FC2ブログ
2019 01123456789101112131415161718192021222324252627282019 03

家族でのお出かけは楽しいけど疲れる

こんにちは~。本日も晴れ。もうクリスマスくらいから
ずーっと晴ればっかり続いている北関東の一地域です。
北海道を初め日本海側は連日猛吹雪なんかがあって
ホワイトアウト状態で事故もあるしすでに死者も出ているのに、
この辺は晴れが続いているあまりカラッカラに乾燥しきって
とにかくインフルに気をつけろってそればかりですね。
あと乾燥しているせいかとても火事が多い印象。
風が強いぶん火が回るのもあっという間だから、
インフル予防はもちろんですが、火の元にも注意したいですね。

さて、昨日21時更新をもちまして、ムーン様で
久々に連載させていただきました作品、
セックスしないと出られないので、
これを機に身体の相性確かめます。
』が
無事に完結となりました。この一週間、
お付き合いいただきありがとうございました(*^O^*)

web小説の投稿はずいぶん久しぶりで、
投稿のやり方がすっかり抜け落ちていたのですが
(おかげで完結する話を投稿しても連載中に
なっていて、急いで完結済に切り替える羽目になったり)
ダイレクトに感想をいただいたり、Twitterでも
読んだよ~と呟いていただいたりと、
書籍とはまた違う面白さを感じさせていただきましたw
#絶ックス部屋企画 を考案してくださった
主催者とびらの様には今一度御礼申し上げます。
お読みいただいた皆様もありがとうございました!

***

さて、夫がようやく地獄の仕事の山場を抜けて、
昨日の日曜日は久々に一日休みとなっておりました。
とにかく髪が伸びるのが早くて、二ヶ月も散髪に行かないと、
小学生男子がチャンバラしまくったせいで
ボサボサに荒れた竹箒みたいになっちゃう夫なので、
お昼ご飯を食べたあとは散髪に行ってもらって
さっぱりしてもらってきました。うん、男前。

その後は娘の希望で市内にある屋内遊戯施設で遊び、
晩ご飯をココスで食べて帰ってきたわけです。はい。

わたし自身は遊ぶ前に最近お気に入りのお店に入って
セールになっていたカットソーを三着ほど買えたし
(手持ちのハイネックカットソーが全部首元
だるだるになっちゃって、実母からも「あんたが
着ているのちょっとひどすぎる」と言われる始末だった)
娘のズボンも立て続けに膝に穴が開いたので
(転んでちょっとほつれたところを自分でいじくって
穴を大きくするという典型的な穴あき症状)
ズボンと下着も買えたのでほっとしたところもあります。
どっちも前から買いに行かないとと思っていたし
セールでお得だったというのも嬉しかった。ただわたしの
カットソー三枚の値段よりも娘の下着とズボン二着の
ほうが値が張ったというのはちょっと悲しいかもしれない。

ただね……

一日を通してさ、なんかどっとと疲れてしまって。
大部分は娘からの「ママじゃなきゃいや!!!!!」攻撃が
一番の疲れの原因かとは思うのですが、
まぁどの家庭にもある問題だと思うんですよ以下の事象。

まず家を出て車を乗る段階から「ママの隣がいい!」とか
無茶なことを主張する娘(うちはわたしの軽自動車の
後部座席にチャイルドシートが二つ並んでいて、
子供たちがそれぞれ乗る形。四人で移動の場合は
大人が前、子供がうしろの席に乗るのが必然)
なだめすかして乗せても移動中ずーっと話しかけてくる娘。
息子はそもそもまだ語彙が少ない上、乗車中は
基本的に静か。たまに言葉じゃなくてドアや座席を蹴飛ばして
遊んでいることがあるのでこれはこれでたち悪い。
なのでそれを注意するのも娘の会話に答えるのもわたし。
夫は時々わたしと話すけれども娘と母の会話に
入っていくのはちと難しいらしい(なにせ女どもが
息を次ぐ間もなくずっと喋っているからね)
かといってわたしも聖母ママではないので
五歳児との会話は正直つまらんところもあるし
謎すぎて変に頭を働かせることで疲れることも多く……
しかも夫は膝を痛めているので運転はわたしだし。

で、目的地について買い物は一人でさせてもらえたけど、
夫はそのあいだ子供服売り場の奥のキッズスペースで
子供を遊ばせてスマホをずっと見ているだけ。
出た! 子供を公園に連れて行くだけで任務完了したと
思って子供と遊ぶことはしないというパパの図!!
まぁキッズスペースめっちゃ小さいし二人入ったら
満員だし、打ちの子供たちももう勝手に脱走したりする
年齢でもないし、そもそもブロックでめっちゃ楽しく
遊んでいたけど、他の子もいたから多少は目をかけて
欲しかったなぁと思ったり……やっていたゲームが
片手までできるやつならいいけど歌マクロスだったからね。
がっつり両手使うしプレイ中はめっちゃ画面見ていないと
駄目な奴だからね、ゲームを選んで欲しかったという
気持ちもあってね、うん……わかるかなこの切ない気持ち。
で、子供服を買うのも子供たちはキッズスペースで楽しいので、
わたしが急いで娘のサイズのズボンを見繕い、キッズスペースに
持って行って「じゃあ○子ちゃんこのうちの三つから
二つを選んで~」とかって選ばせて、また一人で選ばれなかった
奴を戻しに行ってお会計もして、だったからね。なにげに
移動距離がね、あっち行ったりこっち行ったりでね、堪えてね。

で、そろそろ遊戯施設への入場時間がやってきたから、
その前に娘のトイレと息子のおむつ替えを済まそうと思い、
夫に買ってきた荷物を車に載せて、ついでにおむつが入った
バッグを持ってきてくれと頼んだわけだ。夫は文句も言わずに
車に向かっていったけど、歩みが遅い!! おむつ替えする都合も
あるからわたしはさっさとトイレに向かいたいのに、わたしたちが
トイレに到着するのと夫が駐車場へ出て行ったタイミングが同じ!!
ちょっと待てもうトイレ入るんですけどおおおお!?
おむつさっさと持ってこいやあああああ!? と思いつつ、
とにかく先に娘のトイレを済ませちゃおうと思ってトイレに
入ったわけだ。たぶん夫も自分のトイレ済ませて入り口で
待ってくれているかなぁと思ったからね。結果、待っていなかったよね。
それどころかわたしたちを探してまた子供服売り場に戻っていたよね。
こういう地味な意思の通じない瞬間ってものすごく
ストレスになりません? なりませんか? わたしはなる(笑

もうすぐ入場始まりそうだったので娘を夫に任せて
(この過程で娘がママと一緒がいい~とごねる)
わたしは息子と再びトイレでおむつ替え。戻ってきたときには
もう入場始まっていたので息子と入場。その後は
しばらく息子が遊ぶのを見守っていましたが、
十分もすると遠くから娘が「ママああああああ!!」って
叫んで走ってくる。そしてその後はずっと「ママと一緒!!」と
とにかくわたしを遊び相手に指定して、トランポリンも
ボールプールもわたしを引きずり回し、あげくボールプールで
お友達にぶつかって泣く、巨大ブロックをお友達に
取られて泣く、ゴロゴロ転がる巨大ボウルの中で変な風に
頭をぶつけて泣く、わたしが息子のほうへついていこうと
すれば泣く、という感じで、なにこいつママがいないと死ぬ病?
というかパパは? パパと一緒じゃ駄目なん? なんでママ?
とひたすらわたしのMPを削りにきてくれる。

そんなに好かれているなんて嬉しい限りじゃないw
なんて言ってくるひともいるかと思いますが冗談じゃない。
だいたいこの日だけじゃなく娘の「ママ一緒に遊んで!」は
毎日だいたい30回は繰り返されるフレーズですからね。
わたしが体調崩していようが〆切前だろうが、
容赦なく「ママ遊んで!」「ママがいい!」。
パパと遊んでもらえばと言っても「パパいや! ママがいい!」
愛が重すぎて窒息するっての。ずっと一緒にいたいとか
陳腐なラブソングの歌詞みたいに延々繰り返すなや。

娘ほどじゃないんですが息子もどちらかといえば
ママがいい派なので、わたしが娘と一緒にふら~っと
どこかに行った瞬間、ママああああああああああって
猛烈な勢いで追いかけてくるからこれもマジでつらい。
息子に関しては毎日24時間一緒にいるのに
それでも足りないのかよと突っ込みたいorz

そしてそういうときのパパはというと「やっぱり
ママがいいんだね~。そりゃね~、一日に接する
時間も量も違うから仕方ないよね~」とどこか諦め苦笑モード。
そこで「パパと一緒に行こう」くらい言えや! と
思うんですが、言ったところで「パパいや!」って
二人とも言うに決まっているからな……と思うと
ママの負担ばかりが増していく家族でのお出かけ……

その後終了時間がきたあと、娘はずらっと並ぶ
ガチャガチャをやりたいとだだをこね始め、駄目、
というと人目も憚らずに大泣き。今日は駄目、
また今度、ほらおんぶしてあげるから、などなど
なだめすかせてもまったく駄目で結局駐車場に
出ていても大泣き、車に乗っても大泣き、
「ほら○子、綺麗なお月様が出ているよ~。
こんなに綺麗なお月様が涙で見られないのは
悲しいことよ~」なんて言っても「お月様
見えないし!!!!!」ってぶち切れてくるし。

ココスまでの移動中もずーっと泣き続けて、
なぜか「トイレ我慢できないぃいいい!!」とか
主張を始め、じゃあトイレ行こうか、とお店に入って
席に案内してもらってから向かえば、音姫が
勝手に起動して水の音がした途端に「怖いいいいい!」と
また泣き、便座に座らせた途端に水が流れたのも
「怖いいいいいい!」と大泣きし、ようやく用を足したと
思って手洗いすれば「お洋服濡れたあああああ!」と騒ぎ、
手を乾かすための温風が出るあれ? あれをわたしが
使ったら「うわああああああああ怖いいいいいいい!!」ですよ。

娘○子はもともと大きな音や違う環境が大の苦手で、
今でも強風、雷、花火の音などが大嫌いなのです。
それなのにマーチングなどをやっている幼稚園に放り込んだので、
今でこそずいぶん慣れましたが、年少さんの頃は
年長さんがマーチング練習しているのを見学することもできず、
先生に泣きついて教室で一人引きこもっていたくらい。

なのでこういう要求が通らずうわああああんってなった
gdgd状態で知らない場所の知らないトイレとか行って
知らない機能が出てくるとたちまちパニクってこんなんなります。
ちなみにそのとき息子は一緒にいて、娘が嫌がるのに
わざと音姫を起動させまくったり、水を流すレバーを見つけて
勝手に水を流そうとしたり、その場に座り込もうとしたりと
こちらもなかなか問題行動を起こすわけですよ……
わたしこれを一人で見ているんですよ……なぜかって……?
娘はともかく息子は夫の制止を振り切ってわたしを追いかけ
女子トイレに入ってきてしまったからですよ……
自分たちが案内されたところまで一人で帰れるわけもなく、
仕方ないからわたし一人で娘におしっこさせるまで十分格闘……

で、なんとか落ち着いてようやく席についても、
やれ注文ボタンを押すのはわたしorおれだ、
ドリンクバーのボタンは自分で押すだ、
ドラえもんの塗り絵したいのに青い色ペンが
筆箱に入っていなくて「なんでないのぉおお!?」ってわめくわ、
ポテトがきたら「○市取り過ぎ! ○ちゃんも食べるのおお!」って
弟と張り合うわ、息子はそれを見てにやっと笑って余計に
ポテトの皿を独り占めしようとするわ、その拍子に
飲み物入ったコップが倒れそうになるかわたし必死に止めるわ、
注文していたハンバーグが届いたから子供たちに切り分け
最終的に自分の分は一口しか残らないわ、子供たちの
飲み物がなくなるたびにドリンクバーに連れて行って
こぼさないように席に運ぶのを至近距離で見守るわ、
娘の注文したパンケーキにドラえもんを書いてやるわ、
せっかく書いたそれを一口大に切り分けるわ、
息子がさっさとハンバーグ食べちゃうからまた切り分けるわ、
こぼしたポテトを拾うわ、こぼしたケチャップを拭くわ、
袖が汚れないようにまくってやるわ、飽きた息子が
テーブルの下に潜り込んで丸まるのを叱るわ、
お喋りばかりでまったく食べない娘を上手いことおだてて
なんとか食べさせるわ、地面から這い出たその手で
ポテトを掴もうとする息子の手を捕まえてふきふきしてやるわ……

……自分で書き連ねてて思ったけどやること多過ぎィ!!!!!
夫はどこ行った夫ぉ!!?? と思うんだけど夫もなんかむすっとしてて
すごく怒っている感じの顔。わたしがあまりに子供に
構い過ぎているのが気に入らないのかと思ったら、
「いや、さっきっから頭痛くてちょっとしんどい……」とか
言い出すから、わたしは子供たちを面倒見る合間に
夫に「大丈夫? 吐き気とかは? 先に出ている?」とか
声をかけて心配してるという良妻ぶりだよ畜生!!!!!
しかも夫一人で優雅に担々麺食って最後にパフェまで
注文していたからなぁあああああああああああああ!!!???
こちとらハンバーグ一口と子供たちが残したポテトと
娘が残したパンケーキしか食ってねぇぞゴルァ!!!!!!

って感じで、先に食べ終えた夫と眠くなってごろごろし始めた
息子を先に車に向かわせ、わたしはこの期に及んでまだ
のんびりとゼリーを食べている娘を若干イラッとしながら待ち、
お会計して、すでに助手席でお休みモードの夫を隣に、
四人が乗る車を運転して家に帰ったのでしたとさ。

帰ってからも夫は「おれ今日風呂いいわ。頭痛いから寝る……」と
速攻で自分の布団で寝だしたので、わたしはその後子供たちを
風呂に入れさせて、食器を洗い、米をとぎ、まったく
寝る気配のない子供たちをなだめすかして寝かしつけ~。
だが娘と違い帰りの車でちょっと寝た息子はまるで寝る気配なく、
わたし自身が疲れていたので早く寝たかったのに、結局
息子が寝たのは23時半。そしてなぜかわたしはその瞬間から
気持ち悪くなって、頭も痛くなってきて、薬を飲んで
ようやく寝れたのが午前2時頃。楽しいはずの家族のお出かけも
蓋を開ければ実態はこんなもんなのよ……疲れるわ……orz


それでもうちはそんなにひどいほうじゃないと思うんです。
だって夫、相当激務が続いていて疲れているはずなのに、
そもそもの休みも週一しかないのに、それでも家族のために
一緒にお出かけしてくれるし、自分ができる範囲で
子供たちの面倒を見てくれるんですよ。本当は一人で
家でゆっくりゲームしたり遊びに行ったりしたいはずなのに。

でも普段パパがいないぶん、ワンオペでずっと
子供にべったりのママさんにとって、休みの日くらい
そこから解放されたいと思うのも無理からぬ話なんです。
子供たちが自分にばっかりひっついて、たまにいる
パパには見向きもしないし、パパもこれと行ってなにか
してくれるわけでもない、というとき、やっぱりママの
失望感って半端ないんですよね。我が家ですらこうだから、
休日夫は一人で遊びに行っちゃう~、なんてご家庭は
そりゃ冷え切るのも当然だと思います。普段忙しくて
家にいられない、育児も家事もパートナー任せ、という方、
一人になりたい、休みたい気持ちは重々わかるんですが、
そこはもう『今だけの辛抱、子供が小さい今だけ……』と
割り切って、なんとか家庭に関わる時間を増やしていただければと
思います。休日に一緒にお出かけして子供と手を繋ぐだけでも、
なにもしないより全然、ずーっと助かることなので。

子供なんてせいぜいパパとママと一緒がいいなんて言うのは
小学校くらいまでです。中学校に入れば部活や塾で
家にいる時間なんて少なくなるし、そもそも思春期で
親なんてうぜぇ近寄るんじゃねぇ、っつって勝手に
子供のほうからそっぽ向いてくれるし。だから、
子供の意識がまだパパとママが大好き、なうちは、
子供と一緒にいる時間を増やしていただければ、と思います。

なんだかんだ言ったけど、疲れ切った身体を押して 
休日の半日子供たちと過ごしてくれた夫には感謝してます。
スポンサーサイト
[ 2019/01/21 ] 育児 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukarisakura3228.blog.fc2.com/tb.php/861-af4f6af5