ベリー・ウィッシュな日々

佐倉紫のつれづれなる日記
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

生活発表会 前編

クリスマス書籍プレゼント応募受付中♪
こちらの記事を参照の上、メールフォームより
必要事項を記入して送信くださいw

現在プレゼント対象の二作品、いずれも
抽選が確定しております。

また個別の連絡を追記しております。

・大阪府 Hitojyo様
 ご連絡ありがとうございました!

・鹿児島県 さくらひめ様
 ご希望の書籍orSSのみの記載が
 ありませんでしたので、こちらもお手数ですが
 再度メールフォームより
 ご連絡いただければと思います。

***

書籍化決定!!
アルファポリス様にて連載中
淫魔なわたしを愛してください!
第三章まではWebにて公開予定!
まだまだ基本毎日更新です。

***

先週12月1日には○子の通う幼稚園で
生活発表会という名のお遊戯会みたいなのがありました。
まぁどこの幼稚園、小学校でも二学期の
この時期って学習発表会的な行事が
ありますよね。これもその一環みたいな奴で。
ただまさか市民会館の小ホールを貸し切ってやる
なんて思っていなかったので、Twitterで
フォロワー様に「そういうのあると思いますよ~」と
言われ、まっさかぁ、と思っていたらホントにあったので
私立園って怖いねw と思った次第です、はい。
わたしがいる市、幼稚園は私立しかないんですよorz

まぁその日は運動会と並んで幼稚園内では
園を挙げての推しイベントですので、園児たちは
一ヶ月以上前から当日に向けて踊りの振りを
仕込まれるわけです。現に○子も一ヶ月くらい前から
「メロンパンナちゃん」を歌ったり、
男の子が演じる関ジャニ∞の曲を歌ったりと
楽しげにしていて、もしやこれが演目か? と
思ったら、二週間前にパンフレットが届き、
しっかりこれをやるってことが書かれておりました。
毎日毎日踊って洗脳されたのか、「四歳に
なったらアンパンマンになるの~♪」と
抱負を語っていた娘が、ここ一週間は
「メロンパンナちゃんになるの~♪」と
目標を変えていました。恐ろしや。
スマホの扱いもすっかり心得ているもので、
わたしが一度キッズyoutubeから
メロンパンナちゃんのテーマ曲を検索してかけたら、
その後は履歴などをたどって
曲を自分で選べるようになり、
大音量で音楽をかけ、かけ声を叫びながら
踊り狂う毎日でありました。

……ま、家では上手に踊れても、
本番はビビって泣くか、よくて舞台に
突っ立っているだけで終わるんだろうな、と
冷めた気分でそれを眺めつつ……。
運動会のとき、まさにそんな感じだったので。

そう、これまでの○子を思い出すのだ。
5月の参観日では泣いていて先生の話も
聞かずにわたしのほうばかり向いて喋り続け、
遠足では集合写真を撮るときに大泣き大暴れで
○子一人のために何度も取り直しをする羽目になり、
運動会では泣いているか先生におんぶされているかで、
その後の給食会ではお遊戯の時間に脱走を図り、
集合写真でやはり大泣き大暴れで撮り直しを(ry

……とまぁ、クラス一の問題児となっている
○子なので、今回もただ舞台の上で泣かずに
立っていられたら御の字くらいの覚悟を持って
挑んだのですよorz 本当にorz


当日は午前の部と午後の部に別れておりました。
プログラム自体は午前も午後も同じ。
園児180人を二分して行うということで、
先生方の負担たるや相当のものだろうと思われます。
○子は午後の部からで一時集合でした。
なので午前中は家で過ごしておりましたが、
普通に休日のように過ごす子供たちは大変うるさく、
わたしは生理ががっつり被って痛みとイライラで
怒りまくっていたし、夫氏は連日の激務のせいで
お昼まで寝室から出てこないしで、まぁ大変でした。
ただ時間を過ごすということが大変すぎて胃が痛い。
かといって夫を起こすのは気が引けますしね。
Twitterをご覧になっている方はご承知かと思いますが、
十一月中旬から我が夫はブラック企業のもとで
連日日付を跨いでの帰宅を続けており、
建設業のためにずっと立ち仕事、力仕事で
ヘトヘトになっておりまして、この日は
本当に久々の一日休みだったのです。彼、先月は
一日休んだっていう日が二日か三日しかないんですよorz
わたしも相応にワンオペ育児をこなしておりました。
だからPMSから生理まで重たくつらく
なっちゃったんだと思います。ストレスねorz

とにかく昼になったので夫を起こしてご飯を食べさせ、
いざ会場となる市民会館へ行ってみました。
場所は知っているけど入ったことはなかったので、
駐車場に車を停めたはいいけど入り口はどこだ?
とさまようハメに。どうやら裏の小さな駐車場に
停めちゃったらしく、歩いて行ったら大きな駐車場と
明らかに人の出入りがある入り口にたどり着きました。

午前の部が押していたようで、たむろしていたのは
午前に出ていた年中、年長さんとその保護者が
多かったです。ちょっと早く着いちゃったね~、
ということで適当に会場を見たりしていて、そろそろ
時間だから~とトイレに行ったら、そこで
担任の先生と鉢合わせ。○子、それまで割と
普通にしていたのですが、先生の忙しそうな
様子と、徐々に集まってくるひとの多さに
だんだん怖じ気づいてきて、さて、集合時間だ、
控え室に行こうね、となった瞬間に大泣きを
始めました。役員さんが「なに組さんですか?
案内しますよ」と声をかけてくださる中での大号泣。
他の子供たちが控え室に意気揚々と向かう中、
うちの○子はひたすら泣き叫びわたしにしがみつき
行きたくないと大騒ぎし、副担の先生が
「○子ちゃん、お昼はなに食べたの~?」とか
「可愛いお洋服着てるね! 見せて~!」とか
「お友達の○○ちゃんはもうきてるよ! ○子ちゃん
まだかな~って言っていたから会いに行こう!」とか
「ちょっとだけお部屋を見ていこうか?」とか
「今みんなで可愛くお化粧しているんだよー!」とか、
ありとあらゆるバリエーションの言葉で○子を
その気にさせようとしてみましたが、全滅。
○子が懐いている年配の先生も加わって
「おんぶしてあげようか?」「ちょっとお水飲もうか?」
と声をかけても全滅。担任の先生もやってきて
「○子ちゃん、今日はメロンパンナちゃんの
可愛い服があるんだよー!」ももちろん効かない。
「いやだ行かない行かないからやだママやだああああ!!」
と力の限り泣き叫び暴れ続け、気づけばホール前で
駄々をこねているのは我が娘のみw

最終的に担任の先生に「すみません、ちょっと
力尽くになっちゃいますが抱っこで連れて行っても
大丈夫ですか?」とこそこそ確認され、
もちろんOKです全然やっちゃってくださいすみません、
という感じで親指を立てて、あえなく○子は
担任の先生の熟練の技たる羽交い締め抱っこで
無事に控え室に連行されていきました。
もうこの時点でわたしも夫もHPはゼロです。
幸いだったのは泣き叫ぶ姉を○市がぼーっと
突っ立って見ていて、脱走しなかったことでしょうか。
すぐ近くの自販機やコインロッカーを楽しげに
いじってはいましたがね。そしてホールに移動するときには
嫌そうに泣きましたが、わたしの抱っこで落ち着きました。

そして○市は園長先生の心地よい眠気を誘う挨拶を
聞いているうちにわたしの腕の中で寝ました。
空気を読みすぎる二歳児、○市であります。


園長先生の挨拶に続き、園児代表の二人が
カンペも見ずに割と長々とした挨拶をして
(よくもまぁカンペなしでここまでしっかり
覚えていられるもんだと親が感心するレベル)
いよいよ発表会の始まり、始まり。

一歳児、二歳児、年少クラスは前半に
プログラムが組まれており、終わり次第
解散という形になっておりました。
なので一番最初に二歳児クラスと年少クラスが
合同で「幸せなら手を叩こう」の合唱。
クリスマスが近いのでトナカイやサンタの
帽子を被った子供たちが可愛く歌を歌うのですが、
うちの○子は、まぁ案の定、一番端っこに
先生と一緒に座っていました(笑
「いや、だが泣いていない! 泣いた痕は
客席からでもばっちり見えるが、今現在は
泣いていない! 帽子をかぶせようとする
先生の手を叩き落として頑なにトナカイの
帽子を拒絶し、他の子が立っている中で
座り込んでふてくされているが、泣いていない!!!!」
とかなりレベルの低いところで感動する母佐倉。

だが夫もまったく同じことを思っていたようで、
ビデオを撮れるステージ前の特設スペースから
帰ってくるなり「泣いてなかったね~」と
安堵しているというね。夫婦そろって同じところで
感動していたという事実ですよorz


その次は年中さんの合唱と鈴の演奏、
その次は年長さんの英語での歌とピアニカ演奏。
もうね、まったく知らないお子さんたちなのにね、
見ているだけで涙が溢れて止まらなくなる不思議。
年中さんを見れば「来年の○子はあんなに
立派にできるようになっているのだろうか」と泣き、
年長さんを見れば「こんなに大きく育って……!」と泣き。
続く二歳児クラスではミッキーとミニーの
ガチ衣装を着た園児たちがスモールワールドに
合わせてめちゃくちゃ可愛く踊っているわけですよ。
「二歳児でさえあんなに上手に踊れているのに
うちの娘ときたら……!」と思って泣き。
続く一歳児クラスでは、いないいないばあっ!の
わ~お! を曲に合わせて踊ったわけですが、
○市と同学年の子供たちが先生に支えられつつ、
テレビの子供たちと割と似た衣装でちまちま
踊っているのがめちゃくちゃ可愛いし、舞台の上から
カメラを構えるママを見つけて、そっちへ行こうと
泣きながら必死に手を伸ばす姿は愛おしすぎるし、
もうそれ見ていて微笑ましいやら
泣けるやらで泣いているし。

こういう行事ごとで泣く母親って……と
子供を産むまでちょっと冷めた目で見ていた
過去の自分が今のわたしを見たらドン引きだと
思うレベルであちこちで泣いておりました。


後半に続く。
スポンサーサイト
【 2017/12/03 (Sun) 】 ○子幼稚園(年少) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL