FC2ブログ

ベリー・ウィッシュな日々

佐倉紫のつれづれなる日記
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP○市幼稚園プレ ≫ 体験フェスタ

体験フェスタ

ちびまるこちゃんの作者、漫画家さくらももこさんが
15日に亡くなったとの報道が一昨日27日にありました。
……もうさ、今年さ、著名人亡くなりすぎorz
高畑監督が亡くなったあたりはホント涙止まらなくて
歌丸師匠おおおおおヒデキぃいいいいいい
テンくんんんんんんんんんん!!!! と毎度毎度
嘆きまくっていたのですが、なんかぷっつり糸が切れたように……
なんだか悲しみの涙よりやるせないため息ばかり
出るようになって……なんだかもう……平成最後の夏は
気象環境といい色々と災難しかないなぁって……orz

ちびまるこちゃんの漫画は母が持っていて、
我が家にも長い間12巻までそろっておりました。
アニメでは結構ギャグ寄りというか、まるちゃんの
ちょっと斜め上からの突っ込みとか、その
まるちゃんに対するキートン山田氏の突っ込みとかを
楽しむ感じですが、漫画は割と道徳的な
内容もあったりして、雰囲気が違うな、と子供心に
思ったのが今でも印象に残っております。
好きだったのはお花屋さんのとくちゃんの話。
男子と女子が対決する話。それと、
ローラースルーゴーゴーの話(笑

Twitterでも話題になっていましたが、
まるちゃんがコジコジに連れられ20年後の
未来に行く話も面白かったですね。
「わたしなんかが漫画家になれるはずがない!」
というまるちゃんの叫びって、大人になった
今読むと子供のときに読んだのとまた違う
不思議な感覚に囚われますね。

まだ53歳……まるちゃんのお姉ちゃん役を
演じていた声優さんもやはり同じ年くらいの年で乳がんで
二年前に旅立ったことを考えると、もう切なくて切なくてorz
西城秀樹さんも亡くなったばかりなのにね……orz

今年はお別れが多すぎる。
ご冥福をお祈りします。

***

さて、先週の土曜日は久々に幼稚園のプレでした。
入園説明会を兼ねた体験イベントで、
幼稚園の名を冠したフェスタということで広報してました。
前日まで園に参加の申し込みをするのを
すっかり忘れていて、慌ててメールを送ったという
体たらくでしたが、とりあえず娘も連れて親子三人で参加。

久々の幼稚園に○子も○市もどことなく
楽しそうなようなそうでないような。
ギリギリに行ったのでもう靴の置き場もない
感じでしたが、無事に受付を済ませて屋内へ。
プレの先生がすぐに挨拶に来てくれて
「昨日は申し込みありがとうございましたー!」と
言われ、あ、これ申し込み忘れていたら入れなかった
パターン? とちょっとひやりとしたという(汗

最初は遊戯室で園長先生のお話しなんかを聞いて、
その後は各教室で三クールに渡って
催しが開かれるので、好きなところに入って
遊んでいってください~という感じでした。

最初のクールでは手形と消しゴムはんこで
絵を描くみたいな制作だったので、ひとまずそこに参加。
二人とも画用紙にインクべったりつけた手を押しつけたり
消しゴムはんこをとにかくペタペタ押しまくって
楽しんでいました。押すことが目的になっていたので、
完成品がなにを表しているかまったくわからない
ピカソ的名作ができたことはお察しいただけるかと思います。

息子はひたすらはんこを押し、娘は
はんこを押しながら近づいてきた先生に
昨日はじいじの家で遊んだの~♪ とか
つらつら話しまくっていました。お喋り全開です。

無事に完成品を持って、次のクールに移るまで
時間があったので、おもちゃが置いてある休憩用の
教室にひとまず入りました。そこは○子が普段使っている
年中さんの教室で、○子はブロックでちょっと遊んだと
思ったら、自分のお道具箱を引っ張り出してきて
「粘土やる~」と言って本当に粘土を始めたというw
他にも何人か休憩にきた親子がいましたが、
ほとんどは次のクールが始まる時間とともに
催しをやっている教室に移っていったというのに、
我が子たちは一クールをまるまる休憩室で
ブロックやら粘土で遊んだというマイペースぶりです……
でもいいんだ、去年入った今年少を持っている
先生がやってきて、もう一人残ったお友達とともに
うちの子たちとも遊んでくれたから……
(その先生相手にもべらべら喋りまくっていた○子である)

最後のクールはなんかやりたいなぁ、と思って
休憩室をあとにし、アンパンマンがいたよ~という話を
聞きつけ遊戯室に行ったら、本当に着ぐるみアンパンマンがいた。
先生方が交代で入っていると思しきこの幼稚園専属の
着ぐるみアンパンマン……前のクールの子をお見送りして
また奥に消えていったので、うちの子供たちが
追いかけようとして、止めるのが地味に大変でした。

で、アンパンマンを再び見るため遊戯室に居座り、
パンダの着ぐるみがやってきたので、一緒に手遊び。
その後はアンパンマンもやってきて、手遊びと
アンパンマンたいそう。いつもプレでやっている
体操なのですが、うちの息子は終始わたしの背中に
張りついておんぶされながらという状態だったので、
今日もそうなるかな……と思ったのですが、隣で娘が
はっちゃけながら踊り狂っていたので、おれも一緒に
踊らないといけない! みたいに思ったのか、
普通に○子と並んで踊り狂っていた○市でした。
初めて幼稚園でまともに踊っている○市を
スマホのビデオで録画することができた……後ろ姿だけが……

で、すべてのクールが終わり、無事に全員が遊戯室に
入ったところで、入園説明会。諸々の案内が入った
封筒とおみやげの袋をいただきました。
おみやげの袋にはジュースとお菓子。二年前に
娘とやってきたときは「これはおみやげだから
帰ってから食べようね~」となだめつつ、周りの
親子がすでに食べちゃっているのを見て「え、いいの!?」」と
戸惑ったりしましたが、今年は迷うことなく
ジュースにストローを突き刺し、お菓子もあけて
子供たちにせっせと食べさせたんだから、わたしも
ここに染まってしまったな……と切なくなる次第。

ま、入園説明は疲れた子供たちがぐずるわ泣くわで
ろくに先生の声も聞こえない状態でしたが、封筒の中に
説明書きも見本も入っているし、なんかありゃ電話で
聞けばいいし、ということでわたしも特に聞いていませんでした。
一号認定なので提出書類が少ないというのもあります。
主に真剣に聞き入っていたのは二号、三号認定狙いの
ママさんたちですね。そういう方たちはその後も先生を捕まえて
熱心に色々と質問していました。朝から晩まで
子供を預けるわけですからね。熱心になるのは当然。

しかし改めて延長も含めて朝の七時から夜の七時まで
預かってくれるのか~とびっくりした次第。わたし未だに
園の預かり保育使ったことないんですよね……(汗
預かりじゃなくても、放課後に園内で体操教室や
ピアノ教室とかもやっているのに、そういうのに参加させる
気もあんまないから、うちの娘が園にいる時間って
在園字の中でもかなり少ない気がする……あ、
だから特に病気とかもらうことなく皆勤できているのかな?

息子も多少ぐずるかなと覚悟していたのですが、
眠くもならなかったようだし、ぎゃあぎゃあ騒ぐこともなく
穏やか~に微笑んで脱走未遂を繰り返していました(駄目じゃん
本人はちょっとした追いかけっこと探検くらいの
気持ちでいるから、こっちも笑顔で強制的に連れ戻すだけでしたが。

唯一大泣きしたのは、説明会が終わって解散になったあと、
靴がある外ではなくあの休憩室となった○子の教室へ
一目散に走って行き、そこに置いてあったおもちゃがすでに
片付けられていたのを見たときでしたかね。
「うぎゃあああああああああああああ」って感じで大泣きでした。
ああ、またこの部屋にきてあのブロックで遊びたかったのか……
そりゃかわいそうだったね……とちょっと同情しました(苦笑
まぁそのあと外に出たら出たで砂場で遊んでいたのですが。

○子の担任の先生にもお会いできたので
また月曜日からお願いします~と挨拶して無事に帰宅。
その後も子供たちは元気に遊んでおりましたが、
ママは暑さもあってぐったりでしたorz


休みが明けて、今週の月曜から○子も園に通っております。
二学期はあくまで九月からで、今週は後期の夏期登園日という
位置づけの週なのですが。まぁやっていることは普段と変わりないので。
プールは八月までだから、残りの日数暑くなればと思ってましたが、
今日は曇りで涼しかったのでプールはなかった模様。
明日、明後日にちょっと期待します。

イベント終わったばかりなのに来週の月曜までに
入園の書類に記入しないといけないし、
さらに同じ週の土曜日には敬老の日イベントで
また幼稚園に行かないとだし……あれ? 結構忙しい?(滝汗

二学期はそれでなくても運動会や発表会という
ビッグイベントがあるから、なんとなく園に行く機会も多くて
滅入っておりますorz 息子のプレもあるしねorz
出不精だしコミュ障だしひたすら家に引き籠もっていたのに
なぜわたしはこんなにも外出する用事にまみれているのかorz

おまけに原稿もギリギリなので、とにかく九月は
死なないように頑張ります(真顔

***


予約受付中です。
「毎日毎日、まだ出ない、まだ出ない」と、
トトロにもらった種を植えた花壇を、ひたすら
見つめるメイちゃんのような気持ちで
書影が出てくるのを待っております。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL