーっとしていて他のママさんとの交流は
ほとんど持たずにぼっちを満喫していた)
誰か一人が脱走すると自分も続けという性なのか、
ガラス越しの外で園児たちがのびのび遊んでいるのを
見たせいか、自分も外で遊ぶ~と何度か脱走を
繰り返しまして。その都度室内に戻していたのですが、
運悪く外で遊んでいた○子に見つかりましたorz

「あ、ママーw」と嬉しそうに寄ってくる○子。
あああああ見つかっちまったあああああ、と
盛大に焦るわたし。そんなことはお構いなく
外で遊びたいから行かせろゴラ、と無言で
わたしの手をくぐり抜けようとする○市。
そんな構図で硬直していましたが、
タイミングよく(?)手遊びを始めますという
声がして、ママは○市を抱えて○子に「ごめんね、
ママ中に入るから○子は先生と遊びなね」と
声をかけて中に入ったわけです。そのときの
○子の泣きそうな顔と言ったらorz
その後も窓越しにしつこくママ、ママと声を
かけていた○子でしたが、ちょうど外遊びが
終わる時間だったらしく、わたしたちが
マラカスを作り終えて外に出たときには
年少の園児さんたちは中に入っておりました。

○子も教室に入れたのかな、よかった、と
思いつつ、あとの時間はプレでゆっくり過ごし、
外遊びする気満々の○市に靴を履かせ
解放したら、なんと先生に手を引かれて
廊下をお散歩する○子の姿が(滝汗

○子もママアンテナがすごい立っていたらしく、
速攻でわたしを見つけて泣きながら
「ママあああああああ!」と叫び、それに気づいた
先生がハッとした様子でこっちに頭を下げ、
もうそうなったら無視もできないので近寄っていったら
○子その場で号泣orz 「最近は
外遊びが終わって教室入ろうって
行ったらすぐ入ってくれたのですが、
今日はなかなか入ってくれなかったので、
ちょっと強引に中に入れちゃったんです。
そしたら泣いちゃったので、気を紛らわせるために
お散歩しようと出てきたところだったんですよ~」と
説明してくれる先生にものっすごい申し訳ない
気持ちになりつつ、「すみません、外で
遊んでいるときわたしを見つけちゃったので、
たぶん連れて帰ってもらえるんだと思ったんだと……」
「ああ、それで入るのちょっと嫌がったんですね~!
そうだよね~、ママがいたらそっち行っちゃうよね~。
でも○子ちゃん、ちゃんと自分で靴を脱ぐところまでは
できたから偉かったんですよ!」と、すっごい
迷惑かけているのに褒めてくれる先生に、
こっちの良心は痛みすぎてたまらないorz

○子は○子で泣きながら「ママと帰る!」って
主張するし、こりゃあ近くにいても逆効果だと言うことで
「○ちゃんはこのあとご飯食べるんでしょう?
ご飯食べたらバスに乗って帰っておいで」と
声をかけ、先生も「そうだよ、○ちゃんはバスは
一番に降りるからすぐにママにまた会えるよ!
ちょっとごはんたべて、そしたら帰ろうよ!」と
明るくなだめられ、「じゃあお願いします~」と
頭を下げてわたしは早々に帰ることに。

長居したら○子がママと帰ると駄々を
こね続けるだけだ。さっさとここから消えなければ!
と思ったはいいものの、こっちには
明らかにまだ遊びたい○市がorz
仕方ないので小脇に抱えて帰ってきたら
まだ遊ぶううううううと大泣きして
他のママさんたちの注目をめっちゃ集め、
ママはもう心を無にして園の門をくぐるしかなかったですorz

子供たちどっちにもそれぞれ「帰るうううう」
「帰らないいいいいいい」と泣かれ、
疲れ切ったままは、お昼をコンビニで買って
帰ろうとしたはずなのに、なぜか通り道にあった
ケーキ屋さんに車を停めて、お昼ご飯の
代わりにケーキを食べたという体たらくですorz
単に胸焼けと胃もたれを引き起こしただけですが、
なんかとにかく、わたしも慰められたかったのですorz
お昼をケーキバイキングで終わらせたようなものさ!
と言い訳しつつ、息子にもケーキでお昼ご飯に
させたのは大いに反省すべき点と思いつつ、
たぶんまたやる日がくるだろうと思わずにはいられない。

思い切り遊ばせてあげられなくて御免よ、○市。
○子は今頃泣きながらお昼を終えた頃かしらん。
なにより一番謝りたいのは○子の担任の先生。
いつもご迷惑をおかけして申し訳ありませんm(_ _)m
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

佐倉紫

Author:佐倉紫
『ベリー・ウィッシュな日々』
育児他、日常のつれづれ日記。
時々Web小説の更新情報。
商業紙などのお仕事情報。


―佐倉紫(さくらゆかり)―

一月生まれ。水瓶座。
夫、娘○子(三歳四ヶ月)、
息子○市(一歳九ヶ月)と
ほのぼの四人暮らし。

TL作家として既刊あり。

ムーンライトノベルズ様
にて同名義で活動中。


↑ランキング登録中

ツイッター

商業誌紹介


『ロゼリア姫は逃げられない。1』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『ロゼリア姫は逃げられない。2』
KADOKAWA〈eロマンスロイヤル〉


『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『マイフェアレディも楽じゃない』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『騎士侯爵の優しい策略
 ―花嫁の初恋―』
ブライト出版〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ文庫〉


『愛されすぎて困ってます!?』 アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉


『獰猛な王は花嫁を愛でる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『疑われたロイヤルウエディング』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『白薔薇は束縛にふるえる』
大誠社〈プリエール文庫〉



『王家の秘薬は受難な甘さ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉



『シンデレラ・マリアージュ』
アルファポリス社〈ノーチェ・ブックス〉

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる