TOP育児 ≫ 髪切ってさっぱり

髪切ってさっぱり

更新がずいぶん久しぶりになりました。というか
ツイッター始めてから案の定ブログの
更新頻度が低くなりましたね……orz
ただ五月は仕事が詰まっていて、末日〆切の
原稿があったり、六月頭提出のプロットが
あったりで、割と仕事にあくせくしておりました。
五月前半が体調不良で思うように筆が進まず
GWで遊んでいたツケなんかも回ってきて
後半忙しくなった感じですね。いつものことですorz(駄目だろ

体調のほうもよくなったかと思えばまた
朝から駄目なときもあり。肩とか腕とか
張ってる感じが自分でもわかってつらい日々です。
医者からもらった薬も限りがあるから
本当に大事な日以外は飲みたくないし、
ということで市販薬を飲んだり、寝不足だからと
ドリンク飲んだり、口内炎できたからスプレーしたりと、
気づいたら一日に何種類もの薬やサプリを
一緒に飲んでいるときがあって、我ながら
恐ろしく感じるときも多々あります。ただでさえ
毎日ピル飲んでるのに上乗せするとか……!

さて、まぁそんな感じで日々を誤魔化しつつ生きていますが、
今日は久々に子供たちと実家に帰ってきました。
といっても実家に長居する時間よりは移動時間のが
長かったんですけどね。片道一時間ちょいかかるので。
子供たち(というより夫もですが)二人とも風邪引いていて
咳がすごい感じです。○子はたまに咳き込んで、
一緒にちょっと鼻水垂らすくらいで回復傾向にあるのですが、
○市は咳がひどい上に鼻水もだらだらで、鼻呼吸が
できないせいか口から涎がだらだらで、おまけに
食欲もなくてご飯をあまり食べてくれません。
熱も微熱程度ですがあるので、連れて行くかどうか
悩んだのですが、嘔吐などの症状はないし、
本人もフツーに歩いたり走ったりはしているので、
大丈夫だろうと連れて行きました。結果、やはり
食欲はなくお昼もおやつもあまり
食べてくれなかったけれど、
フツーに過ごすことができました。

実家に行った目的は、母の友人がやっている
美容室に行くこと(ご本人の自宅の一角が美容室仕様)
朝一に行くつもりでしたが、午前中は予約が
入っていて対応できないと朝に連絡をもらい、
「じゃあ先にスーパーでお買い物してから
おばあちゃんちに行くよ」と○子に行ったら、
母のところへ行くのを前日から楽しみにしていた○子は
一気に機嫌が悪くなり、「お母さん(わたしの母のこと)
のところ行くうううううう!! お買い物行かない!!
髪切り行く!! お母さんのおうち行く!! お買い物
やだあああああああああああああああああああ!!」と
三十分近く泣きわめいていました(げっそり
最終的には落ち着いて、買い物にもフツーに
ついてきてくれたんですけどね。やれやれorz

そして買い物が済んだらその足で実家へ。
車で一時間弱、国道をひた走っているあいだに
息子は寝落ちしましたが娘は元気でずっと
お喋りしておりました。体力有り余っているね。
実家に着いたあとは久々に祖母に会えて
嬉しいのに恥ずかしい○子をからかいつつも、
みんなでお昼を食べに行き、それから美容室へ。

三ヶ月の時から通っているだけあり○子も
この美容室がどういうところかわかっている様子で、
髪を切るのも自分一人で椅子に座って
最後まで切られていました。ちびまる子ちゃんみたいな
おかっぱ頭でしたが、さっぱり切ってもらって
まるでこけしのような頭に。前髪もさくっと
切ってもらって全体的にさっぱりしました。
これから暑い時期だけに、これなら帽子被っても
あんまり蒸れないで済むかな~という感じ。

逆に○市はちょうどお昼寝時間と言うこともあり
ぐずぐずの大泣きで、わたしが抱っこして
母が頭を抑えてバリカンで刈り上げてもらうという感じでした。
そのあいだずーっと泣きわめいて顔中が鼻水と
涙と涎と刈り取った髪の毛でいっぱいというね……
○子も一時期こういうときあったけれど
今はおとなしくなったから、○市もさっさと
おとなしくなって欲しいと思う今日この頃orz

そのあいだ○子の幼稚園でのことを話したのですが、
参観日も遠足も一人だけ泣いてたりして散々だった、
というわたしの言葉に「ああ、よくある、よくある。
そんなもんだって」と美容師さんはかる~く答えて、
「うちの末っ子なんてもっとすごかったよ~。
お昼寝しない子だったから保育園のお昼寝時間は
いらなくてね。年少の頃は先生が『寝ないと狼がくるよ』
とか言って寝かそうとしてたらしいけど、娘は
『お母さん、狼なんてこないよね?』な~んて
かわいげのないこと言ってたし、次の年からは
お昼寝時間は先生のお手伝いして時間潰してたし。
運動会じゃ他の子がみんな時計回りに走ってるのに
うちの子だけ逆走してたし、スカートが嫌いだったから
卒園式になにを着せるかすっごい迷ったし。
結局パンツルックでシャツだけピンク着せて、
髪は美容師だから可愛くして、その日だけは
先生たちに『可愛い~』って言われてたわ。
中学はいると制服がスカートになるじゃない?
でもそれまでスカートを穿いたことがなかったから、
トイレの時スカートをどうすればいいの?
ズボンみたいに脱いでいいの? って聞かれて
ああわかんないんだわ~って驚いたもん」と、
そりゃあそりゃあ赤裸々に語ってくれたわけです。

この美容師さんは母の子供の頃からの友人で、
わたしもそれこそ物心ついたときから髪を
切ってもらったりして、お宅にお邪魔することも
何度もありました。三人のお子さん全員と会ったことも
遊んだこともあります。末っ子ちゃんはちょっと
年が離れていましたが、赤ちゃんの頃から知ってます。
確かにぽやっとした子でしたが、まさかここまで
いろいろな伝説を打ち立てているとは、とびっくりしました。

これまでもツイッターなどで育児の後ろ向きすぎる
呟きに対し、フォロワー様から励ましのお言葉や
エピソードなどいただいて、そうだよね、うちだけじゃないよね、
それどころかもっと深い悩みを抱えているひともいるし……!
と励まされたのですが、今回のこの話は
それを上回るエピソードでした。なぜかと言われれば、
わたし自身が話題になった美容師さんの末っ子さんを
知っているからでしょうね。本人を知っているからこそ、
エピソードにより信憑性が増し、同時に驚きが大きかった。
なにより今大学に通うその子がとても可愛く
素敵な女子に成長しているという事実が、
とても心強く、弱ったハートに響いてきたのです。

子供たちの髪もさっぱりしましたけれど、
わたしの心の中も幾分さっぱりした時間でありました。

その後は近くにあるわたしの祖母の家に寄り、
お小遣いとバナナと銘菓を頂戴し、
実家に帰ってからも、やはり母からおかずと
マフィンとグリーンダカラ一本とパンを頂戴し、
いろいろお土産を背負って帰ってきた佐倉であります。
久しぶりに会った祖母も元気そうでした。
最近は父には会うたび『老けたなぁ』と感想を抱くのですが、
祖母に対してはいつ会っても『老けないな……(汗』
という感想を抱きます(汗 もう83なのに
腰も曲がっていないし受け答えもはっきりしているし。
ケータイで電話できるしメールも打てるし。ハイテク。

そして家に帰る車の中では子供たちふたりとも爆睡で、
わたしは車内で一人カラオケを満喫しておりました。
お昼寝しちゃったし帰りも遅くなっちゃったし、
明日も休みなんだから夜更かししても構わないだろうと、
夫氏が帰ってくるのを待ってからご飯にし、
寝床に入ったのはいつもより一時間遅い八時半。
でも夫も子供たちも九時前にはパタッと寝ちゃいました。
みんなほどよく疲れているようで……夫は
仕事で体力使い果たしている感じですが(汗

なんにせよわたしにとってもいい一日でありましたw

***

近々書籍プレゼントを開催予定です。
手元に本がいっぱいになっちゃったので、
クリスマスまで待っていられない!! という感じでorz

来週中には告知しようと思っておりますので
興味のある方はのぞいていただければと思います。
応募者全員にSSのプレゼントもありますので。
ただそのSSは完全に新しいものではないのであしからず……
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL