TOP○市幼稚園プレ ≫ 幼稚園フェスタ

幼稚園フェスタ

夏休みもあと数日ですね~。
あと何日……あと何日……とカレンダーの前で
今か今かとカウントダウンするママさんも
多いことでしょう。そして大学生のお子さんを
お持ちのママさんは「あと一ヶ月も休みある……」と
絶望にくれている頃ではないでしょうか(遠い目

ずっと雨続きだった夏休みも最後の
週末はなんとか晴れてくれました。
なので日曜日は家族全員で市営プールへ。
市営のプールですがかなりの広さがあるので
一日いても楽しめます。七月に買った
浮き輪もようやく日の目を見ることになり、
○子も浮き輪に掴まって足を浮かせて、
引きずられたり、波のプールで上下に
揺さぶられたりと楽しそうでした。一方の
○市はプールの真ん中にある歩ける場所から
水の中に入ろうとして足を滑らせ、
あえなく顔からダイブして溺れかけるという
体験をしたおかげで、その後はわたしに
張りついて離れてくれませんでしたorz
おかげでわたしほとんどの時間○市を抱っこして
移動していたような気がします。夫も
変わってくれたけど、そうすると泣く○市の扱いづらさよ。

○子はこの前きたときは怖いと言って
やらなかった幼児向きの滑り台も
滑ることができました。滑り台自体は
わたしの背より低い感じの可愛いぞうさん
滑り台で、○子は水しぶきが顔にかからないよう
滑り出してから目を閉じ顔をそっぽ向けて
ドボンするという技を覚えたようです。
隣にあったもう少し大きい滑り台は
「怖いからやだ!」と頑なに滑りませんでしたが。

着替えも○子も○市もきちんと
わたしのそばにいて、座って、とか、
足を上げて、とか言ったらすぐに
言うとおりにしてくれたので助かりました。
○子に至っては自分で水着を脱いで
身体を拭くところまで一人でやってくれたので
本当に大助かり。片方だけでも自分で
なにかしらやってくれるようになると
ママの負担は軽減されるもんです。

その後はかき氷を食べてバイキングに言って
四十日分の休みを一気に一日に
詰め込んだみたいな休日を過ごしました。


そして翌日、ようは昨日から○子は
幼稚園の夏期保育になりまして、
普通に九時から二時まで給食もバスもありで
幼稚園に行っております。おかげでママは
自由感を取り戻しております。隣で○市が
ギャーギャーうるさいけど、この
ギャーギャーが一人分なら気楽なもんよ。


そして土曜日は幼稚園にて未就園児
対象のフェスタが開かれました。
入園説明会を兼ねた催しで、
教室ごとに人形劇、キッズイングリッシュ、
制作をすることができる感じでした。
去年はアンパンマンとメロンパンナちゃんの
着ぐるみを着た先生との写真会や、
バス乗り体験、スーパーボール釣り
なんかもありましたが、今年は控えめにしたらしく(汗

○市だけでなく○子も連れて行ったのですが、
長い夏休み生活と、先週は支援センターに
通い詰めてのびのび遊べる楽しさを
思い出しちゃったおかげで、ママと一緒でも
幼稚園に行かないぃいいいいい! と
わめいていました。なので門をくぐって園庭に
入るなりその場に立ち尽くして「わたしはもう
これ以上進まない」みたいな意思表示をしたり
していました。対する○市はぐいぐいわたしの
手を引っ張って先生たちがいる方向へ
突っ込もうとするという。担任と副担任の
先生も待っていて、○子にすぐに気づいて
「○子ちゃ~ん! 久しぶり~!
元気だったー!?」「こっちにおいでよ~!
遊ぼう~!」と熱心に声をかけてくださったのですが、
○子動かず。結局○市の靴を上履きに
換えてから、わたしが羽交い締めで○子を
引きずっていくことになりました。泣きわめく○子、
それをなだめる先生というカオスな構図。
他の先生も全員「○子ちゃ~んw」と
手を振ってくれるハーレム状態だというのに
その恩恵を受け取ろうとしない娘、○子であります。

そんな中でも園に入って最初の
園長先生の挨拶はきちんと座って聞けたし、
その後各教室にて催された催しにも
順次参加して、それなりに楽しめました。
人形劇をやっていたのが担任と副担任の
先生で、最後にお人形にタッチ出来るよ~ということで
必死に○子を呼んでくれていたのですが、
○子はわたしの膝の上からてこでも動かず
決して先生と目を合わせようとしない徹底ぶり。
一方の○市は最後のほうは飽きて脱走を
繰り返し、引き留められて大泣きし、
という感じで、最後にあった説明会は
資料を出すこともできずにただ聞いているだけでした。

そしてその説明会にて重大な事実が判明。
今年からこども園になった幼稚園ですが、
去年前では一号認定の子も、それまで同様
二歳児クラスに入園が可能だったのですが、
今年から一号認定の子に関しては
満三歳からの入園ということになり、
九月一日申し込み開始時点で入園申し込みして、
運良く通えることになったとしても、実際に
○市が園に通えるのは誕生日の前日……
つまりは八月三日からということになります、と
言われてしましましたorz 夏休みじゃねぇかorz
ということは実質二学期から通う形になるわけです。

もう四月から幼稚園に子供二人ぶっ込んで
わたしは悠々自適の小説家ライフを
送る気満々でいたので、この事実は大誤算。
二号、三号認定だったら四月から入れますと
言われましたが、上の子が一号認定なのに
下の子だけ三号認定で入れるなんてできないし、
じゃあ上の子も二号認定になる? となると
保育料ばかにならないし、そもそもわたしって
就労の認定が出るのか? とそこが問題で。
いや出るとは思うのですが、認定書とか
どっからもらえばいいんだと未だ謎。
わたしみたいにフリーの作家様って
どこから就労証明書もらっているんでしょう?
お役所に問い合わせるのも面倒くさいし……

さらに昨日になって「在園字の兄弟が入園を
希望する場合は三十日までに
担任へ連絡を~」みたいなお知らせもきて、
うーん、一応プレの先生には一号認定での
入園希望と伝えているけど、先生も
渋い顔をしていたし、たぶん入園の許可は
降りないっぽいよなぁ、難しいだろうなぁ……と思って、
二歳児クラスへの入園を断念することにしました。
あと一年手元で育てて、年少さんで入園
してもらうことにしますorz 来年も
幼稚園のプレには参加する予定。二歳児の
プレは一週間から二週間に一回の開催なので
今みたいに月一じゃないぶん幼稚園にも馴染めるし。
支援センターで気楽に過ごすこともできるし、
節約にもなるし、ということで自分を納得させました。

もちろん本音は来年からさっさと
幼稚園に通わせたかったという感じですがorz
まぁ○市が年少さんになる頃には○子は
年長さんで、今着ている園服とか
いい感じに○市にフィットしてくるだろうから
○子の買い換えもできるだろうし、いいよねw

そんな感じの幼稚園事情でした。


【新刊案内】

九月十五日発売予定。
ロイヤルキス文庫様からは
初めて出させていただきます!
予約受付中ですので是非w
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL