FC2ブログ

ベリー・ウィッシュな日々

佐倉紫のつれづれなる日記
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP雑記 ≫ 大寒波やら体調不良やら誕生日やら

大寒波やら体調不良やら誕生日やら

ようやく原稿から脱出した佐倉ですorz
ついさっき原稿を担当様にメールして
ようやくほっとしたところです。
こんな時間になっちゃったよ……orz

もう一週間前になりますが、雪が降った翌日は
からっと晴れてしかも気温も10度以上まで上がって
割とあったかかったのですが、その翌日、
翌々日は何十年に一度規模のでっかい
大寒波が訪れたせいでめっちゃ寒くて、
日陰の雪は一週間経った今でも
まだ溶けていないという恐ろしい事態です(滝汗
しかも昨日は夜中に雨が降ったようで、
朝園バスに娘を送り届けるときに外に出たら
道路が霜が降りたみたいに凍って
つるつる滑ると言うね。なにこれ雪降らなくても
雨でもめっちゃ危険なことになるじゃん、というのを
体感して本当にびっくりした次第です。はい。

さて、一月はなんだかんだと寒さと病気が
蔓延している我が家だった気がします。

夫は年末に左足首をヒビ一歩手前の捻挫、
さらには顔面から転んで唇を六針縫う大けが、
これによりお正月はどこへも行けずほぼ家で過ごし。
新学期が始まってからはさっそく○子が
風邪を拾ってきたらしくて、おそらく○市は
それが移って重症化して40度の熱orz
突発性発疹以来の高熱に佐倉大慌て。
そしてその風邪が今度はわたしに移ったらしく
わたしも扁桃腺が腫れて大変な状態。
熱が出る前に医者に行って薬をもらうハメに。
そして息子とわたしが咳だけ残して
なんとか回復したと思った今日、今度は
夫が風邪引いたらしく喉をやられて
龍角散飴を舐めまくってしのいでいる状態です……。

折にふれて体調が悪い、他人にはお身体を大切に、
と言っていますが実態はこんな感じよね、はいorz
Twitterをしていてもフォロワー様たちも
インフルにかかったり、そうじゃなくても風邪引いて
しんどそうだったり、家族が風邪引いて
大変なことになっていたりと、割とこの一月は
体調不良でみんな大変だったイメージです。
お互いお身体に気をつけてと言いつつ
なんやかんや身体壊しているなぁ、と(汗


そして昨日30日はわたくし誕生日でした。
頭は中二病から成長しないまま、
身体だけ30代になった感じです(遠い目
思い返せば20代は色々ありました。
誰にとっても20代って色々ある十年だと思いますが。

わたしもまた二十歳で成人を迎えて、
22歳で大学を卒業して新卒で就職して、
そのあいだに父方の祖母が亡くなり
東日本大震災が起きて、夫と同棲を始めて。
時間外サービス労働の多さと
離職率の高さと会社自体が傾きそうな
予感を感じて仕事を辞める決意をして。
仕事をやり過ぎて、あまりに書けなかったぶんを
取り戻すために小説を必死に書いて、Webに上げて、
なんとかしてデビューしようと模索して、
妊娠して、結婚して、出産して、デビューして。
また妊娠して、出産して。産後鬱ばりの
ノイローゼ発症し支援センターに逃げ込んで。
なんとかしのいで、書いて、しのいで、書いて、
夫が会社辞めることになり、再就職して、
娘が幼稚園に入園して、少し息がつけて、
書いて、書いて、書いて、――今ここ。

人生がひっくり返るほど幸せな出来事が何度もあったけど、
それらをすべて投げ出したいほどしんどい時間も
割と長かった20代でした。新卒で入った仕事も
最初はわりかし会社自体も景気よかったのですが、
どんどんどんどん業績が落ちて縮小の動きが出てきて、
現場は変わらず大変なのに人件費割いたりで
一人の負担が大きくなり、わたしもサービス残業を
毎日五時間は当たり前にやっていました。
一日立ち仕事でふらふらな上にさらに上司に
無理難題ふっかけられたりして、なにをするにも
時間が足りなくて頭ぐるぐるする中で、
お店のリニューアルも頑張ろうとしたけど、
不発に終わって、一気に嫌になっちゃって。
体調もわりかし駄目駄目になっちゃったし、
なにより小説を書く時間がまったくないことが
あまりにストレス過ぎて、離職を決断しました。

仕事でそんな感じでボロボロになった経緯があるので、
それ以上につらいことなんてないと思っていたけど、
育児はそれを楽々越えるほど本当につらいですね。
今でもそうです。ストレスを感じない日はありません。
子供は死ぬほど可愛くて子供のために死ねると
思えるくらいなんだけど、子育ては死ぬほどつらくて
子育てが原因で今日にでも死にそう、と思うほどです。
特に生理前のPMS期間はイライラしているか
鬱っているかのどちらかでしかありません。
割とこのPMSが厄介で、一ヶ月のあいだで
まともに元気と言えるのは生理が終わってから
一週間くらいしかなかったりするのですが。
それ以外は基本的にずっと心か身体が不調です。
場合によっては両方駄目になっております。
これもまた別記事で書けたらなぁと思うのですが……。

とにかく20代はこんな感じで怒濤の日々でした。
でも、なんだかんだとやりたいことは全部かなえました。
優しくて子供が好きなひとと結婚して、
できれば子供は二人、さらにできれば一姫二太郎で、
二十代のうちに二人とも産む、というのは
中学生の頃にはもう持っていた将来設計で、
それを25歳と28歳のときにかなえております。
また中学生の頃もう一つの夢と言えば、作家になること。
その頃は今のようにTLジャンルが活発ではなく、
少女向きのラノベ――コバルトやホワイトハートの
老舗に加え、ビーンズ、ルルル、ビーズログなどが
次々に出てきた時代だったので、少女小説書きとして
デビューすることを夢見ておりました。
高校生から大学生まではとにかく片っ端から
新人賞に応募しては全滅する感じで、
大学卒業までにデビューすることを目標にしていましたが、
あと一歩で届かずに夢が潰え、もう大人なんだから
小説は趣味程度にしてきちんと自立しなきゃ、と
就職したけど結局上記の理由でやめちゃって。
また夢を追いかけるために必死になって、
なんとかデビューまで漕ぎつくことができました。
中学生の頃は小説で食べていくことを
夢見ていましたが、まぁそれができるのは
本当に一部の方々なので、今は子供たちの教育費を
稼ぐという感覚で日々頑張っております。

なにより結婚した夫はとても優しく、
子供たちのことも大好きで、面白くて頼れるひとでした。
ここまでの30年を振り返って、もっとも幸運な
出来事と言えば、やはり夫に出会えたことだと思います。
たまに夫がいなくなったら……とか本気で考えて
本気で号泣するレベルで必要すぎる。
本人に話したらドン引きされそうだから言えませんが。

とにかく、これまでの人生をたどった上に
さらなる人生があるので、これまでを下地に
また新たな10年を築いて行ければと思っております。

***

それと来月刊行の新刊の予告です。
『淫魔なわたしを愛してください!』
アルファポリス社〈ノーチェブックス〉様より
2月6日に出荷予定となっております。
なのでその週の週末にはおそらく全国の
書店に置かれると思われますヘ(^o^)/
以下あらすじです。

大淫魔を母に持ちながら異性が大の苦手のイルミラ。
当然、淫魔の性であるエッチなどできるはずもなく、
姉たちには見放され、妹たちには馬鹿にされっぱなし。
しかも、このまま処女を捨てられなければ、
一年後にはこの世から消滅してしまう……!
悩んだ末、イルミラは異性への恐怖を抑えて脱処女するため、
人外専門の魔術医師・デュークに媚薬の処方を頼みに行く。
ところが彼は即座に媚薬の処方を却下し、
一人前の淫魔になれるよう自ら治療を買って出た。
昼も夜もなくデュークから教え込まれる快感と悦楽に、
イルミラは身も心も翻弄されてしまい……。

淫魔も蕩ける執愛が甘く淫らに大暴走!?
隠れ絶倫オオカミ×純情淫魔の特濃ラブ・ファンタジー!


――はい、という感じになっております。
アルファポリス様のサイトにて連載していた
作品の書籍化ということで、続きが気になる~という方は
是非是非書店に駆けつけていただければ!!(笑
イラストはcomura様に担当していただきました。
イルミラが本当に可愛くてキュンキュンしちゃいますよ♪

予約始まっているところもありますので
よろしくお願いいたしますー!!
honto】【オムニ7
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL