ベリー・ウィッシュな日々

佐倉紫のつれづれなる日記
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

この頃の子供たち

一月ももう五日となり、昨日か今日あたりから
仕事始めの方が多いのかなぁと思いつつ。

うちの夫も昨日から仕事でした。
のっけからしっかり残業で昨日の帰宅は九時半、
そして今日はすでに十時半を過ぎていますが
まったく帰ってくる気配はありません。
先々月あたりから日付をまたいでの残業が
頻発して、それで注意力散漫になったのか、
ヒビ一歩手前の捻挫を足首にこしらえたり、
顔面ぶつけて眼鏡駄目にして唇縫うような
大けがをしたので、本当に長時間労働は
今年はなければいいのになぁと思うところです。
救いは夫が精神的にタフなところと、
怪我しても驚異的な快復力を見せて
治っちゃうというところですね。足首とか
まだちょっと腫れているのにフツーに動けているし
唇も六針縫ったのに「ちょっと沁みる程度で
もう平気~」と言っているし。わたしなど
一度口内炎ができたら十日は痛いとわめいているのに。

さて、夫が仕事を開始したのにわたしは
相変わらず正月休み気分で朝は十時に起きるような
駄目人間生活をばく進中であります。
子供たちはもっと早く起きているのですが、
ママはどうせ起きないとわかっているせいか、
娘はわたしの枕の下からスマホを勝手に取り出し
動画を見たりして、息子は寝室と居間を
行ったり来たりしておもちゃで遊んだりして、
なんとなく寒くなったり人肌恋しくなったら
わたしの布団に再び潜り込んで~を繰り返します。
だいたい娘がトイレに行きたいと痺れを切らして
わたしを起こす感じが続いている今日この頃。
娘の幼稚園が始まれば自動的にこの自堕落生活も
終わるから~と言い訳しまくってだらだらしております。

さて、今日は11時ちょい過ぎに地震速報が入りました。
地震速報? 警報? どっちだったっけ?
とにかくスマホがあの特徴的なギュインギュインって
音を立ててめっちゃ鳴りました。あの音ホントいやよね。
わざといやな音を立てて危機感を煽っているそうですが。

ギュインギュインと鳴りながら「地震です」と
ご丁寧に喋ってくれるので、それを聞いた娘は
急いでこたつの中に潜り込みました。
息子は訳わかってなくてそのへんを
歩いていたのでわたしが抱っこしましたが。

警告音が鳴るってことは割とデカい地震が
くるんだなと予想して、わたしもスマホをポケットに
突っ込んでひとまず玄関へ続く扉を開けたのですが、
いつになっても揺れがこない。三十秒経っても
なにもなければなにもないだろうと思いテレビをつけたら、
NHKアナが震源は香川県とか言っていて
「????」状態。ここは栃木県の南部だけど。

震源は茨城県とかじゃないの? と思ったら、
茨城県沖が震源地と出ていました。
どういうこっちゃ、それに結局揺れたのは
茨城県南部の震度3だけ???? と
かなり混乱したのですが、これ茨城県沖と
香川県沖、同時刻に地震発生の予想が出て、
地震速報が「二カ所で同時に地震! ってことは
でっかい地震がくる!」と予想して警報を鳴らした
ということだったらしい。こんなん初めてのことよね?
なんにせよ地震がこなかったのはよかったです。
実際に揺れたとしても、地震速報のあのギュインギュイン音が
鳴るだけで揺れに対する心構えができるから
すごくありがたい機能だなと思うところです。

そして娘は「揺れないねぇ」と言いながらこたつから
のそのそ出てきました。「○子、すぐにこたつに
入って頭守れて偉いねぇ」と褒めたら、本人
とても嬉しそうに「きほんどうさなんだよ!」と
ドヤ顔で言っておりました。幼稚園の避難訓練時に
「地震がきたら机の下にもぐろう」と教わったらしく、
地震という言葉を聞いてすぐに身体が動いたそうで。
幼稚園の訓練すげぇ、と感心したところです。
それから「ママもこたつに潜らないと駄目だよ!」と
ダメ出しされました。いや、あの、ママは扉が
歪んで出られないとかを避けるために
扉開けたりガスの元栓閉めたりといろいろやっていて……
と言い訳したくなったけど、まぁ身を護るのが先だわな(苦笑

なんにせよ娘が習ったとおりに行動しているのは
とても素晴らしいことなのでいっぱい褒めたら、
その後三時間ほど、だいたい十分ごとに
「基本動作なんだよ~」とか「頭を護るんだよ~」とか
幼稚園で得た知識を披露しまくっておりました。
その後も一日を通して一時間に一回は
「地震こなかったねぇ」だの「地震がきたら
上靴のままお外に出るんだよ~」とか教えてくれました。
今時の園児って上靴って言うのかしらね。
わたしは上履きって言っていたんだけど。地域性?

とにかく最近の○子はすっかりいろいろ
聞き分けがよくなり、遊びに夢中なときに
弟に邪魔されると容赦なく「駄目だよ!」と切れて
蹴っ飛ばしたりぶん殴ったりしてはいるものの、
やってと言ったことはだいたいやるようになったし、
○市がいけないことをしようとすると
(例えばお店の駐車場で走り出したりとか)
「だめ~!」と追いかけて止めてくれたり。
まぁ止め方がかなり雑で、ぶん殴ったり
押したりぶっ叩いたりするもので、それで
わたしに怒られるという理不尽さも日々
味わっております。長子の悲しき宿命ですねorz

リング付きのお箸で食べるのも上手になってきたし、
朝ご飯を寝ぼけて食べずに園にいっちゃうおかげで
給食は完食したりおかわりしたりと優秀ですorz
朝ご飯食べて欲しいんだけどね……わたしの
作る飯がまぁそんなに美味しくないのもあるだろうけど、
あんま食べないからね。そもそも起きて二時間しないと
食欲が湧かないみたいで。飲み物は飲むけど。
なぜかヤクルト限定だけどorz
息子もヤクルト大好きで、へたすると息子だけで一日
五本くらいゆうに飲んでいたりする……orz

特に二学期の終業式で四月からは年中さんになることを
先生から伝えられたらしく、時折「四歳は年中さん?」などと
年中に上がることに対しての質問をしてきます。
そして四歳になったばかりなのに「五歳はいつなの?」とか
聞いてきます。一年後だよ、と言ったら「三歳は
いつなるの?」と聞いてきました。残念、もうなれないorz
数字を見るのが好きで、カレンダーとかテレビの
端のデジタル時計とかの数字をよく口にしています。
まだ時計の見方も読み方もわからないでいますが、
一応「今何時?」と聞かれれば「何時だよ~」と答えております。
早いご家庭はもうひらがなとか数字も教えているのかな?
幼稚園でも年長さんになると読み書きを教わる
授業みたいなのがあるようですが。至れり尽くせり。

そして学習意欲旺盛な○子と違って
○市は相変わらずの二歳児であります。
まっっっっっったく喋らない。いや、喋るけど
意味のある単語とかは相変わらず一つも言わない。
もう幼稚園に入るまでになんか喋れればいいやとか
そういう域に達してきていますよホントに。
こちらの言うことはわかっているし、駄目と言ったことは
割とすんなり受け入れるし、お菓子のゴミを捨ててと
言えばゴミ箱の指定の場所に入れることもできるから、
決して聞こえないとか言葉がわからないわけでは
ないはずなのですが……親の希望的観測なのかなぁ?

喋るのが早ければ早いで、○子みたいに
常にくっちゃべっているようなうるさい子になるので、
○子がうちにもう一人……とかになると、
四方八方から喋りかけられる毎日になるのか?
と思ったら、想像だけでげんなりしちゃって、
いいや息子は静かなままで構わないわ、とかって
思ってしまうようになりましたorz 駄目なんだろうなぁとは
思うけれど、○子の話し相手するだけでも
割と大変だから、同じように○市も話し出したら……と
思うと、もう恐怖でしかないのですorz

かといって○市も自己主張がないわけじゃありません。
お菓子が欲しければわたしの服を引っ張って
なんとしてでも台所へ連れて行こうとするし、
ご飯食べたばかりだから駄目、とわたしが言えば
その場で地団駄踏んで大声上げてイヤイヤするし、
わたしに構って欲しければ同じようにバタバタして
主張するし、姉にぶたれて泣かされればわたしに
慰めと加勢を求めて抱きついてきます。
おとなしい子ではあるけど感情がないわけじゃない。
きちんと自己主張もするし、嫌なときは泣きわめく。
ただ同じ頃の○子と比べると格段におとなしいし
聞き分けがいいなぁ、という感じです。

そう、○市は聞き分けがいい。去年ふと公園に行ったとき、
大好きなブランコを漕いであげたら、まぁ当然のごとく
「終わりにしていい?」と聞いても首を横にぶんぶん振って
抵抗を示すわけですよ。わたしも三回くらいは
息子の意思を尊重してブランコを押してあげるわけですが、
まぁこちらにも体力の限界がありますので、
「じゃああと十数えたらおしまいにしようね」と言って、
十回ブランコを押したところで強制的に止めて、
○市をブランコから降ろしたわけです。
同じ月齢だった頃の○子なら絶対に
「まだ乗るのおおおおおおおおお!!」と大泣きして
大変な目になっていましたが、○市はまったくそうならず、
「うむ。大義であった」という感じでブランコからおとなしく降り、
別の遊具に向かってたたた~と走って行くのです。
……まぁそのあと公園から帰りたがらずに車まで
泣きわめく○市を抱えて歩くことにはなったのですが。
一度チャイルドシートに乗っちゃえば抵抗することなく
家までおとなしくしてくれるのも○市の特長ですね。
○子なら往生際悪くまだ泣きわめいていたはず。

でも○市のことをおとなしくてあんまり手のかからない
いい子だなぁと思うことが多いのは、○子で
苦労を積んだ経験あってこそだと思います。
たぶん○市が第一子で一人っ子とかだったら、
また違う考えや感覚を持って、やっぱり男の子って
大変だわ~とか思っていたかもしれません。
今のところ男の子だから大変と思ったことは
○市に関しては一度もないです。
女の子の○子のほうがよっぽど大変です。
幼稚園行事の際は未だにそう思います。マジ大変。

でもその○子も幼稚園で習ってきたことを
嬉々としてわたしに教えて実行できるほどに
成長しているのだから、本当にたいしたものです。

……とはいえ子供二人に囲まれて
ワンオペ育児マジでつらいので、とにかくさっさと
幼稚園が始まってくれることを切実に
祈っている今日この頃ですorz あと三日も
休みだぜ信じられないあはははははははははh

……全国のお母さん、始業式まで一緒に頑張りましょうねorz
スポンサーサイト
【 2018/01/05 (Fri) 】 育児 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL