FC2ブログ

ベリー・ウィッシュな日々

佐倉紫のつれづれなる日記
TOP○子幼稚園(年長) ≫ 幼稚園の発表会

幼稚園の発表会

クリスマスも年末もあと少しでやってくるのに、
未だ大掃除もクリスマスプレゼントにもケーキの
予約にもこぎ着けていない佐倉です。先日娘が
幼稚園で使うとのことで年賀状は買いに行きました。
今年は担当様にもしっかり年賀状を出そう……
これまでもらうばかりだったからな……と思って
意気込んで買ってきたのにその辺に放置中。これで
いいのか佐倉紫よ。12月のそのgdgd具合を今後何年
続けるつもりだ、とわたしのちっちゃな良心が
さわいでいるのですが、それよりも大きな怠惰な心が
「まぁそう言わずにお茶でも飲めや」と言ってくるので、
わたしは今日もこたつでぬくぬくしながら茶を飲み
Twitterをのぞき本を読みゲームをする日々です。
少しは執筆しろとの声がどこからともなく聞こえるわ。

さて、書籍プレゼントの応募〆切は本日になっております。
日付が変わる時間まで受け付けておりますのでどしどし
ご応募くださいませ。過去に当選したことあるし……
もうサイン本持っているし……作品読んだことないのに
応募するのは気が引けるし……なんてことは問題なし!
そもそも当たる確率低いですから笑 気にせず
どんどん応募しちゃってくださいませw それでまた
当たったら運がいいし、駄目でもSSプレゼントしますし。
わたしの作品未読の方もむしろじゃんじゃん
応募してくださると嬉しいです! この企画始めた
そもそもの動機は「読んだことないけど、運よければ
タダで本をもらえるのか。じゃあ応募しよう」という
方を呼び込みたいというのがまず一番にありました。
要するに布教活動の一環なのです。みんな佐倉紫に
この機会にはまり込めばいい……と思っているのです←

そんなわけで本日深夜までの受付です。
詳しい応募方法はこちらの記事をご覧ください
書籍プレゼントのお知らせ

***

今年のうちに書いておきたい記事がいくつかあって、
一週間ほど前に行われた幼稚園の発表会はそのうちの
ひとつです。今年は最初で最後の
「娘と息子が一緒に発表会に出る年」でした。

娘は年長さんなので最後の年。息子は年少さんなので
初めての発表会。どちらにしろ見ているほうはハラハラ。
特に娘はなにが起きたのか、発表会の最初の
開式の言葉を言うことになっていて、えええええうちの
子がそんなんできるの? とびっくりしましたが、
選んでくださった担任の先生の目を信じることにしました。
(たぶん十月までのマーチングで、娘がよく声を出していた
らしいから、それで選ばれたのだと思いますが)

三週間前から開式の言葉が書かれた紙を持ち帰ってきて
折に触れて練習しましたが、わたしが特になにも言わずとも
娘はちゃんと言葉を覚えてすらすら言えるようになってました。
それでも本番で躓いちゃったらどうしよう……とか
アホなことを考えて心配するわけですよ。
のっけからそんなんなったらいやだろうなぁって。
そして発表会は全園児合同ではなく、午前と午後で
別れており、クラス内でそれぞれ午前に出るひと、
午後に出るひと、で分けられております。娘は
これまでずっと午後でしたが、今年は午前!
集合は朝の八時! 園バスも毎朝八時だからまぁ
大丈夫だろうと思いつつも、「髪をポニテに
してきてください」なんて指示もあってひ~ってなりました。
普段娘の髪を全然結っていないからよけいに……orz
肩より長いくらいだからいくらでも結びようあるのに、
わたしが不器用すぎて三つ編みすらできないために……orz

また製作の提出物もあったので前日までにそれを
娘と完成させるのも大変でorz いやわたしは
特になにもやってないけど、娘が主に一人で
デコりまくってしまって、これ大丈夫かな……と
不安に駆られただけで。とにもかくにも朝は
二人を叩き起こし、ブラウスとシャツと
スカートとズボンとタイツと……と着付けました。
息子の黒半ズボンは入園式のときに買った奴で、
そのときはウエスト緩かったのに、着せたらかなり
きつきつでシャツが入らないーってなったのが
驚きでした。たかだか一年足らずでどこまで
成長したんだこいつ……orz 娘のスカートは
前日に西松屋で買ったものでしたが、同じの
履いている子を同学年だけで五人くらい
見つけたことをここにご報告いたします(=_=)

そして登園して先生や役員さんに子供たちを預け
(その際娘に水筒を渡すのを忘れていて
役員さんが大慌てで探しに来てくださって
本当に申し訳なかった……orz)、まだ誰も
踏み入れていないホールに一番に乗り込み、
指定の席にたたんだ膝掛け敷いて座ってぼーっと
始まりを待つと言うね。皆様子供を預けたあとも
顔見知りと集まってお外でお喋りしているのに
誰も寄るなと言わんばかりの一匹狼の行動……

二十分もする頃にはほかの方々も入ってきましたが、
どうしても一家族に割り振られている席が
小さいので男性はかなりつらそうな感じでした。
あとわたしの前に座っていたの妊婦さんで、
足下冷えるし場所は狭いし腰も痛いだろうに大変……
と思っていたら、二歳児クラスの演技が終わったのち
迎えに行って、途中からは二歳児も抱えて観覧して
いたので、バイタリティすげぇ……と感心するやら
驚くやら……。お年寄り専用の席や赤ちゃんの
授乳、おむつ替えのスペースは用意されていましたが、
妊婦さん専用の席も必要だよなぁと思ったり。

開始五分前に夫もやってきて(仕事クソ忙しくて
休日出勤とかもしていたけど、この日は平日でしたが
根性で休みもぎ取っていました。いいパパよね)
会場も暗くなって園長先生と役員の会長さんが
挨拶に立ち、いよいよスタート。開式の言葉に
娘と年長のもう一クラスの男の子が呼ばれて、
舞台袖からしずしずと入ってきた二人……
「ていうか二人の身長差がすごくね? うちの
娘、隣の男の子より頭半分くらいでかい」
「男の子がちっちゃいのか、うちの子がでかすぎるのか」
と思う中、ピアノの音に合わせて礼をしてから、
これから発表会を始めます、ごゆっくりご覧ください、
と先生が支えるマイクに向けてしっかり言えました。

もうこの時点でなんかジーンときてしまってね……
娘は環境の変化にも弱いし大きな音も苦手だし、
年少さんの頃はことあるごとに泣いてばかりいたんですよ。
年少さんの発表会のときなんか会場について
先生に引き渡すとき大泣きして嫌がっていて、
最初の合唱のときは泣きはらした不細工な顔で
立つこともせずに先生と手を繋いで端っこに座ってて。
当然歌うこともなく名前を呼ばれて返事もせず。
運動会も似たようなもので、ダンスは先生に
ずっとおんぶされ。かけっこも途中まで先生に背負われ。
保護者とのレクリエーションではだいたい帰りたいを
連発し、集合写真では必ず大泣きして何度も
撮り直しになってわたしが周囲に謝りまくり。
マーチングだって年少の頃は、年長さんが
演奏している音が大きくて怖いと言って見学に
出ずに、先生と二人で教室からこっそり聞くだけだったり。

それがさ……
二年経った今はさ……

マーチングでは楽器にも負けないほど大きな
声を出して先生に褒められた~なんて報告してくるし。
運動会でもクラスリレー頑張って走ってたし。
わたしがなにか忘れ物をしてたら叱ってくれる上に
許してあげるよ、と尊大ながらも優しさを見せてくれるし。

あの泣き虫だった○子が……
クラスを代表して開式の言葉を言う……

ここまで……ここまで成長してくれたなんて……!!

我が生涯に一片の悔いなし! と胸の中で
ラオウがにこっとするくらいに心動かされましたわ。


そのあとは学年ごとに合唱とかの出し物。
年少さんはマスクの歌を歌っていましたね。
動物がマスクしてコンコンコンコンクシュン、
てやるやつ。三パートくらいに別れていて
息子はカバを歌っていました。娘の年少児が
まぁ上記に書いたとおりだったので、ちゃんと
列に並んで立ってる! 全然泣いてない!
発音二歳児だけどちゃんとそれなりに歌ってる!
すげぇ!! という感じで、なにこれもう、その場に
ただ立っているだけでウィーアーザチャンピオンみたいな。
さりげなくわたしたちが座るところに気づいたようで
ちらっちらっとこっちを見てくるのがまた可愛い。

その後は年長さんの合唱。年長さんとなると
ピアニカまで出てくるのですよ。ジングルベルの歌を
最初は歌って、二番のサビをピアニカで弾いていました。
先生がちゃんとどの指でどの音を引くかを紙に書いて
持たせていて、娘も家のおもちゃのピアノで練習して
いましたが、先生も全員に指使いを覚えさせるのを
最終的にあきらめたようで、本番五日前くらいに
「あのね、先生が一本指で弾いてもいいって言ってた!」と
娘が報告してきたのには思わず笑ってしまいました。
そして娘は嬉々として一本指で弾いていましたとさw
でもいいのよ。歌は本当に大きな声で歌っていたし。

その後はクラスごと、男女ごとにダンスが続くのですが、
うちの子たち前半に続けて出てきちゃったので
なにげに後半が退屈と言うね。一番最後に年長さんの
劇があるのですが、そのあいだはよその子を見て
ひたすらほのぼのする感じでしたね。よその子可愛い。

息子のクラスは男の子が少ないので舞台に立ったのは
四人。息子なにげにダンスが好きなようで、泣くことも
逃げることも無く、音楽が鳴るとちゃんと声も出して、
うまいことジャカスカ踊ってて上手でした。
娘もさすが年長さんともなると泣き出す心配はないです。
ただこちらは息子と違ってなんか踊りが……下手……orz
なまじ背が高いので目立つのがなんとも笑 リズム感が
悪いのかひとより動きがちょっと遅れているw
「家では上手に踊っているように感じたのですが……」
「たぶん、あれじゃない? ダンスとか歌とかは
すごく好きなんだけど、人前でそれをやるのが
苦手ってタイプ。おれそうだったもん」と夫の意見。
なるほど、人前だから身体が硬くなっているかもしれん。
夫はとにかく人前に立って発表したり作文読んだり
ダンスしたりというのがかなり苦痛で嫌いらしく、
遺伝しちゃったんじゃないの? とのことでした。
(ちなみにわたしはわりと好きなタイプです←)

最後は年長さんの劇で終了。そちらでもダンスを踊っていて、
年長さんは覚えることが多くて大変そうだなぁという
印象でした。しかし娘可愛い。だが最後に劇で
一番可愛かったのは舞台下でずっと踊ってた先生でしたね。
笛を咥えてなにかあるごとに「ぴっ」て吹いていましたが、
ダンスのときはひたすら舞台下で上半身踊り狂ってたw
全員分の振りをしっかり覚えているんだからすごいわ。

そんな感じで約三時間の発表会が終了。
娘の成長にジーンときて、息子の意外と肝が据わった
感じに「おお……」と驚かされた三時間でした。

幼稚園の一年における大規模行事もこれにて終了。
息子に関してはまだまだ成長を見届ける感じですが、
娘はもう幼稚園に行くのもあと100日もないのかな、
と思うと切なくしんみりしてくるこの頃です。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL